2012年10月08日

毎年ドリーウッドに旅行する人 フレンズ7-2その4

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は8位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


[Scene: Monica, Chandler, and Phoebe's, Monica and Chandler are returning from dinner, Rachel is already there.]
モニカ、チャンドラー、フィービーの家。モニカとチャンドラーは(モニカの両親が同席した)ディナーから帰ってきたところ。レイチェルはすでにそこにいる。
モニカ: I can't believe this. Do you think that your parents could help pay for it? (こんなの信じられないわ。[チャンドラーに] あなたのご両親が(結婚式の)お金の援助をしてくれそうだと思う?)
チャンドラー: I don't know. My mother spent most of her money on her fourth wedding. She's saving the rest for her divorce. And any extra cash my father has, he saves for his yearly trips to... (Pause) Dollywood. (どうかな。俺の母はほとんどの金を自分の4回目の結婚式につぎ込んだんだ。離婚のために残りを貯めているところだよ。そして、俺の父が持っているいくらかの余分なお金は、毎年の旅行のために貯めている… [間があって] ドリーウッドへの旅行のためにね。)
レイチェル: Well, what happened at dinner? (ねぇ、夕食で何があったの?)
モニカ: My parents spent the money for our wedding! (私の両親が結婚式のためのお金を使っちゃったのよ!)
フィービー: (gasps) My God! What did you order?! ([息を呑んで] なんてこと! 何を注文したの?!)
レイチェル: Wait, but there's no money? Well, this is terrible! You guys are gonna have to get married in, like, a rec center! (待って、お金がないの? あぁ、こんなのってひどい! あなたたちはこういうところで結婚しないといけないのね、ほら、レクリエーションセンターとかで。)
チャンドラー: Honey, it's gonna be okay. (ハニー、大丈夫だよ。)
モニカ: No! No it's not! It's not gonna be okay! It sucks! No swing band! No lilies! (いいえ! いいえ、大丈夫じゃないわ! 大丈夫になんかならないわ! 最低よ! スイングバンドもなし! ユリもなし!)

モニカの両親は、モニカの結婚のために貯めていたはずのモニカ結婚資金(the Monica wedding fund)を、ビーチハウスを買うのに使ってしまった、と言います。
夕食から帰ってきて、フレンズたちの前でその話をするモニカたち。

Do you think that your parents could help pay for it? を直訳すると、「あなたの両親がそれ(結婚式)の代金を払うのを手伝ってくれることができそうだとあなたは思う?」という感じ。
ニュアンスを出して日本語にすると、「あなたのご両親は、結婚式の金銭面での援助をしてくれそうかしら?」ということですね。
チャンドラーは「どうかな」と言って、自分の母と父の話をしています。
母については、「4番目の結婚式にほとんどの金を使い、離婚のために残りを貯めている」と説明しています。
フレンズ1-11 で初登場したチャンドラーのママ、ノーラ・ビングは、ベストセラー連発の恋愛小説作家で、恋愛にも奔放、という感じの女性でした。
視聴者にもそういうイメージが残っているので、「結婚を4回したが、それもまたいつ離婚するかわからない」というようなチャンドラーの説明を聞いても、「あぁ、あの人ならそうかもね」と思えるわけですね。

そのノーラとは離婚してしまっている父については、「ドリーウッドへの毎年の旅行のために金を貯めている」と言っています。
そのドリーウッドというのは、アメリカのテーマパークのようです。
詳しくは以下のウィキペディアで。
英語版Wikipedia: Dollywood
日本語版Wikipedia : ドリーウッド

日本語版ウィキペディアでは、以下のように説明されています。

ドリーウッド(Dollywood)はカントリー歌手のドリー・パートンとHerschend Family Entertainment Corporationによって運営されるテーマ・パークである。テネシー州ピジョン・フォージに位置する。3,000人の従業員を抱え、この地域で最大の雇用を有している。

所有者のドリー・パートンというのはこの方。
Wikipedia 英語版 : Dolly Parton
Wikipedia 日本語版 : ドリー・パートン

その説明によると、カントリーミュージックで有名なシンガーソングライター、女優のようですね。
あのホイットニー・ヒューストンの名曲 "I Will Always Love You" の作曲者でもあり、「カントリーミュージックの女王」(The Queen of Country Music)として知られている有名な方だそうです。
英語版ウィキペディアの下の方に載っている写真では、ジョージ・W・ブッシュ大統領夫妻やスティーブン・スピルバーグと一緒に写っている写真もありますね。

フレンズの過去のエピソードでは、チャンドラーのパパはゲイで、ラスベガスでショーをしている、ということがわかるセリフが何度か出てきました。
そういうパパのイメージが、「有名なカントリーシンガーが作ったテーマパークに行くのを毎年楽しみにしている」という話にも繋がる、ということなのでしょうね。

モニカがチャンドラーに、「あなたの両親は資金的に頼りにできる?」と尋ねているので、フィービーは「(夕食前はそんな話をしていなかったのに)一体夕食の席で何があったの?」と尋ねています。
モニカは、「私の両親が結婚式のためのお金を使った」と説明するのですが、それに対するフィービーのセリフが面白いです。
モニカのセリフに驚愕し息を呑んで、「なんてこと、一体、あなたたちは何を注文したの?」と言っているのですが、そのセリフの意味はつまり、「結婚式のお金を1回の夕食で使い切っちゃうなんて、一体、どんなメニューを注文したわけ?」ということです。
モニカが「両親が資金を使っちゃった」と言ったので、「少し前の夕食の席でそのお金を(全部)使っちゃった」とフィービーは勘違いしているわけですね。
spent は、spend 「お金を使う、浪費する」の過去形で、「使った」という過去形だけで表現されていると、過去に使ったことはわかるものの、いつ使ったかは明白ではありません。
(日本語でもそうですが)過去形の示す幅が大きいことを利用したセリフが、ここではジョークになっているわけですね。
こういうお笑いは、日本語の漫才や喜劇などでもありそうなパターンだと言えるでしょう。
order 「注文する」という言葉が聞き取れた方は、英語で聞いても大笑いできたのではないでしょうか。

レイチェルは、フィービーっぽい大ボケのセリフには構わずに(笑)、「お金がないの? それってひどい!」と言っています。
a rec center は、a recreation center 「レクリエーション・センター」のことで、地域にある公共的な(?)娯楽・休養施設みたいなイメージだろうと思います。
結婚式を挙げる場所として、モーガン・チェイス美術館を予約しているモニカたちですが、そんな高級な場所ではもう挙式できないのね、と言っているわけですね。

チャンドラーは、人を慰める時の決まり文句、"It's gonna be okay." を使って「大丈夫だよ(なんとかなるよ、心配ないよ)」みたいに言うのですが、モニカはそれを否定しています。
お金がないせいで、計画していたスイングバンドもなし、ユリ(リリー)もなしになるんだわ!と叫んでいます。
suck は俗語で、be terrible という意味。
チャンドラーの慰めの言葉に not をつけて否定した、It's not gonna be okay! は、「(このままの流れで行ったら) okay になんかならないわ、全然大丈夫なんかじゃないわ」と言っている感覚になるでしょう。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 11:38| Comment(0) | フレンズ シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

今はビーチハウスと呼んでいる フレンズ7-2その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


婚約が決まったチャンドラーとモニカは、レストランでモニカの両親と一緒に夕食をとっています。
モニカ: Anyway, we're really excited about our wedding plans, and well I guess pretty soon we'll be making a big withdrawal from the Monica wedding fund. (Chandler and her laugh, but her parents don't.) What? (とにかく、私たちは結婚式のプランにすっごくワクワクしてるのよ。でね、近いうちに、モニカ結婚資金からたくさんのお金を引き出すことになると思ってるの。[チャンドラーとモニカは笑うが、モニカの両親は笑わない] 何?)
モニカママ: You tell her, Jack. I can't do it. (あなたがモニカに言ってよ、ジャック。私には言えないわ。)
モニカ: What happened? You still have the Monica wedding fund, don't you? (何があったの? まだ、モニカ結婚資金はあるわよねぇ?)
モニカパパ: We have it. Only now we call it "the beach house." (あるよ。ただ今は、それを「ザ・ビーチハウス」と呼んでる。)
Commercial Break
CMブレイク
[Scene: A Restaurant, scene continued from before the break.]
レストラン。CMブレイク前から続いているシーン。
モニカ: I can't believe you spent my wedding fund on the beach house! (信じられないわ、私の結婚資金をビーチハウスに使ったなんて!)
モニカママ: We're sorry honey, but we just assumed if you got married after you turned 30 you'd pay for it yourself. (ごめんなさいね、ハニー、でも私たちはただ思ったのよ、もしあなたが30歳になった後で結婚するなら、それを自分自身で払うだろう、って。)
モニカ: You bought the beach house when I was 23! (ビーチハウスを買ったのは、私が23歳の時だったじゃない!)
モニカパパ: Which means you had seven years of beach fun and you can't put a price on that, sweetie. (それはつまり、ビーチで7年も楽しんだってことだ。それに値段は付けられないだろ、スウィーティー。)

両親と食事しながら、「私たちの結婚プランにすっごくわくわくしてるの」とモニカは言っています。
I guess pretty soon we'll be... は、「近いうちに私たちは…することになると思う」というような感覚ですね。
そうやってチャンドラーとモニカは嬉しそうに笑うのですが、両親は全く笑顔を見せません。
You tell her, Jack. は、主語の You を付けて強調した命令文ですね。
Tell her. なら「彼女に言ってよ」、You tell her. なら「あなたが(あなたから)彼女に言ってよ」というようなニュアンスの違いになるでしょう。

何が起こったの? 何があったの? と問うモニカは、You still have..., don't you? 「あなた(たち)はまだ…を持っているわよねぇ?」と付加疑問で尋ねています。
その質問に対しては、We have it. と肯定していますが、その後、Only now we call it... 「ただ今は、それを…と呼んでいる」と付け加えます。
つまり、the Monica wedding fund は、今や「ビーチハウス」という名前になっている、という感覚で、つまりは、結婚資金がビーチハウスに化けちゃった、と言っているニュアンスになるでしょう。
それが、CM前のオチとなり、後半のシーンに続きます。

結婚資金をビーチハウスに使ったなんて信じられない!と怒るモニカに、ママは謝りながらも、we just assumed... と言います。
assume は「決めてかかる」という感覚。

研究社 新英和中辞典では、
assume=(証拠はないが)〈…を〉事実だとする[考える]当然のことと思う、思いこむ、決めてかかる

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
assume : to think that something is true, although you have no proof of it
つまり、「何かが正しいと思うこと、その証拠はないけれども」。

ロングマンの語義の、no proof of it の部分がポイントですね。
別に何の根拠もないけれど、勝手にそう思い込んでいたのよ、という感じです。
30歳過ぎに結婚するなら、そんな資金には手を付けずに、自分で稼いだお金で式を挙げるだろうと思ったの、みたいなことですね。

その言い訳自体もあまりもっともらしくないのですが、モニカはさらに厳しいツッコミを入れています。
そのセリフを前から訳すと、「あなた(たち)はあのビーチハウスを買った、私が23歳だった時に!」になりますね。
意味としては、「私が23歳の時、あなたはあのビーチハウスを買ったわ!」ということですが、このように、英語では when I was 23! が後ろに来ているので、そのセリフを聞いている方も聞いた順番でイメージすることになり、「ビーチハウスを買ったわ、23歳の時に」と訳す方が、セリフのニュアンスは正しく伝わる気がします。
それをもっと日本語っぽく直すと、「ビーチハウスを買ったのは、(30歳すぎじゃなくて)23歳の時だったじゃない!」になるでしょう。
買ったのは「23歳」という部分がセリフのオチになるわけですね。
30歳まで待ってのその言い訳ならまだしも、23歳の時にすでに買っちゃってるじゃない、そんな言い訳、口から出まかせだわ!という気持ちですね。

モニカパパ(ジャック・ゲラー)は、そのモニカのセリフを受ける形で、Which means... 「それはつまり…ということだ」のように言っています。
beach fun 「ビーチの楽しみ」を7年持った、みたいなセリフなので、「(ビーチハウスのおかげで)ビーチを7年楽しめた」ということですね。
you can't put a price on that は文字通り、「それに値段はつけられない」。

LAAD では、
put a price (tag) on something : to say how much something costs or is worth
つまり、「何かがどれだけのお金がかかるか、またはどれだけ価値があるかを言うこと」。
(tag) とカッコつきで書かれていることからもわかるように、まさに、put a price tag on 「プライスタグ(値札)をつける」という言葉から、「値段をつける、そのものの価値を言う」という意味になるのですね。

「値段を付けられない」ということはすなわち、priceless 「プライスレス、値段がつけられないほど貴重だ」と言っていることになります。
23歳の時にすでに買っちゃってたじゃない!と責めるモニカに、「23歳から30歳まで、7年間もビーチハウスを満喫したってことだぞ、その楽しみに値段なんかつけられるか?」と、7年間という数字を逆手にとって、問題をすり替えようとしているわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:52| Comment(2) | フレンズ シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

パズルでキックバックする フレンズ7-2その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は5位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


フィービーは、自宅の火事以来、ずっとチャンドラーとモニカの家に同居していましたが、チャンドラーとモニカが婚約したので、ロスの家に居候(いそうろう)することになりました。
ロスが自宅に帰ってくると、マッサージ師であるフィービーは、部屋の中にテーブルを置いて、その上に寝かせたお客さんをマッサージしています。
その光景に唖然とするロス。
ロス: Phoebe, what are you doing? (フィービー、何やってんの?)
フィービー: I'm sorry, I'm with a client right now. (ごめんなさい。今私は、接客中なのよ。)
ロス: Phoebe! (フィービー!)
フィービー: Okay, let's talk outside. (わかったわ。外で話しましょ。)
(They go into the hall.)
二人は廊下に出る。
ロス: Phoebe, you can't massage people in my apartment! (フィービー、僕の家で人をマッサージしちゃだめだよ!)
フィービー: What's the big deal? I did it at Monica and Chandler's! (何がそんなにおおごとなの? モニカとチャンドラーの家でも、私はしてたわよ。)
ロス: And they knew about it? (それで、二人はそのことを知ってた?)
フィービー: (pause as she considers it) Okay, well, Ross, what is this really about? ([それを考えるのに間があって] いいわ、ロス、これってほんとはどういうことなの?)
ロス: Look, this is my home, and I want to be able to come and go whenever I want. (ねぇ、ここは僕の家なんだ、そして、僕が望む時に、出たり入ったりできるようにしたいんだ。)
フィービー: Okay, I will find someplace else to do the rest of my appointments. I just don't know what the big deal is! (わかったわ、私の残りの予約(のマッサージ)をするのにどこか他の場所を見つけるわ。私はただ、何がおおごとなのかわからないだけよ。)
ロス: The big deal is I don't want naked, greasy strangers in my apartment when I want to kick back with a puzzle-- Beer, cold beer. (大事なことは、裸でグリースまみれの赤の他人が自分の家にいて欲しくないだけだよ、僕がパズルでリラックスしたいと思う時にね…(パズルじゃなくて)ビールだよ、冷たいビールだ。)

自分の部屋でマッサージが行なわれていることに唖然としているロスはフィービーに「何やってんの?」と怒ったように言うのですが、フィービーは「今はお客さんといるところ、ただいま接客中なのよ」と小声で返すのが面白いですね。
仕事中に話しかけてこないで、みたいな感じです。
何ら悪びれた様子もないフィービーに、ロスがキツい調子で言うと、さすがのフィービーも「外で話しましょ」と言って、廊下に出ます。

「僕のアパートメントで人をマッサージしちゃいけないだろ」と言うロスに、フィービーは、What's the big deal? と言っていますね。
the big deal は「大したこと、大変なこと、おおごと、一大事、大事なこと」。
何をそんなに大騒ぎしてるの? 何がそんなにおおごとなの?という感覚ですね。
その後、だって私はこういうマッサージを、モニカたちの家でもしてたもの、みたいにも言っています。
「それで、二人はそのことを知ってたわけ?」と問われたフィービーは絶句してしまいますが、その様子から、「二人が知らない間にこっそりやっていただけで、二人に了解をもらっていたわけではない」ということがわかります。

What is this really about? を直訳すると、「これは実際には、何についてなの?」というところでしょうか。
「モニカたちがマッサージのことを知っていたかどうか」がポイントではないだろうとフィービーにもわかるので、ロスは一体何のことでそんなにムキになってるの? 何のことで何についてこんな風に怒ってるわけ?と尋ねたいセリフが、What is this really about? なのですね。
日本語っぽく訳すと、「これって実際、何なわけ? これって一体何のこと?」というところでしょう。

this is my home は文字通り、「これは僕の家だ」。
それまで my apartment 「僕のアパートメント、僕の家」という表現を使っていましたが、ここでの my home は「建物としての家」という意味よりもむしろ、「我が家、自宅、うち」というイメージですね。

僕の心の拠り所となっている、僕が安心できる「我が家」だから、好きな時に出入りしたいんだ、とロスは説明しています。
自分の家なのに、マッサージの客がいるから入りにくいとか、そんな窮屈なことはいやなんだ、ということですね。

そう言われたフィービーは、残りのアポのマッサージができるところを他に探すわ、と言いながら、I just don't know what the big deal is! のように、また、the big deal という言葉を使っています。
ロスがそう言うのならマッサージは他でやるけど、でもやっぱり、何がおおごとなのか、よくわかんないわ、みたいなことですね。
ことの重大さがまだわかっていないフィービーに、ロスはムキになって、説明しています。
フィービーがわからないっていう the big deal っていうのはこういうことだよ、という感じで、僕は自分の家に〜が(いて)欲しくない、と言っています。
何がいやかというと、naked, greasy strangers つまり、「裸の、グリースだらけの、知らない他人」ですね。
マッサージをする時は客は裸になっていて、さらには身体にオイルみたいなものも塗りますね。
ロスにしてみたら、「裸で、油でテカテカした知らないオッサン(笑)が家にいるなんて我慢できないよ」というところでしょう。
ただそういう見知らぬ人がいることがいや、と言っているだけではなくて、when I want to 「僕が〜したいと思っている時に」ということも付け加えています。
そこでは、kick back with a puzzle-- Beer, cold beer と言い直していますね。

kick back はまずは「蹴り返す」という意味がありますね。
また、「キックバック」として日本語にもなっているような「お金を支払った人にリベートのように一部のお金を返す」という意味もあります。
今回のセリフはそのどちらでもなく、「リラックスする、休憩する」という意味になります。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
kick back [phrasal verb] (informal) : to relax and not worry about your problems
例) I'm just going to kick back and wait for the end of the semester.


つまり、「リラックスして、自分の問題について悩まないこと」。
例文は、「僕はただ、リラックスして、学期の終わりを待つ予定だ」。

ですから、kick back with a puzzle は「パズルでリラックスする」ということですね。
その後、慌てて、beer だよ、パズルじゃなくてビールだ、と言い直しています。
本当はパズルをしてのんびりするつもりだったようですが、ちょっと子供っぽい、もしくはオタクっぽいと思われてはいけない、とでも思ったのでしょう。
大人がくつろぐと言えばこれ、みたいな感じで、とっさにビールと言い換えているわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:37| Comment(4) | フレンズ シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする