2007年04月11日

フレンズ3-2その27

レイチェルはなかなか機嫌を直してくれません。
ロス: Right. Right, okay, okay. I'm sorry. I'm sorry I yelled. (わかった、よくわかったよ。ごめん。怒鳴ったりして悪かったよ。)
レイチェル: That's fine. (そのことはもういいのよ。)
ロス: No, but, you're-you're mad. (でも、君は怒ってるよね。)
レイチェル: I'm not mad. (私は怒ってないわ。)
ロス: No. (いや、怒ってる。)
レイチェル: I'm just not going. (私はただ行かないだけよ。)
ロス: You're not going. (君は行かないんだ。)
レイチェル: Right. (その通り。)
ロス: Okay. You know that I-I have to go, right? (わかった。でも、僕が行かないといけない、っていうのは知ってるよね?)
レイチェル: Um, hum. (えぇ。)
ロス: Right. So is it gonna be, like, I'm abandoning you while you're upset? (そうか。じゃあ、こういうことになるのかな、僕は君が怒ってるのに、君を見捨てて行ってしまう、みたいなことに。)
レイチェル: No. (いいえ。)
ロス: No? Because you're not upset. (違う? それは君が怒ってないから?)
ロス: Right. (その通り。)
ロス: About the yelling. (怒鳴ったことについて?)
レイチェル: Right. And the humiliating. (えぇ、それから恥をかかされたことについても。)

このやり取り、とても短い言葉の応酬なのですが、とてもテンポが良くて、くすっと笑ってしまいます。
意味は簡単なものばかりですが、なかなかこんなテンポのよい喧嘩はできないなぁ、と思ったりしますね。恋人同士、やはり気が合っていると言いましょうか…。
abandon は「(人や国などを)捨てる、見捨てる、捨て去る」。
upset は「気が動転して、狼狽(ろうばい)して、動揺して、憤慨して」…など、とにかく落ち着いていない、平穏な状態ではないさまを表す言葉です。
この場合は、上に出てきた mad と同じ「怒った、憤慨して、腹を立てて」という意味ですね。


モニカの部屋からフィービーの叫び声が聞こえてきます。
フィービー: (yelling from the bedroom) Get away from that phone! (she comes into the living room carrying the phone) She's just getting dressed now. (その電話から離れなさい! [フィービーは電話(の受話器)を手に持って、部屋に入ってくる] 彼女は今、ちょうど着替えているところよ。)
チャンドラー: Is it wrong that I was totally aroused by that? (そのことで俺がすっかり興奮しちゃったのは、悪いことかな?)

フィービーは受話器のコードを引きちぎったようです(笑)。
arouse は「(人を)(眠りから)起こす、(人の)目を覚まさせる」という意味ですが、「(人を)性的に刺激する」という意味もあります。
発音は「アラウズ」です。

by that の that は何か?について。
多分、「モニカが着替えている姿」なのでしょう。
ちょっと違う見方をしてみると…。
フィービーは大きな叫び声を上げていたので、フィービーとモニカが取っ組み合いみたいな形になって、最終的にフィービーが電話を奪い取ったのだろうと思われます。
その女性同士の激しい絡み(笑)が、チャンドラーを刺激した、ということもあるのかもしれません。(まぁ、どっちでもいいですが…笑)

(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 16:30| Comment(0) | フレンズ シーズン3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。