2006年05月02日

フレンズ2-14その14

チャンドラーは部屋でジョーイを待っています。
でも、帰って来たジョーイはまだ怒ったままで、一言も話そうとしません。
チャンドラー: You're getting good at that Marcel Marceau thing. (ジョーイは、マルセル・マルソーの物真似がだんだんうまくなってきたなぁ。)

be good at は「・・・が得意だ、上手だ、うまい」です。
"I am good at cooking." だと「私は料理が得意です。」という意味ですね(←私のことではありません・・・笑)
ここでは、get good at なので「・・・がうまくなる」、さらにそれが進行形なので「・・・がだんだんうまくなってくる」という意味になります。
険悪な雰囲気を何とかギャグでほぐそうとしているチャンドラー。
まだ、「マルセル・マルソー」ネタで食い下がってます(笑)。


モニカは両親にお金を借りるため、仕事をクビになったことを告白します。
パパ: Ten percent of your paycheck goes? (給料の10パーセントはどうする?)
モニカ: In the bank. (銀行へ預ける。)
パパ: So she dips into her savings. That's what it's there for. She's gonna be fine. (だったら、[もしお金がなくなれば]モニカは貯金を使うことになる。そのための貯金だ。モニカは大丈夫だよ。)
If you need a little extra, you know where to find it. (もしもう少し余分なお金が必要なら、どこで見つけたらいいか知ってるよな。)
モニカ: Anything larger back there? (そこには、もっと大きいお金はないの?)

paycheck は「給料支払小切手」のことで、そこから「給料、給与」という意味になります。
フレンズ1-4その1 で、レイチェルが初めての paycheck を貰って喜ぶシーンがありましたよね。
dip は「・・・をちょっと浸す」という意味。
dip into だと「(・・・の中に)(手などを)突っ込む、突っ込んで取る」という意味です。
ですから、dip into one's savings は「貯金に手をつける」という意味になります。
That's what it's there for. の文の構造を説明いたしますと、
「that=貯金に手をつけること」は、
「it=給料の10パーセントを銀行に預けること」が「is there=存在すること」の「for what=理由」だ、
つまり「困った時に貯金に手をつけることが出来ること、それが「給料の一部を貯金していること」の存在理由だ」という感じです。
だから、困った時は、貯金に手をつけたらいい、そのために貯金してるんだからね、ということです。
「どこに余分のお金があるかわかるだろ。」と言いながら、パパはモニカの耳の後ろからコインを出します。
これはパパが自分のポケットから出したお金を、モニカの耳の後ろから出てきたように見せた手品ですね。
まぁ、手品ってほどの大袈裟なものでもないけどね。
後のエピソードでパパがあまり上手くない手品を披露するシーンもあります。
パパは手品が趣味か?!
それにしても、モニカの深刻さがちっともわかってない両親。
というより、わかってないふりをしてるだけなのかも。
本当に娘のことを思っているのなら、少なくとももう少し高額のお金を出す手品をするでしょうしねぇ・・・。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:17| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

わたしも、フレンズシリーズのDVDを購入し、よく見ています。

よろしければ、相互リンクをお願いします。
(貴ブログはリンク済みです)
Posted by mou at 2006年05月04日 00:56
mouさんへ
コメントありがとうございます。
mouさんからはこちらのコメント欄より前に、フレンズ2-14(その15)のコメント欄でも同様の相互リンクのご依頼を伺っていましたので、そちらでその件に関してはお返事させていただきました。
そこに書きましたように、私の「勝手な」ポリシーで、これまでも「お互いのアクセスアップのための相互リンク」というものをさせていただいたことがありません。
何卒、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
Posted by Rach at 2006年05月04日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。