2021年11月28日

視線を向けて〜が目に入る[〜だとわかる] フレンズ1-12改その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は21位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


4:12
[Scene: Chandler and Joey leaving girls' apartment, carrying lasagna]
シーン:チャンドラーとジョーイがラザニアを抱えながら女子の部屋を出て行く。
ジョーイ: I love babies with their little baby shoes and their little baby toes and their little baby hands... (赤ちゃんって大好きなんだよな、ちっちゃな靴で、ちっちゃなつま先で、ちっちゃな手で…)
チャンドラー: Okay, you're gonna have to stop that... forever. (いいか、お前はそういうのはやめるんだ……永遠にな。)
[Joey opens door, throws keys on kitchen table, table falls over]
ジョーイはドアを開けて、台所のテーブルの上に鍵を放り投げる、テーブルが倒れる。
ジョーイ: Need a new table. (新しいテーブルが必要だな。)
チャンドラー: You think? (お前はそう思うのか?[(言葉にするまでもなく)当然そうだよな])

鍵を放り投げただけで、テーブルが倒れてしまいます。
Need a new table. 「(俺たちには)新しいテーブルが必要だな」と言ったことに対して、チャンドラーは You think? と返しています。
直訳すると「お前はそう思うか?」というところですが、これは当たり前のことを言ってきた相手に「そうか?」と皮肉っぽく返す時の表現。

Wiktionary には以下のように出ています。
Wiktionary: you think
you think?
(idiomatic) A sarcastic, rhetorical response to an obvious statement.
例)I reckon the trees are greener in spring than in winter. −You think?


つまり「(イディオム的)明らかな発言に対しての、皮肉っぽく修辞的な返答」。
例文は「冬よりも春の方が木々はより緑だと思うんだよ」「お前はそう思うのか?[当然そうだよな]」

今回の会話ではチャンドラーが You think? と言った後に観客の笑い声が起こっています。
テーブルが壊れたのを見てジョーイが「新しいテーブルが必要だな」という「あまりにも当たり前のことを言った」ことに対して、Yeah. 「ああ(そうだな)」と素直に返す代わりに、皮肉っぽく You think? と返したことになるでしょう。
You think? の単語のニュアンスを生かして和訳するとすれば「へえ、お前はそう思うんだ?」というところでしょうか。
「テーブルが壊れたから、新しいテーブルが必要だ」なんて、そんな当たり前のこと、わざわざ言わなくてもわかってるよ、と言いたい気持ちが出ているように思います。


4:43
[Scene: Carol's apartment. Knock at door]
シーン:キャロルのアパートメント。ドアにノックがある。
キャロル: Hey hey, come on in. (はいはい、入ってきて。)
[Ross enters, carrying lasagna]
ロスはラザニアを抱えて入ってくる。
ロス: Hey, hello. [kisses Carol] I brought all the books, and Monica sends her love along with this lasagna. (やあ、どうも。[キャロルにキスする] 例の本を全部持ってきた、それからモニカがこのラザニアと共に愛を送る、ってさ。)
キャロル: Oh, great! Is it vegetarian? 'Cause Susan doesn't eat meat. (まぁ、素敵! それってベジタリアン用(のラザニア?) っていうのは[なぜそんなことを尋ねるかって言うと]スーザンは肉を食べないのよ。)
ロス: [pauses] I'm pretty sure that it is. ([間があって] それはかなり間違いなくそう[ベジタリアン用]だと思うよ。)
キャロル: So I got the results of the amnio today. (それで、今日、羊水の結果が出たのよ。)
ロス: Oh, tell me, tell me. Is everything, uhh....? (あぁ、教えてよ、教えてよ。全部、その……)
キャロル: Totally and completely healthy. (全く完全に健康よ。)
ロス: Oh, that's great! That is great! [Hugs and kisses Carol. Then picks up a picture frame] (あぁ、それは良かった! それは良かった! [キャロルにハグしてキスする。それから写真立てを手に取る])
ロス: Hey, when did you and Susan meet Huey Lewis? (ねぇ、君とスーザンはいつヒューイ・ルイスに会ったの?)
キャロル: Uh, that's our friend Tanya. (あぁ、それは私たちの友達のターニャよ。)
ロス: [surprised, chuckling nervously] Of course, it's your friend Tanya. [looks up frightenedly] ([驚いてナーバスに含み笑いをして] もちろん、君の友達のターニャだよね[ヒューイ・ルイスなわけないよね]。[怯えたように目を上げる])
キャロル: Don't you wanna know about the sex? (セックスについて聞きたくない?)
ロス: [chuckles nervously] The sex? [chuckles] Um, I'm having enough trouble with the image of you and Susan together. When you throw in Tanya... I'm... Aah. ([ナーバスに笑って]セックス? [笑う] あのー、君とスーザンが一緒にいるイメージだけでも十分大変なんだよ。そこにターニャも放り込んだら……あぁ……)
キャロル: The sex of the baby, Ross. (赤ちゃんのセックス[性(別)]よ、ロス。)
ロス: You know the sex of the baby? Oh, oh oh oh! (君は赤ちゃんの性別を知ってるの? あぁ、あああ!)
キャロル: Do you want to know? (知りたい?)
ロス: No, no, no. No, I don't want to know. Absolutely not. I think, you know, I think you shouldn't know until you look down there and see, "Oh, there it is..." [pauses] or isn't. (いやいやいや。いや、僕は知りたくない。絶対に知りたくない。ほら、僕は思うんだよね、下のほうに視線をやって、「あぁ、それがある…」(間を置いて)または、ない、ってわかるまで性別は知るべきではないって[それがある、または、ない、ってわかって初めて性別を知るべきだって]。)

Monica sends her love along with this lasagna. を直訳すると「モニカがこのラザニアと一緒に愛を送る(って)」。
これはモニカが愛を込めて作ったラザニアで、モニカがよろしく言っといて、ってさ、くらいのニュアンスでしょう。

vegetarian は名詞で「菜食主義者、ベジタリアン」という意味ですが、ここでは「ベジタリアン用の」という意味の形容詞として使われています。
名詞の場合は可算名詞なので、You are a vegetarian? 「あなたはベジタリアンですか?」のように不定冠詞 a がつくことになります。
it は(人ではなく)その前の this lasagna 「このラザニア」を指していることからも、人を意味する「菜食主義者」という名詞ではないことが想像できます。

Is it vegetarian? 'Cause Susan doesn't eat meat. の 'Cause は Because の短縮形。
「なぜなら」というのは「なぜそんなことを尋ねるかって言うと」というニュアンス。
Susan doesn’t eat meat. は「習慣・習性を表す」現在形。
「スーザンは肉を食べない人だ」、つまり、スーザンは菜食主義者だということです。

それを聞いたロスは、少し沈黙した後、I'm pretty sure that it is. と言っています。
it is vegetarian であることは、pretty sure だよ、ということで、pretty は sure を強調する「かなり」という意味の副詞。
sure であることは「かなり」の度合いであるということで、ここでは「ほぼ間違いなくそうだ」というニュアンスになります。
このエピソードの冒頭での、モニカとシルおばさんとの電話の会話の中で、「ベジタリアン用ラザニアと言ってくれていたら、私はベジタリアン用ラザニアを作ったでしょうに」という発言があった通り、大量に余ってしまった「ベジタリアン用ではないラザニア」をロスが持ってきたことが想像されますので、ロスは、ベジタリアン用ラザニアではないと知っていて、「ベジタリアン用なのはほとんど間違いないよ」と嘘を言っていることになります。
キャロルとの会話からスーザンがベジタリアンということがわかり、ロスにとってスーザンは元妻を奪った恋敵のような存在ですから、間違えてそれを食べて気分が悪くなっても僕の知ったことか!みたいな気持ちが込められているのですね。
このエピソードの最初のモニカの電話の会話で、ラザニアがベジタリアン用ではないことがわかっているからこそ、ここでのロスの意地悪に笑えるという流れです。

amnio は amniocentesis「羊水を採取して、胎児の病気など、胎児が病気でないかを調べるテスト。羊水検査」の略で、羊水は amniotic fluid となります。
つまり、I got the results of the amnio today. は「今日、羊水検査の結果が出た、結果をもらった」ということ。

Huey Lewis は「ヒューイ・ルイス」で、アメリカのロックバンド、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(Huey Lewis & The News)のボーカル。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌「パワー・オブ・ラヴ」(The Power of Love)などで有名です。
その映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、ヒューイ・ルイスは以下のシーンでカメオ出演もしています。

ダンスパーティーに出演するバンドのオーディション。大音量でノリノリで演奏するマーティのバンド。ところが、拡声器を持った審査員がこう言います。
審査員: I'm afraid you're just too darn loud. ((残念ながら)君ら(のバンド)は音が大きすぎる。)
この審査員が、ヒューイ・ルイスでした。

(「フレンズ」の解説に戻ります)
ヒューイ・ルイスは、男っぽさ全開という感じの男性なので、キャロルとスーザンの友達であるターニャの見た目が男性っぽいことが想像できるやりとりになっています。

その後、キャロルが Don't you wanna know about the sex? 「sex について知りたくない?」と言って、ロスがあわあわするシーンについて。
have trouble with は「〜で苦労する、〜で大変である」なので、have enough trouble with は「〜で十分大変である」ということ。
直前にちょうど、ターニャの話題が出て、二人の友達にはこんな男っぽい女性もいるんだ、、、とびっくりしている時に、the sex の話題が出たので、ロスはてっきりレズビアンの sex つまり、「エッチの行為」についての話かと勘違いしたことになります。
キャロルとスーザンがエッチしている姿を想像するだけでも大変なのに、そこにその写真に写っているターニャも入ってくるとなるともう混乱しちゃうよ、と慌てているわけです。

ターニャの話は、ロスが写真立てに気づいたことで話題に上がったわけですが、キャロルとしてはあくまで赤ちゃんの羊水検査の話の続きとして the sex の話を持ち出したわけで、sex と言えば赤ちゃんの性別に決まってるでしょ、というところだったでしょう。
「羊水検査の結果が出た」→「たまたまロスがターニャの写真を発見」→「the sex について知りたい?」という流れから、キャロルとロスの間でそれぞれ、the sex という言葉で連想するものが違ってしまったというちぐはぐ具合が、この会話のポイントであり面白さともなっています。

「赤ちゃんの性別を知りたい?」と聞かれたロスは I don't want to know. Absolutely not. と答えています。
Absolutely not. は「絶対に〜ない」と全否定を強調するニュアンスで、ここでは「知りたいなんてことは絶対にない、絶対に知りたくない」ということ。

I think you shouldn't know until you look down there and see, "Oh, there it is..." or isn't. について。
このセリフでは look down there and see のように「見る」を意味する動詞 look と see が使われています。
look は「目をやる、視線を向ける」。
see は「見える、(自然と)目に入る」というニュアンスであり、またそこから「わかる」という意味でも使われるので、このセリフを直訳すると「下のほうに視線をやって、「あぁ、それがある」…またはない、とわかるまで、(性別を)知るべきじゃないと僕は思う」という感じになるでしょう。
赤ちゃんの性別を知る方法としては「”あれ”がついているか否か」で判断するのが一般的で、このロスの発言からもそれをイメージすることができます。
「下のほう(赤ちゃんの下半身)を見て、あるかないかを見るまでは性別を知るべきじゃない」というのは「それがついているかどうかを見て、初めて性別を知る」というのがロスにとって理想的な姿であることがわかります。

なお、このロスのセリフでは you が使われていますが、この you は、ロスの話し相手である「君=キャロル」を指しているのではなく、「一般の人々」もしくは回り回って「自分自身」を指しているものと考えられます。
このような you はあえて主語をはっきり訳さない方が良いでしょう。

仮にこの you をキャロルについて語ったものだと考えると「君は下を見て初めて性別を知るべきだと思う」と言ったことになりますが、キャロルはすでに性別を知っていることを考えると、キャロルがどうやって知るべきかを説いていると考えるには違和感があるでしょう。
赤ちゃんの性別を知る方法としては「生まれる前の超音波検査で知る」か「生まれた後であれがついているかどうかで知る」かのどちらかで、ロスは後者の方法を選びたいと語っているわけですから、「(自分も含め、人は)あれがついているかついていないかわかって初めて、赤ちゃんの性別を知るべきだ、と自分は考えている」のように語っていると考えればよいかと思います。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 15:51| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

フリング(軽いお遊び)はフリングされてる(ポイされてる)はずでは フレンズ1-12改その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は15位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


3:09
[Rachel enters with Paolo, speaking Italian. Ross looks annoyed]
レイチェルが、イタリア語を話すパウロと共に入ってくる。ロスはうっとうしそうな顔をする。
レイチェル: Honey, you can say it. It’s Poconos. Poconos. It's like "poke a nose." [touching Paolo's nose with forefinger with each syllable] (ハニー、言えるわよ。ポコノスよ。ポコノス。「ポーク・ア・ノーズ(鼻をつつく)」みたいな感じよ。[シラブル(音節)ごとにパウロの鼻を人さし指で触れる])
パウロ: Ah, poke [Paolo touches Rachel's nose] a [touches nose again] nose, mmm [they rub noses, then kisses her] (あぁ、ポーク [パウロはレイチェルの鼻に触れる] ア [再び鼻に触れる] ノーズ。ん−ん。[二人は鼻をこすり、それから彼は彼女にキスする])
ジョーイ、チャンドラー、ロス: [sitting in living room, imitating Paolo] Mma, Mma, Mmaah. ([リビングに座りながら、パウロの真似をする] マ、マ、マー。)
[Camera pans to Rachel, Monica, and Phoebe in the kitchen]
カメラはキッチンのレイチェル、モニカ、フィービーにパンする。
モニカ: So did I hear "Poconos"? (それで、私は「ポコノス」って聞こえた?[今、(あなたは)「ポコノス」って言った?])
レイチェル: Yes, my sister's giving us her place for the weekend. (えぇ、週末に妹が場所[家]を私たちに貸してくれるのよ。)
フィービー: Woo-hoo. First weekend away together. (ウーフー。遠くで一緒に過ごす初めての週末ね。)
モニカ: Yeah, it's a big step. (うん、大きな一歩だわ。)
レイチェル: I know. (そうね。)
[Camera pans to Ross, looking dejected]
カメラがロスにパンする。
チャンドラー: Ah, it's just a weekend. Big deal. (あぁ、ただ週末(を過ごす)だけだ。大したことじゃない。)
ロス: Wasn't this supposed to be just a fling, huh? Shouldn't it be... [makes flinging motions with hands] flung by now? (ただの軽いお遊びのはずじゃなかったのか? [手でフリングする[投げる]動きをして]今頃はもうフリングされてる[ポイされてる]はずじゃないのか?)
[Camera pans back to Rachel]
カメラがレイチェルにパン・バックする。
レイチェル: I mean, we are way past the "fling" thing. I am feeling things that I've only read about in Danielle Steel books, you know? I mean, when I'm with him, I'm just totally, totally.... (つまり、私たちは「フリング(軽いお遊び)」ってやつをとっくに越えてしまったのよ。ダニエル・スティールの本で読んだことがあるだけだったことを、私は今感じているの、わかるでしょ? ほら、彼と一緒にいる時、私はただすっごくすっごく……)
[Camera pans to Ross, holding his stomach]
カメラがロスにパンする、ロスは腹を押さえている。
ロス: Nauseous. I'm physically nauseous. What am I supposed to do, huh? Call Immigration? [pauses, looks suddenly inspired] I could call Immigration. (吐き気がするよ。そうだ。僕は実際に吐き気がする。僕はどうすればいいんだ? 入国管理局に電話する? [間があって、突然ヒントを得たかのように] 僕は入国管理局に電話することができるじゃないか。)

Poconos「ポコノス」は、ペンシルベニア州の The Pocono Mountains(ポコノ山脈)のこと。リゾート地として有名です。
poke は「突く、つつく」。
Poconos と発音できないパウロに poke a nose「鼻をつつく」に発音が似てるわ、と説明するレイチェル。
鼻を触れあいながらキスしていちゃつく二人を見て、男性陣はパウロのイントネーションを真似ています。

So did I hear "Poconos"? を直訳すると「それで、私は(今)「ポコノス」って聞いたの?」というところ。
今、私にはポコノスと聞こえたけど、確かにそう言った? という感覚。
First weekend away together. は「ここから離れた場所で一緒に過ごす、初めての週末」。
away は「離れた場所で、(ここから)離れて」、together は「一緒に」で、しばらく付き合ってきたけれど、遠くに行ってお泊りするような小旅行は初めてね、ということ。
レイチェルとパウロが週末旅行することをモニカが a big step「大きな一歩」と表現した後、男性陣に画面が切り替わると、チャンドラーは Ah, it's just a weekend. Big deal. と言っています。
just がついているので「ただ週末(を過ごす)だけ」という意味になり、just を使っていることからチャンドラーは「週末旅行」をそれほど大ごととはとらえていないことがわかります。
Big deal. を直訳すると「大ごと、一大事」という意味ですが、It's not a big deal.「大したことじゃない」という意味で、皮肉っぽく Big deal. と表現することもよくあります。
本来の意味なのか、反対の意味なのかは、話の流れや話者の表情やイントネーションで判断できることになります。

ロスの Wasn't this supposed to be just a fling, huh? Shouldn't it be... flung by now? について。
これは fling という単語を使ったダブルミーニングになっています。
名詞の fling は「遊びで軽くつきあうこと、短期間の情事、長続きしないロマンス」という意味。
次のセリフの flung は、「ものを投げる、放り出す」という意味の動詞 fling の過去分詞形。

それぞれの意味は英英辞典で以下のように出ています。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
fling [noun] : a short and not very serious sexual relationship
fling [verb] : to throw something quickly with a lot of force

つまり、名詞は「短くてあまり真剣ではない性的関係」、動詞は「力いっぱい素早く何かを投げること」。

ですからロスは、手で「投げられる、ポイされる」ようなしぐさをしながら、fling(お遊び)だから、今頃は、be flung(放り出されている)はずじゃないのか?と fling の名詞と動詞の意味をかけていることになります。
Wasn't this supposed to be... は「これは…であるはずじゃなかったのか?」。

We are way past the "fling" thing. は「私とパウロは、「フリング(お遊び)」っていうのをずっと越えてしまってるのよ」。
past は「(限度を)越えて」、way は「はるかに、ずっと」という副詞。
もう「お遊び」のレベルはすっかり越えてしまって、真剣になってしまった、ということ。「fling だったはずなのに」と男性陣に愚痴っているロスを映した後、画面が切り替わり、レイチェルが「もう fling のレベルじゃない」と女性陣に言っている対比の描写が面白いです。
ロスの思いとはうらはらに、レイチェルとパウロとの仲がどんどん進展していっている様子が伺えます。

Danielle Steel は「ダニエル・スティール」。ロマンス小説のベストセラーを出している女性作家。
Wikipedia 日本語版:ダニエル・スティール
いかにも女の子が好きそうなロマンス小説の作家の名前を挙げたことになります。

レイチェルは「私は彼といると、ほんとに…」と自分がどれだけ幸せで、どれだけ彼に夢中かを話そうとしています。
レイチェルの I'm just totally, totally... の後の言葉を聞く前に、画面がパッと切り替わり、その I’m just totally, totally をうける形で、(I’m just totally, totally) nauseous. 「僕はただほんとに吐き気がするんだ」と繋がって聞こえるのが笑いのポイントになっています。
二人の言葉が一つの言葉のように連続して聞こえることで、ものすごく幸せそうなレイチェルと、不幸のどん底みたいなロスとの対比がさらにはっきりします。

totally は「全体的に、全く、完全に」「本当に、すごく」、nauseous は「不快な、胸が悪くなるような、吐き気がするような」、physically は「物理的に」「肉体的に、身体的に」。
physically nauseous は気持ち的・気分的な不快感ではなく、実際に僕の体が吐き気を催しそうになっている、比喩ではなく本当に吐きそうなほど気分が悪い、ということ。

What am I supposed to do, huh? は「僕はどうすればいいんだ?」。
be supposed to (do) は「…(する)ことになっている」。
少し前のロスのセリフ Wasn't this supposed to be just a fling, huh? でも過去形の否定疑問文の形で使われていました。
Wasn't this supposed to be... だと「(これは)…であることになっていたんじゃないのか?」となります。
過去形を使うことで「そうなっているはずだったのに実際には思っていたのと違う結果になっている」ことが示唆されています。

call Immigration は「入国管理局に電話する・連絡する、入国管理局を呼ぶ」。
immigration は「入国管理、移民」という意味で、文頭が大文字の Immigration は入国の管理をする施設の名称。
何の気なしに、Call Immigration? 「入国管理局に電話するか?」と言った後、その自分の発言を名案と思ったようで、I could call Immigration. 「そうだよ(しようと思えば)電話できるじゃないか。その手があるじゃないか」みたいに言っています。
ほとんど英語を話せないパウロを見て、ビザ切れ、不法滞在などの可能性もありそう、通報したら強制帰国させることが可能かも、というようなことでしょう。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:23| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

その口でキスするの? フレンズ1-12改その1

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は16位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


シーズン1 第12話
The One With the Dozen Lasagnas
原題訳:12皿のラザニアの話
邦題:おなかのベビーはどっち?


0:00
[Scene: Gang sitting around Central Perk.]
シーン:ギャング(フレンズたち)がセントラルパークで時間を過ごしている。
[Ross working on crossword puzzle, starts humming theme from "The Odd Couple". Chandler joins in, followed by Monica & Phoebe, then the whole gang. Ross starts humming theme from "I Dream Of Jeannie"]
ロスはクロスワードパズルをしていて、「おかしなカップル」のテーマソングをハミングし始める。チャンドラーが加わり、モニカとフィービーが続き、それから全員が続く。ロスは「かわいい魔女ジニー」のテーマをハミングし始める。
チャンドラー: No no no no, we're done! (ダメダメダメダメ、もう終わったの!)

ト書きの Gang sitting around Central Perk. について。
gang というのは「ギャング、群れ、集団、一味」というニュアンスでそこから「遊び仲間」も意味するので、フレンズたちのことを gang と表現することも多いです。
sit around Central Perk を直訳しようとすると「(コーヒーハウスの)セントラルパークの周りに座る」となってしまいそうですが、ここでの sit around は「ぶらぶらして過ごす」という意味。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
sit around [phrasal verb] : to spend a lot of time sitting and doing nothing very useful
つまり「(句動詞)座って、特に有用なことは何もせずに時間を過ごすこと」。

ロスがハミングし始めると、フレンズたちが次々に合流して、ノリノリになっていく様子が楽しいオープニングシーン。
曲の説明をしますと、最初にハミングしていたのは、The Odd Couple のテーマソング。
続いてロスがもう1曲歌おうとして、チャンドラーに止められたのは、I Dream Of Jeannie のテーマソング。

まず最初の、The Odd Couple は、アメリカの70年代シットコムで、邦題は「おかしなカップル」(または「おかしな二人」)。
共に離婚歴のある二人の男性、きれい好きのフェリックス(Felix)と、だらしないオスカー(Oscar)が同居する生活を描いた作品。
元々は、ニール・サイモンの戯曲で、映画になり、さらにテレビドラマ化されました。そのドラマのオープニングテーマをフレンズたちはハミングしていることになります。
2番目の I Dream Of Jeannie は、1960年代のアメリカのシットコムで、邦題は「かわいい魔女ジニー」。
宇宙飛行士のトニーに惚れた魔女ジニーが巻き起こす騒動を描いた作品。
ジニーのアラビア風衣装が有名で、原案は「ゲームの達人」などの作者であるシドニー・シェルダンです。

we're done の be done は「終わった、おしまい」という意味。
自分が歌い始めてみんなが乗ってくれたことに気を良くしたロスでしたが、2曲目はもういい、1曲でおしまいだ、とチャンドラーに宣言されたことになります。


1:48
[Scene: At girls' apartment; Monica working in kitchen]
シーン:女性陣のアパートメント、モニカは台所で作業している。
モニカ: [on phone] Aunt Syl [Silv], stop yelling! All I'm saying is that if you’d told me vegetarian lasagna, I would’ve made vegetarian lasagna. [pauses, listens to person on phone] Well, the meat's only every third layer. Maybe you could scrape. ([電話で] シルおばさん、どなるのはやめて! 私が言っているのはこれだけよ、もし(おばさんが私に)ベジタリアン用ラザニアと言ってくれていたら、私はベジタリアン用ラザニアを作ったでしょうに、って。[一呼吸おいて、電話の相手の声を聞く] そうねぇ、肉は3層ごとにあるだけよ。多分、(その肉の層だけ)削り取れるんじゃないかしら。)
[Camera moves to Chandler, Phoebe, Ross and Joey sitting in living room]
リビングに座っている、チャンドラー、フィービー、ロス、ジョーイにカメラが移動する。
ジョーイ: Ross, did you really read all these baby books? (ロス、お前はほんとにこれだけの本全部を読んだのか?)
ロス: Yup. You could plunk me down in the middle of any woman's uterus, no compass, and I can find my way out of there like that! [snaps fingers] (うん。どんな女性の子宮の真ん中にポンと置かれても、コンパスなしで、僕は外に出る方法を見つけることができるよ、こんな風に(簡単に)ね! [指を鳴らす])
フィービー: Ooh, this is cool. It says in some parts of the world, people actually eat the placenta. [Joey grimaces] (まぁ、これってクールね。この本によると、世界のある場所では、実際に胎盤を食べるんだって[世界には、実際に胎盤を食べる場所があるんだって]。[ジョーイは顔をしかめる])
チャンドラー: And we're done with the yogurt. [sets yogurt down on table] (そしてヨーグルトはもうおしまい。[ヨーグルトをテーブルに置く])
フィービー: [softly] Sorry. ([そっと] ごめん。)
[Camera pans back to Monica, still on phone]
カメラは、まだ電話しているモニカに戻る。
モニカ: Aunt Syl, I did this as a favor. I am not a caterer. What do you want me to do with a dozen lasagnas? [listens to Aunt Syl on phone, looks shocked] Nice talk, Aunt Syl. You kiss Uncle Freddie with that mouth? (シルヴおばさん、私は好意でやったことなのよ。私はケータラー[ケータリング業者、仕出し屋]じゃない。1ダース(約12個)のラザニアを私にどうしろって言うの? [電話のシルおばさんの声を聞いて、ショックを受けた顔をする] ナイストークね[言うわね]、シルおばさん。その(汚い)口でフレディおじさんにキスするの?)
[Camera pans back to group in living room]
カメラはリビングのフレンズのグループに戻る。
ジョーイ: Hey, Ross, listen. You know that right now your baby is only this big? [measures about 2 inches with his thumb and index finger] This is your baby. [in baby-like voice] “Hi, Daddy.” (なぁ、ロス、いいか。たった今、お前の赤ちゃんはたったこれくらいの大きさだって知ってるだろ? [自分の親指と人さし指で約2インチを測る[長さを示す]] これがお前の赤ちゃんだ。[赤ちゃんのような声で] 「はーい、パパ」)
ロス: [waves] Hello. ([手を振って] ハロー。)
ジョーイ: [in baby-like voice] “How come you don't live with Mommy?” [pause; shows Ross less than amused] “How come Mommy lives with that other lady?” [pause; Ross still looks less than amused; Joey smiling] “What's a lesbian?” [playfully hits Ross] ([赤ちゃんのような声で] 「どうしてパパはママと住んでないの?」 [一瞬の間。喜んでいないロスが映る] 「どうしてママはあの別の女の人と住んでるの?」 [一瞬の間。ロスはまだ喜んでいない表情、ジョーイは微笑んでいる] 「レズビアンって何?」 [ふざけてロスを叩く])

台所にいるモニカは誰かと電話しています。
モニカが呼び掛けているセリフは、DVDでは Aunt Silv、Netflix では Aunt Syl と表記されていますが、この記事では Syl で統一しています。
All I'm saying is that ... を直訳すると、「私が言っていることの全部は…である」ということなので、「私はただ…と言っているだけ」というニュアンス。

if you’d told me vegetarian lasagna, I would’ve made vegetarian lasagna について。
if you had told..., I would've made... は「もし(過去に)言ってくれていたら、(過去に)そうした(作った)ことでしょう(に)」という意味の「過去の事実と反対の仮定」を述べる「仮定法過去完了」。
ここで仮定法過去完了が使われていることで、モニカが作ってしまったのは、リクエストと違うものであることがわかります。
「もしそうだといってくれていたら、それを作ったのに」という言葉の裏には「おばさんがそう言ってくれないから、別のもの、つまりベジタリアン用じゃない普通のラザニア(肉の入ったラザニア)を作っちゃったわよ」という気持ちが込められているわけです。

Well, the meat's only every third layer. Maybe you could scrape. について。
the meat's only every third layer は「肉はただ3番目の層ごとにある」→「3層ごとに肉が入ってるだけ」。
scrape は「削り取る、こすり落とす」。
ニューヨークなどの高層ビルを摩天楼と言いますが、あれは英語で skyscraper と言います。
摩天楼という日本語が、その英語を直訳したもので「天を摩する(まする=こする、近づく)楼閣(高い建物)」という意味です。
肉は3番目の層ごとにある「だけ」だから削れるんじゃない? と言っていますが、3層ごとにあるものを、そこだけ削るのは実際には難しいでしょう。
事前にきちんと伝えてくれていたらこんなことにはならなかったのに、という思い(不平不満)が、「3層ごとにあるわけだから削ればいいんじゃない?」という「無理なことを言う」発言に繋がっている、ということです。

ジョーイが「この本を全部読んだのか?」に対して答えたロスのセリフの plunk down は「〜をポン・ドサッと置く・放り出す」。
LAAD では、
plunk [transitive] (informal) : to put something down somewhere, especially in a careless noisy way
plunk something in/on etc.
例)She plunked the bag down on the table.

つまり「(インフォーマル)何かをどこかに置くこと、特にぞんざいで騒々しい方法で」。例文は「彼女はそのバッグをテーブルの上にドサッと置いた」。
ただ置くだけではなく、ぞんざいな感じで置くのがポイントということです。
uterus は「子宮」。ロスの元妻のキャロルが現在妊娠中であることが過去のエピソードで語られていましたので、ロスが出産に関するたくさんの本を読破したということだと想像できます。

フィービーのセリフの placenta は「胎盤」。妊娠時には赤ちゃんを守り、出産後は母親の体から排出されるものですが、世界の中には、それを食べる地域もある、と聞いて、ヨーグルトを食べていたチャンドラーは食べる気をなくしてしまいます。
And we're done with the yogurt. は「そして、俺たちはヨーグルトについてはもうおしまい」という感覚。
冒頭のハミングのシーンでも、2曲目を続けようとしたロスにチャンドラーが No no no no, we're done! と言っていましたが、その be done と同じ「終わった、おしまい」というニュアンスです。

モニカとシルおばさんの電話の会話はまだ続いています。
I did this as a favor. は「私は好意で(好意として)これ(ラザニア作り)をやった」。
What do you want me to do with a dozen lasagnas? は「12個(約10個)のラザニアを私にどうしろって言うの?」。
dozen は「ダズン、ダース」で12個ですが、必ずしも12個ちょうどとは限らず、約10個くらいのイメージ。
その後、電話相手のシルおばさんが何か言うのを聞いて、モニカは目を見開き、口をあんぐりして、あきれた表情を見せています。
この表情から、相手のシルおばさんが、モニカがあきれるようなひどい言葉を使った、または罵(ののし)ったであろうことが想像できるでしょう。

You kiss Uncle Freddie with that mouth? は「おばさんはその口でフレディおじさんとキスするの?」。
「その口」というのは、「そんな汚い言葉を発した、そんな汚い口で」というニュアンス。
今回は相手がモニカのおばさんだったので、その夫であるおじさんが目的語になっていますが、一般的によく使われるのは、
You kiss your mother with that mouth? 「君はその口でお母さんとキスするのか?」
というフレーズ。
汚い言葉を使った子供に向かって「そんな汚い言葉を発した、そんな汚いお口で、君はママとキスするのかなぁ?」と使われる表現です。

7月16日に私の最新刊『Avengers: Age of Ultronで英語が話せる本』(KADOKAWA)が発売になりましたが、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の中で、まさにその You kiss your mother with that mouth? というセリフが(時間は 1:51:35 頃に)登場しており、その本の中でもそのセリフについて解説しています。
ネタバレになるかもしれないので詳しい状況は伏せますが、人物Aが人物Bに対して、"B(人名), you son of a bitch." 「君は何て野郎だ」という意味の汚い言葉を言ったので、それに対して人物Bが "Ooh! You kiss your mother with that mouth?" 「おぉー! 君はその口でお母さんとキスするのか?」と返したという会話です。
人物Aは子供ではなく、立派な大人ですが、子供に注意するような言い方でからかうように言った面白さになります。

ジョーイはロスに、You know that right now your baby is only this big? と言って、指で2インチほどを示しています。
only this big は「ほんのこれくらいの大きさ」。this big と言いながら、どれくらいの大きさなのかを、今回のジョーイのように指と指の間隔で示すしぐさをすることがよくあります。
How come you don't live with Mommy? は「どうしてパパはママと一緒に住んでないの?」。
How come...? は「どうして…? なぜ…?」で、Why...? の口語表現。
How come の後ろは、SV(主語+動詞)の平叙文の語順になります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 10:46| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

go down that road フレンズ1-11改その21

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は10位、「にほんブログ村」は15位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


21:23
[Ross knocks on Mon+Rach's door]
ロスはモニカとレイチェルの家のドアをノックする。
チャンドラー: Hey. (おい。)
ロス: You mean that? ((今、僕に)おい、って言ってる?)
チャンドラー: Yeah, why not? [They shake hands] So I told her. (あぁ、もちろんだ。[二人は握手する] それで、俺はあの人(母親)に話したよ。)
ロス: Oh. How did it go? (あぁ。どんな感じにいった?)
チャンドラー: Awful. Awful. Couldn't have gone worse. (ひどい。ひどかったよ。これ以上悪くなりようがないくらい(最悪)だった。)
ロス: Well, how do you feel? (それで、どんな気持ち?)
チャンドラー: Pretty good. I told her. (かなりいいよ。あの人に話せた(から)。)
ロス: Well, see? So maybe it wasn't such a bad idea, y'know, me kissing your mom, huh? Huh? [Wags his finger at Chandler, then puts it down] But we don't have to go down that road. (あぁ、だろ? なら多分、そんなに悪いアイディアじゃなかったよな、ほら、僕が君のママにキスしたことは、だろ? だろ? [ロスは自分の指をチャンドラーに向けて揺すり、それから指を下ろす] でもあんな風に[あの時みたいに]する必要はないよな。)
[Credits]

チャンドラーとママがいるところに取り残されてしまったロスは、チャンドラーのママが去った後、モニカとレイチェルの家に用事があっただけだ、というように、部屋をノックしています。
そのロスにチャンドラーが Hey. と声を掛け、ロスは You mean that? と返します。

You mean that? は「そういう意味・意図で言った?」という意味で、Hey. という人に声を掛ける時の言葉を僕に向かって言った? チャンドラーは僕に対して激怒していたのに君の方から今声を掛けた? と尋ねた感覚になります。
why not? を直訳すると「どうして not なんだよ?」ということで、「どうして”そういう意図で言ってない”って思うんだ? 当然そういう意図で言ったんだよ」ということ。

How did it go? は「状況がどのように進んだか?」ということで、ママとの会話がどんな風に進んだか、どんな感じだったかを尋ねる質問。
awful は「ひどい、最悪な」。
couldn't have gone worseは、「これ以上さらに悪くなることなどできなかっただろう」、つまり「これ以上悪くなりようがないほど、最低最悪」という意味になります。
逆に、couldn't be betterは「これ以上は良くなりようがない」ですから、「絶好調だ、最高だ」という意味になり、出会った時の挨拶で、"Hi! What's up?" 「やぁ、調子どう?」と聞かれた際、"Couldn't be better." 「最高だよ」とやり取りでよく使われます。
pretty good の pretty は副詞で「かなり」。

So maybe it wasn't such a bad idea, y'know, me kissing your mom, huh? について。
it wasn't such a bad idea の it は、その後に出てくる me kissing your mom 「僕が君のママにキスしたこと」になります。me は動名詞 kissing の意味上の主語。
「僕が君のママにキスしたことも少しは役に立っただろ。こうしてママとじっくり話し合う機会を持てたんだから」という意味でそう言いながら、ロスは得意げにチャンドラーに指を向けたのですが、またセントラルパークでのギリシャ悲劇のくだりのように指をひねられてはいけないと思ったらしく、But we don't have to go down that road. と言って指を折り曲げることになります。

we don't have to go down that road. の go down that road は、Cambridge Dictionary で以下のように出ていました。
go down that road : to decide to do something in a particular way
例)I don't think we want to go down that road.

つまり「ある特定の方法で何かをすると決めること」。例文は「僕たちはその方法ではやりたくないと思う」。

この Cambridge Dictionary の例文は、今回のロスのセリフによく似ています。
go down that road を直訳すると「その道を行く・歩む・進む」ですから「ある方法で何かをする・行動する」という意味になるのはわかりやすいでしょう。
that road 「その道・あの道」のように指示代名詞が使われていることで、具体的な内容を言わなくてもお互いにその行動が容易にイメージできる場合に使われることになります。
今回のロスのセリフも、僕たちが前にやったことを繰り返す必要はないよね、という感覚になるでしょう。
ここでは主語が「僕たち」になっていますが、「前の人と同じ失敗はしない」という意味の「同じ轍(てつ)は踏まない」(「轍」(てつ・わだち)=車輪の跡)という日本語表現に似た感覚もあるような気がします。


22:00
[Credits Scene: Mon+Rach's. Rachel is handing out copies of her book to the gang]
クレジット・シーン:モニカとレイチェルの部屋。レイチェルはギャング(フレンズたち)に自分の本のコピーを配っている。
レイチェル: Okay. Now this is just the first chapter, and I want your absolute honest opinion. Okay? Oh, and on page two, he's not reaching for her "heaving beasts." (いいわ。今、これはまだ第1章で、あなたたちの真っ正直な意見が欲しいのよ、いい? あぁ、それから、2ページ目、彼は彼女の「あえぐ獣(けもの)」に手を伸ばしたんじゃないのよ。)
モニカ: What's a "niffle"? (”ニフル”って何?)
ジョーイ: You usually find them on the heaving beasts. (たいてい、あえぐ獣の上にあるものだよ。)
レイチェル: Alright, alright, so I'm not a great typist. (わかった、わかった、だから私はタイプが得意じゃないのよ。)
ロス: Wait, did you get to the part about his "huge, throbbing pens"? Tell ya, you don't wanna be around when he starts writing with those! (待って、彼の「巨大な、脈打つペン」って部分まで行った[到達した、読んだ]? ほら、彼がそんなペンで書き始める時にそこにいたくない[居合わせたくない]よな?)
レイチェル: Alright, that's it. Give them back! That's it! (わかった、そこまでよ。それを返して! 終わりよ!)
みんな: Nooo! (えー!)

absolute honest opinion は「真っ正直な意見」。absolute は「完全な、全くの」なので、absolute honesty なら「真っ正直」となります。

reach for は「〜に手を伸ばす」。
字幕で "heaving beasts" と引用符がついており、その部分がタイポ(typo、タイプミス)であることが示唆されています(その後のレイチェルのセリフに typist という単語が出てくることからもわかります)。
heave は「うねる、波打つ」「あえぐ」で、heaving breast だと「波打つ胸、(激しく息をして)あえぐ胸」になります。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
heave : CHEST/SHOULDERS if someone's chest or shoulders heave, they are breathing very hard.
つまり「もしある人の胸または肩が heave するというのは、それらが非常に激しく呼吸しているということ」。

レイチェルは、チャンドラーのママ、ノーラ・ビングに倣って官能小説を書いているので、「彼は彼女のあえぐ胸に手を伸ばす」というエッチな描写を書くつもりが、breast と書くべき部分を r を入れない beast 「野獣、けもの(獣)、けだもの」とタイプしてしまったようです。

You usually find them on the heaving beasts. を直訳すると、「たいてい、人は heaving beasts の上に niffles を見つける」ということで、「たいていは niffles の上にあるものだね」という感じ。
niffle は見た目の通り、nipple 「乳首」のタイプミス。
乳首は胸(breasts)の上にありますから、このジョーイのセリフからも、beasts は breasts のタイプミスであることがわかります。
レイチェルの niffle というタイプミスを、別のタイプミス(beasts)を使って説明しているという面白さです。

I'm not a great typist. は「私はタイプ(タイピング)がうまくない、得意じゃない」。
直訳すると「私は良い・素晴らしいタイピストじゃない」ということですが、タイピストと表現するとタイプライターを打つ職業のように聞こえてしまいそうですから、このような I'm not a great -ist/-er.(〜する人). という形は「〜するのがうまくない・得意じゃない人」という感覚で理解すると良いでしょう。

did you get to the part about...? は「…についての部分にみんな到達した?」。
レイチェルの書いた文章を読んで、そこまで行った? その部分を読んだ? と問いかけていることになります。
throb は「鼓動する、脈打つ、ズキズキする」。なので、
LAAD では
throb
1. if a part of your body throbs, you get a regular feeling of pain in it
3. if your heart throbs, it beats faster or more strongly than usual

つまり、1. は「体の一部が throb するというのは、そこに規則的な痛みの感覚を感じること」。
2. は「心臓が throb するというのは、普段よりもより速く、より強く鼓動すること」。

huge, throbbing (pens) は「巨大な脈打つ(ペン)」で、エッチな小説っぽく penis と書くべきところを、pens とタイプしてしまった( i が抜けてしまった)ということ。
もしそういう「ペン」があったら怖いよねぇ、彼がそのペンで[ペンを使って]文字を書く(write with those)としたら、彼のそばにはいたくないよねぇ、と言っています。
with は「〜を使って、〜を用いて、〜で」という「道具や手段」を表す前置詞。

みんながレイチェルの小説のタイポをからかいまくるので、レイチェルは原稿を返してと怒ります。
That's it. にはいろいろな意味がありますが、ここでは「そこまでよ、終わりよ」という意味になります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 21:57| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

『Avengers: Age of Ultronで英語が話せる本』本日発売です!

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は14位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


私の著書10冊目『Avengers: Age of Ultronで英語が話せる本』が、本日2021年7月16日(金)に KADOKAWA より発売となります!

アマゾンではこちら。
Amazon.co.jp: Avengers: Age of Ultronで英語が話せる本
AoU_480px_mt.jpg

2020年12月25日に『Avengers: Infinity Warで英語が話せる本
2021年02月26日に『Avengers: Endgameで英語が話せる本 上』『Avengers: Endgameで英語が話せる本 下
を発売させていただきましたが、今回は『エイジ・オブ・ウルトロン』を出させていただけること、とても嬉しいです♪

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品の中で『アベンジャーズ』シリーズは全4作あり、この『エイジ・オブ・ウルトロン』は2作目に当たります。
3作目『インフィニティ・ウォー』、4作目『エンドゲーム』を先に出させていただいた後で、2作目に「戻った」形になりましたが、既刊と合わせてお読みいただければ大変嬉しく思います。

現在、『エンドゲーム』から2年ぶりとなるマーベル映画最新作『ブラック・ウィドウ』が公開されていますが、『エイジ・オブ・ウルトロン』でもブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の活躍が描かれていました。
最新作『ブラック・ウィドウ』にも共通するようなダイナミックなアクションシーンや、彼女の過去「レッドルーム」にまつわる回想シーンなども出てきます。
また、ディズニープラスで配信されていたマーベルのドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』の主人公二人が出会う作品でもあります。
そのように『エイジ・オブ・ウルトロン』は、映画『ブラック・ウィドウ』やドラマ『ワンダヴィジョン』の予習にも最適なものとなっていますし、もちろん他のMCU作品とのリンクもたくさんあります。

MCUの世界はこれからもどんどん広がっていき、ますます目が離せません。
『アベンジャーズ』シリーズのうち3作の本を担当させていただけたこと、実に光栄です。
大好きなMCU作品の本をこうしてまた出させていただくことができましたのも、拙ブログを読み、応援して下さる皆様、拙著をお買い上げ下さった皆様のおかげと心より感謝しております。
本当にありがとうございます<(_ _)>

洋画や海外ドラマの生きたセリフから英語を学ぶことはこんなに楽しい、こんなに多くのことが学べる! ということをお伝えすることができるよう、これからも全力で頑張ります!
どうかこれからもよろしくお願いします。

これからも頑張れ〜! と応援して下さる方は、下のランキングをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:08| Comment(2) | 著書10冊目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする