2008年03月06日

露出度の低い服 フレンズ3-11その32

レイチェル: I gotta figure out what I'm going to wear. (何を着るか考えないといけないわ。)
ロス: High collar and baggy pants say, "I'm a pro!" (衿の高い服(ハイネック)か、だぶだぶのパンツなら、「私はプロよ!」って主張できるよ。)
レイチェル: Yeah, right. Okay, I'll see you guys later. (starts to leave) Woo hoo! (あぁ、そうね。また後でね、みんな。[立ち去る] やったー!)

High collar は「高い衿」、つまりハイネックのことですね。
日本語ではその衿、カラーのことを「ハイネック」と言いますが、これは和製英語、というか、「ハイネック」だけでは少々言葉足らずのようです。
ああいうハイネックになった衿のことを、英語では、high collar または high-necked collar と言います。
collar を指しているわけですから、必ず collar が付かないといけません。
ハイネック(high neck)だけで終わってしまうと「高い首(?)」になってしまいますね。
「高い衿」か「首が高くなった衿」と言わないといけない、ということです。

baggy は「だぶだぶした、ふくれた」。
bag のような、つまり袋のような、という意味ですね。

ハイネックで首がつまったもの→胸を見せない、
ダボダボのパンツ→脚、脚線美を見せない、
ということです。
マークはファッション業界の人ですから、その人と会う場合にはセンスのあるところを見せないといけないのに、そういう服を例に挙げるロス。
かっこいい男性に会うのに、露出の少ない服を着て欲しいという気持ちはよくわかりますが(笑)。
「胸を見せるな、脚を出すな」ではなくて、「ハイネックの服、ダボダボパンツを着たら、プロっぽく見えるよ」と言うところに、彼氏としての精一杯の抵抗を感じますね。

ちなみに、TV Taro 2007年10月号に「女優なんでもランキング」というのが載っていたのですが、その「美脚」部門で、レイチェルを演じるジェニファー・アニストンが堂々第1位になっていました。
その記事を一部引用させていただくと、
「ある会社が調査したところによると、バランスとふくよかさと光沢の3要素を最も高いレベルで満足させられるのは、J・アニストンの脚らしい。」

うーん、なるほど。わかるような気がします。
そんなレイチェルがダボダボパンツなんて、せっかくの美脚がアピールできなくてもったいない、わけですね。

そういうロスの嫉妬を知ってか知らずか、Yeah, right. と軽く答えて嬉しそうに去っていきます。
ロスのセリフはあっさり聞き流されてしまった感じです。


(Rach からのお願い)
今回の記事、面白いと思われた方は、下のランキングサイトをクリックして下さい。
皆様の応援が、とても励みになっています。ありがとうございます。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ

posted by Rach at 13:08| Comment(0) | フレンズ シーズン3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。