2017年08月15日

グラスは半分カラ フレンズ1-4改その4

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は13位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


★お知らせ★
10月14日(土)の梅田セミナーですが、セミナー応募カード添付書籍を販売して下さっている書店様が4店舗増え、合計17店舗になりました。その4店舗様はこちら↓
旭屋書店なんばCITY店、くまざわ書店ポーズなんばパークス店、ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店、ブックファースト梅田2階店
皆様のお近くの書店様であれば、また見ていただけると嬉しいです♪


2:31
(ENTER CHANDLER AND JOEY. JOEY IS COUNTING HIS STEPS)
チャンドラーとジョーイ登場。ジョーイは自分のステップを数えている。
ジョーイ: --95, 96, 97. See, I told you. Less than a hundred steps from our place to here. (…95、96、97。ほら、言ったろ。俺たちの家からここまで100歩以下だって。)
チャンドラー: You got way too much free time, man. (お前、暇な時間が超あるんだな[お前って、超ヒマ人だな]。)
ジョーイ: (TO ROSS) Hey! Here's the birthday boy. Ross, check it out. Hockey tickets. Rangers-Penguins tonight at the Garden and we're taking you. ([ロスに] おう! ここに誕生日の子がいるぞ。ロス、見てみろ。ホッケーのチケットだ。今夜、(マジソンスクエア)ガーデンで、レンジャーズとペンギンズ。俺たちがお前を連れてってやるよ。)
チャンドラー: Happy birthday, pal! (誕生日おめでとう!)
ジョーイ: We love you, man. (KISSES HIM) (愛してるぜ。[ロスにキスする])
ロス: Ha, ha, ha. It’s funny. My birthday was seven months ago. (ははは。面白いね。僕の誕生日は7か月前だったよ。)
ジョーイ: So? (それで?)
ロス: So, I'm guessing you had an extra ticket and couldn't decide which one of you got to bring a date? Huh? (それで、僕が思うに、君らには余りのチケットがあって、二人のうちのどちらがデート相手を連れてくることになるかを決められなかったんだろ? な?)
チャンドラー: Well, aren't we Mr. "The Glass is Half Empty." (うーん、俺たちって「グラスは半分カラ」の悲観論者じゃないよな?[悪い方に受け止めず、いいことは素直に喜べよ])

I told you. は「俺はお前に言った」ということで、ここでは、その後に続く説明を「ほら、俺の言った通りだったろ」と先に言った感覚になります。
以前に注意したのに、その注意を忘れた相手が失敗した場合などに、I told you. 「言ったでしょ。私は言ったのに」と非難する時にも使われます。
ジョーイの言った内容は「俺たちの家からここまで100歩以下」ということで、97 までの数字はその歩数だったことがわかりますね。

way too は「すごく、はるかに」で、way は too を強調する副詞。
今回のように way too の組み合わせで使われることが多いです。
You got way too much free time, man. の got は have の意味で、「お前はあまりにも多くのフリータイムを持っている」ということですから、「お前は、超ヒマなんだな」と言っているわけですね。
家からコーヒーハウスまでの歩数を数えるなんて、お前はよほどの暇人なんだなとあきれたセリフになります。

チャンドラーとジョーイは、ソファに座っているロスのそばに行き、それぞれ誕生日おめでとうみたいな話をしています。
Rangers は、ニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)、Penguins は、ピッツバーグ・ペンギンズ(Pittsburgh Penguins)で、ホッケーのチケットだと言っている通り、どちらもナショナルホッケーリーグ(NHL)のアイスホッケーのチームです。
the Garden は「マジソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)」のことで、ニューヨーク・レンジャーズの本拠地。

二人がロスを誘う際、pal や man という呼び掛け語が使われていますね。
man はチャンドラーがジョーイに「超ヒマなんだな」と言った時にも使われていました。
親しい友人に話しかける時の言葉で、日本語に訳してしまうとわざとらしくなるので訳しませんでしたが、英会話ではこのような呼び掛け語がよく出てきます。
pal の元の意味は「友達」ですね。
ここでは pal や man を多用して「やたらと親しげな感じ」を出していることになるでしょう。

二人の「やたら親しげな感じ」とは対照的に、ロスは冷静な様子で「僕の誕生日は7か月前だった」と答えます。
So? 「それで? だから?(何か問題でも?)」みたいにジョーイは言っているので、二人とも「ロスが誕生日ではないと知っていて、わざと”ロスがさも誕生日みたいに大げさに言ってホッケーに誘った”」こともわかりますね。
ロスは二人の行動を冷静に分析し、I'm guessing 「僕が思うに、推測するに」と言って、その考えを述べています。
bring a date の a date は「デート相手」で、「チケットの余りが1つなので、デート相手は一人しか無理。それでどちらが連れてくるかを決められずに、余ったチケットで僕を誘ったんだろ」ということですね。

それに対してチャンドラーは、aren't we Mr. "The Glass is Half Empty." と言っています。
The Glass is Half Empty を直訳すると、「そのグラスは半分カラ」ということですね。
半分はカラということは、半分は入っている状態なので、half full であるとも言えるのですが、同じ状態であっても、「いっぱいになっていない、カラである」部分を強調する表現が、half empty となります。
Macmillan Dictionary では、
the glass is half full (empty) : used for saying that someone has a tendency to look at things in a positive or a negative way
例)Generally speaking she's a glass-half-full kind of girl.

つまり「そのグラスは半分入っている(or 半分カラ)というのは、誰かが物事を積極的(前向き)に、または消極的(後ろ向き)に見る傾向があることを言うために使われる」。例文は「一般的に言うと、彼女は「グラスは半分入っている」ってタイプの女の子だ」。

つまり「中身(の液体)が半分入っているグラス」を見て、「半分も入ってる!」と喜ぶタイプの前向きで楽観的なタイプの人が、the glass is half full / glass-half-full で、「なんだ半分しか入ってないのか(半分はカラなのか)」とがっかりするタイプの後ろ向きで悲観的なタイプの人が、the glass is half empty / glass-half-empty ということになります。

ロスもホッケーを見たくないわけではないでしょうし、ホッケーを見に行けるという事実は変わらないのに、それを「誰かの代わりに僕なんだ」みたいに悲観的にしか受け止められないロスの発言を聞いて、Mr. "The Glass is Half Empty" = pessimistという表現を使っているのですね。
俺たち、悲観論者じゃないよね? と言ってみせることで、ロスが悲観論者的な発言をしたことを指摘し、そんな悪い意味で受け止めずに、ホッケーを見ることができるという事実を楽観的に受け止めろよ、素直に喜べよ、と言っていることになるでしょう。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:24| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

昨夜は一睡もできなかった フレンズ1-4改その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は10位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


1:43
SCENE 1: CENTRAL PERK (ROSS AND MONICA ARE WATCHING PHOEBE SLEEP)
シーン1:セントラルパーク(ロスとモニカはフィービーが眠るのを見ているところ)
モニカ: How does she do that? (どうしてそんなことができるの?)
ロス: I cannot sleep in a public place. (僕は公共の場所では眠れないよ。)
モニカ: Would you look at her? She's so peaceful. (彼女を見てよ。すっごく穏やかだわ。)
フィービー: (WAKING AND STARTLING THEM) Oh! What what what! ...Hi. ([目を覚まして、二人を驚かせる] あぁ! 何何何? …はーい。)
ロス: It's okay, y'know, you just nodded off again. (大丈夫だよ。ほら、君はちょっとまた居眠りしてただけだ。)
モニカ: What's going on with you? (一体どうしたの?)
フィービー: I got no sleep last night. (昨日の晩は一睡もできなかったの。)
ロス: Why? (どうして?)
フィービー: My grandmother has this new boyfriend, and they're both kind of insecure in bed, so. And deaf. They're constantly, like, having to reassure each other that they're having a good time. You have no idea how loud they are. (私のおばあちゃんには新しい恋人がいるの。それで、二人ともベッドの中で不安みたいで。それにね、耳が遠いのよ。二人はしきりに、自分たちは今、いい時間を過ごしてるって、お互いを安心させなければいけないの。二人がどんなに大声か、あなたたちにはわからないと思うわ[びっくりするほど、二人の声は大きいのよ]。)
モニカ: Well, if you want, you can stay with Rachel and me tonight. (ねぇ、もし良かったら、今夜レイチェルと私のところに泊ってもいいわよ。)
フィービー: Thanks. (ありがと。)

How does she do that? を直訳すると「彼女はどのようにしてそんなことをするの?」ということで、that はみんなのいるところで眠りこけていることを指しています。
「どうして、なぜ?」なら why になりますが、ここでは how なので「どうやって、どのようにして」のニュアンスになります。
普通の人間ならできないようなことを彼女がしているので、自然な日本語にすると「どうやったらそんなことができるわけ?」のような感じですね。
public place は「公共の場所」、peaceful は「平和的な」で、ここでは「穏やかな、のどかな」という意味。

穏やかな寝顔を間近で見ていた二人は、寝ていたはずのフィービーが突然目を覚ましたので驚くことになります。
nod は「うなずく、首を縦に振る」という動詞で、nod off は「座ったままで居眠りする、うとうとする」という意味。
I got no sleep last night. は「昨晩、ゲットした睡眠はゼロだった」という感覚ですから「一睡もできなかった」ということですね。

昨日の晩、眠れなかった理由を説明しているフィービーはまず「おばあちゃんに新しい恋人がいるの」と言っています。
フィービーのおばあちゃんならかなりの高齢なのに「新しい恋人」がいるというのがまずは笑いのポイントですね。
insecure は「不安な、自信のない」、deaf は「耳が聞こえない、耳が不自由である」、reassure somebody that は「〜だといって人を安心させる」。
insecure(不安)だから reassure(安心)させないといけない、deaf(耳が遠い)から loud(声が大きい)とそれぞれ対比になっていて、前半の「ベッドの中で不安、二人は耳が遠い」が、後半の「ベッドで good だと安心させ合っている、二人の声は大きい」に繋がることで、おばあちゃんと恋人が何をしているかがわかる仕組みになっています。

楽しい時、素晴らしい時間を過ごしているとお互い確認して安心し合っている、というのは、Good? 「いい?」 Good. 「いいわ」のようなことを言っていると示唆していることになるでしょう。
「いい?」「いいわ」とかの言葉を大きな声で、それも constantly「絶え間なく、しきりに」叫んでいる、ということで、それはつまり、高齢であるはずのフィービーのおばあちゃんとその恋人が一晩中、激しいエッチをしていた、ということを示していることになります。
フィービーのセリフにはエッチに関するダイレクトな表現はありませんが、それを言うフィービーが少し笑いをこらえるような顔もしていますので、「二人は不安みたいで、good と何度も確認しあってるの。おまけに耳が遠いから声が大きいのよね」のように、わざと「まるで二人が何をしていたかには思いが及ばないかのようにフィービーが言ってみせた」面白さになるでしょう。

それを聞いたロスは、目を見開き、そんな話は聞きたくないなというような顔をしています。
フィービーのおばあちゃんのような高齢の女性が、恋人と一晩中熱い夜を過ごしていたと聞いて、びっくりしてあきれているのですね。
おばあちゃんと恋人が夜な夜なうるさくてフィービーが眠れない様子なので、モニカは「レイチェルと私のうちに泊ってもいいわよ」と誘うことになります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:40| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

You're?でI'mと聞き間違えたことがわかる フレンズ1-4改その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は10位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


0:32
(ENTER JOEY)
ジョーイ登場。
みんな: Hey Joey. Hi. Hey, buddy. (はい、ジョーイ。やあ。よお。)
モニカ: Hey, Joey, what would you do if you were omnipotent? (ねぇ、ジョーイ、もしあなたが全能なら、あなたはどうする?)
ジョーイ: Probably kill myself. (多分、自殺するね。)
モニカ: Excuse me? (何ですって?)
ジョーイ: Hey, if little Joey's dead, then I got no reason to live. (ほら、もし、リトル・ジョーイが死んでいるのなら、俺には生きている意味がないから。)
ロス: Joey, uh… OMnipotent. (ジョーイ、あの… 全能(アムニポテント)だよ。)
ジョーイ: You are? Ross, I'm sorry. (お前は不能(インポテント)なのか? 気の毒に。)

「一日、全能になれたらどうするか?」という話題で盛り上がっていたフレンズたちは、セントラルパークに入ってきたジョーイにもその質問をします。
それに対してジョーイは、Probably kill myself. と答えていますが、what would you do if...? という質問に対する返事なので、Probably I would kill myself. の I would が省略された形になっています。
「全能という能力を持てたら、こんな願いを叶えたい」というのとは全く違った反応なので、不審に思ったモニカが聞き返すと、ジョーイは、little Joey の話をし始めます。

little Joey 「リトル・ジョーイ」で何となくわかる方も多いかと思うのですが、これは「ジョーイのモノ(大事な部分)」を「小さなジョーイ」と表現しているわけですね。
日本語でも「俺のムスコ」などと表現する男性もいますので、日英の感覚には共通するものがあるように思います。
If little Joey's dead は、「俺の大事な部分が死んでいるのなら」ということで「その部分が機能しない」というニュアンス。
そのように表現したことで、ジョーイは、omnipotent という単語を、音が似ている impotent 「性的に不能」(ダイレクトに書いてしまいますとインポテント)と勘違いしたらしいことがわかります。
ジョーイは omnipotent「全能」という単語にはあまりなじみがなかったのでしょうね、それを impotent という性的な言葉に聞き違えるところ、そしてそうなってしまったら生きる理由がない、とまで言い切ってしまうところは、さすがにプレイボーイというところでしょうか。
I got no reason to live. の got は、本来 get の過去形ですが、ここでは have の意味で使われています。
セリフのような口語では、have の意味で got が使われることも多いです。

ジョーイが単語を聞き間違い、勘違いしていると気づいたロスは「君が思ってる impotent じゃなくて、omnipotent だよ」というのをはっきりさせるために、2つの単語で違っている部分に当たる om の部分を特に強調して発音しています。
強く発音しているので「アムニポテント」と言っているように聞こえます。

それを聞いたジョーイは、しばらく沈黙した後で、"You are?" と言っていますが、この You are? という返しが「ジョーイがロスのセリフをどのように誤解したか」がわかるための大きなヒントになっています。
ジョーイが You are? と聞き返したということは、ロスが I am / I'm ... と言ったと勘違いしたことを示唆します。
「お前が〜なの?」と聞き返したわけなので、「僕は〜だ」とロスが言ったことを示すことになるわけですね。
ロスはただ、omnipotent という「単語」の最初の部分をはっきり「アム」と発音しただけですが、その「アム」を「アイム」だとジョーイが聞き間違えたことになります。
つまりジョーイは、ロスのセリフ "OMnipotent." を、"I'm impotent." 「僕は impotent なんだ」と聞き間違えたわけですね。
ロスが「僕は impotent なんだ」と告白したと思ったジョーイは、"You are (impotent)?" 「お前は不能なのか?」と聞き返したというオチになります。

その後ジョーイは、I'm sorry. と言っていますね。
I’m sorry. は人に謝る時に「ごめんなさい」という意味で使いますが、何か相手に不幸なことがあった場合に「大変だったね、お気の毒に、同情するよ」というニュアンスでも使います。
ここでのジョーイはまだ勘違いしたままのようなので、ロスが不能だと勘違いしたことを謝っているのではなく、「それは大変だね、お気の毒に」という意味で言っているのだと思います。

このやり取りは、ジョーイが2回も聞き間違えたことが面白く、真っ先にそういうエッチ系の連想ばかりが働くところがプレイボーイのジョーイっぽいところなわけですが、ジョーイが聞き間違えたのが自然に思えるように、「アィム・ニポテント」という紛らわしい言い方を(脚本上)わざとしている、そのロスの言い回しが大きなポイントと言えそうですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 18:37| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

もし一日全能になれたとしたら フレンズ1-4改その1

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は10位、「にほんブログ村」は9位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


シーズン1 第4話
The One With George Stephanopoulos
原題訳:ジョージ・ステファノポロスの出てくる話
邦題:レイチェルの憂鬱


0:00
PRE-INTRO-SCENE: CENTRAL PERK (ALL PRESENT EXCEPT JOEY)
イントロ前のシーン:セントラルパーク(ジョーイ以外がそこにいる)
フィービー: Oh, that's good. (あぁ、それ、いいわね。)
モニカ: All right. Phoebe? (よーし。(じゃあ)フィービーは?)
フィービー: Okay, okay. If I were omnipotent for a day, I would want, um, world peace, no more hunger, good things for the rain forest. And bigger boobs. (オッケー、オッケー。もし私が一日だけ全能になれたとしたら、私はこれを望むわね、世界平和、飢えがなくなること、熱帯雨林のためになること。それから、もっと大きな胸。)
ロス: Well, see, you took mine. Chandler, what about you? (あぁ、ねぇ、フィービーは僕の願いを取っちゃったな(僕もそう言おうと思ってたんだけどな)。チャンドラー、君はどう?)
チャンドラー: Uh, if I were omnipotent for a day, I'd make myself omnipotent forever. (あぁ、もし一日だけ全能になれたとしたら、俺は自分を永遠に全能にするね。)
レイチェル: See, there's always one guy. (MOCKING) "If I had a wish, I'd wish for three more wishes." (ほら、いつもいるのよね、こういう男。[からかうように真似をしながら]”もし俺が願いを1つ持っているなら、俺はあと3つ、願いが増えるように願うね。)

シーンの最初に「それ、いいわね」「じゃあ、フィービー」みたいな会話があってから、If I were... とフィービーが話し始めていますので、「もし〜ならどうする?」みたいなことをみんなで言い合いっこしよう、という流れであることが想像できます。

omnipotent は「全能の」という意味。
このシーンでポイントとなる単語なので、英英辞典の語義も見ておくと、
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
omnipotent [adjective] : able to do everything
omnipotence [noun] : God's omnipotence

つまり、「全ての(あらゆる)ことができる」。名詞形は omnipotence で、God's omnipotence は「神の全能・無限の力」。
Macmillan Dictionary では、
omnipotent : powerful enough to do everything
つまり、「全てのことができるほど十分に力がある」

everything ができるほどパワフルということなので、やはり一言「全能」と表現するのがわかりやすいでしょう。

If I were..., I would というのは「現在の事実とは反対の仮定」である「仮定法過去」で、人間が全能にはなれないけれど、もしもなれたとしたらと仮定した場合、私ならこうする、こういうことを願う、と言っているニュアンスになります。

hunger は「飢え、飢餓(きが)、飢饉(ききん)」。形容詞形は hungry ですね。
good things for the rain forest は「熱帯雨林にとって良いこと」で、熱帯雨林の減少などが世界的な問題になっていることから、項目の一つに挙げたことになるでしょう。
願い事が「世界平和、飢えがなくなること、熱帯雨林を救うこと」のように「自分のことより全人類、世界のための願い」というスケールの大きなものになっていて、世界平和や環境問題について語るところがフィービーらしいですが、最後に、女の子らしい願いがくるところがかわいいですね。

boobs は「(女性の)おっぱい」。
胸を意味する表現には、breasts もありますが、「フレンズ」では女性の胸のことを、boobs と表現することが多いです。また、boobies と表現することもあります。
ここでちょっと注目しておきたいのは、bigger という比較級。
big boobs なら「大きな胸(が欲しい)」ということで、実際の自分の胸が今は小さいことを示唆しているようにもなりますが、bigger 「より大きい」と表現していることで、「今も(それなりに?)大きいけれど、さらに大きな胸が欲しい」と言っていることになります。
you took mine は「僕の願い事をフィービーが取っちゃったね」というところで、「僕もそれが良かったな、僕もそう言おうと思ってたんだけど先を越されちゃったな」ということを男性のロスが言っている面白さになるでしょう。

チャンドラーは for a day と forever を対比したセリフを言っています。
make myself omnipotent は「自分自身を全能の状態にする」。
最初のフィービーのセリフにもありましたが、for a day の for は期間を表し、「一日間、一日だけ」という意味になります。
チャンドラーはその「一日間だけ全能」を、forever つまり「永遠に全能」にしたいと言っていて、全能の能力を使い、一日分だけだった全能の力を永久のものにすると言っていることになります。

「一日だけという期間限定を外して、それを永久にするために全能の力を使う」と言ったチャンドラーを見て、レイチェルはあきれた様子で、「いるのよね、こういう男」と言っています。
そういう男はこんな風に言うのよ、とちょっとバカにした感じで、「もし自分が1つの wish を持っているのなら、その wish で、あと3つの wish を願う」みたいに言っています。
「1つだけの願いという個数限定を外して、個数を増やすためにその願いを使う」ということですね。
one more time が「あともう1回」ですから、three more wishes は「あともう3個分の願い、あとプラス3個」という感覚になります。


★ Netflix で「フレンズ」を視聴されている方へのお知らせ
現在、Netflix では「フレンズ」を視聴していただくことが可能ですが、その視聴期間が 8月31日まで、つまり今月末までとなっているようです。
非公開コメントでこの件を教えていただいたので(お知らせ下さった方、ありがとうございます)、私も確認してみたのですが、「フレンズ」を再生すると、左上に「この作品は8月31日まで視聴できます」と確かに表示が出ます。
「フレンズ」の「詳細」にも「視聴期間 2017/08/31まで」と出ていました。

Netflix の英語字幕は、DVD や Blu-ray と表記が異なる部分もあり、それがセリフの解釈に大いに役立ってくれたりするので、Netflix での視聴期間が終わってしまうのは私も実に残念なのですが、、、
このブログを読んで下さっている方には、Netflix で「フレンズ」を視聴しておられる方も大勢いらっしゃるだろうと思いましたので、お知らせさせていただきました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:53| Comment(5) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

梅田セミナー(書店キャンペーン)やります!

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


記事タイトルにあります通り、書店キャンペーンと連動したセミナーを大阪・梅田で開催させていただくことになりました!
日程は 10月14日(土)の午後となります。
お申込みは 6月に開催した目黒セミナーと同様に、「書店で書籍を購入」または「セミナー代 1,500円」のいずれかでご応募していただく形となっております。

拙著の出版元であるCCCメディアハウスの公式サイト(↓)でもセミナー告知がされています。
英会話が劇的に上達する!! 海外ドラマDVD英語学習法
本を買って、梅田の体験セミナーに10/14(土)に参加しよう!


171014梅田セミナー.jpg

まずは、セミナーの概要を簡単に説明させていただきます。

「海外ドラマDVD英語学習法」体験セミナー
日時 2017年10月14日(土)14:00〜16:00 (開場13:30)
会場 梅田(当選者に詳細をお知らせします)
講師 南谷三世
定員 40名 ※応募者多数の場合は、抽選となります。
お申込方法
●キャンペーン実施書店で『海外ドラマDVD英語学習法』をご購入のうえ、添付されている応募カードのQRコードを読み取り、応募フォームからお申し込みください。
●本をすでにご購入されている方は、セミナーのみ有料にて参加する方法もございます。有料での参加希望の方はこちらの セミナー応募フォーム(有料) からお申し込みください。

キャンペーン実施書店(大阪府内17店舗)※実施書店が増えましたので、追記しています
旭屋書店 なんばCITY店
紀伊國屋書店 梅田本店
紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
紀伊國屋書店 京橋店
紀伊國屋書店 本町店
くまざわ書店 ポーズ なんばパークス店
ジュンク堂書店 梅田ヒルトンプラザ店
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 難波店
ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
ジュンク堂書店 天満橋店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
梅田 蔦屋書店
枚方 蔦屋書店
ブックスタジオ 新大阪店
ブックスタジオ 大阪店
ブックファースト 梅田2階店
 
参加費 無料(キャンペーン実施書店で『海外ドラマDVD英語学習法』を購入された方限定)。もしくはセミナー参加費1,500円(当日会場にてお支払いください)
応募締切 10月1日(日)24:00まで
当選発表 10月6日(金)までに、ご登録いただいたメールアドレスに当落に関わらずご連絡いたします。当選者には、セミナーの場所等、詳細をお知らせいたします。
※本キャンペーンは10月1日をもって終了いたします。

書店では、こちらの POP が目印です♪
梅田セミナーPOP.jpg

セミナーの概要は以上です。

6月の目黒セミナーと同じく今回のセミナーも、拙著「海外ドラマDVD英語学習法」をご購入下さった方に、その学習法を体験していただく、という趣旨で企画されました。
今このブログを読んで下さっている読者の皆様には、既にその本をご購入済みという方もたくさんいて下さると思いますので、既に本をお持ちでセミナー参加ご希望の方には「セミナー受講料として、1,500円をお支払いいただく」という方法もご用意させていただきました。
今回のセミナーが「新規に本をご購入下さった方をご招待するセミナー」となっているため、このような形となりました。なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

この10月の梅田セミナーは、私のセミナーとしては通算12回目となります。
この梅田セミナーでは、過去のセミナーとはまた別のエピソードを使って解説しますので、過去のセミナーにご参加下さった方にも新鮮な気持ちで楽しんでいただけると思います。

今回の会場は梅田で、場所の詳細は当選者の方のみにお知らせすることになっております。
私は生まれも育ちも大阪で、子供の頃から今に至るまで「遊びに行く、買い物に行く」と言えば「梅田」でした。
梅田は私にとっては聖地のようなところで、その梅田でセミナーをさせていただけることは本当に幸せです。
また、こんなにたくさんの大阪の大型書店さんにキャンペーン協力していただけることも、大変光栄に思っております(書店さんも、土地勘のあるなじみのある場所ばかりです)。
9月には東京・青山でのセミナーも開催予定で、その1か月後の10月にこうして大阪・梅田での新しいセミナーが決まったことも本当に嬉しく、それもこれも、このブログを読み続け、応援し続けて下さった、読者の皆様方のおかげと心より感謝しております。本当にありがとうございます!

多くの方と、海外ドラマで英語を学ぶ楽しさを分かち合えたらいいな♪ と思っています。
セミナーへのご応募を、心よりお待ち申し上げております。
どうかよろしくお願いいたします!<(_ _)>


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:23| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

君とは楽しかったけど〜に我慢ならなかった フレンズ1-3改その38

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


21:18
(CUT TO MONICA TELLING ALAN IN A RESTAURANT)
レストランでモニカがアランに話している場面にカット。
アラン: Wow. (わぉ。)
モニカ: I'm, I'm really sorry. (本当にごめんなさい。)
アラン: Yeah, I'm sorry too. But, I gotta tell you, I am a little relieved. (あぁ、僕の方こそごめん。でも、言っとくと、僕は少しホッとしてるんだ。)
モニカ: Relieved? (ホッとしてる?)
アラン: Yeah, well, I had a great time with you. I just can't stand your friends. (あぁ、そのー、君とは素敵な時間を過ごした(んだけど)。僕はただ君の友達に我慢できなかったんだ。)

レストランの画面にカットして Wow. I'm really sorry. という会話が交わされているのがわかった時点で、その前にモニカがアランに別れを告げたであろうことが想像されます。
be relieved は「ホッとした、安心した」。
relieve は「(人)をホッとさせる、安心させる」という他動詞なので、「ホッとした」という場合は、過去分詞形になります。
振られたのにホッとしたと言っているのを不思議に思い、モニカが聞き返すと、アランは I had... I just can't stand... という表現を使って説明しています。
ここでの stand は「〜を我慢する」という意味で、この意味では can't stand 「我慢できない」という否定形で使われることが多いです。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
stand : ACCEPT A SITUATION to be able to accept or deal well with a difficult situation (SYN: tolerate)
例)I can't stand it! You're being such a fool!

つまり「(状況を受け入れる)難しい状況を受け入れる、またはうまく扱うことができること。類義語:tolarate(我慢する、耐える、許容する)」。例文は「もう我慢できない! あなたって、なんてバカなの!」

君とは素敵な時間を過ごしたけど、僕はただ君の友達に我慢ならなかったんだ、とアランは言っているわけですね。
「モニカ以外のフレンズはアランが大好きだったのに、実はアランはフレンズたちが大嫌いだった」ということが最後にわかる、というオチになります。
今回のエピソードは「モニカ以外のフレンズが、アランを大いに気に入る」という話で、フレンズたちが語る言葉や、アランに対するフレンズの対応から、アランという人物のすごさや魅力を観客や視聴者に想像させる形になっていました。
このエピソードの中で実際にアランがしゃべっているのは、最初にモニカの家を訪れた時の挨拶と、エンディング前にモニカがアランに別れを告げるシーンだけで、彼の顔が映るのもセリフの長さも、全体の中では非常に短いものとなっています。
アランは今回のエピソードのメインテーマでありながら、本人がほとんど登場していないというのも、ドラマの構成として面白いものになっていると思いました。


21:40
(CLOSING CREDITS)
エンドクレジット
CREDITS SCENE: RACHEL + MONICA'S (THE GANG ARE MOPING AROUND, EATING ICE CREAM)
クレジットシーン:レイチェルとモニカの家(フレンズはふさぎこんでいる、アイスクリームを食べながら)
レイチェル: Remember when we went to Central Park and rented boats? That was fun. (私たちがセントラルパーク(公園)に行って、ボートを借りた時のこと覚えてる? あれは楽しかったわ。)
ロス: Yeah. He could row like a Viking. (あぁ。彼(アラン)はバイキングみたいに(オールを)漕ぐことができたよね。)
(ENTER MONICA)
モニカ登場。
モニカ: Hi. (はーい。)
みんな: Mmm. (んーん。)
ロス: So how'd it go? (それで、どうだった?)
モニカ: Oh, y'know... (あぁ、ほら…)
フィービー: Did he mention us? (アランは私たちのこと言ってた?)
モニカ: He says he's really gonna miss you guys. (DUBIOUS LOOK) (本当にあなたたちに会えなくて寂しくなる、って彼は言ってるわ。[疑わしい表情で])
ロス: You had a rough day, huh? (モニカは大変な一日だっただろ?)
モニカ: Yeah, you have no idea. (えぇ、あなたには想像できないほどね[わからないほどね]。)
ロス: Come here. (おいで。)
(SHE SITS DOWN AND ROSS STROKES HER FOREHEAD)
モニカは座り、ロスはモニカのおでこをさする。
チャンドラー: That's it. I'm getting cigarettes. (そこまでだ! 俺はタバコを吸うぞ。)
みんな: No, no, no! (だめ、だめ、だめ!)
チャンドラー: (LEAVING) I don't care, I don't care! Game's over! I'm weak! I've gotta smoke! I've gotta have the smoke! ([部屋を出て行こうとしながら] もうどうでもいい。どうでもいいよ! ゲームは終わりだ! 俺は弱い! 俺はタバコを吸わなきゃ! 俺はタバコを吸わなきゃならないんだ!)
フィービー: (SHOUTS AS HE LEAVES) If you never smoke again, I'll give you seven thousand dollars. ([チャンドラーが立ち去ろうとする時に叫んで] もしあなたが二度とタバコを吸わないなら、私はあなたに 7,000ドルをあげるわ!)
チャンドラー: (REENTERING) Yeah, all right. ([また部屋に入ってきて] あぁ、わかったよ。)

アランに別れを告げた後、モニカが家に帰ってくると、フレンズたちは皆ふさぎ込んでいます。
ハーゲンダッツの大きなカップから直接スプーンで食べたり、ホールのチーズケーキを食べたりと、それぞれが「甘いものをドカ食いすることでつらさから逃れようとしている様子」なのが何だか痛々しいですね。
今後の「フレンズ」でも、落ち込んだ時に、甘いものを大量に食べるシーンはよく出てきます。

Remember when... は「〜した時のこと覚えてる?」と、前の出来事を思い出し、振り返る時の表現。
Central Park は「セントラルパーク」という、ニューヨーク・マンハッタンにある巨大な公園。
過去記事、そして俺は百万ドル欲しい フレンズ1-1改その5 で説明したように、フレンズの舞台の一つとなっているコーヒーパークのセントラルパーク(Central Perk)は、この有名な公園の名前(Central Park)をもじったものです。
店の名前になっている perk は「パーコレーター(percolator:ろか装置付きコーヒー沸かし器)で(コーヒーを)いれる」という意味の percolate の短縮形なのですね。
今回の 1-3 のラストで、本物(というか元ネタ)の「セントラルパーク」(公園)がセリフに登場したことになります。

row は「ボート・船を漕ぐ」。
「バイキングみたいに船を漕ぐ」と表現することで、彼のボートの漕ぎが男らしく力強かったことを言っているのでしょう。

モニカが帰宅すると、ロスは「どうだった?」とアランに別れを告げた件について尋ねます。
フィービーが Did he mention us? 「アランは私たちのこと言ってた?」と尋ねると、みんなは顔を上げて、その答えを早く聞きたいという顔で一斉にモニカの方を見ます。

He says he's really gonna miss you guys. 「あなたたちがいなくて本当に寂しいと[あなたたちを本当に恋しいと]思うだろうって彼は言ってる」というのは、アランのことが大好きだったフレンズたちを気遣っての、モニカの嘘ですね。
miss は「〜がいなくて寂しく思う」で、I'm really gonna miss you. 「きっとさびしくなるね」というのは、そばからいなくなってしまう人への決まり文句です。
その前のシーンで「アランは実は、モニカ以外のフレンズたちが大嫌いだった」ということがアラン自身の口から語られていただけに、「アランは寂しくなるって言ってるわ」というモニカの嘘に寂しそうな笑顔をするジョーイなどを見ていると、なんだか切ない気持ちになってしまいます。

You had a rough day の rough は「つらい」。
付き合っている人に別れを告げることになったので、それを兄ロスは「つらい一日だったね」と妹モニカをいたわっていることになります。
それに対してモニカは、Yeah, you have no idea. と返していますが、それを直訳すると「えぇ、あなたにはわからないわ。わからないでしょうね」というところですね。
ものすごくつらいことがあった場合に「どんなにつらかったか、あなたにはわからないと思うわ」「他人が想像できないほどつらかった、想像を絶するつらさだった」という意味で、You have no idea. と表現することはよくありますが、今回のモニカのセリフは、それ以外にも別のニュアンスが込められているような気がします。

恋人と別れる、別れを告げるということは、いつでもつらいことですが、今回は、アランと別れることにフレンズたちは猛反対していたにもかかわらず、アランは「モニカのことは好きだけど、フレンズたちが耐えられなかった」と言っていました。
アランと別れるつもりと伝えたら、フレンズたちはショックを受けて、どうして別れるんだよ! とモニカを責めていたけど、当人のアランはフレンズたちが大嫌い、、、その奇妙な板ばさみの立場にある私の気持ちを、あなたはわかりっこないのよ。アランはあなたたちを嫌っていたけど、そんなことをみんなに言うことはできないし、みんなに責められていた私の方がみんなの気持ちを思って「アランも寂しがってたわよ」と嘘を言うしかない、結局「フレンズたちのアランへの一方的な片想い」でしかなかったのに私ばかりが責められた、そんな私の立場とつらさはあなたにはわからないわ、というモニカの気持ちが You have no idea. には込められているように思いました。

みんながどんよりと落ち込んでいる中、チャンドラーは、That's it. I'm getting cigarettes. と叫びます。
この That's it. は「そこまでだ。それで終わりだ」というニュアンス。
アランに説得されてタバコをやめ、腕にニコチンパッチまで貼っていたチャンドラーでしたが、もうアランがいなくなった以上、アランとの約束を守る必要もないということですね。

「俺はタバコを吸うぞ」と宣言するチャンドラーを、みんなが口々に止めようとしますが、I don't care. 「俺は気にしない、構わない」と言い、「ゲームは終わりだ。俺は弱い。俺はタバコを吸わなくちゃならないんだ!」と言って、部屋を出て行こうとします。
去ろうとするチャンドラーに向かってフィービーが「もしあなたが二度とタバコを吸わないのなら、私はあなたに 7,000ドルをあげるわ」と言うと、それまでの勢いはどこへやら、「あぁ、わかった」とすんなり戻ってくるのも面白いです。
その 7,000ドルというのは、ソーダの缶に人の親指が入っていたことへのお詫びとしてフィービーがもらった金額でした。
フィービーは最後まで「もらう理由のないお金はもらいたくない」いう気持ちは変わらないらしく、そのお金を使ってチャンドラーの喫煙をやめさせようとしたのが微笑ましいところですし、やけっぱちになっているようでも高額のお金には目がくらんでしまうチャンドラーに笑えてしまうラストですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 10:45| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする