2010年08月28日

義務を負うowe フレンズ5-4その6

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は3位、「にほんブログ村」は1位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


モニカの部屋にチャンドラーが入ってきます。
チャンドラー: (entering) Look, maybe I got carried away before, but there's something you gotta know. If I'm the best, it's only because you made me the best. ([入ってきて] ねぇ、多分、少し前の俺は調子に乗ってたんだよ。でも君が知るべきこと[君に知っておいて欲しいこと]がある。もし俺が最高なら、それはただ君が俺を最高にしてくれるからなんだよ。)
モニカはちょっと感動した様子で、
モニカ: Keep talking. (話を続けて。)
チャンドラー: I mean I was nothing before you. Call the other girls and ask. Which wouldn't take long. But when I'm with you, and we're together, OH...MY...GOD.! (君に会うまでの俺は、意味のないつまらない男[全然ダメな男]だったんだよ。他の女の子に電話して聞いてみて。そんなに時間はかからないし。でも俺が君といて、俺たちが一緒にいると、あぁ、何てすごい!(って感じなんだよ))
モニカはすごく嬉しそうな顔で、
モニカ: Really? (ほんとに?)
チャンドラー: Oh-aw my God! Now, I understand if you never want to sleep with me again. But that would be wrong. We're too good! We owe it... to sex! (あぁ、何てすごい!だよ。で、俺ともう一度寝るのを君が望んでいないことはわかってるけど、でも、それって間違いだと思うんだ。俺たちはすっごくいいんだから! (そのいいエッチをしないと)エッチに申し訳ないよ[エッチには借りがあるんだよ]!)
モニカ: Well, if we owe it! (She throws down her cleaning stuff and jumps into his arms.) Oh, my! When is Joey gonna be home? (そうね、もしエッチに申し訳ないならね! [モニカは掃除道具を床にドサッと投げ下ろし、彼の腕に飛び乗る(お姫様だっこ状態になる)] あぁ、なんてこと! ジョーイはいつ家に帰ってくるの?)
チャンドラー: Well, I was kinda hoping we could do this without him. (She starts to take off her latex gloves.) Oh, no, no, no! Leave the gloves on. (そうだな、ジョーイなしでできればいいな、と俺は思ったりしてたんだけどなぁ。[モニカは(掃除用の)ラテックスの手袋を外そうとする] あぁ、だめだめだめ! 手袋ははめたままにして。)
モニカ: But I just cleaned the bathroom. (でも、今、トイレを掃除したところよ。)
チャンドラー: Yeah, why don't we lose the gloves. (そうだね、手袋は脱ごうか。)
モニカ: Yeah. (She takes them off.) (そうね。[モニカは手袋を取る])
(He carries her over to the door and opens it.)
チャンドラーはモニカをドアのところまで運び、ドアを開ける。
チャンドラー: All right. Let's show them how it's done. (よーし。どんなにすごいか見せてやろう。)
モニカ: Okay. (オッケー。)
(He starts to carry her into the hallway but hits her head on the door.)
チャンドラーはモニカを廊下に運び出そうとするが、モニカの頭をドアにぶつけてしまう。
モニカ: Ow! (いた!)
チャンドラー: Y'know that wasn't part of it? (今のはエッチの一部じゃなかった、ってわかってるよね?)
モニカ: I know! (わかってるわ!)
(He carries her into the hall.)
チャンドラーはモニカを廊下に運び出す。

(get) carried away は「われを忘れる、興奮する、図に乗る、調子に乗る」。
能動形の carry away は文字通り「運び去る」ですから、その受身形の carried away は「(どこかに)運び去られてしまった」という感覚で、いつもの自分とは違う状態になってしまった感じが出るのだと思います。

If I'm the best, it's only because you made me the best. について。
only because は「ただ…だから」という感覚で、because 以下が唯一の理由だ、ということです。
つまり、「もし俺が the best だとしたら、それはただ、君が俺を the best にしてくれたから、というのが唯一の理由だよ」と言っていることになります。
君が俺を the best にしてくれたから俺は the best でいられるんだ、というニュアンスですね。
the best は「最高」「最高の人」と取ることも可能でしょうが、ここでもまた、フレンズ5-4その4 で語った、the best sex のことを指しているのだと考えるのが自然ですね。
上の訳では、「最高」と無難に訳しましたが、実際にチャンドラーが言おうとしていることは、「君が俺を、Mr. the best sex にしてくれたんだよ、相手が君だから俺は最高のエッチができるんだよ」ということになるでしょう。
チャンドラーのハッピーダンスにげんなりしていたモニカでしたが、そう言われて嬉しくない女はいないでしょうから(笑)、そのセリフには素直に感動した顔を見せています。
話の続きをもっと聞きたいから、もっと話して、と言っていますね。

nothing は「無」で、この場合は「つまらないもの・人、意味のないもの・人」のような意味になります。
the other girls はもちろん、「チャンドラーとこれまで付き合った別の女の子たち」というニュアンスですね。
元カノたちに電話で聞いてみてよ、以前の俺は、the best じゃなくて、nothing だったってことがわかるから、みたいなことです。
Which wouldn't take long. の which は、前文の内容の「他の女の子に電話して尋ねること」を指していて、それをするのに(長い)時間はかからない、と言っていることになります。
元カノ、と言っても大勢いるわけじゃないから、聞いて回るのに時間はかからないよ、と、これまで付き合った女性の数も知れてるけど、という自虐的なことを言っているわけです。
これがジョーイなら電話代がかかってしょうがないところですが(笑)。

君といると、君と一緒だと…の後に、チャンドラーは、Oh, my God! と言っています。
ネットスクリプトのト書きにあるように大袈裟に発音していますが、これはジャニスの口癖の真似ですね。
元カノと言えばまず誰もがジャニスを一番に思い浮かべますので、その連想を使って、彼女の口癖で、「君と俺とのエッチはどれほどすごいか、どれほど素晴らしいか」を表現しているわけです。

普通、こういう状況で元カノの話が出るとあまり嬉しくない気もするのですが、ジャニスの場合は例外で、モニカもジャニスのことを思い出しても、あまりやきもちも妬かないのでしょうね。
あの強烈なキャラクターなので、やきもちよりも先に笑いが出てしまう、みたいな感じなのでしょう。
ですから、元カノの口癖を使ってそのすごさを表現しても、モニカはとても嬉しそうな顔で、「ほんと?」と聞き返しています。
チャンドラーも、Oh, my God! をさらに大袈裟に発音して、「そりゃもう、すごいのなんのって!」みたいに表現しています。

そのように二人のエッチが素晴らしいものであったことを説明した後、「君が俺と寝たくないと思ってるのは知ってるけど、それは間違いだよ」と言っていますね。
too good は、「度を過ぎて good である」という感覚。すんごくいい、みたいなことですね。

owe の基本的な意味は「(金など)を借りている」。
I owe him $10. / I owe $10 to him. なら、「私は彼に10ドル借りている、私は彼に10ドルの借りがある」ということで、私は彼に対して10ドルの返済義務がある、ということになります。
また、お金だけではなく、義務などを負っている場合にも使いますね。
その場合、owe 〜 to someone は、「(人)に(義務・恩義などを)負っている」、または「(成功などを)〜に帰さねばならない、(成功などは)〜のおかげである」と訳すことができます。
owe の発音は、[ou] (オウ)なので、「何かしらの義務(お金の返済義務を含む)を負う(オウ)ている」と私は強引に覚えているのですが(笑)、「to 以下の者に対して、金、義務、恩義、成功などを負っている、借りがある」というのが、全体的なニュアンスになると思います。

LAAD では、
owe [verb] :
2. to feel that you should do something for someone or give something to someone, because they have done something for you or given something to you
4. a) to have something valuable or important as a result of a particular person, quality etc
b) to feel that someone's help has been important to you in achieving something


つまり、2. は「誰かのために何かをすべきだと、または誰かに何かを与えるべきだと感じること。なぜならその人が自分に何かをしてくれた、または何かを与えてくれたから」。
4. a) は、「ある特定の人や品質の結果として、価値のある、または重要な何かを持っていること」。
4. b) は、「何かを成し遂げるのに、誰かの助けが重要であったと感じること」。

2. は「誰かがしてくれたことに対してそれを返す」感覚ですから、「(何かを返す)義務を負っている」ニュアンスでしょう。
4. はどちらも「…のおかげである」と訳せるように思います。

そういう日本語訳になることを踏まえて、チャンドラーのセリフ We owe it... to sex! を見てみましょう。
it はその前の We're too good! を指していると思われます。
「義務」のニュアンスで訳すと、「そのことで、俺たちは sex に借りがあるんだ」みたいになるでしょうか。
「sex に恩義を負っているんだ」とも訳せるかもしれません。
「おかげ」のニュアンスで訳すと、「(最高なのは) sex のおかげなんだ」となるでしょうか。

そのようにいろいろな日本語訳が考えられる中で、恐らくチャンドラーがここで言いたいのは、エッチのおかげで俺たちは最高なんだから、という「原因と結果」ではなく、エッチに対して俺たちは何か「返さなければならない」義務がある、という感覚なのかなぁ、と思うのですね。
DVDの日本語訳も、「最高のエッチなのに、エッチしないなんて、エッチに悪い!」となっていたのですが、私もそんなニュアンスをこの言葉から感じました。
エッチに対しては借りがあるのに、このまま一生エッチをしないでいたら、エッチに対して申し訳ないだろ?みたいなことを言いたい気がするのですね。
最高のエッチにさせてくれたエッチに対する「義務」が俺たちにはあるんだよ、みたいに言っている気がします。

それを聞いてモニカも、Well, if we owe it! 「ええ、もしそういう義務を負っているのならね!」みたいに言っています。
表情は、渋々そのチャンドラーの意見を受け入れた、みたいな顔をしていますが、それは照れ隠しですね。
「しない」と言っていたのを素直に「する」とはお互い言いにくいのでしょう、何らかの理屈をつけて、何かの負債や義務でもあるかのように言うことで、ちょっと気まずかった壁を乗り越えようとする感覚なのかな、と思いました。

お姫様だっこ状態のモニカは、ジョーイはいつ帰るの?と聞いています。
それはもちろん、二人きりでいられる時間はどのくらいかを尋ねているのですが、ご機嫌のチャンドラーはお得意のジョークで返していますね。
I was hoping... は「…だと思っていた、願っていた」。
俺はジョーイなしのモニカと二人きりでしようと思ってたんだけどさぁ、ジョーイがいつ帰るかを気にするなんて、モニカはもしかして3Pをしたいと思ってるわけ? と言っているのですね。

手袋はそのままで、と言うチャンドラー。
何か新たなプレイでも考えているみたいですが(笑)、トイレを掃除したところ(だから汚い)と言われ、やっぱり外そう、と言っています。
日本人は「バスルーム」と聞くとお風呂を思い浮かべますが、ここでお風呂をイメージしては、このセリフの面白さが伝わりませんね。
トイレ掃除に使った手袋だから、そんなのは外さなきゃ、ということになるわけです。

Let's show them how it's done. について。
直訳すると、「それがどのようになされるかを彼らに見せよう」になるでしょうか。
them は漠然とした「人々」みたいな感覚だろうと思います。
DVDの日本語訳は「最高のエッチを見せてやる」となっていましたが、恐らくそういうニュアンスでしょうね。

抱っこしたまま廊下に出ようとして、チャンドラーはモニカの頭をドアにぶつけてしまいます。
Y'know that wasn't part of it? の it は、これからしようとしているエッチを指しているのでしょう。
これもちょっと考えすぎかもしれませんが(笑)、頭をどこかに激しくぶつけてしまうようなエッチを今から始めようとしてたんじゃないよ、みたいな意味に私には聞こえました。

頭をぶつけたい場所 フレンズ3-8その15 で、レイチェルは柱にゴンゴンと頭をぶつけながら以下のセリフを言っていました。
レイチェル: Y'know, if it's not a headboard, it's just not worth it. (ほら、もしそれがベッドのヘッドボードじゃないなら、やる価値もないわね。)
このセリフは「どうせ頭をぶつけるなら、エッチの最中に、ベッドのヘッドボードに頭をぶつけたいわ」と言っていると私は解釈したのですが、それと同じ流れで、間違って頭をゴンと激しくぶつけてしまったことを、「これは激しいエッチの導入部分じゃないからね」みたいに言ったジョークなのかな、と思いました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 09:14| Comment(10) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、Rachさん。 今年も早いもので、4月ですね。 お元気にされていますでしょうか? お花見には行かれましたか?

本日、「やっぱり8歳だった、フレンズ5-9その7」を読まして頂きました。 The O.C.の話題がありましたので、食いついてしまいました。 アメリカドラマで全シリーズを見られたのは、これが初めてでした。 最後のシーズンはアレでしたが、オッサンでも、なかなか楽しめる、ほろ苦い青春ドラマでした。 The O.C.では、フレンズで登場していたジョシュア役のテイト・ドノヴァンさんがジュリー・クーパーの旦那さんとして、出ておられますね。 これもフレンズの楽しみです!

ところで、本日お尋ねしたいのは、下記の件なのです。

チャンドラーのセリフで、I understand if you never want to sleep with me again. But that would be wrong.(俺ともう一度寝るのを君が望んでいないことはわかってるけど、でも、それって間違いだと思うんだ。)というのがあります。 このセンテンスのなかで、ifが使われており、thatが使われていないのは、なぜでしょうか? チャンドラーはモニカが、俺ともう一度寝るのを本当に望んでいないだ、という断定を避けたい為に使ったのでしょうか? あえて日本語にすると、「俺ともう一度寝るのを君が望んでないようなことは、わかってるけど」というようなニュアンスでしょうか?

ご見解をいただければ、嬉しいです。
Posted by せんごく at 2015年04月09日 22:51
せんごくさんへ
コメントありがとうございます。
はい、おかげさまで、毎日元気に過ごしております。近場ですがお花見にも行きました^^

The O.C. に反応していただき、ありがとうございます。その記事を書いた少し前に見ていて、「8歳」ネタが出てきたので嬉しくて紹介してしまいました。最初の数話を見た後、中断してしまったのですが、また機会があれば続きを見てみたいと思っています。ジョシュア役のテイト・ドノヴァンさんが出てきたのは私も嬉しかったです。アリー my Love にも出ておられたのですが、フレンズで知っている俳優さんが、他の作品に出てくると、何だかとっても嬉しくなってしまいますよね(^^)

さて、ご質問の件について。
I understand if you never want to sleep with me again. を日本語に訳すとすると、「もし君が俺ともう一度寝たくない(と思っている)のなら、(それは)理解するよ」という感覚になるのかな、と思います。
if ではなく that を使うと、「君が俺ともう一度寝たくない(と思っている)ことは俺にはわかってる(けど)」ということになりますが、that の代わりに if を使っているというよりも、if 節を使って、「もし〜ならば、(そのことを)理解する、それを受け入れる」と言っているニュアンスになるのだろうと。

過去記事、フレンズ2-11その1
http://sitcom-friends-eng.seesaa.net/article/388470317.html
でも、今回のご質問と同じような、understand if が出てきました。
その部分は、以下のようなやりとりになっていました。

ロス: As in, "I now pronounce you wife and wife" married? (それって、牧師さんが「私は今ここにあなた方が、妻と妻であることを宣言する」っていう、あの結婚のこと?)
キャロル: We'd like you to come. We understand if you don't want to. (私たちはあなたに出席してもらいたいのよ。あなたが出席したくないっていうなら、それは理解するわ。)

この部分の DVDの日本語訳は以下のようになっていました。
(字幕)気が進まないなら欠席して/(音声)結婚式には出てもらいたいけど、あなたの気持ちを優先するわ

英文の if のニュアンスは、「気が進まないなら」という「(もし)〜なら」の部分に出ているような気がします。

今回の I understand if... という文は、I'd appreciate it if... 「もし〜してくれるとありがたいんだけど」のような文章に通じる感覚がある気がします。
I'd appreciate it if... というのは、例えば、
堅苦しいことを言うつもりはないけれど フレンズ4-5その3
http://sitcom-friends-eng.seesaa.net/article/388471489.html
の以下のようなセリフですね。
アマンダ: Oh, I don't mean to be a square, but I'd really appreciate it if you wait and drink your wine after the kids are asleep? (あぁ、堅苦しい人間みたいなことを言うつもりはないけど、でも、子供たちが寝てしまうまでそのワインを飲むのを待ってくれると本当にありがたいわ。)

「もし〜してくれたら(それは)ありがたい」という意味で使われる appreciate の場合だと、必ず目的語として it が入るのですが、今回の I understand if の場合は、「understand を自動詞として使っていて、そのため目的語の it をあえて入れる必要はなかった」ということかな、と私は思っています。
appreciate を「ありがたく思う、感謝する」という意味で使う場合は他動詞で、I appreciate. のように目的語なしで使うことはできません。そのため、「もし〜してくれたら嬉しい」という意味で、if 節を続ける場合には、仮の目的語のような形で、I'd appreciate it if... のように it を目的語として入れる必要が出てきます。
そして、今回の understand の場合は、I see. と同じような感覚で、I understand. と目的語なしで使うことができますので、If you never want to sleep with me again, I understand. のような意味として、I understand if you... の形になっている、ということだろうと。
そういう意味では、I understand, if you... のようにカンマがあるようなニュアンスで理解するとわかりやすいかもしれません。

appreciate it if の it の存在を意識するようになると、I understand it if のように it が入っている方がしっくりくるような気もしますし、実際、「もし〜なら、(そのことを)私は理解する」というニュアンスだと思われるので、it があってもいいんじゃないか、とも思えるのですが、「自動詞として目的語なしで使うことが可能なので、”あえて” it を入れる必要はない」という言い回しなのかなぁ、と私は思いました。

あくまで私の見解に過ぎませんが、参考までにお聞きいただけると幸いです(^^)
Posted by Rach at 2015年04月13日 20:06
こんばんは、Rachさん! お元気そうで、何よりです。

テイト・ドノヴァンさんは、アリー my Loveにも出てたんですね。 そういえば、フレンズ・シーズン4の第6話「恋人はダーティ・ガール」のシェリル役にレベッカ・ローミンさんが出ていました。 彼女の主演ドラマ「恋するアンカーウーマン」は、個人的には面白いと思っていたのですが、続編はありませんでした。

そして、ご丁寧な回答、有り難うございます。 I understand, if you... のようにカンマがあるようなニュアンスで理解するといいわけですね。 よく理解できました。

これがIf you…, I understandなら、すぐ理解できたのですが。トホホ。 例えば、カンマなどの見えない会話だとちょっと迷ってしまいますので、I ‘d appreciate if…などのように、understand if がくれば、このifは「・・・かどうか」というより、「・・・なら」という意味になる可能性が高いと考えていいわけでしょうか?

Posted by せんごく at 2015年04月15日 19:33
せんごくさんへ
お返事ありがとうございます。
「お元気そうで、何よりです」との温かいお言葉も、ありがとうございます(^^)

「恋するアンカーウーマン」は残念ながら見たことなくて、レベッカ・ローミンさんのことも実はよく知らなかったのですが、さっき調べてみたら、フルハウスのジェシー役のジョン・ステイモスさんと結婚されていたことがあったようですね。そのジョン・ステイモスさんも、フレンズ9-22 にゲスト出演されますし(ここではネタバレになるので役柄は詳しく説明できませんがw)、そういう海外ドラマ繋がりの話は、本当に楽しいですね。

そして、I understand if you... について。
動詞+if となる場合には、「〜かどうか」という意味になる場合も多いので、その見極めが難しいことにもなりそうですが、これについては、研究社 新英和中辞典に、

if
[間接疑問文を導いて] …かどうか
語法 (if)
ask, doubt, know, try, wonder などの動詞の目的語(間接疑問文)に用い、whether のように主節には用いない

という説明が載っていました。
つまり、動詞 ask, doubt, know, try, wonder に if が続いた場合は「〜かどうか」という意味だと判断すればよいだろう、ということになるのかな、と思います。
understand はそこには挙げられていないので、understand if の場合は「〜かどうか」ではない、と考えればいいんだろうな、と。

「If you…, I understand なら、すぐ理解できたのですが」というお話に関係するのですが、たまたま(本当に偶然に)、今日投稿した記事(このエピソードより随分先なので、ネタバレになりそうな方はご注意下さい!^^)の、
フレンズ9-10その1
http://sitcom-friends-eng.seesaa.net/article/417458348.html
に、if SV, I understand. の形、
if this is what you have to do, I understand. というセリフが出てきました。

ちょうど、こちらのコメント欄で、「If you..., I understand と同じようなことだと思う」と書いたばかりだったので、そのセリフを、フレンズ9-10 で発見した時は嬉しかったですね。あぁ、やっぱりこういう言い方もアリなんだ、、となると、if 節を後ろに持ってきたパターンが、この フレンズ5-4 のセリフ、という解釈でオッケーなんだろうと。

フレンズのように、長期間に渡るドラマのセリフを観察していると、「同じような言い回しだけど、微妙に異なる」ものが出てきて、それを比較することで、いろいろと勉強になるなぁ、と思います。せんごくさんにご質問いただけたおかげで、私もこのように嬉しい発見ができました。ありがとうございました!(^^)
Posted by Rach at 2015年04月17日 21:43
Rachさん、こんばんは。

ジョン・ステイモスさんの顔は知っていましたが、レベッカ・ローミンさんと結婚をされていたことがあったとは、アメリカ・ドラマの世界も狭いのでしょうか(笑)

そして、新英和中辞典でも、いろいろ調べて頂いたみたいで、有り難うございました。 おかげで、understand ifが出てきても、ほぼ迷わずに理解できると思います。

現在、シーズン9を解説しておられるのですね。 なかなか追いつけませんが、楽しまさせて頂き、進むとします。 Rachさんも、お元気にされ、貴ブログの発展をお祈りしています。
Posted by せんごく at 2015年04月18日 20:38
せんごくさんへ
お返事ありがとうございます。
違うドラマで同じゲスト俳優さんを見かけることも多いですし、狭いのかもしれませんね^^

understand if の件もありがとうございます。そう言っていただけて光栄です。

この記事を2010年に書いていた頃のことは、ついこないだのような気がするのですが、そうなんです、もうシーズン9なんですよね。
こうして今でも楽しく書き続けていられることは、本当に幸せなことだと思っています。温かいお言葉とても励みになります。ありがとうございます。
これからも頑張りますね!♪
Posted by Rach at 2015年04月20日 17:58
こんばんは。今TOEICの結果にしょんぼりしています。あとちょっとで900と思っていたのに…ここ数年でワーストでした。。。ガッカリ。。。対策を全くしていなかったからかな。。。でも来年も受けます。意地で900達成するまでは!!

ところで
Let's show them how it's done.
themって誰?って最初思ったんですが漠然とした人なんですね?日本語にはない表現?はなかなか掴みにくいです。最初ピヨちゃんたちかと思いました笑
Posted by K at 2015年12月15日 23:00
Kさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

点数が期待通りでなかったりすると、がっかりしてしまいますよね。やはり対策がモノを言うテストなので、「対策を全くしていなかった」ということは点数に表れてしまうのだろうと思います。来年、目標を達成されることを、心よりお祈りしています!

show them の them ですが、特に誰を指すということもない「漠然とした人」なんだろうな、と思うのですが、正直確信はありません(ですから、「ピヨちゃんたちのことではない」とも断言できない…笑)。改めて見てみても、この文全体が、とても漠然とした表現ですよねぇ。

「they, them って誰?」と言いたくなるような感じで、英語にはそういう漠然とした they/them などがちょこちょこ入るイメージがありますが、おっしゃるようにこういうものは「なかなか掴みにくい」と思います。具体的に「誰」を指しているわけではなくても、「漠然とした誰か」を頭の中でイメージしているために、言葉として they/them が出てくるわけなのでしょうから、そういうものが感覚として掴めるようになるといいなぁ、と思います。
Posted by Rach at 2015年12月16日 14:05
ですよねぇ。っていうかすごいところはモニカに見せつけるもんじゃないの?って思うのですが、モニカもOkって言ってるし、二人で見せつけてやろうぜ!ってことなんですよね〜。うーん、大和撫子にはわかりかねます笑!?
あと、そのあとのチャンドラーのこれはエッチの一部じゃないってどういうジョーク(笑いのポイント)なんでしょうか?私、チャンドラーが大好きなのですが彼のジョークの意図がわからない時があるんです。。。英語の質問でないのですが教えて頂けたら嬉しいです!
来年もFriendsとこちらのブログと共にTOEICも頑張ります☆
Posted by k at 2015年12月17日 21:14
kさんへ
お返事ありがとうございます。
おっしゃるようにこのセリフは「二人で見せつけてやろうぜ」という感じだと私も思っていて、それはつまり「二人のエッチがどんなに素敵なものか見せてやろうぜ」みたいなニュアンスだろうと思います。
今回のチャンドラーの話の持って行き方が、「君が俺とエッチしたいと思っているかどうかはともかく、二人でいると最高のエッチができるんだから、エッチしないとエッチに申し訳ない」みたいな感じだったので、「君(モニカ)に俺のすごいところを見せてあげるよ」ということではなく、「客観的にどんなにすごいものかということを(一般の人を想定して)二人で見せてやろうよ」と言った感覚なのかな、と思うのですね。

「エッチの一部じゃない」の件ですが、これは「相手に痛みを与えるようなことをする」ような「乱暴で激しい(ことで情熱的に思えるような)エッチ」の一部じゃないよ、と言ったのかな、と私は思ったわけです。たまたまモニカの頭をドアにぶつけてしまっただけで、わざとそうしたんじゃない、これから激しいエッチをしようとして、その導入部分として乱暴な動作をしたわけじゃない、みたいに言ったのかなぁ、と。
ワイルドな感じの男性なら、情熱の表れとしてそんな風に乱暴に始める人もいそうですが、チャンドラーのキャラ的にもそれは違うので(笑)、ワイルドなエッチをしようとして君の頭をわざと当てたんじゃないよ、と言ったということだと思いました。

Friends も TOEIC も頑張って下さいね。拙ブログが少しでもお役に立てるよう、私も頑張ります☆
Posted by Rach at 2015年12月18日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。