2005年10月26日

フレンズINDEX

INDEX の使い方
フレンズのエピソード解説は、第1話からエピソード順に書いています。
それぞれのエピソードは、その1、その2 など、いくつかの記事に分かれています。

この記事の後半部分に、各エピソードの最初の記事 その1 へのリンク一覧(INDEX)があります。
1-1 と書いてあるリンクをクリックすると、シーズン1(ファースト・シーズン)の第1話の解説「フレンズ1-1その1」にジャンプします。
解説の その2 を続けて見たい場合は、記事の上部にある << 前の記事 | TOP | 次の記事 >> のリンクを利用して、次の記事に進んで下さい。
途中、エピソード解説以外の記事が入っている場合もありますが、ご了承下さい。

2016年9月12日にファイナル(フレンズ最終話)に到達した後、9月16日からシーズン1に戻り、解説を始めました。過去のシーズン1の記事と区別するために、「シーズン1改」としています。
過去の記事よりも「改」の記事の方が、説明は詳しくなっていますので、「改」があるエピソードについては「改」の方をご覧下さい。

「ブログ内検索」を使って探す方法
このブログのサイドバーにある「ブログ内検索」機能を使って探していただく方法もあります。

各記事タイトルの「その1」などの表示は、
「フレンズ1-1その1」のように表記してあります。数字は半角で統一しています。

フレンズ1-1 を検索したい場合、「ブログ内検索」のサーチボックスに「1-1」とだけ入れると、1-11 から 1-19 までもがヒットしてしまうので、「1-1その」のように入れて検索すると、検索結果を 1-1 に絞ることができます。

ただ、この方法だと、記事中に 1-1 と書いてあるもの(過去記事にリンクをはってある場合など)も全てヒットしてしまい、却って本当に探したいエピソードの記事が埋もれてしまう、ということもあります。
ですから、やはり下記の INDEX のリンクから入られた方が時間が短縮できると思います。

「ブログ内検索」の検索結果は、各記事の冒頭何行かのみを表示してあります。
各記事のタイトルはリンクになっており、記事タイトルをクリックすると、その記事全部が読めるようになっています。
INDEX からエピソード解説にジャンプする場合は、別のウィンドウを開く設定にしてあります。

フレンズ解説以外の「英語学習に関する記事」は、英語学習INDEX をご覧下さい。


INDEX

シーズン1改
1-1改 The Pilot (The One Where Monica Gets a New Roommate / The One Where It All Began)
原題訳:パイロット版(モニカに新しいルームメイトができる話/すべてはここから始まった、の話)、邦題:マンハッタンの6人
1-2改 The One With the Sonogram at the End
原題訳:最後に超音波映像がある話、邦題:ロスの大事件
1-3改 The One With the Thumb
原題訳:親指の話、邦題:モニカの彼はみんなのもの?
1-4改 The One With George Stephanopoulos
原題訳:ジョージ・ステファノポロスの出てくる話、邦題:レイチェルの憂鬱

シーズン1
1-1 The One Where It All Began (マンハッタンの6人)
原題は「すべてはここから始まった、の話」
1-2 The One With the Sonogram at the End (ロスの大事件)
原題は「最後に超音波映像がある話」
1-3 The One With the Thumb (モニカの彼はみんなのもの?)
原題は「親指の話」
1-4 The One With George Stephanopoulos (レイチェルの憂鬱)
原題は「ジョージ・ステファノポロスの出てくる話」
1-5 The One With the East German Laundry Detergent (土曜の夜を一緒に)
原題は「東ドイツの洗剤が出てくる話」
1-6 The One With the Butt (迷えるチャンドラー)
原題は「お尻の話」
1-7 The One With the Blackout (マンハッタンが真っ暗!)
原題は「停電の話」
1-8 The One Where Nana Dies Twice (陽気なお葬式)
原題は「おばあちゃんが2回死ぬ話」
1-9 The One Where the Underdog Gets Away (感謝祭の大騒動)
原題は「アンダードッグが逃げた話」
1-10 The One With the Monkey (大晦日の約束)
原題は「お猿の話」
1-11 The One With Mrs. Bing (チャンドラーのママ登場!)
原題は「ミセス・ビングの話」
1-12 The One With the Dozen Lasagnas (おなかのベビーはどっち?)
原題は「12皿のラザニアの話」
1-13 The One With the Boobies (目には目を歯には歯を)
原題は「おっぱいの話」
1-14 The One With the Candy Hearts (バレンタインの恋愛騒動)
原題は「ハートキャンディの話」
1-15 The One With the Stoned Guy (キャリア・アップ大作戦)
原題は「麻薬で酔っぱらった男の話」
1-16 The One With Two Parts –PartT (フィービーの双子対決)
原題は「パート1とパート2がある話−パート1」
1-17 The One With Two Parts –PartU (ERドクター登場!)
原題は「パート1とパート2がある話−パート2」
1-18 The One With the Poker (ポーカーゲーム必勝法)
原題は「ポーカーの話」
1-19 The One Where the Monkey Gets Away (マルセルの逃亡)
原題は「お猿が逃げる話」
1-20 The One With the Evil Orthodontist (不誠実な婚約者)
原題は「邪悪な歯科矯正医の話」
1-21 The One With the Fake Monica (ニセのモニカ出現)
原題は「にせモニカの話」
1-22 The One With the Ick Factor (年下の恋人)
原題は「いや〜な要因の話」
1-23 The One With the Birth (ベビー誕生!)
原題は「誕生の話」
1-24 The One Where Rachel Finds Out (めぐり遭えたのに?!)
原題は「レイチェルが知ってしまう話」

シーズン2
2-1 The One With Ross' New Girlfriend (ロスの新しい恋人)
原題は「ロスの新しい恋人の話」
2-2 The One With the Breast Milk (父とおチチ)
原題は「母乳の話」
2-3 The One Where Heckles Dies (迷惑な遺産相続)
原題は「ヘッケルさんが死ぬ話」
2-4 The One With Phoebe's Husband (フィービーが電撃結婚!?)
原題は「フィービーの夫の話」
2-5 The One With Five Steaks and An Eggplant (人生はツラいよ)
原題は「5枚のステーキと1個のナスの話」
2-6 The One With the Baby on the Bus (忘れ物にご用心)
原題は「バスに乗ってる赤ちゃんの話」
2-7 The One Where Ross Finds Out (逃がした魚は大きい!)
原題は「ロスが知ってしまう話」
2-8 The One With the List (禁断のリスト)
原題は「リストの話」
2-9 The One With Phoebe's Dad (パパをたずねて)
原題は「フィービーのパパの話」
2-10 The One With Russ (2人のロス)
原題は「ラスの話」
2-11 The One With the Lesbian Wedding (レズビアン・ウェディング)
原題は「レズの結婚式の話」
2-12 The One After the Superbowl, Part 1 (スターとデート)
原題は「スーパーボウルの後の話」
2-13 The One After the Superbowl, Part 2 (プリティ・ウーマン登場!)
原題は「スーパーボウルの後の話 パート2」
2-14 The One With the Prom Video (極秘ビデオ公開!)
原題は「プロムのビデオの話」
2-15 The One Where Ross and Rachel...You Know (ついに二人は・・・?)
原題は「ロスとレイチェルが・・・ほらわかってるでしょ?の話」
2-16 The One Where Joey Moves Out (ジョーイの家出)
原題は「ジョーイが引越しする話」
2-17 The One Where Eddie Moves In (新しいルームメイト)
原題は「エディーが引っ越してくる話」
2-18 The One Where Dr. Ramoray Dies (初めてのケンカ)
原題は「ドクター・ラモレーが死ぬ話」
2-19 The One Where Eddie Won't Go (元のさやに戻ろう!)
原題は「エディーが出て行こうとしない話」
2-20 The One Where Old Yeller Dies (おとぎ話のウソ)
原題は「黄色い老犬が死ぬ話」
2-21 The One With the Bullies (ソファはゆずれない!)
原題は「いじめっ子たちの話」
2-22 The One With Two Parties (ダブル・パーティー騒動)
原題は「二つのパーティーの話」
2-23 The One With the Chicken Pox (水ぼうそうでおジャン?)
原題は「水ぼうそうの話」
2-24 The One With Barry And Mindy's Wedding (元カレの結婚式で…)
原題は「バリーとミンディの結婚式の話」

シーズン3
3-1 The One With the Princess Leia Fantasy (マンハッタンの6人、再び)
原題は「レイア姫の幻想の話」
3-2 The One Where No One's Ready (身支度は大騒ぎ!)
原題は「誰も準備できてない話」
3-3 The One With the Jam (ジャムの味は最高!)
原題は「ジャムの話」
3-4 The One With the Metaphorical Tunnel (ジョーイのオーディション)
原題は「比喩のトンネルの話」
3-5 The One With Frank Jr. (彼女はイザベラ・ロッセリーニ?)
原題は「フランク・ジュニアの話」
3-6 The One With the Flashback (衝撃! 暴かれた過去)
原題は「フラッシュバックの話」
3-7 The One With the Race Car Bed (教え子はライバル)
原題は「レースカー・ベッドの話」
3-8 The One With the Giant Poking Device (フィービーに殺人疑惑?)
原題は「巨大な突っつく装置の話」
3-9 The One With the Football (フットボールは燃えるぜ!)
原題は「フットボールの話」
3-10 The One Where Rachel Quits (レイチェルのトラバーユ)
原題は「レイチェルが辞める話」
3-11 The One Where Chandler Can't Remember Which Sister (バースディ・キッス)
原題は「チャンドラーが、どの妹か思い出せない話」
3-12 The One With All the Jealousy (ジェラシーで大混乱)
原題は「ジェラシーばかりの話」
3-13 The One Where Monica and Rich are Just Friends (モニカの恋、再び…)
原題は「モニカとリチャード[リッチ]がただの友達である話」
3-14 The One With Phoebe's Ex-Partner (フィービーの歌がCMに!)
原題は「フィービーの元パートナーの話」
3-15 The One Where Ross and Rachel Take a Break (恋の行方<前編>)
原題は「ロスとレイチェルがブレイクをとる話」
3-16 The One the Morning After (恋の行方<後編>)
原題は「その翌朝の話」
3-17 The One Without the Ski Trip (5人のスキー旅行!)
原題は「スキー旅行なしの話」 or 「スキー旅行なしの人」
3-18 The One With The Hypnosis Tape (愛さえあれば年の差なんて!)
原題は「催眠テープの話」
3-19 The One With the Tiny T-Shirt (億万長者とデート!)
原題は「小さなTシャツの話」
3-20 The One With the Doll House (ハートブレイク)
原題は「ドールハウスの話」
3-21 The One With a Chick and a Duck (モニカの夢、実現?)
原題は「ヒヨコとアヒルの話」
3-22 The One With the Screamer (レイチェルの勘違い!)
原題は「叫ぶ人の話」
3-23 The One With Ross' Thing (フィービーはどっちも好き!)
原題は「ロスのモノの話」
3-24 The One With the Ultimate Fighting Champion (格闘技は男の美学!?)
原題は「アルティメット・ファイティング・チャンピオンの話」
3-25 The One At the Beach (渚でロスとレイチェル…)
原題は「ビーチでの話」

シーズン4
4-1 The One with the Jellyfish (渚でロスとレイチェル…その後)
原題は「クラゲの話」
4-2 The One with the Cat (迷い猫に母の魂?!)
原題は「ネコの話」
4-3 The One with the 'Cuffs (チャンドラー監禁)
原題は「手錠の話」
4-4 The One with Ballroom Dancing (ジョーイの Shall We ダンス?)
原題は「舞踏会のダンスの話」
4-5 The One with Joey's New Girlfriend (間違いだらけの恋人選び)
原題は「ジョーイの新しい恋人の話」
4-6 The One with the Dirty Girl (恋人はダーティ・ガール)
原題は「ダーティな女の子の話」
4-7 The One Where Chandler Crosses the Line (From ジョーイ To チャンドラー)
原題は「チャンドラーが一線を越える話」
4-8 The One With Chandler In a Box (チャンドラーの箱)
原題は「箱の中のチャンドラーの話」
4-9 The One Where They're Going To Party! (モニカは夢の料理長?!)
原題は「彼らが大騒ぎでもりあがるぞ!の話」
4-10 The One with the Girl From Poughkeepsie (ロスは遠距離恋愛がお好き)
原題は「ポキプシーの女の子の話」
4-11 The One with Phoebe's Uterus (フィービー、ママになるの?)
原題は「フィービーの子宮の話」
4-12 The One with the Embryos (チャンドラーの仕事は何?)
原題は「胚の話」
4-13 The One with Rachel's Crush (レイチェルの恋愛白書)
原題は「レイチェルのベタ惚れの話」
4-14 The One with Joey's Dirty Day (ジョーイとチャールトン・ヘストン)
原題は「ジョーイが汚い日の話」
4-15 The One with All the Rugby (チャンドラー、イエメンに行く!!)
原題は「ラグビーばかりの話」
4-16 The One with the Fake Party (レイチェルのラブ・アタック)
原題は「にせのパーティーの話」
4-17 The One with the Free Porn (ロス、イギリスへ行く!!)
原題は「無料ポルノの話」
4-18 The One with Rachel's New Dress (レイチェルのセクシードレス)
原題は「レイチェルの新しいドレスの話」
4-19 The One with All the Haste (ロスのプロポーズ)
原題は「全く急ぎの話」
4-20 The One with All the Wedding Dresses (マイ・ウェディング・ドレス)
原題は「ウェディングドレスばかりの話」
4-21 The One with the Invitation (ふたりの思い出、ロスとレイチェル)
原題は「招待状の話」
4-22 The One with the Worst Best Man Ever (消えた指輪の行方)
原題は「史上最悪のベストマンの話」
4-23 The One With Ross' Wedding - Part 1 (ロスの結婚式 ― Part 1)
原題は「ロスの結婚式の話 パート1」
4-24 The One With Ross' Wedding - Part 2 (ロスの結婚式 ― Part 2)
原題は「ロスの結婚式の話 パート2」

シーズン5
5-1 The One After Ross Says "Rachel" (ロスの結婚式、その後…)
原題は「ロスが”レイチェル”と言う後の話」
5-2 The One With All the Kissing (モニカとチャンドラーのひ・み・つ)
原題は「キスばかりの話」
5-3 The One Hundredth (フィービー、ついに出産!)
原題は「100番目の話(第100話)」
5-4 The One Where Phoebe Hates PBS (ロスが選ぶのはどっち?)
原題は「フィービーは PBS が大嫌い、の話」
5-5 The One with the Kips (お忍びでラブラブ旅行)
原題は「キップたちの話」
5-6 The One with the Yeti (雪男に胸キュン!)
原題は「雪男の話」
5-7 The One Where Ross Moves In (レイチェルは恋の法則ガール)
原題は「ロスが引っ越してくる話」
5-8 The One with the Thanksgiving Flashbacks (それぞれの感謝祭)
原題は「感謝祭のフラッシュバックの話」
5-9 The One with Ross' Sandwich (モニカはエッチ中毒!?)
原題は「ロスのサンドイッチの話」
5-10 The One with The Inappropriate Sister (シスコン男にご用心!)
原題は「不適切な妹の話」
5-11 The One with All the Resolutions (新年の誓い)
原題は「決意ばかりの話」
5-12 The One with Chandler's Work Laugh (ゴマすりチャンドラー)
原題は「チャンドラーの仕事笑いの話」
5-13 The One with Joey's Bag (ジョーイのバッグ)
原題は「ジョーイのバッグの話」
5-14 The One Where Everyone Finds Out (とうとう熱愛発覚!!)
原題は「みんなが知ってしまう話」
5-15 The One with the Girl Who Hits Joey (チャンドラーが結婚宣言!?)
原題は「ジョーイを殴る女の子の話」
5-16 The One with the Cop (警官バッジは恋の始まり)
原題は「警官の話」
5-17 The One with Rachel's Inadvertent Kiss (レイチェルの勘違いキス)
原題は「レイチェルのうかつなキスの話」
5-18 The One Where Rachel Smokes (目指せ! キャリア・ウーマン)
原題は「レイチェルがタバコを吸う話」
5-19 The One Where Ross Can't Flirt (ロスのナンパ必勝テク)
原題は「ロスがナンパできない話」
5-20 The One with the Ride-Along (まさかの臨死体験!?)
原題は「車に一緒に乗る話」
5-21 The One With the Ball (フィービーが同棲?)
原題は「ボールの話」
5-22 The One With Joey's Big Break (ジョーイ悲願の大ブレイク)
原題は「ジョーイの大ブレイクの話」
5-23 The One in Vegas Part 1 (恋人たちのベガス PART 1 )
原題は「ベガスの話 パート1」
5-24 The One in Vegas Part 2 (恋人たちのベガス PART 2 )
原題は「ベガスの話 パート2」

シーズン6
6-1 The One After Vegas (ベガスの夜が明けて…)
原題は「ベガスの後の話」
6-2 The One Where Ross Hugs Rachel (愛に目覚めるとき!?)
原題は「ロスがレイチェルをハグする話」
6-3 The One With Ross' Denial (ルームメイト獲得大作戦!)
原題は「ロスの否認の話」
6-4 The One Where Joey Loses His Insurance (ジョーイ、迫真の名演技!)
原題は「ジョーイが保険を失う話」
6-5 The One With Joey's Porsche (炸裂! 3つ子ちゃんパワー)
原題は「ジョーイのポルシェの話」
6-6 The One On The Last Night (最後の夜は荒れ模様)
原題は「最後の夜の話」
6-7 The One Where Phoebe Runs (同居人はスーパーモデル?)
原題は「フィービーが走る話」
6-8 The One With Ross' Teeth (キスの相手はラルフ・ローレン!?)
原題は「ロスの歯の話」
6-9 The One Where Ross Gets High (チャンドラーは嫌われ者?)
原題は「ロスがハイになる話」
6-10 The One With The Routine (夢のカウントダウン・パーティー)
原題は「ルーティーン(お決まりの演技[ダンス])の話」
6-11 The One With The Apothecary Table (対決! モニカ対ジャニーン)
原題は「薬剤師のテーブルの話」
6-12 The One With The Joke (ジョーク泥棒はどっち?)
原題は「ジョークの話」
6-13 The One With Rachel's Sister (妹はライバル)
原題は「レイチェルの妹の話」
6-14 The One Where Chandler Can't Cry (泣けないチャンドラー)
原題は「チャンドラーが泣くことができない話」
6-15 The One That Could Have Been Part 1 (空想世界でつかまえて Part 1)
原題は「こうだったこともありえた話 パート1」
6-16 The One That Could Have Been Part 2 (空想世界でつかまえて Part 2)
原題は「こうだったこともありえた話 パート2」
6-17 The One With Unagi (バレンタインは手作りギフトで)
原題は「ウナギの話」
6-18 The One Where Ross Dates A Student (ロスと教え子の禁じられた恋)
原題は「ロスが生徒とデートする話」
6-19 The One with Joey's Fridge (やきもち焼きのロス)
原題は「ジョーイの冷蔵庫の話」
6-20 The One With Mac and C.H.E.E.S.E. (ジョーイ再び大ブレイク!の予感)
原題は「マック&チーズの話」
6-21 The One Where Ross Meets Elizabeth's Dad (彼女のパパはブルース・ウィリス)
原題は「ロスがエリザベスのパパに会う話」
6-22 The One Where Paul's The Man (秘密の週末旅行)
原題は「ポールが男らしい男である話」
6-23 The One With The Ring (ポールは泣き虫)
原題は「リングの話」
6-24 The One With The Proposal - Part 1 (チャンドラーのプロポーズ大作戦! Part 1)
原題は「プロポーズの話 パート1」
6-25 The One With The Proposal - Part 2 (チャンドラーのプロポーズ大作戦! Part 2)
原題は「プロポーズの話 パート2」

シーズン7
7-1 The One with Monica's Thunder (チャンドラーのプロポーズ… その後)
原題は「モニカのサンダーの話」
7-2 The One With Rachel's Book (モニカの結婚式プラン)
原題は「レイチェルの本の話」
7-3 The One With Phoebe's Cookies (秘伝のクッキー・レシピ)
原題は「フィービーのクッキーの話」
7-4 The One With Rachel's Assistant (レイチェルのアシスタント)
原題は「レイチェルのアシスタントの話」
7-5 The One With The Engagement Picture (素敵な婚約写真?)
原題は「婚約写真の話」
7-6 The One With Nap Partners (ブライドメイドはゆずれない!)
原題は「昼寝パートナーの話」
7-7 The One With Ross's Library Book (SEX AND THE ジョーイ)
原題は「ロスの図書館の本の話」
7-8 The One Where Chandler Doesn't Like Dogs (感謝祭の1日)
原題は「チャンドラーが犬を好きじゃない話」
7-9 The One With All the Candy (フィービー 夢の自転車)
原題は「キャンディばかりの話」
7-10 The One With The Holiday Armadillo (アルマジロ・クリスマス)
原題は「ホリデー・アルマジロの話」
7-11 The One With All The Cheesecakes (魅惑のチーズケーキ)
原題は「チーズケーキばかりの話」
7-12 The One Where They're Up All Night (オールナイトは大騒ぎ)
原題は「彼らがオールナイトで起きている話」
7-13 The One Where Rosita Dies (愛されてるのはどっち?)
原題は「ロジータが死ぬ話」
7-14 The One Where They All Turn Thirty (30歳のバースディ)
原題は「彼らが全員30歳になる話」
7-15 The One Where Joey Gets A New Brain (ジョーイの脳は大女優)
原題は「ジョーイが新しい脳をゲットする話」
7-16 The One With The Truth About London (ロンドンの夜の真実)
原題は「ロンドンについての真実の話」
7-17 The One With the Cheap Wedding Dress (理想のウェディングドレス)
原題は「安いウェディングドレスの話」
7-18 The One With Joey's Award (ジョーイの授賞式)
原題は「ジョーイの賞の話」
7-19 The One With Ross and Monica's Cousin (いとこはボンド・ガール)
原題は「ロスとモニカのいとこの話」
7-20 The One With Rachel's Big Kiss (レイチェルとウィノナ・ライダーの秘密)
原題は「レイチェルの重大なキスの話」
7-21 The One With the Vows (思い出は美しすぎて!?)
原題は「誓いの言葉の話」
7-22 The One With Chandler's Dad (パパはキャスリーン・ターナー)
原題は「チャンドラーのパパの話」
7-23 The One With Monica and Chanlder's Wedding Part 1 (ベスト”フレンズ”ウェディング -Part 1)
原題は「モニカとチャンドラーの結婚式の話 パート1」
7-24 The One With Monica and Chanlder's Wedding Part 2 (ベスト”フレンズ”ウェディング -Part 2)
原題は「モニカとチャンドラーの結婚式の話 パート2」

シーズン8
8-1 The One After "I Do" (ベスト”フレンズ”披露宴)
原題は「”誓います”の後の話」
8-2 The One With the Red Sweater (探せ! 赤いセーターの男)
原題は「赤いセーターの話」
8-3 The One Where Rachel Tells Ross (衝撃のロス)
原題は「レイチェルがロスに言う話」
8-4 The One With the Videotape (セックスと嘘と二人のビデオテープ)
原題は「ビデオテープの話」
8-5 The One With Rachel's Date (チャンドラーは誰?)
原題は「レイチェルのデート(相手)の話」
8-6 The One With the Halloween Party (恋の相手はショーン・ペン)
原題は「ハロウィーン・パーティーの話」
8-7 The One With the Stain (ロスは”エーゼル”?)
原題は「しみの話」
8-8 The One With the Stripper (お騒がせバチェラー・パーティ)
原題は「ストリッパーの話」
8-9 The One With the Rumor (ブラピの「ヘイト・クラブ」)
原題は「噂の話」
8-10 The One With Monica's Boots (モニカのブーツ)
原題は「モニカのブーツの話」
8-11 The One With Ross' Step Forward (クリスマスカードはまだ早い?)
原題は「ロスの前進の話」
8-12 The One Where Joey Dates Rachel (ジョーイの新しい恋)
原題は「ジョーイがレイチェルとデートする話」
8-13 The One Where Chandler Takes A Bath (素敵なバスタイム)
原題は「チャンドラーがお風呂に入る話」
8-14 The One With the Secret Closet (見てはならないモニカの秘密)
原題は「秘密のクローゼットの話」
8-15 The One With The Birthing Video (バレンタインに心乱れて)
原題は「出産ビデオの話」
8-16 The One Where Joey Tells Rachel (レイチェル?レイチェル!?レイチェル!!)
原題は「ジョーイがレイチェルに言う話」
8-17 The One With the Tea Leaves (紅茶占いの人)
原題は「紅茶の葉の話」
8-18 The One in Massapequa (ロスはスピーチ上手)
原題は「マサピクアでの話」
8-19 The One With Joey's Interview (ジョーイのインタビュー大作戦!)
原題は「ジョーイのインタビューの話」
8-20 The One With the Baby Shower (赤ちゃんが生まれたら?)
原題は「ベビー・シャワーの話」
8-21 The One with the Cooking Class (モニカの料理バトル)
原題は「料理クラスの話」
8-22 The One Where Rachel is Late (カモン! ベイビー!)
原題は「レイチェルが遅れている話」
8-23 The One Where Rachel Has A Baby - Part 1 (ママにプロポーズを - part 1)
原題は「レイチェルが子供を産む話 パート1」
8-24 The One Where Rachel Has A Baby - Part 2 (ママにプロポーズを - part 2)
原題は「レイチェルが子供を産む話 パート2」

シーズン9
9-1 The One Where No One Proposes (プロポーズの行方)
原題は「誰もプロポーズしない話」
9-2 The One Where Emma Cries (ホントに泣きたいのは誰!?)
原題は「エマが泣く話」
9-3 The One With The Pediatrician (ジョーイの怪しいダブル・デート)
原題は「小児科医の話」
9-4 The One With The Sharks (”サメフェチ”チャンドラー)
原題は「サメの話」
9-5 The One With Phoebe's Birthday Dinner (フィービーのハロウィンな誕生日)
原題は「フィービーの誕生日ディナーの話」
9-6 The One With The Male Nanny (キュートなベビーシッター)
原題は「男性ベビーシッターの話」
9-7 The One With Ross's Inappropriate Song (フィービーの”ミート・ザ・ペアレンツ”)
原題は「ロスの不適切な歌の話」
9-8 The One With Rachel's Other Sister (感謝祭に悪魔降臨!?)
原題は「レイチェルの別の妹の話」
9-9 The One With Rachel's Phone Number (モニカの浮気発覚!?)
原題は「レイチェルの電話番号の話」
9-10 The One With Christmas In Tulsa (離ればなれのクリスマス)
原題は「タルサでのクリスマスの話」
9-11 The One Where Rachel Goes Back To Work (レイチェルの復帰バトル)
原題は「レイチェルが仕事に戻る話」
9-12 The One With Phoebe's Rats (ベビーシッターを守れ!)
原題は「フィービーのネズミの話」
9-13 The One Where Monica Sings (モニカ 大人気の秘密)
原題は「モニカが歌う話」
9-14 The One With The Blind Dates (仕組まれたブラインド・デート)
原題は「ブラインド・デートの話」
9-15 The One With The Mugging (強盗フィービー)
原題は「強盗の話」
9-16 The One With The Boob Job (すれ違う二人)
原題は「豊胸手術の話」
9-17 The One With The Memorial Service (間違いだらけの掲示板(BBS))
原題は「追悼式の話」
9-18 The One With The Lottery (マネー! マネー!! マネー!!!)
原題は「くじの話」
9-19 The One With Rachel's Dream (シュガー・ハイ・ジャーニー)
原題は「レイチェルの夢の話」
9-20 The One With The Soap Opera Party (ジョーイのシークレット・パーティ)
原題は「ソープオペラのパーティーの話」
9-21 The One With The Fertility Test (不妊検査にドッキドキ!)
原題は「不妊検査の話」
9-22 The One With The Donor (求む! 精子提供者)
原題は「ドナー(提供者)の話」
9-23 The One In Barbados - Part 1 (運命のカリビアン・ナイト part 1)
原題は「バルバドスの話 パート1」
9-24 The One In Barbados - Part 2 (運命のカリビアン・ナイト part 2)
原題は「バルバドスの話 パート2」

シーズン10
10-1 The One After Joey and Rachel Kiss (ジョーイとレイチェルのキス…その後)
原題は「ジョーイとレイチェルがキスした後の話」
10-2 The One Where Ross Is Fine (ダブルデートは楽しい!?)
原題は「ロスが大丈夫な話」
10-3 The One With Ross's Tan (レイチェル&ジョーイの甘い夜)
原題は「ロスの日焼けの話」
10-4 The One With the Cake (エマのファースト・バースディ)
原題は「ケーキの話」
10-5 The One Where Rachel's Sister Baby-sits (フィービー&マイクのアニバーサリー)
原題は「レイチェルの妹が子守をする話」
10-6 The One With Ross's Grant (ロス、恋の面接審査)
原題は「ロスの助成金の話」
10-7 The One With the Home Study (フィービーのウエディングプラン)
原題は「家庭調査の話」
10-8 The One With the Late Thanksgiving (感謝祭にリベンジ!)
原題は「遅れた感謝祭の話」
10-9 The One With the Birth Mother (ウソは真実のはじまり?)
原題は「生みの母の話」
10-10 The One Where Chandler Gets Caught (チャンドラー 空白の45分)
原題は「チャンドラーが見つかる話」
10-11 The One Where the Stripper Cries (ゴージャスすぎるストリッパー)
原題は「ストリッパーが泣く話」
10-12 The One With Phoebe's Wedding (フィービー 夢のブルー・ウエディング)
原題は「フィービーの結婚式の話」
10-13 The One Where Joey Speaks French (ロスのセックス禁止令)
原題は「ジョーイがフランス語を話す話」
10-14 The One With Princess Consuela (レイチェルの華麗なる転身)
原題は「プリンセス・コンスエラの話」
10-15 The One Where Estelle Dies (ジョーイに教えるな!)
原題は「エステルが死ぬ話」
10-16 The One With Rachel's Going Away Party (Good-Bye レイチェル)
原題は「レイチェルのさよならパーティーの話」
10-17 The Last One - Part 1 (グランド・フィナーレ - part 1)
原題は「最後の話 パート1」
10-18 The Last One - Part 2 (グランド・フィナーレ - part 2)
原題は「最後の話 パート2」

最終話 10-18 到達後は、「シーズン1改」として 再度 1-1 から解説をしています。


(Rach からのお願い)
以下のランキングサイトに参加しています。
クリックして応援して下さると、とても励みになります。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ

posted by Rach at 12:30| Comment(44) | INDEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rachさんこんにちは!

フレンズ1-1,1-2を見ようとしてカテゴリーから入ったもので延々スクロールしてみてしまいました・・・。
ちゃんとインデックスあったんですね(汗)
そうですよね、理系のRachさんがきちんとわけていないはずないですよね。これがあったおかげでたいへん助かります。ありがとうRachさん!

フレンズにすっかりはまってます。今2-13,2-14を見終わったところです。1のはじめのころと比べるとかなりこなれてきたという感じで、みててすごく面白いです。2−13はジュリア・ロバーツなんかでてて結構
きわどい話で笑えました。Rachさんの解説を楽しみにしてます。



Posted by agathe at 2005年11月16日 16:18
(長くて、入らなかったので分割してコメントしてます。)

ところで、リスニングでつまづいたので発音についてのカテゴリーを拝見しました。いろいろ参考になることが書いてあったのですが、リダクションなどはまったく知らなかったので「ああ、だから聞き取れなかったんだ」と納得しました。
もっとよく勉強してみようと思い発音やリスニングの本も探して購入することにしました。知識としていれておけばリスニングの助けになりますよね。
それにしてもRachさんはすごい!といまさらながら感心してます。
(決しておだててるんじゃないですよ。本当にそう思ってます)
では、また。

Posted by agathe at 2005年11月16日 16:20
まず最初に・・・延々スクロールさせてしまって、申し訳ありません。シーズン1、シーズン2とカテゴリー分けしてますが、あれはあまりに件数が多すぎて使い物になりませんよね。
それに、このINDEX、最近(10/26)作ったばかりなんですよ。このINDEXの記事の前の記事のコメント欄でsatさんから提案していただき、それを元に作ったんです。作った顛末は、次の記事「INDEXを作ってみました」に書いてあります。実はsatさんからの提案がなければ、未だにINDEXが存在しなかった可能性が高いんです。作らなきゃ・・・とはずーっと思ってたんですが。そういえば、シーズン2が全然INDEXに入ってないな、これも追加しなくちゃ・・・(笑)。
フレンズは、やはりシーズンを重ねる毎にキャラクターがしっかりしてくるし、なじんでくるし、面白いですよね。ある意味、安心して見れます。ジュリア・ロバーツの話も面白いですよね。解説のしがいがありそう(笑)。
Posted by Rach at 2005年11月16日 20:03
(上のコメントの続きです)
それから、LOVELOGのコメント欄に字数制限があって申し訳ありません。FC2ブログではそんなエラー出たことないですよね。私もコメント欄にいっぱい書いちゃうタチなので、いつもエラーが出てげんなりしてます。こちらは最近、メンテばっかりで調子悪いですし、投稿記事やコメントがすぐに反映されないなど困ったことがいろいろ起きてます。うーん。今さら他社に変えるのは面倒くさくてこのまま続けてるんですけどね・・・。
リスニングは、私も昔はひたすら聞けばいいや・・・と思っていたのですが、やはりある程度は解説本も必要だとわかりました。そういうのを読んだ後は、あれもこれも本に書いてあったことと同じだ、とかわかって、身につきやすいと思います。
最後に、ほめていただいてありがとうございます。えへへ・・・嬉しいです。(←いい気になってるぞっ(笑)。)
専業主婦だとほめられることがあまりないので(私だけ?)、ほめられたら素直に喜ぶことにしています(笑)。
Posted by Rach at 2005年11月16日 20:06
いえいえ、どうぞこれからも頑張ってブログ続けてくださいね。

専業主婦ってほめられる機会ってあまりないですよねー。うちは夫が自分に甘く他人に厳しいタイプなのでほめられることってないですね(笑)。家事も育児もできてあたりまえで、ぺしゃると全部私の責任みたいな・・。

でも、やっぱり自分が元気で家事も育児もひとの手をあまりかりずにできているのってすごいことだと思うんですよ。私は以前病気や切迫早産で結構長い期間入院したことがあるので、元気で家族の世話をすることができることって本当に幸せだと思いました。

Rachさんはそれに加えてみんなの役に立つブログも書いてるのでさらにえらい!と思います。

私はほめられたいときは自分で自分をほめちゃいます。「あー、私っていつも朝早くおきてお弁当つくって、夕飯も一所懸命作って、夫が帰ってきてからもご飯出して、ほんとうにえらいよねー」って大声でいったりして(笑)

Posted by agathe at 2005年11月16日 21:42
うちのダンナさんは、「自分に甘いが人にも甘い」タイプです。ブログのことは知っていて、応援してくれてます。彼は英語に興味がないので、記事にアドバイスをくれることは全くないですが(笑)、休日にブログを書いてる時は、子供と遊んだりしてくれてます。ありがとう!(←直接言えよ!(笑))
お母さんがいつも元気で家事が出来るって素晴らしいですよね。実際に口に出してほめてもらえなくても、きっと家族は感謝してるはずですよ。私はお弁当も作ってないし(幼稚園で必要なのは月3回くらい)、2人の子供を寝かしつけるのを口実にして、「チンしてね」のメモ書きを夕食に添えて先に寝てることも多いし・・・。(←こういうの、マズいのかな?)
やっぱりagatheさんは、私なんかよりずっとえらい!です。ブログの中心で叫んじゃいますよ、「agatheさんって、えらいよね!」 今度、agatheさんのブログでも叫んでみます(笑)。
Posted by Rach at 2005年11月17日 13:43
Friends で英語の聞き取りの勉強をしていますが、聞き取り以前に、元々英語力が劣るので、まずセリフの解読に悩まされています。Rachさんのこのブログにはいつもお世話になっています。 提案ですが、もし、可能であれば、INDEXのところでアップデートの有無とかを表記して頂けると、すぐに更新部分を見にいけるので助かりますがどうでしょうか? 
Posted by kumarla at 2011年12月03日 09:30
kumarlaさんへ
いつも拙ブログを読んでいただいているとのこと、ありがとうございます。
また、貴重なご提案もありがとうございます。

このブログは基本的にエピソード第1話から順番に解説していて、INDEX の一番下にあるエピソードが、最新エピソード、つまり、一番最近アップデートされたエピソードということになります。(今日現在では、6-8 が最新記事)

場合によっては、過去のシーズンのエピソードについて、追加記事を書く場合もありますが、その場合は、その該当エピソードの過去記事のどこかに、新しい追加記事へのリンクを必ず入れるように心がけています。
ですから、過去記事から順番に読んで下さっている場合でも、該当エピソードに到達した場合に、そのエピソードの関連記事はもれなく見ていただけるようになっていると思います。

そのような過去のエピソードの追加記事の有無に関しては、トップページの「最新記事」の一覧を、時折覗いていただければ、タイトルには必ずエピソード番号を盛り込んでありますのでお気づきいただけると思います。アップデートの有無に関しては、それを見ていただくのが一番確実だと思います。
コメント欄で解釈の追加説明や訂正をしている場合についても同様に、トップページの「最新コメント」の一覧を時折チェックしていただけるとありがたいです。

INDEX は、各エピソードの一番初めの記事「その1」にジャンプしやすいように、手入力でリンクをはっているだけなので、アップデートの有無を表記するのは正直、難しいです。
仮に、追加記事やコメント欄での追加説明があった場合に、「○年○月○日 更新」などと横に書くにしても、それが増えてくれば、どれが最近更新されたものかを判別するのが却ってわかりにくくなるような気もいたします。やはり、トップページの「最新記事」「最新コメント」一覧を見ていただくのが、一番間違いないと思います。

勝手なことをいろいろと申し上げましたが、どうかご理解のほど、よろしくお願いいたします。
Posted by Rach at 2011年12月04日 08:46
Rachさん

初めまして。
teruと言います。

簡単に、自己紹介をさせて頂きます。
日本での仕事をやめ、渡米(MBA留学)、現在はアメリカで仕事をしているものです。
留学中も、インターナショナルの中に囲まれていたので、完璧なネイティブの中での生活と言うわけではありませんでした。

そして、現在は仕事が日系の会社で社内の人間も日本人、取引先も主に日本人、もしくは中国人、韓国人という環境におり、英語力(特にリスニング力)の低下を痛感。
お恥ずかしい話ですが、アメリカに居るにも関わらず、ナチュラルスピードの英語になれないまま月日が経ってしまいました。

そんな時に、フレンズでの英語学習に関してインターネットで探し出し、12月からスタートさせました。
そして、Rachさんのブログを見つけ、先日書籍(シットコムで笑え!)も日本から取り寄せ、読ませて頂きました。

先月からの勉強の中で、質問したい事があります。
rachさんの仰る勉強方(5段階→3段階)なのですが、私が購入したDVDには日本語の字幕・音声は含まれておりません。

そこで、下記方法でやっております
1.何度も英語字幕無しで聞き倒す。
2.次の日には英語字幕を入れて、自分が聞き取れていない箇所を印刷したtranscriptに印をつける
3.また字幕無しで聞く
4.分からない箇所をrachさんのブログで勉強
5.時間を見つけては、ひたすら聞く(文字が浮かばないところをtranscriptで確認)

もしRachさんからのアドバイスがあれば、どのようにDVD、transcript、ブログを使うのがベストかご教授頂ければ、と思い書き込みをさせて頂きました。

長文になり申し訳ございません。

宜しくお願い致します。
Posted by teru at 2012年01月03日 08:23
teruさんへ
初めまして。ご訪問&コメント、ありがとうございます。

まず、拙著をわざわざ日本から取り寄せて下さったとのこと、本当に光栄で嬉しいです。ありがとうございます! アメリカの地で私の本を読んで下さっている方がいると思うと、とても励みになります!

アメリカにお住まいの場合でも、周りに日本人の方や他国出身の方が大勢おられる場合だと、おっしゃるようにナチュラルスピードの英語に接する機会はどうしても少なくなってしまうでしょうね。そういう意味では、アメリカ人の方々が普通に娯楽として楽しんでいる「フレンズ」などの海外ドラマの英語を浴びる方が、ある意味「効果的」にナチュラルスピードの英語に触れることができる、ということにもなってしまうのでしょう。

さて、ご質問についてですが、teruさんは日本語字幕・音声の含まれていないDVDをお持ちとのこと。
そのような場合だと、私がおすすめする「Rach流DVD学習法」の「はしょる3段階」の、第2段階「日本語音声、日本語字幕」を省略する形が望ましいかと思います。つまり、
1.英語音声、字幕なし
2.英語音声、英語字幕 (ここで英語のセリフの意味を解釈し、調べる)
になります。

拙著でも触れましたが、「日本語訳」を使うのは、最終段階で英語の意味を取る時に、それが大きなヒントになるから、ですね。
そういう意味では、その「ヒント」がない状態で、英語のセリフを解釈するのは、少々ハードルが上がってしまうことにはなります。

あくまで私のやり方なので、すべての方に当てはまるわけではありませんが、私の学習法では、それぞれの段階を1回ずつ行なって、次のエピソードに進むことをお勧めしています。ですから、私自身は「字幕なしの状態で聞き倒す」とか「ひたすら聞く」という時間はあまり設定していませんでした。集中して鑑賞できないような状況、つまり、「ながら」状態で耳だけとりあえず空いているような状況では、とりあえず今、鑑賞中のエピソードをリピートモードにして聞いていたこともありましたが、「ひたすら聞き倒すための時間」というのはわざわざ設けてはいなかった、ということです。

「わからないものは何度聞いてもわからない」というのが私の考えなので、「わからない音を何度も繰り返し聞く」という作業は行わず、そういうわからない「音」は、transcript などの「文字」で確認し、その英文を見てそれを解釈することで、セリフの意味を掴むことにできるだけ時間を割くようにしていました。

ですから、一通り、「英語音声、字幕なし」でリスニングした後は、それを「聞き倒す」という時間は省いて、「聞こえなかった、わからなかった」と感じた印象が強い間に、文字でそれをきっちり確認する作業に時間をおかけになった方が効果的だと思います。

また、文字で単語や文全体を確認した後も、そのセリフの「意味、ニュアンス、感覚」がわからないと、すっと理解することができません。そのために、最終段階で、辞書や文法書も使いながら、セリフを解釈していくことになるのですが、もちろん、その際に意味がわからないセリフがいくつも出てくることになります。自分なりに調べてみて、わからないものはわからないものとして置いておく、という「思い切りの良さ」も必要になってくるでしょう。
実際、私もシーズン1のセリフで、未だに意味がよくわからないものもあります。とにかくまずは、わかる部分を増やしていく、自分の中に蓄積していく、というつもりで、簡単で短いセリフから、聞き取れるものを増やしていくしかないと思うのですね。
そのように、最終段階で英語を解釈する際に、拙ブログの解説が少しでもお役に立てるといいなと思っています。

ですから、「それぞれをどう使うか」ということであれば、

1.英語音声、字幕なし、は、DVDのみで行う
2.英語音声、英語字幕、は、DVDを鑑賞しながら、DVD英語字幕よりも詳しい transcript を参考にし、音を文字で確認する。また、「日本語で言うとこんな感じ」というセリフのニュアンスを掴むために、拙ブログの解説を併せて読んでいただく、
というような感じになるでしょうか。

リスニングというと、「音そのものに慣れる」ということにばかりこだわってしまいがちなのですが、「音を聞いて意味を掴む」ためには、「音から、元の文章を再構築する」という作業が必要になってくると思っています。
その件につきましては、

過去記事「リスニングの脳内処理」
http://blogs.dion.ne.jp/friends_english/archives/9796717.html

でいろいろと書かせていただいておりますので、併せてお読みいただけると幸いです。

「音をひたすら聞いて耳を慣らす」ことも必要なのですが、実際は「音に耳が慣れる、音が拾える」だけでは、英語を理解することはできません。「この文章はこんな音で聞こえるんだぁ」というような「気づき」の蓄積が、聞き取りの精度を上げてくれるのだと思っています。聞こえた音を意味のある言葉として自分の脳の中で再構築するためには、「音」「文字」「意味」の結びつきが、自分の中でデータベースとして構築されている必要がある、ということです。その蓄積が増えれば増えるほど、母国語のように音を聞いて瞬時に意味が理解できるようになる、という感じだということです。

上で書いた部分でわかりにくいところなどございましたら、どうかご遠慮なくご質問下さいませ。また、「フレンズ」で英語学習をされる中で、わからないセリフが出てきた場合でも、お気軽に質問して下さいね。
Posted by Rach at 2012年01月04日 16:16
rachさん

本当に貴重なアドバイス有難うございます!

そうですね。
「わからないものは何度聞いてもわからない」
という気持ちは大事ですよね。

聞き倒すというよりも、日本語で話のイメージを取りながら、
英語としての「音」「文字」「意味」を結び付けていきたいと思います。

分からない箇所があったら、各章の記事に質問させて頂きたいと思います。
今後とも、何卒宜しくお願い致します。

また、Rachさんの本を私のブログで紹介させて頂いても宜しいですか?
Posted by teru at 2012年01月05日 17:29
teruさんへ
こちらこそ、ご丁寧なお礼、有難うございます!

そうですね、「聞き倒す」という「回数」ではなく、意味を理解するためのリスニングでは、どれだけイメージしながら聞けるか、という部分が大切になってくると思います。

また、拙著を貴ブログでご紹介いただける、というお話、誠に光栄で嬉しいです。ありがとうございます!

フレンズのセリフでわからない箇所などありましたら、どうかお気軽にご質問下さいね。
こちらこそ、今後とも、何卒宜しくお願い致します。
Posted by Rach at 2012年01月06日 15:24
はじめまして、かもおと申しますm(._.)m
先月フルハウスを見終わったので色々考えた結果、フレンズを見始めました。実はこちらのサイトの存在がかなり影響してフレンズに決めました!(TSUTAYAで隣にあったからではありません笑)

話を見る前に多少ネタバレになりますが、毎回こちらのサイトで取り上げられているセリフを理解した上で見てるので英語字幕英語音声で1回視聴だけでもしっかり中身がわかります♪ありがとうございます。

フレンズはDVDだと4:3で端が切れていますが、実は最近出たBlu-rayだと端が切れずに16:9で映ってると聞き、かなり欲しくなってます。(実際huluで見るとしっかり画面いっぱいDVDで見えない箇所が映っています)
とりあえず全シーズン見て、それでもまた見たいと思ったら奥さんに相談して買うかもしれません笑

全部見終るまで長いこと利用させていただくつもりです。
質問あれば各ストーリーの記事にコメントさせていただきます。
よろしくお願いしますm(._.)m
Posted by かもお at 2013年02月09日 18:05
かもおさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

フルハウスからフレンズ…というのは、自然な流れですね。隣だから…ではなくて(フル、フレ…だから隣なんだー、ということに改めて気付きました^^)、同じシットコムですし、ジョークの雰囲気も似ていますしね。フレンズの方が恋愛がらみのネタが増える、という意味でも、そっち系(笑)の言葉のバリエーションを増やすのに、次の教材としては最適だろうと思います。

拙ブログを英語学習に使っていただいていること、大変光栄で嬉しいです。ありがとうございます。
最近 Blu-ray が出たということで、新たに見始めたり、もしくは DVD はすでに持ってるけど、Blu-ray も買っちゃった…という方も多いようですね。こういうブログを書いている者としては、とても嬉しいお話です。全シーズン入っているわりにはリーズナブルな価格だとは思いますが、奥様とよくご相談の上、ご検討下さいませ。くれぐれも夫婦喧嘩の元にはならないように、と祈っております(笑)。

全部見終わるまで…とのことなので、私も全話解説するまでは死ねませんね(笑)。読んでいただけるのを励みにこれからも頑張ります。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by Rach at 2013年02月12日 15:58
はじめまして。

FRIENDSが大大大好きで、このブログを見つけました☆

とてもわかりやすくて楽しく読ませていただいています。

ところで、シーズン8からのスクリプトはどこにありますか?
INDEXのページから見つけられませんでした(´;ェ;`)

もしもよろしければ教えて下さい(>_<)
Posted by amy at 2013年02月13日 18:05
amyさんへ
コメントありがとうございます。

このブログでは、シーズン1から1話ごとに解説を進めていて、現在 7-11 (シーズン7の第11話)を解説しているところです。なので、今のところはそこまでのスクリプトしかありません。

だいたい、2週間で1エピソードのペースで解説しておりますので、シーズン8以降はかなり先になってしまいそうです。お役に立てず申し訳ありません。
Posted by Rach at 2013年02月14日 14:47
なるほどー!
了解いたしました(*´艸`*)

これからも楽しみに読ませていただきます。

とっても楽しく、わかりやすく書かれていてとっても助かります!
ありがとうございます\(^o^)/
Posted by amy at 2013年02月18日 08:40
amyさんへ
ご丁寧なお返事ありがとうございます。

「楽しく、わかりやすく」と言っていただけて、大変光栄で嬉しいです。これからもそのように言っていただけるような記事が書けるように頑張ります。よろしくお願いします。
Posted by Rach at 2013年02月18日 14:47
こんにちは!
今、アメリカに留学しています。中々、リスニングが上達しないので、毎日フレンズを見ることに決めました。

とても、わかりやすい解説です!感動しました!今後も参考にさせて頂きます。
Posted by Eii at 2015年09月13日 13:29
Eiiさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

アメリカに留学しておられる方に、拙ブログを参考にしていただけること、本当に光栄で嬉しく思います。
「わかりやすい」、また「感動」とまで言っていただけたことを励みに、わかりやすく楽しい解説を目指して、これからも頑張りたいと思います。

アメリカ留学、どうか頑張って下さい、そして大いに楽しんで下さいね♪
Posted by Rach at 2015年09月14日 15:34
はじめまして。
今年の2月末からFRIENDSを使ってRachさんのブログを拝読しながらDVD学習を進め、つい先日やっとグランドフィナーレに到達しました。
最後まで辿り着いたら必ずRachさんにブログ上でご挨拶をして、日頃ブログから非常に多くのことを学ばせていただいていることへの感謝をお伝えしよう、と心に決めておりましたので、ようやくここでご挨拶できること、個人的に感無量です。
Rachさんのブログなしに、ここまで到達することはあり得ませんでした。これほど有益かつクオリティの高いブログを、10年以上という長い期間、たゆまず続けられていることには驚嘆しますし、それを毎日読ませていただいてきた身としては、ただただ感謝の言葉しか思い浮かびません。
本当に、ほんとうにありがとうございます。

実は、Rachさんのこちらのブログのことはかなり前から(多分2006年頃からだと思います)存じ上げていて、Rachさんの提唱されているDVD学習法には常に興味津々でした。
ただ、実際に取り組んでみると、(わたしの要領の悪さも相まって)時間と気力が要ることもあり、過去にはS1かS2ぐらいまでで挫折、ということを何度も繰り返してきました。
しかし今年になって突然思い立ち、今度こそS10の最後まで到達する、と決意をして本腰を入れて取り組むことに決めて、以降、月に1シーズンぐらいのペースで進めてきました。
学習の最中は、自分で調べてよく分からないことがあっても細かいことにはなるべくこだわらず、とにかくどんどん先に進めることを心掛けていて、どうしても分からなくて気持ち悪い、と思うところはとりあえずメモしておいて、最後まで辿り着いた暁にRachさんに改めて質問させていただこう、などと考えておりました(他力本願ですみません^^;)。
なので、今は、これでやっとRachさんに直接不明点をおうかがいできる!と、奇妙な開放感と安堵感に浸っています。

S10についてはこれから更新されていくエピソードもありますので、最新記事でS10の復習もしつつ、更に過去記事に戻っていくつかおうかがいすることもあるかと思います。その際にはどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

そんなわけで、年の瀬のお忙しい時期に長々と失礼いたしました。Rachさんにおかれましては、どうぞ良い年をお迎えくださいませ(^^)

(どこにコメントすべきか迷ったのですが、目次代わりにして毎日訪れていた思い入れ深いwこのINDEXページにコメントさせていただきます♪)
Posted by kay at 2015年12月27日 18:14
kayさんへ
はじめまして。温かいコメントありがとうございます。
kayさんが、どのようなお気持ちでフレンズ学習を続けて来られたか、どのような思いで私のブログを読んで下さっていたかを詳細に語って下さったこと、本当に嬉しくありがたく思っております。私のブログが kayさんの英語学習のお役に立てた! と思えて、私も感無量です。このようにご丁寧にご挨拶と感謝の言葉を言っていただけたこと、本当にありがとうございます!

10年間、このブログを続けて来られたのは、「読んで下さる人がいる!」と実感できているからで、私の方こそ、長い間たくさんの記事を読んで下さったことに、ただただ感謝です。
2006年だと、まだブログ1、2年目くらいですから、そんなに初期の頃から知って下さっていたこと、とても嬉しく思います。何度かトライして下さった期間を経て、今年グランドフィナーレに到達されたこと、本当に素晴らしいことだと思います。
ご質問していただけるのを、私も楽しみにしていますので、どうかお気軽に、じゃんじゃんご質問下さいね♪

この INDEXページを目次代わりに使って下さる方、多いようで、インデックスを作って良かった♪と思っています。新しいエピソードに入るたびに、手入力で更新しているのですが、これが少しずつ増えて行くのを見るのは、私も達成感が感じられて嬉しいんですよね(^^)

温かいコメントをいただけて、幸せな気持ちで新年を迎えることができます。ありがとうございます!
どうか kayさんも、良いお年をお迎えくださいませ(^^)
Posted by Rach at 2015年12月29日 14:12
こんにちは!
久々のコメントになりますが、indexを見てびっくり!
ついにファイナルに到達されたのですね!
おめでとうございます、そしてお疲れさまでした!
私自身はしばらく挫折していました…(T_T)
今、土曜日の夕方Eテレで放送している超能力ファミリーサンダーマンを子ども達と見ています。
始めの頃そんなには注視してなかったのですが、子ども達が大好きで何度も観たがるので録画して毎週観るようになり、そしたら、やっぱり海外ドラマって楽しいなーと思えて、しかも、アメリカでは子ども達が好きなテレビ番組に選ばれたらしいので、フレンズほどの難しいジョークやスラングはさほどありません。

楽しさに気づき、挫折していた期間の時間がもったいないと思う日々…( ω-、)

Rachさんは挫折しそうになったときありますか?
もしあれば、どのようにモチベーションを取り戻しましたか?
よかったら教えて下さい。
サンダーマンはまもなく終わってしまうようなので、フレンズもまた再開しようと思います。
Posted by Nick at 2016年11月18日 09:41
Nickさんへ
こんにちは! コメントありがとうございます。
そうなんです、ついにファイナルに到達しました♪ 嬉しいお祝いのお言葉と温かいねぎらいのお言葉、ありがとうございます!

「超能力ファミリー サンダーマン」、私は見たことなかったのですが、Eテレのサイトを見てみると、なかなか面白そうですね^^ ウィキペディアには「特撮シチュエーション・コメディドラマ」と説明されていて、「特撮シットコム」というジャンルにも興味津々です。お子様たちが大好きで何度も観たがる作品は、やはり「間違いない」んだろうと思います。

挫折については、私も何度かあります。やはり気分が乗らない時もありますし、頑張っているつもりなのに結果が出ないような気がするとやる気が失せたりもしますよね。そういう場合は少し距離を置いてみたり、お休みしてみたりするのもアリだろうと思っています。私は「一日に必ずこれだけのことをする」というノルマを設けることは避け、ムラがあってもいいから、気分が乗ってる時にはいっぱいやって、乗らない時には無理をしない、という感じでやってきました。
そんな中で、少ししか英語に触れられないことがあっても、生きた英語である海外ドラマのセリフなら、常に何らかの「得られるもの、学べるものがある」という確信があったことが、英語学習を続けて来られた要因なのかな、と思っています。

やはり「好き、楽しい」と思えることが一番ですよね。フレンズを再開しようと思われているとのこと、どうか無理をされず、楽しみながら続けていただければと思います。
温かいコメントありがとうございました!(^^)
Posted by Rach at 2016年11月18日 13:20
お返事ありがとうございます、うれしいです。
今までは、やる気が出ない自分に自分で腹が立ったり焦ったりしていたので、Rachさんからのメッセージを読んで、すごくほっとしました。
お母さん業をやってると、これだけはやる!というのもなかなか難しい日もあり、だからやれる時にたくさんやるというスタンスでいいんだと、なんだか肩の荷がおりました(笑)

サンダーマンですが、こないだの土曜日で終わってしまいましたが、来春に2が放送予定だそうです。
まだ著作権?などの関係でスクリプトなどは出ていないそうですが、ぜひおすすめです(^∇^)

フレンズは気分がのってやれる時にたくさんという気軽なスタンスで続けていきます。
またこちらのサイトを頻繁に参考にさせて頂きますので、エピソードの中で聞きたいことがあったらまたどうぞ宜しくお願いします(^∇^)
それと、フレンズのエピソード解説が終了してしまうと、Rachさんがこちらのサイトに新たに記事を書きこむことはもうされないのでしょうか?
Posted by Nick at 2016年11月20日 22:49
Nickさんへ
こちらこそご丁寧なお返事ありがとうございます。
お母さん業は、どうしても子供の都合を優先してしまいますので、時間の確保も難しいですよね。おっしゃるように「気軽なスタンス」が、継続のコツだと思います。サンダーマン、私もまたチェックしてみますね♪

それから、新たな記事の件ですが、今年の9月にファイナルに到達した後、再びシーズン1に戻り、解説を始めました。過去のシーズン1の記事と区別するために、「シーズン1改」としています。
この INDEX では、フレンズ1-1 の上に、1-1改 のリンクを置いていますので、わかりにくかったですね^^ 先ほど、この INDEX のファイナル 10-18 の下にも、「シーズン1改」を始めたことを書き加えておきました。

過去のシーズン1 の記事は、中身がスカスカ(笑)だったので、ファイナル後に始めた「シーズン1改」では、ゆっくりじっくり解説するようにしています。またそちらも参考にしていただければ嬉しいです。

温かいお返事ありがとうございました!
Posted by Rach at 2016年11月21日 11:57
なんと!
シーズン1にまた新たな解説をされるのですね!
楽しみです(^∇^)
実は当初、シーズン1のなかでも分からないフレーズがいくつかあったのですが、解説があまりなかったので、「解説がないということは、もしかしたら常識的なこと、知ってて当然のことなのかも?」と勝手に解釈してました(笑)

なので、本当に助かります&またRachさんの記事が読めることがうれしいです♪
今後もお世話になりますm(_ _)m
ありかとうございました(o^−^o)
Posted by Nick at 2016年11月22日 21:34
Nickさんへ
お返事ありがとうございます。シーズン1の件、「楽しみ」と言っていただけて嬉しいです♪

シーズン1に戻る形で改めてじっくり見てみると、説明したいところがたくさんあって、過去の記事で抜けていた部分を補完できるのが私自身もとても楽しいです。

英語学習のお役に立てる記事が書けるように、これからも頑張りますね。
こちらこそどうかよろしくお願いします(^^)
Posted by Rach at 2016年11月24日 15:32
いろいろな意見を拝見しますが、私自身は英語の勉強に対するモチベーションを維持するのにこのRach さんのブログはすごく助かっております。このブログがないと困ります。ずっと茅ヶ崎方式英語会クラス3のグループで勉強しています。Rach さん頑張って下さい!ファンです!
Posted by Rico at 2016年12月01日 11:40
Ricoさんへ
コメントありがとうございます。
「すごく助かっております」「ファンです!」とのお言葉、とても光栄で嬉しいです。ありがとうございます!

「このブログがないと困ります」とまで言っていただけるのは、本当に嬉しいんですよね。そのようなお言葉が、ブログを続ける大きな原動力となってくれます。
これからも引き続き、頑張ります!
温かいコメント、ありがとうございました(^^)
Posted by Rach at 2016年12月01日 13:02
Friends登場人物がみんな思いやりがあるのに笑いもあって面白いですよね。もうおじさんなので過ぎて行った時代のことなんかも思いだして切なくなったりもします。
自分はFriendsでShadowingやっているのですが、口語的な表現や文化的な背景が入っているセリフがなかなか判らず検索していて、何度かRachさんのブログに辿り着きました。沢山の知識を公開していただきありがとうございます。とても勉強になります。
それと同時に、どうやって調べているんだろう?って疑問にも思いました。セリフをGoogleに入れて英語の解説が見つかれば読んでみるくらいのことしか自分にはできないのですが、何かコツがあるのでしょうか。やっぱり時代背景も含めて知るしかないのでしょうか。良かったら少し教えてください。
Posted by ほしの at 2016年12月28日 15:08
ほしのさんへ
コメントありがとうございます。
「思いやりがあるのに笑いもあって」というのはおっしゃる通りですね。私はフレンズたちと同世代なので、いろいろな場面で、懐かしく切ない気分になったりします。

検索で拙ブログに辿り着いて下さったとのこと、嬉しく思います。また「とても勉強になります」と言っていただけて大変光栄です。ありがとうございます。

辞書になかなか載っていない、文化的な背景の事柄については、やはり「検索」で調べることが多いですね。DVDの日本語訳で、それらの背景をさらっと盛り込む形で訳されていることもありますので、そういうものをヒントにしつつ、固有名詞はとりあえず Google 検索で調べます。Google 画像検索だと、商品などの画像が一発で出てくるので、あぁこういうものかとすぐにわかって便利ですよね。

ブログを開始した頃は、うまく調べることができなかったのですが、ブログを続けて行くうちに、だんだん調べ方もうまくなってきたような気がします。英語力が上がるにつれて、Wikipedia 英語版を始め、オンラインの英英辞典など、オール英語の情報から必要な情報を読み取れるようになってきたことも大きい気がします。
私はアメリカで暮らしたことがないので、文化的な背景の話については「元々知っていた」ということは実に少ないです。ネットが今ほど発達していなかった頃なら、今ブログで書いているようなことも調べることができませんでしたし、本当に便利な時代になりましたよね。

一人で英語学習をしていると、調べたことをシェアするチャンスもないのですが、こういうブログを書いているおかげで、調べ甲斐があると言いますか、皆さんにご披露できると思うと、とことん調べたい、という気持ちにもなってきます。
コメントをいただいて、これからも英語学習のお役に立てるように、頑張って調べよう! という気持ちを新たにしました。
温かいコメントありがとうございました!(^^)
Posted by Rach at 2016年12月28日 19:51
Rachさん

ご返信ありがとうございます。僕のShadowingはまだSeason 1の4話なのでこれからたくさんこのBlogで勉強させてもらいますのでよろしくお願いします。
もともと始めたきっかけは、自分は研究開発の仕事なのですが、共同研究先のアメリカの大学にに行くと、先生の話は全部判るのですが、若い人が何言っているか判らないなぁって感じたことです。それで若者がドラマで話しているのを聞こえれば良いのではと思いましたが、どうなんでしょう。一応TOEICだとリスニング満点取れるのですが、あれって少しスピードが遅いですからね。まだ先が長いです…
著書もあるのですね。今度拝見します。
判らないことがあったら質問させていただくかもしれませんが、その際にはよろしくお願いいたします。
Posted by ほしの at 2016年12月30日 12:32
ほしのさんへ
こちらこそご丁寧なお返事ありがとうございます。
アメリカでの若い人の会話が判らないと感じる、というお話、よくわかります。おっしゃるように、TOEIC のナレーションは普通の会話よりもスピードが遅いですし、やはりリスニングのテストとしてわかりやすくクリアに話している印象ですね。ネイティブの会話はラフで言葉の省略も多いですし、そういうものに慣れるのには、ドラマのセリフで学ぶことはとても効果的だと感じています。

拙著についても、興味をお持ちいただき光栄です。ありがとうございます。
英語学習の少しでもお役に立てるような記事が書けるように、これからも頑張りますね。
温かいコメントありがとうございました(^^)
Posted by Rach at 2016年12月31日 13:08
明けましておめでとうございます。今年もご指導のほど宜しくお願い申し上げます。昨年の後半にこのブログに巡り会えてとてもラッキーでした。フレンズを知ったのも昨年なので、今年はよりフレンズ色の濃い一年にしたいです。20,18,14才3人の子を持つ保健師です。週1回の茅ヶ崎方式英会話のグループでの勉強、NHKラジオ講座、そしてそこに大好きなフレンズをプラスします。夜にはこの頃必ず先生のブログにおじゃましています。ところで先生、お着物とっても素敵です❗
Posted by Rico at 2017年01月05日 23:23
Ricoさんへ
明けましておめでとうございます。温かいコメントありがとうございます。
昨年にフレンズに出会われて、拙ブログを見つけて下さったこと、とても嬉しく思っています。昨年に続き、年始にもこうしてご挨拶下さり、本当にありがとうございます。

うちの子は、16才と12才なので、子供の世代が重なっていますね。英会話グループ、ラジオ講座で英語を学ばれている中、フレンズ学習も追加されるとのこと、どうか楽しみながら続けていって下さいね。

また「先生」とお呼び下さったお気遣い、ありがとうございます。たまにセミナーで講師をすることもあるのですが、基本的にはブロガーなので、「Rach(さん)」などと呼んでいただければそれで結構です(^^)
それから、着物について「とっても素敵です」と言っていただけたこと、とってもとっても嬉しいです。ありがとうございます♪

夜に必ずブログをご訪問下さっているとのお話、そう言っていただけると本当にブログ継続の励みになるんですよね。いただいた温かいお言葉を励みに、これからも頑張ります!
こちらこそ今年もどうかよろしくお願いいたします(^^)
Posted by Rach at 2017年01月07日 11:19
Rach さんのブログ最高😃⤴⤴徹夜するほど面白くて、ためになる!Rach さん自身も頭がよくてそして...可愛い❤!  
今、通っている英会話の教室のジョナサン先生が、フレンズたちの経済状況ではいつものあのアパートに住むのは普通無理だろうと不思議がっていました。所が所だけに。ニューヨーク出身のジョナサン先生の仲間内ではそういう話になるということでした。そういえば、そうですね?Rach さん、命!
Posted by Rico at 2017年04月15日 01:10
Ricoさんへ
コメントありがとうございます。
拙ブログに対して、そして私に対して、たくさんのお褒めのお言葉をいただき、本当にありがとうございます。そのように言っていただけると、ますますブログを頑張ろう! と思えます(^^)

フレンズたちの住まいはニューヨークのマンハッタンですから、家賃が非常に高い地域ですし、そのためルームシェアをする人が多いとのことですよね。
モニカの部屋は特に大きく、なぜ彼女がそんな大きなアパートメントに住んでいられるのかの理由が語られるエピソードもあるのですが(この記事はインデックス(目次)なのでネタバレ禁止のために内容は伏せておきますね)、それでもやはり彼らの状況では「普通無理」だろうと、ニューヨークご出身の先生もお感じになるという話には納得です。

このブログが、熱いお言葉に見合う内容となるよう、これからも頑張りますね♪
温かいコメントありがとうございました!
Posted by Rach at 2017年04月15日 10:29
ナンセンスな質問かも、と解ってその上でお聞きしたいのですが、フレンズ勉強法はどのくらいのシーズン進めば効果が期待できるというか、現れるのでしょうか?やればやるほどいいということはもちろんわかるのですが、これくらいの量はやらないと効果はあまり期待できないとか(例えばシーズンでいうと何シーズン分くらいとか)なるべく出来れば具体的に示して頂けるととても有り難いです。どこかに既にそのようなことは書かれてあるのかもしれませんが、どうぞ宜しくお願い致します❗
Posted by rico at 2017年08月20日 13:09
ricoさんへ
ご質問ありがとうございます。

「どのくらいやれば、効果が現れるのか?」を知りたいと思う方は多いですね。これについては個人差もあるので、断言するのは難しいのですが、「とりあえずシーズン1 の最終話までやってみる」というのを一つの目安としています。

「それだけ続けたら、テストの点数が上がる」というような数字にはっきり出るものではなくても、「前よりも分かる部分が増えてきた、聞き取れるようになってきた」というようなご自身の「実感」で判断していただければ、と思っています。
シーズン1 なら 24話ですから、それくらい続けていると、英会話の頻出フレーズには何度も出会うし、フレンズ6人が話す英語にも慣れてきて、聞き取れる部分が増えてくると思うのですね。

楽しく続けられることができれば、続けただけ生きた英語表現も蓄積されていくと思います。
どうか楽しみながらお続けになって下さいね(^^)
Posted by Rach at 2017年08月21日 17:21
早速の解りやすく明快なご教示にただ感謝、感謝です❗これで希望をもって進むことができます。本当に有難うございました❗
記事を楽しみしています❗
Posted by rico at 2017年08月22日 15:11
早速の解りやすく明快なご教示にただ感謝、感謝です❗これで希望をもって進むことができます❗本当に有難ございました❗これからも記事など楽しみにしております❗
Posted by rico at 2017年08月22日 15:21
二回も同じの送った私を笑ってやって下さい❗見苦しくて😣💦⤵
Posted by rico at 2017年08月22日 15:24
ricoさんへ
ご丁寧なお礼のお返事、誠にありがとうございます。

まず、コメント2回の件ですが、このブログはコメントを入力した後、表示されるまでの反応が遅いことがよくあるので、一瞬消えてしまったように見えてしまったのだろうと思います。
お手間をおかけしてしまって、すみませんでした。

「解りやすく明快」と言っていただけたこと、とても光栄です。どうかこれからも楽しみながらお続けになって下さいね♪
楽しんでいただける記事が書けるように、これからも頑張ります!(^^)
Posted by Rach at 2017年08月22日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。