前の記事 TOP 次の記事

2007年04月15日

チャンドラーの口癖の話 フレンズ3-2その29

昨日の続きです。
恐ろしく長くて、かなりのフレンズ好きの人しか楽しめない(いや、フレンズ好きの人でも楽しめるかどうかわからない…笑)記事です。

ジョーイ: Look at me! I'm Chandler. Could I be wearing any more clothes? (俺を見てくれ! 俺はチャンドラーだ。これ以上あと少しでも服を着ることができるかな?[着込めるだけ着込んでるぞ。])

この "Could I be wearing any more clothes?" というセリフは、チャンドラーの口癖をジョーイが真似ているようです。
だから、「俺はチャンドラーだ。」とその前に言っているのですね。
直訳すると、「これ以上あと少しでも服を着ることができるだろうか?」
つまり「もうこれ以上は一枚も着ることができない。もう着込めるだけ最大枚数を着込んでるよ。」ということでしょうね。
そういう「最高、最大」であることを、"Could ... any more...?" と、わざわざ「疑問文で反語的に」表現するのが彼らしい、ということのようです。(回りくどい、と言うのでしょうか?…笑)

Wikipedia 英語版: Friends (前にもこのサイトを紹介しましたが、ネタバレ要素満載なのでお気をつけ下さい)の Running gags 「連続して登場する(?)ギャグ」という項目に 、Chandler's humour という項目があります。
そこで、今回の could I be wearing... のセリフが取り上げられていました。
以下にウィキペディアの英文を引用し、それを私なりに訳してみます。

Chandler often makes sarcastic, snide remarks, typically in response to the actions of his friends. A psychoanalyst tells him that he probably "started using humour as a defense mechanism when [his] parents divorced". Chandler occasionally uses these exact words to justify his behavior.

Chandler is also known for saying phrases in the form of "Could noun(s) be any more adjective?" His friends often imitate him using this phrase. For example, in the episode "The One Where No One's Ready", Joey dresses up in all the clothes that Chandler owns, and remarks, "Look at me, I'm Chandler, could I be wearing any more clothes?" This phrasing is known to have been a significant influence upon popular culture (see below).

チャンドラーは、たいてい、友達の行動に反応して、しばしば皮肉ないやみを言う。ある精神分析医は彼にこう言った、彼は恐らく「両親が離婚した時に防衛メカニズムとしてユーモアを使い始めたんだろう」と。チャンドラーは、自分の行動を正当化するために、時々、この精神分析医の言った言葉をそのまま使う。

チャンドラーは、"Could 名詞 be any more 形容詞?" という形式のフレーズを言うことでも知られている。彼の友達はしばしばこのフレーズを使って彼の真似をする。例えば、3-2 のエピソードでは、ジョーイがチャンドラーの所持している服全部を着込んで、以下のように言う。「俺を見てくれ。俺はチャンドラーだ! これ以上…(以下略)」 この言い回しは、ポップカルチャーに多大な影響を与えてきたことで知られている。


前半部分は今回のエピソードの話ではありませんが、面白いので引用してみました。
「ある精神分析医」とは、フレンズ1-13その1 で出てきたロジャーのことですね。
「この言い回しが、ポップカルチャーに多大な影響を与えた」とはえらく大層な表現ですが(笑)、see below と書いてあって、その下の項目の Cultural impact にジャンプするようになっています。
が、そこにこのチャンドラーのセリフのことは書いていませんね。(削除されてしまったのか、そのリンク自体が間違いなのか?)
でも、ウィキペディアで上のように書いてあるので、この言い回しが彼の特徴であるのは間違いないようです。

実際の過去のチャンドラーのセリフとしては、フレンズ1-6 で、オーロラという女性に声を掛けようとするシーンでこんなセリフがありました。
チャンドラー: Oh please, could she be more out of my league?
この場合は、any が入っていませんが、ニュアンスは似ていますね。
このセリフについては、過去記事できちんと説明していなかったのと、ちょっと気になる点があるので、明後日、フレンズ1-6 の追加解説記事 フレンズ1-6その6 として、別途説明したいと思います。

他にフレンズのセリフで、似た言い回しを探してみました。(他の人の発言も含みます。また、まだ登場していないエピソードもあるので、日本語訳は書きません。)

フレンズ2-10
ラス: You could not be more wrong. You could try but you would not be successfull.
チャンドラー: OK, I'm gonna get some more coffee before the pinching and eye poking begins. (こちらのチャンドラーのセリフは、フレンズ2-10その14 で取り上げています。)

フレンズ2-24
レイチェル: Afraid to ask him?
モニカ: Could not be more terrified.
これらのセリフは、フレンズ2-24その9 で解説しています。

フレンズ4-3
チャンドラー: Could there be more Kims?

フレンズ5-10
チャンドラー: Could I be more sorry?

私の探し方が悪いのかもしれませんが、チャンドラーのセリフで、"Could 名詞 be more ..." というのはありますが、"any more" ではありませんね。
それにラス(ロスではない…笑)が(肯定文ですが)普通に使っていますし、2-24 のモニカのセリフはチャンドラーの質問に答えたわけではないので、チャンドラーの口真似をしている、ということでもないようです。

肝心のチャンドラーのセリフに "Could 名詞 be any more 形容詞?" というのが見当たらないので悩んでいたのですが、ふと、"more 形容詞" じゃなくて、"形容詞+ -er " の比較級かも、と思い付きました。

形容詞の比較級の作り方について、数研出版「基礎と完成 新英文法」では、以下のように説明してあります。
1音節の語、または2音節の語のうち -y で終わるものには、-er をつける。
その他の大部分の2音節の語、または3音節以上の語は、原級の前に more をつける。


ということで、"Could 名詞 be any ..." となっているものを探してみました。
すると、フレンズ1-22 のエピソードで、興味深いセリフを2箇所発見!

フィービー: You know like... uh okay... uh... "Could that report be any later?" (そうねぇ、ほら…あ、そうそう…「あのレポート、遅すぎるぞ!」)

ガーストン: Uh, like, "Could these margaritas be any stronger?" (例えば、「このマルガリータ(お酒)、最高にキツいよね!」)

これらはチャンドラー本人のセリフではないのですが、それぞれ、チャンドラーの「物真似」をしているのです。
長くなるので、1-22 のチャンドラーの物真似の部分については、明日の記事 フレンズ1-22その7 で詳しく説明したいと思います。

これが物真似だとわかったところで、もう一つ物真似があったことに気付きました。

フレンズ2-20その28 で解説している部分。
リチャード: Could that shot BE any prettier? (あのショットは、かなり見事だっただろ?)
これは、リチャードとジョーイ&チャンドラーがフーズボールゲームで遊んでいて、見事にショットを決めた時のリチャードのセリフ。
このセリフを言った後、リチャードはちょっと舌を出して「ふざけてみたよ」みたいな顔をしていますし、チャンドラーたちに対して、チャンドラーの口癖を使ってみた、ということのようです。

また、ネットスクリプトでは、上のように BE が大文字になっているのですが、実際の音声も、be の部分をかなり強調してしゃべっています。
今回の 3-2 のジョーイのセリフも、1-22 の二つの物真似も、そしてこのリチャードのセリフも、注意して聞いてみると、すべてこの be の部分を強めに発音しています。
ここにアクセントを置いて、
"Could 名詞 BE any 形容詞の比較級 ?"
となるのが、チャンドラーの癖だ、ということですね。
3-2 のジョーイのセリフは、"Could 名詞 be wearing any more 名詞?" という変形バージョンになっていますが。

とここまで見つかったのはいいのですが、やっぱり肝心のチャンドラー本人のセリフが見当たりません。
私が見落としているのかもしれませんので、チャンドラーがこのフレーズを使っているのを知っている、という方はご一報下さい(笑)。
もしかすると、1-22 で「チャンドラーの物真似」として出てきたのが初出で、本人がそれを使ったことがないにもかかわらず、それがすっかり「チャンドラーの口癖」として浸透してしまったということかもしれません。

ちょっと面白い記述を発見しました。
AOL Entertainment TV turnarounds に Matthew Perry (マシュー・ペリー。チャンドラーを演じている俳優さん)のことが書いてあります。
引用すると、

As Friends' Chandler Bing, Matthew Perry was a lovable loser, but he shed his gag-a-minute image when he took a part in political drama The West Wing during its final two seasons.

Perry played a republican attorney and earned himself an Emmy nomination for the serious role - could he be any more successful?!


訳してみると、
フレンズのチャンドラー・ビングとして、マシュー・ペリーは「愛すべき負け犬」であったが、政治ドラマ「ザ・ホワイトハウス」(原題:The West Wing)のファイナルの2つのシーズンで(訳注:「ファイナル」ではないはずですが…)ある役を演じて、彼の「1分に1回ギャグを言うイメージ」(?)を払拭した。

ペリーは共和党の弁護士を演じて、そのシリアスな役でエミー賞にノミネートされた。
彼がこれ以上あと少しでも成功することが可能だろうか?[これ以上ないほどの成功を収めている。]


その最後のフレーズ、"could he be any more successful?!" が、チャンドラーの口癖を使ったものですよね。
こういう記事でそれが使われていることからも、このフレーズがチャンドラーのものとして有名だ、ということがわかりますよね。

ちなみに、The West Wing に登場した回、というのは、
4-20 ホワイトハウス閉鎖(原題: Evidence of Things Not Seen)
4-21 スキャンダル(原題: Life On Mars)
です。
また、5-7 Separation of Powers(日本未放映?)でもゲスト出演しているようです。
ちなみに、私は 4-20 はテレビで見ました。
チャンドラーとは違って、「クールで出来る男」って感じでしたよ(笑)。

(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
人気blogランキング
にほんブログ村 英会話ブログ

posted by Rach at 12:19 | フレンズ シーズン3

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa