2008年08月01日

悪くなって車を盗む フレンズ3-14その14

[Scene: The lecture, Ross passes out against Rachel's shoulder.]
講演。ロスはレイチェルの肩にもたれて意識を失っている[眠っている]。
講演者: ....oversized bracelets, oversized earrings, oversizing of accessories, in general, is very popular now. (…特大のブレスレット、特大のイヤリング、アクセサリー(のサイズ)を特大にすることは、一般的に、今はとてもポピュラー[人気]となっています。)
(Ross wakes up with a start and startles Rachel. The guy next to him starts laughing, which starts Ross laughing, Rachel gives him a look and he stops.)
ロスはびっくりして目が覚めて、レイチェルを驚かせる。ロスの隣の男性は笑い出し、それがロスを笑わせる。レイチェルはロスに視線をやり、ロスは笑うのをやめる。

ト書きの最初の部分ですが、ネットスクリプトには、
The lecture, Ross is passed out against Rachel's shoulder.
と書いてあります。
is passed out は、passes out の間違いかな?と思うので、上では訂正しました。
pass out は「意識を失う」という意味ですから、be passed out と受動態にする必要はないように思います。
ロングマン現代英英辞典では、
pass out (phrasal verb): to become unconscious
例) I nearly passed out when I saw all the blood.

つまり、「意識がない状態になること」。
例文は、「その血を見た時に、私はほとんど気を失いそうだった。」

pass away だと「死ぬ」の婉曲表現になりますね。

against Rachel's shoulder の against は「…にもたれて、…によりかかって」。
lean against (be leaning against) や be propped up against だと、「(はしごなどが)(ビルなどに)立てかけられている、寄りかかっている」という意味になります。
このフレーズは、TOEIC Part 1(写真問題)の頻出フレーズですね。
(新公式問題集 p.90、新公式問題集 Vol.2 p.94 にも出ています。)
lean on となる場合もあるようです。on の場合は「接触」のニュアンスが強まるでしょうか。

そういえば、ト書きというのは映像を文章にしたものですよね。
あの TOEIC の写真問題も、「写真で描写されている内容を文章にするとどうなるか?」を問う問題なので、ネットスクリプトを使って、映像とト書きを見比べるクセをつけることは、あの手の問題に強くなることに繋がる…ような気もします。

oversized について。
ロングマン現代英英辞典では、
oversized [adjective]: bigger than usual or too big
つまり、「通常よりも大きい、または大きすぎる」。

ですから、oversized earrings は、ただの大き目のイヤリング、というよりは、「でかっ!」と言いたくなるような、過剰にでっかいイヤリングのイメージなのかな、と思います。
やたらとデカいアクセサリーをつけるのが、今の流行ですよ、という内容ですね。
このエピソードの放映は 1997年なのですが、当時、そういうのが流行だったかどうかは…私は知りません(笑)。

Ross wakes up with a start and startles Rachel. というト書きがちょっと興味深い。
この名詞の start は「驚いてハッとすること、びっくり、飛び[跳び]上がり」という意味です。
そして、動詞の startle は「人をびっくりさせる、飛び上がらせる」という意味。
研究社 新英和中辞典には、
startle (語源) start+-le
と書いてありますので、start と startle は関連語ということのようです。

その後も、偶然なのか意図的なのかわかりませんが、The guy next to him starts laughing, which starts Ross laughing.... と start という動詞が2回使われていますね。
この start は我々がよく知っている「始める」という意味で、「隣の人が笑い始めて、それがロスを笑わせ始める」みたいなことですね。

give him a look は「ちらっと彼を見る、彼女に視線を向ける」。
フレンズ3-11その9 にも、give her a look というト書きがありました。
どちらも、「あえてはっきりと不満の内容を口には出さないけれど、何かしら言いたげな視線を向ける」という感じです。
その怒っている目を見て、ロスは笑うのを止めるのですね。


[Scene: Chandler and Joey's, Chandler is reading the newspaper.]
チャンドラーとジョーイの部屋。チャンドラーは新聞を読んでいる。
モニカが部屋に入ってきて、
モニカ: Oh, can I borrow this? (points to his milk) My milk's gone bad. (これ借りてもいい? [彼のミルクを指差す] 私のミルクは悪くなっちゃって[腐っちゃって/品質悪くなっちゃって]。)
チャンドラー: Oh, I hate that. I once had a thing of half-and-half. Stole my car. (あぁ、それっていやだよね。俺もかつて、ハーフ・アンド・ハーフ[ミルクとクリームが半々のもの]が嫌いだった。俺の車を盗んだんだ。)

half-and-half について。
英辞郎に
half-and-half=(名詞2)ミルクとクリームを半々に混ぜた飲料
という語義が載っています。
ミルクの話題なので、多分、この意味だろうと思います。

have a thing of がよくわかりません。
have a thing for や have a thing about は辞書に載っているのですが…。
of を使っているのが、よくわからないのです。

ざっと英和辞典を見たところ、
have a thing for は「…が好きだ」で、
have a thing about は「…が好きだ」と「…が嫌いだ」という意味の両方があるようです。
ロングマン現代英英辞典では、have a thing about のみ載っていて、
have a thing about somebody/something:
(informal) to like or dislike someone or something very much, often without a good reason

つまり、「しばしば、もっともな理由もなく、誰かや何かをとても好き、または嫌いであること」。

英辞郎には、
have a thing about=〜について独特の[特別な]考え方[感情]を持っている
という語義も載っています。
その a thing は「とあること」という感じで、「好き」とか「嫌い」とか、その対象物に対して、何かしらの感情・考え(あるいは「こだわり」)を持っている、というようなニュアンスなのでしょう。

辞書とは異なり、今回のセリフでは、have a thing of と of が使われているのですが、その have a thing のニュアンスはやはり同じなのでしょうか?

もしくは、have a thing of で、「…の”あること”を持つ」、つまり、of 以下のことに関して、何らかの出来事があった、「ハーフ・アンド・ハーフで、(俺もそんな感じの)ある出来事があったんだ。俺の場合は、ハーフ・アンド・ハーフでちょっとしたことが起こったんだ。」みたいなニュアンスを表している、という可能性もあるのかなぁ??

このチャンドラーのジョークは、go bad 「品質が悪くなった、腐った」を、「品行が悪くなった、ぐれた」という風に解釈して、ミルクという食品を擬人化して語っているのですね。
恐らくチャンドラーの言いたいことは、
「モニカはミルクか。俺の場合は、ハーフ・アンド・ハーフで、そいつには困ったよ。」
My half-and-half had gone bad and he stole my car. 「俺のハーフ・アンド・ハーフは悪くなって、俺の車を盗むことまでしたんだ。」
みたいな感じでしょうか。

日本語でも「悪くなる」には「ぐれる」というニュアンスがありますので、ジョークの意味は何となくわかる気がします。


(Rach からのお願い)
このブログを応援して下さる方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ
皆様の応援クリックが、とても励みになり、ブログを続ける大きな原動力となっています。心より感謝いたします♪
posted by Rach at 06:40| Comment(3) | フレンズ シーズン3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする