2011年02月09日

見ちゃいられないor見ないではいられない フレンズ5-15その5

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


今や公認の中となった、チャンドラーとモニカですが、女性との深い付き合い(commitment)が苦手なチャンドラーは、「モニカはもう結婚や出産のことで頭がいっぱいなんだろ」と言ってしまい、「私のことを全てわかっているかのように言わないで!」と二人は喧嘩になってしまいます。
その後、「喧嘩の修復方法を教えてくれたら、俺はその通りにするからさ」と言って、チャンドラーは仲直りしようとするのですが、「あなたの恋愛関係の指導役(relationship tutor)をするのはもうこりごりよ。どうすべきかは自分で考えて」とモニカは言います。
それからしばらく経った後、モニカの部屋に勢いよく入ってきたチャンドラーは、フレンズたちも見ている中、モニカを見つけて「話がある」と言います。
チャンドラー: Okay, I've been doing a lot of thinking about us, y'know a lot of uhh, "us" thinking. And uh, well I guess there's only one-one way to do this. (He slowly and awkwardly gets down on one knee.) (よし。俺はずーっと、俺たちのことをいっぱい考えてたんだ、ほら、「俺たち二人」のことをね。それで、その、これをするたった1つの方法があるって思うんだ。 [チャンドラーはゆっくり、そして、ぎこちなく片ひざをついてひざまずく])
モニカ: Wait what-wh-wh-what are you doing? (待って。何、何やってるの?)
チャンドラー: (getting out a ring box) Monica.... ([指輪の箱を取り出して] モニカ…)
モニカ: No-no, don't-don't-don't do it. (だめよ、だめ。そんなことしないで。)
チャンドラー: Will you marry me? (俺と結婚してくれる?)
(Phoebe hides her eyes in shame. Rachel is starring at them wide-eyed and open-mouthed. Joey and Ross are stunned to temporary silence.)
フィービーは恥ずかしくて目を覆う。レイチェルは目を見開いて、口をあんぐり開けて、二人を見つめている。ジョーイとロスは唖然として、一瞬沈黙している。)
ロス: Oh-no. No. No. (あぁ、だめだ。だめ、だめだよ。)
ジョーイ: What a bad idea! (ひどい考えだな!)
レイチェル: Ohhhh, I cannot look at it. (She doesn't move.) (あぁぁ、見ちゃいられないわ。 [レイチェルは動かない・かたまったまま])

「どうするかは自分で考えて」と言われたチャンドラーは、彼なりに考えた結果、何とプロポーズする、という行動に出ます。
女性の前にひざまずき、指輪の箱を開け相手に指輪を見せて、Will you marry me? と言うのは、プロポーズの時のお決まりのシーンですね。
ひざまずいた辺りから、もしかしてプロポーズするつもりじゃ…ということがわかったモニカは、焦って何とかそれを止めようとしています。
それを見ても、チャンドラーが一人、先走っていることがわかりますね。
傍で見ていたフレンズたちも、あまりの展開に驚きを隠せません。
チャンドラーのプロポーズを見た観客からも、オォ、というどよめき、さらにはキャーという歓声も上がっています。

こめかみ辺りを両手で押さえて口をあんぐりしていたレイチェルは、I cannot look at it. と言っているようです。
このセリフ、DVDの英語字幕では、I can't not look at it. と書いてあったのですが、ネットスクリプトでは、I cannot look at it. になっていて、実際の音声も I cannot look at it. と言っているように聞こえたので、上のセリフでも、ネットスクリプトの方を採用しました。

ちょっとここから細かい話になりますが、どちらが正しいと思うかについての意見を書かせて下さい。

その字幕をパッと見た場合、I can't not look at it. は、can't (すなわち cannot )の次に not を重ねて書いてしまったような、タイポ(タイプミス、字の打ち間違い)だと思えるのですが、セリフのような口語においては、I can't not look at it. と表現することで、「それを見ないなんてことはできない」→「それを見ずにはいられない」のような意味に解釈することも可能だと思います。
実際、チャンドラーがプロポーズする、というこの状況に対しては、「この展開から目が離せない! 見ないでいることなんて無理よ!」というセリフも成立するとは思うのですね。

ただ、I can't not look at it. と言いたいのであれば、否定語の can't の部分が強く発音され、I CAN'T not look at it. のような発音になる気がします。
(「君ならできるさ」と言いたい場合は、You can DO it. と発音し、「君にはできない」と言いたいならば、You CAN'T do it. と発音する・・・ということを考えると、上のセリフの場合も、CAN'T が強く発音されるはずではないか、と思うわけです)

ところが、実際の音声では、can't が強く発音されているようには聞こえない気がするので、can't not ではなく、やはり、cannot かなと思うのです。
I can't not look at it. のように、通常の文法ルールを無視したような特殊な言い回しであれば、余計にはっきりと、CAN'T not であることをはっきり発音すると思うのですね。
何度か聞いてみたのですが、やはり、cannot と言っているように聞こえるので、ネットスクリプトの記述が正しいと私は判断した、ということです。

レイチェルは手を目の横に置いて、二人の様子をじーっと見ながらそのセリフを言っています。
そのセリフの後、観客の笑い声(ラフ・トラック)も入っています。
実際のレイチェルの行動から考えると、レイチェルは二人から目が離せない状態なので、I can't not look at it. 「見ないでいることなんてできない」というセリフもあながち外れとは言い切れません。
また、I cannot look at it. 「見ることができない、見ちゃいられない」と言っているのであれば、「見ちゃいられない」と口では言いながら、手で目を覆うこともせず、二人に視線が釘付けになっている、その言動の不一致に対して、観客は笑っている、と考えることもできるでしょう。

私は、観客の笑い声は、「見ちゃいられない」と言いながら、しっかり見ているレイチェルの行動に笑っているのだろうと思いました。
She doesn't move. というネットスクリプトのト書きも、その前の行動、Rachel is starring at them wide-eyed and open-mouthed. から動きがない、ずっと二人を見つめたまま、であることを強調している気がします。
「見ちゃいられない」と言いながらも、その後、目を手で覆うとか、席を立つとかするでもなく、それまでと同じように、目を見開いたままじっと見ている、ということを She doesn't move. という表現で表しているのだと思いました。

もちろん、「見ないではいられないわ」という、回りくどい言い回し・セリフに笑った、という可能性ももしかしたらあるのかもしれませんが…。

ということで、DVD英語字幕はもしかしたらタイポかもしれない、でも、もしそちらが正しいのならばどういうニュアンスになるか?、そして、DVD字幕とネットスクリプトの2つのセリフ、話の流れ的にはどちらが正しいか、また、どちらがコメディー的に笑えるか、というような観点から、しつこい目(笑)に解説してみました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:02| Comment(2) | フレンズ シーズン5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
セブで医療の仕事と簡単な通訳をしているHiroと申します。

丁度2年前、NYで英語を勉強していた時、
よくフレンズを使っていたので懐かしく思い、コメントさせて頂きました。

最初は、本当についていけなくて泣きそうでしたが、
徐々にわかって来た時のうれしさや、実際にニューヨーカーが使う
フレーズがたくさん入っているので、いい教材だと痛感しました。
今後、色々拝読させて頂きます(mm)
Posted by Hiro at 2011年02月09日 18:27
Hiroさんへ
初めまして。ご訪問&コメント、ありがとうございます。

英語の勉強でフレンズを使っておられたのですね。そういう方にコメントをいただけると嬉しいです。

「徐々にわかって来た時のうれしさ」、私にもよくわかります。英語学習用教材ではないために、やはり難しい部分も多いですが、それだけにわかった時の喜びはひとしおですよね。
実際にNYで生活されていると、同じようなフレーズにもたくさん出会われたのだろうと思います。そういう経験をされると、より「フレンズを使った英語学習」に説得力が出てきますよね。

これからも頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by Rach at 2011年02月12日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。