2006年06月01日

フレンズ2-16その1

シーズン2 第16話
The One Where Joey Moves Out (ジョーイの家出)
原題は「ジョーイが引越しする話」

朝食のシリアルを食べているジョーイとチャンドラー。
ジョーイ: Man, this is weird. Ever realize Cap'n Crunch's eyebrows are on his hat? (なぁ、これって変だよ。キャプテン・クランチの眉毛が帽子の上にあるのに気付いてたか?)
チャンドラー: That's what's weird? The man's been captain of a cereal for 40 years. (変なことって、そんなこと? この男はもう40年間もシリアルのキャプテンをやってるんだぞ。)

↓キャプテン・クランチについてはこちら。
Wikipedia英語版: Cap'n Crunch
本来、眉毛は顔に付いています。(←わかってるって)
それが帽子の上にあるのが、変じゃないか、とジョーイは言ってるんですが、チャンドラーは、40年間もシリアルの箱に君臨し続けていることの方が変だろう、と返しています。
アニメや漫画のキャラには、そういうことがよくありますよね。
どこから見ても髪の毛の角が2本見える鉄腕アトムとか。
そう言えば、手塚漫画では、つまずいたりびっくりしたりした時に、眉毛や目が顔から外れたりしますよね。
平面のキャラクターはそんな風に現実を超越した造形をしてるので、フィギュアとして立体にする時に大変らしいですよ。(←いったい、何の話?)


使っていたスプーンをペロっとなめて引き出しにしまったジョーイに、
チャンドラー: You licked and you put. ([スプーンを]なめて、[引き出しに]入れただろ。)
ジョーイ: Yeah, so? (あぁ、それが?)
チャンドラー: Don't you see how gross that is? It's like you using my toothbrush! (それがどんなに汚いことがわからないのか? まるでお前が俺の歯ブラシを使うようなもんだ!)
視線をそらすジョーイに、
チャンドラー: You used my toothbrush? (お前、俺の歯ブラシを使ったのか?)
ジョーイ: Only because I used the red one to unclog the drain. (だって、赤いヤツは、排水溝を掃除するのに使ったから。)
チャンドラー: Mine is the red one! Oh, God! Can open. Worms everywhere! (赤いヤツが俺のだ! なんてこった! 缶を開けたら、虫がそこらじゅう、うじゃうじゃ!って感じだよ。)

gross は「気持ち悪い、ゾッとする、汚い」という意味。
「きったなーい!」という時に "Gross!" というシーンが、フレンズにも何度か出てきました。
発音は「グロス」ではなく「グロウス」です。
唇に塗ってつやを出す化粧品をリップグロスと言いますが、このグロスは gloss で「光沢、つや」。
こちらの発音は「グラス、またはグロース」です。(カタカナだと違いがわかんないなぁ。)
チャンドラーは、「お前が俺の歯ブラシを使うこと」を汚い例えとして挙げたのですが、実はそれはもう実行済みだったという・・・。
ジョーイの気まずそうな表情が面白いですよね。
さらには、その理由が「赤いブラシは掃除に使っちゃった。」なんですが、その「赤いヤツ」(シャア専用機?)が元々チャンドラーのものだったというオチがついてます。
というか、ジョーイにとってはどっちのものだ、というはっきりした認識もなかったでしょうし、あまりそんなこと気にしてないんでしょうけどね。

clog は「(管などを)詰まらせる」で、The pipe is clogged with dirt. 「パイプに泥(ゴミ)が詰まっている。」と受身形で使うことが多いです。
unclog は clog の反対語ですから「詰まったのを取り除く」という意味。
un- は形容詞や副詞につくと「不・・・」という意味になり(unhappy など)、un- が動詞につくと「逆の動作」を表します(undress で「服を脱がせる」など)。
フレンズ2-14その19 では、unhook 「ホックをはずす」という単語が出てきました。

ちょっと話がずれますが、1994年の岩井俊二監督、山口智子と豊川悦司主演の映画で「undo」というのがありましたね。
妻が、何でも縛りたくなる衝動に駆られ、”強迫性緊縛症”と診断されて・・・という話です。
ミニシアター系だったのに、女性客に人気が出て、映画館に行列が出来たとか何とかで、当時はかなり話題になりました。
undo は「元に戻す」あるいは「(結び目・包みを)ほどく、(ボタンを)はずす」という意味。
実は私はこの作品見てないんですが、恐らくこのタイトルの undo は、何でも縛ってしまう妻の行為に対して、それを「ほどく」という意味での"undo"なんだと思うのですが・・・。
この映画、うちのダンナさんは、「どうして、女性たちがこぞって「うんどー(運動)」という映画を見に行くんだろう?」と不思議に思っていたそうです。「ウンドー」というタイトルなら、誰も行かなかったかも(笑)。
でも、ちゃんとタイトルの横には、発音記号で「アンドゥー」と書いてあるようなんですけどね。(青木さやか風に「どこ見てんのよ!」って感じ?)

"Can open. Worms everywhere!" は、「何が入っているか知らないでずっと保存していた缶詰を開けてみると、中から虫が出てきて、そこらじゅうを這い回ってる!」、つまり自分が知らない間に、すごく不潔で汚い事態になっていたんだ、俺はそんなこととも知らずに、のほほんと暮らしていたんだ、という意味でしょう。
「知らぬが仏」(Ignorance is bliss.)って感じで、「そんなこと知りたくはなかった・・・」というところでしょうね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 14:10| Comment(4) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする