2006年01月31日

フレンズ2-9その4

レイチェルへ話しかけるロス。
ロス: I got you a little present. I'll open it. It's a Slinky! (レイチェルにちょっとしたプレゼントを買ってきたんだ。[レイチェルが反応しないので] 僕が開けるよ。ほら、スリンキーだ!)
ロスはスリンキーの歌を歌いますが、レイチェルが怒っているので、
ロス: Just a big spring. (ただのデカいスプリングだよ。)
前回の「レイチェルとジュリーの長所短所リスト」の件で、レイチェルはすっかり怒っています。
それを何とかなだめようとプレゼントを買ってきたロスですが、普通ならプレゼントを貰った方は、喜んで "Can I open it?" 「開けてもいい?」と聞きますよね。
でもレイチェルはムスッとしていて、開ける気全然なさそうなので、ロスが気を利かせて(笑)、箱を開けてあげてます。
このスリンキーの歌は、恐らくCMソングだと思うのですが、そうやって歌を歌って何とか盛り上げようとしたけど、レイチェルは余計に怒ってしまったようです。
ロスの捨て台詞に笑えますね。

ロス: Hey, Gunther. You got stairs in your place? Go nuts. (ねぇ、ガンター。君の家には階段がある? これで大いに楽しんでくれ。)
nuts は「気が狂った、夢中で」という意味。
go nuts は「夢中になって、熱を上げて」という意味です。
何の変哲もないおもちゃのようですが、これが階段をくにょんくにょんしながら降りていくのを見ていると、何だか目が離せなくなりそうですね。
こういう単純なおもちゃほど見てると妙にハマっちゃうんですよ。ハマる人は、だけど(笑)。

ロスはいろんな人にプレゼントを買ってきたようです。
ママには何故かジャラジャラした飾りがついたブラウス。
モニカ: Ross, that is gorgeous! Look at these authentic fake metals! Mom's gonna be voted "best dressed" at the make-believe military academy! (ロス、それってゴージャスね! この正真正銘のフェイクメタルを見てよ! ママは、空想上の士官学校のベストドレッサーに選ばれるわね。)
authentic は「本物の」という意味。
でも後に続く言葉が fake metal 「ニセの金属」なので、これは「どこから見てもニセモノにしか見えないチャチなキンキラ」という感じでしょう。
子供のオモチャみたいな感じですかね。
make-believe は「見せかけの、偽りの、空想上の」という意味。
military academy は「(陸軍)士官学校」です。
つまり、勲章がたくさんついた軍服みたいに見えるけど、飾りがチャチでとても本物には見えないから、「空想上の」と言っているのですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:26| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

フレンズ2-9その3+クリスマスの12日の話

今日のトピックは、ちょっと時期はずれですね(笑)。
また、説明が長くなってます。
私は調子に乗ると文章が長くなり暴走する傾向にありますが、その分、読者の方は疲れるんでしょうねぇ。
わがままな管理人をお許し下さいませ。

セントラルパークにて。
ジョーイ: I can't believe it's Christmas already. One day you're eating turkey, the next thing you know, lords are a-leaping and geese are a-laying. (もうクリスマスだなんて信じられないよ。ある日、七面鳥を食べてたら、次には、ほら、♪貴族たちが飛び跳ねて、ガチョウたちが卵を lay してる♪だよ。)
チャンドラー: Which is why geese are so relaxed this time of year. (ガチョウがこの時期、すごくリラックスしてる理由はそれだな。)
turkey は「七面鳥」、感謝祭の定番料理です。
geese は goose (ガチョウ)の複数形です。
lords are a-leaping and geese are a-laying は、The 12 Days of Christmas 「クリスマスの12日」というクリスマスキャロル(Christmas carol クリスマス・イブに歌う聖歌)の一節をもじったものです。
マザーグースの中のひとつだそうです。
この歌は、My true love (私の愛しい人、愛しいあなた)が、12日間、1日1品目をプレゼントしてくれる、という歌になっています。
種類は1日1種類なんですが、それが1日目は1個、2日目は2個と、だんだん品物の数が増えていくのが面白いんですね。

以下のサイトに、この歌の歌詞や説明が詳しく書かれていますので、興味を持たれた方は是非ご覧になって下さい。
イギリス生活 写真でつづる英国 クリスマス・キャロル〜The 12 Days of Christmas
ケルンだより その2 今年のクリスマスの出費試算
大好き!マザーグース 歳時唄:12月25日 クリスマスの12日 

上のサイトで知ったのですが、このプレゼントを全部購入するといくらになるか、アメリカの銀行が毎年計算して発表しているそうです。(それで物価が分かるということらしい?)
それくらい、アメリカ人にはなじみのある歌なんですね。

ですから、ジョーイがこの歌を歌っているのは、クリスマスのことを言っているのだとわかります。
この展開は、日本語で言うと、「ある日、豆と巻き寿司を食べてたら、次には♪お内裏様とお雛様♪だよ。」みたいな感じでしょうか?
節分の食べ物、ひなまつりの歌を出すことで、「こないだ節分だったのに、早いもんで、もうひなまつりだもんなー」ということを直接「節分」「ひなまつり」という行事を表す言葉を出さずに表現する方法ですね。
当然、ジョーイのセリフは、「こないだ感謝祭だったのに、もうクリスマスじゃんか。」ということを言っているのです。

で、そのジョーイのセリフまでは意味がわかるんですが、このやり取りで私が悩んでしまったのは、チャンドラーの返答「ガチョウがリラックスしている」なんですよね。
どうして、この時期(クリスマス)にガチョウがリラックスしてるんでしょう?
何となく、クリスマスの食卓にガチョウが並んでいてもおかしくない気もするんですけどね。(ご馳走っぽいし。)
実は一度はこの謎解きをあきらめかけたんですが、ある方から「どうしてリラックスしてるんでしょう?」って聞かれたので、頑張って調べよう!という気になっちゃいました。(←私って単純・・・)
そこで、この歌詞のフレーズをもう一度、じっくり検討してみよう!と思います。

ジョーイは歌詞を少し変形させて使っていましたが、本当の歌詞は、
Twelve lords a-leaping (12人の飛び跳ねている貴族)
Six geese a-laying (6羽の卵を lay しているガチョウ)
をプレゼントされることになっています。

a-leaping や a-laying というちょっと見慣れない形になっているのは、a- は古語で、-ing 形(動名詞または現在分詞)につけて「・・・して」「・・・中で」という意味になるそうです。(現在の-ing 形は、この a- が省略された形らしい。ちょっとこの辺りの解説は厳密とは言えませんけど。)

lay は「・・・を横たえる、置く」という他動詞で、「(鳥などが)(卵)を産む」という意味もあります。
恐らく、卵をポンと産んで地面に置く感じなんでしょうね。
目的語を取らずに、「卵を産む」という自動詞としても使えます。
Six geese a-laying については、ネットで "a-laying 卵"と検索してみたところ、マザーグースの日本語訳としては「6羽の卵を抱く[抱いている]ガチョウ」か「6羽の卵を産む[産んでいる]ガチョウ」という訳に分かれます。
日本語のリズムと”プレゼント”として可能だと思われてビジュアル的にも納得できるのは、断然「卵を抱くガチョウ」なので、マザーグースの日本語訳としては「卵を抱くガチョウ」で自然でしょうね。
でも、本当はどういう状態のガチョウを言っているんでしょうねぇ?
そこが実はチャンドラーの答えを解く鍵になるのかな?と思うのですが。

辞書通り、lay を「卵を産む」と理解して、進行形をまさに「進行中の動作」だと考えると、卵を産んでいる最中のガチョウをプレゼントするのは不自然なような気もします。
途中で、卵が落ちて割れちゃうよ〜!?
まぁ、それはカゴに入れて渡せば解決するような気もしますし、プレゼントとして不自然という意味で言うと、「飛び跳ねている貴族を12人プレゼントする」方がよほど不自然ですけどね(笑)。

産卵行為真っ最中であるとすれば、出産経験者の立場から言わせていただくと、あれは「リラックス」してるというよりは「かなり力が入って、りきんでいる」という表現がふさわしいのでは?と思いますし。(ちょっと生々しかった?)

そこで考えたのは、この laying という進行形は「今まさに産もうとしている、これから産むところの」という意味と解釈した方がいいのではないか?です。
「ハートで感じる英文法」の大西先生メソッドで言うと、まさに「躍動している」進行形なわけで、「産む」という行為にまさに移行しようとする状態を示している、という感じでしょうか?
He is dying. が「彼は死にかけている。」という訳になるのと同じで、laying は「卵を産みかけている」という感じ。
つまり卵をもうじき産みそうなガチョウを6羽プレゼントした、ってことですよね。

ちょっとここからは私の勝手な想像なんですが、そのように解釈すると、クリスマスの時期は、この歌に出てくるガチョウは、産卵準備中、産卵間近ということになります。
すっかり産み終わってしまったら、もう用済みだ、ということで処分されてご馳走になってしまう可能性もあるのですが、今まさに産もうとしているところなら、とりあえず産んでしまうまでは貴重な存在であると言えますよね。
また、産卵したてでも、卵が目的じゃなくて、ガチョウを繁殖させることが目的だとしたら、その卵を抱いて孵化させる、卵をかえす(hatch)という作業もあるし、しばらくは安泰かもしれません。
だから、この歌の歌詞どおりの状況だったら、このクリスマスはちょうどそういう時期に当たるから、この時期だけは、自分たちが食べられる可能性はない(食卓に上らない)、だから安全なのでリラックスしてるんじゃないか、という気がするんですけど・・・。

だから、このやり取りを強引に日本語にしてみると・・・
ジョーイ: ♪ガチョウは卵をもうじき産みそう♪だな。
チャンドラー: 卵を産み終わるまでは、ガチョウも安泰だな。
って感じでしょうか?
皆さんはどう思われますか?
うーん、久々の謎解き、面白かった!!(解けたかどうかは知らないけどね・・・わははっ)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 10:40| Comment(28) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

フレンズ2-9その2

クリスマスのチップの代わりに、クッキーをあげようとするモニカ。
モニカ: We're broke, but cookies do say that. (確かに私たちはお金がないわ。でも、クッキーは確かにそういうこと(心を込めたこと)を伝えるのよ。)
broke は「無一文で、破産して、お金がなくて」という意味。
break という動詞の活用は break-broke-broken なので、break の過去形と、この形容詞 broke とは同じ形になります。
これは break が「(人を)破滅させる、破産させる」という意味があることから来ているのですが、受動態として過去分詞形の broken を使うのではなく、過去形の broke を形容詞的に使っていることに注意して下さい。

(2007.10.17 追記)
以下の記事で、この部分に当たるシーンの追加説明をしています。
興味のある方は覗いてみて下さい。
フレンズ2-9その17
(追記はここまで)


ジョーイ: You're not gonna like this. (これは好きになれそうにもないと思うよ。)
このセリフは回りくどいですが、つまりは「ひどいよ。」ということ。
これから見せるものを見たらいやな気持ちになるよ、と、ひどいことが来ることを暗示しているセリフです。
チップがクッキーだったことに怒った新聞配達員が新聞をめちゃくちゃにしていたんですね。

モニカ: He did my crossword puzzle. (新聞配達員のやつ、クロスワードパズルを先にやっちゃってるわ。)
ロス: Yeah, but not very well, unless 14 across, "Gershwin musical", actually is "Bite me, bite me, bite me." (そうだね、でも、あんまりうまく出来てないよ。もしこれが正しいのなら、14のヨコが「ガーシュウィンのミュージカル」じゃなくて、「むかつく、むかつく、むかつく。」になっちゃうからね。)
フレンズのメンバーはよくクロスワードをしていますよね。(特にロスとチャンドラー?)
だから、先にされちゃうと楽しみが減っちゃうわけです。
Gershwin とは、作曲家の George Gershwin (ジョージ・ガーシュウィン)のこと。
代表作は「ラプソディー・イン・ブルー」など。
多分、配達員はクロスワードパズルをやったのではなく、たまたまあった白紙のマス目に、自分の怒りをぶつける言葉を書き並べただけなのですが、それをロスは「クロスワードが間違ってる」と言ってるのですね。
この unless を使った表現を訳すのが難しいのですが、unless は否定の条件を表して、「・・・でない限り、もし・・・でなければ、・・・なら話は別だが」という意味になります。
ロスのセリフを直訳すると、「彼はクロスワードを正しく解けてない。もし、14のヨコの「ガーシュウィンのミュージカル」のところが、本当は「バイトミー、バイトミー、バイトミー」という答えなら、話は別だけどね。」ということ。
つまり、本当の答えが「バイトミー・・・」なら彼は上手にクロスワードを解いたと言えるんだけどねぇ、という感じ。
実際は、「バイトミー・・・」が答えなわけはないので、だから彼は間違ってるよね、クロスワードは得意じゃないようだねぇ、と言っているのです。
(ちょっと説明がややこしかった?)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 11:23| Comment(8) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

フレンズ2-9その1

シーズン2 第9話
The One With Phoebe’s Dad (パパをたずねて)
原題は「フィービーのパパの話」

フィービー: Ugly Naked Guy is decorating his tree. You should see the size of his Christmas balls! (裸のブ男がツリーを飾ってるわ。彼のクリスマスのボールのサイズを見てよ!)
このセリフを聞いて、ロスがびっくりしたような顔をしてますね。
このフィービーのセリフ自体は、ただ単に例のブ男氏がクリスマスツリーの飾り付けをしている、というだけのようですが、それが木だとか玉だとかという単語を使っているので、「あるもの」(笑)を指しているようにも聞こえますね。
それでロスは「ボールのサイズ」と聞いて、ピクっと反応してるわけ。

ジョーイ: How much did you tip the super? (管理人にいくらチップを渡した?)
super は superintendent の略で、「アパートなどの管理人」のことです。
このように、super と省略して呼ぶことの方が多いようですね。
日本でスーパーというと、supermarket のことですが、英語では super とは言いませんのでご注意を。

モニカ: Money is so impersonal. Cookies says someone cares. (お金だと非個人的だわ。クッキーなら誰かが心を込めたってことが伝わるでしょ。)
impersonal は personal 「個人の」の反対語です。
意味は「非個人的な、個人の感情を交えない、人格を持たない」ですが、ニュアンスとしては、「その人の姿が見えてこない、他の人との区別がつかない、個性がない」という感じでしょうか。
よく日本のODAなどの国際援助は、「顔が見えない(顔の見えない)援助」だと言われますね。
英語では顔が見えないは invisible, faceless と訳されるようですが、ニュアンス的には impersonal に似てるんじゃないかな?と私は思うのですが。
impersonal というのは、そういう「相手の顔が見えない、相手がどんな人かわからない、誰からもらっても同じ」という意味なんじゃないかなぁ?

実はある方から、なぜ "Cookies says" となっているんでしょう?というご指摘がありました。
つまり、cookies (複数)+ says (3単現のs )になっているのは変じゃないか、ってことですね。
私が上に書いたのはDVDの字幕ですが、ネット上のスクリプトでも、"Cookies says someone really cares." と really は入っていますが、同じように、"Cookies says" と書いてあります。
指摘を下さった方によると、cookie (cookyとも綴る) says と言ってるように聞こえるとのこと。
私も頑張ってリプレイして聞いてみましたが、確かに cookie says と言ってるように聞こえるような・・・(ちょっと自信ない・・・泣)
私が思うに、cookies says と cookie says との違いは、クッキーズのズが聞こえるかどうかというより、クッキーとセズの間隔が長いか短いかで、決まるんではないかと。
極端にカタカナで表すとすると、長い(クッキィー(ズ)セズ)だと cookies says で、
短い(クッキィセズ)と cookie says だという感じかな?
私が聞いた限りでは、間隔が短く感じるので、恐らく cookie says と言っているのだと思います。

そして、モニカが cookie says と言っているとすると・・・。
cookie は可算名詞なので、単数形で無冠詞なのはちょっと違和感を感じます。
普通は、上のように複数形になるか、単数形の場合だと a か the がつくものですよね。
ここで、無冠詞 cookie として使っているのは、Money is... との対比かな?と思います。
(money は不可算名詞で、特殊な場合を除いては冠詞がつかないので、money is が自然な形。)
「お金というものは・・・で、クッキーというものは・・・」と抽象的に使われているので、cookie が無冠詞になっているのでは?と思うのですが。
(名詞は無冠詞だと抽象的な意味になるんですよね。)
さて、真相はいかに?!

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:23| Comment(8) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ハートで感じる英文法(その2)

昨日放送の「ハートで感じる英文法 会話編」の倒置の回を早速見ました。
大西先生のトークがどんどん調子出てきてますね。
いつまで mission を「みっちゃん」と言い続けるのかを最後まで見届けたいところです(笑)。
でもあの mission のコーナーの時間の使い方が、非常にもったいない気がするのは、私だけでしょうか・・・?(でも、あいこちゃんが可愛いから許す・・・笑)

さて、昨日の続きなんですが、実はこんな意見を耳にしました。
「あの感覚は、あくまでも日本人一人とイギリス人一人の持つイメージにすぎない」というものです。
私も全てのネイティブがああいうイメージを持っているかどうか・・・というと、すべてのネイティブに共通するものとは言えないかもしれない、という気もします。
あの説明で、何もかも説明できるだろうか?というと、それも私には何とも言えません。
何だか奥歯に物が挟まったような言い方ですが、私は英語圏で生まれ育ったわけじゃないし、英語に対するイメージを無意識に身につけたわけでもないので、正直わからないんですね。

ですが、仮に「あの感覚がネイティブ全てに共通するものではない」という意見を受け入れたとしても、それであのイメージがいい加減なものであるとは言えないと思います。
英語を研究し、学ぼうとしてこられた人が、その学ぶ過程で持ったイメージというのは、それがすべてにオールマイティーに通用しなくても、そのイメージの一部を表していることは間違いないと思うからです。
人それぞれ、感性も感覚も異なりますし、何かに対して持つイメージは人それぞれだと思います。
逆に、決まった一定のイメージがあるのであれば、世の中にこんなにたくさんの英語解説本が溢れているはずはありません。
それぞれ、いろんな方法で英語を習得された方々が、それぞれ感じたイメージで、なんとか英語を説明しようとするから、たくさんの英語関連の本があるわけですよね。

それは英語学習法も同じで、これさえやれば絶対大丈夫!などと言う王道はきっと存在しないのだと思います。
同じ教材を使っても、効果のある人とない人がいる、それは人間がみんな同じではないので、当たり前のことなんですよね。
語学には、数学のように万人に当てはまる公式は存在しないはず。
だから、先生のイメージの話を聞いて、「私にはピンと来ないなぁ。」という人もいるでしょうし、「悩みがサッと解決した。」という人もいるでしょう。
そして、大西先生が今、絶大な人気を誇っているのは、あのイメージを聞いて「ピンと来た」と思う人が多いということですよね。
逆に、かなりの英語力を持った人で、自分なりの確固たるイメージを掴んでいる人は、「私の感じ方と違う」と思われるのではないでしょうか?
でもそれはそれでいいのです。それがイメージというものだからです。

英語がわからない、と思っている人ほど、「いろんな人の意見をまずは素直に聞いてみる」ことが必要だと思います。
あらゆる人の解釈を聞いて、自分にピンと来る部分だけでも受け入れていけば、それだけでもかなりの力になると思います。
それを完全に自分のものにするには、やはり自分で英語に直接触れなければいけないと思いますが、ある程度、そういうイメージを確立してから臨む方が、恐怖感を抱かないで済むと思います。

スポーツを習うときに、理論的に良いフォームを研究したり、上手な人のアドバイスを受けたりするのと同じでしょうか。
何を始めるにしても、やみくもに始めると、ただ時間だけが過ぎていきます。
できるだけゴールからブレないように進むためには、そうやってイメージを固める必要があると思います。
その上で、自分にあったフォームに変えて行き、使えるアドバイスは使う、自分には合わないと思ったことは捨てる、を繰り返して、自分のものにしていけばいいんですね。

英語初心者の場合は、まず英語を見てイメージを掴むところまで行かないのが現状でしょう。
構文を読み取ろうと思うか、単語を調べようと思うかで、その文のイメージまではまず気が回らないですよね。
そういう人にとっては、「瞬間イメージ」を思い出すことで、パッとその文章のザッとしたイメージを思い浮かべることができるわけですから、とっつきやすいのです。
ある程度、自分でイメージが掴めるようになっている人は、「へぇ、大西先生はそんな風に見てるんだ!」という、違う人の視点を発見する気持ちで見るのも良いのではないかと思います。
そういう捉え方もあるんだなぁ、参考になるなぁ、という感じで。

何事も、学ぶ場合は、広い視野を持って、人の意見を素直に聞く心がけが必要だと思います。
できるだけ多くの考えに触れて、そこから自分の考えを固めていくことが大事です。
誰かの意見を聞いた時に、全面肯定する、あるいは、全面否定する、ということほど愚かなことはありません。
何がしかの真実を掴み取り、自分の知識を深めていくことこそ、大切ですよね。
ある程度の大人なら、取捨選択の能力も必要なのです。
何故、こんなお堅いことを書いてるのか我ながら不思議なんですけど、要は、あるものが一気に人気が出てくると、それをそっくりそのまま100%受け入れて批判に耳を貸さない人と、その揚げ足取りばかりして有効な部分すら見て見ぬふりをする人が大量に出現するからです。
(私も大西先生の話については「そっくりそのまま受け入れている」クチかもしれませんが、批判に対して感情的になるつもりはありません。)

人の理論が良いか悪いかは、受け止める人が判断すれば良いことです。
そして、相性というものもあるでしょうから、ある人には納得で、ある人には理解不可能ということも必ずあるわけなんですよね。

私は大西先生の話を聞いて、違和感は感じません。
多分、感性が似てるんでしょうね。
「ふーん、なるほど!」と思いながら毎回楽しく見ていますよ。
でも、違和感があるという人がいたとしても、それは理解できるつもりです。

それからもう一つ。
今回のブームで、ちょっと気になることを挙げるとすると、この大西先生の理論は、とっつきやすく簡単に見せていますが、実は「簡単」であることがポイントではないはずなんですよね。
でも、「昔習った、小難しい英文法に比べて簡単だから、理解しやすい。そうか、英語はこんなに簡単なんだ!あんな文法書は捨てちゃって、これだけやってればいいんでは?」みたいな印象をもし受けた人がいるとすれば、ちょっと問題なのではないかなぁ、と思ったり。

でも、大西先生ご自身が「ハートで感じる英文法」の本の帯に、このようなことを書いておられます。

英文法の「知識」はムダではない、それを「感覚」に転換すればよい。

だから、決して、いわゆる文法書はムダでも不必要でもないんです。
でも、「英語は難しいからわからない、勉強したくない。」と言う人がたくさんいるよりは、「簡単そうだから、ちょっとやってみよう。」と思う人が増えた方がいいのは、間違いないんですけどね。

たまには真面目なことも書こうと思ったけど、ちょっと違和感ありますかねぇ?(読んでて気分害された方がおられたらごめんなさい。)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:18| Comment(10) | 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ハートで感じる英文法(その1)

英語ブロガーなら誰でも一度は記事にする(?)ご存知、大西泰斗先生&ポール・マクベイ先生の「ハートで感じる英文法」について、今日はじっくり語ってみたいと思います。
堂々と記事のタイトルに持ってきたのは今回が初めてですね。
こうしてアピールすることで、今まで私のブログを見たことなかった方に、ちょっと覗いてもらえるかも・・・という魂胆も、もちろんあります(笑)。

この番組と大西先生については、年末の記事
自分のブログを振り返る(その1)自分のブログを振り返る(その2)
で少し書きました。
そのため、今日の記事も、それとかぶるところが多々ありますが、ご了承下さい。

年末の記事の時は、再放送の合計4回分を見ただけの感想でした。
それから、お正月の一挙再放送を見て、1月からの会話編はテキストも購入して見ています。
私はNHKの英語番組を決まって見ることはあまりしないタチで、TVがついていれば見るけど、毎週決まって見るのは今回が初めてです。
ましてやテキストを買ったのも初めて。
おまけに1月に入ってから、大西先生の本を2冊も買ってしまいました(笑)。
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 →ちょこちょこ飛ばし読みしました。
ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 →まだちっとも読んでません。早く読まねば。

まあ、要するに典型的な”にわかファン”なわけですが、何故に私がここまで一気に先生の理論に魅かれたか、というようなことを、今日は書きますね。

共感した部分と、斬新だった部分
「英語をイメージで捉える」というのは、私のポリシーでもあります。
カテゴリー DVD学習法 で、私のDVD5段階活用法について説明していますが、DVDの音声と字幕(その3) の記事では、「イメージ」について以下のように語っています。

大事なことは、「ニュアンス」「イメージ」です。
英語を英語として理解する、ということは、英語のセリフを「日本語に置き換えるのではなく」、観念的にイメージで捉える、ということなのです。


大西先生の、「大切なのは、日本語訳ではなく、”感覚”や”イメージ”だ」というお話が、その私のポリシーに似ているのを感じて、共感を覚えたわけです。(一緒にすんなー!というお怒りの声も聞こえてきそうですが、厚かましくも自分では「似ている」と思ってて・・・笑)

その私にとって斬新だったのは、大西先生が、「過去形」「-ing形」あるいは構文などもイメージに置き換えることができる、と言われた点です。
ネイティブのスピードについていける理解度なら、そういう構文も実はどこかでイメージが出来ているものかもしれませんが、私はその部分を”はっきりと人に説明できるほどの確固たるイメージ”で認識したことはありませんでした。
過去形はやっぱり「・・・した」、-ing形は「・・・している」という和訳以上のものはなかったのです。
構文についても、単語の並び方とその構文の日本語訳をただ覚え、それが出てくる度に、その和訳に当てはめていたに過ぎない気がします。

後で述べますが、名詞、動詞、形容詞、前置詞・・・などは、自分の中で「日本語訳」ではなく、「イメージ」で置き換えていた、という自負があったのに、それを文法的な要素にまで広げていなかった自分に気が付いたんですね。
私は「ハートで感じる英語」を常に心がけていたつもりなのに、やはり英文法の部分については「ハートで感じていなかった」、だから、先生の説明を聞いて、「なるほど!」と大きく頷いてしまったのです。
つまり、どうしても決まった形や和訳に当てはめてしまいがちな英文法を、イメージで捉えるということの斬新さが、一番魅かれた理由なんですね。

イメージに置き換える利点
大西先生の番組を見て、私が面白い!と思ったのは、イメージを「しぐさ」「動作」「一言の言葉」に置き換えているところです。
会話編ではそれに加えて、「1枚の絵」も出てきましたね。
先生のお話がとっつきやすいと思うのは、そのイメージを「これ」とはっきり示す形で提示されているところです。
英語を学んでいると、ある程度、自分の中で漠然とした単語や構文のイメージを持ってくるものですが、いざそれを人に説明しようとすると、これが結構難しい。
説明はできるけど、結構長々と語らないと、伝わらない感じがします。
それを先生は、いったん「何らかの形で、瞬間的に思い浮かべることのできるイメージ」に言い換えてから、そのイメージを後からじっくり説明されていますよね。(”瞬間”と表現したのは、先生が言葉にしてもしぐさにしても、どれでも一瞬で表現できるものを選んでいる、ということです。)

その「瞬間イメージ置き換え」というのは、英語を日本語の言語に置き換えるより、数段上のレベルだと思います。
そして、会話編のあの「絵」もそのイメージをパッと思い浮かべる良いアイテムだと思うんですね。

例えば、会話編の if の話で、if と聞くと、受験英語をした人なら反射的に「もし・・・なら」(あるいは「・・・かどうか」)と答えると思うのですが、そうやって日本語訳を思い浮かべてからイメージするよりも、あの道路標識の絵をパッと思い出した方がスッと英語に入っていけると思います。
先生は主に日本人が苦手とする英文法でその手法を使われていますが、それは単語ひとつひとつについても言えることで、例えば cockroach という単語を見たときに、「ん? コックローチ?あぁ、ゴキブリ・・・ゴキブリかっ!」とタイムラグがあるよりも、cockroach と聞いた瞬間、あの姿をパッと思い出し、日本語のゴキブリという単語を思い出す前にゲッ!と驚く、みたいな瞬時の対応ができないと、いつまで経っても英語を聞いた瞬間に理解できるようにはならないんじゃないかと思うのです。
もう cockroach という単語を見ただけ、あるいは聞いただけで、背筋が寒くなる、くらいの反射神経(?)が必要なのではないかなぁ、と。
つまり、間に「言語としての日本語訳」を挟む余地をなくして、ダイレクトにイメージする、というポリシーが、私には非常に納得できるわけですね。

私が英語学習法として使っているDVDの字幕切り替えは、切り替えた日本語訳のニュアンスの感じを「文字としてではなく」「イメージで捉えて」英語のセリフを理解しよう、というものです。
(”英語のセリフを日本語訳のセリフとイコールで結んで一対一対応で暗記する”、のではありません。)
さらにDVDを使うと、映像を見てさらに理解を深めることができる、という利点もあります。
その英語が話された場面の状況(緊迫しているか、リラックスムードか)や、本人の口調(きつい調子か柔らかい調子か)、本人の表情(怒っているか、笑っているか)などのたくさんの情報から、そのセリフの意味する全体のイメージを掴むことができます。
ただ、そのイメージというのは、なかなか口では説明しにくくて、もうDVDのその場面を見て感じ取って下さい、としか言えないんですよね。
ですから、大西先生が「このイメージはこれだ!」とはっきり名言されていることが、潔いし、受け入れやすいと感じるわけです。

以下は、自分の学習法の宣伝みたいになりますが・・・。
DVDを使って映像を見ることで、動詞や前置詞のイメージを掴みやすくなるという利点があります。
動詞は、その動詞が使われた状況、その人物が行った動作、しぐさを観察することで、その基本的なニュアンスを理解できます。
簡単な単語(get や take や put など)であればあるほど、いろんな場面で、いろんな意味に派生して使われているのに気付くことも出来ます。
文字だけ見ていれば何通りにも解釈できそうな簡単な単語でも、特定の状況では、常識的に判断するだけで特定の意味に限定され、双方誤解なく話が進んでいくのですね。
またよく動詞と一緒になってイディオムを形成する前置詞は、方向、位置関係などいろんなことを示す単語ですが、それもどんな動詞と使われて、どういう動作になっているかを見ることで、自ずとその前置詞そのもののイメージも確立してくると思います。

わー、またまた長くなっちゃった。(ここのところ、長い文章が続いて、皆さんもげんなりですよね。ごめんなさい。)
でも、もう少し言いたいことが・・・。
明日も続いて書きます。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:52| Comment(8) | 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

知覚動詞seeの完了形(その2)

昨日の続きです。

過去の記事では、私の解釈が二転三転した結果、解釈の正しさを証明するのに、「継続ではないこと」を証明することにやっきになっていた感がありました。
だいたい、私は不可能であることから潰していって、残ったものが正しい答えだ、という導き方をすることが多いです。つまり「消去法」。
文法的にダメだから、などの不可能である理由を探すのに夢中になってしまうんですね。
ですが、英語はあくまでも人の気持ちを表す言葉。
もちろん文法的におかしいものはやはりおかしい文章なんでしょう。
でも、ネイティブは「普通はそんな言い方はしないよなぁ」と思えば、それがいくら文法的には可能な文章でも、やはり不自然な表現になってしまうんですね。

昨日、悩んだ「視覚に映る」意味で、継続か可能かどうかに、何故私がそこまでこだわったかについて、ちょっと書きたいと思います。

1.私が 動詞 see を「継続の概念と相容れない(継続として使うにはふさわしくない)」と考えた理由

過去の記事では、現在完了形の文法や、使われている see という動詞の性質から、このセリフが継続ではないかを証明(笑)しようとしたのですが、その証明にやっきになって、だんだん視野が狭くなり、極論を述べた気がします。(だいたい、私は調べ物をしていくうちに、視野が狭くなる傾向にありますね。反省しております・・・)

まず、「経験」だと思うのが自然だという理由は、昨日も書きましたが、
Have you ever seen...? (・・・を見たことありますか?)
I have never seen... (・・・を今まで見たことがない)
というのが「経験」の典型的な例だからです。
つまり、see という動詞が「経験」として使うのにふさわしい単語であり、だからそれを「継続」として考えるには、それなりの強い理由が必要だろう、ということです。(例えば、「期間」を表す副詞句がある、など)

それから、大西洋横断飛行で有名なチャールズ・リンドバーグの残したこんな言葉もあります。
I have seen the science I worshipped and the aircraft I loved
destroying the civilization I expected them to serve.

これは「have seen+目的語(the science I worshipped and the aircraft I loved)+現在分詞(destroying)」の知覚構文です。
これをそれらしい日本語に訳すとすると、「私が崇拝した科学、そして私が愛した飛行機が、私がその2つが奉仕することを期待していた文明を壊すところを、私は見てきた。」という感じでしょうか?

名言なのに(なので?)何とも回りくどいですが(日本語に直すから、なおさら回りくどいとも言える)、この「見てきた」と訳してしまった部分は、本当のところはどういう状況を指しているんでしょう。
これも訳すことの弊害と言えますが、「見てきた」というと、「ずーっと見てきた」それから「ずーっと見ていた」に通じるところがあるので、一瞬「継続」のニュアンスだろうか?と思ってしまうのですが、この文章から判断すると、科学や飛行機が文明を「まさに壊している」さまをずっと長い間「継続」して見ていた、というのはやはり変な気がします。
ここはやはり、「壊すさまを見た」という「経験」をこれまでしてきた、と理解すべきでしょうね。
だから、日本語の「見てきた」というのは、「見たという経験をこれまでしてきた」という意味なわけです。
実は辞書を調べると、see には「・・・を経験する、・・・に遭遇する」という意味があり、現在完了形を使った経験の例文がいくつか載っています。
このように「経験する」との訳語があることからも、基本的には「経験」のイメージが強い単語なのだと言えると思います。

それから、同じように「見る」と訳される動詞 watch との使い分けを見ると、ますます「継続」のニュアンスが出しにくい単語なのではと思うようになりました。

see と watch と look の違い、はよく引き合いに出されますよね。
「ハートで感じる英文法」の大西先生も、その違いを説明されています。
あの「ハートで感じる英文法」冬休みスペシャルは、もともと12回シリーズだった中から8回分を選んで放映したそうですね。
その省かれた中に、「英単語もイメージだ」という回があり、そこで look, see, watch のイメージの違いを説明されたようです。
私は年末に先生のファンになってから、さっそく
ハートで感じる英文法 大西泰斗/ポール・マクベイ著
を購入して、その再放送されなかった部分を読んでみました。
あまり詳しく書くのは避けますが(これから読む方の楽しみが減るので)、see のポイントは
「向こうから入ってくる」という感触だそうです。
look は「目をやる、視線を向ける」、watch は「じっと見る、観察する」と辞書にあることからわかるように”自発的行為”ですが、see はそうではなくて、「目に映る」という、非常に”受身な”印象を受けます。
もちろん、英英辞典に notice/examine とあるように、それを受け入れるだけではなく、その後、吟味するわけですが、目を使った行為としては、look や watch に比べて、受身だということですね。
さきほど、リンドバーグの例に出した「経験する」というニュアンスも、「向こうからやってくるものを受け入れる」という see の基本的イメージを展開したものと言えるそうです。

ここでは look は省略して、see と watch の使い方を比較したいと思います。
ざくっとした訳で言うと、see は「(単に)ものが見えること」、watch は「動いているものを注意して見る、という自発的行為」を指すので、その差から、次のようなことが言えますね。

「テレビを見る」という場合、
I’ve been watching TV for two hours. とは言うが、
I’ve seen TV for two hours. とは言わない。 
(ここで watch の文章が「現在完了進行形」になっているので、単純に比較はしにくいですが、基本的な意味は have watched と同じ。
あえて言うと、普通の完了形は行為について語り、それが進行形になると動作を強調することになる、という感じ。)

また、「映画を見る」という場合、
I'm going to see a movie. (私は映画を見に行くつもりだ。)
これは、映画館に出かけて映画を見るという「経験」を指します。
I'm watching a movie in a theater. (私は映画館で映画を見ている。)
これは物理的にスクリーンをずっと見ていることを指します。

このような意味の違いから、see は一瞬でその行為が済んでしまうような感覚を、”私個人は”持っているのです。(これが正しい認識かどうかはわかりません。)
なお、この感覚は、hear と listen の使い分けにも通じます。
そして、同じように hear も Have you ever heard...? (・・・を聞いたことある?)と経験の文章でよく出てきますよね。

2.文法書の解釈を文字通りにとると・・・

手元の文法書には以下の通りに書いてあります。

現在完了形の継続の形は、
「状態動詞」や、live, walk, work などの持続的な動作を表す動詞と共に用いられる。

そして、状態動詞というのは以下の3つに分けられる。
精神活動を表す動詞 think, hope, love
知覚動詞 see, smell, hear, feel
関係動詞 belong, have, own

これを文字通りに解釈すると
「状態動詞の一種である知覚動詞に属する see は、現在完了形の継続の形で用いることができる」
と解釈されることになります。
つまり、私が「継続で使えない」と思ったことは、文法上の根拠は何もないわけですね。(ガーン!)
(念のために書いておきますと、文法書というのはあくまで大きな分類を示したものだと思うので、必ず例外はある、ということは自分でもわかっています。
ですが、この場合は、「一般的に使える」と書いてあるので、素直に捉えると、「使える」としか解釈しようがないのです。)

ですから、1.で書いたような感覚も何となくわかっていただけるかとは思うのですが、私が「see は継続としては使えない」と思った根拠は、その”感覚”のみ。
やはりどこにも「see は継続としては使えない」とは書いてないので、「使える」とみなす方が自然でしょう。
「使えない」と書いた私の記事が、私のひとりよがりな意見だったということです。

現時点での私の見解は
see は経験のニュアンスで使われることが非常に多いが、
「見なす」などの意味では継続として使われることも可能。
また、その他の意味でも、「継続として使用不可」とは断言できない。

ちなみに、ある方から、I've seen him for years. は、I've known him for years. と同じことだ、というご指摘を受けました。
日本語でも、「彼を長い間、見てきたけど・・・」などと言いますが、それと同じ感じのようです。
つまり長い間の知り合い、ってことですよね。
seen = known だと言うことは、「視覚に映る」という感覚を発展させて、
ずっと情報として目から頭に入ってきていた→知っていた、
という流れになるようです。
このように「視覚に映る」から派生した意味の広がりが継続の意味を持つわけですから、やはり see は仮に「視覚に映る」に限定したとしても、継続のニュアンスは可能なのだと言えるでしょう。

ところで、何回にも渡って、完了形とその解釈を繰り広げてきましたが、実はこのセリフの解釈、「継続か経験か、そんなのどっちでもいいじゃん!」
と言われればその通り。
とにかくレイチェルの欠点として、ルックス気にしすぎ、なところを挙げているんですね。
継続か経験かで、意味が正反対になるわけではありません。

でも、She is into.. 「彼女は・・・だ」と客観的事実を述べるのではなくて、わざわざ I've seen her be... という表現を使ったのは何故かなぁ?
ロスはどういうことを思い浮かべてこのセリフを言ったのかなぁ?と、ふと思ったんですよね。
「プロムの時、そうだったよな。」とあるひとつの過去の記憶を思い出しているのか、「そういえば、初めて会った時もそうだった、プロムの時も、再会したときも・・・」と複数の出来事を思い出しているのか、または、いつ見てもいつ見てもそんな感じだったと言っているのか?
つまり、「ずっと感」か、そういうことがあったよという「思い出話風」か?
大差ないのは承知の上で、いろいろとこだわってみました。

ここまで読んで下さった方、私のちょっとしたこだわりにお付き合い下さって、本当にありがとうございました。
「他人の考えてることは、よーわからん」的な支離滅裂な文章で、申し訳ありませんでした。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 11:39| Comment(9) | 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

知覚動詞seeの完了形(その1)

みたび、完了形-完結編 で記事を終える予定だったのですが、 パパが英語に目覚めたら のハルさんより興味深いご意見をいただきました。
それを読ませていただいて、いろいろ考えているうちに、もう一度、最後に自分の考えをまとめたいと思うようになりました。
そこで、ハルさんのご意見とそれに対する私の考えを書きます。
主に see という動詞についての話です。
この手の話に興味のない方には、本当に申し訳ありません。
でも、自分としては、たまにこういうことで延々悩むのが楽しかったりするのです(笑)。
ランキング下がるのを覚悟の上で書いてます(!?)

これまでの経緯をお話しますと、
そもそもは、ロスのセリフ、
ロス: And I've seen her be a little too into her looks.
が継続か経験か、という話でした。
いろいろ悩んでこれは「経験」で、私なりに日本語訳をつけるとすると、
「レイチェルが自分のルックスをちょっと気にしすぎる、ってところを見たことがあるよ。」
「レイチェルには自分のルックスをちょっと気にしすぎるところがあるよ[あったよ]。」
みたいになるかなぁ、と結論づけました。

さらに、完了形、ふたたび の記事で、私は「see という単語は”ものが見える、視覚に映る”という意味だから、”ずっと続く継続”の概念とは共存できない単語に思える。」と書いたのですが・・・。

その「see が継続の概念と相容れない」という意見に対して、非公開コメントでハルさんより興味深いご意見をいただきました。
何度かこの件についてやり取りした「二人の初めての共同作業」の結果(!?)は以下のようになります。
(実際は、ハルさんが全部調べて下さいました。それから、あまりおフザケが過ぎると、ハルさんの奥様とお嬢様に申し訳ないので、この辺でやめときます・・・笑)。

その1
see には「視覚に映る」以外にも「みなす」「付き合う」などの意味がある。
Google のフレーズ検索で、"I've seen him for" や "I've seen him since" と期間を表す表現をつけて検索すると、相当数ヒットするし、それは内容から継続として使われていることもわかったので、see は「継続の概念と相容れない動詞」だとは言えない。

その2
また、「視覚に映る」意味での継続があり得るかどうかは現時点ではわからない。

その3
I have seen her be selfish.
I have seen her as a selfish girl.
という二つの文をネイティブの先生に見せてみた結果は、(ハルさんのプライベート・レッスンの先生は、ネイティブなんですよね!)
この二つの文は同じ意味で、どちらも「experience(経験)」を意味するとのこと。
「I have seen her ... for years」とした場合は「duration(継続)」を意味するようだが、このような「for」や「since」がない場合、「have seen」は「経験」というのが、彼らの直感的な印象のようだ。


ということでした。

まず、その1について。
実は、前の記事の時に、私はフレーズ検索で用例を調べることをしませんでした。
ちょっと文法に偏りすぎて、文法書や解説書ばかりひっくり返して、実際に使われている用例に当たってみることを私は忘れておりました。
実際、フレーズ検索で継続として使われているものが出ているのなら、see という単語が継続として使用可能なのは間違いないでしょう。
もちろん、ネット上にある英文全てが正しいとは言えないのですが、「相当数」ヒットするということであれば、通常使用されている形だと思って良いと思います。
ということで、過去の記事に書いた「see は継続とは相容れない動詞だ」という私の意見を、ここで謹んで撤回いたします。
紛らわしいことを書いて、本当に申し訳ありませんでした。
(前回の記事では私は「see = 視覚に映る」という観点からしか見ていなかったのが、そもそも問題なんですね。)

その2については、後で書きます。

その3については、これは私も後から気が付いたんですが、最初の私に欠けていたのは、
「まず、先入観を捨てて、セリフを眺める。」
という姿勢でした。

ロス: I've seen her be a little too into her looks.

先入観なくこの文章を見たときに、I have seen という形を見て、現在完了形の
Have you ever seen...?(・・・を見たことありますか?) や、
I have never seen... (・・・を今まで見たことがない)
という「経験」の典型的な例を思い出して、経験だと捉えるのが一番素直なのかも、と今になって思います。

また言い訳みたいになりますが、最初の解釈で、どうして、「ずっと」という継続のニュアンスを私が感じてしまったかというと、ロスがレイチェルのことを語る時に必ずセットのように出てくる話が、ロスがレイチェルに「ずっと片思い」していた、ということ。
例えば、フレンズ1-24その6 のセリフ、

ロス: I've been in love with you since the ninth grade. (高校の時から君のことがずっと好きだった。)

などは典型的な例ですよね。

でも、よく考えてみると、「ずっと」のニュアンスを出したければ、上のように since the ninth grade とか、for a long time とか、そういう副詞句がつくのが自然です。
また、「何回も見たよ」と言うつもりだったら、often 「何回も」などの頻度を表す表現を入れるかもしれません。
言葉のイメージを強めるために、ネイティブはそういう副詞句を頻繁に使うような気がします。
例えば、何回もあったことを言うときに、"again and again and again" などしつこいくらい強調したりしますが、あれで感情を込めている、という部分もありますよね。

そう考えてからこのセリフを見ると、「長い期間」を示唆したフレーズがない、そして「頻度が多い」という表現もない、だから、「何回も」というほどでもなく「かつてそんなところを見た」という程度の、ある過去におけるエピソード的ニュアンスだと捉えるのが自然な気がしてきました。
結局、「期間」や「頻度」のどちらかを表す表現がないのだから、そこからどちらと決めるのも危険ですが、どちらがないと不自然かというと、”「ずっと」というニュアンスで期間を表す表現がない方が不自然”だと思えます。

ということで、先入観なく見た場合、このセリフは見かけ上は、「経験」と見なしやすい、と思います。
ハルさんのネイティブの先生の捉え方も、「for」や「since」がない場合は「経験」だと直感的に感じる、というのもまさにそのことですよね。

そして、今はその2のことで悩んでいます。
ハルさんに倣って、私もいろいろと Google 検索してみると、いくつか気になる表現が出てきました。(ただし、以下の文章は大量にヒットしたのではないので、間違った表現の可能性もある)
まず、I've seen him for years. という文章がヒットしました。
ハルさんが辞書で発見されたという They've seen each other for a long time. (二人は長く付き合っている。)と同じで、「彼と長年お付き合いしてきた」とも取れますが、もしかしたら「長年彼を見てきた」という「見る」意味だという可能性はないんでしょうか?
何故、素直に「付き合う」だと納得できないかというと、「付き合う」という意味で使う場合は、I'm seeing him. と現在進行形で使う場合が多いので、進行形ではない場合、「付き合う」ではない可能性もあるのでは?と思うのです。
また、以下のような文も発見しました。(発見した文章をちょっと変えてますが)
"I've seen him for the last five years. But I've never seen him like this."
これは「私はこの5年間ずっと彼を見てきたけど、こんな様子の彼は見たことがない。」という、日本語でもよくわかるニュアンスの文章になりそう。
もしそういう意味だと、まさに「継続」と「経験」を、どちらも have seen で表現していることになりますよね。
これもまた、 see は「付き合う」という行為を指しているから「継続」可能なんだ、とも言えるかもしれませんが。

もし、上の文章での see が「視覚に映る」という意味で、なおかつネイティブにとって自然な文章だとすると、「視覚に映る」という意味でも、継続は可能なのかもしれません。
もしかしたら、「じぃーっと観察してる」んではなく、「ずっと姿が見えていた、目に映っていた」あるいは「見守っていた」という感覚は継続と相容れるものなのかもしれません。

see 「視覚に映る、見る」の意味でも継続が可能かもしれない!?
のでしょうか?

もうこの辺りになってくると、正直、私にはお手上げです。
結局は、「継続」か「経験」か、という分類の話ではなく、「文法的にそれが可能か不可能か」という話でもなく、継続の形や経験の形にしてネイティブが自然に感じるか、が大事なポイントなわけですね。

ここでは「ハートで感じる英文法」方式で(笑)、ポール・マクベイ先生にフリップ(・・・って言うんでしたっけ? あのボード)を持っていただいて、街行くネイティブに聞いていただきたいところです。

フリップその1
I've seen him be selfish for ten years.
で違和感がないか?
なぜ、この構文を使ったかというと、これが「視覚に映る」という意味で一番使われる形だと思ったからです。
「see(hear)+目的語+動詞の原形(または現在分詞)」は、知覚動詞を用いているため、「知覚構文」と呼ばれますよね。
ちょうど、1月19日放送の「ハートで感じる英文法」のメインテーマだったので、タイムリーな話題でもあります。
この知覚構文で、継続の意味を持たせることができれば、「視覚に映る」でも継続は可能、ということになりますよね。

フリップその2
I've seen him for the last five years. But I've never seen him like this.
で違和感がないか? 最初の継続に使われている see は 「notice/examine, using your eyes」の意味の「視覚に映る」か、もしくは「付き合う」という意味に理解されてしまうのか?

などなど・・・。

実際のネイティブの感覚を聞いてみたいところですね?(ハルさんの先生は今お忙しいらしくて・・・一応、聞いていただくようにお願いしてあります・・・笑)

明日は、この「知覚動詞 see が完了形継続として使えるか?」に何故私がここまでこだわったのか、について語ってみたいと思います。
(ここまでこのネタを引っ張った言い訳みたいなものですが・・・笑)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:43| Comment(0) | 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

フレンズ2-8その17

マコレートのことで懲りたと思ったら、またモニカは仕事をもらいにやってきました。
ラスタター: Thanks for coming in again. (また来てくれてありがとう。)
モニカ: Not at all. I have no morals, and I need the cash. (どういたしまして。私にはモラルがないですし、お金は欲しいですし。)
ラスタター: It's like I'm looking in a mirror. (まるで鏡を見てるようだな。)
Not at all. は「全然(そんなことはない)。」という意味ですが、お礼を言われた時の返事として使うと、「いえ、とんでもありません。どういたしまして。」という意味になります。
「お礼を言っていただく必要など全然ありません。」という感じでしょうか。
モニカの発言に対して、自分自身を見ているようだというラスタター氏。
まずくて身体にも悪い食品を、感謝祭用のお菓子として売り出そうとしていたんですから、確かにモラルのかけらもないですねぇ。

ラスタター: Anyway, they're called Fish-tachios. They taste exactly like pistachios, but they're made of reconstituted fish bits. (ところで、これはフィスタチオという名前だ。味はピスタチオと全く同じだが、再構成された魚の小片から出来ているんだ。)
今度はピスタチオの類似食品。
マコレートとかフィスタチオとか、ダジャレみたいな名前ばっかりですね。
このオリジナリティーのなさが、彼らの限界を表してると言えなくもない?
さらに、「再構成された魚の小片」という部分が、ひっかかる・・・。
constitute は「構成する」です。
名詞のconstitution は「構成、組織」という意味の他に、「憲法」という意味があります。
unconstitutional は「違憲の」という意味。
よくニュースにも出てくる言葉ですね。
reconstitute は「再構成する、(水で乾燥食品を)戻す」という意味になります。

ラスタター: You're not allergic to anything? (君は何かにアレルギーはあるかな?)
モニカ: Cat hair. (ネコの毛にアレルギーがありますが。)
ラスタター: Oh, sorry. (おぉ、そりゃ残念だ。)[と言って、勧めようとしたフィスタチオを引っ込める]
「再構成された魚の小片」という説明から、そんな予感してたんですよねぇ(笑)。
つまりはネコが食べ残した魚の骨から作った食品だということですな。
どこからそんなにネコの食べ残しを集めて来たんだろう?(やだ、想像したくない・・・)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:17| Comment(10) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

フレンズ2-8その16

モニカの作ったマコレートのレシピに興味なさそうなラスタター(←マコレートの会社の人)
ラスタター: Doesn't matter. (まあいいさ。)
Our FDA approval didn't come through. Something about laboratory rats. (米国食品医薬品局の認可が下りなかった。実験用ラットのことでね。)
"Doesn't matter." は "It doesn't matter." のことで、「どうでもいいよ。」という意味。
ここでは、モニカがレシピの説明に苦慮しているので、もうそんなことは気にしなくてもいいんだ、もうどうでも良くなってしまったんだ、と言っているのです。
その理由は、というと・・・
laboratory は「実験室、試験所」という意味。
日本語でもラボラトリーとかラボとか言いますよね。
laboratory rat は「実験用ラット」のことです。
rat は大型のネズミで、mouse は rat より小さいハツカネズミのこと。
英語の rat には「卑劣、汚い、臭い、不潔」という悪いイメージがありますが、mouse にはそういう意味はなく、おとなしい動物というイメージだそうです。(日本だと、ネズミはネズミで、rat と mouse の違いとかあんまりピンときませんが。)
そういう悪いイメージだから、実験用に使うのに抵抗がないんでしょうか? (動物愛護の人とかがうるさくないのかな?)
mouse に悪いイメージがないのは確かにそうですね。
もし悪い印象を与えるのなら、ミッキーマウスが愛すべきキャラクターにはならないし、パソコンの部品にマウスという名前をつけたりしないでしょう。
日本で不潔というとゴキブリですが、「ラヴリー・ゴキちゃん」とかいうキャラを作っても人気出なさそうだし。

rat から随分話がそれましたが、認可が下りなかった理由については、something about laboratory rats(実験用ラットに関する「あること」)としか言っていませんね。
これは恐らく、食品として安全かどうかを調べるために、何日間にも渡って、実験用のネズミにマコレートを食べさせた結果、ネズミが病気になった(あるいは死んだ)ので、認可が下りなかった、ということらしい、と推測されます(笑)。

ラスタター: Listen, you didn't eat a lot of it while you were cooking, did you? (ところで、マコレートの料理を作っている間、マコレートをたくさん食べなかったよね?)
モニカ: Well, I ate some. (えぇ、いくらかは食べましたけど。)
ラスタター: Oh, some is fine. Some is not a lot. So it doesn't burn when you pee, does it? (あぁ、いくらかならオッケーだ。「いくらか」は「たくさん」じゃないからね。それで、おしっこする時に焼けつくような痛みはないよね?)
burn は「燃える」ですが、「燃えるように感じる、ほてる、ひりひりする」という意味もあります。
上の訳のように日本語にも「焼けつくような痛み」という表現があるところが面白いですね。
このやりとりで、先ほどの認可が下りなかった理由は確定しました(笑)。
FDA の検査結果報告に、「この食品を大量に食べると実験用マウスの腎臓や泌尿器系に悪影響を及ぼす。」とか書いてあるような気がしますねぇ(笑)。

ロスに頼まれてラジオをかけるモニカ。
ラジオのDJ: The next one's dedicated to Rachel from Ross. (次の曲は、ロスさんからレイチェルさんに捧げられた曲です。)
dedicate は「・・・を捧げる、献身する、(著書、作曲などを)(人に)謹呈する」という意味。
よく本の扉に"Dedicated to ..." 「(本書を)・・・にささぐ」とか書いてありますよね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:32| Comment(16) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

フレンズ2-8その15

リストのことをなんとか説明しようとするロスですが、
レイチェル: Well, then I guess that's the difference between us. See, I'd never make a list. (そう、じゃあ、そこが私とあなたの違いね。いい? 私なら絶対にリストなんか作らないわ。)
I'd never は I would never のこと。
I would には「もし私があなたの立場だったら・・・する」という仮定と意志の意味が込められています。

マコレートを使ったお菓子のレシピを説明するモニカ。
モニカ: In these recipes, the quantities may seem unusual. Like these coconut Macholate holiday nut bars? I've indicated four cups of coconut and four cups of nuts and only one tablespoon of Macholate. (このレシピでは、分量が通常とは変わっているように見えますが。例えば、このココナッツ・マコレート・ホリデー・ナッツ・バーですが。私の示したレシピでは、ココナッツ4カップと、ナッツ4カップ、それと、マコレートはたったの大さじ1杯です。)
quantity は「量」、対になる言葉は quality 「質」ですね。
cup は「料理計量用カップ1杯」のことです。
日本では1カップ=200ccですが、アメリカでは1カップ=0.5パイント(pint)。
1パイントは液量単位だと0.473リットル、乾量単位だと0.550リットルです。
ですから、1カップは液量だと237cc、乾量だと275ccくらいでしょうか。
tablespoon は「計量用大さじ1杯=15cc」、teaspoon は「小さじ1杯=5cc」です。
ココナッツやナッツは乾量で計ると、それぞれ4カップなので1100cc。
つまり、比率は、ココナッツ:ナッツ:マコレート=1100:1100:15=約73:73:1、という感じになります。
そんなんじゃ、マコレート入ってるかどうかわかんないじゃん(笑)。
この極端な配合のバランスは、マコレートがまずいからです。
モニカの説明も、はっきりとはそう言ってないけど、この配合だとそう言ってるのも同じなので、分量がunusual (変わっている、珍しい)と言い訳しているんですね。
いろいろ試作品を作っても、みんなにまずいと言われたので、苦肉の策なんでしょう。
この比率でも、やっぱりまずかったら、すごいけど。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:32| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

フレンズ2-8その14

問題のリストの責任を追及されて困るチャンドラー。
チャンドラー: Pheebs, back me up. You believe in that karma crap, don't you? (フィービー、助けてよ。フィービーは例のカルマとかなんとかを信じてるんだろ?)
フィービー: By the way, good luck in your next life as a dung beetle. [うんうんとうなずいて](ところで、あなたのフンコロガシとしての来世に幸運を祈ってるわ。)
karma は「[仏教・ヒンズー教の]カルマ、業(ごう)、因縁」という意味です。
karma については、フレンズ1-3その4 ご質問1 でも触れています。

フィービーはカルマとか霊感とかを信じるタイプ。
なにかとんでもないことが起こった時に、前世からの因縁とかが関係してるのよ、と言うタイプの人です。
だから、チャンドラーは、「こういうことになったのは、何かの因縁だ」とフィービーに言って欲しかったのでしょう。
(業や因縁が原因だと言われても、チャンドラーの罪が軽くなるとも思えないけど、良心の呵責に耐えられなかったかもしれない・・・笑)
ですが、うなずきながらも、辛辣な意見を述べるフィービー。
dung は「(牛馬などの)ふん、こやし」、beetle は「(カブトムシなどの)甲虫(こうちゅう)」。
(今年は、子供たちの間で甲虫ブームでしたね、ムシキングのお陰で。うちでも甲虫(パラワンオオヒラタクワガタ)飼ってます。ただいま冬眠中?)
つまりdung beetleはフンコロガシのことです。
フィービーは「チャンドラーのこのひどい行為は確かに因縁が関係するもので、だからあなたはそれを償うために、来世はフンコロガシになっちゃうわよ。」という意味なんですね。
フンコロガシは英語でも「フン甲虫」なので、どこの国でもちょっと可哀相な名前ですね。
来世がそれだと予言されたチャンドラーは、もっと可哀相かも・・・。

ロスはすごい雨の中、バルコニーへ登ってきて、なんとか部屋に入れてもらおうと叫んでいます。
レイチェル: When somebody does not buzz you in, Ross, that means, "Go away." It doesn't mean, "Climb up the fire escape." (誰かがあなたがブザーを鳴らしても部屋の中に入れないって時はねぇ、ロス。それは「帰って」という意味で、「非常階段を上がってきて」という意味じゃないのよ。)
buzz someone in は「ブザーを鳴らしたお客を部屋の中に入れる」という意味です。
フレンズ1-1その1 にこのブザー(インターコム)の仕組みを説明してあります。

fire escape は文字通り「火災避難装置」のこと。
ビルの外側についている非常階段などを指します。
カサの骨が折れてボロボロになってる様子で、かなりの大雨、なおかつここまで登ってくるのが大変だったことがわかりますね。
(台風のニュース写真に使われるようなカサになってます。)

他のみんなにドアを開けてもらったロス。
ずぶぬれのロスを心配するモニカ。
モニカ: You must be freezing. You know what you need? How about a nice, steaming cup of hot Macholate? (ロス、凍えちゃうわよ。こういう時に必要なものは何だと思う? おいしい湯気の出ているホットマコレートはどうかしら?)
ロスとレイチェルの件で、すっかり忘れてました、マコレート(笑)。
そう言えば、このエピソードのサブプロットだったなぁ。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 14:36| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

フレンズ1-3その7 ご質問4

ご質問にお答えするコーナー、最終日です。

Q7、
チャンドラーがタバコを吸うのをみんないやがるが、誰にだって欠点はあると言うチャンドラー。
ジョーイは指の関節をポキポキならす、ロスは大げさに発音する、モニカは笑う時に鼻を鳴らす、とそれぞれの欠点をあげつらいます。
カチンと来たジョーイは、フィービーが「髪の毛を噛む」ことを責めます。
ロスは優しくフィービーをかばったのに、そのロスにレイチェルがケチをつけるところから。
レイチェル: "Indeed there isn't"... I should really get back to work. ([ロスの丁寧すぎる発音を真似して]「本当にそんなことはないのだよ」(←ちょっと、これ訳しにくい・・・笑)・・・私は仕事に戻らなくちゃ。)
フィービー: Yeah, 'cause otherwise someone might get what they actually ordered. (そうね。だって、あなたが仕事に戻らないと、お客さんの誰かが本当に注文した品を受け取ることになるかもしれないものね。)
レイチェル: Ohh. The hair comes out, and the gloves come on. (あー? ○○○○・・・)
そうして、みんながクセのことで喧嘩を始めてしまいます。

この The hair comes out, and the gloves come on. の解釈について、
字幕は「髪食い女のくせに」でしたが、
「髪を口から出して、グローブを入れたら? なんでも口に入れるのね!」
というニュアンスでよいでしょうか?


う〜ん、この部分は、私もよくわかりませんでした。
このシーンをご存じない人に、軽く説明をしておきます。

ロスにケチをつけたレイチェルに、フィービーが言ったセリフが、何とも回りくどいけど面白いですね。
これは結局、「あなたがウェイトレスの仕事に戻ると、また注文とは間違った品を客に運ぶことになっちゃうわよ。」と言っているのです。
つまり、レイチェルはウェイトレス失格だということ。
どうしてそこまで言っているかと言うと、「髪の毛を噛む」クセを endearing (かわいらしい)とかばってくれたのに、そのロスの欠点をレイチェルが責めたから。
だからフィービーは「あなただって人の欠点のことなんか言えないわよ。」という感じで、ウェイトレス失格とまで言ったのです。
そこまで言われたレイチェルがフィービーに言い返しているセリフが、問題のセリフなんですが・・・。

The hair とあるのは、フィービーのクセの「髪の毛を噛む」と関係があるのは間違いないと思います。
おっしゃるような解釈も可能なのかもしれませんし・・・。

ところで、何故グローブなんでしょう?
そこで、gloves という単語から考えてみることにしました。

解釈その1
西洋では、手袋を相手に投げることで決闘を申し込む、という風習がありますよね。
だから、その「決闘」のイメージを何か示唆しているのではないかと。
come out, come on というのがなんとも漠然としているので困るのですが、例えば、髪の毛が come out 「出てきて、姿を表して、抜けて」、手袋が come on 「やって来る、登場する」を解釈して、
「髪の毛が手袋になった」
「たかが髪の毛の話から、決闘まがいの喧嘩に発展した」
「単なる髪の毛の話を、決闘にするつもり?」
など、何かしら、「髪の毛の話」から「決闘」になったことを言いたいのかなぁ?
レイチェルとしては、「たかが髪の毛のことを言われたくらいで、私がウェイトレス失格だ、なんて言うことないでしょう? 小さな話が、こんなに大きな”決闘”話にまで発展しちゃたわよ。」とでも言いたいような・・・。

解釈その2
gloves はボクシングのグローブを指しているのかも?
その場合だと、「髪の毛が抜けたけど、その代わりにボクシングのグローブがやってきたわよ。代わりにグローブはめなさいよ。」という感じ?
また、その1と同じく、「髪の毛」の話が「喧嘩、ボクシング」にまで発展してるわ、ということかもしれません。

本当にこれはわかりませんねぇ。
今回いただいた質問で、これが一番難しかったです。
何だか全然違う解釈が出てきそうな気がしますが・・・。
そもそも、私の解釈はちょっと意訳しすぎている感もあるし・・・(笑)。
これは hair や gloves の単語がどうこう言うよりも、come out や come on という表現の幅が広すぎて、却ってつかみ所がないのが原因です。
皆さん、またご意見をお待ちしております!


Q8、
皆がアランとのよりを戻せと詰め寄るシーン
モニカ: It wouldn't be fair to you! ([好きでもないアランを、好きなふりをしてまで付き合うことは]あなたたちにとっても、フェアじゃないはずよ!)
ロス: Who-who wants fair? I just want things back. Y'know, the way they were. (誰がフェアを求めてるんだ? 僕はただ、物事が元通りに戻って欲しいだけだ。ほら、the way they were に。)

最後のthe way they were というのはどういう意味でしょうか?


the way they were の they は「彼ら」ではなくて「things」のこと。
things は「アランとの間にこれまで起こったいろんな出来事」を指し、they = things が were (そうであった) the way (ように)、戻って欲しい、ということです。
the way they were で 「they がかつてそうであった状態、様子」を指します。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)の歌に、Just The Way You Are というのがありますよね。
これは、「君が今あるそのままの状態で」という意味なので、邦題が「素顔のままで」になっているのです。(この曲、良いですよー!)
この歌の歌詞に、"I love you just the way you are." というフレーズがありますが、これは「そのままの君を愛している」ということですね。
(うん、最後の解説だけは、上手くキマったね・・・ふふふ)。

と、以上が私の見解ですが、「私はこう思う。」などのご意見がありましたら、他の方も是非是非コメントをお寄せ下さい。
これ以降の議論はコメント欄で進めて行きたいと思いますので、興味のある方は、ちょくちょくコメントの方もチェックして下さいね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:27| Comment(24) | フレンズ シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

フレンズ1-3その6 ご質問3+マザーグースの話

前回、前々回と、記事のタイトルが長いわりに中身がなかったので、ちょっとタイトルをはしょってみました(笑)。
ということで、昨日の続きです。

Q6、
アランが帰った後のシーン
ジョーイ: Know what was great? The way his smile was kinda crooked. (何が良いってさぁ、彼の笑い方が、crooked な感じなんだよな。)
フィービー: Yes, yes! Like the man in the shoe! (そうそう! 靴の中の男みたいな。)
ロス: ...What shoe? (何の靴?)
フィービー: From the nursery rhyme. 'There was a crooked man, Who had a crooked smile, Who lived in a shoe, For a..while...' (童謡にあるでしょ。「曲がった男がおりました。彼は曲がった笑いをしていました。彼は靴に住んでいました。しばらくの間・・・)
みんなの間に「それって何のこと?」みたいな怪しい沈黙が流れて・・・。
ロス: ...So I think ... (それで僕が思うに・・・)
と、まるでフィービーの言ったことを聞いていなかったかのように、別の話題に移るロス。

google で童話がうまく検索出来なかったのですが、フィービーが童話を間違えて(?)記憶していて誰も理解してくれないところが面白いのでしょうか?


nursery rhyme は「童謡、わらべ歌」ですが、ここでフィービーが言っているのはその中でも特に有名な Mother Goose (マザーグース)ですね。
マザーグースに The crooked man 「曲がった男」というわらべ歌があります。
サーチボックスに「Mother Goose crooked man」と入れて Google 検索すると、この歌の歌詞の載っているサイトも見つかるようですよ。

この歌は、
There was a crooked man, and he walked (or went) a crooked mile...
「曲がった男がおりました。彼は曲がった1マイルを歩きました・・・」
と続きます。

フィービーは smile が crooked (ここでの意味は「ひねくれた」)だと聞いて、crooked smile を思い出したようですが、実際のマザーグースは crooked mile であって、smile ではありません。
mile と smile の発音が似ていたから勘違いしたようですね。

さらに、他の唄も混じってきてしまったようです。
lived in a shoe のフレーズは、同じくマザーグースの There was an old woman という唄に出てきます。

There was an old woman who lived in a shoe. She had so many children, she didn't know what to do.
「靴に住んでるおばあさんがいました。彼女には子供がたくさんいて、何をすべきかわかりませんでした。(することが多くて大変だ、という意味らしい)」

ですから、ご指摘の通り、フィービーがマザーグースをごっちゃにして覚えていたため、他の人に話が通じなかった・・・ということのようですね。

ここからは、マザーグースについて語ります。(これまで、このブログで詳しく書いたことがなかったので・・・)
マザーグースは有名なので、いろんなところに出てきます。
わからない表現が出てきた時には、「マザーグースかも?」と一度は疑ってみたらよいかも。
(他には、私のような仏教徒(?)には、「聖書」の話が出てきた場合も、何のことやらさっぱりわかりません・・・一度ちゃんと勉強したいところですが。)

日本人にも有名なのは、アガサ・クリスティー原作の「そして誰もいなくなった」(原題 And Then There Were None)ですね。
マザーグースの Ten Little Indians という歌のとおりに、10人いた人間が一人また一人と減っていって、そして最後には and then there were none. (そして誰もいなくなった)になってしまうのだろうか・・・?という殺人事件の話です。
私は小説は読んでいませんが、映画は見ました。
このマザーグースが非常に効果的に使われていたと思います。

日本でも、横溝正史の小説などで、わらべ歌に合わせて殺人事件が起こったりしますよねぇ。
ああいう昔から伝わる歌、というのは、一種独特の怖〜い雰囲気があって、それが人の死に絡むと、人間の想像を超えた神秘的な力が働いているのを感じて、恐怖が倍増する、という貴重なアイテムなんでしょう。
外国でも日本でも同じような効果がある、というのが興味深いです。
(ちなみに、横溝正史について書きましたが、あぁいうおどろおどろしいのは、私はどうも苦手で・・・)

お正月に放映していた「古畑任三郎ファイナル」第一夜「今、甦る死」でも、「あの世節」とか言うわらべ歌の内容通りに、人が死ぬという話でしたね。(♪アヘ、アヘ、アヘ・・・と始まる歌い出しには大爆笑!)
人のあらゆる死に方が列挙されていて、「どんな人間も最後には何らかの形で死ぬ」という真理を歌った歌だそうです。
そういうなんだか意味深な部分が、わらべ歌にもマザーグースにも共通したイメージですよね。

ちなみに、このエピソードは横溝正史の金田一耕助シリーズを意識した作りになってましたね。
舞台は「鬼切村」(確か、金田一シリーズには「鬼首(おにこべ)村」というのがあった)、石坂浩二の役名は「天馬恭介」で、耕助と似た感じの名前ですし。(石坂浩二は、何本かの映画で金田一を演じてます。)
関係ないですけど、第ニ夜のイチロー、思ったより(?)お芝居上手でしたね。
むっちゃ浮いてしまうんじゃないかと密かに心配しておりましたよ、私は(笑)。

マザーグース→わらべ歌→横溝正史→古畑任三郎、と、とことん話がずれましたので、マザーグースに戻ります(笑)。

うる星やつらTV版98話「そして誰もいなくなったっちゃ!?」は、タイトルからして一目瞭然ですが、アガサ・クリスティーの小説のパロディーでした。(やっぱり話がずれてるよぉー!)
うる星では、同じマザーグースでも別の歌が使われていました。
「誰がコマドリを殺したか?(Who killed Cock Robin?)」という歌で、「誰がコマドリを殺したか? それは私、とスズメが言った・・・」という歌詞通りに殺人事件が起こる、という展開になっていました。
当時のうる星のチーフプロデューサーは、あの押井守さん(!)。
どこまでこのエピソードに関与されてるのかは知りませんが(脚本や演出は別人なので)、ファンの人気投票をすると必ず上位に入る、とっても面白い話でしたよ。
それから、話が脱線したついでに、この「誰がコマドリを殺したか?」は、実は漫画「パタリロ!」で主人公がよく踊る「クックロビン音頭」の元ネタです。
♪だーれが殺した、クックロビン!♪

このように(どのように?)マザーグースは至る所に(日本のアニメや漫画にまで)登場しているのですね。
続きはまた明日。(後半は、ただの趣味の話でしたね。ごめんなさい。)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:33| Comment(10) | フレンズ シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

フレンズ1-3その5 ご質問2

昨日の続きです。

最初に、質問部分の記述について補足説明させて下さい。
昨日の記事では、詳しく書かれていた質問を、「わからない箇所を示す」ことに重点をおいた質問に変えさせていただいておりました。(私もご質問を読んで、「確かにこの部分はよくわからないなぁー」と思った気持ちも含めて、誰もが思うであろう一般的な質問形式にしたのです。)
が、質問者の方の見解も重要なポイントですし、なによりその部分を省略してしまうと、質問者の方が何故悩まれたのかがはっきりしなくなってしまう・・・ということに後から気付きました。
そこで、質問部分は、質問者の方のオリジナルをそのまま書き写すことにしました。
これで、疑問点のポイントがよりはっきり見えてくると思います。
なお、(   )内に書かれた和訳は、私がだいたいの雰囲気を出そうと書いたものです。
これは、このエピソードを見たことがない人にもセリフの内容をわかっていただきたかったから。
ということで、昨日の記事の質問も、同様のコンセプトで書き直しをさせていただいております。

Q4、
アランをみんなに会わせたくないモニカに対し、
ポーラ(モニカの職場の同僚): They're your friends, they're just looking out after you. (みんなはあなたの友達なんだから、ただあなたを look out after してるだけよ。)

字幕通り「あなたを心配している」という意味だと思うのですが、
looking out after you. の所がよく分かりません。
look out〜やlook after〜、の両方関係があるのでしょうか?


look out は Look out! 「気をつけろ!」という形で使うことからわかるように、「気を配る、気をつける、目配りをする」という意味です。
look after は after 「・・・の後ろに、後ろで、・・・を追って」ということから、対象となるものの後をつけて追いかけている感じで、「気をつける、世話をする、面倒をみる、心配する」という意味になりますね。
ざっと辞書を見たところ、look out after というのは見当たらないのですが、look out for 「用心する、注意する、気を配る」の変形ともとれます。
for (・・・の方向へ)という意味をさらに after にすることで、その対象の動きにちゃんとついて行きながら目で追いかけている感じを出しているのかもしれません。
または、look out にafter をくっつけて、上に書いたような after のニュアンスを加えているとも言えます。
つまり、この after に「フレンズたちがモニカを見守っているイメージ」を感じるのですが・・・。

「前置詞はイメージでつかむ」というのは「ハートで感じる英文法」で大西先生がいつもおっしゃっていますよね。
ですから、覚えているイディオムと似たものにぶつかった場合は、そのイディオムに、別の前置詞の「イメージ」をかぶせている、くらいの感じに解釈したら良いのではないでしょうか?

Q5、
アランがモニカの部屋に来るシーン
ジョーイ: Chandler! He's here! (チャンドラー! アランが来たよ!)
モニカ: Okay, please be good, please. Just remember how much you all like me. (お願いだから、良い子にしていてね。○○○○○。)

最後を直訳すると、「私の事どれだけ好きか心に留めておいてね」でしょうか?
日本語では「私の事好きでしょ」とはあまり使いませんが、英語ではこれは普通の表現なのでしょうか?


意味は、直訳された通りだと思います。
「普通の表現かどうか」は・・・。普通なんでしょうねぇ、たぶん・・・(笑)。
"Remember how much I love you." なら、「私があなたのことをどれほど愛しているか心に留めておいてね(忘れないで)。」という感じで、親が子に、また恋人同士で使いそうな表現だと思いますけど・・・。
それの逆バージョンなわけですが、特に”大袈裟な表現”ということでもないでしょうね。
こういうセリフを他で聞いた例は、思い出す限りはないんですが。

直訳すると、確かにちょっと日本語では言わないというか、かなり厚かましい表現にも思いますが(笑)、「私のこと大事に思うのなら」とか、「私はあなたたちの大事な友達でしょ」とか、「友達らしく私のためを思って」とかそういうニュアンスだと思います。
アランに対して良い態度で臨んでほしいから、友情を持ち出しているのですね。

続きはまた明日。

それから、昨日の記事に対して、いろいろコメントをいただきました。ありがとうございます!
それを読ませていただいた後、私も再度調べ、"Smoke away."について、いろいろと発見がありました。
記事にできそうなほど(笑)長くなったんですが、これからも議論が沸騰することを期待しつつ、
フレンズ1-3その4 ご質問1 のコメント欄 に書きました。
興味のある方は、是非お読み下さい。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:39| Comment(10) | フレンズ シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

フレンズ1-3その4 ご質問1

フレンズ1-3その1 のコメント欄 で、シーズン1 第3話 The One With the Thumb (モニカの彼はみんなのもの?)に関するご質問をいただきました。

質問件数が少ない場合、または少ない行数で説明できそうな場合は、コメント欄でお返事することも考えていたのですが、長くなりそうだったので、今回、記事にしました。
またもや、フレンズ2-8 解説が途中になってしまって申し訳ないのですが、疑問は早く解決した方が良いと思いましたので・・・。
(解決どころか、なおさら悩みが深まることになりそうな予感も・・・記事にすることで自分で自分の首を絞めてるのかもしれません・・・笑)

記事にした理由は他にもあります。
コメント欄は文字が小さくて見にくいので、細かい説明をするのに適していないこと。
それから、あくまで私が今考えた解釈なので、間違っている可能性も大いにありますから、記事にしてたくさんの方に読んでいただき、いろんな意見を伺いたい!という思いがあるからです。(だから、この記事は叩き台だと思ってください。)
それから、ぶっちゃけた話を言うと、記事にした方が、こちらの調査にも力が入る、というのもありまして・・・。(これはかなり自分勝手な理由ですが。)

せっかくいただいたご質問を1行か2行でお答えしちゃうのももったいないですし、やはり人が疑問に思う部分というのは何かしらひっかかる箇所がありますので、説明のしがいもあるのです(笑)。
同じような疑問を持たれた方もおられるかもしれませんしね。

ということで、いただいた質問を示し、それにお答えする形で、進めていきます。
(2006.1.17 補足と訂正)
最初に記事を投稿した際には、質問が一般的なものになるように、私が文言をかえさせていただいたのですが、やはり質問者ご本人の言葉をそのまま掲載することにしました。
その理由は「フレンズ1-3その5 ご質問2」の冒頭に詳しく書いてありますが、質問内容を変えてしまうと、質問のポイントがぼやけてしまうからです。(追記はここまで)

Q1、
ジョーイとチャンドラーがセリフを練習してるシーン
ジョーイ: "I just wanna go back to my cell. 'Cause in my cell, I can smoke." (独房に戻りたい。独房ではタバコを吸えるからだ。)
チャンドラー: "Smoke away." ([タバコを]吸え。)

Smoke awayを「すぐに吸え」だと思っていたのですが、もしかすると「離れて吸え」という意味でしょうか?
日本語音声は「ここで吸え」となってました。


私はこのセリフを聞いた時に、特にひっかからないままスルーしてしまったのですが、そう言われれば、"Smoke." だけでも通じるのに、どうして away がついているんでしょうね?

解釈その1
まず、私が考えたのは、タバコを吸う時の仕草です。
それは、「タバコを口にくわえてから一口吸い、その後、タバコを口から離して、煙をプハーッと吐く」という動作。
away というのはサッカーのアウェイという言葉でもわかるように、「離れて」という意味がありますよね。
だから、その「タバコを離して」「煙を口から出して」という行為の「プハーッ」って感じを表しているのか、と思いました。

解釈その2
away の「離れて」以外の意味を調べてみました。
そこで気になるものを3つ発見。
1.[行動の連続を表して]絶えず、せっせと
work away せっせと働く talk away 話し続ける
2.[命令文で]ためらわずに、どんどん
Ask away! 何でも聞いて。どんどん尋ねて。
3.[即時を表す」直ちに (これは right away として使うことが多い。)

この辺りのニュアンスを当てはめると、
「せっせと吸え、ひたすら吸え、吸って吸って!」と smoke という行為の連続を示唆している、
あるいは、「ためらわずに吸え、さあ吸って」と吸うことを許可している、歓迎している、促している、または、「直ちに吸え、いますぐ吸え」と”即時”を表している、
という感じのどれかでしょうか?

よく考えてみると、このチャンドラーの "Smoke away." は看守のセリフで、「独房に戻ってタバコを吸いたい」と言った囚人へのセリフなんですよね。
ということは、「独房に戻らなくても、そんなに吸いたいならここで吸えばいいさ。」という意味で、「促している」のが近いような気がします。
ですから、今の時点では「解釈その1」は違うと思います(笑)。
はっきり言って、よくわかりませんので、ご意見お待ちしております(笑)。

Q2、
フィービーの口座に知らないお金が振り込まれているシーン
フィービー: and there's five hundred extra dollars in my account. (私の口座に500ドル振り込まれてるのよ。)
チャンドラー: Oh, Satan's minions at work again... (あぁ、また魔王の手先が○○○・・・)

例えば、Satan's minions work again.なら分かるのですが、atが入っているので文の形が分かりません。
文としては完結してないけど、口語だからOKと言う感じでしょうか?


at work には「運転中で」「(人が)働いて、仕事をして、活動中で」「職場で」などの意味がありますが、この場合は「活動中で」ということでしょう。
この文の構造は・・・

解釈その1
Satan's minions (are) at work again. と be動詞が省略されている。
掲示に使われる文章に、Men at work. 「工事中」というのがありますが、それと同じかなぁ、と。

解釈その2
boss at work 「職場の上司」、one's colleagues at work 「職場の同僚」のように、at work が前の名詞を修飾している形。
ここでは at work が「職場での」ではなく、「活動中の」という感じで、「活動中の手下が、また(出てきたよ)」という感じかなぁ。
どちらか判断つきません。

Q3、
上の続きのシーン
フィービー: I'd never be able to enjoy it. It would be like this giant karmic debt. ([勝手に振り込まれたお金を]喜ぶことなんでできないわよ。まるで、○○○○○みたいじゃない。)

字幕では「来世でバチが当たるわ」となっていたのですが、
「大きな借金を負う運命みたいじゃない!」と言う理解で合っていますか?
それとも、どちらでも良いのでしょうか?


karma は仏教やヒンズー教の言葉で「カルマ、業(ごう)、因縁、宿命」などの意味ですよね。
つまり、現世での行動が来世に影響を与える、という考え方です。
だから、「巨大なカルマの借金」を背負うことになる、というのは、貰ういわれのない大金を手にして幸せになることで、来世では、そのプラス分をチャラにするほどの不幸な出来事が起こってしまう、来世の運を現世で使いつくしてしまって、来世では不幸のどん底に落ちてしまう、という意味になるのだと思います。
「来世でバチが当たるわ」という字幕も、それと同じ意味でしょうね。

実は質問はQ8までありますので(笑)、ひとまず今日はここまで。
今日のQ1からQ3までの解釈に対してのご意見をお待ちしております。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:38| Comment(26) | フレンズ シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

フレンズ2-8その13

セントラルパークで、自分の失敗を悔いるチャンドラー。
チャンドラー: My diary! Brilliant! If I said it was my diary, she wouldn't have made me read it. (俺の日記だ! いい考えだろ! もし俺が、あれは俺の日記だって言えば、レイチェルはそれを読めとは言えなかったはずなのに。)
モニカ: That's true. You'd be a great person to have around after an emergency. (まったくね。あなたって、緊急事態の後なら、そばにいてくれるとありがたい人なんだろうけど。)
she wouldn't have made me read it は「レイチェルがリストを読むことを俺に強制することはなかっただろうに」という意味で、暗に「実際は、レイチェルに強制されて、リストを読むことになってしまった」とことを表しています。
have someone around は「人をそばに置いておく、人が周りにいる」という意味。
a great person to have around なら、「そばにいてくれると嬉しい人、頼りがいのある人」という意味でしょうが、after an emergency (緊急事態の後)だったら would be(そうだろうけど)、と言われているということは、つまり肝心の緊急事態には何の役にも立たなくて、後からそんな名案を思いついてもどうにもならないわよ、とモニカは皮肉を言っているのですね。

ロスがそんなリストを作るなんて・・・と驚くフィービーですが、
ジョーイ: Hey, cut him some slack. It was Chandler's idea. (おい、ロスのこと、わかってやれよ。あれはチャンドラーのアイデアだよ。)
cut someone some slack は「人を勘弁してやる、人に理解を示す」という意味。
slack は「ゆるい、たるんだ、ゆるみ、たるみ」という意味で、「(人に)ゆるさを与える」、つまり、「厳しい(きつい)ことを言わずに、寛大になってやる」という意味のようです。
slack の複数形の slacks は「スラックス、上着と対になっていないゆったりしたズボン」という意味です。

リストはチャンドラーのアイデアだと聞いて、モニカとフィービーは責め立てます。
チャンドラー: Let's get some perspective here. These things happen for a reason. (ここではちょっと大局的にものを見ようよ。そういうことが起こるには理由があるんだ。)
perspective は「見方」ですが、「物事を見通す釣り合いの取れた見方」という意味もあります。
発案者の俺ばかりを責めるなよ、はやし立てたジョーイにも責任があるし、何より、リストを作ることを認めたロスにも責任があるだろう、とチャンドラーは言いたいのですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 17:46| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

フレンズ2-8その12

ジョーイたちの部屋にレイチェルが入ってきます。
ロス: I just got back from Julie's. (ジュリーのところから帰ってきたんだ。)
Julie's は Julie's place または Julie's room (ジュリーのところ、ジュリーの家・部屋)ということです。
マクドナルドを英語で書くと、McDonald's ですが、このように所有格の形になっているのは「マクドナルドさんの店」という意味だからですね。
それにしても、レイチェルが入ってきた時のジョーイの嬉しそうな顔!
いやらしい笑顔ではなく、本当に友人たちがうまく行くことになって嬉しい、という、とてもさわやかな笑顔です。

ロス: It's always been you, Rach. (ずっと君が好きだった、レイチェル。)
レイチェル: Oh, God. (まぁ。)
"It’s always been you." ですが、これは"It’s you."「それは君だ。」の継続を表す完了形でしょうか。
(今、「継続を表す完了形」とかいう表現を使うと、数日前に悩んだ完了形を思い出して、またこんがらがりそうなんですけど・・・笑)
とある人物の説明をしていて、最後に「それはお前だ。それは君のことだ。」というニュアンスでよく "It's you." と言いますが、この場合は、「ロスが思っていた人、好きだった人、ロスの心の中にいた人」、それが「君だ」という意味で、さらに完了形になっているので、「ずっとそうだった」という意味になるのだと思います。

ロスとレイチェルが抱き合った時の観客の歓声。
これがシットコムの醍醐味ですね。
私も見ていて、とても嬉しかったのを覚えています。
今回、ブログのために久しぶりに見ましたが、やはりこういうシーンはジーンときちゃいますね。
そして、フレンズの素敵なところは、こういうシーンでの、友人たちの表情です。
抱き合うロスとレイチェルを見つめる、ジョーイとチャンドラー、いい顔してるぜぃ。

ところが・・・(と逆接が続くところが、いかにもフレンズらしい・・・笑)
調子の悪かったプリンタが何故か復活。
欠点をあげつらったリストを見たレイチェルは大激怒。
ロス: Okay, look at the other side. Look at Julie's column. (わかった、別の方も見てよ。ジュリーの欄も見てよ。)
レイチェル: "She's not Rachem"? What the hell's a Rachem? Is that a stupid paleontology word I wouldn't know, because I'm just a waitress? (「彼女はレイチェムじゃない」? レイチェムって何よ。私にはわからないようなバカみたいな古生物学用語でしょ? だって私はウェイトレスだもんね。)
せっかくの決めゼリフとなるべき、「ジュリーはレイチェルじゃない」が、チャンドラーのタイプミスで「レイチェムじゃない」になってました。
自分の欠点リストで、「レイチェルはただのウェイトレスだ」(←ウェイトレスの方、すみません)と書かれていたのにショックを受けたレイチェルは、わからない言葉は難しい専門用語だと決め付けてしまったのですね。
ま、この怒り具合を考えると、仮に正しく「レイチェル」と書いてあったとしても、それでハッピーエンドとはならなかったでしょうが。
(全然関係ないですが、槇原敬之さんの「僕の彼女はウエイトレス」という歌が昔から大好きで、waitress の話になると、いつも思い出すんですよねぇ。
時々、マッキーの切ない恋の歌ばかりを集めたプレイリストを iPod で聞いて、うるうるしてる時があります・・・大丈夫か、私!?)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 14:48| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

フレンズ2-8その11

ジュリーと別れてきた、その修羅場を語るロスですが、チャンドラーはホットラインの人と電話で話し込んでいます。
チャンドラー: So Spock actually hugs his father? (それで、スポックは本当に父親と抱き合ったのか?)
出ました、スポック!(笑)
スタートレックと言えば、一番有名なキャラはスポックですよね。
ここからスタートレックの話をしますので、興味ない方は飛ばして下さい(笑)。

スタートレック、私も大好きで、日本でもファンは結構いるんですが、アメリカほどの市民権は得てない気がしますねぇ。
SFだし、23世紀や24世紀の話だからちょっと現実味にも欠けるので、こういうのを受け付けないという人は、シットコムの笑いを受け入れられない、という人以上に多いような気もします。
でも、このスタートレックシリーズは、「未来では人間は欲(特に金銭欲)を捨て、素晴らしい人間になっているはず」という製作者のジーン・ロッデンベリーの明るい未来像が描かれていて、見ていて爽快感があります。
だいたい他の未来を描いた作品と言うと、核戦争や最終戦争が起こって人類のほとんどが死んでしまうとか、地球は汚染されてわずかに残された人々が細々と生きているとか、暗い未来像が多いですよね。
スタートレックがアメリカ人に受けるのは、明るい未来像と人間の可能性を描いた作品でもあるからなんです。
私はもともとSFとかが好きなタイプなので(スター・ウォーズも好きですし)何の抵抗もないんですが、スタートレックを見ていると、本当に人類がこんな風になったらいいなと思えます。

で、このスポックですが、彼は一番最初のスタートレック(邦題は「宇宙大作戦」。アメリカでは TOS[The Original Seriesの略]と呼ばれている)に出てくる科学士官です。
このシリーズの主役は、宇宙船エンタープライズの船長ジェームズ・T・カークです。
スポックは父がバルカン人(外交官で名前はサレク)、母が地球人、のハーフで、バルカン人の特徴の「とがった耳」を持っています。
バルカン人は論理性を重視する民族なので、スポックや他のバルカン人は "It's logical." 「論理的だ。」など、logical という言葉をよく使います。
ここで、フレンズ2-8その7 に出てきた次のセリフ、
チャンドラー: Let's get logical about this. (これは論理的に考えよう。)
と、セリフの中で logical という言葉を使ったのを思い出したんですが、あれはスタートレックへの伏線だったのでは?と思ったりして・・・。
オタク特有の深読みのしすぎかなぁ?(笑)

ところで、スポックはハーフなので、バルカンの論理性以外に地球人の感情も持ち合わせており、そのことで若い頃、何かと父と対立し、会話が18年間も途絶えることになってしまいます。
TOS 第44話「惑星オリオンの侵略」(原題:Journey to Babel)は、父のサレクに外科手術が必要になり、珍しい血液型だったので息子しか適合者がおらず、息子のスポックから輸血を受けて手術は成功、そこで父と息子は理解しあったのだった・・・というストーリーになっています。
ですから、このチャンドラーが言っているのは、恐らくこの第44話だと思うのですが・・・。
実は私はこの44話を見てない!!

私もスタートレックが好き、と書きましたが、一番好きなシリーズは新スタートレック(アメリカでは TNG[The Next Generationの略]と呼ばれている)で、詳しいのは、その TNG だけなんですよね、実は・・・。(TOS と TNG と、スピンオフの DS9(ディープ・スペース・ナイン)と VGR(ヴォイジャー)、最新作の ENT(エンタープライズ)とシリーズがたくさんあるんです。)
ですから、和解した、という話は何かのあらすじで読みましたが、「抱き合った」かどうかは・・・
「?(はてな)」です。(まぁ、そんな細かいことを気にしてるのは、私ぐらいでしょうが・・・)

ここでのチャンドラーのセリフで、話のすじを聞いて感心しているところを見ると、彼は
Trekkie (トレッキー。(かなりの)スタートレックのファンのこと。トレッカーとも言う)
と呼べるほどの熱烈なファンではないようです。
好きだけど、テレビでしてたら見ちゃうって程度か、子供の頃よく見てたな、という程度かも。
フレンズ1-2その2 では、このスタートレックの宇宙船”エンタープライズ”の名前が出てきました。
さらに、後のエピソードでは、私の記憶にあるだけでも、チャンドラーがスタートレックネタのギャグを2回言います。
ジョーイも1回言った記憶があります。(またその時に説明しますね。)
そのギャグでみんなが笑えるほど、アメリカ人には有名なドラマだということですね。
例えば日本で、誰かが言葉の端々に「通常の3倍」、「赤い」、「白いヤツ」とかを散りばめてると、ガンダムを知ってる人は嬉しくなっちゃいますけど(そんなのは私だけか?)、知らない人にとっては何を表してるのか全然わかんない・・・みたいなもんで、たくさんの人が笑えるってことは、それだけたくさんの世代に愛されてるってことなんですよね。

ということで、スタートレックに興味のない方には、つまらない説明ですみませんでした。(ただのオタク話でしたね。)
おまけに今日はこれで終わりだ・・・。
きゃー、フレンズファンの皆さん、ごめんなさいっ!

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:52| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

フレンズ2-8その10

プリンタのカスタマーセンターと電話中のチャンドラー。
チャンドラー: What is that in the background? Are you watching Star Trek? (そのBGMに流れてるのは何? 君はスタートレックを見てるのか?)
background は「背景、目立たない所」という意味。(←今さら、説明することもないですが・・・)
in the background だと「目立たないで、黒幕になって」という意味ですが、この場合は、in the background music = BGM のことですね。
電話越しの音楽だけでスタートレックとわかるとは、チャンドラーも結構スタートレックが好きみたいですねぇ。(私もスタートレック大好き!)
まぁ、それだけアメリカでは有名なんですが。
チャンドラーは、プリンタの調子が悪いので怒っているのですが、電話の相手はテレビを見ながら応対しているので、「まじめに仕事しろ。」と言いたいようです。
さらには、自分の好きなスタートレックを見てるので、なおさら怒ってるわけですね(笑)。

ジュリーと別れてきたロス。
ロス: I did the right thing. (僕はするべきことをしたんだ。)
do the right thing は「正しい行動をする」という意味です。
相手がつらい決断をした時などにも、友人が "You did the right thing." (あなたは正しいことをしたのよ。あなたがしたことは間違ってないわ。)などと励ますシーンをよく見かけます。
ジュリーが悪いわけでもないのにジュリーを振ってしまったことを、「正しいこと」と言うのは、日本人なら抵抗あるかもしれませんね。
実際、DVDの吹き替えでは、「こうするよりなかったんだ。」となっています。
ここで、「僕は正しいことをした。」というニュアンスのセリフをロスに日本語で言わせてしまうと、きっとロスが悪者に見えるでしょうね。
そういう英語と日本語のニュアンスの違いもわかると、文化の違いもわかって面白いと思います。
日本語だと「こうするより他に方法がなかった。こうするしかなかったんだ。」と、後ろ向きで、責任を他になすりつけるような発言になるところを、英語では前向きというか、自分が正しいと思えることをしたんだ、と言い聞かせるのです。
自らの信念に従うというんでしょうか。
こうして、自分のしたことを正当化することで、痛みを忘れるしかないのです。
ずるいという意味ではなくてね。
私はいつもこの do the right thing という表現を聞く度に、アメリカ人の潔さを感じるのです。(それが例え、言葉上だけの潔さだとしても。)
自分が正しいと思えばそれでいいのか、というご批判もありそうですが、やはり自分のしたことには自分で責任を持ちたいものですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 14:09| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする