2006年05月11日

Rach Goes 0511

突然ですが・・・
「GWボケをぶっとばせ企画」といたしまして、英語オンリーの文章を書いてみることにしました。
何故、これを書くことになったのか、興味のある方は、英語本文を読んでいただくとして(笑)、これは私の「個人的な練習」ですので、無理して読んでいただく必要はありません。
興味のない方は、また明日のフレンズ解説でお会いしましょう。
一度書いてみたらどんな感じになるかなぁ、程度ですので、この企画、これっきりになる(可能性大)かもしれませんが、まぁ、青春の一ページということで・・・(爆)。
もし万が一(if ... should)、英文を読んで何かご感想がございましたら(「こんな企画やめろぉー!」とかの文句でも何でもいいですよ!・・・笑)、コメントは日本語で入れていただいても結構ですので、どうぞお気軽に!(もちろん、無理してコメント入れて下さらなくていいですよっ!)
それでは、Here we go! (私はどこぞのDJかっ!?)


Rach Goes 0511

One of my web-friends asked me to write something in English on his blog the other day.
That was the day when it all began.
(I don't announce his name here because I'm sure he prefers being anonymous, but... I guess you guys know who he is, right?)

The details are as follows:
One day I was completely stunned by his comment on his blog. The comment said, "Dear Rach, I'd like you to write columns in English on my blog regularly, say, like once in every two weeks or so. If possible, I strongly recommend that you write them not as comments but as main bodies."

What? What? WHAAAT??? I didn't understand what he was trying to say. Not on MY blog, but on HIS blog? What are you talking about? What are you driving at? Are you serious? Do you mean it? ... (The rest is omitted.)
I had to gather any and all lines from the Sitcom 'Friends' in order to express my confused feelings. I was preoccupied with a lot of questions and question marks at that time. I felt slightly dizzy because I had no idea how to deal with this very very difficult problem.
I saw nothing but black darkness ahead of me. It was completely black dark.

What should I insert right now? For instance, 'Intermission' or 'Opening titles' ?

As you know, I'm too weak and vulnerable to refuse his proposal. (It's so strange if you didn't know that.)
I guess he knows my character very well. Moreover, he is reallly good at encouraging me. And to make matters worse, I get flattered so easily.
So I can't find any proper reason to turn down his suggestion. But I have no guts to write something on HIS blog, because I really love his blog and I don't wanna stain his excellent work.
I know he hates this kind of expression 'stain', but I can't find any appropriate words but this.
I think, therefore I am...writing something in English here on my blog right now.

At the same time, we can see this situation in a different way.
Believe it or not, the other myself hates to lose in almost every respect. 'She' is as competitive as Monica, I guess. That's why the other Rach has no choice but to respond to his challenge. Challenging stuff sometimes turns Rach on. Not sexually, of course!

To tell you the truth, I've never kept a journal in English before. Because I kinda doubt the effectiveness of doing it without having native speakers proofreading it.
But he said, "Anyway, you should write something in English. You should try to express yourself in English. Don't be afraid to make mistakes!"
And he has kept saying to me, "Write more, write more!" since I started to write something in English.
That's why I am writing English column here on my blog right now and have made a lot of English comments over there on his blog. Actually, I like writing English. I can say I LOVE doing that.

However, I'm not so sure that I can write that long article in English like his. His English article is SOOO long, isn't it? I'm sure a lot of people, including me, are always surprised at the fact that he has written a lot of long articles with such an amazing pace.
I guess he doesn't need so much time to do that. I actually imagined that he must've cast a spell with a magic wand on his blog, considering that he has posted new articles so frequently these days. Come to think about it, he sometimes changed the time when he posted the article, like Time Cop.

I really like to make comments in English on his blog. Needless to say, I also like to read his English very much. Whenever I find his new article, I can't wait to read that even if I have to go to bed in order to wake up early in the next morning. As a result, I've been losing sleep there days and that is bad for my health and my 'smooth' skin. Oh, I have to get my beauty sleep tonight! (I kinda digressed from the main subject, didn't I?)

Why am I so fascinated with his English? What is so attractive about his English? I can say his English is so natural, fluent, vibrant, ardent
and... blah-blah-blah... Anyway, I can't make it clear with proper one word. The only thing I can say is his English is GREAT. Do you agree with that?
I am keenly aware that he himself will try to deny that idea, though.
Well, in a way, I really ENJOY making him feel awkward by praising him TOO much. Am I so mean and obnoxious? Yeah, that's me! I can't deny that.

In fact, it takes a long time to read his English itself and takes a much longer time to understand his intention hidden between the lines. But it is my pleasure to decipher his English. And after succeeding in decoding his article, I feel like writing something in English as soon as possible. Sometimes I feel I am kinda possessed by his spirit. If I use more realistic expression, I am inspired by his power and guts.

This is the first time I've written so long article in English. After posting this, I'm sure I'll find tons of mistakes on my article.
But I won't feel embarrassed or ashamed. Definitely not!
I would rather praise myself, who accomplished great things, and say, "Well, I’m sort of proud of my achievement. Good job, Rach!"

At this moment, I have a serious confession to make. Are you prepared to be surprised?
To be honest, I am extremely happy to have him as my friend on the web. He's been invigorating me since we got to know each other. Without him, I would be just a babe in the woods, or a little stray sheep in the deep English forest...

...Wow! Did I sentimentalize it too much? HEY, I almost had you guys, didn't I?

FYI: As a matter of fact, he often uses this phrase 'I almost had you' on his blog. He seems to like this expression very much. This phrase reminds me of the lines by Joe Pesci, who played as Tommy in the movie 'GoodFellas.' I don't know where he learned this expression, though.

Phew! I think I did my job to the best of my ability. I can't write anymore. I can't stand even the sight of PC.
Well, now, I have to do the laundry, do the dishes, and...
Right now, I just rememebered I am just a Japanese housewife. I keep forgetting the fact that I could be Rach ONLY on the internet. Yeah, I am NOT Rachel, who is so beautiful that she could get married to Brad Pitt. The harsh realities of life!

Thank you for reading this article to the end, you guys! See you next month, or never!
As of today, I can't assure you that I will write this kind of column once a month. Hopefully, once in a blue moon.

Finally...
The only reason why I wrote this column here is that I'd like to surprise readers on my blog, especially YOU, my dear!
'To be continued' or 'this is concluded'? God only knows.

posted by Rach at 06:53| Comment(20) | Rach GOES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

フレンズ2-14その22

結局、レイチェルを誘うことができず取り残されたロス。
ロスや両親ががっかりしている状態でビデオは終わります。
モニカ: I can't believe you did that. (ロスがあんなことをしてたなんて、信じられないわ。)
ロス: Yeah, well... (あぁ、まぁ・・・)

did that というのは、両親に説得されてタキシードを着込んで、もう少しでレイチェルをプロムに誘うところだった、という一連のロスの行動を指します。
妹のモニカは、その時ロスが誘おうとしていたことは全く知らなかったようですね。もちろん、レイチェルも。
ロスが私を誘おうとして、あんなにドキドキして緊張していたなんて・・・。
ロスが昔から自分のことを好きなのは、レイチェルも知っていたはずですが、これほどの一途な思いだったとは知らなかったようです。
ビデオの中のロスを見る時のレイチェルの表情の変化からもその驚きはわかりますよね。
ロスのその日の行動を目の当たりにして、レイチェルの心は大きく動きました・・・。
レイチェルからロスにキスするシーン、とーってもいいですね。
観客も大喜び。こういう観客の歓声が入るのがシットコムの魅力です。
嬉しそうなフレンズたちの表情も素敵!


フィービー: See? He's her lobster! (見た? ロスはレイチェルのロブスターなのよ!)

このエピソードの前半 フレンズ2-14その5 で、フィービーは、「レイチェルとロスはロブスターだ」と言っていました。
フィービーに言わせると、仲の良いつがいの例えらしいのですが、フィービー以外の誰にも理解してもらえない理論でした(笑)。
そんなフィービーのとんちんかんなセリフさえ感動的に聞こえます。
いやぁ、めでたし、めでたし・・・。(でも、まだまだフレンズは終わりませんよー!)


エンドクレジットのシーンでは、モニカはビデオの続きを見ています。
ママ: Dance with your father. (パパと[練習のために]踊りなさい。)
パパ: I don't know any of your flashdances, but I'm no slouch on the dance floor. (お前たちの言うフラッシュダンスとかは知らないが、ダンスフロアではなかなかの腕前なんだぞ。」

Flashdance は1983年の映画「フラッシュダンス」です。
ジェニファー・ビールス主演のダンス映画ですね。
amazon.co.jp: フラッシュダンス
主題歌はアイリーン・キャラ(Irene Cara)の歌う What a Feeling 、この曲はアカデミー賞主題歌賞を受賞しました。
さっき、iTMSで試聴したんですけど、「あぁこれこれ!懐かしいー!」って感じでしたね。(映画は見てないけど・・・)
この後、ダンス映画ブームで Footloose (フットルース)なども人気でしたね。
二つの映画がセットになった、フラッシュダンス & フットルース パック というDVDセットがあったりもします(笑)。

ここで私は、
"I don't know the movie Flashdance (または the movie 'Flashdance')"
「フラッシュダンスという映画は知らないが」とはなっていないことに注目してみました!
any of your flashdances とすることで、「モニカたちの世代が好きだというフラッシュダンスという映画とか、それに似たダンス映画とか、そこに出てくる踊りとか、そういう類のことは(全然知らないが)」という感じを出しているのだと思います。
slouch は元々「前かがみの姿勢、うつむくこと」という意味ですが、「・・・の下手な人、だめな人」という意味もあります。
前かがみの姿勢に、やる気のなさ、自信のなさが感じられるからでしょうか?
no slouch と 「slouch であることを強く否定」しているので、この場合は、「なかなか上手くできる人」という意味になります。
He's no slouch at the job. なら「彼はなかなか仕事のできる男だよ。」ということ。

パパとダンスの練習をするモニカがビデオに写っています。それを懐かしそうに見ていたモニカでしたが・・・。
突然、画面が切り替わり、そのテープの続きには、何とモニカのパパとママの情熱的なベッドシーンが・・・。(シーツに隠れて詳細は不明だったのがせめてもの救いでしたね・・・笑)
感動的エピソードの最後がこれとは・・・。
フレンズ2-7 は、ロスとレイチェルが初めてキスをする感動的なエピソードでしたが、その時もチャンドラーとモニカのオチで終わっていましたねぇ。
プロデューサーの中に、ものすごい照れ屋な人でもいるんでしょうか?
シリアスなままで終わると恥ずかしくて夜も眠れない、みたいなシャイな人、とか?
もしくはどうしてもオチをつけずにはいられない関西人気質の持ち主、とか?
まぁ、最後にこのオチがあるからこそ、フレンズ!というところなんでしょうが・・・。
シーズンが進むにつれて、シリアスなラストシーンでジ・エンドとなり、エンドクレジットではオープニング映像と I'll be there for you. の曲が流れて、結局最後のオチは無し、という回も何回か出てくるようになりますが・・・。どっちがいいのかなぁ?

(あんまり聞きたくない?オマケの話)
モニカがパパとママのラブシーンを見た、という話の続きなんですが・・・。
いやぁ、自分の親のそういうシーンは出来れば見たくないですよね。ショックがデカいというか(笑)。
うちの6歳の息子はまだそんなことは思わないらしく、時々何を思ったか「パパとママはケッコンしてんねんやろ? そしたらチューしてるとこ見せてぇやぁー」とせがんできたりします。
一体どこでそんなこと覚えてくるねん!
あ、息子の前ではしませんよ、少なくともディープなヤツは・・・あ、想像しないでね・・・(笑)。
将来、トラウマ(?)になったら可哀相だしね。(そんな大袈裟な話かっ)
代わりに息子にぶちゅぶちゅしてあげますよ。
それをまだキャッキャ言って喜んでいるうちが花ですねぇ。
そのうち、そんなことしてたって聞いて「げーっ!」って言われる日がきっと来るに違いないのだから・・・(笑)。
でもアメリカ人なら、夫婦は普通にキスしてますからねぇ。
キスする=妻を愛している、みたいなサインなので、大統領候補だったゴアさんなんて、演説の壇上で奥さんと情熱的なキスをしてから、人気が上昇したとか何とか・・・。
だから、日本でもそんなに気にすることないのかもしれませんけどね。
変な話ですけど、息子の幼稚園の仲良しの友達に、息子にキスしてくる男の子(!)がいたんですが(あ、限りなく口に近い「ほっぺたに」ですけど)、そのキスの仕方(顔の傾け方とか?)がやたらと上手なので、これはきっと家でパパとママが上手なキスをしてるんじゃないか!?などと思ったことがあります。
皆さんのおうちでは、どうされてますか?(←マジで尋ねるなよ! ちょっとGWボケで私、壊れてますかねぇ? あははっ)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 06:38| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

フレンズ2-14その21

ロスはタキシードを着て、レイチェルをプロムに誘おうとします。
パパ: Come on, kid. Let's go! (おいで、ロス。行くぞ!)
ママ: My! Are you handsome! (まぁ! なんてハンサムなの!)
パパ: Let's show them! (彼女たちに見せてやろう。)
ロス: Just a sec, Dad. Okay, be cool. Just be cool. Okay, Dad. (ちょっと待って、パパ。よしいいぞ、落ち着け、落ち着くんだ。オーケーだよ、パパ。)
パパ: Rachel, ready or not, here comes your knight in shining... Oh, no. (レイチェル、もういいかい? ピカピカの君のナイトが来ましたよ・・・。あぁ、何てことだ。)
ロスが階段から降りる前に、レイチェルの相手が既に迎えに来ていました。
そのまま、楽しそうに出て行ってしまうレイチェルとモニカ。
モニカ: Don't wait up! (先に寝ててね!)

ママのセリフに注目!
You are handsome! ではなく、Are you handsome! と倒置が起こっています。
Are you... の語順だから疑問文・・・なわけではなく、これは「感情を乗せる倒置」ですね。
ハートで感じる英文法 会話編 (大西泰斗/ポール・マクベイ著) の「倒置−感情を乗せる」の回で、倒置の呼吸について以下のように説明されていました。
倒置という「基本語順から逸脱した形」を取ることで、「感情の高まり」という特別なニュアンスを与える。
大西先生が挙げられていた例文でいいますと、
I'm glad to see you. 会えてよかった。
Am I glad to see you! あぁ、会えてよかったぁ!
というくらいの違いがあるそうです。
実を言いますと、テレビでこの倒置の回の話を聞いた時には、「そんな風に感情を乗せる倒置って、あんまり記憶にないけどなぁ・・・」と思っていたんですが、やっぱりあったんですね。(先生がわざわざ一回分の講座にしてるくらいなので、あるのが当たり前なんですが・・・)
多分、先生の解説を聞くまでは、何も気に留めずにスルーしていたみたいです。
ちなみに、1月から3月まで放映されていた「会話編」では、「標準形からの逸脱表現」の話がいくつか出ていました。
普通はこうだけど、そこを少し変えることで、微妙なニュアンスを与えることができる、ということだそうです。
やはり言葉は感情を伝えるもの、そんな風に自分の感情を乗せて使えるようになれたらいいですよね!

階段を降りる前に "Be cool. Just be cool." と言いながら深呼吸してるロスを見るとちょっと泣けちゃいます。
cool は「かっこいい」で使うことが多いですが、この場合は「冷静な」です。
私のイメージだと、「落ち着け」だったら、Calm down. をまず思い浮かべますが、Be cool. という表現もアリなんですねぇ。
ready or not は「準備ができていようがいまいが」ですが、実はこのセリフは、かくれんぼ(hide-and-seek)をする時の決まり文句です。
鬼が隠れている人を探しに行く時に、"Ready or not, here I come." と言うんですね。
日本語で言うと、「もういいかい? 今から行くからね。」という感じでしょうか。
in shining の後は、パパが絶句しているのでセリフがありませんが、多分、in shining tux 「ピカピカのタキシードを着た」と続くはずだったのでは?と思っているのですが、どうでしょう?
wait up は「寝ずに待つ」こと。
"Don't wait up (for me)." は「起きて待ってたりしないでね。先に寝ててね。」という、帰りが遅くなる時の決まり文句です。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 19:11| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

フレンズ2-14その20

ビデオの中のレイチェルは彼氏が来ないと言って泣いています。
レイチェル: Where's Chip? Why isn't he here yet? (チップはどこ? どうして彼はまだ来てないの?)
ロイ(モニカのデート相手): He'll be here, okay? Take a chill pill. There. (彼はここに来るよ、わかった? ちょっと落ち着きなよ。[モニカの胸にコサージュをつけてあげて]ほらできたよ。)

chill は「冷たさ、寒さ」という意味で、他動詞では「(熱意を)くじく、(興を)さます」という意味もあります。
chill pill は「鎮静剤」という意味ですが、ここは文字通り「鎮静剤を飲めよ。」ではなく、「そんなにパニクラないで、ちょっとは落ち着いたら?」というニュアンスのようです。


ビデオの中でモニカはレイチェルに何やらゴニョゴニョ話してます。
モニカ: I just told Rachel that Roy touched my boob. (ロイが私の胸にタッチした、ってレイチェルに話してたの。)

ロイくんはドレスにコサージュをつけるどさくさにまぎれて、胸にお触りしたらしい。少年にありがちないたずらです(笑)。
モニカもレイチェルも、それを聞いてるチャンドラーもジョーイも何だかとっても楽しそう。
青春の一頁って感じでしょうかねぇ。


レイチェルのデート相手が来ないので、ロスが相手になるチャンスだと説得する両親。
パパ: Your mother's right. Take her. You can wear my tux. (母さんの意見は正しいよ。レイチェルを連れて行け。私のタキシードを着たらいいから。)
ロス: She won't wanna go with me. (レイチェルは僕と一緒に行きたがらないよ。)
パパ: Of course she would! You're a college man! (もちろん、行くに決まってるさ! ロスは大学生なんだぞ!)
ロス: I don't know. (どうかな。)
パパ: Well, come on. Don't you wanna find out? (さぁ、頑張れ。確かめてみたくないのか?)
レイチェル: I can't believe I can't go to the prom! This is so harsh! (プロムに行けないなんて信じられないわ! こんなのってひどすぎる!)
ロス: Hold my board. (僕のキーボードを持ってて。)
パパ: Thataboy! Thataboy! (そうだ、いいぞ!)

tux は tuxedo (タキシード)の略です。
前にも書きましたが、プロムはみんなドレスアップするので、男性はタキシードを着るようですね。
日本の高校生でタキシード来たり、こんなドレス着たりするチャンスってないよなぁ。(少なくとも私にはなかったです・・・ぐすん)
ロスが She won't (= will not) 「レイチェルが(僕と一緒に)行くことはないだろう、行かないと思う」と言っているのに対し、パパは Of course she would! と答えていますね。
of course 「もちろん」というのは、その後にもあるように「ロスは大学生で大人なんだから、そんな年上の大人の男性に誘われたら、断るわけがないよ。」と言いたいようです。
she would の would には「もしロスが誘えば、行くだろう、一緒に行きたいと思うだろう」という仮定の意味が込められていると思います。
find out は「見つける、発見する、真相を知る」という意味なので、Don't you wanna find out? は「実際に行動を起こして、結果がどうなるかを見てみたくはないのか? パパが言ってることが正しいかどうか確かめてみたらどうだ?」という感じかな。
harsh は「厳しい、過酷な、残酷な」という意味。
harsh realities of life だと「人生の厳しい現実」という意味になります。
何となく「ハーシュ」という発音に「キビシーイ!」感じが出ている気がするのですが・・・?
Thataboy! は That's a boy! と同じで「いいぞ、その調子だ、えらいぞ」という激励の言葉です。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 08:44| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

フレンズ2-14その19

レイチェル: Is my hook unhooked? These things keep falling down. (ホック、外れてる? ドレスの肩が落ちてばっかりなのよ。)
ロス: Let me see. I don't know. What are you gonna do... (どれどれ。わかんないな。レイチェルは何をするつもりなの・・・)
レイチェル: The guys are here! (彼たちが来たわ!)
ロス: ... this summer? (・・・この夏は?)
(ビデオを見ていた)チャンドラー: Work on your music? (音楽活動にいそしむだって?)

unhook は「(人・服などの)ホックをはずす」。
人を目的語に取れますから、"Unhook me." だけで「私の服のホックをはずして。」という意味になります。
un- は動詞について逆の動作を表す接頭語です。
undress (服を脱がせる), untie (結び目をほどく)などいろんな表現がありますね。(何だかエッチ系の言葉を集めてしまったような・・・いや、気のせい、気のせい・・・笑)
日本語で「ホックをとめる、はずす」と動詞を使い分けるよりも、ずっと分かりやすく便利な表現ですよね。
keep doing は「ずっと・・・し続ける」。
ここでは、fall down 「落ちる」という行為が何度も起こることを指します。
「上げても上げても、ずり落ちてきちゃうのよね。」という感じでしょうか。
大胆に開いた背中に目が釘付けのロスが面白いですね。
それでビデオに撮られてるのに気付いてハッと我に返ったり(笑)。
夏に何をするかという話を振られたロスは、レイチェルにも同じ質問をしようとします。
「特に予定はないのよ。」という返事だったりしたら、「じゃあ、一緒にどっかに行こうか!」みたいな話で盛り上がる可能性もあったのですが・・・。
答えを聞く前に、プロムの相手が来てしまい、話は途中で終わります。
しかし、このロスの”もじもじくん状態”を見ていると、このまま話が続いていたとしても、デートの約束まではとてもとても・・・という感じではあるのですが。(ごめんね、ロス)
ビデオを見ていたチャンドラーに「音楽活動?」とバカにされた後、ロスがキーボードを弾いてるシーンが写りますが、両手の人差し指のみを使ってるのが面白いですよねぇ。
音も何とも言えないほどチープな音色だし(笑)。
コメント欄で、「ピアニカ(?)」と表現された方がおられたのですが、当たらずとも遠からず・・・といった感じかも(笑)。
チャンドラーが「あれが”活動”かよ?」と聞き返したくなる気持ちがわかるような気がします。
(チャンドラーはロスとは大学の同級生なので、ロスの音楽活動がどの程度のものか知っていたんですね。)


レイチェル: Oh, my God! There's Roy Gublik! (わぁ、すごい! ロイ・ガブリックだわ!)
モニカ: You know, Roy saw Star Wars 317 times. He was in the paper. (ねぇ、ロイはスター・ウォーズを317回も見たのよ。新聞にも載ったんだから。)

モニカのお相手は同じようにちょっと太目の(失礼!)ロイくんでした。
かなりのスター・ウォーズマニア(オタク?)らしく、317回も見たことが新聞にも載ったそうな。
いやぁ、さすがの私でも、劇場版ガンダムをそんなにたくさんは見てないですよー(笑)。
そもそも、「317回見た」と見た回数をチェックしてるところに、マニアックさが滲み出ているわけですが。

最後に、ちょっと脱線。
アメリカのマニアというのも日本のオタクに負けず劣らず、なかなかすごいらしいですね。
スター・ウォーズだとファンはみんなダース・ベイダーやらトルーパーやらのコスチュームを着て、練り歩いてますよねぇ。
スタートレックのコンベンション(ファンの集い)でも、クリンゴン人やらバルカン人やらのメイクした人(それもかなり本格的なメイク)、宇宙艦隊のコスチューム着た人でごった返しているらしい。
コスプレは日本だけの文化ではないんですよ!
というより、Wikipedia コスプレ の項にも書いてありますように(←何を調べてる!)、アメリカのトレッキーたちのコスプレの方が時期的には早かったんじゃないかと思いますね。
・・・と、このようにコスプレについて熱く語っている私ではありますが、私自身はコスプレの経験はありませんっ!(笑)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:40| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

フレンズ2-14その18

ビデオに映ったロスの顔にまたまたみんな大笑い。
ジョーイ: Looking good, Mr. Kotter. (男前だぜ、ミスター・コッター。)

フレンズ2-13その2 でも、Kotter についての話を書きました。
ひげが濃い例えに出された Gabe Kaplan (ゲイブ・カプラン)が主演していた70年代のシットコムのタイトルが「おかえりコッター」(Welcome Back, Kotter)です。
つまり、Mr. Kotter はこの Gabe Kaplan のことですね。
またもや、前回と同じく、ここでも Google のイメージ検索をしてみましょう。
Google のサーチボックスに Welcome back Kotter と入力してイメージ検索してみると、ミスター・コッターの写真(ゲイブ・カプラン)を見ることができます。
ところで、目立つ口ひげが生えていると、このコッターの例えがよく出てきますが、それくらい、アメリカでは、「ヒゲと言えばコッター」という強烈なイメージがあるんでしょうかね。
日本だと誰だろう・・・? ドリフのヒゲダンスとかかなぁ? (若い人は知らないでしょうね・・・すみません。)


ドレス姿のレイチェルと話しているロス。
ロス: You look pretty tonight. (今夜はきれいだね。)
レイチェル: Oh, thanks. What are you doing this summer? (まぁ、ありがと。この夏は何をする予定なの?)
ロス: I'm gonna hang out... work on my music. (僕は自分の音楽活動にいそしむつもりだよ。)

hang out は「(場所を)うろつく、・・・に出入りする」「ぶらぶらする、ぶらぶらして時を過ごす」という意味。
hang out with... だと「(友人など)と共に時間を過ごす、と一緒にいる、群れる、付き合う」という意味。
日本語では友達と「遊ぶ」と言いますが、そこで play という単語を使ってしまうと、「遊戯をする、戯れる」というニュアンスで「わーい!」と言いながらはしゃいでいることになってしまうので、もっぱら play は子供が遊ぶ場合にのみ使います。
大人が友人と遊ぶ場合は、上に挙げた hang out with を使うことが多いようですね。
フレンズではよく出てくる表現です。
(でも、さっき自分でBlog内検索して調べてみたら、hang out (with) について解説したことなかったみたいです。何でだろう? 今までも何度か出てきた表現だと思うのに・・・)

ところで、このロスの返事のセリフの文の構造がよくわからないんですが・・・。
以下、細かい話で、なおかつ自問自答してるみたいな形になってますので、興味のない方は飛ばして下さい(笑)。

私の疑問は、hang out work on my music で「音楽活動をして時を過ごす」という意味になるのかならないのか、という話です。
もしそういう意味になるならば、hang out は他動詞として使われていて work on my music が「僕の音楽活動」という名詞だ、ということになるはずです。
でも、 hang out をそういう他動詞として使うのには違和感があるんですよねぇ。
hang out を他動詞として使うと、まさに hang 「かける、つるす」+ out 「外に」 で、「洗濯物などを外につるす、干す」「看板や旗などを外に掲げる」という場合には使えると思いますが、「hang out +名詞」の形で、「(名詞の)行為をして時を過ごす」というふうにはならないだろうなぁ、と。
手元の英和辞典をざっと見たところ、「時を過ごす」意味での他動詞の形は見当たりませんでした。
もし、そういうニュアンスを出したいのならば、 hang out (in) working on my music という形の方が自然な気がするんですよね。
少し構造は違いますが、"spend much time (in) watching TV" みたいな感じで。(この辺は感覚でしゃべってますので、あまり文法的根拠はありません。)

ですから私が思うに、work は動詞で、I'm gonna work on my music. ということかなぁ、と。
最初に hang out 「何かをして時を過ごす」と言いかけて、やっぱり work on my music 「音楽活動にいそしむ」と言い直した、もしくは、hang out するんだ、それはつまり「音楽活動をすることなんだ」と言い換えた、という感じなのかなぁ。
DVD字幕では、hang out... work on と間に空白がありますが、これは単に英語字幕が2つの画面にまたがっていたからで、実際はそれほどセリフに空白があるわけではないです。
ネットのスクリプトでは、"I'm gonna hang out, work on my music." とコンマで区切ってありますが、セリフの呼吸としてはそちらの方が近い感じ。
このコンマを見ても、やっぱり、hang out を work on に言い換えた、が正解なのかな?

しかし、我ながら細かいことにこだわりますねぇ(笑)。
正しい答えがどうであれ、こうして悩むことが大事なんだと自分では思っているのですが・・・わはは。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:11| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

フレンズ2-14その17

ビデオの中の映像では、パパも若いぞ!
パパ: Wait. How do you zoom out? (待て。どうやってズームアウトするんだ?)

zoom out は「(カメラが)(ズームレンズで)画像を徐々に遠ざけて縮小する」ということ。
zoom in の反対語ですね。ほとんど日本語になってますが。


太っていた頃のモニカの映像が映って、その頃の姿を知らないジョーイはびっくり。
ジョーイ: Some girl ate Monica! (どっかの女の子がモニカを食べたんだ!)
モニカ: Shut up! The camera adds ten pounds. (やめてよ! カメラって、10ポンド太って見えるのよ。)
チャンドラー: So how many cameras are actually on you? (それじゃあ、何台のカメラが君を撮影してるんだ?)

some は普通、不可算名詞、または複数可算名詞の前について「いくらかの、多少の」という意味になるのですが、単数形可算名詞の前につけると「どこかの、ある」という意味になります。
「ハートで感じる英文法 会話編」の「some & any −正確にあらわす−」という回で、some の呼吸は「ぼんやり存在感」だ、と大西先生がおっしゃっていましたね。
some guy と表現した場合には、その人物に対して「言いたくない、ぼやかしたい、興味がない」などのニュアンスが込められているとのことでした。
このジョーイのセリフの場合は、「どこの誰かと詳しく言うつもりはないし説明もできないけど、とにかくどこかのとある女の子が」という感じになるんでしょうかね?
確かに「モニカを食べた」女の子は存在しているが、その女の子についての詳しい情報について語ることはできない、というところかと。

ate Monica に関しては、「モニカを食べちゃってそれが浮き上がってきている、という意味なのでしょうか?」との見解を述べられた方がおられるのですが(笑)、本当にそうとしか言いようがないですね。
何か違った表現を、と思ったのですが、何も思いつきません。
ヘビが卵を飲み込んだら、あの細い体が卵の部分だけ膨らんで、どこに卵があるかわかりますよね。
そんな風に、皮膚に形として「浮き上がっている」んだと思います。 
1 pound (ポンド)は0.454kgです。10ポンドだと約4.5kgですね。
TVカメラは丸顔に映るとか、太って見えるとか言いますが、アメリカでもそう言うんですねぇ。
カメラで撮影したら4.5kg太って見えると言ったモニカに対し、カメラ一台に付き4.5kg増えるという計算なら、ざっと何台分増えてることになるのかな・・・?と妙な計算をしたがるチャンドラーです。
とっさにこういう切り返しができるところが、いかにもチャンドラーって感じで、何だか嬉しい(笑)。

それにしても、この特殊メイクはすごいです。
「愛しのローズマリー」 (原題: Shallow Hal)という映画で、グウィネス・パルトロウがファットスーツを着て特殊メイクをしていましたね。
グウィネス演じるローズマリーという女性は本当は体重136キロもあるのに、主人公のハルの目には美女の姿(グウィネス本人の姿)に見えている、という映画でした。
「ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々」 (原題: The Nutty ProfessorU The Klumps)という映画では、エディ・マーフィーがCGと特殊メイクで一人9役をやっていましたよ。
(と言いつつ、どちらの映画も見てません・・・)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 08:05| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

フレンズ2-14その16

モニカの昔の持ち物の中に、あるビデオテープを発見。それをみんなで見ることに。
ジョーイ: What is with your nose? (レイチェルの鼻、どうなってるんだ?)
レイチェル: They had to reduce it because of my deviated septum. (鼻中隔彎曲症のせいで、鼻を削らなきゃいけなかったのよ。)
チャンドラー: Okay, I was wrong. That's what they use to cover Connecticut. (わかった、俺が間違ってたよ。コネチカット州をカバーするのに使ったのは、(モニカの水着じゃなくって)レイチェルの鼻の方だな。)

What is with は「・・・は一体どうなっているの?、・・・はどうしたんだろう」という意味。
What's with you? だと相手に「どうしたの?」と尋ねる表現になります。
このビデオの中の高校生のレイチェルは、みんなが驚くほど大きな鼻をしているわけですね。(←失礼!)
deviate は「それる、逸脱する」、septum は「隔膜、隔壁」という意味です。
deviated septum は「鼻中隔彎曲(わんきょく)症」。
いびきと睡眠時無呼吸症候群 鼻中隔彎曲症 というサイトに詳しい説明がありました。
それにしても、彎曲って難しい字だ。
「弓形に曲がること」を湾曲と言いますが、もともとは彎曲と書いていたそうです。
それが難しいから、湾曲になったようですね。
They had to reduce it の they は漠然とした主語ですが、ここでは鼻の手術をしたお医者さん(たち)を指すものと思われます。
レイチェルの元の鼻が大きかったので、ここでまた「でっかい」ネタの「コネチカット州をカバーするもの」のギャグを使うチャンドラーです。


モニカ: This is us getting ready for the prom. (これは私たちがプロムに行く準備をしているビデオね。)

us は getting ready という動名詞の意味上の主語です。
our と所有格になるイメージが強いですが、口語では、このように動名詞の主語が目的格になる場合が多いです。
prom とは「(高校生・大学生などのクラス主催の)卒業記念ダンスパーティー」のこと。
この日はみんなドレスアップしておめかしして、夜遅くまで(あるいは一晩中)、パーティーを楽しむそうです。
親もこの日だけは、夜遅くなるのを大目に見るらしいですね。
以前、NHKの「英語でしゃべらナイト」に m-flo がゲストで出演した時に、VERBALさんと☆Takuさんがプロムの話をされていました。
二人ともインターナショナルスクール出身なので、アメリカと同じような派手なプロムがあったそうです。
みんなおしゃれして、リムジンを頼んだりする人もいるとか聞いて、「やっぱり日本にいてもインターナショナルスクールの人は、アメリカンな生活をしてるんだなー。」と妙に感心してしまいました。
彼らはバイリンガルですが、日本語と英語を即座に切り替えてしゃべる話し方を見て、「おぉー、かっこいいー。」と思いましたね。
あんな風に簡単そうに英語がしゃべれるといいなぁ。私なら絶対、英語しゃべる時に力入っちゃいますもんね。(あ、見ないで!・・・笑)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 08:28| Comment(8) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

フレンズ2-14その15

いつまでも愚痴っているチャンドラーに、
フィービー: Get out of the bitter barn and play in the hay. (寒い納屋を出て、干し草の中で遊んだら?)

bitter には「つらい、苦痛な」とか「(寒さの)厳しい」という意味があるのですが、とりあえずは「寒さの厳しい」の方にしておきました。
何だか詩的な表現なので、こういう格言があるのか、何かの小説の一節なのか・・・と思ったのですが、それらしいものは見つかりませんでした。
ただ、探し物をしていたら、"As a child, did you ever play in the hay stack?" 「子供の頃、hay stack (干し草の山)で遊びましたか?」という題のフォーラムは発見しました。
As a child, did you ever play in the hay stack? [Archive] - Homestead Garden Forums
それを読むと、子供の頃、納屋に置いてあった干し草で兄弟や友達と遊んだ、という思い出話が書いてあります。
in the hay と in を使っているので、干し草の中に隠れてかくれんぼしたり、ひょこっと頭を出したり、ふわふわする中にずぼっと身体を埋めたり、干し草の中にジャンプしてみたり・・・という感じでしょう。
このフォーラムの人たちは、納屋の中にある干し草で遊んでいたような感じなんですが・・・。
フィービーのセリフは、"get out of the bitter barn" つまり「ビターな納屋から抜け出して」ですから、この場合の干し草は、外に出してあるものなんでしょうね、きっと。
「暗くじめじめしたところ(納屋)から抜け出して、おてんと様の下、ふかふかの干し草(ハイジのベッドみたい)で遊びなさいよ」という感じだと思います。
ちなみに、スタートレックの映画「叛乱」(原題: Insurrection)の舞台である惑星バクーは農業の盛んな牧歌的な風景のところで、積まれている干し草の山から、バクーの子供たちやアンドロイドのデータ少佐が、かくれんぼをしながら、顔をにゅっと出すシーンを見たことがあります。
きっと他の映画でもよく見かける風景なんだと思うのですが、私の場合は見てる映画が限られておりまして、例がSF映画になって申し訳ありません(爆)。
とにかく「嫌なことは早く忘れて、楽しいことをしたら?」ということですね。
bitter がもし「つらい」だったら、の話なんですが、辛い(つらい)と辛い(からい)って漢字が同じですね。紛らわしい・・・。


ジョーイから貰った趣味の悪いブレスレットをなくし、やむを得ず、同じブレスレットを買うことになってしまったチャンドラー。
チャンドラー: I just dropped $400 to replace a bracelet I hated to begin with. Bring on the hay! (俺は最初嫌っていたブレスレットを再び手に入れるために400ドルも失ったんだぞ。干し草を持って来い!)
レイチェル: Hey! (ヘイ!)

drop は「落とす」ですが、「(賭博や株で)(金を)失う、する」という意味もあります。
いかにも無意味な物にお金を使ってしまったニュアンスですね。
to begin with は「最初は、初めには」という意味。
最初嫌っていたものなのに、それをお金を出して買い直すはめになってしまった、可哀相なチャンドラー。ジョーイが怒っているから、なくしたとも言えませんしねぇ。
おまけに、400ドル、そりゃ高いわ(笑)。
bring on は「・・・をもたらす、引き起こす」という意味。
bring on the hay の意味はよくわかりませんが、「干し草を持って来い!」と訳してみました。
「この最悪の状況で、楽しいことを考えろって言うのかよ、干し草で遊べって言うのなら、持って来て見ろよ!」という挑戦的なセリフでしょうか。
レイチェルがカウンターの下から「ヘイ!」と言って飛び出したのは、だじゃれです。
hay と hey の発音が同じだからですね。


両親が実家から持ってきたモニカの持ち物を片付けているところ。
フィービー: Hey, Mon, what is this? (ねぇ、モニカ。これは何?)
モニカ: That's my bathing suit from high school. I was a little bigger then. (それは私の高校の時の水着よ。その頃、少し大きかったから。)
チャンドラー: I thought they used that to cover Connecticut when it rains. (雨が降った時に、コネチカット州をカバーするのに使ったもの(布)かと思ったよ。)

モニカは、a little bigger と謙遜(?)しています。
much bigger だろう、と思うのですが・・・(笑)。
they used の they は、コネチカット州に住む人々を指しているようです。
その水着が、あまりにもでっかいということですね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 11:07| Comment(10) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

フレンズ2-14その14

チャンドラーは部屋でジョーイを待っています。
でも、帰って来たジョーイはまだ怒ったままで、一言も話そうとしません。
チャンドラー: You're getting good at that Marcel Marceau thing. (ジョーイは、マルセル・マルソーの物真似がだんだんうまくなってきたなぁ。)

be good at は「・・・が得意だ、上手だ、うまい」です。
"I am good at cooking." だと「私は料理が得意です。」という意味ですね(←私のことではありません・・・笑)
ここでは、get good at なので「・・・がうまくなる」、さらにそれが進行形なので「・・・がだんだんうまくなってくる」という意味になります。
険悪な雰囲気を何とかギャグでほぐそうとしているチャンドラー。
まだ、「マルセル・マルソー」ネタで食い下がってます(笑)。


モニカは両親にお金を借りるため、仕事をクビになったことを告白します。
パパ: Ten percent of your paycheck goes? (給料の10パーセントはどうする?)
モニカ: In the bank. (銀行へ預ける。)
パパ: So she dips into her savings. That's what it's there for. She's gonna be fine. (だったら、[もしお金がなくなれば]モニカは貯金を使うことになる。そのための貯金だ。モニカは大丈夫だよ。)
If you need a little extra, you know where to find it. (もしもう少し余分なお金が必要なら、どこで見つけたらいいか知ってるよな。)
モニカ: Anything larger back there? (そこには、もっと大きいお金はないの?)

paycheck は「給料支払小切手」のことで、そこから「給料、給与」という意味になります。
フレンズ1-4その1 で、レイチェルが初めての paycheck を貰って喜ぶシーンがありましたよね。
dip は「・・・をちょっと浸す」という意味。
dip into だと「(・・・の中に)(手などを)突っ込む、突っ込んで取る」という意味です。
ですから、dip into one's savings は「貯金に手をつける」という意味になります。
That's what it's there for. の文の構造を説明いたしますと、
「that=貯金に手をつけること」は、
「it=給料の10パーセントを銀行に預けること」が「is there=存在すること」の「for what=理由」だ、
つまり「困った時に貯金に手をつけることが出来ること、それが「給料の一部を貯金していること」の存在理由だ」という感じです。
だから、困った時は、貯金に手をつけたらいい、そのために貯金してるんだからね、ということです。
「どこに余分のお金があるかわかるだろ。」と言いながら、パパはモニカの耳の後ろからコインを出します。
これはパパが自分のポケットから出したお金を、モニカの耳の後ろから出てきたように見せた手品ですね。
まぁ、手品ってほどの大袈裟なものでもないけどね。
後のエピソードでパパがあまり上手くない手品を披露するシーンもあります。
パパは手品が趣味か?!
それにしても、モニカの深刻さがちっともわかってない両親。
というより、わかってないふりをしてるだけなのかも。
本当に娘のことを思っているのなら、少なくとももう少し高額のお金を出す手品をするでしょうしねぇ・・・。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:17| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

フレンズ2-14その13

二人のことをもう一度話し合おうというロスに、
レイチェル: I fell for you and I get clobbered. You then fall for me and I again get clobbered. I'm tired of being clobbered, you know? It's just not worth it. (私はあなたを好きになって打ちのめされた。そしてそれからあなたが私を好きになってまた打ちのめされた。もう打ちのめされるのはいやなのよ、わかる? そんないやな思いをすることに、何の価値もないわ。)

clobber は「・・・を殴り倒す、痛めつける」という意味。発音は「クラバー」です。
同じような綴りで clover だと「クローバー(四つ葉の・・・など)」ですが、こちらの発音は「クロウヴァー」です。(カタカナじゃわかんねーよ!って感じ?)
fall for は「・・・を好きになる」。
worth it は「それだけの値打ち・価値がある」という意味です。


レイチェル: We are never gonna happen, okay? Accept that. (私たちには何も起こらないわ、いい? アクセプトしてよ。)
ロス: Except that what? (何をエクセプトだって?)
レイチェル: No. No. Accept that. (違う、違うのよ。”アクセプト”して、よ。)

accept は「・・・を受け入れる」、except は「・・・を除いては、・・・のほかは」という意味です。
つまり、レイチェルは「(私たちの間にはもう何も起こらないという)事実を受け入れてよ。」と言っているのですが、それをロスは「それを除いては、それ以外、って何のこと?」と聞き返しているんですね。
ロスはレイチェルとの関係が進展することに希望を持っているので、レイチェルが「二人の間には何も起こらないわ。ある場合を除いてはね。」と何か条件付けをしたように勘違いしたのです。
最初、私は、ロスがわざと聞き間違ったふりをしたのかと思いました。(観客も、ロスの聞き間違いを聞いて笑っていますしね)
でも、レイチェルが真顔でダメ押しをしているところ、さらには本当の意味をはっきり聞いた後のロスの何とも寂しそうな表情を見ると、間違ったふりをしたわけでもないようですね。

実際、accept の最初のアの部分は、cat の a になることもありますが(←発音記号が書けないと説明しにくいけど)、セプトの方にアクセントがあるので、普通はあいまい母音のア(口をあまり開かないで軽くこもったように言うア?)になります。
except の最初のエの部分は、イかエになりますが、これもアクセントがないのであいまい母音のアになることも多いです。
つまり、同じ発音になる場合も多いんですね。
だから、聞き間違えるわけです。(実際は文脈上で判断するから間違えることは少ない。)
レイチェルはわざとaccept that を except that に聞こえるように言っているようです。
ロスの聞き間違いを自然に思わせるための、脚本上の演出でしょう。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:14| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする