2010年11月29日

商用ジェット機を操縦する フレンズ5-11その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は5位、「にほんブログ村」は4位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


[Scene: Monica and Rachel's, after the party. Everyone has left, except for the gang.]
モニカとレイチェルの部屋。(新年を迎えた)パーティーの後。フレンズ以外の人たちはみんな帰ってしまっている。
ロス: Y'know what? I'm gonna go out on a limb and say, "No divorces in '99!" (ねぇ? 僕は思い切って言うよ、「1999年は離婚はナシ!」って。)
レイチェル: But your divorce isn't even final yet. (でも、あなたの離婚はまだ確定してないんでしょ?)
ロス: Just the one divorce in '99! Y'know what, I am gonna be happy this year. I am gonna make myself happy. (1999年は1回だけの離婚にするぞ! ねぇ、今年は僕は幸せになるんだ。僕は自分自身を幸せにするんだよ。)
チャンドラー: Do you want us to leave the room, or...? (俺たちに部屋を出て行って欲しい? それとも…?)
ロス: Every day, I am gonna do one thing I have never done before. That, my friends, is my New Year's resolution. (毎日、僕はこれまでにしたことのないことを1つするつもりだ。それがね、みんな、僕の新年の決意なんだよ。)
フィービー: Ooh! That's a good one! Mine is to pilot a commercial jet. (うー! それは良い決意ね! 私の(決意)は商用[民間営業用]ジェット機の操縦をすることよ。)
チャンドラー: That's good one too, Pheebs. Now all you have to do is find a planeload of people whose resolution is to plummet to their deaths. (それも良い決意だね、フィービー。今、君は、(新年の)決意が落ちて死ぬこと、っていう人を飛行機1台分見つけたらいいだけだね。)

go out on a limb は「危険な・不利な・困難な立場になる、孤立無援の状態になる、危険を冒す」というような意味。
limb は「(木の)枝」なので、直訳すると「枝の上に乗り出して」ということになります。
out on a limb というフレーズは、
フレンズ3-1その14フレンズ4-5その1 にも出てきました。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
go/be out on a limb : to do something risky or uncertain
つまり、「危険な、または不確かなことをすること」。
ロスのセリフは、危険を恐れずに思い切って言っちゃうけど、とか、危険かもしれないけどあえてこう言うよ、みたいなニュアンスかなと思います。

最初の妻キャロルと離婚し、イギリス人エミリーとの結婚も破綻し、ロスは今、バツ2状態。
離婚の話は友人たちにもよくネタにされるので、「今年は離婚ナシの年にするぞ!」と高らかに宣言しているわけですね。

ですがレイチェルに早速ツッコミを入れられてしまいます。
final は「ファイナル」と日本語になっているように、「最後の、最終の」という意味があり、また「決定的な、確定的な」という意味もあります。
今回のセリフは、「決定的な、確定的な」というニュアンスで、But your divorce isn't even final yet. を直訳すると、「でも、あなたの離婚はまだ、決定的になってさえいないでしょ」のようになるでしょうか。
離婚手続きが完全には済んでなくて、まだ正式には離婚してないわけでしょ?、これから正式に離婚することになるんだから、99年は少なくとも1回の離婚は確定してるんじゃない?みたいなツッコミですね。

ちょうど、英辞郎の final の例文に以下のものがありました。
Our divorce became final just recently. 「つい先日、正式に離婚しました。」
まさに、final が今回のセリフと同じ状況・ニュアンスで使われている例文ですね。

そんな風につっこまれたロスは、レイチェルに文句も言わず、言い訳もせず、たださきほどの「離婚はナシ」宣言を「離婚は1回きり」宣言に、何事もなかったかのように変えるのも面白いです。
1回は決まってるからそれはしょうがないとして、今年はそれ以上は離婚しないぞ!と誓っているのですね。

ロスは、「僕は今年は幸せになるんだ」と言った後、I am gonna make myself happy. 「僕は自分自身を幸せにするんだ、するつもりだ」と言っています。
それに対するチャンドラーの返しは、彼お得意のエッチネタ。
Do you want us to leave the room, or...? を直訳すると、「ロスは俺たちにこの部屋を出て行って欲しいと思ってる? それとも…?」みたいな感じ。
「俺たちに席を外して欲しい? ロスは今、一人になりたい?」みたいに言っているわけで、それはつまり、「今からこの部屋で一人になって、一人エッチをするつもり?」みたいに言ってからかっているのですね。

「自分自身を幸せにする」というフレーズは、普通に聞けば文字通りの抽象的な意味に聞こえますが、その myself の部分にちょっとエッチなニュアンスを持たせて解釈すると(日本語で言うと、「俺”自身”」のように「自身」をやたらと強調する感じ?…笑)、自分で自分を幸せにする、自分で自分を気持ち良くさせる、自分で自分の身体(もしくは、象徴的な大切な部分)を気持ち良くする…というような意味にも聞こえてしまいます。

フレンズ1-17 で、お猿のマルセルが窒息しかかっており、動物病院ではない(人間用の)病院で何とか診てもらおうとしていた時のロスのセリフに以下のものがありました。
ロス: He touches himself when nobody's watching. (誰も見ていない時には、彼(マルセル)は自分自身を触るんだよ。)

これも、himself というのは、彼の身体、というよりも、ある特定の部位を指している感覚がありますよね。
マルセルは人間と同じなんだよ、こんなことだってするし…と挙げた例の一つがこれだったわけですが(笑)、一人エッチをするくらい彼は人間的なんだぞ、と言っているわけですね。

チャンドラーはまさにそのマルセルのことを語るロスのセリフと同じようなことを、ロスに対して言っていることになります。
「見られてるとやりにくいだろうから、それじゃあみんなで外に出ようか?」みたいに言っているわけですね。
意味としては「一人エッチをするつもりか?」と言っているわけですが、ダイレクトにはそう言わず、「一人にして欲しい?」とだけ言っているのが、このジョークの面白いところだなぁ、と思いました。

That, my friends, is my New Year's resolution. のカンマに挟まれた my friends は、フレンズたちに対する呼び掛けで、文頭や文尾に来ることが多いそういう呼び掛け語を、「いいかい、みんな」みたいに注意を引くために、わざと文の間に挿入している感じですね。
New Year's resolution は文字通り「新年の決意」。新年の抱負や新年の誓い、でもいいでしょう。
どこの国の人でも、一年の最初には何かを決意したくなるものなのですねぇ(笑)。

ロスの新年の決意を聞いて、フィービーも自分の決意を述べています。
commercial は日本語にもなっている「コマーシャル」ですが、形容詞としては、「商業の、商用の」という意味になり、a commercial jet は「商用・民間営業用ジェット機」というニュアンスになります。
わざわざ commercial と付けているのは、a private jet 「自家用ジェット機」との対比でしょうね。
(お金持ちがよくやるように)自家用ジェット機を買ってそれを操縦する、とかじゃなくて、航空会社が飛ばしているジェット機のパイロットをしてみたいのよ、という感じでしょう。

その決意を聞いて、いつものようにちゃちゃを入れるチャンドラー。
Now all you have to do is find a planeload of people whose resolution is to plummet to their deaths. の文の構造の基本は、all you have to do is (to) find... になります。
「君がしなければならないことのすべては…を見つけることだ」という構造ですね。
つまり、「君は…を見つけさえすればいい」と、あるものを find しさえすればその夢は叶うね、と言っていることになります。
で、何を見つけるか、ということが、find 以下で語られています。

find a planeload of people whose resolution is to plummet to their deaths の構造について。
planeload は「飛行機の搭載量」のことなので、a planeload of people は「飛行機1台分の人々」というところ。
whose 以下で、その人々の決意が、to plummet... である人、だと説明を付け加えています。
plummet は「まっすぐに落ちる、急落する」という自動詞。
物価などが落ちる、という意味でも使われるため、ビジネス英語でもちょくちょく見かける単語です。
今回のセリフの plummet to their deaths は「死に向けて落ちる、急落して死に至る」というようなニュアンスでしょうか。
簡単に言うと、「落ちて死ぬ」みたいな感じですね。

チャンドラーは、「今年は高いところから落ちて死ぬぞ!というのを新年の決意にしているような人を、飛行機一台分見つけることができたら、フィービーの願いは叶っちゃうね」と皮肉を言っているのです。
飛行機を操縦したこともないのに、いきなり商用ジェットだなんて、そんなパイロットが操縦する飛行機にお金を出して乗り込む物好きはいないよ、自殺願望のある人なら別だけど、みたいに言って、からかっている感じですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:45| Comment(0) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

どちらかと言えばどっちがいい? フレンズ5-11その1

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は5位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


シーズン5 第11話
The One with All the Resolutions (新年の誓い)
原題は「決意ばかりの話」


モニカとレイチェルの部屋で大晦日のパーティーが行なわれています。
恋人同士のチャンドラーとモニカは、「新年のキスをしたいけど、誰もする様子がないから(自分たちだけすると目立っちゃうし)…」と悩んでいます。
二人の仲を知っているジョーイは、俺が何とかしてやるよ、俺に任せとけ、とばかりに、他のフレンズたちのところに向かいます。
(新年を迎えた瞬間に誰かとキスをする、というシーンは、フレンズ1-10 にも出てきました。)
ジョーイ: Ross! Ross! Ross, listen! Who are you kissing at midnight, huh? Rachel or Phoebe? (ロス! ロス! ロス、なぁ! 真夜中にロスは誰とキスするつもりなんだ? レイチェルかフィービーか?)
ロス: What? (何だって?)
ジョーイ: Well, you gotta kiss someone, you can't kiss your sister. (ほら、誰かにキスしなくちゃいけないだろ。お前は自分の妹とはキスできないし。)
ロス: Who's gonna kiss my sister? (誰が妹にキスすることになってるの?)
ジョーイ: Chandler. (チャンドラーだよ。)
ロス: Oh , man! Really? (あぁ、なんてこった! ほんとに?)
ジョーイ: Dude, dude, who would you rather have kiss your sister, me or Chandler? (なぁ、おい、お前はどちらかと言えば誰が妹にキスして欲しい? 俺か、チャンドラーかだったら。)
ロス: That's a good point. (それはいい点をついてるね。)
ジョーイ: Yeah. (そうだろ。)
ロス: Oh well, since I have that whole history with Rachel, I guess Phoebe. (あぁ、そうだなぁ、僕はレイチェルとはああいう過去があるから、(キスする相手は)フィービーかな。)
ジョーイ: Okay, great! (よし、それでいい。)
ロス: All right. (オッケー。)
ジョーイ: Pheebs! Pheebs! Listen. Ross wants to kiss you at midnight. (フィービー! フィービー! ねぇ、ロスは真夜中に君とキスしたいって。)
フィービー: So obvious. Why doesn't he just ask? (すっごくミエミエね。どうしてロス(自身)が頼まないの?[ロスが自分で頼めばいいのに])
ジョーイ: Rach! Rach! Listen, I'm gonna kiss you at midnight. (レイチェル! レイチェル! ねぇ、真夜中に俺が君にキスするからね。)
レイチェル: What? (何ですって?)
ジョーイ: Well, everyone's gotta kiss someone. You can't kiss Ross. You got the history. (ほら、みんな誰かにキスしないといけないだろ。君はロスとキスできない。君には過去があるからさ。)
レイチェル: So? (それで?)
ジョーイ: So? Who would you rather have kiss you, me or Chandler? (それで、って? どちらかと言えば誰が君にキスして欲しい? 俺かチャンドラーかだったら。)
レイチェル: Oh, good point. (あぁ、いい点をついてるわね。)
ジョーイ: Yeah! (そうだろ!)

Who are you kissing at midnight, huh? は「近い未来の予定」を表す現在進行形ですね。
at midnight は「真夜中に」という時点を表していて、カウントダウンでゼロ!になった瞬間の真夜中にキスすることを指しています。

you gotta kiss someone の gotta は got to = have got to = have to ということで、「お前は誰かとキスしなければならない」。
ジョーイは「新年だから誰かとキスしなくちゃな」と、それが決まりごとであるかのように言ってみせているのですね。
カウントダウンではしゃいでいたロスは、誰かとキスするつもりはなかったようなので、「ほら、新年恒例のキスをお前も誰かとするんだろ?」みたいに思い出させている感じです。
そうして、キスする相手は妹以外から選ばなくちゃな、実の妹にはキスできないだろ、と上手く話を進めていきます。

Who's gonna kiss my sister? の be gonna (= be going to) は、「このまま行くとこうなる」という予定を表しています。
ジョーイの言い方だと、妹モニカのキスの相手はもう決まってるみたいだけど、それは誰?というニュアンスですね。
相手がチャンドラーと聞いてがっかりしたような声を出す兄のロスですが、次のジョーイの一言で、ロスの態度がころっと変わるのが面白いです。

Who would you rather have kiss your sister, me or Chandler? について。
ここでは、使役動詞 have が使われています。
have someone kiss your sisiter で、「誰かに、妹にキスさせる」という意味になります。
使役動詞には他に、make や let などもありますが、「強制」的にキスさせるという make でもなく、キスすることを「許可」するという let でもない、もっとニュートラルな感じの have という使役動詞が使われていることにも注目して下さい。
直訳すると、「誰かが妹にキスする、という状態を持つ」というような感じでしょう。
その someone に当たる部分を、疑問詞 who にして文頭に出したのが、今回のセリフになります。
誰?と尋ねた後で、文の終わりに、A or B で選択させる形ですね。

would rather は「むしろ…したい」。
would rather A than B なら、「B するよりはむしろ A したい、B するくらいならいっそ A するほうがよい」という意味になります。
rather には「どちらかと言えば、むしろ」というニュアンスがあるためにそういう意味になるのですね。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
would rather : used when you would prefer to do or have one thing more than another.
つまり、「別のものよりも、あることの方をする、あるいは持つことを好む時に使われる」。

今回のセリフも、rather が入っているために、「もし、俺とチャンドラーのうちのどっちかを選ばないといけないとしたら? 二人のうちのどちらかと言えばどっちになる?」というニュアンスが感じられます。
相手がチャンドラーと聞いて、えー?みたいにいやそうに言ったロスに対して、「ロスはそんな風に言うけど、俺よりはむしろチャンドラーの方がましだと思うだろ?」と言ってみせているわけで、「あえて選ぶとすれば?」という「究極の選択」の選択肢の一つに自らを投入している感じです。
そう言われて、「それは良い点をついてるね。それもそうだね」みたいにあっさり了解するロスには笑ってしまいました。
プレイボーイのジョーイよりはチャンドラーの方がましだ、とロスは思ったでしょうし、フレンズ5-9 のラストでの「ジョーイとモニカがロンドンで寝た」という話を思い出したのかもしれません。
こうして、兄ロスが、チャンドラーとモニカのキスをあっさり認めたところで、ロスに相手を選ばせるジョーイ。

since は理由を表し、history は「経歴」のようなニュアンス。「過去」と訳しても良いかもしれません。
LAAD では、
history : SOMEBODY'S ACTIONS/EXPERIENCES all the things that someone has done or experienced
つまり、「誰かがしてきた、または経験してきたすべてのこと」。

I have that whole history with Rachel の that whole history は、ジョーイたちも知ってる「あの、例の」、あんなことやこんなことがたくさんあったそういう「全部の」 history みたいなニュアンスが感じられます。
レイチェルは元カノで、くっついたり離れたりとこれまでいろんな経緯があったから、という感じですね。

ロスが、妹と元カノ以外のフィービーを選んだのを確認して、今度はそのことをフィービーに伝えるジョーイ。
「ロスは新年のキスをフィービーとしたい、ってよ」と報告すると、「どうして?」とも聞かずに、So obvious. Why doesn't he just ask? と答えるフィービーが彼女らしいです。
obvious は、「(疑問の余地がないほど)明らかな、明白な」。
「ロスが私とキスしたいって? そんなこと、ミエミエだったからわかってたわよ、そんなことだろうと思ったわ」みたいな、「あたし、モテすぎて困っちゃうのよねぇ」みたいな感じの、自信満々のセリフになります。

Why doesn't he just ask? を直訳すると、「どうして、彼が(ただ)頼まないの?」みたいな感じでしょうか。
私と新年のキスをしたいのなら、ロスが自分で私に頼みにくればいいだけのことなのに、わざわざジョーイに伝えてもらうなんて、彼、恥ずかしいのかしら?みたいな余裕のセリフのように聞こえます。

キスする2組のカップルを完成させて、最後にジョーイはレイチェルのところに行きます。
真夜中のキスは俺とだからね、と言われて、は?となっているレイチェルに、ロスとはいろいろ過去があるから無理だろ、と説明するジョーイ。
レイチェルの So? は、そのジョーイの説明だけでは満足できず、さらなる説明を求めるニュアンス。
ロスとキスできないのはわかるけど、だからってどうして即、ジョーイとキスすることに決まっちゃうのよ?という感じです。

そこでジョーイが「俺とチャンドラーのうち、どちらかと言えばどっちがいい?」と、さっきロスに言ったのと同じような質問をするのに笑ってしまいます。
この場合は、「レイチェルが誰かにキスさせるとしたらどっちがいいか?」を尋ねています。
ジョーイは、モテないチャンドラーよりは、プレイボーイでキスの上手い俺の方がいいだろ?みたいに言っているのですね。
ジョーイとチャンドラーの二択なら、やっぱりジョーイを選ぶことになるわねぇ、とあっさりそれを認めるレイチェル。
ここでも、ロスの時と同じように、good point という返事になっているのも面白いです。
兄が選ぶ妹のキスの相手はプレイボーイじゃない方(もてない方)、女の子が自分で選ぶキスの相手はプレイボーイの方(もてる方)…という心理を突いて、ジョーイは上手く相手を丸め込んだ感じですね。

ジョーイにしては手際が良すぎる感じではありますが(笑)、まぁ、プレイボーイの彼なので、恋愛がらみの話では頭がよく回転する、ということはあるでしょう。
また、ドラマの脚本としてもテンポが良く、みんなが疑問にも思わずすんなり納得し丸く収まる様(さま)が実に見事だな、と感心しました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 11:57| Comment(2) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

これ以上ないくらいゴメン フレンズ5-10その7

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は4位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


基本的には、「1エピソードは「その6」まで」にしているのですが、今日はご紹介したいセリフがあったので、「その7」の記事を投稿します。

ジョーイに映画の脚本を書けとアドバイスし、たくさんのノルマを課すロスですが、チャンドラーがジョーイをゲームに誘うので、脚本が一向にはかどりません。
ロスが「ゲームでジョーイの邪魔をするな」とチャンドラーに言えば、チャンドラーは「自分が休職中で退屈だからって、ジョーイにあれこれ指示するな」とロスに言い、二人は大喧嘩。
喧嘩状態が続いている二人のところに、図書館で今日の分の脚本を書いてきたぞ!と嬉しそうに帰ってきたジョーイは、その脚本を声に出して読んでくれ、と二人に頼みます。
(引用符がついている部分は、脚本のセリフを読んでいることを表しています。)
ジョーイ: Okay. (Reading.) "It's a typical New York City apartment. Two guys are hanging out." Ross (Points to him.) (よし。[(脚本を)読む] 「よくあるニューヨーク市のアパートメント。二人の男が(ぶらぶらと)時を過ごしている。」 ロス。[(脚本を読むようにとロスを指差す])
(Ross and Chandler start to read Joey's script aloud.)
ロスとチャンドラーは、ジョーイの脚本を声に出して読み始める。
ロス: "Hey, man." (「やぁ。」)
チャンドラー: "What is up?" (「調子はどうだい?」)
ロス: "About yesterday. I was really wrong. I am sorry." (「昨日のことだけど。僕が本当に間違ってた。ごめんよ。」
チャンドラー: "No, it was me. I'm sorry. I overreacted." (「いいや、俺のせいだよ。ごめん。俺が過剰に反応しすぎた。」)
ロス: "Maybe it was both of us. But we had our best friend's interest... (Pauses and looks at Joey.) But we had our best friend's interest at heart." (「多分、僕らふたりのせいだよ。でも、僕らは親友のため… [読むのをやめ、ジョーイを見る] でも、僕らは親友のためを思ってたんだ。」)
チャンドラー: "Could I be more sorry?" (Looks at Joey.) (「これ以上ないってくらいに、ごめん。」 [ジョーイを見る])

What's up? じゃなくて、What is up? になったりしている、わざとらしい挨拶のセリフ(笑)の後、いきなりロスが謝るセリフが続きます。
僕が間違っていたよ、ごめん、と謝るロスに対して、チャンドラーは、It was me. と言っていますね。
これは「(いやお前のせいじゃなく)俺のせいだった。悪いのは俺の方だった。原因は俺だった」というようなニュアンスですね。
その後のロスのセリフの、it was both of us. も、「俺たち二人のせいだった」ということで、どちらか一人のせいじゃなく、二人とも責任がある、二人とも悪い部分があった、というニュアンスになります。

overreact は「…に過剰に反応する」。overreaction 「オーバーリアクション、過剰反応」は日本語になっていますよね。
俺も大人げなくムキになっちゃってごめん、みたいな感じ。

we had our best friend's interest... というセリフを読んだところで、ロスはジョーイの意図に気付き、ジョーイを見つめます。
interest はここでは「利益、利害、ため」というような意味ですね。
一度、絶句した後、再び読み直すと、そのセリフは、we had our best friend's interest at heart となっています。
have 〜 at heart を直訳すると、「〜を心に持っている」ということですから、「〜を心にかけている」という意味になります。
英辞郎では、以下のように出ています。

have ~ at heart=〜を心にかけている、〜を切望する
例) That selfish guy always has his own interest at heart. 「あのわがまま者はいつも自分の利益を考えている。」


ちょうどその例文にも、interest が使われていますね。
その例文の場合は、「自分の利益ばかり考えている」みたいな悪い意味ですが、今回のセリフは「親友の利益を考えている」という友情に厚い友の行為を指していることになります。
僕たちは喧嘩したけど、それは自分たちの大切な親友の利益を考えて、親友のためを思ってしたことだったんだ、というセリフなのですね。

ロスとチャンドラーが、自分のためを思っていろいろやってくれていたのがわかっていたジョーイは、これ以上二人が喧嘩するのを見たくなかった、仲直りして欲しかった…だから、脚本を読んでくれと頼むことで、二人に I'm sorry. というセリフを言わせ、「お互い、親友ジョーイのためを思ってしたことだから」ということに気付かせようとしたのです。

"Could I be more sorry?" について。
これは「チャンドラーの口癖を真似(まね)たセリフ」ですね。
チャンドラーの口癖のパターンの基本形は、
"Could 名詞 BE any 形容詞の比較級 ?"
です。
今回のセリフには、any はついていませんが、そのバリエーションなのは間違いありません。
これまでに出てきた口癖については、過去記事、チャンドラーの口癖の話 フレンズ3-2その29 で詳しく説明しています。

今回のセリフの音声も、いつものチャンドラーの口癖の言い方と同じように、Could I BE more sorry? と be を強調して読んでいます。
チャンドラーは「俺ならこんな風に言うだろう…ってか?」みたいな顔をジョーイに向け、ジョーイは「な、お前っぽいセリフだろ?」みたいに得意気で嬉しそうな顔をしています。
観客の笑い声もしばらく続き、拍手までもが起こっているのは、「チャンドラーが言いそうなセリフ」を書いたと得意になっているジョーイに笑ってしまうからですね。

直訳すると、「俺はこれ以上、sorry になれるだろうか?(いや、なれない)」という反語のニュアンスで、「もうこれ以上ないってくらい申し訳ない気持ちだよ、最高にごめん」みたいなニュアンスになるでしょう。
チャンドラーは、「いくら俺の口癖でも、こんな変な謝り方はしないぞ」と言いたいのでしょうが、そのセリフを図書館で思い付いて嬉しそうに書いていたであろうジョーイを思うと、微笑ましくてつい笑ってしまいます。

こういう言い回しが「チャンドラーの口癖」であると知らないと、このセリフの面白みも、チャンドラーのあきれた顔、ジョーイの得意気な顔の意味もわかりません。
元ネタを知っているからこそわかるジョークの典型ですし、フレンズを最初のシーズンから見ている方なら楽しめるかな?と思ったので、説明させていただきました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:13| Comment(0) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

あんな娘にはこなせない フレンズ5-10その6

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は5位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


前回の続きです。
ボブ: Umm, Ginger's gonna take over this corner. (あー、ジンジャーがこの場所を引き継ぐ予定だ。)
フィービー: That chick can't handle my corner. (そんな娘に私の場所はこなせないわ。)
ボブ: Look, either you leave or we remove you. (いいか、君が去るか、もしくは我々が君を排除[解雇]するかのどっちかだ。)
フィービー: Fine. (She hands her bell to Ginger and starts to take down her signs.) (The same old lady walks by again.) All right, I'll give you one pointer. Look out for that bitch. (結構よ。[フィービーは自分のベルをジンジャーに手渡し、(バケツにつけた)掲示を取り外し始める] [同じ老婦人がまたそばを通る] いいわ、あなたに1つアドバイスをあげる。あのアマには注意して。)

横に立っている女性(Ginger)が、後を引き継ぐと告げるボス。
take over は「(職務など)を引き継ぐ、引き受ける、後任になる」。
takeover だと「引き継ぎ、引き取り、乗っ取り」、takeover bid は「TOB、株式公開買い付け」のことですね。

chick は「ひよこ」「若い女、娘」という意味。フレンズでは、「若い女」という意味でよく登場しますね。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
chick [noun] [countable] :
1. BIOLOGY a baby bird
2. (spoken) (informal) a word for a young woman, sometimes considered offensive

つまり、1. は「ひな鳥」、2. は「若い女性を指す言葉、時々、侮辱的だとみなされる」。

handle は「扱う、取り扱う、処理する、対処する、さばく」のようなニュアンス。
仕事上で難題が持ち上がった時などに、I can handle this. と申し出るシーンをよく見かけます。
直訳すると「私はこれを処理することができる」ということで、「私に(この件を)やらせて・任せて下さい」という意味になるのですね。

ここでのフィービーのセリフは、「こんな若い女・若い娘に、こんな難しい場所がこなせるわけがない、私みたいに人生経験豊富な人間じゃないと無理よ」とでも言いたいような感じです。
ここでの chick は「若い女」という意味だと思いますが、日本語で「こんなヒヨッコには任せられない」みたいに表現することもあるなぁ…などと考えると、「”一人前の大人とはいえない”若い女」みたいなニュアンスも多少は含まれているのかなぁ、と思いました。
LAAD の語義にあるように、offensive 「侮辱的な」ニュアンスがこのセリフからも感じられますね。

「こんな子には無理よ」と頑張ろうとするフィービーに、ボブは、either you leave or we remove you と強い口調で言っています。
either A or B を使って、「君が(自らすすんで)この場を去るか、我々が(権限を使って強制的に)君を排除・解任するかのどちらかだ」と警告しているのですね。

remove は「取り除く、排除する」「(役職などから)解任・解雇する」。
前回の記事の説明で登場した、lint remover 「毛玉取り器」も、「毛玉を取り除くもの」という意味ですし、「リムーバー」はすでに日本語になっている感もありますね。

LAAD では、「解任する」の意味は以下のように出ています。
remove : to force someone out of an important position or fire them from a job
remove somebody from power/office etc.

つまり、「人を重要な地位から追い出す、または人を解雇する」。

今回のセリフは、動こうとしないなら強制排除する、という感じにも聞こえますし、上司の命令を聞かないなら寄付の仕事から解雇する、というようにも聞こえます。
いずれにしても、「君がいくらそこで頑張っても無駄だぞ、配置の権限はこちらにあるんだからね」という感じでしょう。

前回、この上司であるボブは、a low-profile spot ではなく、a less high-profile spot と表現し、フィービーをできるだけ刺激せずにことを穏便に済ませようとしていました。
それでも言うことを聞かないとわかると、今度は有無を言わさない強い調子で、「君が動かないなら、こちらが強制的に君を動かすまでだ」と言っています。
相手の態度に合わせて、硬軟を使い分けているところに、「やり手のビジネスマンのような雰囲気」を感じました。
もちろん、上司であり権限を持っているからこそこういう態度や発言ができるわけですが、できるだけ相手の気を悪くしないように言葉を選んだり、譲れないところはきっぱりと断言したり、という部分はビジネスにおいて大切なことだなぁ、と思ったりします。

しぶしぶ、Fine. 「わかったわ。それで結構よ」と命令を了解したフィービーは、後片付けを始めます。
さっきの老婦人がまだうろうろしているのを見て、そのことを後釜のジンジャーに忠告していますね。

pointer は「ポインター、針、指針」という意味ですが、「助言、示唆、アドバイス」という意味もあります。
LAAD では、
pointer [noun] [countable] : a useful information that helps you do or understand something (SYN: tip)
例) Larry gave me a few pointers on giving a presentation.

つまり、「何かをする、または何かを理解する助けになるような有益な情報。類義語: tip 」。
例文は、「ラリーは、プレゼンをするのに関して、2、3のアドバイスをくれた」。

look out for は「…に用心する、注意する、警戒する」。
いつまでもここをうろうろして、また何か変なものを入れるつもりかもしれないから気をつけなさいよ、とアドバイスしているということです。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 10:12| Comment(0) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

ハイ・プロファイル フレンズ5-10その5

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は4位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


有名百貨店メイシーズ(Macy's)の前で、クリスマスの寄付集めをするフィービーですが、寄付のお金を集めるバケツにゴミやタバコの吸い殻を捨てる人などが続出し、フィービーはついにキレてしまいます。
昔、ストリートで暮らしていた頃のフィービー(Street Phoebe)に戻って、慈善事業の寄付集めとは思えないような荒っぽい態度や言葉遣いになってしまっています。
フィービー: Oh, whoa, whoa, whoa! Wait a minute. Open your hand. Let me take a look. (The lady opens up her hand.) Quarter, dime. Lint? Not interested in that. (She throws the lint away.) What's this? A Canadian coin? Get outta here! (The lady walks away.) (あぁ、ちょっと、ちょっと、ちょっと! ちょっと待ってよ。手を広げて。私に見せて。[(寄付するため近寄ってきた)婦人は手を広げる] 25セント、10セント、糸くず? そんなの興味ないわ。[フィービーは糸くずを捨てる] これは何? カナダのコイン? あっちへ行って! [その婦人は歩き去る])
(Another man walks up with a drink in his hand, Phoebe stops him too.)
別の男性が手に飲み物を持って近づいてくる。フィービーは彼も止める。
フィービー: Whoa! No drinks near the bucket. Set it down over there and then you can make a contribution. (The guy starts to walk away with a hurt look on his face.) And you can leave the "hurt bunny" look over there too! (Her boss and a co-worker walk up.) Hi, Bob! (The same old lady from before walks by.) (To the old lady.) I thought I told you to get outta here! (ちょっと! バケツの近くで飲み物はだめよ。向こうの方にその飲み物を置いたら、その後に寄付することができるわ。[傷ついた表情を顔に浮かべて、その男性は歩き去ろうとする] それからその「傷ついたウサちゃん」の顔も向こうに置いてきなさいよ! [フィービーのボスと同僚が歩み寄る] はーい、ボブ! [前と同じ老婦人が傍を通る] [その老婦人に] ここから出て行って、って私はあなたに言ったと思ったけど。)
ボブ: Uh, Phoebe, we've been getting complaints and uh, we're gonna move you to a less high-profile spot. (あー、フィービー、ずっと苦情[クレーム]が来てるんだ。それで、その、君をもう少し目立たない場所に移動しようと思ってる。)
フィービー: What? (何ですって?)

whoa というのは「ちょっと待って、ちょっと待て」というニュアンス。
発音は [wou] (ウォウ)で、元々は、馬を止める時の「どーどー」という掛け声のこと。

寄付しようとした老婦人の手を開かせ、中身をチェックするフィービー。
quarter は 25セント、dime は 10セントですね。
lint を見つけたフィービーは怒ってそれを捨てています。
lint は「糸くず」。
英辞郎には、
lint catcher=洗濯機用のくず取りネット
lint remover, lint shaver=毛玉取り器

などの用語も出ています。

次に近づいてきた男性が手に飲み物を持っていたので、フィービーはまた怒っています。
寄付を始めた頃、バケツを灰皿代わりにして、タバコを捨てた人がいて、その火を消そうと近くの人の飲み物をバケツにかけたら、それがお酒だったのでさらに炎上してしまった、という苦い経験があったので、飲み物にも敏感になっているのですね。

Set it down over there and then you can make a contribution. について。
make a contribution (to...) は「(…に)寄付する、貢献する」。
寄付したかったら、まずはその飲み物をあっちに置いてきなさい、みたいなことで、慈善の寄付をお願いしている人のセリフとは思えないのもポイントです。
寄付しようとしてどうして怒鳴られないといけないんだ、みたいな気持ちで、hurt look 「傷ついた表情」を浮かべ去っていきますが、フィービーはそれにもケチをつけています。
hurt bunny は「傷ついたウサギちゃん」のようなニュアンスで、「僕ちゃんってかわいそう」みたいに哀れみを誘うような顔をしても無駄よ、そのシケた顔もそっちに置いてくるのね!みたいなことを言っているわけです。

そんな風に寄付集めというよりバケツの番人みたいになってしまっているフィービーのところに、フィービーをその場所に配置したと思われる上司と、若い女性とがやってきます。
上司が来たにもかかわらず、I thought I told you to get outta here! と老婦人を追い払うフィービーもすごいです。
I thought I told you to... は「…しろとあなたに言った(はず)だと思うけど」みたいなニュアンスで、ここから立ち去れって言った警告を聞いてなかったの? 私の言った通り、とっととどっかに消えなさいよ!みたいな感じのセリフになります。
I told you. なら、「(私は確かにあなたに)言ったでしょ。だから言ったのに。言わんこっちゃない」というような意味ですね。
自分が前に注意・警告していたにもかかわらず、それを無視して失敗してしまった相手などに言う決まり文句です。

上司のボブは、we've been getting complaints と言っています。
直訳すると、「我々は苦情・クレームをずっともらい続けている」で、継続を表す現在完了進行形ですね。
「ひっきりなしに、じゃんじゃん苦情が来るんだ」みたいな感じでしょう。

we're gonna move you to a less high-profile spot について。
profile は日本語で言う「プロフィール、人物紹介」も指しますが、英語の発音は「プロゥファイル」という感じ。
元々は「(人の)横顔」という意味です。
profile は動詞で「輪郭を描く」という意味もあり、犯罪捜査の用語でよく使われる「プロファイリング」はその意味から来た言葉ですね。

high-profile は「目立った、人目・人の注意を引くような」という形容詞。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
high-profile [adjective] [only before noun] : often mentioned in newspapers and in television and radio programs, and known about by most people.
つまり、「(名詞の前にのみ付く形容詞) 新聞やテレビ・ラジオ番組でしばしば話題にされ、多くの人に知られている」。

逆に「目立たない」なら、low-profile になります。
keep a low profile なら「目立たないようにする」ですね。
LAAD では、
keep a low profile : to behave quietly and avoid doing things that will make people notice you.
つまり、「静かに振る舞い、人に自分を気付かせるようなことをするのを避けること」。

以前フィービーが「新人なのにメイシーズのそばの場所に大抜擢されたの!」と喜んでいたように、ここは非常に目立つ場所 a high-profile spot なのですね。
そんな目立つところで、苦情が殺到するような失礼な振る舞いをされては困るから、我々が、つまり、上司の権限で、君を a less high-profile spot に移動させるつもりだ、とボブは通告していることになります。

上で、high-profile の反対語 low-profile を説明しましたが、このセリフでは、move you to a low-profile spot 「目立たない場所へ移動させる」ではなく、move you to a less high-profile spot 「ここよりも目立たない場所に移動させる」と言っているのが興味深いな、と思いました。

上司のボブは、フィービーの気を悪くしないように、これ以上フィービーを刺激しないように、そう言ったのだという気がしました。
このフィービーの姿を見れば、実際は、「人目につかない目立たない場所」に移動するつもりだろうと思うのですが、今一番目立つ場所にいてそれを嬉しく思っているフィービーに、「目立たない場所に移動させるぞ」と言えば、フィービーが反抗するかもしれない、気が立っているらしいフィービーが逆ギレしないとも限らない、それで「ここほど目立つ場所じゃないけど、決して、目立たない場所っていうわけじゃないから」みたいに聞こえるように、less をつけて、「ここより high-profile の度合いは少なくなるけど」と表現しているように思いました。
喧嘩腰で興奮気味のフィービーに対して、的確なセリフであると思えます。
同じような内容を言う場合でも、相手の気に障らないような表現を選ぶことが大切なのは、英語も日本語も同じですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:50| Comment(2) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

敷金を返して欲しい フレンズ5-10その4

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は2位、「にほんブログ村」は1位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


前の記事のシーンの続きです。
ジョーイ: (jumping up) All right! But uh, listen, what do you say we, uh... crank it up a notch? ([椅子から飛び上がって] よし! でも、なぁ、それをもう一段階、そのゲームのレベル[刺激]を上げるっていうのはどう?)
チャンドラー: I'm intrigued. (興味をそそられるねぇ。)
ジョーイ: All right. All we need is a little lighter fluid. (よし。必要なのは、ライター用のオイルだけだ。)
チャンドラー: Okay, but be careful, okay? Because I wanna get our security deposit back. (よし。でも、気をつけろよ? だって俺、敷金返して欲しいからさ。)
ジョーイ: Yeah, I think we said goodbye to that when we invented hammer darts. (あぁ、敷金にはさよならしたと思うけど、二人でハンマーダーツ(というゲーム)を編み出した時にね。)
チャンドラー: Do you even remember which part of the wall is not spackle? (壁のどの部分がスパックルで埋められてないか、覚えてるか?)
ジョーイ: Uh yeah, right here. (He punches his fist through the wall next to the door.) (あぁ、ちょうどここだよ。[ジョーイはドアの隣の壁をこぶしでパンチし、こぶしが突き抜ける]

intrigue は他動詞で「…の興味・好奇心をそそる」。
ですから、Someone is intrigued by/with... なら「人が…に興味をそそられる」という意味になり、Something is intriguing. なら「(主語)が興味をそそる(ものである)、面白い」という意味になります。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
intrigue [verb] : [transitive] if something intrigues you, it interests you a lot because it is strange or mysterious
つまり、「何かが人を intrigue するというのは、それが珍しい、または神秘的であるという理由で、人の興味を大いに引くこと」。
語義説明にも、interest という動詞が使われているように、intrigued と intriguing の関係は、interested と interesting の関係と同じですね。

ゲームの刺激を上げるために、ジョーイはライターのオイルが必要だと言っています。
危険な香り(笑)を察したチャンドラーは、「あんまり無茶するなよ。security deposit を返して欲しいもん」と言っていますね。
security deposit は「敷金、保証金」。
オイル、つまり、火を使うゲームらしいけど、部屋を焦がしたりして敷金が返ってこなくなる、とかのゲームはやめてくれよ、と言いたいのですね。
それに対してジョーイは、「敷金にはもうサヨナラを言った」と言っています。
もう戻ってこないものとあきらめた、という意味ですが、日本語で「…にサヨナラを言った」と表現しても意味はわかりますね。「敷金よ、さらば!、敷金くん、バイバイ!」みたいな感じです。
when を使って、ある時点で敷金を返してもらうのはあきらめた、と言っていますが、それは「ハンマーダーツを発明した時」。
hammer darts って? みたいに一瞬思ってしまいますが、その後の会話と、壁には実は大きな穴が開いていたことを映像として見せることで、ダーツの矢の代わりにハンマー(金づち)を投げて点数を競っていたことが想像されます。
恐らく、最初から壁を狙ってハンマーを投げていたわけではないでしょうが、狙いが狂って壁に当たり、壁がボコッとヘコんでしまった、ということでしょう。

spackle は「穴埋め材」「穴埋めパテ」のことで、元々は商標です。
LAAD では、
spackle [noun] : [uncountable] a substande used to fill holes in walls, that becomes very hard when it dries
spackle [verb] [intransitive, transitive]

つまり、「壁の穴を埋めるために使われる物質。それは乾くと非常に硬くなる」。
名詞だけでなく、動詞としても使われると説明されています。

spackle という単語は、フレンズ3-5その20 や、フレンズ3-15その6 にも出てきました。

また、ブログの解説では飛ばしてしまったのですが、ネットスクリプトのト書きに出てきたこともあります。
フレンズ5-6その5 のやり取りの前に書いてあったト書きは、以下のようになっていました。
[Scene: Ross's now empty apartment, he is spackling some holes shut as the gang comes to apologize.]
そのト書きを訳しますと、
「ロスの今は空になったアパートメント。ロスは(壁の)いくつかの穴をスパックルで埋めていて、その時、フレンズたちが謝るために入ってくる。」

このト書きでは、spackle は動詞として使われていますね。
動詞としても使われることを考えると、上のセリフも is not spackled のように「過去分詞形」にした方が「スパックルで補修されていない」という意味になって、文法的にもしっくり来るような気がするのですが、この部分は、ネットスクリプトもDVD英語字幕も、is not spackle という表記になっています。
それだと、spackle を形容詞的なニュアンスで使っている感じになるでしょうか。

とにかくここで言いたいのは、壁に穴が開いてしまった後、それをスパックルで修繕していない、ということですね。
とりあえず壁紙だけ張っているので、こぶし(拳)でパンチすると、そこに穴が開いているのがわかってしまう、ということです。

過去記事、こぶしが壁を突き抜ける フレンズ4-17その4 では、以下のセリフがありました。
ロス: If I hadn't let you talk me into going to the airport in the first place, I never would've put my fist through the wall. (もし、そもそも僕がモニカに言われて空港に行ったりしなければ、自分のこぶしが壁を突き通すこともなかったのに。)

今回のセリフは、punch で、4-17 では put でしたが、「こぶしが壁を突き抜ける」というニュアンスは同じですね。
through という単語に「突き抜ける」感がよく出ていると思います。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:24| Comment(2) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

もう一段階レベルを上げる フレンズ5-10その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は2位、「にほんブログ村」は1位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


自分にぴったりだったはずの役をゲットできなかったと怒るジョーイに、ロスは「それなら自分で映画の脚本を書いたらいい」とアドバイスします。
そのアドバイス通りに、ジョーイは今、映画の脚本を書いているところ。
チャンドラーはカウンターで、スプーンにピンポン玉を乗せ、スプーンの端を叩いて玉をボウルに入れる、というゲームを一人でやりながらはしゃいでいます。
ジョーイ: You're driving me crazy with that. (お前のそれのせいで、いらいらするんだよ。)
チャンドラー: Okay, I'll stop. (わかった、やめるよ。)
ジョーイ: Don't stop! Move the bowl further away. Ross could make that shot! (やめるなよ! そのボウルをもっと遠くに離せよ。そんなショットなら、ロスにでもできるぞ!)
(Chandler slides the bowl to the far end of the counter. He tries again, but he hits the spoon too hard and the ball goes flying away.)
チャンドラーは、カウンターの遠い端にボウルをスライドさせる。チャンドラーは再度チャレンジするが、スプーンを強く叩きすぎたので、ボールは遠くに飛んでいってしまう。
ジョーイ: Well, you suck! But at least you suck at a man's game now. (あぁ、お前は下手くそだな! でも少なくとも今は、(大人の)男のゲームで下手くそなわけだし。)
チャンドラー: You wanna play? (お前もゲームやりたい?)
ジョーイ: Chandler, I can't be playing games. Ross is gonna be home soon. And I have to write 5 whole pages if I'm gonna stick to his schedule. (チャンドラー、俺はゲームなんかやってられないんだ。ロスがもうすぐ家に帰ってくる。そして、もしロスのスケジュールに合わせるとすると、俺は丸々5ページを書かないといけないんだ。)
チャンドラー: Well, so play for the next 30 minutes, and then write until he gets home. (うーん、じゃあ、今から30分ゲームして、その後、ロスが帰宅するまでに書けば。)
ジョーイ: (jumping up) All right! But uh, listen, what do you say we, uh... crank it up a notch? ([椅子から飛び上がって] よし! でも、なぁ、もう一段階、そのゲームのレベル[刺激]を上げるっていうのはどう?)

drive someone crazy は「人の気を変にさせる、ひどくイライラさせる」。
You're driving me crazy with that. を直訳すると、「チャンドラーは、そのゲームで、俺をひどくイライラさせてるぞ」ということになり、つまり、「お前がそのゲームをやるから、俺は今、すごくイライラしてるんだ」と言っていることになります。
そう言われてチャンドラーは、「じゃあ、やめる」と言うのですが、ジョーイがイラついていたのは、ゲームをしてうるさかったから、とかではなくて、ゲームの内容が気に入らなかったせいのようですね。

further は far 「遠く」の比較級で「もっと遠く、さらに遠く」という意味ですから、further away は、far away 「遠く離れて」を比較級にした形の「もっと遠くに離れて」という意味になります。
ですから、Move the bowl further away. は、「そのボウルをもっと遠くに離すように移動させろ、もっと遠くに離せ」ということになります。

Ross could make that shot! について。
make a shot は「ショットする、発射する」。
could は、「もしロスがそれをやるとしたらできる、ロスでもそれくらいのことはやろうと思えばできる」という感覚。
つまり、ジョーイが怒っていたのは、チャンドラーのやっているゲームが、ロスにもできそうなほど(笑)簡単すぎるから、だったのですね。
ジョーイの言われた通りにボウルを離し、再度挑戦するチャンドラーですが、叩く力が強すぎて、ボールが勢い良く飛び過ぎたため、ボールの行方を見失い、キョロキョロしているチャンドラーも楽しいです。
この部分、ネットスクリプトのト書きには、he hits the spoon to hard と書いてありますが、too hard のタイポでしょうね。he hits the spoon too hard and the ball... 「あまりに強く叩きすぎて、ボールは…」ということだと思います。

suck はフレンズによく登場する俗語で、「最低だ、下手だ、ひどい」というような意味で、英語で言い換えると、be terrible というところ。
チャンドラーが失敗したので、「下手くそ!」というニュアンスで、You suck! と言っているわけですが、その後、at least... at a man's game と言っていますね。
これは、「確かに下手くそは下手くそだけど、ボウルへの距離を離して難易度を上げたから、子供のゲームで下手なわけじゃない。少なくとも今は大人の男のゲームだから、同じ下手でも、さっきみたいなレベルの低いゲームで喜んでるよりはましだな」と言いたい感じでしょう。

ゲームに興味を示しているらしいジョーイを、チャンドラーは誘ってみますが、ジョーイはロスが帰ってくるまでに、これを5ページ書かなきゃいけないから…と言っています。
映画の脚本を書いたらいい、と提案したロスは、今日はこれだけ書く、というノルマをジョーイに課して出かけたのですね。
I can't be playing games. というのは、can't の後が進行形になっています。
進行形のニュアンスを出して直訳すると、「ゲームとかをやっていることができない」みたいになるでしょうか。
まさに日本語の「そんなことやっていられない、やってられない」と同じ感覚のように思います。
「今、そんなことをやっているという状態になることはできない」→「そんなことやってる場合じゃないんだ」みたいなニュアンスになるでしょう。

そこでチャンドラーは、so play... , and then〜 「それじゃあプレイして、それからその後、〜しろよ」という命令文の形でジョーイにアドバイスしています。
その誘いにあっさり乗ってしまうのもまたジョーイらしいですね。
What do you say+文? は、「…はいかがですか?、…はどうですか?」という「提案」。

crank up は「エンジンをかける」「刺激する、スピードを増す」などの意味があります。
元々、crank という名詞は「クランク」という機械の部品のこと。
英辞郎では、
crank=《機械》クランク◆エンジンを手動でスタートさせる時の道具。または形状がそれに似た機械部品(ジグザグの形)
研究社 新英和中辞典では、
crank=【C】 〔機〕 クランク 《回転軸の端に直角に取りつけられた柄(鉛筆削りの取っ手など)、また往復運動を回転運動に換える装置》
と説明されています。

ですから、crank up はその「クランクを回してエンジンをかける、始動させる」という意味になり、「刺激する、スピードを増す」という意味にもなるわけです。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
crank also crank up [verb] [transitive] (spoken) : to increase the level of sound, heat, cold etc. produced by a machine.
つまり、「機械によって生み出された音や暑さや寒さなどのレベルを上げること」。

notch は元々、「V字型の刻み目、切り込み、くぼみ」という意味で、そこから「段、段階、級、階級」という意味にもなります。
ですから、crank up a notch は「もう一段階レベルを上げる、もう一段階刺激的にする」のようなニュアンスになるでしょう。

マクミラン(Macmillan Dictionary)では、
notch [noun] : (informal) if you move up or down a notch, you move up or down to the next level, for example in a job or in your ability to do something
つまり、「move up/down a notch とは、次のレベルに move up/down すること。例えば、仕事や何かをするための能力において」。

ですから、動詞+up/down a notch という形で使われた場合は、「次のレベルに・一段階、上げる/下げる」というニュアンスで使われるということですね。

また、notch の関連語で、topnotch (top-notch) 「最高の、一流の」という言葉もあります。
topnotch は、フレンズ3-11その35 に出てきました。
まさに直訳通り、「トップの段階、最高級」という意味なわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 09:34| Comment(0) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

新人なのに抜擢された理由 フレンズ5-10その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は2位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


[Scene: Central Perk, Chandler, Ross, Joey, Monica, and Rachel are there. Phoebe walks in ringing a bell.]
セントラルパーク。チャンドラー、ロス、ジョーイ、モニカとレイチェルがそこにいる。フィービーはベルを鳴らしながら入ってくる。
フィービー: Hey, you guys! Guess what? (ねぇ、みんな! 何だと思う?)
チャンドラー: The British are coming? (イギリス人が来るの?)
フィービー: Ohh, you and your ways. (She shakes the bell at him and sits down.) Since it's Christmastime, I'm going to be one of those people collecting donations. (あぁ、あなたとあなたのやり方ね[相変わらずね]。[フィービーはチャンドラーに向かってベルを振り、座る] クリスマスの時期だから、寄付を集める(ああいう)人たちの一人になろうと思ってね。)
みんな: Ohh. (おーぉ。)
フィービー: (Excitedly) Yeah, I already have my bell, and later on I get my bucket. ([嬉しそうに] そうよ、すでにベルは持ってるの。それから、あとでバケツも手に入れるわ。)
チャンドラー: Ohh. (おー。)
フィービー: Yeah, yeah, I'm going to be out there spreading joy to the people. I mean, last year I spread a little joy, but not really enough. So this year, I'm going to do the whole city. (そう、そうなの。私は外で[世間で]人々に喜びを広めるのよ。ほら、去年、ちょっとだけ喜びを広めたんだけど、十分ってほどじゃなかったから。それで今年は、街全体にそれをしようと思って。)
モニカ: You know, I knew a girl in high school who did that. She was very popular. (Chandler laughs.) (ねぇ、高校で、そういうこと[それと同じこと]をした女の子を知ってたわ。彼女はすごく人気だった。 [チャンドラーは笑う])
ジョーイ: So Pheebs, where are you doing all your bell ringing? (それで、フィービー、ベルを鳴らすっていうのはどこでするの?)
フィービー: Ohh, they gave me a great spot right by Macy's. Yeah, they hardly ever give such a good corner to a rookie, but I'm the only one who can say "Merry Christmas" in 25 languages. (She smirks.) I lied. (あぁ、メイシーズのすぐそばの良い場所を私に与えてくれたの。そうよ、新人にそんな良い場所を与えてくれることはこれまでほとんどなかったの。でも、私は「メリー・クリスマス」を 25ヶ国語で言えるただ一人の人間だから[言えるのは私だけだから]。[フィービーはニヤニヤ笑う] 私、嘘ついたの。)

大きなベルを上下に振って鳴らしながら入ってくるフィービー。
このベル、何だと思う?と言われて、チャンドラーはまた何か言わずにはいられないようです。
The British are coming? の The British は「イギリス人、英国人」。
ですから、「イギリス人が来る?」みたいな意味になるわけですが、どうして「イギリス人」と言ったのかについて、2つ思いついたので、以下にそれを書いてみます。

まず1つ目。
イギリスで bell 「鐘」と言えば、ビッグ・ベンを思い出す方も多いでしょうか。
Wikipedia 日本語版: ビッグ・ベン
ウィキペディアにあるように、「ビッグ・ベン (Big Ben) とは、英国の首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台 (Clock Tower) の大時鐘の愛称」ですね。
時計台や大時計を指す場合もあるけれども、基本的にはその「鐘」の名前だそうです。

Wikipedia 英語版: Big Ben でも、
Big Ben is the nickname for the great bell of the clock...
のように、bell のことだと書いてあります。

ですから、イギリスで bell と言えば、あのビッグ・ベンのことを言ってる可能性もあるのかなぁ、と。
シーズン4の終わりからシーズン5にかけては、イギリスがフレンズの舞台になっていましたが、そこがイギリスであることをはっきり示すために、場面の切り替え時にビッグ・ベンの映像が挿入されたりもしていましたよね。

もし「ビッグ・ベン」を意図したセリフだとすると、ベルを鳴らしながら入ってきたフィービーに対して、「ビッグ・ベンみたいな鐘の音が聞こえるけど、イギリス人でも来るのか?」みたいなことを言ったのかなぁ、と思ったりします。
ただ、その鐘がビッグ・ベンを思わせると言いたいのなら、"Where are we? Still in London?" 「ここはどこ? まだ(俺たち)ロンドンにいるの?」みたいなセリフの方がそれっぽいかなぁ、などと思ったり…。
…ということで、1つ目の解釈は、The British はわかるけれども、are coming が続いているのがよくわからない…という感じです。

そして、2つ目。
「イギリス人が来る?」というのは、「イギリス人が攻めてくる」というニュアンスで、「だからフィービーは、ベルをガンガン鳴らして、みんなに警告してるの?」というニュアンスのジョークを言っているのかなぁ、という解釈。
その場合は、「鐘を鳴らす→昔の人が使っていた合図、大きな音による警告」という連想なのでしょう。
昔、それは多分、アメリカ独立戦争の頃のイメージで、その頃の敵と言えばイギリスだからかなぁ、と思います。

今現在は、アメリカとイギリスは友好関係にありますが、フレンズでは時折、そういう「独立戦争ネタ」が出てくることがあります。
1776年のアメリカ独立宣言 フレンズ4-15その2 では、
エミリー: Well, I mean, you're American, to start with. You don't even have rugby here. (そうねぇ、だって、そもそもあなたはアメリカ人だもの。ここ(アメリカ)にはラグビーはないでしょ。)
ロス: Well, we didn't have freedom here until 1776 either, so…. (そうだねぇ、ここ(アメリカ)には、1776年までは自由もなかったんだ、だから…)
というやり取りもありました。
ラグビーどころか、1776年にアメリカがイギリスから独立するまでは、自由すらなかったんだ、という、アメリカ人ロスからイギリス人エミリーへの皮肉のセリフでした。

今回のチャンドラーのセリフも、「昔の敵と言えばイギリス人」みたいなイメージからのジョークなのかな?と思ったりします。
DVDの日本語字幕も、「イギリス人 襲来?」となっていて、私も最初に英語のセリフを聞いた時は、その「襲来」のイメージかなぁ、と思ったのです。
日本で言うと、誰かが、ほら貝をプォ〜と鳴らしているのを見て、「蒙古襲来?」みたいに返す感覚に近いのかなぁ…とか(笑)。

ということで、私は2つ目の「襲来の合図」というジョークかな、と思っているのですが、正直よくわかりません。


フィービーの You and your ways. を直訳すると、「あなたとあなたのやり方ね」みたいなことですが、これは「またチャンドラーったら、そんなこと言って茶化すんだから」みたいに、チャンドラーのいつものやり方、いつものパターンにあきれている感じが出ているように思います。
相手がしたことについて怒っている時に、これと似た形の、"you and your stupid+名詞" というフレーズが過去に登場したことがあります。

フレンズ3-10その21 では、
チャンドラー: You-you-you don't wanna give in to The Fear. (その恐怖に降伏したくはないんだろ?)
レイチェル: You and your stupid Fear! I hate your Fear! I would like to take you and your Fear.... (あなたとあなたのばかげた恐怖ね。私はあなたの言っているその恐怖ってやつを憎むわ。あなたとあなたの恐怖を…)
というやり取りがあって、あなたがそんな「恐怖が必要だ」なんてバカなことを言うからこうなったのよ、とレイチェルが怒っている時のフレーズでした。

また、過去記事では取り上げていませんが、フレンズ1-9 でも、"you and your stupid balloon" というフレーズが登場していました。

今回のフィービーのセリフは、stupid とまでは言っていませんが、「また、あなたのいつものパターンね、あなたって相変わらずね」みたいな感じが込められていると思いました。

since は現在完了形と共に使われる「…以来」という意味ではなくて、ここでは「理由」を表す「…だから」という意味ですね。
collecting donations が後ろから前の people を修飾していて、そういう「寄付を集める人々」の一人になろうとしてるの、と言っています。
bucket は「バケツ」で、お金を入れてもらうための入れ物ですね。

フィービーは spread joy to the people 「人々に喜びを広める」と言っています。
去年も少しやったけど、十分とは言えなかったから、今年は町全体に喜びを広めるのよ、と嬉しそうに話します。

それを聞いたモニカは、高校の時、そんな風に、街中に joy を広めたっていう女の子を知ってたけど、その子はすっごく人気者だったわ、と言っています。
モニカはフィービーが言った、joy 「喜び」という言葉を、エッチなニュアンスとして捉えてみてジョークにしている感じですね。

あえて日本語で感じを出そうとすると、「ヨロコビ」「悦び」「悦楽」みたいな感じでしょうか。
街中の男性に悦楽を与えた、つまり、街中の男性にエッチなサービスをした(もしくはエッチをした)子が高校にもいたわぁ…みたいに言って、茶化しているわけです。

有名百貨店メイシーズのすぐそばの場所を与えてもらったの、とフィービーは言っています。
rookie は「ルーキー、新人」ですね。
hardly は「ほとんど…しない」という否定のニュアンスですから、they hardly ever give such a good corner to a rookie を直訳すると、「彼ら(配置を決める担当者)が、新人にそんな良い場所をこれまで与えたことはほとんどなかった」になります。

でも…と言って、新人でありながら、そんな良い場所をゲットできた理由を、その後に述べています。
I'm the only one who can... は「私は…できる唯一の人間である」。
もちろんここでは、世界中でたった一人の人間、というニュアンスではなくて、何人かいるその寄付集めの候補者の中で、これをできる人間が私だけだから、ということですね。
で、何ができるかと言うと、say "Merry Christmas" in 25 languages 、つまり、「25ヶ国語で「メリー・クリスマス」と言える」という特技だということになります。
過去記事、リスニングの脳内処理 でも触れたのですが、この部分、DVD英語字幕では、say になっていて、ネットスクリプトでは、sing になっていました。
実際の音声を聞いてみるとやはり字幕どおり say と言っているようです。
このエピソードを見ていくと、後のシーンでフィービーが、英語以外の言葉で、クリスマスの挨拶みたいな声掛けをしているシーンがありますから、そういう意味でも say がやはり正しいかなと思います。
また、sing だと「メリー・クリスマス」の歌を 25ヶ国語で歌う、という意味になりますが、いろんな国の言葉に翻訳された「メリー・クリスマス」という歌があるとして、そんなにたくさんの言語で歌えたりするというのはちょっとムリがある感じもしますし、25ヶ国語の言葉でメリー・クリスマスの挨拶を「言える」という方が、意味としても妥当なのかなと思いました。(まぁ、Merry Christmas という(恐らく)サビの部分を「歌える」だけなら、say と能力的には同じことですけれど…)
その過去記事でも触れたのですが、単なるちょっとした聞き間違いというレベルの話ではあるものの、この位置には動詞しか来ない、という感覚や、恐らく、s- の音だけがはっきり聞こえたので、say ではなく sing に聞こえてしまった、という単語の選択の仕方、などは、ディクテーションのヒントになる気がしました。
ネイティブも全ての音を聞き取っているというよりは、文脈や構造から一番適切だと思われる単語を選択しながら意味を取り、それを文字にしている、ということだと思うし、それを証明してくれる一つの例のような気がするのです。

新人だけど、そういう特技があったから私、選ばれちゃったの…みたいに言うフィービーですが、そのすぐ後に、「…ってそれは、嘘なんだけどね」みたいに言ってニヤニヤしています。
25ヶ国語の話を聞いた直後は、フレンズたちや観客の中には一瞬、「え? そんな特技があるの?」と思った人もいたかもしれませんが、フィービーの I lied. で、なぁんだ、やっぱりそうかぁ…と拍子抜けしちゃう感じですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:00| Comment(8) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

サバティカルという休暇 フレンズ5-10その1

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は2位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


シーズン5 第10話
The One with The Inappropriate Sister (シスコン男にご用心!)
原題は「不適切な妹の話」


[Scene: Chandler, Joey, and Ross's apartment, Ross is cleaning out the fridge. Joey walks from his room. He looks like he just woke up.]
チャンドラー、ジョーイ、ロスのアパート。ロスは冷蔵庫を掃除している。ジョーイが自分の部屋から歩いてくる。たった今起きたところのようだ。
ジョーイ: What are you doing? (何やってんの?)
ロス: I...reorganized the fridge. See? Bottom shelf, meats and dairy. (There's nothing on the shelf.) Middle shelf, fruits and vegetables. (There’s one lone tomato.) And top shelf, expired products. (The shelf is jammed packed.) (僕は…冷蔵庫を整理し直してたんだ。ほら見て。一番下の棚は、肉と乳製品。[その棚には何もない] 真ん中の棚は、果物と野菜。[トマトが1個だけ] そして一番上の棚は、賞味期限切れの製品。[その棚はぎっしり詰め込まれている])
ジョーイ: Why are you doing this? (どうしてこんなことしてるんだよ?)
ロス: Because I am bored out of my mind. I've already been to the bank, post office and the dry cleaners. (だって、心の底から退屈してるんだよ。もうすでに銀行も郵便局もクリーニング屋にも行っちゃったし。)
ジョーイ: Dude, you just described seven days worth of stuff. You've got to spread it out a little, you know. Haven't you ever been unemployed? (おい、お前が言ったのは、7日分の価値のある仕事だぞ。そういう仕事はもう少し(まんべんなく)広げなきゃ。ロスは今まで失業したことないのか?)
ロス: Hey, I am not unemployed. I'm on sabbatical. (おい、僕は失業してるんじゃない。僕は有給休暇[研究休暇]中なんだ。)
ジョーイ: Hey, don't get religious on me, okay? (Ross looks a little confused.) (おい、俺に宗教的な話をするなよ、な? [ロスは少し困惑したように見える])

organize は「整理する」。そこに「再び」の意味の re- がついていますので、reorganize は「再編成する、再び整理する、整理し直す」というところでしょう。
冷蔵庫の中のものをいったん外に出して、整理し入れ直している感覚ですね。
shelf は棚。bookshelf なら「本棚」ですね。bottom, middle, top のそれぞれの棚に何を入れているか説明しています。

dairy は「乳製品」。
expired products は「消費・賞味期限切れの製品」。
expire という動詞は自動詞で「(運転免許証などの)有効期限が切れる、満了する」。
My driver's license expires next month. なら、「私の運転免許証は来月切れる[期限切れになる]」という意味ですね。
自ら期限が切れちゃうもの、というよりも、誰かが抗力を失効させる気がするのですが、不思議とこの単語は「自動詞」なのですね。
フレンズ4-21その5 にも、
モニカ: You don't have a car. And your license expired. (レイチェルは車を持ってないでしょ。それに、あなたの免許は期限切れだし。)
というセリフがありました。

几帳面なロスの区分けに従って分けてみると、生鮮食料品系の棚がガラガラで、期限切れの食品ばかりがどっちゃり詰まってしまうところに、チャンドラーとジョーイの「賞味期限とかには頓着しない男」な感じが出ています。

ト書きでは、The shelf is jammed packd. と書いてありますが、通常は、jam-packed と表記するのが一般的かなと思います。
jam-packed は「ぎゅうぎゅう詰めで、すし詰めで」という意味ですね。
同じく「すし詰めで」という意味で使われるフレーズに、packed like sardines というものもあります。
sardine は「イワシ、サーディン」、sardines in oil は「オイル・サーディン、イワシのオイル漬け」ですね。
ですから、packed like sardines は、「缶詰のイワシのようにぎゅうぎゅう詰め[すし詰め]になって」という意味になります。

ちょっと脱線しますが、日本語の「すし詰め」の「すし」というのは、回転寿司とかの「すし(寿司)」ではなく、「塩や酢につけた魚肉」を指すようです。

三省堂 新明解国語辞典では、
すしづめ【鮨詰め・鮨詰】
入れ物に ぎっしり詰めた「すし1」のように、多くの人や物が、すきまも無く入っていること。
すし【鮨】
1 塩に漬けて醗酵(ハツコウ)させた魚肉。〔昔の「すし」は大部分、これ〕
2 握りずし・押しずし・散らしずし・五目ずしなどの総称。
(表記) 1は、「鮓」とも書く。また、売品としての2は、「寿司」という好字を用いることが多い。


広辞苑では、すしづめ(鮨詰)の鮨が何を指すかの説明は載っていないのですが、
すし【鮨】(「酸(す)し」の意」
2 酢に漬けた魚肉。また、魚肉を飯と共に圧して酸味を生じさせたもの。

という意味は載っています。

すし詰めの「すし」が「酢や塩につけて醗酵させた”魚肉”」を指すのであれば、保存のためにオイルにつけたオイル・サーディン(イワシ)と何だか似ている気がしますね。
ちょっと面白いなと思ったので、ご紹介してみました(笑)。


be bored out of one's mind について。
英辞郎では、
bored out of one's mind=《be 〜》心の底から飽き飽きする、ほとほとうんざりする
と出ています。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
bored out of your mind : (informal) extremely bored
つまり、「非常に・極めて退屈である」。

意味としては、英英辞典にあるように、extremely bored ということで問題ないと思うのですが、ちょっと気になったことがあるので、補足的に書いてみます。
(細かい話なので、興味のない方は飛ばして下さい)

out of one's mind だけだと、「気が狂った、頭がおかしくなった、常軌を逸した、正気を失った」みたいな意味になります。
正常な思考をつかさどる心(mind)の外に(出た)、という感覚から、そういう意味になるのでしょうね。

マクミラン(Macmillan Dictionary)では、
be/go out of your mind : (informal) to be/become crazy or confused
be/go out of your mind with worry/jealousy/boredom etc.
例) I'll go out of my mind with boredom if I have to stay in this job.

つまり、be/go out of your mind は、「クレイジーである/クレイジーになる、困惑している/困惑した状態になる」。
with worry/jealousy/boredom とくっついた形も紹介されていて、boredom 「退屈」が使われている例文は、「もし私がこの仕事にとどまらなければならないなら、私は退屈で頭がおかしくなるわ」。

また、LAAD に戻って、今度は go out of your mind を調べてみると、
go out of your mind also lose your mind : (informal) to start to become mentally ill or very worried, bored etc.
つまり、「精神的な病気になり始めること、または非常に心配したり、退屈したりするようになること」。

LAAD の語義では、go out of your mind のニュアンスに、bored も含まれているのですね。
「心ここにあらず」というくらい退屈極まりない、という感覚でしょうか。

DVD英語字幕では、I am bored out of my mind. と書かれていますが、ネットスクリプトでは、I am bored...Out of my mind. という表記になっていました。
bored out of your mind = extremely bored だとロングマンに載っているので、解釈としては「心底あきあきしている」という意味で良いと思うのですが、I am bored...Out of my mind. とディクテーションした方は、「僕は退屈で、頭がおかしくなってるんだ」、つまり、be out of my mind with boredom という意味に解釈したのかなぁ、とも思うのですね。
とにかく「退屈している」ということは間違いないので、意味としては大差はないのですが、細かいニュアンスで言うと、ここでの out of my mind には crazy のようなニュアンスが含まれているのかどうかが、個人的には少し気になりました。
(細かい話は以上です)


I've already been to は「すでに…に行ってしまった」という感覚ですね。
用事のある行くべき場所には全部行ってしまったので、行くところもないんだよ、という感じです。

spread out は「広げる、分散する」。
上のセリフのニュアンスも、やるべきことを一日にかためてしまわないで、一週間のうちにまんべんなく分散してやれよ、と言っているわけですね。

「経験」を尋ねる現在完了形の疑問文、Haven't you ever been...? を使って、今まで、unemployed 「失業した」という状態になった経験がないのか?とジョーイは尋ねています。
unemployed と言われたのが、ロスは聞き捨てならなかったようで、僕は unemployed じゃなくて、on sabbatical なんだよ、とジョーイの発言を否定しています。

ロスは前回のエピソードで、自分のサンドイッチを食べてしまった上司を大声で怒鳴りつけたため、仕事を休むように言われています。
だから僕は失業してるわけじゃないんだ!と言いたいようですね。

sabbatical は名詞で、「研究休暇、有給休暇」。
研究社 新英和中辞典では、
sabbatical 【名】【C】 研究休暇, サバティカル 《研究や旅行のため本来7年ごとに大学教授などに与えられる1年または半年の有給休暇》
Professor Robins is on sabbatical this year. 「ロビンズ教授は今年サバティカルです」 (注:on sabbatical は無冠詞)

と説明されています。

LAAD では、
sabbatical [noun] : a period when someone, especially someone in a college or university job, stops doing their usual work in order to study or travel
つまり、「誰かが、特に大学の仕事についている誰かが、研究したり旅行したりするために、通常の仕事をするのをやめる期間」。

この sabbatical という言葉は Sabbath の形容詞形です。
Sabbath は「(キリスト教・ユダヤ教の)安息日」。
ですから、Sabbatical という形容詞は「安息日の」という意味にもなるのですね。

それで、sabbatical という言葉を使ったロスに対してジョーイは、Don't get religious on me. 「俺に対して宗教的になるな、俺に宗教的な話をするな」みたいに返したようです。
ジョーイは大学の専門用語っぽい sabbatical の意味を知らなくて、安息日のことかと思った、ということでしょう。
宗教的な言葉で(比喩的に?)表現されても俺にはわからないよ、と言いたいようですね。
サバティカルを宗教用語と勘違いしているのがわかって、ロスも困惑の表情を浮かべているのですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:13| Comment(6) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

やっぱり8歳だった フレンズ5-9その7

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


フレンズ5-9その2 のセリフで、チャンドラーがモニカの部屋に忘れていった下着を見て、
ジョーイ: And tighty-whiteys! What are you, eight? (それに、白のブリーフって! お前は子供か?)
と言うセリフがありました。
その記事では、eight 「8歳」という年齢は「小さな子供、ガキ」というニュアンスで、フレンズでは何度もその意味で登場している、と解説しました。
今日は「フレンズ以外」で同じように「8歳」が使われていた例をご紹介したいと思います。


まず1つ目の作品。
映画「鉄ワン・アンダードッグ」(原題:Underdog)でのワンシーン。
ちなみにこの映画は、アメリカの昔のアニメ Underdog を、CGを使った実写版でリメイクした作品。
そのアニメのアンダードッグのキャラクターは、フレンズ1-9 で、感謝祭のパレードのバルーンで登場していましたね。

父(名前はダン)が拾ってきた犬が、言葉を話すスーパー犬だと知って、急に飼いたいと言い出す息子ジャック。
その父と息子の会話。
ダン(父): You told me you didn't want the dog. (お前は犬なんか欲しくない[飼いたくない]って言ってたじゃないか。)
ジャック(息子): Me? No way. I told you I've wanted a dog since I was, like, eight. (僕が? まさか。僕は犬がずっと欲しかった、って言ったんだよ、ほら、8歳の頃からね。)

このセリフは、8歳という年齢が、have wanted ... since 「…以来ずっと欲しかった」という現在完了形と結びつくことで、小さな頃からずっとそう思ってたんだ、というニュアンスがよく出ています。
「欲しくないって言ってたなんてとんでもない。ちっちゃーい頃からずーっと欲しいと思ってた、って言ったんだ」ということですね。


2つ目の作品。
カリフォルニアのオレンジ・カウンティの若者たちを描いた海外ドラマ「The O.C.」。
シーズン1第5話「アウトサイダー」(原題:The Outsider)では、その1話の中に2回、eight という言葉が登場します。

まずは最初の方。
セスは、IMAX(アイマックス)シアターを一緒に見に行かないかとライアンを誘うも、マリッサと約束してるからと断られてしまいます。
そこで、ライアンのバイト先の同僚ドニーを誘うセス。
セス: I have an extra ticket to the IMAX, Donnie. A shark movie, hammerheads, very violent. (IMAX シアターのチケットが1枚余ってるんだ。サメの映画だ、ハンマーヘッド(シュモクザメ)の。すっごく凶暴なんだよ。)
ドニー: What are you, like, 8? (お前は子供か?)

このドニーの返事は、日本語字幕では「サメ? ガキか」、日本語音声(吹替)では「お前、小学生か」と訳されていました。
やはり「小学生のガキ」というニュアンスで使われているようですね。
セスは富裕層のおぼっちゃまでオタク系、ドニーは貧困層でかなりのワルという設定なので、このセリフが余計に面白く聞こえるわけですね。
ドニーがそんな映画好きそうなはずないのに、無邪気にマニアックな映画に誘っているところに、セスの「何も知らないお坊ちゃまな感じ」が出ています。


The O.C. での2つ目の例。
今では裕福な生活をしているけれど、元々は貧困層出身のジュリー・クーパーが、富裕層出身のキルスティン・コーエンに対して、小さな頃の正直な気持ちを吐露するシーン。
ジュリーとキルスティンの二人は、リムジンの後部座席に並んで座っている状態で、ジュリーが以下のセリフをキルスティンに言います。
ジュリー: I remember as a kid, if I saw a limousine driving, I'd always try to see through the tinted window, wondering what kind of life the people inside lived. How glamorous and lucky. Who knew, right? You knew. You were probably in there, staring back at me. Which means I've been jealous of you since I was 8. (私、覚えてるの。子供の時、リムジンが走ってるのを見ると、いつも(中が見えないように)色のついた窓越しに中を見ようとしてたことを。その中の人はどんな生活を送ってるんだろう、って思いながら。どんなに華やかで幸運かって。誰が(その生活がどんな風かを)知ってたか、って? 知ってたのはあなたよ。あなたは多分、その(車の)中にいたのよ、(外で見つめる)私を見つめ返しながらね。それはつまりこういうことよ、私は8歳の頃からあなたをずっと妬(ねた)んでいたの。)

ジュリーは小さい頃は貧しくて、リムジンにはどんな人が乗ってるんだろう、その人はどんな素晴らしい生活をしてるんだろう、と妬む側の立場だった、と言っています。
キルスティンはそういうリムジンに乗っている側の人間だった、だから私は、あなたに出会うずっと前の、小さな子供の頃から、あなたに嫉妬していたことになるのよ、と言っているのですね。
これも初めてそういう嫉妬を覚えたのが8歳だと正確に覚えていたわけではないでしょう。
貧富の差みたいなものを認識できるようになった子供の年齢として8歳という数字が挙げられているのでしょうね。
ほんとに小さな頃から富裕層の人に対してはそういう感情を抱いていたから、そういうことに関する気持ちはものすごく複雑で根が深いものがあって簡単には片づけられないのよ、みたいな気持ちも込められているセリフになっていると思います。

…ということで、上に上げた例でも、eight 「8歳」という言葉はそれぞれ、「お前はガキか?」的にバカにしたセリフであったり、「小さな子供の頃から」というニュアンスで使われていたりしますよね。
フレンズのセリフと同様、「ガキ、小さな子供」というニュアンスで 8 (eight) という年齢を使う例は他にもありました、というご報告でした。


ついでに、「どうして 7歳(seven)や9歳(nine)ではなくて、8歳(eight)なのか?」ということについては、あくまで私見ながら、この単語の中では、eight が一番発音しやすい、発音がラクだからかなぁ、という気がしています。

seven だと v の音を発音する時に、「前歯を下唇に乗せる、当てる」という口の動きが必要です。
また、nine の n- は日本人が考えるよりもずっと力の強い音で、「鼻に抜く」音ですよね。
(強い音だからこそ、not, no などの否定語に使われているのだろうと思いますし、would と wouldn't の聞き分けも、n- が聞こえるか聞こえないかで判断することができる、ということだと私は思っています。)

それに比べると、eight の発音は、語尾の -t という破裂音は消失してしまうので、日本人がカタカナで書く「エイト」ではなく、「ィ」のような発音になります。
そのように発音を比較しても、「エィ」が断然ラクだと思えますから、それでやたらと eight が使われることになるのかなぁ、と。


「なぜ”8歳”なのか?」を追求すること自体はあまり意味のないことかもしれませんが、こういう場合に英語ではよく eight という数字を使う、ということを知ることは無駄だとは思いません。
自分の知り合いのネイティブがたまたま eight と言っただけであれば、その人の言い回しの癖みたいなものである可能性もありますが、Friends, Underdog, The O.C. と、それぞれ監督も脚本家も違う作品で、eight が同じニュアンスで使われていたということであれば、「英語ではそういう言い回しをするんだな」と判断しても構わない、という気がします。
私はそうやって「自然な英語」を学んできた気がするのですね。

「フレンズ以外でも、やっぱり8歳って言うのかな?」とずっと疑問に思っていた謎が、たまたま他の作品を見ることで解決できたことが嬉しかったので、ご報告も兼ねて記事にさせていただきました。
やはり「生きた英語の宝庫」であるドラマや映画は、私にとって何よりの英語の先生であると、今回しみじみ思いました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 09:05| Comment(4) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

思い出の品としてとっておく フレンズ5-9その6

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は1位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


モニカはセントラルパークで、チャンドラーに自分の裸の写真を渡します。
チャンドラーはそれを雑誌に挟み、自分の家のカウンターに置いておいたのですが、ジョーイが偶然それを発見。
最初は驚いていたジョーイですが、それから「ほぉー」みたいにニヤニヤしてその写真に見入っていたところを(笑)、後ろから近づいてきたレイチェルに気付かれてしまいます。
フレンズみんなが集まってきて、ジョーイを変質者(pervert)呼ばわりするのですが、チャンドラーはジョーイのことを、a sex addict 「エッチ中毒(者)、エッチ依存症」だと説明して、その騒ぎを収めようとします。
何でもかんでも自分のことにされるのはもうごめんだ、とばかりに、ジョーイはこれが真実だ、と言って、みんなに、"I slept with Monica." 「俺はモニカと寝た」、"We just did it once in London." 「ロンドンで1回やった(エッチした)」と言ったため、その場が凍り付いてしまいます。

レイチェル: Monica, is this true? (モニカ、これは本当なの?)
ジョーイ: Of course, it's true. How else would you explain all the weird stuff that's been going on? (もちろん本当さ。ずっと起こっている奇妙なこと全部を、他にどうやって説明できるんだ?)
モニカ: Yes, it's true. (えぇ、本当よ。)
レイチェル: Okay, but if it only happened that one time, how come we found your underwear in our apartment the other day? (いいわ、でも、それが起こったのが、その一度だけだったなら、どうして、この前、私たちの部屋であなたの下着を見つけたの?)
ジョーイ: Ahh? Oy! That was the underwear I was wearing that night in London. Right, Monica? (あー、ほら! それは、あの夜、俺がロンドンではいていた下着だったんだ。そうだよな、モニカ?)
モニカ: I guess I wanted to keep it (Pause) as a souvenir. (それを取っときたかったんだと思うの…記念の品として。)
ロス: My God, Monica!! (なんてことだ、モニカ!)
チャンドラー: Are you sure, Joe? Are you sure you're not just a sex addict? (確かか、ジョーイ? お前がエッチ依存症じゃないってのは確かか?)
ジョーイ: No! If anyone's a sex addict here, it's Monica! Yeah. Yeah. She has been trying to get me back in the sack ever since London! (違うよ(おれはエッチ依存症じゃないよ)! もしここで、誰かがエッチ依存症なら、それはモニカだ! そうだよ、そうさ。モニカは、ロンドン以来ずっと、俺をベッドに連れ戻そうとし続けてたんだ。)
フィービー: So that's why she gave you a naked picture of herself. (それじゃあ、そういうわけで[だから]、モニカはあなたに自分の裸の写真を渡したのね?)
ジョーイ: That makes sense! (それならつじつまが合うだろ!)
レイチェル: And the video camera? (それで、あのビデオカメラは?)
ジョーイ: Uhh, Monica? (あー、モニカ?)
モニカ: I guess I set up the video camera to try and entice Joey. (ジョーイをそそのかそうとしてビデオカメラをセットしたんだと思うの。)
ジョーイ: But, sadly, I could not be enticed. (でも、悲しいかな、俺はそそのかされなかったんだよね。)
ロス: Unbelievable! I mean you really kept Joey's underwear? Why? Why would you do that? (信じられないよ! だって、モニカはほんとにジョーイの下着を持ってたのか? どうして? どうしてそんなことをしたんだよ?)
モニカ: I'm Monica. I'm disgusting. I stalk guys and keep their underpants. (モニカだもの。私は最低なの。男をストーカーして、その人の下着をとっておくのよ[とっておくような人間なのよ]。)

ジョーイの「モニカと寝た」という発言を聞いて、信じられないという顔でモニカに真偽を問うレイチェル。
モニカが答える前にジョーイが、「本当に決まってるさ、それ以外にこの一連の奇妙な出来事を説明する方法なんかないもんな」みたいなことを言っていますね。
ジョーイの発言を認めたモニカですが、レイチェルはまだ食い下がります。
ロンドンで1回エッチしただけなら、つまり、モニカの部屋でエッチしたんじゃないのなら、どうしてあの部屋にジョーイの下着があったわけ?という質問です。

ジョーイも自分の名誉を守るために必死なのか、今回はやたらと冴えまくっていますね(笑)。
レイチェルが見つけた下着は、俺がロンドンではいてたものだ、と説明します。
そうだよな!という感じで、パンと勢いよくモニカの背中を叩くジョーイ。
チャンドラーと付き合っているという事実を絶対に知られたくないモニカは、何とかそれに合うように話を作らなければなりません。
それでしぶしぶ、「その下着を記念の品として取っておきたかったの」と言うはめになります。

souvenir は「おみやげ、記念品」。
研究社 新英和中辞典では、
souvenir=(旅行・場所・出来事などの思い出となるような)記念品、みやげ
(語源) フランス語「思い出す」の意

と出ています。
まさに、ロンドンでのジョーイとの一夜の思い出として…みたいな感じで取っておいたの、というニュアンスになりますね。

話が変な方向へ行きそうなので、チャンドラーはまた、ジョーイは a sex addict 「エッチ依存症」だ、という方向に話を戻そうとしますが、逆に、「ここにエッチ依存症がいるとしたら、それはモニカだ!」と言われてしまいます。

sack は「寝床、ベッド」という意味。
ですから、get me back in the sack は「俺をベッドに連れ戻す」みたいな感じですね。
has been trying は、継続を表す現在完了進行形ですから、ロンドン以来、ずーっとトライし続けていた、というニュアンスが出ます。

That's why は、「それが…の理由である」。
モニカがジョーイを誘おうとしていたことが、裸の写真を渡した理由なのね?という感覚です。
モニカはそういう気持ちだったから、「だから、そんなわけで」写真を渡したのね、ということになります。
make sense は「意味をなす、道理にかなう、筋が通っている、つじつまが合う」。
そういうことなら全てすんなり納得できるだろ、みたいな感じですね。
レイチェルは今度はビデオカメラについて尋ねます。
ジョーイはまたモニカの背中をパンと叩いて、その件はモニカから説明させようとします。

entice は「(人)をそそのかす、うまい話で釣る」。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
entice : to persuade someone to do something by offering them something nice
つまり、「何か良いものを提供することで、誰かに何かをさせるように説得する[勧める]こと」。

英辞郎の entice の語義説明によると
(entice は) seduce に比べて性的な意味合いは弱い。
とあります。
seduce は「性的に誘惑する」という意味で、フレンズ2-23その27 や、フレンズ4-16その4 でもそういう意味で出てきました。

英辞郎でも比較されているように、entice と seduce は意味的には近い言葉ですが、ここでのモニカは、嘘とはいえ、seduce Joey とは言いたくなかったのかもしれませんね。
例えば日本語の場合でも、「彼を誘惑する」と表現すると、少し性的なイメージが湧いてしまうので、そういう関係を他人にリアルに想像されたくない相手の場合は、「彼を誘う」程度に表現を押さえるような気もします。
ジョーイが、get me back in the sack と、直接的な表現をしたので、モニカの方はあまり生々しい表現にならないように必死に押さえようとしているのかな、と思いました。

またここで、モニカのセリフ2つ(I wanted to keep it as a souvenir と、I set up the video camera の文)のどちらにも、I guess がついているのにも注目してみましょう。
I guess は、I think を口語っぽく言ったもので、「…(だと)思う」という意味。
フレンズでも、I think と同じような意味でよく登場しますね。

ジョーイと寝たということにされて、その過去の出来事をモニカの口から説明する際に、I guess と最初に言ってから内容を説明しているわけですが、I guess をつけることで、ちょっとワンクッション置いて、ダイレクトになりすぎないようにボヤかしている印象を受けます。

「あの時の私は常軌を逸していた、どうかしていた」と言いたくて、自分のその時の気持ちや行動を回想するような感じで、距離を置いて話している。今の自分にはその時の気持ちや行動はとても理解できないけれど、今思うと、多分そういうことだったんだろうと思うの…的に話している感覚なのかな、と思いました。

下着を記念に取っておいただの、誘惑するためにビデオカメラをセットしただの、と聞いて、兄であるロスは、信じられない!と叫んでいます。
なぜそんなことを!と言われたモニカの返事は、どこかで聞いたようなセリフ…ですね。

過去記事、フレンズ5-9その1 で解説したように、下着はジョーイのものと言われた時に、同じようなセリフをジョーイが言っていました。
その後、ビデオカメラの罪を着せられた時も、それと同じような、以下のセリフを言っていました。
ジョーイ: I'm Joey. I mean, I'm disgusting. I make low-budget adult films. (俺はジョーイだ。つまり、俺は最低なんだよ。俺は低予算のアダルト映画を作るんだ[作るような人間なんだ]。)

そして、ここで最後にモニカがそのセリフを言うことになってしまった…というオチですね。

このように「同じようなセリフを繰り返すジョーク」というのは、誰かが直前に言ったセリフを繰り返したのであれば、そこに気付く人は多いですが、今回のこの3つのセリフは、かなり時間的に離れています。
1つ目はオープニング前、2つ目はアドブレイク(コマーシャルブレイク)前、そして今回のモニカのセリフがエンドクレジット前、と、見事なまでに離れているのですが、そのセリフの2回目、3回目の登場で笑えてしまう、ということは、そのセリフが「言葉」としてきちんと記憶に残っているということですよね。

そういう「記憶の保持、保持力、記憶力」のことをリテンション(retention)と言いますが、英検について書いた過去記事、リテンションが物を言う 1級一次(リスニング編)その2 でも触れたように、リスニングにおいてはそういう「リテンション」の能力が非常に大切だと思っています。
こういうストーリーのあるコメディで笑えるかどうかも、そういうリテンションが大きくものを言います。
忘れた頃に登場する「またその話かい!」的なノリのセリフに笑うことができるリテンションの力をつけることが、私が考える「シットコムで笑え!」というスローガンの意図するところでもあります。

また、ジョーイの "I slept with Monica." が、形勢逆転のターニングポイントになったことで思い出すことがあります。
今回のエピソードのオープニング直前のやり取りは(ブログでは解説していませんが)、以下のようになっていました。

モニカ: We'll try to be more careful, okay? It's just that, we don't want everyone to know because this is going really well. And maybe the reason it's going really well is because it's a secret. (私たち、もっと気をつけるようにするわ、ね? ただこういうことなのよ、この今の関係はほんとうにうまく行ってるから、誰にも知られたくないの。そして、多分、うまく行っている理由は、それが秘密である[秘密にしてる]からよ。)
チャンドラー: I know it sounds really weird, but we're just so bad at relationships. (ほんとに変な風に聞こえるってわかってるけど、でも、俺たち、恋愛関係ってのがすごく苦手なんだよ。)
モニカ: We are! Help us! (そうなの(苦手なの)! 私たちを助けて!)
チャンドラー: Help! (助けてくれよ!)
ジョーイ: All right. But, (To Monica) you do it with me once. (わかったよ。でも、[モニカに] モニカは俺と1回やるんだ。)
モニカ: Joey! (ジョーイ!)
ジョーイ: Didn't think so. (そんなこと、思ってなかったさ。)
と言って立ち去る。

do it は「エッチする」という意味で、You do it with me once. は、Do it with me once. という命令形に、強調のための主語 you がついた形。
直訳すると、「モニカは俺と一度エッチしなさい」みたいなことですが、お下品に言うと、「1回やらせろ」みたいなことですね(笑)。

「何てこと言うの! ジョーイ!」みたいにモニカが非難したので、Didn't think so. つまり、I didn't think so. 「俺はそんなこと、別に思ってなかったさ」と言って、ジョーイは自分の寝室へと向かいます。
意味としては「本気にするなよ、冗談で言ってみただけさ」みたいな感じのセリフですが、ジョーイが自分の部屋に向かう時の顔を見ると、何だかぶすっとしていて不機嫌で(笑)、「この状況でそう言ってみたら、あわよくばモニカと寝れるかも…」みたいに思っていたのでは?という印象を受けます。
「どさくさに紛れて言ってみたけど、ちぇっ、やっぱりムリだったか」みたいなのがジョーイの本音なのでしょうね。

そんな風に冒頭で、「黙っててやるから1回やらせて」みたいに言っていたという経緯があって、このエピソードの最後に、もちろんほんとに寝たわけではないけれど、「モニカと1回寝た」と嘘をつくセリフが登場するのですね。
その嘘でチャンドラーとモニカの仲を隠すという結末になっているわけですが、さらっと言っていた冒頭のジョーイのセリフも、この最後のオチに繋げるための伏線だったのかな、と考えるとなかなか興味深いです。
レイチェルたちへ語った架空の話の中では、まさに、黙っててやる代わりに「モニカとやった」ということになっている、そういう皮肉な結末に、フレンズの脚本の奥深さを感じた気がして、面白いな、と思いました。


(Rach からのお詫び)
いただいたコメントへのお返事は、もうしばらくお待ち下さいませ。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 07:58| Comment(0) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

何かに例える、なぞらえる フレンズ5-9その5

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


ニュー・スクール大学で、文学講座を一緒に受講しているフィービーとレイチェル。
レイチェルは、家で本を読んでくることもせずに、フィービーに内容を尋ねます。
あらかじめ読んできて自分なりの意見をまとめてきていたフィービーは、レイチェルにそれを話して聞かせます。が、その意見をまるで自分が考えたように発表したレイチェルを見て激怒。
その次の回、また懲りずに「ジェーン・エア」ってどんな人?と尋ねてきたレイチェルに、「ジェーン・エアは実はサイボーグなの」とフィービーは嘘の情報を教えます。
その情報を信じたレイチェルが、先生の前で自説を発表した後のシーン。
(2011.1.15 追記)
上であらすじとして説明している部分のやり取りを、以下の記事で追加説明しています。
光年は「距離」だけど… フレンズ5-9その8
(追記はここまで)

[Scene: Monica and Rachel's, Rachel and Phoebe are returning from class.]
モニカとレイチェルの部屋。レイチェルとフィービーは講座から帰ってきたところ。
レイチェル: (entering, angrily) Ugh, that was so embarrassing! I can't believe you let me go on and on and on like that! ([怒りながら入ってきて] あー、さっきのはすっごく恥ずかしかったわ! あなたがあんな風に私に延々、話を続けさせたなんて信じられない。)
フィービー: (smiling) I'm sorry. It was just so funny when you started comparing Jane Eyre to Robocop. ([微笑んで] ごめんなさい。あなたがジェーン・エアをロボコップにたとえ[なぞらえ]始めた時、ただすっごく面白かったもんだから。)
レイチェル: That was not funny! (あんなの面白くないわ!)
フィービー: Well, I snapped, okay? You weren't taking the class seriously. (そうねぇ、私はキレちゃったのよ、いい? あなたはあの講座を真剣に受けてなかったもの。)
レイチェル: Phoebe, come on! What is the big deal? I thought this was going to be something we could do together, y'know? I thought it would be fun! (フィービー、いい加減にしてよ! 何を大騒ぎしているの? これが、私たち二人が一緒にできる何かになるって思ってたのに、でしょ? 楽しいものになるって思ったのに!)
フィービー: Well, yeah! Fun is good. But y'know I also wanted to learn. Y'know, people are always talking about what they learned in high school and I never went to high school. (えぇ、そうね! 楽しいのはいいことよ。でも、ほら、私は同時に学びたかったの。ほら、みんないつも、高校で何を習ったかについて話してばかりいるでしょ。で、私は高校には行ってなかったから。)
レイチェル: Ohh. Oh, so you really wanted to learn. Yeah, y'know, Pheebs, I just wanted to have fun. Ohh, you know who you should go with? (あぁ。あぁ、それじゃああなたは本当に学びたかったのね。そうよ、フィービー、私はただ楽しみたかっただけなの。あ、あなたが一緒に行くべきなのは誰かわかる?)
[Scene: The Class; Monica has taken Rachel's spot.]
(画面が急にカットして)その文学講座。モニカがレイチェルの場所に座っている。
モニカ: (yelling and waving her hand in the air) I know! I know! I know! ([叫んで手を空中でひらひらさせて] 知ってる! 知ってる! 知ってる!)
先生: Monica, you asked the question. (モニカ、君がその質問をしたんだよ。)
(She sits back defeated, and Phoebe groans with disgust.)
モニカは敗北したように[がっかりしたように]椅子の背にもたれる。フィービーは嫌悪したようなうめき声を上げる。

レイチェルは、すっごく恥ずかしかった、と言ってプリプリしながら部屋に入ってきます。
that や like that は、文学講座での様子を指していますね。
you let me go on and on and on like that! の go on は「…を続ける、…し続ける」「言い続ける、話し続ける」など、何かを続けているニュアンス。
その go on を、go on and on and on のように何度も on を繰り返す表現にすることで、「延々と、長々と、くどくどと、話し続ける」というように、その続けるという行為が、かなりの時間、継続して行われていたニュアンスを出すことができます。
英語では、over again 「さらに繰り返して」をさらに強調して、over and over again 「何度も繰り返して、何度も何度も」と表現することもありますが、それと同じ感覚ですね。

その前の文学講座のシーンでは、レイチェルが robot という単語を出したところで場面が終わっていました。
ですから実際にレイチェルがどういう自説を述べたのかはこの時点ではわからないのですが、今のこのレイチェルのセリフから、そのロボットネタで、レイチェルが延々話を続けていたらしいことが想像できますね。

レイチェルは恥をかかされた、どうして止めてくれなかったのよ!と激怒していますが、フィービーは楽しそうに微笑んでいます。
止めなかった理由として、「だってすごく面白かったんだもん」と言っていますが、何が面白かったかの説明がその後の when 以下で語られていますね。

compare は「比較する」という意味で、「A と B を比較する」という意味だと、compare A with B, compare A to B のように、with や to の前置詞が使われます。
また、compare A to B の形は、「比較する」という意味以外に、「A を B に例える、なぞらえる(準える・擬える)」という意味にもなります。
A は B に似ているという「類似」を示す表現ですね。

今回のセリフも、ただ単に「ジェーン・エア」と「ロボコップ」を「比較した」というよりも、ジェーン・エアはサイボーグだと思い込んでいるレイチェルは、それがまさにロボコップのようだと思ったので、ジェーン・エアをロボコップになぞらえて、延々話を続けていた、ということになります。
今さらですが、「ジェーン・エア」については、以下のウィキペディアで。
Wikipedia 日本語版: ジェーン・エア
シャーロット・ブロンテの小説ですね。
今回の文学講座では、「嵐が丘」に続いて、ブロンテ姉妹の作品が取り上げられているのもポイントです。

「ロボコップ」は日本でも有名な映画ですね。
Wikipedia 日本語版: ロボコップ
サイボーグになった、文字通り「ロボット警官(ロボコップ)」のお話です。

snap は「キレる」というニュアンス。
snap one's fingers なら「指をパチンと鳴らす」で、snap には「パチン、ポキッ、パクリ、カチッ」などの音のイメージがあります。
フレンズ1-10その2 でも「キレる」という意味で出てきました。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
snap : BECOME ANGRY/ANXIOUS ETC. [intransitive] to suddenly stop being able to control your anger, anxiety, or other feelings in a difficult situation.
例) When he hit me, I just snapped.


つまり、「怒る、心配になる、など。難しい状況下で、自分の怒りや心配や他の感情をコントロールできる状態を突然やめてしまうこと」。
例文は、「彼が私を叩いた時、私はキレてしまった」。

レイチェルが怒るのもわかるけど、私はあの時、怒ってキレちゃってたのよ、という感じです。
レイチェルが真面目に講座を受けてなかったから、不真面目だったから、というのがその理由ですが、レイチェルは What is the big deal? と言って怒っています。
big deal はフレンズ頻出表現ですが、「おおごと、一大事」。
直訳すると、「何が、おおごとなの?」ということですから、講義を真面目に受けていなかったってことが、そんなに大袈裟な話なの? みんなの前で私に大恥をかかせてもいいと思えるくらい、重大な話なの? 授業を真面目に受けてないくらいのことで、それがどうしたっていうのよ、というところです。
I thought this was going to be something we could do together を上では「私たち二人が一緒にできる何かになるって思ってたのに」と直訳しましたが、つまりは、女の子がよく言う「二人で一緒に何かやりましょ」っていうやつになると思ってたのに、という感じですね。
「一緒に仲良く楽しく何かをしよっ!」って思ってただけなのに、フィービーは私がちょっとサボったくらいでそんなに目くじらを立ててカリカリするから…とボヤいているわけです。

フィービーはそこで本音を語っていますね。
「楽しいのもいいけれど、私は学びたかった、勉強したかったのよ」と。

people are always talking about what they learned in high school という文では、always と現在進行形が使われていますね。
このように、現在進行形に always がつくと、「しょっちゅう…してばかりいる」というニュアンスが出ますね。

研究社 新英和中辞典でも、
always=[通例進行形に伴って] いつでも、しょっちゅう (注:しばしば話者の不満・怒りなどの感情が入ることがある)
と説明されています。

数研出版「基礎と完成 新英文法」の p.103 でも、現在進行形の用法として、
<絶えず継続している動作>
always (いつも)、continually (絶えず)、for ever (始終) などの副詞語句と共に用いられる。一種の”誇張”表現で、しばしば<不快・いらだち>などの感情的色彩を伴う。

という説明があります。

She's always complaining. 「彼女はいつも文句ばっかり言っている」などはその典型例ですね。

フィービーは高校生くらいの年齢の時、ストリートで路上生活をしていた、という話はこれまでにも何度も出てきました。
だからフィービーは高校には行っていないのですね。
このフィービーのセリフも、「みんな、何かっていうと、高校時代に何を習ったとかの話ばっかりしてさぁ…」みたいな不満が出た愚痴のセリフだということでしょう。

その話を聞いて、レイチェルは、自分とフィービーの求めていたものが違っていたことを悟ります。
レイチェルは女の子がよく考えるように、ただ誰かと一緒に何かをして楽しみたかっただけ、なのですね。
勉強など嫌いそうなレイチェルですから(笑)、フィービーのように真剣に文学について学びたかったわけではない、ということです。
その後、レイチェルは、フィービーが一緒に行くべき相手を急に思いついたような発言をしています。
それが誰か、をセリフで説明する間もなく、突然画面が切り替わり、威勢よく手を挙げて、I know! と繰り返し叫んでいるモニカが映るのにはやはり笑ってしまいます。

モニカなら何かを真面目に学ぶ、とかに興味がありそう…と二人は考え、それでレイチェルの代わりにモニカが行くことになったようですが、その辺の経緯は一切見せず、いきなり張り切りすぎのモニカを見せる、というカットの妙ですね。
モニカの場合は必要以上に頑張りすぎちゃって、レイチェルとはまた別の意味で困った連れになってしまっている、という面白さです。

I know! はモニカお得意の口癖ですね。
何人かで授業を受けているのに、「私、それ知ってる、知ってる!」みたいに一人だけ大声で叫んでいるのもちょっとKYな感じなのですが、次の先生のセリフで、さらにモニカの困ったちゃんぶりが明らかになります。
You asked the question. というのは、つまり、You are the one who asked the question. のようなニュアンスで、「君は答えを知ってる知ってると騒ぐけど、元々その質問をしたのは君自身じゃないか。質問をした張本人なのに、自分で質問して自分で答える、っていうのはやめてくれないかな」と先生は言っているのですね。
得意気に答えようと張り切っていたモニカは、そのように言われて、えーっ?みたいに、ぶーたれた顔をし、そういうモニカの様子を見たフィービーはげんなりしているわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:39| Comment(4) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

リスニングの脳内処理

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


フレンズ5-1その7 のコメント欄 で、「ネイティブはリスニングの時に 100% 音が取れているのかどうか」という話題が出ました。
それについて、私になりにいろいろ考えてみましたので、今日はそれを記事として投稿したいと思います。


私はリスニングをする際には常に、「音がどれだけ拾えるか?」ではなくて、「音だけで意味がどこまでわかるか?」という部分を重要視しています。
結局、リスニングは「聞いて意味がわかるかどうか?」が大事だからです。
Rach流DVD学習法と称した自身の学習法での第一段階が、「ネタバレ禁止状態で、英語音声、字幕なし」なのもそのためですね。
何の予備知識もなしに、映像と音だけでどれだけ話の流れ、セリフの意味がわかるか、を確かめたいからです。
家で TOEIC の問題集を使って、リスニングの問題を解く時に、先に解答編の英文スクリプトや日本語訳を読んでから取り組む人はいませんよね。
それだとカンニングしたのと同じことになってしまいます。
ドラマで英語を学ぶ時も、私は同じやり方をしている、ということです。
他の情報を遮断することで、(映像はついていますが)音だけでどこまでわかったかがはっきり認識でき、そこで自分の弱点に気付けるからです。

海外ドラマのセリフは、TOEIC のナレーションに比べて、ずっとラフで早口で不明瞭です。
それをリスニングする際には、全ての音が完璧に拾えなくても、重要な言葉を英語の語順で理解する能力があれば、だいたいの意味は取れるはず、と私は思っています。

私は、「時々聞こえない音もあるけれど、それでも意味はわかる」という部分が大切なのだと思っています。
日本人はどうしてもあの「音」に対する苦手意識があるせいで、「あの音さえ全部拾えれば、あの音を全部文字化できれば、意味がわかるに違いない」と思ってしまいがちですが、音から文字化してそれから意味を取る、のではなくて、音と状況から意味を判断して「ここではこれしかありえないだろう」という適切な単語を選択し、あの音を文章化する、というのが、ネイティブがやっている脳内作業のような気がしています。

ネイティブには、「スクリプト通りに音が聞こえる」というよりも、前後の状況や文脈を考えて、ここでこの音だったらこの文章しかあり得ない、というものを文字にしている、という気がするのですね。
例えば、誰かが何か言いかけて絶句している時、音としては本当に最初の部分しか聞こえていなくて、実際にも最後まで言い切っていない場合でも、何を言おうとしたか、どんな単語が来るはずだったかわかる、ということがあります。
実際には音としては、途中までしか聞こえていないものを、ネットスクリプトでは完全な単語として書いてあるものもありますが、それも、「音」ではなく、話の流れからその単語だと決めているわけですよね。


これまでフレンズのセリフを解説してきて、「聞き間違い」が絡むやり取りがいくつかありました。
以下に思い出したものをいくつか挙げてみます。

フレンズ1-4その1
omnipotent を impotent や I'm impotent と聞き間違える。

フレンズ2-14その13
accept that を except that と聞き間違える。

フレンズ3-4その20
lose her を loser と聞き間違える。

どうして聞き間違えることになったのかは、過去記事の解説を読んでいただきたいのですが、全般的に言えることは、聞く方の知識・考え・意図が聞き取りの結果に影響する、ということですね。

1-4 は、ジョーイは恐らく omnipotent という言葉になじみがなくて、自分の知っている impotent という言葉にしか聞こえなかった。
2-14 は、レイチェルがまさかそんなことを言うとはロスは夢にも思っておらず、自分の都合のいい方に音を解釈してしまった。
3-4 は、はからずも、レイチェルがチャンドラーのことを loser だと内心思っていたことがバレてしまった。
と分析できるでしょう。

もちろん、上に挙げた例は、ドラマとしてストーリーを展開させるための、通常ではあり得ないような聞き間違い、なのかもしれません。
ですが、聞く側の意識の違いによって、同じ音が別の言葉に聞こえてしまう、ということはあり得ると思うのです。


私はこのブログの原稿を書くために、まず最初に、「ネットスクリプトとDVD英語字幕を突き合わせて、一番、実際の音声に近いと思われる形に修正する」という作業をしています。
そういう突き合わせをしていると、ネットスクリプトとDVD英語字幕の不一致をしばしば発見するのですが、ただのタイポ(タイプミス、書き間違い)だけではない、リスニング面において興味深いと思われる事例にも遭遇します。
以下、そういう例を3例挙げてみます。

今、解説している フレンズ5-9 のエンドクレジットの時のセリフに、
モニカ: I just convinced Carl to give us a test next week.
というセリフがあるのですが、
DVD英語字幕では、Carl になっていて、ネットスクリプトでは、Paul になっていました。
ただのタイポと言ってしまえばそれまでですが、実際に音を聞いてみると、早口な上、不明瞭で、字幕通り、Carl と言っていると思えるけれど、Paul と聞き間違えても無理はない、みたいな微妙な音なんですよね。
この一つの例から、何かの結論を導き出すのは危険かもしれませんが、一つの仮説として、ネイティブでも不明瞭な音はやっぱり聞き取りにくい、ということは言える気がします。

また、次に解説する予定の フレンズ5-10 では、
who can say "Merry Christmas" in 25 languages というフレーズが出てきますが、
DVD英語字幕では、say になっていて、ネットスクリプトでは、sing になっています。
say でも sing でも、文としては成立しますよね。
音はやはり say と言っているようですが、s- の音を聞いて、sing と聞き間違えるというのも、文章がそれで成り立つだけに、ごく自然な聞き間違いと言える気がします。
ここでも、「音を全て聞き取っている」というよりも、「聞こえた s- の音から文脈に合う動詞を選んでいる」という気がするのですね。

また、過去の例では、フレンズ3-23その2 の、
DVD英語字幕では、weird things 、それがネットスクリプトでは、rear things になっていた、というのもありました(w- と r- の音は意外と良く似ています)。

このように、やはりネイティブでも不明瞭な発音は聞き間違えるし、実はかなり文脈から判断している場合も多いのでは?と思うのですね。
もちろん、聞き間違える場合でも、やはり、ある程度文脈に合う、意味のある言葉に聞き間違えているところが「さすがはネイティブ」なのだと思います。
無意識のうちに、音を自分の知っている言葉に結び付けてしまうのが、言葉を聞く時に行う脳の作業だからなのでしょうね。

その話されている内容から判断して、聞こえた音から元の単語や文章を瞬時に復元できる、それがネイティブなのでしょう。
日本語も同音異義語が多いですが、それを瞬時に判断することができるのも、音と内容から適切な単語を頭の中で選択することができるからですよね。
英語ネイティブは、私のように大人になってからリスニングをトレーニングした日本人の英語ノンネイティブよりも、明らかに音の聞き分けは優れているはずですが、「音」そのものをかなりの部分聞き取っているのに加えて、「聞こえた音から適切な単語を判断する」能力に長けている、ということだと思います。

単語の選択だけではなく、その音から文を復元するのに、文章として成り立つもの、意味として通じるものをきちんと瞬時に形成できる、という文章構成力もあるでしょうね。
それは、ずっと母国語としてその言語を聞いて育ってきたお陰で、音と言葉の結びつきがデータベースとして蓄積されているからでしょう。
音に対する慣れと、これまでに蓄積された知識、文章構成力がリスニングの精度を上げるのですね。
不明瞭で聞こえない部分をそれらが補完してくれるのです。

ですから、日本人がリスニング力を上げたいと思う場合も、もちろん「本物の英語の音」を聞き、それに耳を慣らすことが大事なのは言うまでもないですが、多くの英語の文に触れて、自然な英文の構造をたくさん学ぶことで、断片的に聞こえてくる「音」から、その文脈にあった自然な英文を作り上げることができる能力も必要になってくると思います。
聞こえてきた音を文にできるのは、耳の良し悪しではなく、英文の構造を理解し、その構造を音から復元できる力だ、と言える気がします。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 11:58| Comment(9) | 英語学習のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

クローゼットからカムアウト フレンズ5-9その4

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は2位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


ジョーイはシンシアという女性を連れて部屋に帰ってきます。
ドアを開けるとそこにはビデオカメラが設置されていました。
それは、チャンドラーとモニカが自分たちのために設置したものだったのですが、シンシアはジョーイが設置したと誤解して、「初デートのエッチを録画するつもりだったの?」と怒って出て行ってしまいます。
その様子をレイチェルにまで目撃されてしまったジョーイ。
またチャンドラーにお願いされて、渋々自分がやったとレイチェルに認めたジョーイですが、レイチェルが去った後、チャンドラーとモニカに怒りをぶつけます。
ジョーイ: You guys promised you'd be more careful! I mean, come on! The good Joey name is being dragged through the mud here! (もっと気をつけるって、お前ら約束しただろ! もう、いい加減にしてくれよ! 良きジョーイの名前がここで泥に引きずり込まれてるよ。)
モニカ: We're so sorry. (私たち、ほんとにごめんなさい。)
チャンドラー: Yeah. (ああ。)
ジョーイ: Well, I'm telling everyone about you! That's the only way to explain the underwear and the video camera that doesn't make me look like a pig! (あぁ、お前(たち)のことをみんなに言うからな! あの下着とビデオカメラのことを説明するのに、俺がブタみたいに見えないようにする、それが唯一の方法なんだ。)
チャンドラー: No, no, wait! There's got to be a better explanation. You could tell them you had to make an adult film for your... (Thinks) adult film class. (だめ、だめだ、待ってくれ! もっといい説明があるはずだ。ジョーイは、アダルト映画を作らないといけないんだ、って言えるぞ… [考えて] アダルト映画の講座のために。)
ジョーイ: Yeah, I like that. But no, no. How does that explain why Rachel found my underwear at your place? (あぁ、それはいいな。でも、だめだ、だめだ。レイチェルが俺の下着をモニカの家で見つけたことを、そのことがどう説明するんだ?)
チャンドラー: Oh? I don't know. (ああ? わかんない。)
ジョーイ: Well, get ready to come out of the non-gay closet! (なぁ、ゲイじゃないってことをカミングアウトする準備をしろよ。)
モニカ: Okay, just wait, please. I promise we'll come up with something. Just give us a little more time. (わかったわ。ちょっと待って、お願いよ。二人で何かの案を考えるって約束する。ただ私たちにもう少しだけ時間をちょうだい。)
ジョーイ: All right. Hey, but it better make me look really, really good. (Starts for his room.) Oh, and another thing: The video camera? Nice!! (わかったよ。なぁ、でも、俺を本当に本当に良く見せるようにしてくれよ。[自分の部屋に向かおうとする] あぁ、それとあともう一つ。そのビデオカメラのことだけど。ナイス!)

being dragged は、受動態(受身)の進行形ですね。泥の中に引きずりこまれる、という受身の状態が今、進行中である、という感覚になります。

That's the only way to explain the underwear and the video camera that doesn't make me look like a pig! は、長い文章になっていますが、こういうものは、前から順番に意味を取っていくしかないですね。
that は、その前にジョーイが言った内容、「お前たちのことについて、みんなに話す、話そうとしている」ことを指します。
前から順番に意味を取っていくと、
「それが唯一の方法だ」→何の方法かと言うと→「(モニカの部屋にあった)下着と(この部屋に設置してあった)ビデオカメラを説明する(唯一の方法)」→ that という関係代名詞で the only way to explain... をさらに詳しく説明→「俺がブタみたいに見えない(唯一の方法)」
のようになるでしょうか。

pig は文字通り「ブタ」で、ここでは「ひどい男、最低の男」というような意味ですね。
過去記事、相手をブタとののしる フレンズ3-20その6 でも、そういう pig のニュアンスについて詳しく説明しています。

今は、あの下着もこのビデオも、ジョーイの仕業(しわざ)ということになっている、それだと俺が最低の男に見えてしまう。だから、俺が最低の男みたいに見えなくてこの二つの件を説明できる唯一の方法といえば、チャンドラーとモニカの関係について真実を話すことしかないんだよ、ということですね。

「このままじゃ俺が最低男ってことになってしまうから、真実を話すしかない」と言うジョーイですが、チャンドラーは何とかそれを引きとめようとしています。
真実を語る以外にも、何かうまく説明できる方法があるはずだ、と言いながら、思いついた案が、「アダルト映画の授業を受けてて、そのためにそういう映画を撮らなくちゃいけないんだ、って言ったらどう?」みたいなこと。
今回のエピソードでは、フィービーが大学の文学講座を受講している、というのがプロットの一つになっていますので、そこからの連想ですね。
それを聞いて Yeah, I like that. 「あぁ、それっていいよね」みたいに一瞬同意してしまうのが、何ともジョーイらしいですが、「だめだめ、そんなことじゃごまかされないぞ」みたいに、ビデオはそれでいいとして、下着の件はそれでは説明できないだろ、とジョーイも頑張っています。

How does that explain why Rachel found my underwear at your place? の that もやはり、直前の発言を指しています。
その前のチャンドラーの発言、「ジョーイが講座のためにアダルト映画を撮らないといけないということ」ですね。

explain why は「なぜ…したかを説明・釈明・弁明する」。
How does that explain why... を直訳すると、「「アダルト映画を撮影しないといけない、ってことが、なぜレイチェルがモニカの部屋で俺(ジョーイ)の下着を発見したかをどのように説明するのか?」という感じでしょう。
チャンドラーが考えた理由では、俺の下着があそこにあったことの説明にはならない、と言いたいのですね。

get ready to come out of the non-gay closet! というジョーイのセリフが面白いです。
get ready は命令形で、「…する準備をしろよ」ということでしょうね。
come out of the non-gay closet というフレーズがこのセリフのポイントなのですが、これは日本語でもよく聞く「カミングアウト」のニュアンスと同じです。

come out の基本的な意味は「外に出る」で、そこから「物事が知れる、(真相・真実・秘密などが)明らかになる」という意味にもなります。
そして、直訳では「クローゼットから出る」という意味になる、come out of the closet は、「(ホモ・レズなどの)同性愛者であることを告白する、自分がゲイであると公言する」という意味になります。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
come out of the closet also come out : (informal) to tell people that you are HOMESEXUAL (=sexually attracted to people who are the same sex as you) after keeping that a secret
つまり、「自分が同性愛者である(自分と同じ性別の人に性的に魅力を感じる)ということを、それを秘密にしていた後に、人に言うこと」。

LAAD にもあるように、come out だけでも、come out of the closet と同じ意味で使われます。
日本でも「カミングアウト」はそのような意味で認識されていますので、理解しやすいですね。

姿を隠していたクローゼットから出る、と表現することで、隠していた秘密を暴露する、という意味になるわけですが、今回のジョーイのセリフが面白いのは、ただのクローゼットではなくて、non-gay closet になっている点。
普通は、ゲイであることをこれまで隠していたけれどそれを告白する、という意味で使うわけですが、チャンドラーの場合は、多くの人が彼をゲイだと思っている(フレンズ1-8 は、ありとあらゆる人にそう思われていたというエピソードでした)、でも、実は俺はゲイじゃないんだよ、という秘密を暴露する、という意味で、ジョーイは、come out of the non-gay closet と言っているわけです。

ゲイの人に対して、get ready to come out of the closet と言えば、「ゲイだと告白する準備をしろ、そろそろゲイだと告白する覚悟を決めろよ」みたいな意味になるでしょうが、そこに non-gay がつくと、「ゲイじゃないって告白する準備をしろ、モニカと付き合ってることを告白して、自分はゲイじゃないって表明する覚悟を決めろ」みたいな意味になるわけですね。
モニカとの仲を公表することで、ゲイ疑惑も晴れるわけだしいいじゃんか、と言いたいようです。

ですがまだ、「ゲイじゃないとカミングアウトする」(笑)心の準備ができていないらしいチャンドラー。
モニカは何か別の案を考えるからもうちょっと待って、とジョーイに頼んでいます。
それを了解したジョーイは自分の部屋に行きかけますが、もう一つ、と言って、ビデオカメラのことを話題にします。
Nice! はまさに日本語の「ナーイス!」と同じノリなので、ここで笑えた人は多いでしょうね。
まぁジョーイの性格や行動パターンを考えると、予期されたセリフではありますが、ビデオのことまで俺のせいにされて…とえらく怒っていたわりには、ビデオ撮影に好意的(笑)なのが、ジョーイらしくて、やっぱり笑ってしまいました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:40| Comment(6) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする