2006年07月20日

フレンズ2-18その5

モニカ: I thought tonight we'd stay at my place. (今夜は、私の部屋にあなたも泊まると思ってたのに。)
リチャード: I don't know. I don't have my jammies. (どうしようかな。パジャマがないんだ。)
モニカ: You don't need them. (パジャマなんて要らないわよ。)
ロス: My baby sister, ladies and gentlemen. (これが私の妹です、ここにいる皆さん。)

jammies は幼児語で「パジャマ」。
普通は、pajamas と言いますが、どちらも複数形で使います。
上下セットになってるからでしょうね。
You don't need them. は「あなたにパジャマは必要ない。」 つまり、裸でいればいいってことです。(←そこまで説明しなくてもわかるってば)
兄の傍で大胆発言をするモニカにびっくりのロスは、「みなさーん、これがうちの自慢の妹ですよ! この大胆さ、見てやって下さ〜い!」という感じで、まわりにいる人たちに紹介するふりをしています。


幸せそうなモニカとリチャードを見て、
フィービー: I have to make a speech. Of all the guys that Monica has been with, and that is a lot... I like you the best. (ちょっと言わせてね。モニカがこれまで付き合ってきた全ての男性のうち、で、その男性ってのはたくさんいるんだけど・・・私はリチャードが一番好きよ。)

make a speech は「スピーチ(演説)をする」ですが、ここでは「ちょっと言いたいことがある。これだけは聞いて、言わせて。」という感じでしょう。
be with は「一緒にいる」ですから「付き合う」、of all the guys 「その男性全てのうちで」と複数いることを示唆するだけではまだ足らず、a lot 「たくさんの」とさらにダメ押ししていますね。


リチャード: She likes me best. And apparently, there have been a lot. (フィービーは僕が一番好きなんだって。どうやら、たくさんいたらしいけど。)
モニカ: Not a lot. Phoebe's kidding. Phoebe's crazy. (たくさんじゃないわ。フィービーは冗談言ってるのよ。フィービーはどっかおかしいのよ。)
レイチェル: Phoebe's dead. (フィービーは死ぬわね。)

やはりリチャードは a lot という言葉に引っかかったらしい。
必死に弁解するモニカ。
Phoebe's dead. は「フィービーは死んでいる。」
なんだか北斗の拳の「おまえはもう死んでいる!」を思い出しますが(笑)、モニカの怒りを考えるとただでは済みそうにないので、「殺されちゃうわね。フィービーの命はもう風前の灯火(ともしび)ね。」という感じでしょう。
実際の話の流れは、フィービーはこんなことを言ってると、モニカに殺されちゃうよ、ということなので、Phoebe's gonna be killed. や Phoebe's gonna die, Phoebe's gonna be dead という表現もアリなのかもしれませんが(←ちょっと自信ない)、ここで「現在の状態」を表す現在形が使われているのがポイントなんだと思います。

英辞郎には、
dead: 死んでいる、終わってる
例) I'm dead. 駄目だこりゃ、もう駄目だ、もう悲惨。
If I tell you, I'm a dead man. (その秘密を)しゃべったらおれはあの世行きだ。
などの例が載っています。

もちろん実際に死んでいるわけではないけれど、「死んだ状態も同然」ということですね。
「もうフィービーは死んだわ。死んだも同然だわ。間違いなく死ぬわ。」というのを「フィービーは死んでいる。」という「現在の状態」で表現することで、それがもう変えることのできない事実であるかのように言っているという感じかなぁ?と。
ケンシロウの「おまえはもう死んでいる!」がセリフとしてすごくインパクトがあるのと同じじゃないでしょうかねぇ?
(あ、私は北斗の拳にそんなに詳しいわけではないです。コミックも読んでないし、アニメもほとんど見てない。どうもバイオレンス系は苦手でね・・・でもクリスタルキングが歌うあのオープニング「愛をとりもどせ!!」は好きだけど・・・笑)

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 09:18| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。