2013年04月01日

出生証明書を逃亡者に売った フレンズ7-14その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は9位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


モニカの30歳のバースデーの回想に続いて、今度はフィービーが30歳になった時の場面がフラッシュバックされます。
フィービーは、仲が悪くて疎遠になっている姉アースラの家に言って、30歳の誕生日おめでとう、と言うのですが、
アースラ: Yeah, we're not thirty, we're 31. (ええ、私たちは30歳じゃない。31歳よ。)
フィービー: Nu-uh! (いいえ〜!)
アースラ: Yea-huh! That's what it says on my birth certificate. (そうなのよ〜! 私の出生証明書にそう書いてあるもの。)
フィービー: You have your birth certificate? (あなた、出生証明書を持ってるの?)
アースラ: Yeah, I got a big box of family stuff when my mom died. (ええ、私のママが死んだ時、家族のものが入った大きな箱をもらったの。)
フィービー: Our mom. (私たちの、ママよ。)
アースラ: (sarcastic) Right! Okay. (Hands Phoebe her births certificate.) ([皮肉っぽく] そうね! いいわ。[フィービーに自分の出生証明書を手渡す])
フィービー: Do you have my birth certificate? (あなた、私の出生証明書、持ってる?)
アースラ: No, I sold it to a Swedish runaway. (いいえ、それはスウェーデン人逃亡者に売ったわ。)

双子の姉であるアースラに、30歳の誕生日おめでとう!と言いに来たのに、「私たちは30歳じゃなくて、31歳よ」と言うので、フィービーは驚いています。
Nu-uh! は「ナッ、アー!」みたいに、後半のアーの語尾を上げる感じで発音しています。
No! を大げさに言ってみせた感覚ですね。
強い調子で否定したフィービーに対して、アースラも Yea-huh! 「ヤッ、ハー!」みたいに強い口調で返しています。
それぞれ、No! と Yes! で反論し合っているわけですが、各自、"No, we're not 31." "Yes, we're 31." だと主張し合っていることになります。

That's what it says on my birth certificate. について。
まず、birth certificate は「出生証明書」ですね。
certificate は「証明書」という意味で広く使われている言葉で、英検の合格証明書の英語版も、タイトルに Certificate と書いてあります。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
certificate :
1. an official document that states that a fact or facts are true
a birth/marriage/death certificate
例) Send in your birth certificate with your passport application.

つまり、「事実が本当であると述べる、公的な文書」。
例文は、「パスポート申請書と共に、出生証明書を郵送で提出して下さい」。

say は「言う」で、無生物が主語になると、「(主語)に…と書いてある、出ている」という意味にもなりますね。
The notice/sign says なら「掲示・標識に…と書いてある」ということ。
ここでは、My birth certificate says... ではなく、It says... on my birth certificate の形になっています。
その書かれている内容(... の部分)が、what になって前に出て、「それ(私たちが31歳である、ということ)は、出生証明書(の上)に書かれていることよ、書かれている内容よ」と言っていることになります。
it says の it は、漠然とした状況を指している it だと考えればいいでしょうか。
「出生証明書が…と言っている」と主語に持ってくるのではなく、「出生証明書の上で…と言っている、…と出ている」のように、「出生証明書上で、私たちは31歳であると表記されている」という感覚に近いように思います。

birth certificate という言葉を聞いて、フィービーは反応しています。
「あなた、そんなものを持ってるの?」と驚いていることから、フィービーは当然持っていないし、そんなものがちゃんと存在していた、そしてアースラはそれを持っていた、ということを知って驚愕していることがわかるわけです。

アースラは、「ママが死んだ時に、family stuff の大きな箱をゲットした」みたいに言っていますね。
stuff は「もの、持ち物」という感覚ですから、家族のもの、つまり、ママの形見みたいなものをママが死んだ時にもらったの、と言っていることになります。
フィービーはそういう形見のようなものを持っていないのに、姉だということでそれを独り占めしたらしいアースラにムッとしている様子。
「アースラはさっきから、my mom って言ってるけど、our mom 私たち二人のママ、でしょ?」と怒っています。
怒っているフィービーを見て、皮肉っぽく Right! 「ええ、そうねぇ」と笑っているのもアースラらしいですね。
アースラは自分の出生証明書を妹フィービーに見せ、フィービーは「あなたは私の出生証明書を(私の分も)持ってる?」みたいに尋ねています。
家族の持ち物を預かったのなら、私のもあったはずでしょ?ということですね。

それに対するアースラの返事が、これまたアースラらしい、なんとも邪悪な内容になっています。
「それ(フィービーの出生証明書)を、スウェーデン人の runaway に売った」と言っているわけですが、この場合の runaway は「逃亡者」という名詞ですね。
まさに、run away 「走り去る、逃げる」した人、ということです。
このアースラの一言で、身元を隠して逃げている謎のスウェーデン人が、フィービーの出生証明書を手に入れ、今はフィービーになりすましているであろうことが想像されるわけです。
自分の出生証明書はちゃっかり持っていて、双子の妹の分は、本人に渡してやることもなく、外国人逃亡者の身元隠しの材料に売ってしまった、という極悪ぶりが光っています(笑)。
この後のフィービーは、自分の出生証明書が誰かに売られてしまったことは気にもとめず、ただ、アースラの証明書を見て、今が31歳であることにただただ驚く、という展開になっています。
普通の人なら大騒ぎするところですが、フィービーも波瀾万丈の人生を歩んできた人ですから、そういうところには動じない、というのも、フレンズ的お約束と言えそうですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:40| Comment(7) | フレンズ シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする