2005年12月19日

フレンズ2-7その3

二人でネコを飼うと知り、動揺するレイチェル。
それまではもうジェラシーなんかない、って言っていたのに。乙女心は微妙ですね。
レイチェル: Look at that. I gotta go! I got a date! With a man. (あらこんな時間。行かなくちゃ! デートがあるのよ! 男の人と。)
Look at that. は自分の腕時計を見て、驚いた様子を表しています。
デートなんだから相手は男性と決まっているのですが、わざわざ「男性と」と強調しているあたりに、レイチェルの動揺が見え隠れしますね。
私は、あなたのことなんか全然気にしてなくって、こっちはこっちで楽しんでるわよ、という強がりでしょうか。
でも、ロスはレイチェルの気持ちを知らないので、そんな気持ちも全然伝わらないところが悲しいですね。

そのまま、お店のトレイを持ったまま、デートに出かけようとするレイチェル。
レイチェル: We're not supposed to take these when we leave. (出かけるときには、こういうものを持って行っちゃいけないわよね。)
be supposed to は「・・・することになっている、・・・しなければならない」という意味。
ここでは否定形なので、「・・・することにはなっていない、・・・してはいけないことになっている」という意味です。
レイチェル、かなり、動揺してます。
よく近所の店にコーヒーの出前を運んでる人がいますが、そうではなかったのですね。(←当たり前だ)

そのデートの場で、
マイケル(デートの相手): I don't know if Monica told you, but this is my first date since my divorce. If I seem a little nervous...I am. (モニカが言ったかどうか知らないけど、これが離婚以来最初のデートなんだ。もしちょっと緊張してるように見えたら・・・というか、実際、緊張してる。)
レイチェル: How long do cats live? (ネコってどのくらい生きるものかしら?)
seem は「・・・のように見える、・・・のようだ」という意味。
「ちょっとナーバスに見えるけど・・・実はやっぱりナーバスになってるんだ」という意味で、"I am (a little nervous)." と付け加えているのですね。
彼が緊張してるとか言ってる時に、レイチェルは全く別のことで頭が一杯でした。
ネコのことを考えて、うっとうしそうに目を細めてる顔に笑えますね。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 15:42| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも思うのですが、ほんと丁寧で分かりやすい解説ですね。
僕はこサイトに出会ってから半年でフレンズを全シーズンを制覇してジョーイも制覇してしまいました。
って見ただけですけど(笑
分からない英語の表現は、
いつもこのサイトで確認させていただいています☆

フレンズ、ジョーイなどの海外ドラマが好きになったのは
このサイトあってこそと思ってます!
ありがとうございます!!
Posted by Yasu at 2005年12月19日 22:48
Yasuさん、コメントありがとうございます。
「丁寧でわかりやすい」と言っていただけてとっても嬉しいです。

フレンズはやっとファイナルのDVDが出たので、私もようやく制覇しました。(いやー、長い道のりだった・・・)
ジョーイは実はまだ見てないんですよ。早く見たいなぁ。そのうち見るつもりにしています。Yasuさんのご感想では、すごく面白いとのことですものね。楽しみっ!


Posted by Rach at 2005年12月20日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。