2006年08月02日

フレンズ2-18その18

チャンドラーがエディーにいやがらせをされた話をするのですが、みんなはその話もそこそこに、ジョーイのドラマを見ようとします。
チャンドラー: I'm fine about my problem now, by the way. (もう俺の問題は大丈夫だよ。ついでの話だけどさ。)

誰も心配してないみたいなので、「もう問題は解決したよ。みんなは忘れてるかもしれないけどさ。」てな感じで、by the way を最後に付け足しています。
雰囲気的には、「ところで、俺はもう大丈夫だよ。」という感じなんですが、この「ところで、話題は変わるけど」というのを最後につけているところに、みんながすっかり忘れてる感じが出てるように思いますね。
by the way をこうやって後につけることが英語では結構多いです。
フレンズ1-5その5 でも同じような by the way が出てきました。


ドラマ「愛の病院日誌」のワンシーン。
病院アナウンス: Dr. Ramoray, report to first floor Emergency stat. (ラモレー医師、1階の緊急病棟にいますぐお越しください。)

report to は「・・・に報告する、出頭する、顔を出す」という意味。
スタートレックでは、士官が呼び出しをされる時に、"Report to the bridge." 「ブリッジに出頭せよ。」という表現が使われていました。
stat は「急いで、直ちに」という意味。
フレンズ1-17 でERからのゲスト、ジョージ・クルーニーとノア・ワイリーが出ていた時、レイチェルはこんなことを言っていました。(1-17 の解説時に説明を飛ばしているので、ここに書いておきます。)
レイチェル: You know what, it's feeling a lot better, thank you. Well, listen, why don't you two sit down, and we'll get you some glasses....STAT. (随分、[怪我した足首の]具合が良くなってきたわ、ありがとう。ねぇ、お二人とも座ったらどうかしら? 私たちがグラスを持ってくるから・・・急いで。)
ドラマのアナウンスは病院で、そして上のレイチェルのセリフは、お医者さんに対して使っていたところを見ると、この stat という表現は、主に医師が使う言葉のようですね。

フリーオンライン英英辞典の Merriam-Webster Online には、
Etymology: from stat, abbreviation for L. statim
: without delay : IMMEDIATELY
とあります。
つまり、ラテン語の statim の省略形から来た言葉であり、without delay 「遅滞なく」、immediately 「直ちに、すぐに」という意味だということです。
また、Wikipedia 英語版: Stat という項目があり、そこにこの stat の意味も書いてありました。
上の説明以外のことも書かれていて、興味深いので下に引用します。

Stat - from the Latin statim, is a medical term meaning "immediately" or, in more recent history, someone has come up with the acronym: Sooner Than Already There. Example: "Hand me the scalpel Sooner Than Already There." At an even higher level of urgency, medical orders in life-threatening situations are sometimes denoted "stat and now".
(from Wikipedia)

私なりに訳すと、
Stat: ラテン語の statim から来た言葉。「すぐに」という意味の医学用語。もしくは、もっと最近の歴史においては、誰かが acronym (頭字語)を考え出した。つまり、Sooner Than Already There 「すでにそこにあるよりも早く」の頭文字を取った頭字語である、という意味。
例: 「解剖用メスを素早く私に手渡してくれ。」
もっと緊急度が高まる場合、生死に関わる状況での医学的命令はしばしば "stat and now" と表される。

我ながらピンと来ない日本語訳ですが(笑)、stat という言葉そのものはやはりラテン語から来た言葉ということで間違いないと思います。
ただ、この stat という単語を見ると、ASAP (= as soon as possible)などが連想されて、何かの頭文字をつなげた言葉のように見えるんでしょうね。
そこで、stat というのは、sooner than already there の頭文字を取った言葉だ、という解釈が出てきて、「それ結構ニュアンスが出てて、イケてるじゃん」ってことになったのかなぁ?・・・と(笑)。
「すでにそこにあるよりも早く」という訳が当たっているのかどうかはわかりませんが、その不可能を可能にするほどに早く(?)という大袈裟な表現が、緊急性がより強まった感じに聞こえるのでしょうね。
stat and now は「すぐに、今だ」という感じかと思いますが、とにかく一刻の猶予もないことを表しているのでしょう。
実際に、ぐぐってみますと、stat and now orders という言葉がいくつかヒットしました。

(Rachからのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:09| Comment(0) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。