前の記事 TOP 次の記事

2006年11月27日

フレンズ2-23その1

シーズン2 第23話
The One With the Chicken Pox (水ぼうそうでおジャン?)
原題は「水ぼうそうの話」

セントラルパークにて。
最後に残ったバナナナッツマフィンを取り合いするモニカとチャンドラー。
チャンドラーがマフィンを掴むと、
モニカ: Oh, I ordered mine first. (あら、私が先に注文したのよ。)
チャンドラー: Yeah, but I'm, I'm so much faster... (そう、でも(掴んだのは)俺の方がずっと素早かったし…。)
モニカ: Give it to me. (それを私にちょうだい。)
チャンドラー: No. (やだ。)
モニカ: Give it to me. (ちょうだい、ったら。)
チャンドラー: Ok, you can have it. (わかったよ、これをどうぞ。)
チャンドラーがマフィンをペロっとなめて、モニカに渡したので、仕返しにコーヒーカップの縁をベロ〜ンとなめたモニカ。
モニカ: There you go. Enjoy your coffee. (はい、どうぞ。コーヒーを楽しんで。)
チャンドラー: That was there when I got here. (それ、俺がここに来た時にそこにあったよ。)

モニカとチャンドラーが取り合いしている時に、モニカは Give it to me. と2回言っています。
フレンズ2-21その15 のコメント欄 で、「Give it to me. を続けて2度言うのに、ちょっとどきっとした」というコメントをいただきました。
最初に私がこのセリフを聞いた時はスルーしていたのですが、この Give it to me. というフレーズは「愛のセリフ」(?)みたいですね。

QUEEN の曲で I WAS BORN TO LOVE YOU という曲がありますね。
キムタクが出ていたドラマ「プライド」のテーマ曲になっていた曲です。(ドラマは見てません)
この歌詞の最後の方に、
Yeah, I want to love you
Yeah, give it to me
という部分があります。
手元の歌詞カードの訳によりますと(私はCDを持っていたりする…笑) 「愛して、愛し抜きたい 君の愛を僕におくれ」となっています。

他にも検索していると、"Give It To Me" というタイトルの歌をいくつか発見しました。
カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)の歌にも、"Give It To Me" というタイトルのものがあるようです。
私はカイリー・ミノーグと言うと、Wink がカヴァーしていた「愛が止まらない」のオリジナル(Turn It Into Love)を歌っていた人、という知識しかないので、カイリーさんについては全く語れないのですが…。(あの頃、ユーロビートが流行ってましたねぇ)
この Give It To Me の歌詞をネットで調べたのですが、どう見ても「愛の歌」ですね。
出だしが、
I never ask for much
I just want some good lovin'
「多くは望まないわ。ただ素敵な「愛」が欲しいだけ。」
ですし…。
それも love じゃなくて loving と「躍動する進行形」(笑)なわけですから、「愛するという行為」を連想させるわけですよねぇ…って、何を書いてるんだ私は…(笑)。
で、
Give it, give it to
Give it to me like I want it
Give it, give it to
Give it to me like I want it
というフレーズが出てきます。
無理に訳すと「ちょうだい、ちょうだい、私が望むようにちょうだい」みたいな感じになるんでしょうか?(英語の歌詞というのは日本語に訳すとせっかくのニュアンスが消えてしまうようで、ほんと難しい…)
まぁ、きれいに表現すると「あなたの愛が欲しい」ってことなのでしょうが、もうちょっと情熱的な場面で使うと「今すぐあなたが欲しいわ。」つまりは「エッチしたいわ。」ということなんでしょうね、多分…。
こういう場合の it はいろんな解釈ができますが、it という漠然とした言葉が却って意味深だとも言えますね。
アリー my Love でリン(ルーシー・リュー)がエッチのことを it と表現したら、その "it" の発音があまりにもいやらしく聞こえるので相手の男性がいやがる…みたいな話を、リンがネルに話していた記憶があります。(どのエピソードか忘れたので、確認取れないんですが…)
そもそも、it の発音は日本語の「イット」と言うよりも、そのイは「イとエの間」みたいな感じで、それを意識して it と言うと、確かにちょっとエッチっぽいかも(笑)。
リンの真似をしてちょこっと練習してみましたけど…使う機会がなくってねぇ…(爆)。

ちょっと give it to me で脱線しすぎましたが…。
で、マフィンを取られた腹いせに、チャンドラーが嫌がるようにカップの縁をなめたつもりだったのに、そのカップはチャンドラーのではなくて、前の客のものでした。(やだ〜)

(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 11:29 | フレンズ シーズン2

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa