2009年12月09日

ジョーイのナンパのセリフ フレンズ4-13その5

ジョシュアが好きなら、レイチェルの方からデートに誘えばと言われて、
レイチェル: Yeah but, I've never asked a guy out before. (そうね、でも、私はこれまで男性をデートに誘ったことがないのよ。)
フィービー: (shocked) You've never asked a guy out? ([ショックを受けて] レイチェルは今まで男性を一度もデートに誘ったことがないの?)
レイチェル: No, have you? (一度もないわ、あなたは?)
フィービー: Thousands of times! That doesn't make me sound too good, does it? (何千回も(あるわよ)! 今の言葉だと、私がすごく良いようには聞こえないわね。)
レイチェル: I don't even know how I would go about it. (どうやったらいいかさえ私は知らないのよ。)
ジョーイ: Oh-oh-oh-oh, what I do is, ah, I look a woman up and down and I say, "Hey. How you doin'?" (おぉ、おぉ。俺がいつもするのは、ほら、女性を上から下まで見て、そして言うんだ。「ねぇ、調子ど〜お?」
フィービー: Oh, please! (もう、やめてよ!)
ジョーイ: (to Phoebe) Hey, how you doin'? ([フィービーに] ねぇ、「調子ど〜お?」
(Phoebe looks at him, and then giggles and looks away.)
フィービーはジョーイを見て、それからクスクス笑って、目をそらす。

自分から誘えと言われても、今まで男性をデートに誘ったことがない、というレイチェル。
I've never asked a guy out before. は経験を表す現在完了形ですね。
それを聞いたフィービーは、NEVER を強調して、「一度もないってホント?」と驚いています。
レイチェルの返事、No, have you? を完全な文章の形にすると(少々くどいですが)、No, I haven't (asked a guy out before). Have you ever asked a guy out before? ということですね。
最初の No で、私は本当に今まで誘ったことがない、ということを認め、「あなたはどうなの?」と逆にフィービーの経験を尋ねる疑問文です。
フィービーは「こっちはそんな経験、何千回もあるわよ!」と声がひっくり返っています。
何千回、というのは大袈裟な表現でしょうが、1回もないなんてあり得ない!という驚きが出ています。

何千回と言った後、ジョーイが顔をしかめたので、さすがにそれは言い過ぎたと思ったフィービーは、「何千回だなんて、それじゃあ私がモテない女みたいに聞こえちゃうわね」みたいなことを言っています。
That doesn't make me sound too good, does it? を直訳すると、「今の何千回も私の方から誘ったという発言は、私を too good に聞こえさせない」みたいな感じでしょうか。
今の発言では、私が「超いい女」(too good)のようには聞こえない、思ってもらえないわね、みたいな感じでしょう。

誘い方を知らないというレイチェルに、ジョーイは自分の技(笑)を披露します。
ジョーイの "How you doin'?" という言い方は独特ですね。
相手の女性を上から下まで見てから言うのですが、いかにも「色目を使って、相手を口説こうとしている」という感じの言い方です。
フィービーは「もう、冗談はやめてよ、よしてよ」みたいに笑うのですが、実際、ジョーイがフィービーに対してそのセリフを言ってみると、フィービーが照れちゃうのがおかしいですよね。
やっぱり女性には効果アリだということです(笑)。

ジョーイのこのセリフ、これはこのエピソード以降、彼のナンパのキャッチフレーズ、決まり文句になります。
フレンズ3-1その28 でよく似たセリフが出てきた時に、このジョーイのセリフが Joey's pick-up line (ジョーイのナンパのセリフ)であることに触れました。
3-1その28 でも、ウィキペディア英語版: Friends へのリンクをはっているのですが、今はその当時に書かれていた Running gags という項目はなくなっているようです。
現在の、Wikipedia 英語版: Friends では(ネタバレを避けたい方はご覧にならないで下さい)、Cultural impact という項目に以下の記載があります。
Joey's catchphrase, "How you doin'?", became a popular part of Western English slang, often used as a pick-up line or when greeting friends.
つまり、「ジョーイのキャッチフレーズ(人の気を引くセリフ)である How you doin' は、西洋の(?)英語のスラングで人気のものとなった。しばしば、ナンパのセリフや友達に挨拶する時に使われた。」

このセリフが有名になったため、ナンパや友達との挨拶に使う人が増えた、ということですね。

また、別の過去記事、クリストファー・ベルトンさんの「英語は多読が一番!」を読んで でも、、"How you doin'?" という表現と、「わかりきったことは省略する英語」についての話を書いていますので、興味のある方は合わせてご覧下さい。

"How you doin'" は、"How are you doing?" 「調子はどう(ですか)?」という通常の挨拶の変形で、弱く発音される be動詞の are が消えて、doing も最後の -g の音ははっきり発音せず、doin' になっています。
ちょっと鼻にかかった感じで、色っぽく言うのがポイントですね。
DVDの日本語字幕では「元気か〜い?」、日本語音声では「カモン、ベイビー」と訳されていましたが、私は上の日本語訳で「調子ど〜お?」と訳してみました。
女の子をナンパしているニュアンスが伝わればどんな言葉でも良いのですが、doin' と「ど〜お」が音的に似ているところを狙ってみたのですが…(笑)。


(Rach からのお願い)
このブログを応援して下さる方は、下のランキングサイトをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ
皆様の応援クリックが、とても励みになり、ブログを続ける大きな原動力となっています。心より感謝いたします。
posted by Rach at 11:07| Comment(0) | フレンズ シーズン4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。