2016年12月05日

私たちはそうやって物を買う フレンズ1-1改その29

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は6位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


15:19
チャンドラー: All right, kids, I gotta get to work. If I don't input those numbers... it doesn't make much of a difference. (よーし、君たち[子供たち]、俺は仕事に行かないと。もし俺があの数字を入力しないと… 大して違い[影響]はないけどな。)
レイチェル: So, like, you guys all have jobs? (それで、ほら、あなたたちはみんな仕事を持ってるの?)
モニカ: Yeah, we all have jobs. See, that's how we buy stuff. (えぇ、私たちはみんな仕事を持ってるわよ。ほら、そうやって私たちはものを買うの。)
ジョーイ: Yeah, I'm an actor. (そうさ、俺は俳優だ。)
レイチェル: Wow. Would I have seen you in anything? (まぁ。(俳優としての)あなたを私どこかで見たことあったりしたかしら?)
ジョーイ: I doubt it. Mostly regional work. (どうかな[見たことないと思うよ]。ほとんど地域の仕事だから。)

All right, kids, I gotta get to work. の gotta は、gotta = got to = have got to = have to で、「〜しなければならない」。
フレンズに対して kids と呼び掛けているのは、「大人の俺は今から仕事に行かないといけないんだ」のように、自分が大人で、残っているフレンズたちを子供扱いしているように呼んでいる感覚になるでしょう。

If I don't input those numbers は「もし俺があれらの(あの)数字をインプット(入力)しないと」という仮定。
仕事に行くと言った後、「俺が数字を入力しないと」と言っていることから、何やら数字を入力する仕事をしているだろうことが想像できます。

make a difference は「違いをもたらす」という感覚ですから、つまりは「影響を及ぼす、効果を生じる、重要である」という意味。
チャンドラーは気取った格好でこのセリフを言っているので、ちょっと偉そうに「俺が数字を入力しなかったら、会社は動かないんだよ。たくさんの人が困るんだよ」とでも続きそうな雰囲気なのですが、実際のセリフは「別に俺が数字を入力したところで、何も大きな違いは生まれないんだけどね。俺の仕事が会社にとってそんなに重要なわけでもないんだけどね。まぁ、とりあえず行ってきますわ」みたいな感じの、拍子抜けで自虐的なオチになっていることになるでしょう。

So, like, you guys all have jobs? の like は「ほら、その」という感じのつなぎ言葉。
you guys は「あなたたち、君たち、君ら」という複数を指します。
guy という単語の基本的な意味は「男、男の人」という意味で、今回のエピソード フレンズ1-1 でも、Paul, the wine guy 「ワイン担当(の男性)のポール」という意味で使われていました。
そのように単数だと「男性」を指しますが、guys と複数形にすると、男性だけではなく、女性が混ざっていても、また女性だけの場合でも使うことができます。
フレンズでは、家に帰って来た時、コーヒーハウスのセントラルパークに入ってきた時のセリフとして、"Hey, guys." 「はーい、みんな」という感じでよく出てくる言葉です。

you guys all have jobs? の you guys all は「あなたたちはみんな」。
この all の用法については、以下の研究社 新英和中辞典の説明がわかりやすいと思います。
all=【代】[複数扱い][同格にも用いて] だれも、みな (注:通例代名詞の場合に用いる)
We all have to go.=All of us have to go. 我々はみな行かねばならない。


つまり、wel all = all of us ということですから、今回のセリフだと you guys all = all of you guys ということになりますね。

チャンドラーが仕事に出かけるのを見て、レイチェルは「(チャンドラーだけではなく)あなたたちはみんな、仕事を持ってるの?」と尋ねたことになりますが、その質問に対してモニカは、Yeah, we all have jobs. と答えています。
「みんな、仕事持ってるの?」と聞かれた場合、Yeah. / Yes. のように簡単に肯定だけしてもいいし、Yes, we do. 「ええ、そうよ」のように答えてもいいわけですが、ここでモニカが、レイチェルのセリフの代名詞だけを you guys から we に入れ替える形で、ほとんど同じ文章を「わざわざ」繰り返しているのは、「ええ、”もちろん、当然” 私たちはみんな仕事を持ってるわよ」という風に強調している感覚になるでしょう。
相手が問うてきた疑問文とほぼ同じ内容を、わざわざ文章として繰り返して言うのは、「もちろんそうだ、当然だ」というニュアンスが込められていて、そんな当たり前のことを尋ねた相手に対して、多少あきれた気持ちを持っていることがうかがえます。
親と離れて生活しているのだから仕事しているのは当然なのに、お嬢様育ちのレイチェルにはそういう感覚がないわけで、そういう「世間離れした質問」をしたことに対して、「もちろん、私たちは全員、仕事を持ってるわよ」と答えた感覚になる、ということですね。

See, that's how we buy stuff. の See は「ほら」いうニュアンス。
that's how we buy stuff. をとことん直訳すると、「それ(仕事を持っていること)が、どのようにして私たちがものを買うかである」、つまり、「私たちがものを買う方法はそれである」→「私たちは仕事を持つこと(仕事をすること)で、ものを買っている」と言っていることになります。
「それが〜する方法である」という意味であることから、「そうやって・そんな風にして〜する」のように訳すこともできますので、今回のセリフも、「私たちはそうやって・そんな風にして(仕事を持つこと・働くことで)ものを買う」と訳すこともできるでしょう。

みんな仕事を持ってるわよ、の話の続きとして、ジョーイは、「あぁ(俺も仕事を持ってる)、俺は俳優だ」と説明します。
レイチェルは Wow. と驚いて、「(俳優なんだったら)私はあなたを何かで(どこかで)見たことあったりしたかしら?」のように尋ねます。

I doubt it. の doubt の基本的な意味は「疑う」。
このニュアンスについては、以下の研究社 新英和中辞典で、同じく「疑う」という訳語がある suspect との比較での説明がわかりやすいと思います。
doubt=疑う (類語:doubt は確信またははっきりした証拠がないために「…ではない」という疑いを抱く。suspect は疑いを抱かせるような点があるために「…であるらしい」という疑いをもつ)

「〜ではないという疑いを抱く」という点がポイントですね。
I doubt it. の it は、ここで焦点となっている「レイチェルが俳優のジョーイをどこかで見た」を指していますので、「見ていないという疑いを抱く」→「レイチェルは俳優のジョーイ(俺)を見たことないと思う」とジョーイが言っていることになるでしょう。
I doubt it. をそのまま訳すとすると、「それはどうかなと思うよ。それはないと思うよ。そうじゃないと思うよ」のように it の内容について否定的な見解を述べていることになりますね。

Mostly regional work. は「たいていは[主に]、地域の[局地的な]仕事」。
俳優と言ってもテレビに出ている全国区じゃなくて、その地方・地域で活動しているようなのがほとんどだから、と言っていることになるでしょう。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 16:49| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

本当のデートでは一体何するの? フレンズ1-1改その28

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は7位、「にほんブログ村」は9位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


14:33
(ENTER MONICA FROM HER ROOM)
自分の部屋(寝室)からモニカ登場。
みんな: Morning. Good morning. (おはよう。おはよう。)
(ENTER PAUL FROM MONICA'S ROOM)
モニカの部屋からポール登場。
ポール: Morning. (おはよう。)
ジョーイ: Morning, Paul. (おはよう、ポール。)
レイチェル: Hello, Paul. (ハロー、ポール。)
チャンドラー: Hi, Paul, is it? (はーい、ポールだよね?)
(MONICA AND PAUL WALK TO THE DOOR AND TALK IN A LOW VOICE SO THE OTHERS CAN'T HEAR. THE OTHERS SHUNT MONICA'S TABLE CLOSER TO THE DOOR SO THEY CAN)
モニカとポールはドアのところに歩いて行って、他の人に聞こえないように低い声で話している。他のみんなは(二人の話が聞こえるように)(自分たちが今、座っている)モニカのテーブルをドアのより近くに押しやる。
モニカ: I had a really great time last night. (昨日の夜は、本当に素敵な時間を過ごしたわ。)
ポール: Thank you. Thank you so much. (ありがとう。本当にありがとう。)
モニカ: We'll talk later. (また後で話しましょう。)
ポール: Yeah. (THEY KISS) Thank you. (EXIT PAUL) (そうだね。[二人はキスする] ありがとう。[ポール退場])
ジョーイ: That wasn't a real date! What the hell do you do on a real date? (今のは本当のデートじゃなかったんだ! (じゃあ)本当のデートでは一体何するの?)
モニカ: Shut up and put my table back. (黙って[口を閉じて]私のテーブルを元に戻して。)
みんな: Okayyy! (THEY DO) (オッケー! [彼らはそうする(テーブルを元に戻す)]

寝室からモニカが登場し、リビングにいるフレンズたちは、おはようと声を掛けます。
ちなみに、ネットスクリプト(ファンがネット上に書き起こしたもの)のト書きでは、モニカの登場部分は、(ENTER MONICA FROM HER ROOM) と表記されています。
また、少し後では、(EXIT PAUL) というト書きも出てくるのですが、この Enter Monica, Exit Paul という語順がちょっと気になる、という方もおられるでしょうか?
この件につきましては、「ト書きの Enter と Exit 」として、今日の記事の最後にまとめていますので、興味のある方はお読み下さい。

モニカに続いて同じ部屋からポールが少し照れたような顔で出てきたので、「二人は昨晩をその部屋で一緒に過ごしたんだね」という感じで、フレンズたちはポールにもおはようの挨拶をしています。
そんな中、チャンドラーが、Hi, Paul, is it? 「はーい、ポール、、だよね?」と言ってニコニコしています。
みんなが「おはよう、ポール」と呼び掛けているので、名前はポールに決まってるわけですが(笑)、これはポールとの初対面の時に以下のような会話があったことと関係しています。
過去記事、Dear Diaryの瞬間 フレンズ1-1改その14 で、ポールが初めてモニカの部屋にやってきた時、
みんな: Hey! Paul! Hi! The wine guy! Hey! (やあ! ポール! はーい! ワインガイ[ワインの人]! やあ!)
チャンドラー: I'm sorry, I didn't catch your name. Paul, was it? (申し訳ない、君の名前聞き取れなかった。ポール、だったっけ?)
ポールという聞き取りやすい名前なのに、まるでわかりにくい名前であるかのようにわざと聞き返したようなジョークでしたが、それを踏まえて今回は「俺またここでもそのネタ使ってるよ」みたいに言ってみせた感覚なのでしょう。

モニカは帰るポールを見送る形で一緒にドアのところまで行って、そこでヒソヒソ声で話しています。
チャンドラーとジョーイは、ドアが見える距離まで、自分たちが座っているテーブルを動かしています。
モニカが「昨晩は、本当に素敵な時を過ごしたわ」と言った後に、ポールが、Thank you. Thank you so much. と何度も感謝の言葉を述べている様子から、「ポールとモニカが昨日の晩エッチしたこと」→「妻が出て行って以来、不能になってしまったと言っていたポールが、昨日は(モニカのおかげで)不能が治ったのであろうこと」が想像されます。

満ち足りた幸せそうな様子でキスし、ポールが帰った後、部屋に戻ってきたモニカに、ジョーイは That wasn't a real date! 以下のセリフを言っています。
That wasn't a real date! は、「今の(今回のモニカとポールのデート)は、本当のデートじゃなかったんだ!」ということで、What the hell do you do on a real date? は「本当のデートでは一体何するの?」という意味。
これは、過去記事、フレンズ シーズン1改、始めます フレンズ1-1改その1 で、
モニカ: Okay, everybody relax. This is not even a date. It's just two people going out to dinner and... not having sex. (わかった。みんな、落ち着いて。これはデートでさえないわ。ただ、二人の人間がディナーに出かけて、エッチをしない、っていうだけなの。)
チャンドラー: Sounds like a date to me. (俺にはデートに聞こえるけどな。)
というやりとりがあったことを受けてのものですね。
二人の男女が食事に出かけるだけで、エッチはしないから、デートじゃないわ、とデートであることを否定していたモニカのセリフを受ける形で、「今回のポールとのことはデートじゃない、ってモニカは言ってたから、今のはデートじゃなかったんだよね」と言ってから、「今のがデートじゃないとしたら、じゃあ、本当のデートってやつでは、一体何を[どんなことを]するんだよ?」と言ったことになります。
デート前は not having sex 「エッチはしないの」と言ってたけど、実際にはエッチしたんだろ、明らかにエッチした今回のデートをデートじゃないって言い張るんなら、本当のデートってやつでは一体どんなすごいことをするんだろうなぁ? みたいに茶化したわけですね。
そう言ってからかうジョーイに、「そんなバカなこと言ってないで(黙って)、盗み聞きするために動かした私のテーブルを元に戻しなさい」とモニカは返したことになります。


(今日のおまけ) ト書きの Enter と Exit

ト書きの (ENTER MONICA FROM HER ROOM) という表現について。
ネットスクリプト(ファンがネット上に書き起こしたもの)のト書きでは、(ENTER MONICA FROM HER ROOM) と書かれています。
enter は「(ある場所に)入る」という意味の動詞で、このト書きが指している状況としては「モニカが自分の部屋(寝室)から、画面に映っている、みんながいるリビングに入る」ということになりますが、今回のト書きの enter は「〜登場」という意味で使われています。
研究社 新英和中辞典では、
enter=【動】【自】 [Enter で] 〔演劇〕 登場する (注:脚本のト書きではしばしば3人称命令法で用いる; ⇔exit)
Enter Hamlet. ハムレット登場。


観客から見えている部屋や場所にその人が入ってくる、ということですから、演劇的に言うと「登場」が確かにしっくり来ます。
enter という単語については、ト書きでは、
モニカ : (entering) Morning.
のような形で表記されることもあります。
その場合は、セリフの主であるモニカが、「(画面に映っている)部屋に入りながら、画面に登場しながら」、おはようと言っていることになりますね。
その行動の主語はセリフの話者であることが明白なので、doing という -ing 形だけで表現していることになるでしょう。

また、今回のエピソード フレンズ1-1 では、ロスがセントラルパークに入ってきて、どんよりした Hi. を言う時の最初のト書きで、
(CUT TO SAME SET. ROSS HAS NOW ENTERED)
と表記されていました。
こちらは、Ross has now entered. という完了形になっており、has entered した主語が Ross であることがはっきりしています。

entering や Ross has now entered. という形と比較すると、Enter Monica from her room という語順は「動詞+主語」の形になっていて、何となく違和感がありますよね。
このような語順について説明してくれているのが、上で引用した研究社 新英和中辞典の「3人称命令法」になると思います。
この辞典では、「3人称命令法」の用法について詳しくは書いてありませんが、恐らくそれは、Enter, Hamlet. 「登場せよ、ハムレット」のようなニュアンスのことなんだろうと。
ハムレットが登場する(Hamlet enters.)という動きの描写・説明ではなく、「ここで(このタイミングで)誰々、登場!」という「(脚本家または監督からの)役者に対する指示」的な感覚としての「命令法」という意味だと思うのですね。
命令法・命令文だから、いきなり動詞で始まるという表記になっているということでしょう。

また、辞典の説明にあったように、enter の対義語は exit で、実際、このシーンの後のト書きに、(EXIT PAUL) というものが出てきます。
登場の反対ですから、「ポール退場」ということですね。
その exit については、研究社 新英和中辞典では、以下のように出ています。
exit=【動】【自】 [Exit で] 〔演劇〕 退場する (注:脚本の卜書きで単数の主語の前に用いる; ⇔enter; 参照: exeunt)
Exit Hamlet. ハムレット退場。


こちらの説明では「3人称命令法」という用語ではなく、「単数の主語の前に用いる」と書かれていますが、いずれにしても、「Enter/Exit+主語(人物名)」という特殊な形で用いられることがわかりますね。
Enter Monica や、Exit Paul というト書きは、ト書き特有の表記方法だった、ということになります。
シーズン10のファイナルを迎えるまで、entering というト書きについては、「(画面に映っている部屋に)入ってきて」という感じで私は訳していました。
キャラの行動も実際に「(部屋に)入ってきて)」という感じなので、その訳で特に問題なかったとは思うのですが、それらもト書き的には「(画面に・舞台に)登場しながら」のニュアンスが近かったのかな、と今さらながら(笑)思ったりします。

今回のエピソード フレンズ1-1 では、ここに至るまでの解説で、既に「Enter+人物名」という形が登場していました。
過去記事、そして俺は百万ドル欲しい フレンズ1-1改その5 で、レイチェルがウェディングドレスで入って来た時のト書きで、それは以下のようになっていました。
(ENTER RACHEL IN A WET WEDDING DRESS. SHE STARTS TO SEARCH AROUND THE ROOM)
Enter Rachel という表記と、She starts という表記とを見比べると、その Enter+人物名という書き方が独特である(通常の文体ではない)ことがよくわかりますね。
この部分の解説を書いた時には、「濡れたウェディングドレスを着たレイチェルが入ってくる」と訳したのですが、ここも「濡れたウェディングドレスを着たレイチェル登場」と書いた方がよりト書きっぽかったということになるでしょう。

今回、Enter Monica の語順に引っかかったのは、フレンズ8-23 で、
フィービー: Enter Pheebs! (フィービー登場!)
というセリフが出てきたことがあったからです。
まさにその語順の「Enter+人物名」のト書きが、フレンズ1-1 のト書きに実際に出てきたので解説させていただきました。

フレンズ8-23 でもご紹介したのですが、この「Enter+人物名」が英語の原題になっている有名な映画があります。
原題が Enter the Dragon であるその映画の邦題は、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」です。
つまり、原題は「ザ・ドラゴン登場」というニュアンスのタイトルであるということですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:47| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする