2007年02月09日

フレンズ3-1その6

ロスはベッドで一生懸命レポート(論文)を書いています。
隣のレイチェルは、ロスが自分を構ってくれないので退屈そうです。
気を引こうとほっぺたにキスをするのに、適当に返すロスがおかしいですね。
観客からも「おぉ!」みたいな声が上がっていますが、こんな風にできるようになったロスが大人になったな、という感じもします。
二人の関係がかなり深いもので、もう何度もこーゆーこと(笑)をしてきた、ということも示唆していますね。
レイチェル: Honey, I was wondering... (ハニー、私、思ってたんだけど…)
ロス: Hmm? (ん?)
レイチェル: Do you still have that, um, Navy uniform? (ロスは、まだあれを持ってる?…ほら、海軍の制服を?)
ロス: Nooo, I had to return it to the costume place. (いや。コスチューム(レンタル)店に返さないといけなかったから(もう返しちゃったよ)。)
レイチェル: Hmm. (そう…。)
ロス: I think I have an old band uniform from high school. (高校の時の昔の楽団の制服なら持ってると思うけど。)
レイチェル: You remember not having sex in high school, right? (高校生の時は、エッチしなかったのを覚えてる?)
ロス: Yeah. (あぁ。)
と言って、また論文執筆に戻るロス。

海軍の制服の話を持ち出したレイチェルに対して、「おぉ、レイチェルはそう来るか?!」みたいな笑い声が起こっています。
マンネリ化した時に何か他の新たな対策を…と思うのが常なのでしょうか?(笑)
海軍の制服は、フレンズ2-23その30 で出てきました。
もちろん、あの制服はレンタルでしょうね。
アメリカはハロウィーンやその他のイベントで仮装する機会が多いので、そういうレンタル衣装屋さんは多いようです。
後のエピソードでも、そういうお店で衣装を借りたという話が出てきます。
old は「古い(制服)」ではなくて、「昔、着ていた(制服)」ということでしょう。
band というと「ロックバンド」のバンドを思い出しますが、この場合は、「マーチングバンド」や「ブラスバンド」のような吹奏楽のバンド(楽団)のことで、band uniform は、演奏する時に着る(確かにちょっと海軍の制服にも似ているような)きっちりした正装の楽団服のことを言っているのですね。

その次のレイチェルのセリフ "You remember not having sex in high school, right?" にひっかかりました。
このセリフを言った後、ロスは「あぁ、よく覚えてるよ」という感じで肯定しておきながら、すぐに論文に戻ってしまいます。
そこで、またもや観客の笑い声が。
私にはこれが、レイチェルが誘うようなことを言ったのに、それに取り合わなかったロスはすごい!みたいな感じの笑い声に聞こえたのですが…実はよくわかりません。
ですから、以下の説明にはあまり自信がありませんが、いろいろ考えてみたことを書いておきます。
(超長いですから、興味のない方はまた明日…笑)

レイチェルのセリフ、"You remember not having sex in high school, right?" ですが、remember doing は「過去に…したことを覚えている」なので、remember not having sex は「エッチしなかったことを覚えている」ということですね。
実際、大学時代の同級生で元妻のキャロルとの間のエッチが、ロスにとっては初体験だった、という話がフレンズ1-4 に出てきました。(解説では飛ばしちゃってますが…)
ここでのレイチェルのセリフは「高校生の時は、ロスはエッチしたことなかったわよね?」と確認のように尋ねている気がします。

どういうつもりでレイチェルはそのセリフを言ったのか?、それに対してレイチェルはロスにどう反応して欲しかったのか?を以下で考えてみたいと思います。

ロスが Yeah. と言った後、レイチェルはがっかりしているように見えます。
ロスが論文のことで頭がいっぱいな様子にがっかりしているという可能性もありますが、それがロスの返事 "Yeah." そのものに対するがっかりだとすると、レイチェルはロスを誘ったのだと捉えることも可能でしょうか。
以下の二通りの解釈を考えてみました。
1つ目は、「もちろんその楽団の制服を着てエッチしたこともなかったでしょ? 今、その時の服を着て、高校生に戻った気持ちになってエッチしてみない? その当時できなかったことを今試してみない?」と誘っている、ということなのかなぁ?と。(我ながら、ちょっと飛躍しすぎな気もします…。)
2つ目は、「高校生の時って言えば、好きな女の子とエッチしたことなかったでしょ? 今はほら、恋人があなたのすぐ傍にいて、いつでもエッチできちゃうのよ。」と、当時の寂しい記憶を呼び起こして(笑)、今ロスがどんなに素晴らしい状況にいるかを知らしめ、その気にさせるためのセリフなのかなぁ、と。
ロスはそういうレイチェルの誘いに気付かず、「確かに高校時代にはエッチをしたことがないよ。」と言う意味で、「あぁ。」とあっさり質問に答えて、さっさと論文に戻ってしまった、レイチェルのちょっとエッチな誘いをロスがあっさり断った、というのが、あの笑い声なのでしょうかね?

高校の楽団服では使い物にならないわ、という意味で言ったとすると…。
海軍の制服の代わりに、多分それよりはダサい感じの高校の楽団服の話を嬉しそうに持ち出したロスにあきれて、「そんなトンチンカンなこと言ってるから、もしくは、あの制服姿があまりにも野暮ったかったから、高校時代にエッチできなかったのよ、女の子にもてなかったのよ。」と、楽団服をけなしつつ、ロスをからかっているのかなぁとも思いました。
でもそういうからかいを受け流しただけなら、みんなあんなに笑わない気がするのですが…。

ちなみに、DVDの日本語字幕は「高校生を相手にしろと?」、日本語吹替は「高校生とエッチしたら困るでしょう?」となっていました。
「高校生の時は、エッチしなかったのを覚えてる?」というセリフは、「高校生の制服を着ちゃったら、高校生の時の気分に戻っちゃって、そういうことしたらいけないって気持ちになるでしょ?」みたいに解釈することも可能なのかなぁ、とは思います。
ただ、そういう倫理的にマズい、みたいな真面目なことを言いたいのだったら、remember not having sex という形にはならないで、"You remember you were not allowed to have sex in high school." とか、"You remember you should not have sex in high school." みたいな形になると思うんですよね。
上にも書いたように、remember doing は「過去に…したことを覚えている」で、doing の前には目的格も所有格もついていないので、この場合は you または your が省略されている、ということになり、「自分が過去に…したことを覚えている」という意味になりますよね。
だから、「ロスが高校時代にエッチをしなかった」という過去の事実を確認しているセリフなんだと思うので、「高校生がエッチすること」の善悪についての一般論的な話とはやや異なる気がするのですが…。
(ロスが高校時代にエッチしたことがなかったのは、倫理的な考えからそうしなかったのか、単に相手がいなかった[もてなかった]からそういう結果になっただけなのかがわからないですしね…笑)
それにその一般論の話ですが、レイチェルは多分、高校時代に誰かとすでにエッチをしていたはずなので(笑)、高校生の服装では、高校生の気分に戻ってはエッチできない…ということをレイチェルが言うかなぁ?と少し疑問に思ったりもします。
まぁ、海軍の制服に比べると子供っぽい楽団の制服では、その気にはなりにくい…というのはあるのかもしれませんが…。
もしくは「高校生の制服を着たらあの当時のエッチなんかしたことない真面目なあなたに戻っちゃうんじゃないの?」みたいな意味とか…??

とにかく、この一連のシーンで、最後のロスの "Yeah." というセリフが観客に一番ウケているようなので、それがどうも気になるんですよねぇ。
レイチェルが何を言おうと、エッチよりも論文が気になってしょうがないロスがただ面白いのかもしれませんが…。
レイチェルの表情を見ても、「誘っている」のか「あきれている」のか「困っている」のかがよくわからない微妙な表情をしているので、余計にわかりません(笑)。
(いつものことながら)一人で長々と悩んですみません。

(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 11:28| Comment(4) | フレンズ シーズン3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。少し前からフレンズで英語の勉強をしてます。
Rachさんの解説、色々な事を調べたりしてすごく詳しく書いてあるので、すごいなぁ、って思いながら楽しく拝見してます。

今、私はちょうどシーズン3を見ていて、上記の"You remember not having sex in high school, right?"に「?」とひっかかって、Rachさんも同じ疑問を持たれたようだったので、嬉しくてコメントさせていただきました。

私もそのセリフのDVD日本語訳&吹き替えはちょっと違うんじゃないかな?と思って見てました。

そして今、Rachさんの解説を読んでいてほぼ私の中の解釈が固まったのですが、それはこうです。

ロスは多分高校時代モテなかった。そしてバンドユニフォームもダサいものである。
(シーズン2辺りで、昔レイチェル達がプロムに行く時のビデオに大学生のロスが登場してますが、大学生になっているにも関わらず冴えないモテないキャラでした。)

レイチェル的には、海軍の制服はそそられるけど、バンドユニフォームはそそられない。(多分ダサいんでしょう。ロスは気づいてないけど…)
そこで、その案は却下と言う意味で「高校時代にエッチしてなかったでしょ?(できなかったでしょ?)」と言ったんだと思います。
それに対してのロスの"Yeah."は、それを思い出して(ガッカリして?)「そっか(そうだった)」みたいな意味だと思います。
観客の笑いについては、もてなかった事を(暗に)指摘されている(高校時代モテないキャラだった)ロスに対する笑いだと思います。

長々と書いてしまって、すみません。
でも、自分の中で(勝手に)上記セリフについてはスッキリしました。
ありがとうございました。
Posted by こもも at 2007年11月22日 17:34
こももさんへ
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
また、こももさんの解釈を詳しく説明して下さって、ありがとうございます。

私ももう一度DVDを見てみました。
私の意見もあくまで「私だけの意見」にしか過ぎないのですが、今現在見直してみて、思ったところを以下に書いてみます。

バンドユニフォームを却下するために、「高校時代にエッチしてなかったでしょ?」と言った、というお話は、私もそんな気がしてきました。
海軍の制服ならともかく、バンドのユニフォームはそそられない、というのは確かにそうでしょうね。
ちょっとトンチンカンな話を持ち出したロスに「あれはダメよ。」と言ったセリフなのかなぁ、と。

ロスの Yeah. なのですが、表情を見る限り、ガッカリした感じはあまりしないように私は思ったんですよねぇ…。
その当時のことを頭に描いた風でもない、というか、全く適当に相槌を打っているだけ、あまり意味を深く考えずに返事をしているように私には思えました。
レイア姫の話になるまでは、完全に心は論文に集中していて、レイチェルがどんなに誘っても、何を言っても、心ここにあらず、という感じ、それが一番出ているのが、この Yeah. という気のない返事なので、みんなが笑っている、ということなのかなぁ、と。

「高校時代のバンドユニフォームだなんて…高校時代、あなたはモテてなかったでしょ。あんな服じゃ、海軍の制服の代わりにはならないわ。」という意味で言ったとして、それについてあっさり「あぁ、そうだね。」と受け流してまた論文に戻った、という描写だとしたら、モテないキャラであったことを指摘されても、そのことを全く気にしていない様子が面白い、「今僕は論文に忙しくて、それどころじゃないんだよね。」みたいな感じが面白い、ということなのかな、と思います。

こももさんがご自分の中でスッキリされているのでしたら、私の言ったことは気になさらないで下さいね。それぞれの視聴者が、それぞれの感覚で受け止めるべきだと思っていますし、何が正解かはそれこそ脚本家にじかに聞いてみないとわからないことでしょうから。
Posted by Rach at 2007年11月23日 09:17
Rachさん

こんにちは。
私の長々とした意見にお返事いただいてどうもありがとうございました。
しかも、とても丁寧でなお返事で感激です。
くだらないコメントに時間を割いてお返事をくださった事にまずとても感謝してます。
ありがとうございます。

私ももう一度あのシーンを見てみました。
確かに、ロスはガッカリしてるようには見えませんでしたね。笑
Rachさんの、モテなかった事を指摘されたのに対して「今僕は論文に忙しくて、それどころじゃないんだよね。」という反応に笑いがおきた、というご意見がすごくしっくりきました。

疑問を感じた事に関して、意見を交換することができて嬉しかったです。
これからもブログ愛読させていただきますので、頑張ってください。
Posted by こもも at 2007年11月29日 17:01
こももさんへ
いえいえ、こちらこそ、ご丁寧なお返事ありがとうございます。
「くだらない」なんてとんでもないです。いただくご質問はとても貴重です。自分だけで解釈していると、どうしても視野が狭くなってしまうし、最初の思い込みから抜け出せなくなってしまうので、いろんな方のご意見を聞けるのがとても嬉しいです。

いただいたコメントに私がお返事することで、結局「私はこう思う」という形で議論を締めてしまう形になることが多くなり、それはいつも申し訳なく思っています。
あくまで「私の意見」に過ぎないのですが、いろいろな方の意見を聞いた上で、私としてはこう思う、とその時点での考えを自分なりにまとめておきたいのですね。しばらく経ってから、また別のご意見をいただくこともあり、一応、管理人の見解を書いておかないと、と思うだけなのです。

今回のことは、こももさんが「しっくりきました」と言って下さったので良かったです(笑)。もちろん、本当にそれが「正解」かどうかはわからないわけですが、まぁ、一つの解釈として受け止めていただければ幸いです。

一人で勉強していると、「私はこう思うんだけど、どう思う?」って誰かに尋ねてみたくなりますよね? このブログがそういう場になることを願っています。
頑張りますので、また遊びに来て下さいね。
Posted by Rach at 2007年11月30日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。