2006年06月04日

フレンズ2-16その4

リチャードが若い娘と付き合ってるらしい、という噂を聞いて、調理中に生クリームをぶちまけてしまったモニカ。
モニカ: Finger cramp! Oh, God! (指がけいれんしちゃった! なんてこと!)

cramp は「(筋肉の)けいれん」です。
cramps と複数形にすると「急激な激しい腹痛」という意味になります。


ママ: So Richard's shopping in the junior section? (それで、リチャードはジュニア部門で買い物してるわけ?)
モニカ: Are we still on that? (まだその話題なの?)
ママ: You just know she's got the IQ of a napkin. (その彼女っていうのは、ナプキン並のIQしかないわよ。)
ママの友達: She's probably not even pretty. Just young enough so that everything is still pointing up. (その彼女は多分、可愛いってこともないわ。すべてがまだ上を向いている程度に若いっていうだけね。)

shop in the junior section は「ジュニア部門で買い物をする」ですから、年少者と同じ買い物をする、つまり年少者の男性が求めてるような若い彼女をターゲットにしている、と言いたいわけなのかなぁ、と思ったのですが・・・。
あるいは、もっと文字通りに受け取って、若い彼女に付き合って、彼女のためにジュニア部門で素敵な洋服をいっぱい買ってあげている、というふうにもとれるかなぁ?
the IQ of a napkin がよくわからないんですが・・・。
IQは日本語にもなってますが、 intelligence quotient の略で「知能指数」。
napkin は「(食事中に使う口をふく)ナプキン、生理用ナプキン」、またはイギリス英語では「おむつ」という意味もあります。(アメリカ英語ではおむつは diaper )
ナプキンのIQとは何だろう?
ナプキンを、薄っぺらいから「中身のないもの」の例えに使っているのか、真っ白だから「頭の中が真っ白で何もない」例えに使っているのか、はたまた「おむつ」から「赤ちゃん」を連想しているのか・・・よくわかりませんねぇ。
point は「さす、示す、(ある方向に)向いている」という意味ですから、point up は「上の方向を向いている」ということだと思います。
つまり、everything is still pointing up は「体の部分のあらゆるところ(胸やお尻)がまだ上を向いている」、つまり「胸やお尻が垂れ下がってない」ということのようですね。
それにしても、おばさんというものは、若い人に対して嫉妬心を持ちがちな生き物です。(・・・って私もか?! 気をつけます・・・)
見たこともないのに、「ただ若いだけの女よ。頭も悪くて美人でもないはずよ。ただ、若さだけでリチャードを魅了したのよ。」と勝手に想像しています。
「若いからちやほやされてるだけだ。」と自分に言い聞かせたいわけですね(泣)。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 08:07| Comment(2) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DVDでみたときは確か「おむつなみの」と字幕がついていたような。グーグルで調べたら比喩のような感じで、immature でstupidなふるまいをする人のことをいうようでした。「オムツをしてる人、赤ちゃん並みのIQ」ということかな、と思いましたが。
Posted by agathe at 2006年06月04日 08:46
Dear agathe
調べていただいてありがとうございます。そう言えば、何故か私は今回、この言葉で検索するのを忘れていたような・・・(時々、こういう横着をします・・・笑)。
agatheさんの発見されたサイトを私も見ましたよ。
フレンズのスクリプトが何個かヒットするのですが、それ以外にも使用例がありますよね。だから、フレンズだけで使われたオリジナルな表現、ということでもないみたいです。
政治がらみのフォーラムでも発見しましたが、直接サイトに飛ぶとInternet Explorer が不正終了してしまいました。何か危険があるのかもしれないので(笑)、あえてここではリンクを貼ったり詳しく説明することは避けますが、Google での検索結果を見ると、has the IQ of a napkin と対比する形で、is incredibly intelligent という表現が使われていました。だから、「非常に聡明な」の正反対の言葉だということですよね。
どうも、ざっと検索結果を見た限り、あまりよろしくない表現のようなので、多分、使うのはやめといた方が賢明でしょう、という感じです。
agatheさんのおっしゃるように、私も「オムツをしている赤ちゃん並みの」というニュアンスで使っているのだろう、と今は思います。
Posted by Rach at 2006年06月05日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。