2006年05月31日

Rach Goes 0531

My six year old son always asks me, "Why do you study English, Mom?"
(FYI: My son speaks this sentence not in English but in Japanese, of course. I neither have him go to English conversation school nor teach him English as a second language at home. Occasionally, I use simple phrases to him jokingly, like "What are you doing?" or "What do you want to drink?", though. Are you a little disappointed or relieved?)

He knows that I'm really interested in English or English-related stuff. Because I always watch English-language dramas on DVD, and hum English songs or practice pronouncing English sentences in the kitchen while listening to them on my iPod connected with a minispeaker.

I am always quick to reply to his simple question, "BECAUSE I really want to live in the U.S. in the future, when I become 60 years old or so!"

To tell you the truth, although I state my answer clearly, I'm not so sure if that is my true feelings or not. I admit that I really want to go abroad, especially to the U.S., but I don't feel this is MY REASON for studying English. I have no intention to tell a lie to my dearest son. It's just that I can't explain the reason precisely. So I might use this as an OFFICIAL reason of mine.

I just think about my dream.
Why do I want to go to the U.S. so eagerly?
This is not because I want to pursue and obtain an MBA in some American college, of course.
(For the record, MBA is neither an acronym for 'Master of Being American', nor one for 'Married But Available'. Addtionally, to my regret, these phrases are not my original creation.)

I just want to hear English all the time. I just want to soak my body in a pool filled with English language. I mean, I want to be immersed in English all day long, 24/7. I just dream I am speaking English fluently and talking with English native speakers happily and pleasantly.

My reason for studying or learning English is so vague and unclear.
In first place, I don't feel the necessity of having a good command of English in my current situation.
I just live in Osaka. I don't have any friends from abroad or even any acquaintance who can speak English fluently. I don't need to speak or write English every day. I don't have a chance to express myself in English in the neighborhood, where I seldom see a person from other countries.
And yet, why do I want to study or learn English?
Honestly speaking, I have my own reason for it at the bottom of my heart. But that is TOO emotional and illogical to mention in public.
That's why I can't say my true reason to my son whenever he asks why.

I ask myself again. Why do I want to study or learn English?
Because I really LOVE English. Regarding the English language, I love sound, pronunciation, rhythm and rhyme... you name it!

Long time ago, I fell in love with 'English' at first sight, or, in more precise terms, at first HEARING, so to speak. I don't remember when, but I was so fascinated and overwhelmed by the language I couldn't understand at all.
It's like, "He's speaking English so fluently! So COOL! He's singing the English song so passionately! So COOL!"
COOL! COOL! You might think I have a poor vocabulary. But I don't care at all. I can't find any proper word except 'COOL' for explaining my obscure feelings. To be more exact, COOL or 'something like that'.
Well, 'something like that' is not a good expression. I'm aware of this. Someone once taught me that to keep using this phrase is detrimental to my ability in English. But in this case, 'cool or something like that' is the most articulate expression in order to express my vague feelings toward English. I might say this is some kind of admiration or adoration for English.

And I think people who can use COOL English with complete control are also COOL. So I'm so happy to imagine myself speaking English fluently and writing English smoothly. In my imagination, I can feel as if I were a beautiful blonde woman with alluring blue eyes, like Rachel Karen Green. (Don't laugh out loud, you guys!)
In my English world, I feel I can change myself into another woman who doesn't have to care about household chores in Japan. This might be a desire to become a totally different person. I can say this is a desire to change myself. (I really like and love myself, though.) If I were to use one phrase, "The metamophosis of an ordinary Japanese housewife into a incredibly beautiful American woman."
Is this expression so girlish or dreamy? Maybe. But I don't think you should have a noble, logical reason for learning English. The important thing is that you have strong PASSION which gets you going.
To me, To learn English is to love English. To love English is to understand English more, and... Do you need more explanation?
Expressed in another way, the more I understand English, the more I love English. The more I love English, the more I understand English.
It's just like the mystery 'Which came first, the chicken or the egg?'
...Mmmm... What am I supposed to write about here today? I'm a little bit confused. Are you following me so far?

Oh-oh, it's time to wake up my son and husband. (I don't have to wake up my two year old daughter since she wakes up by herself every morning. She is not a high-maintenance girl at all. Thank God!) It's always so hard to wake them up, because they wouldn't get up so easily. I have to go to the bedroom and shake them awake at least 3 times at intervals of 5 minutes. Why do I have to do the same thing every day, every morning? This is what housewives are for? Maybe. I wouldn't fight against destiny.

Well, while I am writing this column, I keep forgetting the fact that I am just a Japanese housewife... This phrase sounds so familiar? No, no, coming sentences are a little bit different from ones of previous article.
I keep forgetting the fact that I'm a Japanese housewife, who was born and brought up in Osaka and who has never been abroad except that I went to Italy, Greece and France on my honeymoon about a decade ago, and who is married to a Japanese guy who is NOT interested in English AT ALL!
Can you believe this? As you know, I have a great deal of interest in English. But my husband has NO interest in English at all. He is incredibly UNINTERESTED in learning English and unbelievably INDIFFERENT toward English itself.
Would you like me to tell about my husband? Whether you want to or not, I'm afraid I can't say about this right here, right now.

Here I declare in a loud voice...
TO-BE-CONTINUED



Did you enjoy reading this article?
If so, vote for this site by clicking the links below, please.
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 06:44| Comment(16) | Rach GOES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

フレンズ2-15その19

翌朝、博物館の展示物の中で、原人の毛皮(?)にくるまって寝ている二人。
レイチェル: Hey, you. I can't believe I'm waking up next to you. (ねぇ、ロス。あなたの隣で目覚めるなんて信じられないわ。)
ロス: I know. It is pretty unbel... (そうだね、本当に信じられない・・・)
小学生らしき子供たちが二人を見て、あんぐりしています。
ロス: We're not alone. (僕たちだけじゃない。)

「あなたの隣で目覚める」という表現は日本語でもよく聞きますね。
まぁ、幸せな瞬間の典型なわけですか・・・(笑)。
wake up は「目が覚める、眠りから覚める」、get up は「ベッドから起き上がる」ですね。
だから、ベッドの中でパチッと目が覚めると、横たわったままでも wake up なわけです。
そう言えば、ハートで感じる英文法 会話編 大西泰斗/ポール・マクベイ著 の「Lesson12 up & down −自分の感性に従う−」でも、「起き上がるわけではないのに、何故 up を使っているのか」という説明がありましたね。
ここで詳しく書くのは避けますが、これは体の動きを表したものではなくて、「意識」の変化を表したものである、という説明がされていました。

I'm waking up と現在進行形になっていることについては・・・。
あなたの隣にいる状態で、「目覚める」という行為が進行している、もしくは「目覚める」という行為に向かって進行している、つまり「目覚めつつある」という感じのニュアンスかと思うのですが、どうでしょう?
(この進行形の説明についても、大西先生の影響が色濃く出ているような・・・笑)
無理して訳してみると、「あなたの隣で、こうして目覚めの瞬間を味わっているなんて・・・」か、「あなたの隣で、だんだん意識がはっきりして目覚めていくなんて・・・」みたいな感じかなぁ?

遠足だか社会見学だかの子供たちが唖然として見ている顔が面白いですよね。
ネットスクリプトのト書きには、
A church youth group is outside the display watching them.
と書いてありますので、「教会青年部」の団体さんなんでしょうか?(教会の仕組みには全く詳しくなくて・・・)
さらには後ろにシスターや牧師さん(神父さん?)もおられるようなので、かなり規律に厳格な組織の団体さんなのではないかと思われます。
この二人の姿は毛皮で隠れているとは言え、フレンズのようなテレビドラマには珍しく、ちょっとエッチな感じですよねぇ。
それを見てしまった子供たちに、このシスターは一体どんな説明をするのだろうか・・・と心配になりますが・・・。

alone は "Leave me alone." 「僕を一人にしておいてよ。放っておいてよ。」などのように「ひとりで、孤独で」という意味ですが、一人ではなく複数でも使えます。
ですから、We're not alone. は「僕たち二人だけじゃない。」ということですね。

映画インデペンデンス・デイで、異星人の宇宙船が地球にやってきた後に、大統領が次のような演説をしていました。
Good afternoon. My fellow Americans, a historic and unprecedented event has occured. The question of whether or not we're alone in the universe has been answered.
(こんにちは、国民の皆さん。歴史的かつ前例のない出来事が起こりました。「我々が宇宙で唯一の(知的)生命体であるかどうか」という疑問に今、答えが出たのです。)

地球以外に宇宙人がいるかどうかという話でよく出てくるフレーズが、"We are not alone in the universe." 「宇宙に存在するのは我々だけではない。宇宙には我々以外の生命体が存在する。」というものです。
この文を見てもわかるとおり、この場合の alone は地球に住んでいる人(地球人)をひっくるめて alone と言っているわけなので、やはり alone を「ひとりで」と覚えているのは間違いということがわかりますよね。
私はSFが好きなので、「地球以外にも生命体は存在する」と思ってるクチですが(爆・・・でもそう思う方が楽しいじゃないですか)、ただ、人間みたいな形の生命体(ヒューマノイド)が宇宙にゴロゴロいるとはあまり思えないんですけどね。
もう私たちには想像もつかないような、空気みたいなのか、液体みたいなのか、細菌タイプとか、そんな感じならどっかにいそうかなぁと思ったりして・・・。

ジョーイとチャンドラーの二人は、まだテレビを見ています。
ジョーイ: Is that the fire alarm? (あれって火災報知器だよな?)
チャンドラー: It's not warm yet. We still have time. ([床を触ってみて]まだ暖かくない。まだ時間はあるな。)

熱くなってからでは too late ですけどね(笑)。
すっかり目もトローンとして、中毒になってる二人でした。
ところで、二人が見てるこのアニメは、Beavis and Butthead (ビーバス・アンド・バットヘッド)といいます。
MTVのアニメだそうで、雰囲気から分かるとおり、ちょっとお下品な感じのアニメらしい。
↓アマゾンで劇場版のDVDを発見。
ビーバス&バットヘッド〜DO AMERICA〜【劇場版】

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 10:31| Comment(10) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

フレンズ2-15その18

プラネタリウムにレイチェルを連れてきたロス。
スイッチを入れると、星空が見えます。
ナレーション: Billions of years ago, Earth was only... (何億年も前、地球はまだ・・・)

この声、日本語音声では小さいんですが、英語音声で聞くと、エコーがかかった大音量なんですよ。
うーん、ロマンチック・・・と思っていたら、”いかにも博物館”って感じのナレーションが大音量で流れてきたので、私はテレビの前でずっこけてしまいましたが・・・。


ロス: Listen, I'm sorry. I had to work tonight. (ねぇ、ごめんね。今夜仕事があって。)
レイチェル: Oh, that's okay. You were worth the wait. And I don't just mean tonight. (いいのよ。あなたは待つ価値のある人だもの。それは今夜だけのことを言ってるんじゃないわよ。)
キスをする二人。
ロス: You're not laughing. (君は笑ってないね。)
レイチェル: This time it's not so funny. (今度は、そんなにおかしくないもの。)

That's okay. は「気にしないで」。
「そんなこと、気にしなくてもいいのよ。私は全然気にしていないわ、大丈夫よ。」という感じです。
worth は「・・・の価値・値打ちがあって」という形容詞ですが、・・・の部分には、前置詞なしで目的語が直接続きます。
ですから、このセリフでも目的語に名詞がきていますね。
「・・・する価値がある」という意味の場合は、動詞の -ing 形(動名詞)が続きます。( to 不定詞はとりません)
"It's worth trying." だと「やってみる価値はある。」ということですね。
wait は「待つこと、待ち時間」。
worth it という形だと「それだけの価値がある、時間と労力をかけるだけの値打ちがある」という意味になるので、"The wait was worth it." は「待っていた甲斐があった。」という意味になります。
レイチェルのセリフでは、もう今は待ってないから、were と過去形を使っているようですね。
mean は「・・・を意味する、・・・の意味で言う」。
"I don't just mean tonight." を直訳すると、「私はただ今夜のことだけを言っているのではない。」となります。
それは、その前のセリフで、「あなたは待つ価値のある人だ」と言ったことについて、「今夜だけじゃなく、いつでもあなたのことを待つことができる、あなたはそれだけの価値のある人なのよ。」と補足しているわけですね。
キスしても笑ってばかりだったレイチェルですが、今回は笑いません。
funny は「面白い」ですが、同じ「面白い」という意味の interesting が「興味深い」という意味で面白いのに対し、funny は「こっけいで人を笑わせるように」面白い、おかしい、という意味になります。
フレンズを見ていると、funny という言葉がよく出てくるので、フレンズを見ている方には、この違いは結構明白だと思うのですが、「面白い」= interesting と一対一対応で丸覚えしていた学生時代には、面白いと言えば、何でもかんでも interesting を使ってしまっていたような気もします。
真剣な顔で、"It's not so funny." と言うレイチェル。
つまりもう、「ケラケラと笑い出すようなこっけいなことは何もない。今の私はすごく真剣な気持ちで、茶化したりはしないわ。」という宣言なわけです。
うーん、あんな顔で、こんなこと言われて、盛り上がらないはずはないですよね(笑)。
・・・ってことで、この後、ロスとレイチェルは...you know、って感じなので、しばらく二人の世界に浸って下さいませ。
でも、これで終わらないのがフレンズ。
明日もまだ続きます(笑)。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 14:25| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

フレンズ2-15その17

バーク先生には孫がいるという事実に気付いて、やはり付き合うのは変だと思うモニカ。
モニカ: I mean, I'm dating a man whose pool I once peed in. (つまり、私は、昔プールでオシッコしちゃったそのプールの持ち主の男性とデートしてるってわけね。)
バーク先生: I didn't need to know that. (それは知らない方が良かったな。)

関係代名詞の whose は自然な訳にしにくいのですが、まぁここでは、ネイティブのように前から順番に訳して、「私はとある男性とデートしている。その男性のプールで、私は昔オシッコをしたんだけど。」と訳す方が自然でしょうね。
ただ、日本語でこういう風に書くと、倒置文のように見えてしまうのですが、英語ではこの文章の順番が普通なわけです。
そして、実際もその方が回りくどくなくてわかりやすいと思うのですが・・・。
その辺りの違いも感じてみて下さいね。
I didn't need to know that. は「それを知る必要がなかった。」ですから、「知らなくてもよいことを知ってしまった。」という感じでしょう。


やっと仕事を終えて戻ってきたロス。
ロス: I'm done. (終わったよ。)
レイチェル: Yeah, well, you know what? So is Sorentino's. (えぇ、でもね。ソレンティノズも終わっちゃったわよ。)

done は「終わった、済んだ、完了した」という意味です。
"So is Sorentino's." は "Sorentino's is done, too." という意味ですね。
"I like him." "So do I." 「私は彼が好きよ。」「私もよ。」と同じです。
唐突に Sorentino's という名前が出てきましたが、これは恐らくディナーを予約していたレストランの名前。
話の流れからそうだとわかるのはもちろんですが、's (アポストロフィー+ s )で終わるレストランの名前が多いことからもわかります。
経営者の名前に所有格の 's をつけて、「誰々さんのお店」という名前をつけることが多いからですね。
例えば、McDonald's とか Denny's とか Wendy's とか・・・。
ちなみにマクドナルドは、やはりマクドナルドさんが始めたお店だそうですが、ウェンディーズは娘さんの名前から取ったと聞きました。
さらにおまけで、McDonald's の発音は「マクダーノルズ」という感じで、ダにアクセントがあります。
CMに出てくるピエロみたいなドナルドの本名はロナルド(Ronald)です。
どちらも、日本人が発音しやすいように「マクドナルド」「ドナルド」にしたという話は結構有名ですよね。
でも、そうやって日本風にローマ字読みにする方がキャッチー(catchy=人の心を捕らえる、覚えやすい)なんでしょうが、それが英語で通じないとなると、これまた不便ですよね。
以前、フレンズ2-8その3 で、和製英語の氾濫について不満を書いたのですが、私は外来語としてカタカナで表現するなら、できる限り原語に近い発音で輸入した方がいいといつも思っています。特にこれからはね。
世界的に有名なお店でも、日本人にしか通じない発音で覚えていたら、使い物になりませんからね。
例えば神戸にあるメリケンパーク。
メリケンは American が訛ったものだと言われていますが、実際の英語の発音は、「アメリカン」よりも「メリケン」の方が近いように思います。(最初の A はあいまい母音だし、メにアクセントがあるし。)
そんな風にローマ字読みにこだわらずに、聞いたままをカタカナにした方が、ずっと良いと思うんですけどねぇ?

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 07:33| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

フレンズ2-15その16

実際に博物館までやって来て、展示が間違っていると怒るロス。
ロス: Oh, look! I can't believe this! Homo habilis can't use tools yet, and they've got him with clay pots? Why don't they just give him a microwave? (あぁ、見てよ! こんなの信じられないよ! ホモ・ハビリスはまだ道具(石器)を使うことが出来ないんだ。それなのに、ホモ・ハビリスと土器を一緒に展示してるのか? それならいっそ、電子レンジでも飾ったらどうだよ。)

tool は「道具、工具」です。
この場合は、石を削って作った a stone tool 「石器」ですね。
clay は「粘土、土」。
クレイアニメ(英語では、clay animation または claymation)というのは、粘土を少しずつ動かして撮影したアニメのことですよね。
クレイアニメというと、「ウォレスとグルミット」が有名だなぁ。(見たことないけど)
pot は「鍋、鉢、つぼ、瓶」などの丸くて深い器を指します。
日本語でポットというと魔法瓶ですが、その意味はありません。
魔法瓶は英語で vacuum bottle です。
フレンズ1-18 その4 では、pot を使ったことわざについて触れています。
clay pot は日本では縄文式とか弥生式とか言われているあの「土器」です。
They've got him with clay pots? の they は展示をした博物館員を指します。
「展示したヤツらは、ホモ・ハビリスに土器を持たせちゃったよ。(土器と一緒に展示させちゃったよ)」ということですね。
時代的には、石器時代があって、その後、土器の時代が来るので、その原人と小道具とが合っていないと言って、ロスは怒っているわけです。
microwave は microwave oven の略で「電子レンジ」です。
フレンズ2-2その3 には、電子レンジに関する話が書いてあります。
どうせ時代と小道具があってないなら、いっそのこと現代のものを置いておいたらどうだよ、とヤケになって怒っています。

レイチェルに謝るロス。
ロス: I'm sorry this is taking so long. It's longer than I expected. (こんなに長く時間がかかっちゃってごめん。予想以上に長引いてしまったよ。)

than I expected は「私が想像した以上に」です。
これは日本語のニュアンスと同じですね。
この場合だと「多分これくらいで済むだろう・・・と思った時間を大幅にオーバーしてしまった、こんなに時間がかかるなんて想像もしていなかった、まったくの”想定の範囲外”だった(?)」という感じでしょうか。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 06:53| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

フレンズ2-15その15

モニカはおめかししてデートの予定。
相手は誰かと尋ねるロスに、
モニカ: All right, but I'm very excited about this, okay? So promise you won't get big-brothery and judgmental. (わかったわ、でも、私はとても盛り上がってるのよ、わかる? だから、お兄さんぶったり、批判的になったりしないって約束して。)

英語では brother (男の兄弟)と言うだけで、特に兄か弟かということは明白にはしません。
はっきりさせたい時は、このように big brother 「兄」と言います。
弟だと、little brother などとなります。
ここでは big brother の語尾に -y をつけて、形容詞風に使っていますね。
フレンズ2-8その6 ではフィービーが、"Thanksgiving-y" 「感謝祭風の」という言葉を使っていました。


バーク先生の魅力を語るモニカ。
モニカ: He is the brightest, most sophisticated, sexiest man I've ever been with. (彼は私が今まで一緒にいた人の中で、一番賢くて、洗練されてて、セクシーな男性よ。)

sophisticated は「洗練された、趣味の良い」という意味。
また機械などの形容として使うと、「最新式の、高性能の」という意味になります。
a sophisticated computer なら「精巧な高性能のコンピューター」ということです。
sexiest は 形容詞 sexy 「セクシーな、色っぽい」の最上級の形ですね。
よく似た綴りの単語に sexist というのがありますが、これは「性差別主義者(特に女性差別をする男性を指す)」のことです。
つまり、sexism 「性差別主義」の考えを持った人、ということ。
ですから、間違えないように気をつけましょう(笑)。


博物館の人と電話で話しているロス。
ロス: Australopithecus isn't supposed to be in that display. No, Homo habilis was erect. Australopithecus was never fully erect. (アウストラロピテクスはその展示に置くことにはなってない。違う、ホモ・ハビリスは直立(原人)だった。アウストラロピテクスは完全には直立していなかったんだ。)
チャンドラー: Well, maybe he was nervous. (へぇ、多分、彼は気にしていただろうな。)

be supposed to は「・・・することになっている」ですから、not で否定しているこのセリフは、「そこの場所に展示するなんて、誰も指示してないよ。」ということ。
erect は「直立の」で、stand erect は「直立する」です。
この単語は、日本語を見て想像できる通り(笑)、「あの部分が立つ」ことも意味します。(お下品で、すみません)
nervous は「神経質な、気にする、オロオロ(ビクビク)する」。
チャンドラーは、erect していないアウストラロピテクスは、そのことをとっても気にしてオロオロしてただろう、と言っています。
ロスは古生物学者なので、恐竜や原人の話がよく出てきます。
原人というとこれまた直立原人の話も頻繁に出てきますので、その単語を聞くたびに、ジョーイやチャンドラーが、必ずと言って良いほど、このネタを出してきますね。
まったく男性陣はそういう話題が好きなんだから、困っちゃう(笑)。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 10:06| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

フレンズ2-15その14

テレビ浸けになっているジョーイとチャンドラー。
フィービー: You should go outside and be with the three-dimensional people. (あなたたち外に出て、三次元の人間と交わらなきゃ。)
ジョーイ: No. Inside good. Outside bad. (イヤダ。ナカ、イイ。ソト、ワルイ。)
フィービー: You guys are so pathetic. (あなたたち、なんてみじめなの。)
チャンドラーがチャンネルを変えると
フィービー: Oh, Xanadu! (あぁ、ザナドゥだ!)
チャンドラー: She's one of us now. (これで彼女も俺たちの仲間になったな。)

three-dimensional は「三次元の」。3-D とも言いますね。
三次元という名詞は three dimensions です。
三次元は、「縦・横・高さ」の三つの方向のある立体ですね。
これに時間を加えたものが四次元(←かなり大雑把な説明ですが)、長さと幅だけの平面になると二次元となります。
前にテレビでNHKスペシャルを見ていたら、11次元という話をしていました。
なんだ、その11っていう中途半端は!と思ったのですが、まぁ、人間の指が10本だから10がキリの良い数字だというのも勝手な話なのかも。
そういう次元の話とかって大好きなんですよねぇ、スタートレックみたいで(笑)。
でも実は私、理科は化学・生物選択なんですよ。
つまり、物理は全然わからないし、公式も全然知りません(泣)。
物理やっとけば良かったなぁ。
難しい数式とかはやっぱりよくわかりませんが、そういう理論をわかりやすくお話として聞くのは楽しいです。
Wikipedia: 超弦理論(超ひも理論) super string theory で、11次元について触れています。(が、難しいので読んでもよくわかりませんけど・・・泣)
話が大幅にそれましたが、テレビの画面の人間(二次元の人間)としか交わってない、と言いたいのですね。
アニメのキャラクターに「萌え」てる場合でも、「二次元キャラしか愛せない」とか言いますよね。(アニメは好きだけど、私はあまりキャラ萌えはしないタイプです・・・って関係ない。)

次のジョーイのセリフは、異星人かロボットの口真似ですね。
見ていた映画が白黒のSF映画のようでしたから。
まぁ、こんな風に単語の羅列でも、意味はわかるという良い例です(笑)。
フィービーが反応した Xanadu(ザナドゥ)、これはオリビア・ニュートン・ジョン主演の映画です。
amazon.co.jp: ザナドゥ
Xanadu って変わった単語ですが、これは「桃源郷、田園が美しく豊かな土地」のこと。
中国の王朝、元(げん)のKublai Khan(フビライ=ハン)が離宮を建てた土地の名前から来ているそうです。
Wikipedia にも載っています。こんなことまで載っているとは・・・恐るべしウィキペディア(笑)。
Wikipedia: ザナドゥ ←フビライ=ハンの方です。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:01| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

フレンズ2-15その13

レイチェルへの想いを語りながら、実はテレビのインフォマーシャルを見ているロス。
ロス: Why isn't that laser beam cutting through the paint? (どうしてあのレーザー光線が塗装を突き抜けないんだ?)
チャンドラー: It's the Miracle Wax! (ミラクスワックスだからさ!)
ジョーイ: It certainly is a miracle. (本当にミラクルなんだぜ。)
どんなに強い塗料でも、さすがにレーザー光線を当てたら傷つくだろう、とロスは言うのですが、二人は取り合いません。
日本のテレビショッピングで、「おぉー!」と歓声と上げている観客みたいになっているジョーイとチャンドラー。
レーザー光線(レーザービーム)というと、イチロー選手!
"A laser beam strike from Ichiro!" 「イチローからレーザー光線の送球だ!」(訳はこうだったっけ?)は有名ですよね。


レイチェルが来ました。
ひそひそ話をするロスとレイチェルに、
チャンドラー: Can you guys speak up? It's harder for us to hear you when you lower your voice. (君たち、大きな声でしゃべってくれる? 声をひそめてしゃべってると、君らの言うことが聞こえにくいんだけど。)

speak up は「はっきり話す、大きな声で話す」。
lower は、他動詞で「(音声を)下げる」という意味。
He lowered his voice to a whisper. だと「彼は声を下げてささやき声にした。」という意味です。
lower というと、形容詞 low 「低い」の比較級、さらにそれから派生した「下の方の」という形容詞もありますね。
lower lip は「下唇」、対になるのは upper lip 「上唇」です。

このチャンドラーのセリフ、これを文字通りにとってはいけません。
テレビに夢中のチャンドラーは、二人がしゃべってる声がうるさいので、わざと「もっと大きな声でしゃべれよ」と言っているのですね。


バーク先生の眼科で目を診てもらっているモニカ。
年の差があるものの、二人ともお互いを意識している様子。
妙な雰囲気になりかけてヤバいと思ったバーク先生は、
バーク先生: Drops! Here, they're free. (目薬だ! はいこれ、サービスだよ。)

drop は複数形 drops の形で「(目薬などの)点滴薬」という意味になります。
バーク先生がくれたのは、正式には eye drops は「点滴目薬、点眼液」です。
私は最初、あめ玉のドロップ(同じ単語の drop)のことかと思って、先生はモニカを子供扱いしているのか?と思ったんですが・・・目薬だったんですね、納得。
free は「無料の、ただの、サービスの」。
いくらタダだからって渡し過ぎだよ、って感じ。
でも、目薬を両手いっぱいに持っているせいで、二人はさよならの握手が出来なかったために、頬にキスすることになり、それが発展して・・・という展開になるわけですから、ちゃんとした演出なんですね。
さすが、人気ドラマの脚本はしっかりしている!(笑)。

さらに、今回のエピソードは、前回のラストでキスしたロスとレイチェルが、これからどんなふうに盛り上がっていくのだろう?と見ている人は興味津々なわけですが、でも、「二人はカップルになれるの?」というハラハラした部分はもうなくなってしまってるとも言えます。
そういう手に汗握る盛り上がりはもうないわけですから、すかさず、別の人物の恋愛ドラマを盛り込むところがすごいなぁ、と思うんですよね。
普通なら、しばらくロスとレイチェルの話でひっぱりそうなもんですが・・・。
さすが、アメリカNo.1のドラマだけのことはある。
視聴者を飽きさせない工夫が随所に見られますよね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 06:54| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

フレンズ2-15その12

まだ椅子から離れられないジョーイとチャンドラー。
ジョーイ: Wow! Look at that! The car is on fire... yet somehow its expensive paint job is protected by the Miracle Wax. (わぁ! あれ見ろよ! 車に火がついてる・・・なのに、どういうわけか、高価な塗装はミラクルワックスによって守られているんだ。)

somehow は「何とかして、ともかくも」、あるいは「どういうわけか、なぜか」という意味です。
このセリフの文脈では、「何とか塗装がはげないで済んでいる」というよりも、「どういう仕組みかはわからないが塗装がはげないで済んでいる」の方が合うかと思い、そちらを選びました。
paint job は「ペンキなどの塗装作業」のこと。
ここではその塗装作業の結果としての、塗装された状態を指しているようですね。
paintwork なら「(建物・自動車などの)塗装面」という意味なので、ほぼそれと同じ意味だと思います。
このCMは、商品の宣伝コマーシャルですね。
最近、日本でもよく見かけます。
何の気なくチャンネルを変えると、あるひとつの商品(健康器具とか掃除機とか)を、いろんな角度から説明して、実際に使った人の話とか(それがちょっと大袈裟でしらじらしかったりしますが・・・)、こんな風に使ってみましょうとか、延々説明していますよね。
気付いたら30分くらいがまるまるこのCMだったりして驚くのですが・・・。
これは informercial (インフォマーシャル)と言います。
information と commercial を足した造語ですね。
つまり、商品に関する情報(information)を含んだコマーシャル(commercial)という意味です。
日本のテレビショッピングも、あんな風に実際に使うところを見せたりしますが、あれはアメリカのを真似しているんですね。
ところで、Miracle Wax という名前、いかにもありがちな感じ(笑)。
パッケージに、大きく迫力のある右上がりの字で、"Miracle Wax" と書いてあるさまが目に見えるようです。


ロスはレイチェルに笑われたのがショックで、友人たちに質問します。
ロス: Have you ever been, you know, fooling around with a girl and she started laughing? (女の子といちゃついていて、彼女が笑い出した、って経験をしたことがある?)
チャンドラー: Yeah. But it was 1982 and my Flock of Seagulls haircut was tickling her chin. (あぁ。1982年のことだ。俺の「フロック・オブ・シーガルズ」カットが彼女のあごをくすぐったんだ。)

A Flock of Seagulls (フロック・オブ・シーガルズ)という名前の80年代のバンドがいるようです。
だからわざわざ「1982年のことだ」と言っているんですね。
Platinum & Gold Collection (A Flock of Seagulls)
上のアマゾンのCDのジャケット写真を見ていただければわかりますが、一人、すごくとんがった髪型をしてる人がいますねぇ。
チャンドラーが真似していたというのは、きっとこの髪型なんでしょう。
確かに、近づかれたら、くすぐったくなりそうな髪型です。
ちなみに flock は「(羊や鳥などの)群れ」という意味なので、 flock of seagulls は「カモメの群れ」という意味になります。
また、flock には「ひと房の毛髪」という意味もありますので、その特徴的な髪型は、flock と、かけているのかもしれません。(←これはあまり自信ない。)
flock とよく似た単語の lock には「髪の房(ふさ)」という意味があります。(錠前の意味の lock とは同じ綴りですが別の単語)
forelock は「前髪」、dreadlocks は「ドレッドヘア」、レゲエの人がよくやっているヘアスタイルのことですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:35| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

フレンズ2-15その11

初デートから帰ってきたロスとレイチェル。
レイチェル: I'm not saying it was a bad movie. I'm just saying it was a little hard to follow. (悪い映画だなんて言ってないわ。ただ、ストーリーについていくのがちょっと難しかった、って言ってるだけよ。)
ロス: I told you there'd be subtitles. (字幕つきの映画だよ、って言っといたのに。)
レイチェル: I know. I just didn't want to wear my glasses on our first date. (わかってるわ。二人の最初のデートで眼鏡をかけたくなかっただけよ。)

follow の基本的意味は「・・・についていく、従う」ですから、「(人の話に)ついていく、(人の話を)理解する」という意味になります。
Are you following me? は「私の話について来られてますか?」、つまり「ここまで言ったことはわかりますか?」という意味です。
subtitle は「副題、サブタイトル」と日本語になっていますが、複数形で「(映画の)字幕、スーパー」という意味になります。(この意味で使われる方が多いような気がします)
フレンズ2-11その11+ドイツとイギリスの話 にも subtitle という単語が字幕という意味で出てきました。

今までさんざんいろんな姿を見せてきた仲とは言え、いざ恋人同士としての初デートとなると、少しでも可愛く見せようと思うんですね。
うんうん、わかるわかる。可愛らしい乙女心です。
字幕付きの映画で字幕が読めないと、確かに内容は掴めないですよね。
別にデートで見る映画なら、内容はどうでもいいとも言えるんですが・・・。
字幕というと、うちのダンナさんは、食事中に「ながら」で映画を見るタイプなので、字幕付きだと落ち着いてご飯が食べられないと言っていやがります。もっぱら彼は吹き替え派ですね。私はどちらでも楽しめますけど・・・。(字幕だと英語のリスニングの勉強になるし、吹き替えだと「あぁ、この声優さんは・・・」と声優当てが出来るし・・・笑)


ムードが高まってきたところで、笑ってしまったレイチェル。
レイチェル: We're crossing that line. It's sort of a big thing. (私たちは最後の一線を越えようとしているのよ。それって大ごとって感じでしょ。)
ロス: Well, I know it's big. I just didn't know it was ha-ha big. (あぁ、大ごとだってわかってるよ。でも「”わはは”な大ごと」だとは知らなかった。)

cross the line は「(最後の)一線を越える」。
「一線を越える」という表現は、日本語も英語も同じなんですね。
こういう同じ表現を見るとほっとします。
あぁ、同じ人間なんだから、きっとわかり合えるはず!って・・・(大袈裟)。
ha-ha は「はは! あはは!」という笑い声のこと。
英語では、面白くもないことを言われて、お愛想で笑うときに、"Ha-ha."と答えます。
これは、テンション低い感じで、平坦に「は、はー」と発音します。
日本語で真顔で「わはは」というようなものですね。


ロス: I feel self-conscious. (照れくさくなったよ。)

self-conscious は「照れくさい、自意識過剰の」という意味。
conscious は「(・・・を)意識して」ですから、self-conscious は「自分というものを意識して」ということですね。
ムードが高まっていると気にならないものですが、いざ、自分のしていることを冷静に見てみると、急に恥ずかしく感じたりする、ということです。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:41| Comment(8) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

フレンズ2-15その10

昨日の続きです。
昨日の繰り返しになりますが、一連のセリフを最初に書いておきますね。
フィービー: So? You two are totally into each other. (それで? あなたたち二人はすっかりお互いに夢中になってるわよ。)
モニカ: He's a friend of my parents. He's like 20 years older than me. (バーク先生は私の両親の友達なのよ。彼は私より20歳くらい年上なのよ。)
フィービー: So you're never gonna see him again? (それじゃあ、あなたはもうバーク先生には二度と会わないつもりなの?)
モニカ: Not never. I'm gonna see him tomorrow at my eye appointment. (二度と会わない、ってことはないわ。目の検査の予約をしたから、明日、彼に会うことになってるの。)
フィービー: Didn't you just get your eyes checked? (目の検査はしてもらったんじゃないの?)
モニカ: Yeah, but you know... 27 is a dangerous eye age. (えぇ、でも、その・・・27歳は、目にとって危険な年齢なのよ。)

昨日は、
フィービー: Didn't you just get your eyes checked? (目の検査はしてもらったんじゃないの?)
の部分の説明の途中で終わってました。

先生は眼科医ですから、モニカが先生に気があるなら、ちょっと目を診てもらいたいなぁ、とか思いますよね。(わかるわぁ、その気持ち・・・笑)
で、「先生、最近、目がゴロゴロするんですぅ。」と言ったら、まずは「どれ、見せてごらん。」とその場で診るはずですよねぇ。
きっと、そういうことが実際にあったんだと思います。
もしくはそういう簡単な目の検査を just 「ちょっと」してもらわなかったの?と純粋に質問してるのかもしれません。
「そういう簡単なチェックをしてもらっているのなら、わざわざ予約まで入れて先生のところに会いに行く必要はないでしょう? そんな大袈裟な話なの?」という思いがその「過去形」には込められているのではないか、と。
フィービーの言った、check という言葉は、バーク先生の診療所で眼科の機材を使って診てもらうという本格的な検査のことではなく、もっと簡単ないわゆる日本語でいう感じの「チェック」くらいのニュアンスみたいな気がします。(英語の check はちゃんとした検査という意味ももちろんあると思いますので、実際は check という単語から、その検査の精密さを測れるわけではないと思いますが・・・)

それに対してモニカは、Yeah, but... と答えています。
yeah は単なる相づちとも取れますが、yeah = yes なので、"Yes, I did, but..." 「確かに簡単なチェックはしてもらったわ、でもね・・・」と答えているような気がします。
そして、わざわざ先生のところに出向くほどの理由が別にあるのよ、といって、年齢の話を持ち出してるように思ったんですが。

"27 is a dangerous eye age." はモニカなりの理由です。
「確かに簡単な目の検査はしてもらったけど、私の年齢は目にとって、とても危険な年齢だから、精密な検査が必要なのよ。」と、あまり説得力のない言い訳でしどろもどろに返しているわけですね。
それを聞いたフィービーの表情を見ると、眉毛をピクっと上に上げて「なーに言ってんだか・・・」みたいな顔を一瞬してます。
女友達にはモニカの気持ちはバレバレなわけですね。

ここのDVDの訳は、日本語吹替・字幕とも、「27歳は”おめめの曲がり角”だから」となっています。
うんうん、私も英語を聞いてそんなニュアンスだと思いました。
これは日本語で「25歳はお肌の曲がり角」という言葉があって、それをもじってるわけですね。(私の肌は曲がり角を過ぎて、今どの辺りにいるのだろうか・・・爆)
だから、何となく "dangerous skin age" という言葉も存在しそうな気がして、ちょっとぐぐってみましたが、存在しませんでした。
さらには、このモニカの "dangerous eye age" 自体も完全な造語らしく、ぐぐってもこのエピソードのスクリプトがヒットするだけで、他には見当たりません。
なかなか面白くて使えそうな表現だと思うんだけどなぁ。
でも、ニュアンスは多分、この「曲がり角」って感じで、skin を当てはめてみても、ネイティブには意味が通じるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?

ちなみに、dangerous age だけだと、「危険な年頃、アブないお年頃」って感じのニュアンスなんでしょうかねぇ?
実はいろいろぐぐっていたら、↓こんなものを見つけました。
IMDb: 30 Is a Dangerous Age, Cynthia (1968)
amazon.com: 30 Is a Dangerous Age, Cynthia [SOUNDTRACK] [IMPORT]

ダドリー・ムーア主演のロマンスコメディー映画みたいです。
邦題が見つからなかったので、日本では公開されてないのかな?
無理して邦題を作ると、「30歳は危険なお年頃だよ、シンシア」というタイトルなんでしょう。
このアマゾンのサイトに、"he also scored the film" と書いてありますし、その映画のサントラのジャケットに、"Original Sound Track Music By Dudley Moore" と書いてあるので、ダドリー・ムーアさんはこの映画の音楽も担当されているようですね。なんと多才な!
IMDb: Dudley Moore
上のサイトを見ると、composer (作曲者)としての他の経歴もいろいろ書いてありますね。
ダドリー・ムーアのことまで話を広げたのは、フレンズ2-1その3フレンズ2-1その4 にダドリー・ムーアの名前が出てきたからです。
モニカはデミ・ムーアの髪型にして欲しかったのに、フィービーが間違えてダドリー・ムーアの髪型にしてしまった、という話でしたね。
当時の記事を見ると、ダドリー・ムーアのことをさらっとしか書いてないので、ちょっと補足も兼ねて書いてみました。
昔の記事と比較すると、だんだん説明がねちっこくなっていってるのがよくわかりますねぇ。
そうです、これが私の本当の姿です(笑)。

実は、この一連のセリフについて、最初、説明を飛ばしてスルーしようかと思ってたんですが、ここ数日、ふとこのセリフが気になりだしたので(笑)、しつこく考えてみました。
全然、見当違いのこと考えてるかもしれませんから、まぁ、一つの意見として読んで下されば・・・と思います。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 08:43| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

フレンズ2-15その9

モニカがバーク先生と嬉しそうに話しているのを見て、
フィービー: You are so smitten. (モニカ、すっかり惚れ込んじゃったわね。)
モニカ: I am not! (惚れてないわよ!)
フィービー: Oh, you are so much the smitten kitten. (あぁ、モニカはベタ惚れ子猫ちゃんね。)

smite は「(美しいものが)(・・・を)魅惑する」で、受身形 be smitten として使って「すっかり惚れ込んで、魅了されて」という意味になります。
kitten は「子猫」、その小児語が kitty。(サンリオのキティちゃんのキティですね)
smitten kitten で韻を踏んでます。


モニカがバーク先生と嬉しそうに話しているのを見て、
フィービー: So? You two are totally into each other. (それで? あなたたち二人はすっかりお互いに夢中になってるわよ。)
モニカ: He's a friend of my parents. He's like 20 years older than me. (バーク先生は私の両親の友達なのよ。彼は私より20歳くらい年上なのよ。)
フィービー: So you're never gonna see him again? (それじゃあ、あなたはもうバーク先生には二度と会わないつもりなの?)
モニカ: Not never. I'm gonna see him tomorrow at my eye appointment. (二度と会わない、ってことはないわ。目の検査の予約をしたから、明日、彼に会うことになってるの。)
フィービー: Didn't you just get your eyes checked? (目の検査はしてもらったんじゃないの?)
モニカ: Yeah, but you know... 27 is a dangerous eye age. (えぇ、でも、その・・・27歳は、目にとって危険な(あぶない)年齢なのよ。)

into は「・・・に関心を持って、夢中になって、熱中して、のめり込んで」という意味。
よく使われる表現です。
フレンズにも今までいっぱい出てきました。
何故かこの言葉はその度に説明したくなるんですよね。
あんまり学校で習わないからかなぁ?

冷やかされて、必死に否定するモニカですが、ちゃっかり先生の予約をとっていました(笑)。
日本語の「約束」に相当する英語には、promise と appointment がありますが、promise は「”あること”をする、またはしない、という約束」で、appointment は「日時や場所を決めて会う(会合する)という約束」ですね。
ですから、このようにお医者さんに何時に行くとか、営業の人が会社に何時に訪問します、とかいう場合は、appointment になりますよね。
まぁ、今では日本語でも「アポを取る」とか「アポがある」などと言いますので、間違う人は少ないと思いますが。
和製英語でもこのように役立つ場合もあるわけですね。
使えるものは何でも利用しましょう(笑)。

実はフィービーのセリフ、"Didn't you just get your eyes checked?" にちょっとひっかかってしまいました。
このブログの記事を書くためにDVDを見直すまで、"Are you gonna just get your eyes checked?" 「明日の検査で、ただ目の検査だけしてもらうつもりなの?」と言っているのだと思っていました。(DVDの日本語字幕と吹替が「検査だけ(で満足なわけ)?」となっていたので、そんな感じだとスルーしてしまってました。)
話の流れからして、「目の検査だなんてただの口実で、何か他に目的があるんじゃないの?」という意味で言っているんだと思ってたんですよ。
でも、この字幕をよく見たら、過去形になってますよね。
just は「ただ、ほんの」という意味もありますが、過去形、完了形とともに用いて「ほんの今・・・したばかり」という意味もあります。
ですから、このセリフを直訳すると、「モニカは先生に、ちょっと目のチェック(簡単な検査)をしてもらわなかったの?」か、「ついさっき、目のチェックをしてもらってなかったかしら?」という感じでしょうか。
つまり、フィービーは「モニカはすでに先生に目をチェックしてもらってるはずだ。」と言いたいみたいなんですよねぇ。

ちょっとこの後、説明が長くなるので明日にしてもいいですか?
私の解釈を見て「それはちょっと違うんじゃない?」と思われた方も、とりあえず明日まで待っていただけますでしょうか?
では、またあした・・・。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:14| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

フレンズ2-15その8

パーティーの部屋から逃げるように戻ってきたフィービー。
フィービー: That's funny. Cadillac, cataract. I get it. (それ面白い。キャデラックとキャタラクト(白内障)ね。わかったわ。)

Cadillac は「アメリカの高級自動車キャデラック」です。
cataract は「白内障」。
眼科医が言ったギャグはわかりませんが、「”キャデラックを持ってる”って言ったのを、”白内障にかかった”と勘違いしちゃったんだよ! わっはっは・・・」みたいな感じでしょうか?
こういう聞き間違いのダジャレはオヤジギャグの典型です。(笑)
芦屋(兵庫県)にある有名なケーキ屋さんに「アンリ・シャルパンティエ」というのがあるんですが、これを「アンリ・シャル”パンティー”かと思っちゃったよ!」というオジサンが会社に何人かいましたね。(うちの会社だけか?)
フィービーは明らかに、つまらないギャグにいやがっている様子。


なんとかホストのバーク先生に、パーティー会場に戻ってもらおうと策を練るモニカ。
モニカ: I'll come get you in five minutes with some sort of kebob emergency. (5分たったら、(何かの)カバブの緊急事態で先生を呼びに行きますから。)

未来形の文で in を使うと、「・・・たてば、・・・の終わりには」という意味になります。
in five minutes は「5分たてば、5分後には」ということ。
ここでは「5分以内に(で)」という意味ではありません。
普通、はっきりと「5分以内に」という意味として言いたい場合は、within five minutes のように within を使います。
in というと「・・・の中に」が基本イメージであるため、「・・・以内に」と思いがちなんですが、このように未来形の文で使われる場合には、「・・・後に」という意味になります。
「アメリカの口語では、within と同じ意味として使う場合もある」と書いてあるものもありますので、一概にそうとは言えないのかもしれませんが。
ちなみに、ロングマン現代英英辞典には、
during a period of time (例) the hardest decision I ever made in my life
というのに並んで、
at the end of a period of time (例) I'll be with you in a minute.
と書いてあります。
この "at the end of a period of time" がこのセリフでの意味だということですね。

some sort of は some kind of と同じで「ある種の、何かの、何がしかの、何らかの」というニュアンス。
具体的にこれ、とは決めてないけど、カバブの緊急事態にいろんなパターンがあるとして、その中のどれか、という感じです。
kebob (kebab) は「カバブ、ケバブ、肉と野菜の串焼き料理」のこと。
shish kebab だと「シシカバブ、羊肉を漬け汁につけ、串刺しにして焼いた料理」です。
「ちょっと先生、カバブ、焼け過ぎちゃったみたいなんですけど、見て下さらない?」とか言って、こっちに呼び戻すから、という感じでしょうか。
come get は come to get の to が省略されたものです。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 06:24| Comment(14) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

フレンズ2-15その7

チェアに座りながら、電話でピザを注文しているチャンドラー。
チャンドラー: Two larges, extra cheese on both. But listen... don't ring the buzzer for 19. Ring 20. Geller/Greene. They'll let you in, okay? If you buzz our door, there's no tip for you. (Lサイズを2枚、チーズ増量で。でも、よく聞いてよ・・・19号室のブザーは鳴らすな。20号室のブザーを鳴らすんだ。ゲラーとグリーンの部屋ね。彼女たちが中に入れてくれるよ、いいかい? もし俺たちのブザーを鳴らしたら、チップは無しだからな。)

快適なチェアから離れたくないから、ピザの宅配を頼むのはグッドアイディア!というところですが、チャンドラーはさらに上手(うわて)で、インターホンにも出ずに、ドアまでピザを受け取りに行くこともしないで済む方法を編み出したようですね(笑)。
こたつにいったん入ると、出られないのと同じですね。それくらい、快適なんでしょう。
ちなみに、私はあんまりこたつは好きではないんですが・・・(家がフローリングだと、埃っぽくなりませんかねぇ?)。
アメリカのチップの習慣って、面倒くさいし、わかりにくいんですが、こんな風に妙なことを頼む時には、効果的かも。


これで立ち上がらないで済む、というチャンドラーに、
ジョーイ: What if we have to pee? (もしオシッコしたくなったら、どうする?)
チャンドラー: I'll cancel the sodas. (ソーダをキャンセルしとこう。)

水分を控えるチャンドラーでした。
こたつに入るとトイレも行きたくないという人と同じだ(また、こたつの話かい!・・・笑)。
誰かがトイレに行くというと、「そしたら、俺の分もしといて!」(標準語訳=それなら、僕の分のオシッコもついでにしておいて下さい。)と言うのが関西の常識(?)です。


パーティーの主催者なのに、裏の調理場にこもっているバーク先生。
モニカ: Get back out there. It's your party! (あっちのパーティー会場に戻って。先生のパーティーなのよ!)
バーク先生: But they're so dull! They're all ophthalmologists. (でも、あいつらは退屈なんだよ! みんな眼科医だからね。)

out there と out を使っているのは、この調理場の「外」だからです。
日本語では「ここ」「あそこ」で済ましてしまうことが多いですが、英語は場所を表す場合、このように in や out 、up や down などをつけて、位置関係をはっきりさせることが多いですね。
例えば、話者がビルを見上げて、上の方にある階の部屋で誰かが何かしているのが目に入った時、"What are they doing up there?" 「あの人たち、あそこで何をしているの?」などと言います。
日本語では、「ここ」か「あそこ」と言って、話者からの距離感だけを述べるのですが、英語の場合は無意識のうちに、その場所が「高い」か「低い」を判断して、それを言葉に盛り込んでいるような気がします。
英語では「北」を up、「南」を down で表現しますので、自分の住んでいる場所を基準にして、北の場所のことは up there、南に位置する場所のことは down there といったりします。

ところで、日本人って、場所のことを話すのにわざわざそこが北か南かなんて気にしないで話してると思うんですけどねぇ。
大阪では、梅田を「キタ」、難波を「ミナミ」と言い、確かにそれぞれ北と南に位置するわけですが、それは地名の愛称として認識してるだけのことだしなぁ。
私が「ミナミに行く」と言うときには、私の心の中では「南下する」というイメージは全く浮かんでいないのですが・・・。
あ、でも、東京へ行くことを上京するって言いますね。
だから、新幹線でも他の路線でも「上り(のぼり)」と「下り(くだり)」があるし・・・。
「上京」という言葉は元々、「京都へ行く」ことを意味したようですが、「京都に行く」という意味の言葉としては、「上洛」という表現もあります。
「上洛」という言葉は何だか古めかしいですが、いかにも京都っぽい感じがして、友達同士で時々使ったりするんですが・・・。
つまり、日本人も無意識のうちに、都を上として「上る」「下る」と言ってるんですね。
でもやっぱり英語ほど明確には区別してないと思います。
(あまりにローカルな脱線ネタでごめんなさい。)

ophthalmologist は「眼科医」、ophthalmology は「眼科学」です。
めったに出てこない単語なので、眼科関係の仕事をしてる方以外は、無理に覚えなくてもいいでしょう(笑)。
日本語も学問の名前は難しい漢字を使ってわかりにくいものが多いけど、英語の学問の名前も単語が長いなぁ・・・。
「眼科医は退屈だ」発言は、バーク先生自身が眼科医なので自虐的に言っているだけです。
眼科医の関係者の方は気を悪くされませんように・・・(笑)。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:48| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

フレンズ2-15その6

ケータリングの依頼のあった場所を訪ねる二人。
スーツをビシっと決めた紳士に、
フィービー: It's James Bond! (ジェームズ・ボンドだ!)

フレンズ2-5その2+007の話 で、007 のことを書きましたので、興味のある方はどうぞ。
そう言えば、ボンドはいつもこんなスーツ着てるなぁ。
さんざんアクションした後で、衿の汚れを軽くはたいて、そのまま何もなかったかのように立ち去ったりしますよね。
あれが英国紳士の美学です(笑)。
リチャード・バーク先生役は、トム・セレック。
スリーメン&ベビー(Three Men and a Baby)などで有名な俳優。
フレンズとは関係ないけど、このスリーメン&ベビーの監督は、レナード・ニモイ。
なんと、スタートレックでスポックを演じていた俳優です。
スタートレックとスポックのことは、フレンズ2-8その11 に書きましたので、興味のある方は・・・(笑)。


昔の太った頃のモニカしか知らないバーク先生はびっくり。
リチャード・バーク先生: My God! You used to be so... I mean, you've... You must have lost like... You look great. (驚きだよ! 君は昔とっても・・・、つまり、君は・・・減量したんだな、まるで・・・。素敵だよ。)

「昔は太ってたのに・・・」と言いたかったようですが、fat はあまりにも直接的過ぎますので、so big とか言おうとしたんでしょうかね?
でもレディには失礼だと思ったようです。
have lost と言ったのは、lose weight 「体重が減る、やせる、減量する」と言おうとしたらしい。
like は「・・・みたいに」と誰かものすごい減量した有名人の名前でも出そうと思ったのでしょうか?
結局、あれこれ言うのはまずいから、look great と誉めることで、減量話を終わらせます。
うーん、大人(笑)。


モニカ: How have you been? (お元気でしたか?)
バーク先生: Obviously you know Barbara and I split up... or you wouldn't do the head tilt. (どうやら君は、バーバラと僕が離婚したのを知っているようだね・・・そうじゃないと、頭を傾けたりしないだろうから。)

obviously は「明らかに、どう見ても・・・だ」。
tilt は「(ものを)傾ける」という意味。
ここでは「傾けること」という名詞で使われています。
or は「さもないと」という意味。
or you wouldn't は「もし離婚したのを知らないのなら、・・・しないだろう」ということで、つまり「離婚したのを知ってるから、そんな風に首をかしげるんだね。」ということです。
「どーなんだろー?」という気持ちが無意識に態度や動作に出るんでしょうかねぇ。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 10:33| Comment(12) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

フレンズ2-15その5

今夜はロスとの初”公式”デート(our first official date)だとはしゃぐレイチェルに、
モニカ: You're supposed to waitress for me? My catering thing? Any of that trigger anything? (あなたは私のためにウェイトレスをすることになってなかった? 私のケータリングのことでね? 今言ったことで何か思い出したかしら?)
レイチェル: Oh, God, Monica. I forgot! (あら、やだ、モニカ、私忘れてたわ!)

catering の話は、フレンズ2-11その2 でも出てきました。
trigger は「(銃の)引き金、トリガー」、そこから「きっかけ、誘因」という意味。
他動詞として使うと「(事件などの)きっかけとなる、・・・を誘発する」という意味になります。
モニカのセリフの構造を説明すると、ウェイトレスのこと、ケータリングのことを言った後、「そのキーワードは何かのきっかけになったかしら?」つまり「何か思い出したかしら?」ということになりますね。
でも実際は、モニカのためにウェイトレスをする、モニカがケータリングをする、とほとんどそのまんま言っておきながら、「何か思い出した?」は、あまりにもイヤミなセリフだという感じですね。
これなら、「前に頼んでおいたでしょ。私がケータリングの仕事をするから、ウェイトレスを頼むわね、って。忘れてたの?」と言われた方がマシかも。
でもモニカにしてみれば、ケータリングの仕事をすることはビッグイベント。
あのモニカのことですから、レイチェルに事細かに説明し、何度も念を押して頼んでいたはずです。
そういうこと一切をすっかり忘れてしまっているようなレイチェルに、「あれだけ頼んだのに、私が一生懸命話してたの、覚えてないの?」てな感じで、trigger を使ったのでしょう。
あなたに頼んだ顛末すべてを思い出した?という感じでしょうか。


レイチェルの代わりにフィービーがウエイトレスをやると言いますが、
モニカ: Really, Pheebs? You'd have to be an actual waitress. This can't be like your "I can be a bear cub" thing. (本気なの、フィービー? 本物のウェイトレスにならないといけないのよ。これは「子グマになれるわよ。」っていうのとは違うのよ。)

cub は「(肉食動物の)子」。
「子グマの役を出来る」とか、幼稚園の学芸会みたいなわけにはいかないのよ、と釘を刺しているんですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 10:03| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

フレンズ2-15その4

ジョーイが買ったでっかいテレビを見たロスは、
ロス: This screen is amazing. Dick Van Dyke is practically life-size. (この画面はすごいね。ディック・ヴァン・ダイクが本当に等身大になってるよ。)
次に女性の顔が映って、みんな驚いてのけぞります。
モニカ: Rose Marie belongs on a smaller screen, doesn't she? (ローズ・マリーはもっと小さい画面がお似合いのようね。)

The Dick Van Dyke Show という番組があり、Dick Van Dyke と Rose Marie はレギュラーのようですね。
The Dick Van Dyke Show: Rose Marie

この番組について、私が調べてわかったところを説明してみたいと思います。(またかよ・・・笑)
最近の私が、まずとにかく調べるサイトは、Wikipedia と IMDb (Internet Movie Database) ですね(笑)。

Wikipedia 英語版: The Dick Van Dyke Show
最初、私はこの番組名から、実在の人物がホストとなってゲストを招くような「ショー」かと思ったのですが、Wikipedia を読むと、そういうタイトルのシットコムだということがわかりました。
Wikipedia によると、有名なコメディ作家が作った番組で、彼のライターとしての過去の経験を基にしたお話なんだそうです。

IMDb: "The Dick Van Dyke Show"
IMDb には、この番組のあらすじとして、「仕事場や家で起こる、テレビライターの不運な出来事(災難)」と書いてあります。

そして私は最近、ある本で、スタッフの一人がこの番組のファンである、という事実を知りました。
その本は、洋書(原書)では、
FRIENDS …'TIL THE END The One With All Ten Years (David Wild 著)
そしてその翻訳本(日本語版)は、
FRIENDS・・・ラストシーンのの瞬間まで 『フレンズ』10年間のすべて (デビッド・ワイルド著、文永優 翻訳)
という本です。
この翻訳本は、原書である洋書を忠実になぞったもので、本の装丁などは日本語版の方がかなり豪華である(と同時に値段も高い・・・笑)、などの多少の違いはありますが、写真も同じものを使い、日本語は英語から丁寧に訳されているようです。
この本を読んでしまうと、すっかりネタバレになってしまうので、私はファイナルのDVDが発売になるまで、この本を読むのをずっと我慢していました(笑)。
ファイナルを一通り見終えた後、この本を読めた時は嬉しかったですねぇ。
と同時にファイナルを見終えた後は、もうこれで新しいフレンズを見ることができないのかと思って悲しくもあったんですが・・・。
ちなみに、原書は写真を見ただけで読んでませんケド・・・(内容同じだし読まなくてもいいだろう・・・って言い訳か?)

それぞれの本の212ページに、この The Dick Van Dyke show のことが書かれていました。
フレンズの製作総指揮の3人のうちの一人、マルタ・カウフマン(Marta Kauffman)へのインタビュー記事で、
"Growing up, what TV show meant the most to you?" (思春期の頃、最も影響を受けたテレビ番組は何ですか?)
との問いに対して、マルタさんは、
"The Dick Van Dyke Show. ... I can remember thinking it was the funniest thing in the world." (『The Dick Van Dyke Show』ね。・・・あの番組は世界一面白い番組だと思っていたもの。)
と答えています。
ですから、この番組はフレンズのプロデューサーの思い入れの強い番組なわけですね。
だから、ここで使われているのでしょう。

ちょっと細かい話ですが、この翻訳本を読んでいると、「あの番組はコメディ番組の作家の話だったけど」と書いてありますが、実は原書の英語にはそういうフレーズは書かれていません。
これはアメリカではとても有名な番組なのであえて説明を書く必要はなく、一方、日本ではどんな番組かわからないとインタビューの答えの意図が掴めなくなるので、翻訳者の方がわざとこのフレーズを書き加えたのだと思います。
「あぁ、翻訳者の人って、そうやって読む人がわかりやすいように、いろんな情報を自分で調べて書き足さないといけないんだなぁ、大変・・・。」などと、一人で翻訳者の方の苦労に思いを馳せてしまいました。

belong は「(人が)(いるべき所に)いる、(ものが)(あるべき所に)ある、ふさわしい」という意味です。
He doesn't belong here. だと「彼はここにはふさわしくない、場違いだ」という意味になります。
フレンズ1-10その5 でも belong を使った表現を説明しています。
ローズ・マリーはどアップになると、顔の皺までくっきり見えてびっくりしてしまうから、もっと小さい画面でいい、ということですね。
うちのダンナさんも、でっかいテレビが欲しいといつも言ってますが、でっかく見えて良いものと、でっかく見えない方が良いものとがあると思うんですが・・・。
まさに、このセリフが、それを証明してるわけですね(笑)。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 13:54| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

フレンズ2-15その3

その椅子の座り心地にうっとりする二人。
ジョーイ: Oh, yeah! That's the stuff. (あぁ、そうだよ! これに限るね。)

That's the stuff. は「それが望むものだ、それが欲しかったものだ」ということから、「それに限る、その調子だ、そうこなくっちゃ」というニュアンスになります。
「これだよ、これ!」って感じですかね。


チャンドラー: Do we dare? (やってみるか?)
ジョーイ: We dare. (やってみよう。)

dare (to do)は「あえて・・・する、思い切って・・・する」という意味。
何を思い切ってしようとしているのかというと、ただ座っているだけでも心地よいのに、「その椅子をリクライニングして、もっと心地良い世界に入ってしまうこと」をやってみよう、ということです。
禁断の世界に足を踏み入れる感じ、または超必殺技、最終奥義を使ってしまう感じでしょうか。
「では、やってみますか? とうとうやっちゃいますか?」というところですね。


動物愛護の精神の持ち主のフィービーは、牛革の椅子に座る二人を非難します。
フィービー: I can't believe two cows made the ultimate sacrifice, so you could watch TV with your feet up. (あなたたちが足を上げてテレビを見るために、2頭の牛が究極の犠牲を払ったなんて、信じられないわ。)
チャンドラー: No, they were chair-shaped cows. They never would have survived in the wild. (いいや、この牛たちは椅子の形をしてたんだ。野生では生き残れなかっただろうね。)

上の日本語訳では、後ろから訳し上げましたが、このフィービーのセリフは、「牛が犠牲になって、その結果、あなたたちが足を上げてテレビを見られるようになった」というニュアンスです。
sacrifice は「いけにえ、犠牲」ですね。
ultimate sacrifice は「究極の犠牲、尊い犠牲」すなわち「死ぬ」ことを指しています。
チャンドラーはあり得ない冗談で返しています。
椅子の形をした牛なんて、いるわけないだろっ!
かまぼこが板についたあの形で海にいると言うようなもんですね、それは。(←あまり関係ない?)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 07:21| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

フレンズ2-15その2

ジョーイは出演しているドラマの契約が延びたので、リッチな品を購入したのでした。
ひとつは、でっかいテレビ。
チャンドラー: Now we can watch Green Acres the way it was meant to be seen. (これで、「グリーン・エーカー」も、本来意図されたような姿で見ることが出来るってわけだ。)

Green Acres というのは、1960年代後半CBSで放送されたシットコムです。
IMDb: "Green Acres"
↓下のサイトは詳しい内容が書かれていて面白いのですが、音楽(恐らくテーマ曲なんでしょうね)が流れますので、会社でPCを見ている人は(笑)気をつけて下さい!
Green Acres

「グリーン・エーカー」は、農業に憧れる元弁護士が160エーカー(160 acres)の土地を買って、そこで生活する話のようです。
で、160エーカーって?
1エーカーは4,046.86平方メートル、坪数に換算すると、1坪=約3.306平方メートルですから、1エーカー約1,224坪。
つまり160エーカーは約195,840坪。つまり20万坪弱ということになります。もう想像もつきませんね。(計算合ってるかな? 間違ってたら教えて下さい←弱気)
だいたい、アメリカの農業というのはダイナミックで、農薬を飛行機で撒いたりしてますからねぇ。

meant to be は「(物が)・・・であるように意図されている」、または「・・・することになっている」ということなので、この場合は、「グリーン・エーカーというドラマが、(広大な土地が舞台であると視聴者に見えるように)意図して作られている」ということです。
ちょっとくどいですが、要は「広い土地のドラマが、その通りの広さで見ることができる、でっかいものはでっかく見える」と言いたいわけです。
アメリカ人でこのドラマを知ってる人は、そのドラマを「広いもの」の例えとして出したことにすぐ気付くはずです。
でも、もしそのドラマの内容を知らない場合でも、Green Acres というタイトルから、緑や自然が関係していて、acre (エーカー)という面積の単位が出ていることから、何か緑の多い広大な土地の話だろうな、という推測は可能でしょう。
実際に、本当の詳しい知識がなくっても、その辺りの想像だけで、チャンドラーのセリフの面白さはわかる気がしますね。
私はそれで十分だと思います。
例えば日本語でも、「北の大地」というタイトルのドラマがあったとすると(本当にあるのかないのか知りませんが・・・)、北海道の広大な土地を舞台にした話だろうなぁ、と想像つきますよね。
そういうイメージがわかるだけでいいんじゃないかな、と思うのです。
ちなみに、acre は面積の単位ですが、複数形で「土地」という意味もあり、acres of で「大量の、多数の」という意味もあります。
ですから、Green Acres を日本語に訳すと「緑の(広い)土地」、それをドラマのタイトル風にすると「緑の大地」という感じになるんでしょうかねぇ?


テレビ以外に買ったもの、それは贅沢な椅子でした。
ジョーイの買った二つの本革椅子(パーソナルチェアって言うんでしたっけ?)を嬉しそうに見るチャンドラー。
チャンドラー: So which one is mine? (それで、どっちが俺のだ?)
ジョーイ: Whichever one you want, man. Whichever one you want! (どっちでも好きなほうを選べよ。好きな方をさ!)
で、チャンドラーが座ろうとすると、
ジョーイ: Not that one. (そっちじゃない。)

どっちでもいい、と言いながら、選ぼうとすると、咳払いしたり、ううーん、と唸ったりするのは日本でもよくあるパターンです。
好きな方を選んで!、というのは単なる社交辞令なわけですね。
ジョーイはこれまで稼ぎが少なかったので、人におごったりプレゼントしたりすることはあまりなかったはず。
「好きな方を取れよ!」などと、ちょっとカッコイイことを言ってみたかっただけなんでしょう。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 07:01| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

フレンズ2-15その1

シーズン2 第15話
The One Where Ross and Rachel...You Know (ついに二人は・・・?)
原題は「ロスとレイチェルが・・・ほらわかってるでしょ?の話」

この原題、面白いですね。
前回のラストでロスとレイチェルのわだかまりが解け、二人はキスしたので、今回の話は、ロスとレイチェルがこの後ラブラブになっていく様子を描く話になるだろう・・・と想像できますよね。
テレビの視聴者もスタジオの観客も、興味津々で二人の行方を固唾を呑んで見守っているわけです。
だから、あえて「初デートの話」などとはせずに you know 「ほらね、ご存知の通り、知ってるでしょ、わかってるでしょ」という言葉だけにとどめているのです。


ジョーイがチャンドラーを目隠しさせたまま部屋に連れてきます。
ジョーイ: No peeking. No peeking! (見ちゃダメだ、見ちゃダメだ!)
チャンドラー: All right, but you better be wearing clothes when I open my eyes. (わかったよ、でも俺が目を開けた時には、服を着ててくれよ。)

peek は「そっとのぞく、ちらっと見る」という意味。
peekaboo (peek-a-boo)は子供をあやす時の「いないいないばあ」ですが、これも「のぞく」の peek から来た言葉だと思います。(boo は恐らく擬音語でしょう)
peek とよく似た言葉に peep がありますが、これも「のぞき見する、のぞく」という意味です。
Peeping Tom は「のぞき魔、(裸などを)のぞき見する男」という意味。
これは昔、イギリスで、重税を課そうとした領主に妻が反対し、領主が「もしお前が裸で馬に乗って町を回ったら、重税はやめる」と言ったので、妻はその要求通りにしたところ、一人だけ Tom という男がのぞいたので、彼は天罰を受けて目が見えなくなってしまった、という話から来ています。
日本語ではのぞき見する人のことを「出歯亀」(デバガメ)といいますが(←なんかカタカナで書くとデジカメに似てる・・・笑)、これは明治時代の池田亀太郎というのぞきの常習犯のあだ名から来たものだと言われていますね。
英語も日本語も、どちらも人の名前から来た言葉なのが、偶然とは言え面白いなぁ、と。
とまあ、その辺りまでは私も知っていたのですが、Wikipedia: 「出歯亀」 を調べたら(←何でそんなことまで調べるんだよ!)、もっと詳しい情報が書いていたので、面白かったですよ。興味ある方はどうぞ。
さらには、その「出歯亀」の記事に「ピーピング・トム」へのリンクがありますので、それについても情報が得られます。
(何て便利なんだ。最近、何かあるとすぐに Wikipedia で調べてしまう私・・・。時間がいくらあっても足りない・・・笑)
漫画「パタリロ!」で、パタリロが作った偵察用(というかのぞき見用)ロボットの名前が「デバガメーカー」というんですが、これは間違いなく出歯亀から来たネーミングですね。
いかにもパタリロが付けそうな名前だわ・・・。(話、それすぎ。)

チャンドラーの "You better be wearing clothes..." とは、"You had better be wearing..." ということ。
had better+動詞(原形)は「・・・したほうがよい」です。
You had better を省略して、You'd better となることが多いですが、さらに had も省略することがあります。
このチャンドラーのセリフは had を省略した形ですね。
さらに、had better は「・・・したほうがよい」という日本語訳から、穏やかな表現だと思われがちですが、実際は、忠告、命令、威嚇のニュアンスを持つ表現なので、目上の人には使わない方が良いです。
また、should 「・・・すべきである」と学校で習いましたが、実際は「・・・した方がいい」という感じの、穏やかな勧告を表します。
ですから、had better と should では、had better の方が強いニュアンスになるんですよ。
このように日本語訳のイメージと実際の英語のニュアンスが異なるものは要注意!ですね。
で、チャンドラーは何が言いたいのかというと、「目を開けた時に、じゃーん、とか言ってお前の裸を見せるなよ」ということです。(うーん確かに、ジョーイなら、やりかねないかも・・・)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:35| Comment(7) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする