2008年02月15日

ブルーミングデールズ フレンズ3-11その12

(A guy at the end of the table starts laughing.)
テーブルの端の男性が笑い出す。
レイチェル: (to him) Hi. Is my misery amusing to you? ([彼に向かって] はい。私の不幸があなたには面白いかしら?)
男性: I'm sorry, I wa, I wa, I was just ah.... (starts to laugh again) (ごめん。僕は、僕は、僕はただ… [再び笑い出す])
レイチェル: It's not funny. This is actually my job. (面白いことじゃないわ[笑いごとじゃないわ]。現実にこれが私の仕事なのよ。)
男性: Oh believe me, I-I-I've been there. I had to sort mannequin heads at that Mannequins Plus. (あぁ、信じてくれ。僕もそういうところ[業界]にずっといるんだ。マネキン・プラスでマネキンの頭を分類[区分け]しなくちゃいけなかったんだよ。)
レイチェル: Oh well then, so I'm just going to go back to talking to my friend here. And you can go back to enjoying your little hamburger. (へぇ、そうなの。それじゃあ、私はここにいる私の友達との会話に戻るから。そして、あなたはあなたのハンバーガーを楽しむのに戻ってね。)
男性: Ah, just one other thing. (あぁ、あともう一つだけ。)
レイチェル: Yes?! (はい?)
男性: I ah, I work at Bloomingdale's and I might know of a job possibility if you're, if you're interested. (僕は、ブルーミングデールズで働いているんだけど、働き口の可能性を知ってるかも[働き口について心当たりがあるかも]しれない。もし君が、もし君が興味があれば(の話だけど)。)
レイチェル: (looks at Monica) (to him) Do you want my pickle? ([いったんモニカを見て、それから彼に] 私のピクルス欲しい?)

自分の悩みを笑う人に対しては、"Is my misery amusing to you?" 「私の不幸があなたには面白いかしら?」
これは、親しい間柄なら使えそうですね。(今回は初対面の相手に使ってますが…笑)

Mannequins Plus はマネキンを保管してある場所、みたいな意味だと思うのですが、大文字で書いてあるところを見ると、固有名詞でしょうか?
(ぐぐってみましたが、それらしいものを発見できませんでした)
Mannequins Plus という名前で、マネキンがたくさん置いてあるようなイメージが観客には浮かぶ、ということかな、とも思います。

go back to enjoying で、enjoy という行為に戻ってね、という感じですね。
your little hamburger の little は「つまらない、ちっぽけな」とばかにしたニュアンスか、もしくは「あなたのハンバーガーちゃん」みたいなニュアンスか…。

その男性はブルーミングデールズで働いていて、働き口を紹介してくれるかもしれない…と聞いて、とたんに態度が変わるレイチェル。

Bloomingdale's は、ニューヨークにある有名百貨店です。
Wikipedia 英語版: Bloomingdale's
上のウィキペディアによると、全国に36店舗あるそうですが、このNYのお店がやはり一番有名ですね。
ウィキペディアの Photo gallery にも、flagship store (本店、一号店、主要店)の NY の写真が載っています。

bloom は「花が咲く」「栄える、真っ盛りである」、dale は詩的な表現の「(広々とした)谷」という意味なので、blooming dales のイメージは「花真っ盛りの谷」みたいな意味なのかなぁ、と思っていたら…。
創始者が brothers Joseph and Lyman G. Bloomingdale という兄弟で、その苗字が Bloomingdale だから、Bloomingdale's 「ブルーミングデールさんの店」のように所有格がついているのですね。
(McDonald's などと同じです。)

ブルーミングデールズは、フレンズ2-2その1 のセリフにも出てきました。
この時、レイチェルはロスのことが好きだったのですが、ロスはジュリーという女性と付き合っていました。
そのジュリーとブルーミングデールズで買い物するつもりのモニカに、
チャンドラー: You're going to Bloomingdale's with Julie. It's like cheating on Rachel in her house of worship. (モニカはジュリーとブルーミングデールズに行こうとしてるんだぞ。それって、レイチェルの教会で、レイチェルに隠れて浮気をしているようなもんだぞ。)
と言っていました。
それくらい、レイチェルにとってブルーミングデールズとは「憧れの聖地」なのですね。

「私のことをばかにするのはやめて、さっさと自分のハンバーガーに戻りなさいよ。」みたいなことを言ってしまった後なので、「ハンバーガーが好きなら、私のピクルスもあげちゃうわよ。」と急に下手(したて)に出るレイチェルが可愛いです。


(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
皆様の応援が、とても励みになっています。ありがとうございます。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ

posted by Rach at 11:43| Comment(5) | フレンズ シーズン3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I have been thereというのは直訳すると「自分もそこにいたことがある」って意味ですけど、「自分にもそういう時期があった」「自分にも経験がある」って意味合いだと思います。
省略してbeen thereということもあります。
Posted by フレンズ研究所所長 at 2008年02月16日 06:06
go back to enjoy your little hamburger
にしたくなりますね。
enjoying と enjoyで
やはり、ニュアンスは違うのでしょうね。
Posted by パクパク at 2008年02月16日 09:46
フレンズ研究所所長さんへ
ご指摘ありがとうございます。
そうですね。場所ではなくて「時期、経験」のニュアンスが正しいですね。

今回のご指摘で、思い出したのですが
フレンズ2-20その16 のコメント欄
http://sitcom-friends-eng.seesaa.net/article/388470550.html#comment
で、

I have been there. は「同じ経験をしたことがあるから気持ちがわかるわ」のような意味が出せる

というコメントをいただいていました。上の訳を書いた時はそのことを何故かすっかり忘れていました(笑)。
教えていただいてありがとうございます。


パクパクさんへ
go back to は「〜に戻る」ということで、to は方向を表す前置詞でしょうね。
だから、この場合は、to 不定詞の to ではないから、to -ing (動名詞)にならないといけない、ということのようですね。
looking forward to -ing の -ing などと同じ感覚でしょうか。
Posted by Rach at 2008年02月18日 11:41
”Mannequins Plus”についてぼくの推測は…
マネキンはフランス語ですよね。これを固有名詞と考えて”Plus”はフランス語の"place"をフランス語の発音で表わすための借用したつづりと考えました。
”place”のフランス語での意味は英語の"place"とも共通している 場所、の他に業界、広場などの意味もあります。
ちなみにフランス語でもプラスするという意味で"plus"が使われますが発音はプリュスとなり他に比較級、最上級の文にも使われてその時の発音はプリュとなります。
フランス語をほんの少しかじった程度の僕でも思いつくほど"place"は基本語彙なのでフランス語ができる人が多そうなファッション関係の業界では通りがよいのではないかと思いついた考えですがいかがでしょうか。
Posted by teruchan at 2011年02月06日 20:45
teruchanさんへ
コメントありがとうございます。
私はフランス語を勉強したことがないので、全く気付かなかったのですが、「フランス語の発音で表わすための借用したつづり」というお話には、なるほどなぁ、と思いました。
おっしゃるように、フランス語は、ファッション業界では「通りがよい」という気がしますものね。ダイレクトな英語のネーミングではなくて、それをちょっとフランス風にアレンジした感じが「それっぽい」ということなのでしょうね。

興味深いご意見、ありがとうございました。
Posted by Rach at 2011年02月08日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。