2006年09月13日

フレンズ2-20その12

ジョーイは葉巻をくわえながら手鏡・・・かと思ったら、調理用の”へら”(ケーキのスポンジにクリーム塗ったりするヤツ?)を見てポーズとってます。
モニカ: Joey, do you know we can see you from here? (ジョーイ、私たちがここからあなたを見てるってこと知ってる?)
リチャード: How come Richard looks cooler with one of these? (こういう葉巻1本だけで、どうしてリチャードはかっこよく見えるんだろう?)
ロス: You may wanna light it and lose the spatula. (葉巻に火をつけて、へらがなかったらいいんじゃない?)

with one of these の these は cigars 「葉巻、シガー(の複数形)」のことです。
そういう葉巻をたった1本口にくわえるだけで、そんなたったひとつのアイテムを加えるだけで、というニュアンスでしょうか。
You may wanna を直訳すると「あなたは・・・したいかもしれない、・・・したいと思ってもいい」となり、つまりは「・・・してもよい、・・・したらどうですか、・・・したらいいんじゃない?」と助言する感じになると思います。
spatula は「(料理などに使う)へら」のことですね。
せっかくかっこつけてるのに、手鏡の代わりにへらなんか使うなよ、ということ。


モニカ: It's cute, you trying to be more like Richard. (気がきくわね(素敵ね)。リチャードに似せようとしてくれてるなんて。)
ジョーイ: Not like him, per se. Just not unlike him. (本質的には、彼に似せようとしてるんじゃないよ。彼に似てない、ってことにならないようにしてるんだ。)

cute は「かわいい、(男性なら)かっこいい」ですが、ここでは「気がきいて(いる)」というニュアンスかと思います。
Merriam-Webster Online Dictionary には、
cute: attractive or pretty especially in a childish, youthful, or delicate way
とあり、訳すと「魅力的、または可愛いこと。特に、子供っぽく、または若者らしく、または心遣いの細かい(思いやりのある)やり方で」(←わかりにくい日本語ですみません)。
つまり、attractive in a delicate way が「気がきいている」という日本語訳に近いと思います。
"You were cute to do that for me. / It was cute of you to do that for me." なら「私のためにそんなことをしてくれるなんて、あなたって気がきいてるわね。」という意味になります。
モニカとしては、友達が自分の彼氏に憧れて、その姿を真似してくれるのが嬉しいので、それを「気がきいている」、と言っているのでしょうが、日本語訳で「気がきいている」と訳すとやや違和感があるような。
まぁ、とにかくモニカはジョーイの行為を喜んでいるわけなので、それは嬉しいとか素敵とかいう感じでもいいのかな、と。
per se は「それ自体は、本来、本質的に」。
ラテン語で in itself という意味です。
ジョーイの返事がとんちんかんなのですが、Just not unlike him は、"I'm just trying not to be unlike him." という意味ですよね。
「リチャードと全く違って見えないようにトライしてるだけだよ。」というところでしょうか?
not unlike = like で、二重否定で結局肯定していることになりますよね。
子供みたいに「そのまま真似してる」と思われるのはいやなので、ただ回りくどい言い方をしているだけなのでしょう。

(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:51| Comment(6) | フレンズ シーズン2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

みりぃさんのところでコメント拝見して、
とても気になったので、おじゃましてしまいました。

わたしも Ally Mcbeal や Friends が大好き
だからです。

こちらにうかがってみたら 期待以上で
「やった〜!」っていう感じです。

ちょくちょくおじゃまさせていただきますね。

Posted by はなぶさ at 2006年09月13日 22:30
はなぶささんへ
ご訪問&コメントありがとうございます。みりぃさんのところの記事「訴える」のコメント欄で、フレンズやアリーの話を私が書いたからなんですね。きゃー、宣伝したみたいになっちゃったかも。(みりぃさん、ごめんなさい・・・笑)
「期待以上」だなんて、そんなぁ(照)。そう言っていただけて嬉しいです。またお越し下さいね。お待ちしております。
Posted by Rach at 2006年09月14日 19:17
How come Richard looks cooler with one of these?

ここは 最後が
.....cooler with one of these than me?
となってます。

You may wanna light it and lose the spatula.
ここは、"you" の前に何かを言ってるんですけど・・・・
たぶん、「まずは」とか「そもそも」みたいな感じで
"For the start, you may...." かな?とも思うんですが
すごく聞き取りにくいです。
何て言ってるんでしょう?

リスニング関係の質問でごめんなさい!(^^;

Posted by ぴろろ at 2008年01月29日 04:13
ぴろろさんへ
ネットスクリプトに答えがありました。
ジョーイ: How come Richard looks so much cooler with one of these than me?
ロス: Well for starters, you may want to light it and lose the spatula.

so much cooler という比較級になっているので、比較の対象となる than me があるのですね。

そして、その聞き取りにくい部分は、well, for starters ですね。
for starters 「手始めに、まず第一に」です。

このブログのサイドバーの「ネットスクリプト(transcripts)」という項目で、参考にさせていただいているネットスクリプトへのリンクをはってあります。
フレンズ2-22 からは、私もネットスクリプトを使わせていただいていますので、DVD英語字幕では出てこないフレーズもわかるようになると思うのですが…。もっと早くネットスクリプトに切り替えておけば良かったですね。ごめんなさい。
Posted by Rach at 2008年01月29日 11:05
ああ、"starters" でしたか!
言われて見ればそう聞こえますね。
"starter" と言うとレストランで
「何から食べる?」みたいなイメージしかなくて
思いつきませんでした。(笑)

ありがとうございました!

スクリプトもビミョーに前置詞が違っていたり、
端折っていたりで、やっぱり
自分で確認しないと怪しい場合もありますよね。

Posted by ぴろろ at 2008年01月29日 22:57
ぴろろさんへ
お返事ありがとうございます。
おっしゃる通り、ネットスクリプトも完全ではないので、ネットスクリプトを使うようになってからも、私はDVD英語字幕と突合せをしています。その突合せの過程で、いろいろな発見があったりして、それはそれでなかなか興味深いです。
Posted by Rach at 2008年01月30日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。