2019年02月22日

ベストフィーチャー=顔の部分で一番良いところ フレンズ1-8改その16

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は10位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


13:13
[Scene 7: Mon+Rach's. Mon+Rach are preparing to leave for the funeral]
シーン7: モニカとレイチェルの家。モニカとレイチェルがお葬式に行く準備をしているところ。
ロス: [Entering] How we doing? You guys ready? ([入ってきて] どんな感じ? みんな準備いい?)
モニカ: Mom already called this morning to remind me not to wear my hair up. Did you know my ears are not my best feature? (今朝ママがすでに電話してきたわ、私が髪の毛をアップにしないように、って。私の耳は見た目が良くない[かわいくない]って知ってた?)
ロス: Some days it's all I can think about. (数日、そればかり考えるよ。)
フィービー: [Entering] Hi! I'm sorry I'm late. I couldn't find my bearings. ([入ってきて] はーい。遅れてごめん。ベアリングが見つからなくて。)
レイチェル: Oh, you-you mean your earrings? (あぁ。イアリングのことね[イアリングって言おうとしてたのね]?)
フィービー: What did I say? (私、何て言った?)
レイチェル: [Sticking her foot out] Hm-m. ([自分の足を突き出しながら]んーん[気づいてほしそうに軽く咳払いする]。)
モニカ: Are these the shoes? (これが例の靴なの?)
レイチェル: Yes. Paolo sent them from Italy. (そうなの。パウロがイタリアから送ってくれたのよ。)
ロス: What? We, uh... We don't have shoes here? (何? ここ(アメリカ)には靴がないの?)
ジョーイ: [Entering with Chandler] Morning. We ready to go? ([チャンドラーと一緒に入ってきて] おはよう。行く準備できてる?)
チャンドラー: Oh, don't we look nice all dressed up? It's stuff like that, isn't it? (あぁ、俺たちすっかりドレスアップして素敵じゃない? (クオリティっていうのは)そういうこと、なんだな?)
[They all leave]
フレンズたちがみんな部屋を出る。

wear one's hair up は「髪を上げている、髪をアップにしている」。
to remind me not to do は「私に〜しないようにと思い出させるために」。要は「〜するな、と言うために電話してきた」ということ。

Did you know my ears are not my best feature? について。
feature は「特徴」と訳されることが多いですが、ここでの意味は以下の研究社 新英和中辞典の説明がわかりやすいでしょう。
feature=【名】[通例修飾語を伴って]【C】 顔の造作 《目・鼻・口・耳・額・あごなどの一つ》
例)Her eyes are her best feature. 彼女は目がいちばん美しい。


LAAD (Longman Advanced American Dictionary) でも以下のように説明されています。
feature : a part of someone's face such as their eyes, nose etc.
例)Her eyes are her best feature.

つまり「例えば目や鼻のような、人の顔の部分」。例文は「彼女の目は彼女のベストな顔の部分だ(彼女は目がいちばん美しい)」。

研究社の英和とロングマンの英英は例文が同じで、モニカのセリフと同じく one's best feature という表現が使われています。
Her eyes are her best feature. が「顔の部分・部位」という意味の典型な例文だと言えるでしょう。
「目が彼女のベストフィーチャー=目がいちばん」を意味するとのことなので、顔の部位の中で「ここがいい」という部分を best feature と言うのだと理解すればよいでしょう。
今回のセリフでは「ベストフィーチャーではない」と否定しているので、「私は耳がかわいい、耳が魅力的、ってことはない」と言っていることになります。
「あなたは耳を見せるようなアップにしちゃだめよ」と実の母親に言われたということですね。

次のロスのセリフ、Some days it's all I can think about. について。
直訳すると「数日(何日間か)、そのことが僕が考えられることのすべてである」なので、「何日間か、そのことばっかり考える」ということですよね。
「私は耳がかわいくないってこと知ってた?」と「問われた(ロスが意見を求められた)」ことに対して、イエスまたはノーとその場で答えないで済むように「その答えについては、数日考えてみるよ」的に流して即答を避けたセリフになるのかなぁ、と思いました。

フィービーが入ってきて、I couldn't find my bearings. と言った後、レイチェルが You mean your earrings? と返します。
今、bearing と言ったけど、あなたが言いたいのは earring よね? イアリングと言おうとしてベアリングって言っちゃったのよね? という意味になるでしょう。
bearing は「方角、方面」という意味で、lose one’s bearings なら「道に迷う、方向がわからなくなる」という意味。find one's bearings だと「自分の位置を把握する、自分がどこにいるのかわかる」。
I couldn't find my bearings. だと「自分がどこにいるのかわからなかった」という意味になるので、しょっちゅう来ているモニカとレイチェルの家に来る途中で道に迷ったかのような意味になってしまいますから、「遅れた理由は、自分の居場所がわからなかったからじゃなくて、していくイアリングが見当たらなかったってことでしょ?」と問い返したことになるでしょう。
フィービーが「私、何て言った?」と問い返していることからも、フィービーはイアリングと言うつもりで、無意識にベアリングと言い間違えたことになるだろうと思います。

レイチェルが咳払いしながら足を差し出しているのを見て、モニカは Are these the shoes? と言っています。
the shoes のように定冠詞がついているのは「あの・例の靴」のように「お互いがそれと分かっているもの」というニュアンスですね。
パウロから靴をもらったの、という話を事前に聞いていたということでしょう。

「パウロがイタリアから靴を送ってくれたの!」と嬉しそうに話すレイチェルに、ロスは We don't have shoes here? と言っています。
here はイタリアとの対比で「ここアメリカでは」ということで、「アメリカには靴がないのかな?」みたいなことですね。
イタリアからわざわざ送ってもらわなくてもアメリカにだって靴くらい売ってるよね、というところです。

ジョーイとチャンドラーが入ってきた後、お葬式のために正装しているみんなを見て、Oh, don't we look nice all dressed up? とチャンドラーが言うと、フレンズたちが一瞬固まっています。
その後、It's stuff like that, isn't it? と言っていますが、これは直訳すると「そういうこと(やつ)なんだな、だろ?」みたいなニュアンス。
これについては、過去記事、フレンズ1-8その4 のコメント欄 で、解釈についての様々な意見を頂戴しました。

そのコメント欄の中で、私も意見が二転三転してしまっているのですが、今、私が考える解釈は、、、

部屋に入ってくるなりチャンドラーが「俺たちみんな、おしゃれして決まってるよね」とまるで女子のようなおしゃれの話をした。こういう部分が「ゲイのクオリティを持ってる」と言われるゆえんではないか、という意味で「(みんなが言うクオリティっていうのは)そういうやつなんだろ?」と言った。

ということになります。
過去記事のコメントにも書いたのですが、このシーンの流れを見てみると、

フィービーが、「イヤリングが見つからなくて遅れた」と言って入ってくる。
レイチェルは、パウロがイタリアから送ってくれた靴をモニカに自慢する。
ロスは、「アメリカにだって靴くらいあるだろ」と言う(これは、男だから靴なんか興味がない+ヤキモチを示唆)。
ジョーイは、「おはよう。準備できた?」と軽い挨拶。
チャンドラーは、開口一番「俺たちみんなドレスアップして決まってるよね〜」的発言。

フィービーはイヤリングを探していて遅れた、レイチェルとモニカはパウロがくれた靴のことで盛り上がっていた、という「いかにも女子の会話」的な前振りがあって、ロスやジョーイがそれに絡んでくることはないけれど、チャンドラーは入ってくるなり「俺たち決まってるよね」と自分も含めてみんなのファッションにまつわる話をした。
部屋に入っての第一声がおしゃれ話だったのが「チャンドラーは女子かっ!」と言いたくなるような感じで、チャンドラー自身もそれに気づいて、It's stuff like that, isn't it? と言った、という流れのような気がするということです。

このエピソード全体のテーマの一つとして「チャンドラーには(ゲイの)クオリティがある。でもそれが具体的にどんなものかは本人にも友人にもよくわからない」というものがあります。
エピソードはこの後も「チャンドラーのその”クオリティ”とはどんなものか?」にまつわる話が出てくるのですが、とりあえずこの時点で「もしかしてみんなが言うクオリティって、女子みたいな言動をしちゃうこと?」とフレンズたちに尋ねたのがそのセリフなのかなと思うわけです。
クオリティとは何ぞや? というのはこの後も話が続いていくので、「クオリティ=女子的な発言をすること」のような完全なイコールではなく、また、ここでクオリティの答えが出たわけでもなくて、「もしかしてこういうこと?」レベルでチャンドラーがみんなに問いかけたセリフである、というのが今の私の解釈になります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 19:51| Comment(7) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

靴はワイン色じゃないと。ドレスを変えるなら話は別だけど フレンズ1-8改その15

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は10位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


11:56
ロス: Okay. Um, how about these? [Holds out a pair] (わかった。えーっと、これはどう? [1足の靴を取り出す])
ゲラーママ: That's really a day shoe. (それは完全に(フォーマルではない)普段履きの靴よ。)
ロス: And where she's going, everyone else'll be dressier. (そしておばあちゃんが行くところ(天国)では、他のみんなはもっとおしゃれなんだね。)
リリアン: Could we see something in a slimmer heel? (もっと細いヒールのを見られるかしら?)
ロス: [Forages around] Okay, I have nothing in an evening shoe in the burgundy. I can show you something in a silver that may work. ([周囲をあさって[捜し回って]] よし、バーガンディの(フォーマルな)イブニング靴はないよ。使えるかもしれないシルバーの靴なら見せられるけど。)
リリアン: No, it really should be burgundy. (だめよ、本当に靴はバーガンディじゃないと。)
ゲラーママ: Mm. Unless we go with a different dress. (うーん。他のドレスにするなら話は別だけどね。)
ロス: No! No, no,no. Wait. Wait, I may have something in the back. (だめ! だめだめだめ。待って。奥に何かあるかもしれない。)
[He finds a shoebox (out of shot), pulls it down and opens it. It is full of Sweet'N Lows.]
ロスは(画面に出ないところで)靴の箱を見つけ、それを引っ張り下ろして箱を開ける。その箱にはスウィートン・ローがいっぱい入っている。
ロス: Oh, my God. (あぁ、なんてことだ。)
ゲラーママ: Is everything all right, dear? (大丈夫なの?)
ロス: Yeah, yeah, just... just Nana stuff. (あぁ、あぁ、ただ…ただおばあちゃんのものが。)
[He reaches up higher and knocks down another shoebox lid. Sweet'N Lows rain down on him]
ロスはより高く手を延ばし、別の靴の箱の蓋を下に落とす。スウィートン・ローがロスの上に雨のように落ちてくる。
[Commercial]
コマーシャル

ロスがある靴を見せると、ママは a day shoe だと言います。
この a day shoe は、少し後に出てくる an evening shoe との対比で考えると「フォーマルな夜会用ではない」という意味の「日中に使う普段履き」のようなイメージなのかなと思います。
And where she's going, everyone else'll be dressier. を直訳すると「そして、おばあちゃんが行くところ(天国)では、他のみんなはもっとドレッシーなんだね」というところ。
「僕(ロス)が見せた靴を普段履きでダメだと却下したところを見ると、天国ではみんなもっとおしゃれしてるってことなんだね」と皮肉っぽく返したことになるでしょう。
天国ではみんながおしゃれでフォーマルな服を着てるとでも? 僕はそんな話聞いたことないけどな、と言いたい気持ちなのでしょう。

a slimmer heel は「よりヒールの細い靴」。
そんな a day shoe ではなく、もっとヒールの細い靴を探してと言われたロスは、あれこれ探した後、I have nothing in an evening shoe in the burgundy. と言っています。
ロスは evening shoe の部分を強調して発音しており、evening と言った後、観客からは笑い声も起こっています。
a day shoe だとケチを付けられたことに対して「そんなことを言っても、その色の an evening shoe (フォーマルな靴)なんてないよ」という風にイブニングをことさら強調したところにロスの不満が見えるのが面白い、ということなのかなぁと思ったりします。
色であれこれ文句を言っていたと思ったら、今度はフォーマルかそうでないかの話にまで広がったので、こっちは探すのが大変なんだから、後からちょこちょこと条件を追加しないでくれよ、という気持ちなんだろうなぁと。

something in a silver that may work は「うまく使えるかもしれないシルバーの靴」。
フォーマルな靴として使えそうな、シルバーの靴ならあるけど、ということですね。

おばさんが「ドレスがバーガンディだから、靴もバーガンディでないと」と主張すると、ママは少し考えてから、あることを思いついたように Unless we go with a different dress. と言います。
このシーンの少し前(1つ前の記事)でも、Unless you want your mother to spend eternity in a lemon-yellow pantsuit. (自分の母親がレモンイエローのパンツスーツを着て、永遠を過ごすことをママたちが望むのなら話は別だけどね。)というロスのセリフで unless が使われていましたが、今回の付け足しの unless もそれと同様に、「私たちが他の(色の)ドレスで行くなら話が別だけどね」のように「〜なら話は別だけど」と訳すとしっくりくるでしょう。
つまり「バーガンディのドレスには同じ色の靴じゃないと。でもフォーマルな靴がシルバーしかないのなら、ドレスの色をもう一度選び直せばいいかもね」という提案になります。
あれこれモメたあげく、やっとドレスの色が決まったのに、またドレスをいちから選び直しだなんてとんでもない、とロスは思ったのでしょう、それで「他のドレスにするのもアリね」と言ったママの発言を必死に否定して、「まだ見ていない奥の方にバーガンディのフォーマルな靴があるかもしれないから」と言うことになります。

ロスは上の方を見上げて、そこにあった靴の箱を下ろします。
中を開けると、ピンクの小さな袋がいっぱい入っており、これはト書きにあるように、甘味料のスウィートン・ローですね。
過去記事、いつもくすねてた、レストランだけじゃなく我が家からも フレンズ1-8改その7 でおばあちゃんの思い出話をしている時に、レストランからいつもそれをくすねていた、パパたちの家からもくすねていた、という話題が出ていましたが、そのあちこちからくすねていたものが箱の中から大量に見つかったということですね。
stuff は漠然と「もの、持ち物」を指す言葉。
故人の習慣や癖を思い出させるものがそこにあった、ということで、ロスは半泣きのような表情になり、「おばあちゃんのもの(Nana stuff)があったんだ」と聞いた、おばあちゃんの娘に当たる二人も同じように、懐かしいという様子で笑顔を浮かべます。

ロスがまた上の方に手をやると、今度は箱入りではなく、スウィートン・ロウの袋が雨のようにロスの上に落ちてきます。
あちこちでくすねてた、と言っていた通りに大量の袋がそこにはあったということが、笑えると当時に懐かしくて泣ける、というシーンになっているわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:56| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

派手な服を着るのを望むなら話は別だけど フレンズ1-8改その14

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は11位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


11:26
[Cut to Nana's]
おばあちゃんの家に画面がカット。
ロス: [Holding a dress out from inside the closet] This one? ([クローゼットの中からドレスを1着取り出して掲げながら] これは?)
リリアン(おばさん): No. (だめ。)
ロス: I've shown you every dress we have. Unless you want your mother to spend eternity in a lemon-yellow pantsuit. Go with the burgundy. (ここにある全てのドレスをママたちに見せたよ。自分の母親がレモンイエローのパンツスーツを着て、永遠を過ごすことをママたちが望むのなら話は別だけどね。バーガンディ(ワインレッド)にしてよ[で行ってよ]。)
リリアン: You know, whatever we pick, she would've told us it's the wrong one. (ほら、私たちが何を選んでも、おばあちゃんは「それは違う」って私たちに言ったでしょうね。)
ゲラーママ: You're right. We'll go with the burgundy. (その通りね。バーガンディで行くわ。)
ロス: Oh! A fine choice. I'm coming out. [Starts to climb over the furniture] (あぁ! いい選択だね。僕は(このクローゼットの中から)出るよ。[家具を乗り越えようとする])
リリアン: Wait! We need shoes. (待って! 靴が要るわ。)
[Ross falls back inside]
ロスはまた中に戻る。

I've shown は現在完了形で、これまでいろいろ見せてきて、これですっかり全部を見せちゃった、見せてしまった、見せ終わった、という「完了」のニュアンス。
全部見せてしまったから、もう見せるものがない、ということも示すことになります。
その後、付け足しのように Unless 以下のセリフが続きますが(これまでのフレンズにも何度も出てきたように)このような付け足しの Unless は「もし〜なければの話だけどね。もし〜なら話は別だけどね」と訳すとしっくりきます。
every 「あらゆる、すべての」と言ったけど、実はまだ見せていないものがある、という意味で unless 以下を付け足した感覚になります。

レモンイエローのパンツスーツを着せたいのなら話は別だけど、と付け足しのように言うことで、全部と言ってもレモンイエローのパンツスーツは見せてないけど、まさかこんな服を着せて天国に旅立たせるつもりはないよねぇ? 天国で永遠の時を過ごすには、レモンイエローだと派手すぎるよねぇ? とロスは言いたいのですね。
you はママで、your mother は亡くなったおばあちゃんのことですから、娘であるママたちは、自分の母親であるおばあちゃんにレモンイエローを着せるつもりはないだろ? ということになります。
spend eternity は「永遠の時を過ごす」。死後、天国で時を過ごすイメージですね。

burgundy は「バーガンディ、ワイン色、ワインレッド」。
burgundy とは元々、ブルゴーニュ・ワインを指すようです。
フランスのブルゴーニュ(Bourgogne)地方のことで、それを英語では Burgundy と表記するようです。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
burgundy : a dark red color
つまり「暗い赤色」。

Go with the burgundy. の go with について。
go with は「〜によく合う、似合う」という意味でも使われますが、ここでは直訳の「〜と一緒に行く」の感覚に近い、「〜の線(路線)で行く、〜を選ぶ」という意味。
「まさかレモンイエローの服を天国で着させるつもりはないだろうから、バーガンディのドレスにしてよ」とロスが提案したことになります。

Whatever we pick, she would've told us it's the wrong one. は「たとえ私たちが何を選んだとしても、おばあちゃんは、それは間違いだ(違う)と言ったでしょうね」。
もし生きていたら、どれを選んでも「それは違う、それじゃない」と文句を言っただろう、ということで、仮定法過去完了が使われていることになります。

リリアンおばさんの「どうせ何色を選んでもおばあちゃんは文句を言っただろうから」という発言は「結局、何色を選んでも同じよね」ということなので、ママもそれに同意して、ロスの提案通り(同じように go with を使って)「バーガンディで行きましょう」と言います。

その色でいいと決めてくれて良かった、という意味で「いい選択だね」と言った後、ロスは狭いクローゼットから出ようとするのですが、リリアンおばさんに「今度は靴が必要よ」と言われ、ムッとした様子でクローゼットから出るのを断念することになります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 19:52| Comment(3) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

ビリーブ・ユー・ミー フレンズ1-8改その13

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」は12位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


10:49
チャンドラー: Well, yeah. He’s no Brian in Payroll. (あぁ、そうだね。(でも)彼(ローウェル)は、給与担当のブライアンとは全然違うさ。)
シェリー: Is Brian...? (ブライアンって…(ゲイなの)?)
チャンドラー: No! Uh, I don't know. The point is, if you were gonna set me up with someone, I'd like to think you'd set me up with somebody like him. (いや! 知らないけど。大事なことは[ポイントは、俺が言いたいのは]、もし君が俺に誰かを引き合わせる[セットアップする]つもりだったのなら、彼(ブライアン)みたいな人と引き合わせるんだろうなって思いたいんだよ。)
シェリー: Well, I think Brian's a little out of your league. (うーん、ブライアンはちょっとあなたには高嶺の花だと思うけど。)
チャンドラー: Excuse me. You don't think I could get a Brian? Because I could get a Brian. Believe you me. ...I'm really not. (何だって(ちょっと待て)。俺にはブライアンみたいな男を落とせないとでも? だって、俺はブライアンみたいな男なら、ものにできるんだからな。本当だぞ。…[気まずくなり] 俺は本当に違うんだ[ゲイじゃない]。)

「ローウェルは魅力的よ」とシェリーが言うと、とりあえずは「そうだね」と同意した後で、チャンドラーは He's no Brian in Payroll. と言います。
payroll は元々は「給与支払名簿」のことで、そこから「給与、給与担当」という意味になります。be on the payroll だと「名簿に載っている」→「会社に雇われている」。

He's no Brian について。
He’s not Brian 「彼はブライアンではない」のように、be動詞+not で否定するよりも、名詞の前に no を付けて否定する方が、より否定の度合いが強くなります。
「決して〜ではない、〜どころではない、全く・全然違う」のようなニュアンスで、ここでも「ローウェルはブライアンじゃない」という当たり前のことを言っているのではなく、「ローウェルは、ブライアンとは”全然”違うさ」という意味で、比べ物にならないほどブライアンの方が素敵だと暗に言っていることになります。
自分がゲイだと思われたことに驚き、どうしてみんなそう思うんだ? と尋ねておきながら、「ローウェルよりもブライアンの方がずっといい」→「彼よりも別の彼の方がいい」のようなコメントをして「男性が好きなんじゃないの? やっぱりゲイなんじゃないの?」と思わせる流れになっている面白さですね。

それを聞いたシェリーは Is Brian...? と尋ねます。
セリフを途中で止めていますが、Is Brian gay? 「ブライアンってゲイなの?」という意味で言ったらしいことが想像されます。
gay という単語を出さなくても「ブライアンってそうなの?」のように言えば自ずと意味がわかるということですね。

set up は「手配する、お膳立てする」。俺に誰かをセットアップするつもりだったなら、誰かとセッティングするつもりだったのなら、というカタカナ英語のイメージでもわかる感じはします。デートをセッティングする、というイメージですね。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
set up : (relationship) to arrange for two people to meet, especially because you think they might start a romantic relationship.
例) Two of our friends set us up.

つまり、「二人の人が会うように手配・アレンジすること。特に、その二人が恋愛関係を始められるかもしれないと(主語が)思うという理由で」。例文は「私たちの友達二人が、私たちを引き合わせた」。
「二人がうまく行くといいなぁ〜という気持ちから引き合わせる」というニュアンスになります。

out of one's league は「高嶺の花」。
過去記事、これ以上ないほどの高嶺の花 フレンズ1-6改その4 にも、
チャンドラー: Oh please, could she BE more out of my league? (あぁ、お願いだから(そんなこと言うの)やめてくれよ。彼女は、俺にとって(これ以上ありえないくらいの)史上最高の高嶺の花だよ。)
というセリフで出ていました。
league はメジャーリーグなどのリーグで、「グループ、仲間」という意味なので、out of one's leagueは「グループの仲間以外の、同類ではない、手の届かない」、つまり「高嶺の花の、高望みの」ということになります。
今回の場合は「どうせならブライアンを紹介してよ、ってあなたは言うけど、ブライアンはレベルが高すぎてあなたには釣り合わないわ」と言ったことになります。

部屋を出て行こうとしていたチャンドラーでしたが、その out of your league という表現が聞き捨てならないという風に立ち止まります。
Excuse me. は「失礼ですが、すみません」と誰かに声を掛ける時の言葉としてよく使われますが、相手が言ったことが聞き取れなかった時にも、Excuse me? と言います。それをさらにキツい口調で言うと、「何だって?」と異議を唱える時にも使えます。

You don't think I could get a Brian? について。
Brian という固有名詞に不定冠詞の a がついています。このように固有名詞に a がつくと「〜のような人」という意味になります。
このセリフの少し前に、somebody like him 「彼(ブライアン)みたいな人(男)」という表現が出ていますが、somebody like Brian = a Brian ということですね。
could get の could は「やろうと思えばできる、その気になればできる」という感覚。「ブライアンくらいの[ブライアンレベルの](いい)男は、ゲットしようと思えば俺にもゲットできる。落とそうと思えば落とせる」 みたいなことですね。

Because I could get a Brian. の because について。
You don't think...? という言葉そのものに、「君はそう思ってるみたいだけど、俺の考えは違う」というニュアンスが入っているので、「なぜ、俺が君の考えに不満を持っているかと言うと、今、君が言ったことにケチをつけているかと言うと」の理由の説明として、Because 「なぜなら」俺は、彼くらいの男を(その気になれば)ゲットできるからだよ、と説明している流れになります。

Believe you me. = Believe me. で「どうか信じてくれよ(本当だよ)」。
不思議な語順ですが、ちゃんと英英辞典にも載っています。
LAAD では、
believe (you) me : used to emphasize that something is definitely true
つまり「何かが絶対的に正しいということを強調するために使われる」。

Macmillan Dictionary では、
believe (you) me : used for emphasizing that what you are saying is true, especially when you are warning someone about something
例)All this is going to cause a lot of trouble, believe you me.

つまり「自分が言っていることが正しいことを強調するために使われる。特に誰かに何かを警告している時に」。例文は「これは全部、大変なトラブルを引き起こすことになるんだよ、(本当なんだ)信じてよ」。

どちらの見出しも believe (you) me のように you がかっこでくくられているので、believe me または believe you me の形で使われるということですね。
believe me が「信じて」になるのはわかりやすいですし、実際に 1つ前の記事、残念だわ、素敵なカップルになったでしょうに フレンズ1-8改その12 にも、"don't worry about it. Believe me, apparently, other people... " というセリフの中に、believe me が軽い感じで挿入されていました。
マクミランの例文は、今回のチャンドラーのセリフと同じく、believe you me の方が使われています。
このフレーズの成り立ちは、、、
Believe me. という普通の命令文→そこに主語の You をつけて You believe me. という、より強い命令文にする→それをさらに強調のために倒置にしたものが Believe you me. である。
ということになります。

I’m really not. は「本当に違う(俺は本当にゲイじゃない)」。
not really だと部分否定になり、「それほど〜ではない」という意味になりますが、really not という語順では、really は not という否定を強調しています。
つい自分で「ブライアンくらいの男ならゲットできる」などと口走ってしまい、自分がゲイであることを認めたような発言になっているので、シェリーはやっぱり、、、という目でチャンドラーを見つめています。
それで、「今、話の流れでいろいろ言っちゃったけど、本当に俺はゲイじゃないんだってば!」と最後に言ったわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 19:27| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

残念だわ、素敵なカップルになったでしょうに フレンズ1-8改その12

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」は12位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


10:04
[Scene 6: Chandler's office block. Shelley is drinking coffee; Chandler enters]
シーン6: チャンドラーのオフィスのブロック。シェリーはコーヒーを飲んでいる。チャンドラーが入ってくる。(追記:非公開コメントでご指摘がありました。このト書きの動作は実際のシーンとは違っていて、実際の動作は「シェリーは冷蔵庫から弁当(タッパー)を取り出している。チャンドラーが入ってきてコーヒーを入れようとしている」になります)
チャンドラー: Hey, gorgeous. (やぁ、素敵な人(色女さん)。)
シェリー: [Sheepish] Hey. Look, I'm sorry about yesterday, I, uh... ([おどおどして] はーい。ねぇ、昨日のことはごめんなさい。私…)
チャンドラー: No, no, no, don't- don't worry about it. Believe me, apparently, other people have made the same mistake, so... (いやいや、心配しなくてもいいよ。信じてくれ、どうやら、他の人たちも同じ間違いをしていたらしいんだ。)
シェリー: Oh! Okay! Phew! (ああ! オッケー。フュー!)
チャンドラー: So, uh... what do you think it is about me? (それで、その… (ゲイだと思われるのって)俺についての何なんだと思う?)
シェリー: I don't know what. You just have a-a... a quality. (何かはわからないわ。あなたはただ…資質(クオリティー)があるのよ。)
チャンドラー: A quality. Right. Great. (クオリティーね。わかった。最高だね。)
シェリー: Y'know, it's a shame, because you and Lowell would've made a great couple. (残念ね、だってあなたとローウェルなら素敵なカップルになったでしょうに。)
チャンドラー: Lowell? Financial Services Lowell? That's who you saw me with? (ローウェル? 財務担当(金融サービス)のローウェル? 俺と一緒の姿を君が心に描いていた(イメージしていた・想像していた)のはそいつなのか?)
シェリー: What? He's cute. (何? 彼ってキュート(魅力的)よ。)

チャンドラーは同僚のシェリーを見て、Hey, gorgeous. と声を掛けています。
このエピソードの冒頭シーン、蛍光灯の下で日本製のカップ麺 フレンズ1-8改その1 で、シェリーが ”Hey, gorgeous! How's it going?" (はい、素敵な人(色男さん)! 調子はどう?)と言っていたことを受けて、今度はチャンドラーが同じように gorgeous という単語で返したことになります。
ト書きの sheepish は「羊のように内気な、恥ずかしがる、おどおどした」。
以前、Hey gorgeous! で始まった一連の会話中に「シェリーはチャンドラーのことを勝手にゲイだと勘違いしていた」ことがわかってしまったので、その時のことを思い出し、シェリーは気まずい顔をしていることになります。

apparently は「どうやら(〜らしい)」。apparently は文章全体を修飾して、「(見たところ)どうやら〜(以下の文章)らしい」という意味になります。
apparent という形容詞は「はっきりした、明白な、一見してそれとわかるほど明らかな」という意味ですが、-ly がついて副詞形になると、「明白に」という意味で使われることはほとんどありません。
シェリーの Phew! には「良かったぁ、安心したぁ、ほっとしたぁ」という気持ちが出ていて、そのしぐさは「頭の重荷が取れた」ような感じですね。

what do you think it is about me? について。
過去記事、あいまいにするつもりかなと心配してたから フレンズ1-8改その4 で、フレンズたちもチャンドラーをゲイだと思っていたという話の流れの中で、
チャンドラー: So, uh, what is it about me? (それで、その、俺の一体何なの?)
というセリフがありました。
今回のセリフは、その What is it about me? に、挿入句として do you think が入った形ですね。
「俺についての何なの?」が「俺についての何だと思うの?」のように変化したことになります。
フレンズたちもシェリーも俺のことをゲイだと思っていたようだけど、俺についてのどういう部分でそう思うわけ? という質問です。

シェリーは何かはよくわからないけど、、と言いながら You just have a-a と言いかけて、その後、quality という部分が、シェリーとチャンドラーでかぶるのが面白いです。
その前にフレンズたちとのシーンでも、I don't know. You just-- You have a quality. 「あなたには資質があるのよ」と言われていて、何とも漠然な表現をされたことにチャンドラーは不満だったわけですが、ここでも同じような話になりかけて、「ああそうか、ここでもまた彼らと同じことを言われるんだな」とシェリーが言おうとしていることを察し二人の単語がカブった、という描写になっているわけですね。
またもや quality と言われてしまったことに対して「あぁ、クオリティね。グレートだ」のように言っていますが、この great は皮肉で、「最低」と言いたいところを「全く最高だね」と正反対の言葉を言ってみた感じになります。

It's a shame. は「残念ね」という意味。
shame には「恥」という意味があり、Shame on you! なら「恥を知れ!」、形容詞 ashamed なら、I feel ashamed. で「恥ずかしい」という意味になります。
ですがここでは「恥だわ」ではなく、「残念ね」という意味で言っていることに注意しましょう。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、1番目に「残念」、2番目に「恥」の意味が載っています。
今回の「残念」の意味は以下のように説明されています。
shame : [noun]
1. it's a shame (that) also what a shame (spoken) used when you wish a situation was different, and you feel sad, disappointed, or angry.
例)It's a shame you have to leave so soon.

つまり、it's a shame または what a shame の形で「(口語)状況が違っていたらいいのにと願い、悲しく思う、失望している、怒っている時に使われる」。例文は「あなたがそんなに早く行かないと(ここを発たないと)いけないなんて残念ね」。

make a great couple は「お似合いのカップルになる」。
直訳すると「素敵なカップルを作る」というところですが、make ... は「…になる」という意味で使われます。
研究社 新英和中辞典では、
He will make an excellent scholar. 彼はりっぱな学者になるだろう。
He will make her a good husband.= He will make a good husband for her. 彼は彼女のよい夫になりますよ。

という例文も出ています。
would've made = would have made で、「もしあなたがオッケーしてデートしていたら、お似合いのカップルになっていたところなのに(残念ながら実現しなかった)」ことを意味する仮定法過去完了になります。

Lowell は男性の名前でカタカナで書くと「ローウェル」になるでしょうが、実際の英語の発音は「ロウ・ゥル」のような感じ。
英語音声で聞いた時によくわからない単語だなと思ったら、ただの名前(固有名詞)だったということもよくあります。このローウェルも、日本人がイメージする「ローウェル」の音とは違うので「おや?」と思ってしまいそうな名前かもしれません。

ローウェルの名前を出されて「君が俺に紹介しようとしていたのはローウェルだったのか」と驚くチャンドラー。
cute は恋愛話においては「性的に魅力を感じる」というニュアンスの素敵を意味します。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:48| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする