2006年08月08日

Rach Goes 0808

I wrote one article.

Although this is the ONLY fifth article of Rach Goes series, I've already fallen into a slump and don't know how to come back into form. "What should I do?", I've asked myself the same question over and over again for about two weeks.

I don't have enough time to write English and feel a little tired both mentally and physically, since it's in the middle of summer vacation, which is the busiest season for mothers, you know.
But I don't think this is the immediate cause of my problem.
I don't know why, but I can't write an article in English as easily as before. I HAVE NO IDEA what I should write here.

Even if I start to write something in English, I can hardly complete one article. As a result, a lot of unfinished articles are scattered about on my PC, like dead bodies.

I often tried to make up "an article"(Rach fingers quote-mark gesture) out of a junk pile of alphabets.
Time just went by, but all my efforts were in vain. After doing it repeatedly, I started to be afraid of 'writing English' itself.
What if this feeling makes me allergic to writing English? What should I do if I come to hate English?
I couldn't believe I used the word 'hate', but my state of mind was that critical.
I was SCARED at English-related stuff. I'd never had this feeling toward English before, which made me more frightened.

After due consideration, a few days ago, I started to write one article, 'Rach Goes series is concluded', which obviously meant it would be the final article written in English on my blog.
I thought it was the best way to get rid of this worry or get away from suffering.
I finished the article with a lot of difficulty. (I don't want to say how many hours it takes to finish it.) I shut down my PC without rereading it that day.

The following day, I started to read the article. As I read, I felt tears welling up in my eyes. My decision that I would never write something in English again on my blog was shockingly and unexpectedly painful to me. It was like a girl saying, "I don't wanna break up with you because I still love you."
All of a sudden, I remembered how happy and satisfied I was when I posted an English article on my blog for the first time.
Those feelings have got me going until now. No matter how harsh my life is, I don't want to dump all of the sweet memories.

After all, I changed my mind at the 11th hour. In short, this is NOT the final article of Rach Goes series.
But this is definitely not a happy ending.
It's just that I had no guts to say good-bye to Rach Goes series. Maybe I am just an irresolute woman.

I am so sorry, my friends, for making you read this anguished and confused article.
I am not trying to invite a compliment or encouragement by whining about my English ability.
This is a sort of trial.
I anticipated that revealing emotions honestly and frankly would enable me to write something more easily.

I don't know if I did the right thing. I'm still groping blindly in the dark.
However I, one of the most optimistic people in the blogosphere, expect that something extraordinary will happen to me someday if I keep on writing English.
Wow, it is just like Rach to say such a happy-go-lucky thing in this gloomy article.

If I doubt, again, the effectiveness of writing Rach Goes series, I will fall an easy prey to the temptation to stop writing English.
It is so hard for me to keep writing English articles, knowing that the FINAL article is readily available on my PC.



Tomorrow, I'll get back to my usual self, 'carefree' Rach.
So please forgive me for saying something negative, only here, only now.

posted by Rach at 06:37| Comment(18) | Rach GOES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rach goes series concluded 発表して、気が向いたら再開、Hello again っつーのもありかも。
近いし、会って一杯やりますか?(笑)
Posted by まゆみ at 2006年08月08日 12:01
I have a great deal of empathy for the "Rach Goes 0808".
I've concerned about what I can write every day since I started writing my blog entries.
I really can realize what you feel, I think.

However, I feel strongly that you should be proud of yourself because you did write such an awesome article even though you said "I have no things to write".

I really wanna become like you! But the way I have to go is still long.
Posted by Nanazo at 2006年08月08日 12:32
I had spent a lot of energy on thinking, when I wrote my article in English. But It's easy for me to write down my daily life in my journal.

人に見せる記事を英語で書くということは、やはりとても大変な作業だと思います。私も今、Goseシリーズを書いていませんし、書ける日が来たらまた再開しようと考えていますよ^^ 英語も恋人も、時には熱く時には距離をおいて・・・この先も長く続くお付き合いですからね(笑)。
Posted by KIKKA at 2006年08月08日 20:49
If this was some sort of sarcastic joke, I'd just say, GOOD JOB, Rach, but ....... Just take it easy, Rach.

Technically speaking, I don't think this is so hard for you. Why don't you write something about grammar instead so that you can be more objective?

Considering the amount of influence, motivation and encouragement you have given to so many readers coming here by doing this, it would be too much of a loss. And don't forget that I love your English.
Posted by FDJ at 2006年08月08日 21:59
Dear Rach

猛暑が続いていますし、夏休はお子さんがいる方には大変ですよね。お休みなしですから、思っておられる以上にお体が疲れているのかもしれません。体力が消耗すると心も萎えるものだと思います。

もし英文を書くことが楽しくなったら、またお書きになればいいと思います。KIKKAさんの書かれた「時には熱く時には距離をおいて」というのはいい言葉ですね。

これだけのクオリティの英文をお書きになる方ですから、体力が快復されたら、きっとまた書きたいことが出てくると思います。あせらずにとりあえずは心身のリフレッシュをされて下さい。
Posted by YN at 2006年08月09日 01:17
まゆみさんへ
ご心配をおかけしました? ごめんなさい。そしてありがとうございます。
確かに、「ちょっとぉー、元気だしぃやぁー、Rachさんっ!」って背中をバンバン叩きたくなるような、どんよりした記事でしょう?(笑)。「もう、私がおごったげるから、お財布は心配せんでもええよ!」みたいな?(←誰もそこまでは言ってない・・・笑)
・・・と、こんなことを書いているくらいだから、元気は元気なんですが、書いた通りのいわゆる slump なんだと思います。

とりあえずは英文記事を書くのを1回休んで、ゆっくり考えよう・・・と思っていたんですが、休むと緊張の糸が切れてしまいそうな気もして。もちろん、しばらく休むというのも視野にはあります。でも、この記事を書かないと、本当に英語を書く機会が減ってしまうんですよね。KIKKAさんへのお返事にも書きますが、自分の個人日記を英語で書く、という習慣がどうしても身につかないんです。すごく意味のあることだとわかってるのになぁ・・・。

だから、「とりあえず」でもシリーズ完結を宣言してしまうと、「英語を書く」ということをしなくなって、シリーズ復活も不可能な気がしたんですよ・・・。(自分でも話が飛躍しすぎだとは思うし、「間(あいだ)を取る」っちゅーことを知らんのか私は!と我ながら思う・・・笑)

8/6のコメントの返事を読んでまゆみさんが「?」と思ったのではないかと思うのですが、この記事のことが頭にあって、ちょっとぐだぐだ書いてしまったんですねぇ・・・。この英文記事はきっとコメントが入れにくいだろうと思ったので、言い訳のようなものをあそこで先に書いちゃったんですよ(笑)。
結局は自分のブログなので自分の思う通りにすればいいんだけれど・・・やっぱりただの夏バテかなぁ? でも、本当にありがとう! 元気が出ました!!
Posted by Rach at 2006年08月09日 09:58
Dear Nanazo
Thank you for understanding my feelings. Your kind words have relieved me somewhat of my burden.

I always respect your attitude toward English. You keep a diary in English, literally EVERY DAY. How amazing!

Your blog have a variety of different topics. Every your article is so interesting and intriguing.
So you don't have to be modest about your English. I wish I could write English like you!
I hope you will maintain your fascinating blog as long as possible.
Posted by Rach at 2006年08月09日 10:07
Dear KIKKA
Thank you for your thoughtful message.
I wish I could keep a journal of my experience in English like you, but, I don't know why, I can't get the habit of writing English anywhere but here. So I'm afraid that I won't be able to resume writing English if I stop writing this series...

これまでは思いつくままに書いていて、「まぁ、ただの練習だし」みたいに自分に言い訳していたところがありました。「覚えた言葉をすぐに使う」と身に付くと言いますよね。だから、ここをそういう場所として利用していたのですが、「誰かがわざわざ時間をかけて読んでくれている」ということに改めて気付いた時(←気付くのが遅い!)、わざわざ読んでもらえるほどのものが書けない気がしてしまったんですよ。文法的誤りとか、単語の使い方を間違っているとか、そういうことはその都度間違いながら覚えていこうと開き直っていたけれど、「何を書いていいかわからない」となると、これは対処のしようがないというか何というか・・・。

で、しばらく休もうかと思って、本当に「完結編」を書いたんですが、まゆみさんへのお返事でも書いたように、このシリーズを書かないと、英語日記を付ける習慣のない私は、書くことからすごく離れてしまうような気がしたんですよ。ちょっとその辺りが説明不足で、どうして「今、書けない」→「一生、書かない」と話が飛躍するのか、みんな不思議だったでしょうねぇ・・・ごめんなさい。
私は頭が混乱すると、日本語でバーッと考えや気持ちを書き出して頭を整理するクセがあって、それが英語でできればいいんだけど、英語だともどかしくて余計に頭がパニクってしまうことになって・・・。
日本語の超長文コメントを書いてる時間を少し英語を書く方に回せばいいんじゃない?と自分でも思うんですが、自分にとっては、精神的に必要なものなんですよね、この長々とした日本語が(笑)。
KIKKAさんのように、自分の日記が英語で気軽に書けるようになれば、いつでも再開できますよね。私も今回の記事のようなただの愚痴でもいいから、自分の日記としてちょこちょこっと英語で書けるようになれればいいのになぁ、と思います。

>英語も恋人も、時には熱く時には距離をおいて・・・この先も長く続くお付き合いですからね(笑)。

Exactly! その通り! 今回はちょっと距離を置こうかと思ったんだけど、それが少し怖かったんです。彼氏と喧嘩しても、結局私から折れちゃう、というタイプなもので・・・(爆)。(←お、私、調子出てきた?)
Posted by Rach at 2006年08月09日 10:23
Dear FDJ
Did you look for the punch line to some joke? I wish I could say this was just a vicious joke.

I don't know why I can't write something about grammatical stuff in English although I can discuss the subject dealing with grammar that passionately in Japanese. I knew this article would sound so emotional to everyone, but I had no choice but to do this.

I'm not sure if this Rach Goes series means something to readers. But I can't deny that this series means everything to Rach. I feel so happy to know I can write this series pleasantly, and I feel so sad to know I can't write it like I imagine.

It was worth posting this article, because I was able to bring out the remark 'I love your English' from you. (This is not sarcasm. I'm indescribably glad you encouraged me tenderly.)
Posted by Rach at 2006年08月09日 11:04
Dear YN
優しいお気遣いありがとうございます。
本当に何でこんなに暑いのかというくらい暑いし、もともと私は夏には弱いタイプなんですよ(アウトドア派ではないのもので・・・)。不思議と寒い冬の方が朝早く起きることができましたね。今は、夜早く寝ても、朝早く目が覚めないんですよ・・・。
体調を崩しているわけではないですが、疲れ気味でだるい・・・という感じはあります。頭は回らないし、気は滅入るし・・・と悪循環なんでしょうねぇ?(何だか、お医者さんに体調を説明している患者みたいになってきた・・・)

しかし! 落ち着いて考えてみると、何も忙しいのは私だけじゃないですよね。お勤めの方は、この暑いのに会社に行くだけでも大変です。昔、会社員だった時には、最寄り駅まで自転車こいでる間に熱中症になりそうなほど暑かったのを覚えています。(帰りは涼しい夜風がとても心地よかったけど・・・) 私一人が「疲れた、疲れた」と言っている場合ではないな、と反省。

KIKKAさんがおっしゃった言葉は本当に良い言葉ですよね。
自分でも「こんな気持ちで書くことに意味があるのだろうか・・・」と思って、あんな後ろ向きな話になってしまいました。その時その時の状況に応じて、柔軟に対応することも大切ですものね。

"I am not trying to invite a compliment or encouragement" などと自分で書いておきながら、こうして皆さんが励まして下さるのは、やはりとっても嬉しいです。本当にありがとうございました!

これからどうするかはまたしばらく考える時間がありますので(笑)、自分なりに進む方向を見つけて行きたいと思います。書きたいことがありすぎて迷っちゃうくらいの気持ちになれればいいのになぁ・・・。(日本語だと余計なことまで喋りすぎるのに・・・もちろんクオリティが伴っているかどうかはまた別問題ですが・・・笑)
Posted by Rach at 2006年08月09日 11:10
Rachさん、私もなんだかわからんけど重た〜いオーラが
ずっとあります。ブログ更新も気がのらないし。

毎日の勉強ルーティンを先週末からできてないし、英語が
ちょっと遠のいてる感じです。

私はRachさんのこのシリーズとても楽しみにしてます。
実は、私も英語の不定期日記をweb上でこっそり書いてる
のですがこれが人の目にとまるとなるとワケが違ってきます。
たぶん眠れないでしょうw

それを何故しないか?そこまでのエネルギーがないのです。
面倒くさいのです。一語一語に気を使って書こうとする自分が
見えるのです、家事もなにもかもほったらかして(笑)
つまり、commitできないんですよね。しかも、眠るの大好きだしw

なのにRachさんは、それをやってるのです。もう「尊敬」の一語
ですよ!妻、母、そして英語学習者という役割を果たしてる
Rachさんはすごいですよ。

私なんか、なんでも手抜きばかりで必ずどれかにしわ寄せが行って
しまってるので・・・(汗)こんなんでいいんかい・・・

今はそんな時期だと思ってゆっくりしてください(でもできないかw)
スランプを乗り越えたときにまたきっとバージョンアップRach!がいることでしょう
楽しみにしてます(せかしてるんじゃないからね!)
Posted by みりぃ at 2006年08月09日 18:18
Dear Rach,
>I'm indescribably glad you encouraged me tenderly.

This must be the BEST remark I’ve ever heard from you! (I can’t help being sarcastic, can I?) BTW, while reading this piece, I was humming the theme song from Romeo and Juliet. Don't get me wrong, NON SONO ROMEO, though.
Posted by FDJ at 2006年08月09日 19:21
みりぃさんへ
とっても暖かいコメントありがとうございます!

みりぃさんも、ご自身のブログで、「夏休みってどうしてこんなに落ち着かないのでしょうね(泣)」と書いておられましたよねぇ? あれを見て「そうそう!」と思っていたんですよ。みりぃさんのお言葉通り、「調子が狂いっぱなし」で、余計にイライラしちゃうんだろうなぁ、と思います。普段出来ていることが出来ないと、何だか精神的に焦ってしまうんでしょうね? 他の方のブログでも、「忙しい」「時間がない」「勉強がはかどらない」、ということがよく書いてあって、私もどこかでそれを言いたい!と思ってしまったのかも。(言わなくてもわかる!と思いながらも、言わずにはいられなかった、という感じ?)

それから、このシリーズを楽しみにして下さっているとのこと、本当にありがとうございます。とっても嬉しいです!!
「自分の英語力向上のために」書いているわけですが、「Rach が時間をかけて書いたんだろうから・・・」と思って、それを一生懸命読もうとして下さる web-friends たちがいる、ということが頭に浮かぶと、「スランプの状態で読みにくい文章を書いても、却って迷惑になるだけだ!」と思ってしまったんですよね。

みりぃさんも、英語日記を書いていらっしゃるんですか? 読んでみたいわぁ(笑)。英語を学習している方々はそうやって、自分から進んで積極的に英語と関わっておられるんですね、やっぱり。
私はどうして「こっそり」英語日記をつけられないんだろう? スランプの話と矛盾してしまいますが、「人が読んでくれると思うから、頑張って書ける」というところもあって、「でも変なものを書いて失望させたくない」というのもあるんです。「失望」というのは私の英語力うんぬんの話ではなくて、「時間をかけて読んだけど大したことなかった」という失望です。今回は、そのネガティブな方の考えが勝ってしまったんだろうと思います。

日本語だと思ったまま文字にできるのですが、やはり母国語でない英語ではそんなわけにいきませんよね。集中して取り組んでかなり時間をかけないと出来ない。そこで「今は時間がないからできない」って言っちゃえば、その一言で1回分パスできちゃうから・・・と思ったんですよ。
だから、一番最初の案では、2-18の最後に3行くらい日本語で「忙しいから今は書けません。私にも夏休みを下さい(笑)」と書いて、そのまま2-19に進もうと思っていました。

「尊敬」だなんてとんでもないです。妻として何をしたか最近記憶にないですし(爆)、母としてはただ振り回されているだけですしねぇ。「英語学習者」としては自分なりに頑張っていると思っていて、そういう自分がいとおしいのですが・・・(笑)。私は何かに集中すると他のことにあまり目がいかないタイプの人間なので、妻業、母業にしわ寄せがいっているのは間違いないです。気難しいダンナさんなら、大喧嘩、だけでは済まないかも(笑)。

今はまず落ち着いてゆっくりしようと思っています。次の Rach Goes を書く頃になったら、またそわそわし出すと思うのですが、その時の気分と状況を考えて、無理をしない程度に頑張ろうと思っています。やっぱり自分の書く英語に自信がなかなか持てなくて、その言い訳として「私の精神状態はこんなんなんで、この辺で勘弁してください。」って一度どこかで言っておきたかったんだと思います。それでもみなさんこうやって、私を見捨てずに励まして下さって、勇気が出てきました。「今の私に書ける英語をみんなに見てもらえればそれでいい」という勇気かな。あまり格好つけずに、「いち英語学習者」としての英語を発表する場にしていきたいと思っています。
本当にありがとうございました!

(また長くなっちゃった・・・自分の意見をコンパクトにまとめる訓練も必要な私・・・笑)
Posted by Rach at 2006年08月10日 11:13
Dear FDJ
The remark I mentioned above didn't mean that you'd never encouraged me so tenderly before.
Still, you don't like this 'mawkish' remark, do you? I thought this is the most touching phrase in the world, though.

BTW, were you humming "Love Theme" written by Nino Rota?
Let me ask you a question: "Wherefore art NOT thou Romeo?"(JKD)
Or, could it be that "Non sono Romeo, sono Juliet"?
(FYI: I have little knowledge of the Italian language.)

I'm getting back to normal enough to deal with your sarcastic comment, right?
Posted by Rach at 2006年08月10日 11:18
> unwritten articles are scattered ゙about゙ on my PC.
I've just realized this ABOUT. Sounds British to me, and kinda COOL!
Sorry, that I digged up again.
Posted by fdj at 2006年08月18日 18:40
Dear fdj
At first, I was about to write 'scattered around' instead of 'scattered about'.
When I looked up the word 'scatter' in my 'English-Japanese' dictionary, however, I happened to bump into the phrase 'scattered about on the floor'.
So I chose this phrase without careful consideration.
As you pointed out, some dictionaries say this 'about' is commonly used in British English.
I always learn a lot from you. Thanx.

BTW, given the fact that you found this COOL, I shouldn't have said the truth.
Maybe I'm too HONEST to pretend that I know what I am doing.
Posted by Rach at 2006年08月19日 07:56
Rach,

疲れてるときは、少し休んだらいいんだよー。おいしいものを食べたり、美しいものを見たり、本を読んだり、映画をみたりするのもいいかもね。夏休みに入ってから、同じく忙しくてこちらにもしばらくぶりに来たんだけど、元気がないからびっくりしたよ。少し休んで、書きたいものがまたみつかるかもしれない。お休みしても、いままで勉強してきた事がゼロになるわけじゃない。逆に少し寝かされて熟成されるかも。ワインのようにね(笑)。
辛い、と思うときはたいがいは山の頂上にもう足をかけているときなんだ。そこを抜けると、素晴らしい眺めが待ってるよ。夜明けの前は一番暗いものだよ。なんて、偉そうだな、私(笑)。
Posted by agathe at 2006年08月21日 01:30
Thank you, agathe!
励ましの、そして、いたわりのメッセージをどうもありがとう! うーん、「熟成したワイン」って良い表現かも。「中年」と呼ばれるのはいやだけど、「熟女」と呼ばれるのは嬉しいもんねぇ?(笑)。
この記事を書いてる時は本当に元気がなかったんだけど、おかげさまでだいぶ調子が戻ってきました。ただ何も考えずに突っ走っている時は、その突っ走っている自分に酔っているみたいなところがあって、ふと冷静になった時にいろんな現実が見えてきて、自己分析したりするとますます落ち込んでしまうのかな、とも思います。
私は基本的には、調子の出ない時は何もしないでボーッとしていて、「気持ちの乗ってない時に何かを無理にすることには意味がない」と割り切って考えるタイプのはずなんだけど・・・。

この「英文を書く」ということは最近始めた新しい試みで、今まで勢いでやってきたので、やはりその勢いがそがれるのが怖かったんだろうと思います。休んでも必ず復活できると自分で思えることなら、躊躇なく休めたと思うなぁ。意外かもしれないけど、フレンズ解説の方は、休んだり復活したり自由にできそうな気がする。毎日更新できているのはたまたま記事のストックがあるからで、一日休んじゃうと緊張が途切れるかも、とか心配して無理に自分を追い込んでいるわけでもないんです。
心配してくれて本当にありがとうね、元気が出ました!

P.S. ハワイ旅行、楽しかったですか? 羨ましい!・・・とか羨ましがってないで、思い切って行ったらいいのにねぇ、本当に私ってば・・・こういうことにだけ妙に慎重な自分が、自分でもすごく不思議(笑)。
Posted by Rach at 2006年08月21日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。