2015年12月04日

あっちの壁の受け持ちがいない フレンズ10-1その2

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」も4位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


チャンドラー、モニカ、フィービーたちは、壁を挟んだ隣の2部屋で、ロスとチャーリー、レイチェルとジョーイがそれぞれキスしているのを盗み聞きしています。
その後、レイチェルとジョーイの部屋のシーンとなります。
(Rachel and Joey's)
レイチェルとジョーイの部屋。
レイチェル: Hey, you know, before you said that nothing could happen between us. What changed? (ねぇ、ほら、前には、私たちの間には何も起こらないってあなたは言ったでしょ。何が変わったの?)
ジョーイ: Well, I only said that because of Ross, you know. And then I saw him kissing Charlie. (うーん、俺はただ、ロスのことでそう言っただけなんだ。その後、彼がチャーリーとキスしてるところを俺は見たんだよ。)
レイチェル: What? Ross and Charlie? (Joey nods) Wow! She's really making her way through the group, huh? Eh, who am I to talk? (何ですって? ロスとチャーリー? [ジョーイはうなずく] わぉ! チャーリーは本当に、グループに入り込もうとしてるのね。えへ、私って何様かしらね?)
ジョーイ: Yeah. (そうだね。)
(Chandler and Monica's)
チャンドラーとモニカの部屋。
モニカ: I can't believe this. Rachel and Joey? (こんなの信じられないわ。レイチェルとジョーイが?)
チャンドラー: How about the dinosaur twins in the other room? No one is manning that wall! (もう一つの部屋の恐竜好きの似た者同士はどうなんだよ? 誰もあの壁を受け持ってないぞ[あの壁には誰も配置されてないぞ]!)
モニカ: I'm on it! (私が行くわ!)
チャンドラー: Anything? (何か(聞こえる)?)
モニカ: I think I hear curtains closing. (カーテンの閉まる音が聞こえる気がする。)
フィービー: We've got shoes being kicked off over here. (こっちは、靴が投げ飛ばされてるわ。)

before you said that nothing could happen between us. は、「以前にあなたはこう言った。私たちの間には何も起こりえないと」みたいな感じですね。
そう言ったのに、また戻ってきて、私にキスしたのはどうして? 何が変わったの、どういう変化があったの? と尋ねていることになります。

ジョーイは、「俺はただ、ロスのことで(ロスのことが理由で)そう言っただけなんだ」と言って、「その後、俺はロスがチャーリーとキスしてるところを見たんだ」と説明します。
「ロスとチャーリーがキス」と聞いて、レイチェルは驚いていますね。

She's really making her way through the group, huh? の make one's way through は「〜の間を進む」という感覚ですね。
DVDの日本語訳では、「わぁ、彼女、本気でグループに入る気ね?」と訳されていましたが、まさにそういうニュアンスだろうと思います。
フレンズ6人のこのグループの中に、彼女も入るつもりなのね、というところでしょう。

そう言った後、レイチェルは、who am I to talk? と言っていますが、直訳すると、「(そんな風に)話している私って誰?」みたいになるでしょうか。
DVDの日本語訳では「私、何様(なにさま)?」と訳されていましたが、ロスに接近して、フレンズたちのグループにも入りかけていることをちょっとあきれた感じで言ってしまったけれども、私もそんなことを言えた義理じゃないわよね、私も人のことをえらそうには言えないわよね、チャーリーと別れたばかりのジョーイと、私も今こうしてキスしてるんだから、、みたいに言った感覚になるのだろうと思います。

次にカメラは、チャンドラーとモニカの部屋に移ります。
モニカが「レイチェルとジョーイがくっつくなんて、信じられない」と言うと、チャンドラーは、もう一つの部屋の the dinosaur twins はどうなんだよ?(あれだって、同じくらい信じられない、驚きのカップルだろ!)」みたいに言っていますね。
twins は「双子」ですが、「似た者、似た人」という意味もあります。
ですから、「恐竜が好きな、似た者同士の二人」という意味で、ロスとチャーリーのことを the dinosaur twins と言っているのですね。

No one is manning that wall! は、is manning という現在進行形になっていることからわかるように、man は動詞(他動詞)として使われています。
man は名詞で「人」という意味であることから、動詞では「(任務のため)人(人員)を(部署に)配置する」「〜を受け持つ」という意味になります。
「こっちの部屋では、レイチェルとジョーイが!」とフィービーが言ったので、部屋にいる3人全員が、レイチェル&ジョーイ側の壁に移動してしまったので、ロス&チャーリー側の壁をモニターしている人が全くいない、と言っているわけですね。

それを聞いたモニカは、I'm on it! と言って、ロス側の壁に走って行きます。
I'm on it! は「私がそれを受け持つ、担当する」のような感覚ですね。

チャンドラーが、「何か聞こえる?」と言うと、モニカは、「カーテンが閉まるのが(閉まる音が)聞こえる」と言い、フィービーは、「こっちでは、靴が投げ飛ばされてるわ」と言います。
We've got shoes being kicked off over here. は、We have shoes being kicked off over here. ということですね。
kick off は「蹴る+分離」ですから、「靴を蹴って脱ぐ」ということ。
have+目的語+ -ing 形 は、「目的語が〜している状態を持つ」→「今、目的語が〜している状態であるという状況に、我々はいる」と言っていることになります。
その -ing 形が、being kicked off のように「受動態の進行形」になっているので、少し構造が複雑になっていますが、くどいくらいに直訳すると、「こちら側では、靴が蹴って脱がされているという状況である」と言っていることになるわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 17:49| Comment(0) | フレンズ シーズン10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。