2005年09月05日

フレンズ1-16その2

ロス: I've gotta go. I've got Lamaze class. (僕、行かなくちゃ。ラマーズ法のクラスに行かなくちゃいけないんだ。)
チャンドラー: And I've got earth science, but I'll catch you in gym? (俺は地学の授業に行かないといけないんだ。後で体育館で会おう。)
Lamaze classとは、Lamaze method(ラマーズ法)という陣痛の痛みを少なくする呼吸法を学ぶ授業・クラスという意味です。
出産前によく病院などで行われる母親学級のようなものでしょうね。
ロスがクラス(授業)に行かないと・・・と言っているのが、チャンドラーには学生のノリに思えたんでしょう。
学生の会話のようなセリフを言って、後で会おうと言っているのです。
gymはgymnasiumの略だと「体育館、ジム」、gymnasticsの略だと「体育(の授業)」という意味になります。
実は、このセリフはどちらなのかわかりません。体育館で、だとin the gymとなるように思うし・・・。
ラマーズ法と地学にそれぞれ出席した後、次の体育の授業で会おう、という意味なのかもしれませんね。

ラマーズ法の教室で自己紹介することになったロス
ロス: Susan is Carol's... Who's next? (スーザンはキャロルの・・・。次は誰?)
ここでもまた、元妻のレズビアンの恋人スーザンのことをなんと説明してよいか困ってしまい、次のカップルへ紹介の順番を回そうとします。

せかされて、
ロス: Susan is Carol's friend. (スーザンはキャロルの友達です。)
スーザン: Life partner. (ライフパートナーよ。)
ロス: Like buddies. (友達みたいなもんですよ。)
スーザン: Like lovers. (恋人みたいなもの、よ。)
ロス: You know how close women can get. ([他の出席者に] 女性ってどれほど親密になれるか、ご存知でしょう?)
なんとか友達といって誤魔化したいロスでしたが、気の強いスーザンにはっきりと宣言されてしまいます。
「二人はあまりにも仲の良い友達なので、ちょっと度を過ぎて仲良くなりすぎちゃって。」みたいに
なんとかその場を取り繕おうとするロスでした。

チャンドラーのオフィスにニナという部下がやってきます。
ニナの仕事上のミスを注意するのですが、
ニナ: Won't happen again. I wouldn't want to do anything to hurt your WENUS. (これからは気をつけます。もう傷つけるようなことはしたくありませんから・・・あなたのウィーナスを。)
Won't happen again.は「もう二度とこんなことは起こりません。」、つまり、「以後はこんなことが起きないように気をつけます。」という意味です。
前回のエピソードでも説明したのですが、WENUSとはWeekly estimated net usage system(一週間分の概算純益処理システム)の略語(もちろん、チャンドラーの会社内だけの専門用語)。
発音がweenie、weener(おちんちん)に似ている点がポイント(!?)です。ニナも最初、この専門用語がわからず、聞き返しましたが、その後、上のセリフを思わせぶりな表情で言っていますので、WENUSがweenieなどとかけてあるのは、間違いないでしょう。
ところで、ニナが入ってくる前に、チャンドラーはパソコンの黒い画面で髪を整え、引き出しから、オスカー像みたいな金色の像を取り出して机に置いてます。
それってどんな意味が? 貫禄でも出るんですか、それを置くと!?

ニナが可愛いとみんなに説明するチャンドラー。
ロス: It doesn't matter. You don't dip your pen in the company ink. (そんなこと関係ないよ。会社にインクに自分のペンを浸けちゃいけない。)
dip one's pen in the company inkは「会社のインクに・・・のペンを浸す」という意味なので、「会社のもの(人)に手を出す、会社の人と親密な関係になる」ことを指しているようです。
「会社の備品に手を出すな。」という感じの比喩ですかね。

モニカ: Ross. Your little creature's got the remote again. (ロス。あなたの小動物がリモコンをまた取ったわよ。)
creatureは「生き物、動物」。
a pretty creatureで「かわいらしい女の子」という表現もあるようですが、モニカはマルセルのことを、ペットというよりも、生き物・動物と言ったニュアンスで使っているんでしょう。
きれい好きのモニカは部屋じゅうを荒らしまくるマルセルが苦手なようです。
remoteはremote control(遠隔操作、リモートコントロール)の略。
日本語ではリモコンと略しますが、英語ではリモートになります。
この後、マルセルがリモコンを触っているうちに、二ヶ国語放送副音声のスペイン語に切り替わってしまいます。
画面にSAPと出ているのは、副音声(SAP: Secondary Audio Program)の略です。
アメリカでは、メキシコなど中南米からの移民が多いですが、その人たちはスペイン語を話す人が多いので、副音声はスペイン語なのでしょう。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング

posted by Rach at 13:50| Comment(2) | フレンズ シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rachさんはじめまして

フレンズで英語学習をするようになって、いつもお世話になっています!
ロスの「You don't dip your pen in the company ink」について、元ネタかな、と思う資料を見かけたので、見ていただけると嬉しいなと思いコメントいたしました。
http://www.disneyhistoryinstitute.com/2013/09/walts-field-day-1938.html

これによると、ディズニーの祝賀パーティから起こったようです。
私の解釈としては、当時アニメーターの部署と着色の部署はそれぞれ男性と女性の専任のようになっていて、職場では男女が分離されていた。ところが、男女が一同に集うパーティの前に、ロマンスを促すようなメッセージがばら撒かれ、コントロール不可能な状況になるのを避けるために、ウォルトらが返したメッセージだった、というところでしょうか。pen(アニメーターの男性陣)と ink and paint(着色担当の女性陣)という、部署をイメージさせる単語を用いて、「アニメーターのペンは着色担当のインクに浸すことにはなっていない」と言い、淫らに男女の関わりを持たないように、と言っているのかなと捉えました。

よければRachさんの解釈や考察をお聞きしたいです。
Posted by koroke at 2021年05月02日 07:10
korokeさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
「いつもお世話になっています」と言っていただけて光栄です。

You don't dip your pen in the company ink. の元ネタについての情報、ありがとうございます。紹介していただいた記事、とても興味深いです。

書いて下さった通り、アニメーターの男性陣(men in animation)に対して、彩色担当の女性陣(ink and paint girls)に手を出すなと言った言葉が元ネタのようですね。

この表現は広く使われるようで、Wiktionary にも出ていました。
https://en.wiktionary.org/wiki/you_don%27t_dip_your_pen_in_company_ink
you don't dip your pen in company ink
One should avoid romantic relationships in the workplace.
つまり「人は職場では恋愛関係を避けるべきである」ということですね。

pen は pen*s の音に近いですし、インクにペンを浸すというのは行為を連想させる表現でもありますから、そのフレーズを聞くとそれ系の意味だろうなぁと想像はつくのですが、それが「アニメーターには男性が多く、彩色担当には女性が多かった」というディズニーの職場環境と関係していたとわかると、その表現がより面白く感じられます。
Wiktionary には元ネタ・起源は載っていなかったのですが、Q&Aサイトの Quora で、ウォルト・ディズニー・スタジオのその話が起源だと書いてあるページもありましたので、それが元ネタであり、korokeさんの解釈で間違いないようです。

興味深い情報ありがとうございました。
Posted by Rach at 2021年05月09日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。