2012年09月26日

もう少しで〜させるところだった フレンズ7-1その6

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


モニカはレイチェルに、「昔、太っていた友達(モニカのこと)が、自分より先に結婚するって事実があなたは我慢ならないのね、だから私のお株を奪おうとしてるのよ」と指摘します。
売り言葉に買い言葉で、「じゃあ、本当にあなたのお株を奪ってあげる」と言って、レイチェルはロスに「エッチしに行きましょう(Let's go have sex!)と言って、自分の寝室に向かいます。
嬉しそうに後に続いたロスでしたが(笑)、レイチェルはただ、モニカに「ロスとエッチしてる」と思わせたかっただけで、実際にはそういうことをする気は全くありません。
後を追ってきたモニカに問い詰められ、レイチェルは自分の気持ちを正直に語り始めます。
レイチェル: Because! Because I was sad. (だって! だって私は悲しかったのよ。)
モニカ: What do you mean? (どういう意味?)
レイチェル: Look, I am so... so happy for you guys. But you getting married just reminds me of the fact that I'm not. I'm not even close. And I don't know, maybe I just wanted to make myself feel better. And I know that that's dumb, but, oh my God, you were so depressed when Ross got married, you slept with Chandler! (ねえ、私はすごく…すごくあなたたちのことを喜んでるわ。でも、あなたが結婚することで、私は自分が結婚する予定がない、という事実を思い出しちゃうの。私はもうちょっとで結婚するってことすらない。それで、わからないけど、多分、私は、自分の気持ちを良くしたかったのね。そんなの、ばかなことだってわかってるけど、でも、ああ、あなた(モニカ)もすごく落ち込んだでしょ、ロスが結婚する時に。あなただってチャンドラーと寝たじゃない!)
(Ross looks at Chandler.)
ロスはチャンドラーを見る。
チャンドラー: (To Ross) I don't care, she slept with me. ([ロスに] 構わないよ、彼女は俺と寝たんだから。)
レイチェル: Anyway, sweetie, I am, I'm so sorry I ruined your night. (とにかく、ハニー、私は、私はとっても申し訳ないと思ってるわ、あなたの夜を台無しにしたことを。)
モニカ: (starting to cry) I'm sorry I almost made you sleep with Ross. (They hug.) ([泣き出しそうになって] 私もごめんなさい。もうちょっとで、あなたをロスと寝させるところだったわ。[二人はハグする])
ロス: (deadpan) Well, I'm going to take off. (To Chandler) Congratulations, man. ([無表情で] そうだな、僕は行くよ。[チャンドラーに] おめでとう。)
チャンドラー: Thanks. (ありがと。)
ロス: (at the door) And uh, Rachel. ([ドアのところで] それで、あー、レイチェル。)
レイチェル: Yeah. (ええ。)
ロス: What can I say? You missed your chance. From now on the only person who's going to enjoy these bad boys (holds up his hands) is me. (Quickly realizes what he said and exits disgustedly.) (何て言えばいいのかな[言葉もないよ]。君はチャンスを逃したんだ。これから先は、このバッドボーイズを [と言って、自分の手を掲げる] 楽しめる[味わえる]のは僕だけだよ。[自分の言ったことにすぐに気付いて、気分を害して部屋を出る])

ロスとキスしたりした理由を、レイチェルは、Because I was sad. 「だって私は悲しかったから」と説明しています。
もちろん、あなたたち二人のことは祝福してるし喜んでるけど、と言った後、you getting married just reminds me of... と言っていますね。
このセリフを直訳すると、「あなたが結婚することは、ただ、私に、I'm not であるという事実を思い出させる」になります。
I'm not は、I'm not getting married 「私は結婚しない、結婚する予定がない」ですね。
モニカが結婚することで、自分は結婚する予定がないことを、改めて思い知らされた、みたいなことでしょう。
I'm not even close. の close は「近い、惜しい」という感覚ですね。
私は、結婚までもうちょっと、もうちょっとで結婚できる、というところにさえいない、みたいなニュアンスです。

わからないけど多分、と言いながら、自分を feel better にしたかったと言っていますね。
元カレのロスと、いちゃついたりすることで、幸せな楽しい気分に浸りたかった、みたいなことでしょう。
dumb は「愚かな、ばかな」。
そんな風に元カレのロスと戯れ(たわむれ)たりするのはバカなことだってわかってるけど、と言いながら、「モニカも(兄さんの)ロスが結婚する時に落ち込んで、チャンドラーと寝たりしたじゃない」とも言っています。
落ち込んだりした時に、そういうことに走っちゃうのは、何も私だけに限ったことじゃないでしょ、と言いたいようですね。

どことなくレイチェルの言い方が、「落ち込んだから、(しょうがなく)チャンドラーと寝た」みたいにも聞こえるので、ロスは隣にいるチャンドラーを「こんなこと言われちゃってるよ」みたいな顔で見ています。
チャンドラーは全く動じず、「別に俺は(何て言われようと)構わないよ。モニカは俺と寝たんだから」と言っていますね。
俺はモニカと寝られたんだし、モニカが他の男と寝たわけじゃないし、俺にとっては理由なんか別にどうでもいいさ、結果オーライだよ、みたいなことでしょう。

レイチェルが正直な気持ちを話したので、モニカも怒りが消えたようです。
「あなたの(大切な)夜を台無しにしちゃってごめんなさい」と謝るレイチェルに、モニカは「あなたをもう少しでロスと寝させるところだった、ごめんなさい」と詫びていますね。
これまでのフレンズでも何度も出てきましたが、「almost+過去形」は、「もう少しで〜するところだった」という意味になります。
実際にはそうしなかった、そこまでは行かなかったけれど、あとちょっとでそうなってしまうところだった、みたいなニュアンスが almost 「ほとんど」という単語から感じ取れますよね。
make you sleep の make は使役動詞で「(強制的に)〜させる」というニュアンスがあります。
このように、使役動詞 make を使うと、「レイチェルはロスとなんか寝たくなかっただろうに、私がムキになったせいで、(あなたの意に反して)ロスと寝ることに追い込むところだった」みたいな感じに聞こえます。
これはある意味、「モニカだってチャンドラーと寝たじゃない」発言よりも失礼な感じで、そう言われたロスを見ると、目が死んでいます(笑)。
「あなたの手が好きだったわ」とかさんざんその気にさせられた後での、この言われように、ロスは「もう僕は退散するよ」みたいに部屋を出て行こうとします。
が、ドアのところで振り向いて、捨て台詞のようなものを言っていますね。

What can I say? を直訳すると、「僕は何て言える?」みたいなことですが、ここでは「何て言ったらいいか、言葉もないよ」みたいなニュアンスでしょう。
その後に、You missed your chance. という文も続いていますので、「全く残念だったねぇ〜、君はチャンスを逃したんだ」という感じでしょうね。

From now on 以下の文章はちょっと長いですが、文の構造を単純化すると、the (only) person is me 「(唯一の)人は僕だ、〜するのは僕だけだ」と言っていることになります。
ト書きのように、自分の手を見せていることからもわかるように、these bad boys は、ロス自身の手のことですね。
enjoy は「〜を楽しむ、味わう」。
結局、ロスとは寝ないまま終わってしまったレイチェルに対して、「君が僕と寝ることを拒んだせいで、君が好きだと言った僕のこの手を、君はもうこれから先、楽しめないんだよ。まったく君は、もったいないことをしたよ」みたいに言いたいわけですが、そのロスのセリフが、「僕のこの手を楽しめるのは、今後、僕だけしかいない」みたいな表現になっているので、ロスが一人でそういうことをする、ということを示唆しているように聞こえてしまうわけです。

勝ち誇ったように、「君は僕のこの手を味わえなくて残念だねぇ」と言ってみせたつもりだったのに、自分の言った内容が、却ってみじめに聞こえてしまうことに気付いた、というオチになる、ということですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 15:50| Comment(2) | フレンズ シーズン7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rachさん、こんばんわ。

ジェニファー・アニストンが出ているCMなんですけど、もう見ましたか?
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/pae192bd55236e668ded5e8a4cb28cda9

コミカルで面白いですね。(^^)
でも、海外のCMって長いですね。
Posted by しゅぺ at 2012年09月26日 20:12
しゅぺさんへ
コメント、ありがとうございます。

「Yahoo! Japan 映像トピックス」で紹介されているんですね。このCMは全く知りませんでした。教えていただき、ありがとうございます。:-)

おっしゃるように実に長いCMですが、すごく凝った面白い映像ですよねぇ(お腹とか髪の毛とか…笑)。
こういうジェニファーの姿を見れたのがとっても嬉しかったです。

楽しい情報、ありがとうございました!
Posted by Rach at 2012年09月28日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。