2017年01月10日

カーペットからマストドンのにおいを消す フレンズ1-2改その3

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」も9位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


1:57
SCENE 1: MUSEUM OF PREHISTORIC HISTORY (ROSS AND MARSHA ARE SETTING UP AN EXHIBIT, WHICH INCLUDES SOME MANNEQUINS OF CAVE PEOPLE)
シーン1:先史博物館 (ロスとマーシャは展示をセット(配置)しているところ。その展示には、洞穴に住む人々のマネキンも含まれている。
ロス: No, it's good, it is good. It's just that- mm- doesn't she seem a little angry? (いや、いいんだ。確かにいいんだよ。ただ、んーん… 彼女がちょっと怒って見えない?)
マーシャ: Well, she has issues. (えぇ、彼女は問題を抱えてるの。)
ロス: Does she? (そうなの[へぇ、そうなんだ]。)
マーシャ: He's out banging other women over the head with a club, while she sits at home trying to get the mastodon smell out of the carpet. (彼(夫)は外出して[外で]こん棒で他の女の頭を叩いてる[叩きながら追いかけ回してる]、その間、彼女(妻)は家で座って、カーペットからマストドンの臭いを消そうと頑張ってるっていうのに。)
ロス: Marsha, see, these are cave people. Okay, they have issues like: "Gee, that glacier's getting kinda close!" See? (マーシャ、ねぇ、この人たちは洞穴に住む人たちなんだよ[洞穴に住んでるんだよ]。いいかい、彼らが持ってる問題はこんな感じだよ、「あぁ、あの氷河が近づいてるみたいだよ!」とかね。だろ?)

ロスのセリフ、No, it's good, it is good. It's just that- は、it is good の IS が強めに発音されていて、「いや、いいんだ。確かにいいんだ。ただ〜なだけなんだ」というニュアンス。
別に悪いって言ってるわけじゃなくて、good なんだけどさ、ただ、こういうことなんだよね、、と that 以下で気になる内容を述べる感覚になります。
彼女がちょっと怒ってるように見えない? と言っているのは、展示で飾られている cave people (洞穴に住む人々)の女性のマネキンのことで、have issues は「問題がある、問題を抱えている」。
当然のようにそう言ったマーシャに対し、ロスは、Does she? と言っています。
最後に疑問符がついていますが、ロスは語尾を上げずに、下げた調子で言っていますので、「ほんとにそうなの?」と相手に尋ねるニュアンスではなく、「へぇ、そうなんだぁ、、そうなんだねぇ、、」みたいに言っているニュアンスですね。
ロスは、洞穴に住む人が「問題を抱えてる」ってそりゃ一体何だよ、という気持ちでしょうが、マーシャが当然のようにそう言うので、あきれた気持ちを持ちつつも、言葉では否定せずに「へー、そうなんだー」と返していることになるでしょう。

He's out banging... のセリフについて。
bang は擬音語から来た言葉で、「ドンドンたたく」というのが基本語義。
ドン、バン、バタン、ドタン、ドシン、ズドンのような音のイメージになります。

Macmillan Dictionary では、
bang : to hit something hard, making a loud noise
つまり、「何かを強く叩くこと、大きな音をさせて」。
また、以下の意味も載っていました。
bang : (offensive) to have sex with someone
offensive というのは「無礼な、侮辱的な」なので、そういう意味で bang という動詞を使う時には侮辱的なニュアンスが込められているということになります。
ですから、「エッチする」というよりはもっとお下品な「ヤる」という感覚が近いでしょう。

上でご紹介したマクミランの語義からは、基本的な意味の「強く音を立てて叩く」という意味と、「エッチする、ヤる」という意味があることがわかりますが、今回のセリフでは「エッチする」というニュアンスを感じさせつつも、言葉の表現としては「叩く」という意味で使われているように思います。

過去記事のコメント欄でご意見をいただいたことがあるのですが、アニメの caveman (洞穴に住む人 →厳密には違いますが、以後、イメージしやすいように「原始人」とします)が女性に迫る際の典型的な行動パターンとして、「女性の頭上を叩き、髪の毛を掴んで、洞窟の中に引きずっていく」というイメージが存在するようです。
今回のセリフは、bang someone over the head という形になっていますが、bang と同じような「叩く」意味の動詞の用例として、Macmillan Dictionary に以下のものが出ているという情報も同時に教えていただきました。

hit/beat/knock someone over the head : to deliberately hit the top of someone's head with an object
例) She hit him over the head with a champagne bottle.

つまり、「ある物体を使って、人の頭のてっぺんを故意に[意図的に]叩くこと」。
例文は、「彼女はシャンパンの瓶で彼の頭のてっぺんを叩いた[殴った]。」

「物体を使って」「故意に・意図的に」というのがポイントと言えそうです。
hit someone on the head なら「人の頭を叩く」という意味になりますが、on the head を over the head に変えることで、「振り上げたものを振り下ろす」ニュアンスが加わり、「頭上高く何かを振り上げて、相手に危害を加えようとして叩く」という意味に変わるところがなかなか興味深いです。

今回のセリフは、bang (other women) over the head with a club という形で、マクミランの例文、hit (him) over the head with a champagne bottle という形と構造は同じですね。
マクミランの例文と同じ感覚で今回のセリフを訳してみると、「こん棒で他の女たちの頭のてっぺんを(故意に)叩く」ということになるように思います。

先ほど説明したように、bang には「エッチする、ヤる」という露骨な意味もあるので、
「彼は外出して[外で]、頭上にこん棒を振り上げながら、他の女たちとヤっている」
という意味かな、と以前、私は考えたことがありました。
「手にこん棒を持ちながら」→「相手を脅しながら、相手に攻撃を加えながら」という攻撃的・暴力的な感じを表現しているのかなぁ、と。
ですが、改めて考えてみると、頭上にこん棒を振り上げながら、ということだったら、over the head with a club という語順ではなく、with a club over the head になるような気がしました。

hit/beat/knock someone over the head という用例がわざわざマクミランに出ていること、今回の bang が hit と同じような「叩く」系の動詞であることを考えると、over the head with a club をひとまとめにするのではなく、"bang someone over the head with 物体" という構造だと考えた方が正しい気がしたのですね。

とすると、あくまで表現としては、bang は hit と同じような「叩く」という意味で使われていると解釈するのが自然だろうと思います。
ただ、このセリフの意図していることは、原始人のイメージにあるように、「女の頭を叩いた後、髪の毛を掴んで連れて行く」という、その後のエッチをイメージしているのは間違いないので、ただ暴力的によその女の頭を叩いて回っているわけではなく(笑)、「他の女の頭をこん棒で叩いている」という表現で「エッチしようと他の女を追いかけ回している」ということを示唆しているように思います。

言わんとしていることはそういう内容だけれども、bang them = have sex with them とダイレクトに解釈してしまうと、over the head with a club だけがそのかたまりの言葉として残されてしまい、意味をなさなくなってしまう気がした、ということですね。
マーシャのセリフを聞いた時のイメージとしては、アニメの原始人のキャラクターが、こん棒で女性の頭を叩いている、もしくは叩きながら追いかけ回しているようなイメージができればいいのかなぁ、と思います。

get the ... smell out of は「…の臭いを〜から取る」。
彼(夫)が外で他の女を追いかけ回している間、彼女(妻)は家に座り、マストドンの臭いをカーペットから取り除こうと頑張っている、と言っていることになりますね。
これは恐らく、マストドンの毛皮をカーペットとして使っていて、その臭いが残ったままだから消臭しようと頑張っている、みたいなニュアンスで言っているのかなと思います。
(はじめ人間ギャートルズとかで出てきそうなセリフw)

マストドンは、ゾウに似た、今は絶滅してしまった種の名前ですね。
同じく絶滅種の「マンモス」は、長い体毛のイメージがありますが、Wikipedia 日本語版 : マストドン に「短い褐色の毛を持っていたとも言われる」という記載がありますので、原始人ならマストドンの毛皮をカーペット代わりに使っていたかもしれない、、とマーシャは考えたのかもしれません。

マネキンの彼女が怒った顔をしているのは問題を抱えてるからだ、とマーシャは言い、その説明として、「夫は外で他の女を追いかけ回し、妻は家でカーペットの臭いが取れないと悩んでる」と語っていますが、洞穴に住む人々の生活を、現代家庭を語るように言ってみせている面白さになるでしょう。

まるで現代人のような悩みの例を出したのにあきれたロスは、「この人たちは、洞穴に住んでるような(時代の)人なんだ」と言って、彼らが問題を抱えてるとしたらこういうことだよ、と例を挙げています。
glacier は「氷河」。
「氷河が近づいてくる」よりも「氷河期が近づいてくる」の方がイメージしやすい気がするのですが、「氷河期」なら、Ice Age になりますので、ロスのセリフは「氷河期が近づいてくる」ではなく、やはり文字通りの「氷河が近づいてくる」と言っていることになると思います。
太古の人々である彼らなら、悩みはそんな所帯じみた話じゃなくて、むしろ話題は氷河とかだろう、とロスは言いたいのですね。
「洞穴に住む人々は氷河のことを心配している」とロス自身も思っているわけではないような気がしますが、先史博物館に勤めている同僚のマーシャが、専門知識が皆無のような素人っぽい発言をするのにあきれて、「どうせなら氷河がどうのこうの、っていう話の方が、まだ少しはもっともらしいんじゃない?」という意味でそんな風に言ってみせたのかな、と思います。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 15:28| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

一人でアルバムを聴きながら座ってる自分に気づく フレンズ1-2改その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は12位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


00:39
チャンドラー: The problem is, though, after the concert's over, no matter how great the show was, you girls are always looking for the comedian again, y'know? I mean, we're in the car, fighting traffic... basically just trying to stay awake. (だけど、問題は、コンサートが終わった後、例えどんなにそのショーが素晴らしかったとしても、君たち女の子はまたそのコメディアンを求めてばかりいる、ってことなんだよ、だろ? 俺と彼女は車の中にいて、交通(渋滞)と戦いながら… とにかくただ何とか目を覚ましているように頑張ってるんだ。)
レイチェル: Yeah, well, word of advice: Bring back the comedian. Otherwise next time you're gonna find yourself sitting at home, listening to that album alone. (そうねぇ、じゃあ、忠告の言葉よ。コメディアンをまた連れてきて[連れ戻して]。さもないと、次回は、そのアルバムを一人で聴きながら、家で座っている自分に気づくことになるわよ。)
ジョーイ: (PAUSE) Are we still talking about sex? ([間があって] 俺たち、まだ、エッチの話をしてるんだよな?)

チャンドラーは、The problem is... と言って、問題点を説明しています。
no matter how great the show was は、「どんなにショーが素晴らしかったとしても」。
you girls は「君たち女の子は」というニュアンス。
are always looking for という always+現在進行形には、「(いつも)〜してばかりいる」という話者の不満のニュアンスが出ています。
look for は「〜を探す」「〜を得ようと求める」「〜を期待する」という意味で、この場合は「求める」の感覚が近いでしょうか。
少し前にチャンドラーが言った、前座とメインアーティストの例えを当てはめると、「どんなに(メインの)エッチが素晴らしかったとしても、女の子はまたロマンティックなキスとかを求めてくるんだ」みたいなことですね。
「エッチに至るまでの前段階のキスを、どうしてエッチが終わった後にもしなくちゃいけないんだ」とチャンドラーは言いたいようです。

その後、「帰りの車の中で、交通渋滞で大変な中、眠らないように頑張ってるっていうのに」と表現しています。
その言い方に、「こっちは疲れて眠くて大変だってのに、終わった後で今さらそんなこと求めてくるなよ」みたいな気持ちが出ていますね。
これも恐らく「エッチをコンサートに例えたことの延長」で、「コンサートの帰りは眠くて大変なのにコメディアンを求められる」→「エッチの後はすぐに眠りたいのに、素敵なムードのキスとかをまた求められる」ことを言っているのだろうと思います。
男性側としては「エッチ(コンサート)が終わった時点で全て終わり」という気分なのに、女性側がその後もあれこれ、ムードとか優しい行為とかを求めてくるのがめんどくさい、ということみたいですね^^

男性の論理を主張するチャンドラーに、レイチェルは、word of advice 「忠告の言葉」と言って、「その(スタンダップ・)コメディアンをまた連れてきて、連れ戻して」と言っています。
find oneself doing を直訳すると、「…している自分を発見する、見つける」。
つまり、そういうことをしている自分に気づくわよ、気がついてみるとそういうことをしてるわよ、という感覚。

that album というのは、コンサートの例えの延長で、ここではピンク・フロイドのアルバムということ。
そうやって、前座を侮(あなど)ると、前座を大切にしないと、気づいたらアルバム(CD)を一人で聴きながら家で座っていることになるわよ、つまり、メインのアーティストをライブで見ることができなくなるわよ、と言っていることになります。
それは、キスをいい加減にしておくと、肝心のエッチができなくなるわよ、ということで、家で一人でCDを聴く、というのは、家で一人エッチをすることになる、ということも暗に示唆しているのだろうと思います。
気づいたらそういうことをしている、自分がそういうことをしているのに気づく、という言い回しが、余計に哀愁を感じさせますね^^

レイチェルが「家でアルバムを一人で聴く羽目になるわよ」と言った後、「見事に言ってやった!」という感じで手と手を叩き合っています。
露骨な言葉は使わずにエッチをライブに例えたチャンドラーに対し、レイチェルもアルバムで例えたところが、このやりとりのポイントと言えるでしょう。
「女子は、コンサートが終わった後も、また前座を求めてくる」→「エッチの後にもキスを求めてくる」
「前座のコメディアンを登場させないと、ライブに行けず家で一人アルバムを聞く羽目になる」→「女の子が求めるキスをなおざりにすると、女の子とデートできなくなって、家で一人エッチをしないといけなくなる」
ということを示唆している面白さですね。

レイチェルとモニカが「やった!」と手を叩き合った後、しばらく間を置いてから、ジョーイが「俺たち、まだエッチの話をしてるんだよな?」と尋ねています。
その発言から、エッチをコンサートに例えた話が、ジョーイには難しすぎてピンと来なかったことがわかります。
相手を言い負かしてやった! と喜ぶ女性陣でシーンを終わるのではなく、「それってエッチの話してるんだよな?」というジョーイのボケた発言があってからの〜オープニング、、という流れがコメディの王道パターンな感じですね。

第1話では、いきなりオープニング(のテーマ曲)で始まっていましたので、このような「オープニング前のシーン」(今回のト書きでは、PRE-INTRO SCENE と表現されており、日本語では「アバンタイトル」と呼ばれているもの)が出てくるのは、今回の フレンズ1-2 が初めてとなります。
コメディという形態では、オープニングやCMに入る直前に、特に面白いジョークが配置される傾向がありますよね(吉本新喜劇も、ドッと笑わせてから CM というパターンが多く、劇団員の新人さんが「CM 前の爆笑ギャグを言うのが夢」と言っていたのを見たこともあります^^ )。
今回のジョーイの一言も、それを言う前に少しのタメの間(ま)があったことも含め、オープニング直前のセリフとしてしっかり笑いを取るものとなっていたと思います。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:38| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

前座のコメディアンみたいなもの フレンズ1-2改その1

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は11位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


あけましておめでとうございます!
昨年末でちょうど フレンズ1-1改 が終了し、今日からは フレンズ1-2改 の解説を始めます。
本年もどうかよろしくお願い申し上げます。


シーズン1 第2話
The One With the Sonogram at the End
原題訳:最後に超音波映像がある話
邦題:ロスの大事件


0:00
PRE-INTRO SCENE: CENTRAL PERK
イントロの前。セントラルパーク。
(ALL PRESENT)
みんながいる。
モニカ: What you guys don't understand is, for us, kissing is as important as any part of it. (あなたたち男性が理解してない[わかってない]ことは、私たち女性にとって、キスすること(キスするという行為)はそれの(他の)どんな部分とも同じくらい[どんな部分にも負けないほど]重要だ、ってことよ。)
ジョーイ: Yeah, right! ...You serious? (あぁ、そうだよねぇ〜! …って、マジなの?)
フィービー: Oh, yeah! (えぇ、そうよ!)
レイチェル: Everything you need to know is in that first kiss. (あなたたち男性が知る必要のあるすべてのことは、その最初のキスの中にあるのよ。)
モニカ: Absolutely. (その通り。)
チャンドラー: Yeah, I think for us, kissing is pretty much like an opening act, y'know? I mean, it's like the stand-up comedian you have to sit through before Pink Floyd comes out. (そうだな。俺が思うに、俺たち男性にとっては、キスは、ほとんど、前座(オープニングアクト)みたいなもんだよ。つまり、ピンク・フロイドが登場する前に俺たちがずっと座って見てなきゃいけない、スタンダップ・コメディアンみたいなもんだ。)
ロス: Yeah, and, and it's not that we don't like the comedian. It's just that... that's not why we bought the ticket. (そうだよ。そして、そして、僕らはそのコメディアンが好きじゃない、ってわけじゃないんだ。ただ…ただ、コメディアンを見たくてチケットを買ったんじゃない、ってだけなんだよ。)

kissing is as important as any part of it. は、「キスすることは、それ(it)のどんな部分とも同じくらい重要である」。
kissing は「キス」というよりは、「キスすること」という行為を語っている感覚ですね。
キスすることを、「それのどんな部分」とも同じくらい重要、と比較していることから、キスするという行為も、it の部分の一つであることが想像されます。
この場合は、it はエッチを指していることになるでしょう。

ドラマでの会話シーンは、「ある程度、会話が進んでいる段階で、その会話の途中から新たなシーンが始まっている」という形を取っていることも多いですよね。
今回もそのパターンで、any part of it といきなり言われても、it が何を指すかはよくわからないわけですが、kissing を it の他のパートと比較しているというモニカのセリフから、it の中には、kissing などの行為が含まれている→ it は kissing を含む、エッチの一連の行為を指している、とわかる仕組みになるでしょう。

guy は単数では「男の人」を指しますが、guys と複数になった場合は、女性を含むことができます。
そのため、フレンズたちが、Hey, you guys! と挨拶を交わす場合には、女性陣も含まれています。
ただ、このモニカのセリフの場合は、you guys と us が対照的に使われていて、you guys は「あなたたち男性」、us は「私たち女性」を指しています。

Yeah, right! は直訳すると、「はい、その通り!」となりますが、このジョーイのセリフでは、それが反語的ニュアンスで使われています。
ジョーイがばかにしたように笑いながら言っていることからも、全くそれを信じていない状態で、Yeah, right! という言葉を言っているのがわかりますね。

LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
yeah, right : used to say you do not believe what someone has just told you
例) "She's just trying to help you." "Yeah, right."

つまり、「誰かがたった今自分に話したことを、自分は信じられないと言うために使われる」。例文は、「彼女はただ君を助けようとしてるんだ」「(皮肉っぽく)あぁ、そうだろうねぇ」

yeah や right は相手の言ったことを肯定する単語なので、もちろん、ただの相槌としての軽い意味の「あぁ、そうだね」という意味で Yeah, right. が使われることもありますが、ロングマンに「相手の言ったことが信じられない場合に使われる」と出ているように、Yeah, right. は、言葉通りの意味ではない、そういう使われ方をすることが多いということになるでしょう。

「ほ〜んと、全くその通りだよねぇ〜」と大袈裟に言ってみせることで皮肉感を出して、その発言を軽くかわし笑い飛ばしてみたところ、女性陣が冗談で言ったのではないのに気づいて、「え、今の発言は真剣だったの? マジだったの?」と聞き返しているということです。

その後、「あなたたち(男性)が知る必要のあるすべてのことは、その最初のキスの中にある」と言って、女性陣は最初のキスの大切さを主張します。

for us 「私たち女性にとって」と言って、キスの大切さを主張した女性陣に対し、チャンドラーは、I think for us, kissing is... 「俺たち男性にとって、キスすることは…だと思う」と男性陣の捉え方を語っています。
pretty much は「ほとんど、だいたい」なので、「キスするという行為は、男にとっては、ほとんど前座みたいなもんだ」と言っていることになります。
その後、I mean 「つまり俺が言いたいのは」と言葉を変えて、「前座みたいなもの」という内容について、さらに具体例を出して説明を続けています。
前座について、チャンドラーは、「ピンク・フロイドが出てくる前に、俺たちが(観客として)ずっと座って(見て)いないといけないスタンダップ・コメディアン」のようなものと表現しています。
ピンク・フロイド(Pink Floyd)は「狂気」「ザ・ウォール」などで有名なイギリス出身のロックバンドですね。
Wikipedia 日本語版: ピンク・フロイド

スタンダップ・コメディアンは、観客を前にした舞台に一人で立ち、面白いことを言って観客を笑わせるコメディアン。
アメリカではお笑いのメジャーな形態で、ドラマのキャラクターの職業がスタンダップ・コメディアンということも多いです。
シットコムの「フルハウス」(原題:Full House)に出てくるジョーイ(ジョゼフ・グラッドストーン)や、シットコム「となりのサインフェルド」(原題: Seinfeld)の主人公ジェリー・サインフェルドは、職業がスタンダップ・コメディアンで、ドラマの中でもスタンダップ・コメディアンのネタを披露しているシーンが出てきます。
俳優のエディ・マーフィやジム・キャリーも、スタンダップ・コメディアン出身のようですね。

メインのアーティストが出てくる前に、場を盛り上げるために前座として登場するのがスタンダップ・コメディアンで、「キスすること=前座のスタンダップ・コメディアン」「エッチをすること=コンサートの主役ピンク・フロイド」だとチャンドラーは言っていることになります。

チャンドラーが「エッチ」の例えとして、数あるバンドの中で特にピンク・フロイドを挙げたのは、ウィキペディアの記載にもあるような「サイケデリック」「浮遊感・倦怠感・幻想的なサウンド」「緊張感と高揚」のようなイメージが、エッチにおける「激しくハイになる」イメージと繋がるからかなぁ、と思ったりします。
女性なら、ロマンティックな曲や歌手を挙げそうな気がするのですが、そういう激しいものをイメージとして挙げたところに、「雰囲気、ムード」よりも「行為」のイメージが先行する男性っぽいところが出ているような気がしました^^

その「男はこう考える」という話に、ロスは同意する形で続けています。
it's not that は「〜っていうわけじゃないんだ」、it's just that は「ただ〜なだけなんだ」。
「君たちが考えているような理由じゃないんだ。ただ、こういう理由なんだよ」と、相手が気を悪くするかもしれない理由を違うと否定し、ただ、こういう理由があるだけなんだと、「理由は君たちが考えているのとは違うところにある」ことを説明する感覚になります(なるほど英文法 p.323)。

That's why は、That is the reason why の the reason という先行詞が省略されたと考えるとわかりやすいでしょう。
関係副詞の why だけで「〜する理由」という名詞節を作ります。
not を使わない肯定文の、That's why we bought the ticket. だと、「それ(その前に述べたことなど)が僕らがチケットを買った理由だ」ということになり、「そんなわけで[それが理由で]チケットを買ったんだ」「だからチケットを買ったんだ」という意味になります。
今回のロスのセリフには、否定語 not が入っていますので、「それがチケットを買った理由じゃない」ということになります。
「別にコメディアンが嫌いってわけじゃないけど、コメディアンがチケットを買った理由じゃない」「コメディアンを見たかったから、チケットを買ったわけじゃない」「お金を出してチケットを買った目的は別にある」というニュアンスになるわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:14| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする