2016年05月06日

ここにいたいと思う、たった一つの場所 フレンズ10-10その5

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は5位、「にほんブログ村」も5位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


チャンドラーとモニカが、今住んでいるNYマンハッタンから、郊外へ引っ越すことを考えていると知り、フレンズたちは動揺しているのですが、
ロス: You know what? If you wanna look for a house, that's okay. (ねえ。もし君らが家を探したいんなら、それは構わないよ。)
ジョーイ: No! No, it's not! Don't listen to him! (to Ross) I'm gonna thump you! (points his fist at him) (ダメダメ! よくないよ。ロスの言うことは聞くな! [ロスに] お前をぶん殴るぞ! [自分のこぶしをロスに向ける])
ロス: (to Joey) It's okay, because they have to get it out of their system. Okay? (back to Mon and Chan) But you're gonna realize this is the only place you wanna be. ([ジョーイに] いいんだよ、だって二人は悩みを解放しないといけないんだよ。だろ? [モニカとチャンドラーに対して] でも君らはきっとわかるよ、ここが君らがいたい、たった一つの場所だ、って。)
(pause before Monica and Chandler speak, they look like they are looking for the right words)
モニカとチャンドラーが話すまで、間がある。正しい言葉を探しているようである。
チャンドラー: Actually... we already found a house we love. (実は… 俺たちはもう、気に入った家を見つけたんだ。)
ロス: What? (何だって?)
モニカ: And about an hour ago, we made an offer. (それも1時間前にね。私たち、申し込みをしたの。)
(All the friends looked shocked and confused. There is a long silence.)
フレンズみんなはショックで混乱している様子。長い沈黙がある。
チャンドラー: Bet you wish I was having an affair now, huh? (俺が浮気してたら良かったのに、、って今思ってるだろ?)

チャンドラーとモニカが郊外への引っ越しを考えていると知って、フレンズたちは引き止めるような言葉を次々と述べるのですが、ロスが「もし君らが家を探したいのなら、それは構わないよ。探したいんだったら探せばいいさ」みたいに言うので、ジョーイは「何てこと言うんだ」とばかりにロスに対して怒っています。
I'm gonna thump you! の thump は「(げんこつ・棒などで)ゴツンと叩く、殴る」なので、I'm gonna thump you! は「(そんなこと言うと)お前をぶん殴るぞ」のニュアンスが近いですね。
ですがロスは平然とした顔で、「いいんだよ、だってチャンドラーとモニカは get it out of their system しないといけないから」と言います。
get ... out of one's system は、研究社 新英和中辞典では、以下のように出ています。
get…out of one's system=《口語》〈悩み・心配などを〉捨て去る、忘れる

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
get something out of your system : (informal) to get rid of strong, bad, or upsetting feelings
つまり、「(インフォーマル) 強い、悪い、または動揺している感情を取り除くこと」。

そして、LAAD には、system として、以下の意味が出ていました。
somebody's system : a phrase meaning someone's body, used when you are talking about its medical or physical condition.
例) Too much alcohol is bad for your system.

つまり、「人の身体を意味するフレーズで、身体の医学的、肉体的状態を言う時に使われる」。
例文は、「アルコール過多は、身体に悪い」。

system = body ということなので、「自分の身体から(何か悪いこと)を取り出す」→「(いやなこと)を捨て去る、忘れる」という意味になるわけですね。
今回の場合の it は、今、チャンドラーとモニカが悩んでいる事柄を指しており、それを無理矢理押し込めておくんじゃなくて、悩みを解放して、やりたいと思ったようにやってみればいいさ、と言っていることになるでしょう。
「郊外で家を探したいと思ったのなら、そうすればいいさ。悩みや問題を解決するように行動すればいいさ」と言ったわけですね。

ちなみに、この get it out of one's system という表現は、過去記事、私の身体、私のシステム フレンズ3-6その10 の以下のセリフで出てきました。
レイチェル: Oh, I don't know. Well, maybe it's just the idea of Barry for the rest of my life. I don't know, I think I feel like I need to have one last fling, y'know, just to sort of get it out of my system. (あぁ、わからないわ。ほら、多分、死ぬまで[これからずっと]バリー、って考えるとね。わからないけど、最後に一度、軽い情事[ロマンス]をしてみたいって気がするの。ただ、この悩みやストレスを発散するためだけに。)

今回のエピソードに戻ります。
「悩みを解放したらいいよ」と言った後、ロスは、But you're gonna realize... のセリフを言っています。
「郊外に家を探してみたとしても、(結局は)ここが自分たちがいたいと思う唯一の場所だってことに気づくよ」ということですね。
他と比較したら、ここの良さを再認識する結果になるだけだから、気の済むように探してみればいいさ、と言ったわけで、なかなか素敵なセリフだと思うのですが、それを聞いたチャンドラーとモニカは、何と言えばいいか言葉を選んでいる様子で、しばらく沈黙が流れます。
その後、「実は、俺たちは自分たちが気に入る家をもう見つけたんだ」「1時間前に申込みをしたの」と説明します。
「いろいろ見回ってみたところで、ここが最高だってわかるから」と自信たっぷりに言っていたロスも、他のフレンズたちも、「気に入る家を見つけちゃって、もう申込みも済ませて来た」という発言に、驚きで言葉を失っています。

ショックで言葉もないフレンズたちに対してのチャンドラーの発言、Bet you wish I was having an affair now, huh? について。
Bet で始まっていますが、I bet ということで、「〜だと確信する」というニュアンス。
you wish I was having は仮定法過去で、「俺が(事実とは異なり)〜していたら良かったのに、と君らは思ってる[願ってる]」。
ですから、「(実際には浮気じゃないってわかったけど、さっきまでみんなが誤解してたように)俺が浮気してたら良かったのに、って、君らは今きっと思ってるよね」と言ったことになります。
チャンドラーの浮気を疑い、モニカのことを心配していたフレンズたちでしたが、浮気ではないとわかったものの、二人が引っ越すというショッキングなニュースを聞くことになってしまったため、「こんなことなら、俺(チャンドラー)が浮気してた方がましだった、って、今思ってるだろ?」と、ちょっとジョークっぽい感じで言ってみせたことになるわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 15:21| Comment(0) | フレンズ シーズン10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

私も彼もサラ・ジェシカ・パーカーもそうしてる フレンズ10-10その4

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


チャンドラーとモニカが郊外に引っ越すことを考えていると知り、ショックを受けるフレンズたち。
レイチェル: What is wrong with raising a kid in the city? I'm doing it. Ross is doing it. Sarah Jessica Parker is doing it! (都会で子供を育てることの何がいけないの? 私はそうしてるわ。ロスもそうしてる。サラ・ジェシカ・パーカーもそうしてる!)
モニカ: And that's great for you guys, but we want a lawn and a swing set. (あなたたちにとってはそれが最高なのよね。でも私たちは芝生とブランコが欲しいの。)
チャンドラー: And a street where our kids can ride their bikes and maybe an ice-cream truck can go by. (それに、俺たちの子供が自転車に乗ることができたり、多分、アイスクリームのトラックが来てくれたりするような通りも(欲しいんだ)。)
ロス: (sarcastic) So you wanna buy a house in the 50's. ([皮肉っぽく] それじゃあ君は50年代の家を買いたいんだねぇ。)
フィービー: Have you thought about what you would be giving up? You can't move out of the city. What if-- What if you want Chinese food at 5 a.m.? Or a fake Rolex that breaks as soon as it rains? Or an Asian hooker sent right to your door? (自分たちがあきらめることになることを考えたことある? あなたたちは都会を出ることはできないわ。もし、朝の5時に中華料理が食べたくなったらどうする? それとか、雨が降るやいなや壊れる偽ロレックスとか? または、自宅に呼べるアジア人売春婦とか?)

レイチェルのセリフ、What is wrong...? は、「都会で子供を育てることの何が悪いの?」
その後、A is(am) doing it. B is doing it. C is doing it. と3人の主語を使って、「A もそうしてる。B もそうしてる。C もそうしてる」と畳み掛けるように言っています。
最初の A は自分自身で、B はロス。
ロスとレイチェルは二人の子供エマを、ここマンハッタンで育てていますし、ロスとキャロルとの間の息子ベンもマンハッタンに住んでいますから、ロスは自分の子供二人を都会で育てていることになります。
「私だってそうしてる。ロスだってそうしてる」というのは、「友達の私たちが問題なくそうしてるのに、何がいけないの?」という気持ちが入っていますが、最後の「〜もそうしてる」と言って名前を出したのが、サラ・ジェシカ・パーカーなのには、オオウケしてしまいました。

サラ・ジェシカ・パーカーは、「セックス・アンド・ザ・シティ」(Sex and the City, SATC)のキャリー役で有名ですね。
SATC も舞台が NY で、NY を舞台にした作品として、「フレンズ」と「SATC」が挙げられることも多いです。
そして、キャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカー自身も NY に住んでいて、そこで子供も育てていることは有名なので、今回、レイチェルは、「NY で子育てしている有名人」として、サラの名前を挙げたことになります。
サラと言えば、誰もが真っ先に、SATC を思い出すでしょうから、同じ NY のドラマとして、よく比較に出される作品がらみのネタ(主演女優の名前)を、レイチェルが「フレンズ」の劇中で言及している、という面白さになるでしょう。

「私たちもサラもそうしてる」と、都会で子供を育ててる人なんかいっぱいいるわ、と訴えるレイチェルに対し、モニカは、「そのこと(都会で子供を育てること)は、あなたちにとっては最高なんでしょうね」と言った後、「でも私たちは〜が欲しいの」と、都会では手に入らないものを挙げています。
モニカが、we want A and B. のように、A, B 2つの名詞を挙げた後、チャンドラーは続けて、And a street where... と続けています。
チャンドラーが、we want C の C にあたる名詞を、a street where と表現した形になりますね。

まずモニカが挙げたのは、a lawn 「芝生」と、a swing set 「ブランコ(のセット)」。
そして、チャンドラーの a street where は、a street where SV and S'V' という構造になっており、「S が V できたり、多分、S' が V' できたりするような通り(ストリート)」と言っていることになります。
つまり、モニカとチャンドラーで、「芝生とブランコ」「そして、こういう通り」と挙げたことになり、その通りがどういう通りかということを、where 以下で詳しく説明していることになるのですね。
SV の部分は、「俺たちの子供たちが自分の自転車に乗れるような(通り)」、S'V' の部分は、「(多分)アイスクリームのトラックがそばを通る[家の近くに来てくれる]ような(通り)」になります。
ブランコ台が置けるような広い芝生の庭があり、その通りにはアイスクリーム屋さんのトラックが時たま来たりするような、そういうイメージを楽しそうに語っているのですが、それを聞いたロスは、皮肉っぽく、「じゃあ君たちは、50年代の家を買いたいんだね」と言っています。
芝生の庭があって、子供たちが通りを自転車で走れるような、、 ということだと、ドラマ「デスパレートな妻たち」(Deperate Housewives)の舞台となっている架空の町「ウィステリア通り」みたいなイメージですね。
チャンドラーが「アイスクリーム屋さんが来るような」と言ったところに、どことなくレトロな雰囲気が漂っているので、それでロスは「50年代の家かっ!」とツッコミを入れたことになるでしょう。

その後、フィービーは、Have you thought about what you would be giving up? と言っています。
「(もし引っ越した場合に)あなたたちがあきらめることになるだろうことについて、考えたことある?」ということですね。
その後、「あなたたちは都会から引っ越すことはできないわ」と続けていることからもわかるように、新しい場所に引っ越して、そこでの楽しい生活ばかりを思い描いているようだけど、マンハッタンから引っ越すことで、ここでしかできないことができなくなっちゃうのよ、と言っていることになるでしょう。
そしてフィービーは、What if you want A. Or B. Or C. という文章で、「もし A や B や C が欲しいと思ったらどうするの? 郊外ではそういうもの手に入らないわよ」と言うことになります。
A は「午前5時の中華料理」。朝早くから中華料理の出前を取ることがここ NY では可能だ、と言いたいわけですね。
B は「雨が降るやいなや壊れる偽のロレックス」、C は「自宅のドアに直接、送られて[派遣されて]くるアジア系売春婦」。
「こういうものが手に入らなくなること、残念じゃないの?」みたいに言っているわりには、A の早朝中華の出前以外は、う〜ん、、とうなりたくなるようなものが挙げられていることが、フィービーというキャラのズレ具合を表していると言えるでしょう。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 08:18| Comment(0) | フレンズ シーズン10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする