2010年03月08日

こぶしが壁を突き抜ける フレンズ4-17その4

[Scene: Monica and Rachel's erm, Chandler and Joey's, Ross is relating his recent conversation with Emily to the gang.]
モニカとレイチェルの、えーっと(そうじゃなくて)チャンドラーとジョーイの部屋。ロスはフレンズたちに、エミリーとの最新の会話のことを話している。
ロス: She doesn't know which one of us she wants. Me or this "Colin" guy. (エミリーは、僕たちのうちのどちらを欲しているか[愛しているか]わからないんだ。僕か、その「コリン」ってやつか。)
モニカ: This isn't how it's supposed to go. I mean, there can't be another guy. (これは、予定されている展開とは違うわ。ほら、もう一人の別の男性なんているはずないのに。)
ロス: Well.... (そうだね…)
モニカ Of course, there's another guy! This is even more perfect. Now you have to prove your love! ([突然考えを変えたように] もちろん、他の男がいるのよ! これはもっとさらに完璧だわ。今あなたはあなたの愛を証明しないといけないのよ!)
ロス: I'm not proving anything. Okay, I'm done listening to you. If I hadn't let you talk me into going to the airport in the first place, I never would've put my fist through the wall. (僕は何も証明したりしないよ。いいか、モニカの話を聞くのはもうおしまいだよ。もし、そもそも僕がモニカに言われて空港に行ったりしなければ、自分のこぶしが壁を突き通すこともなかったのに。)
チャンドラー: You put your fist through the wall? (ロスのこぶしは壁を突き抜けたのか?)
ロス: No, I missed and hit the door. But it opened really hard. (いいや。的がはずれて、(こぶしは)ドアに当たったよ。でも、ドアはほんとに激しく開いたんだ。)

エミリーとの会話の内容を、フレンズたちに話して聞かせるロス。
エミリーは、僕(ロス)と、イギリスにいるコリンという男との二人の間で迷っているんだ、と言っています。
モニカは、「他の男性がいたなんて、そんなこと、私のシナリオにはなかったわ」みたいなことを言っていますね。
This isn't how it's supposed to go. の go は「(物事が)進行する、進展する」というニュアンスで、コリンという別の男性がいる今のこの状況は、本来そうなるはずだった進展の様子とは異なる、という感覚です。
フレンズ4-16その4 にも、
This is not how this is supposed to happen. (これはこんな風になるはずじゃなかったのよ。)というセリフも出てきましたね。

二人の恋愛が成就するためには、そんな「別の男」の存在など、あってはいけないのに、という感じで、 There can't be another guy. 「別の男なんかいるはずがない、いてはいけない」と言っています。
自分でそう言っておきながら、モニカは何かひらめいたように、「他の男がいて当然よ。もちろんそういう男はいるものよ!」と正反対のことを言い直しています。
恋愛ドラマでもよく登場する「恋敵(こいがたき)、ライバル」の存在はあって当然よ、そこでロスは自分の愛を証明すればいいのよ、とモニカは言いたいのですね。
ロスは、「また、女のロマンチックな連想が始まったよ」みたいな顔をしています。

If I hadn't let you..., I never would've put... という文章は、had not let と never would have put が使われていて、教科書に出てきそうなくらいの「きれいな仮定法過去完了」の文章になっています。
in the first place は「そもそも」。
let you talk me into going to the airport は使役動詞 let が使われています。
talk someone into doing は「人を説得して…させる」。
ですから、直訳すると、「僕を説得して空港に行かせることをモニカにさせる[許す]」、つまり、モニカが僕に空港に行くように説得して、僕もその説得に折れて行くことにした、モニカのそういう説得を拒まずに、モニカの言ったとおりにした、ということです。
If 節は、hadn't という否定形になっていますので、「モニカの言う通りにしていなければ」という意味になります。

put my fist through the wall は「自分のこぶしを壁に通らせる」。自分のこぶしを壁を通り抜けた状態に put する、という感覚ですね。
これはよく映画やドラマであるようなシーンのイメージでしょう。
やりきれない怒りをぶつけるために、男性が自分のこぶしを壁などに打ちつけて、壁がへこんだり、穴が開いたりして、本人のこぶしも血で真っ赤になっている、というようなシーンをよく見かけますよね。
自分の手が痛くなっても構わない、爆発する怒りのやり場がない様子をそういう描写で表現しているわけです。
ロスの仮定法過去完了のセリフも、文字通り受け止めると、「モニカに言われるまま空港に行ったりしなければ、こぶしが壁を突き抜けること(そして自分のこぶしを痛めること)もなかった」ということになります。
あまり暴力には訴えないタイプのロスが、そんな激しいことを言うので、チャンドラーはびっくりして聞き返していますね。
するとロスは、「実際のところは、壁を打つはずが的が外れてドアに当たってしまった」と言っています。
「ドアに当たってしまったけれど、僕のこぶしの勢いが強かったから、ドアは、それはもうすごい勢いで開いたよ」とも付け足しています。
やはりみんなの想像通り、いくら怒りを抱えていても、壁をこぶしで打つようなことはしなかったのだ、とわかるオチなわけですね。
ちょっとドラマの主人公風に、「壁を突き破ることもなかったのに」と言ってみたけれど、実際はドアを思い切り開けただけだった、怒りでドアをバーン!と開けただけなのを「こぶしが壁を突き抜けた」と大げさに言ってみた、ということです。


(Rach からのお願い)
このブログを応援して下さる方は、下のランキングサイトをクリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ
皆様の応援クリックが、とても励みになり、ブログを続ける大きな原動力となっています。心より感謝いたします。
posted by Rach at 11:48| Comment(4) | フレンズ シーズン4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、Rachさん。私は中年後期の男ですが、この間シットコムで笑え、を買ってからこのサイトは時々のぞかせてもらっていました。
フレンズは面白いですが字幕無しで見ると正確に分かるには難しく、いろいろと勉強になりますね。シーズン7を人からもらってみていたのですが、せっかくですからRachさんの解説に合わせる形でシーズン4kらまた買うことにします。今後も楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。
Posted by koroyakun at 2010年03月09日 23:06
koroyakunさんへ
コメントありがとうございます。また、拙著をお買い上げ下さったとのこと、誠にありがとうございます。嬉しいです!

英語学習者向けにレベルを調整して作られたものではないので、やはり難しい部分は結構ありますよね。でもそういうもので学ぶ方が実力はつくはず、と私は思っています。
私の解説に合わせて、シーズン4を買われるとのこと、こういうブログを書いている人間として嬉しいです。せっかく買われたシーズン4をより有意義に使っていただけるように、これからも解説を頑張りたいと思います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by Rach at 2010年03月10日 11:51
仮定法ってめちゃくちゃ頻繁に出てきますよね。
僕は高校で受験勉強してたころ『If I were a bird, I could fly to you.』みたいな詩的な文章なんて会話で使わないだろうとうんざりしながら勉強していましたが、一応ちゃんと勉強してて良かったなと思います。
授業でもこういうシチュエーションコメディを1話見た後に作中で出てきた文法として文法教えてくれてたら、もっと頭に強く残ってたような気がしますね。
If I had been taught English with sitcom, I could have remembered it better.
Posted by かもお at 2013年03月09日 01:17
かもおさんへ
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、受験勉強時に想像していたよりも、実際の英会話では仮定法は驚くほど頻繁に出てきますよね。
仮定法とか完了形とか言うのは、日本人がつまずきやすい英文法の項目なので、「学校でそんな細かい英文法ばっかり教えようとするから、話せる英語が身に付かないんだ」みたいな誤解を生んだり、目の敵(笑)にされやすかったりもするのですが、実際のところは、仮定法と完了形は、生きた英語を学ぶ上では絶対に避けては通れないものだということを、大人になってドラマや映画で学んだ時に、改めて知るはめにもなるわけです。

教科書で習う英語が現実と乖離しているようなイメージを持ってしまうと、変な先入観を持つことにも繋がってしまいますよね。おっしゃるように、フレンズのような娯楽作品を例にして、「ネイティブは実際にこんな風にちゃんと使ってるんだよ」と示すことができれば、毛嫌いする人も減っただろうにな、と私も思います。
ドラマで英語を学ぶ意義をわかっていただけて、私もとても嬉しいです。ありがとうございます(^^)
Posted by Rach at 2013年03月12日 14:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。