2016年08月26日

太陽よりも輝く髪の毛の男性 フレンズ10-17その5

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は4位、「にほんブログ村」は6位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


ロスはフィービーに「よりを戻したいというあなたの気持ちをレイチェルに伝えるべきよ。そうしたら気が変わって、パリに行かないかもしれない」と説得されます。
その後、レイチェルがセントラルパークに入ってきて、少しの会話の後、レイチェルがカウンターの方に行っている間、
ロス: Alright. You know what? You're right. I should at least tell her how I feel. (わかったよ。ねぇ、フィービーは正しい。せめて(とにかく)僕は自分の気持ちをレイチェルに言うべきだ。)
(He stands up.)
ロスは立ち上がる。
ジョーイ: Ross. Wait, wait! (ロス、待って、待って!)
ロス: What? What? (何? 何?)
ジョーイ: Could you get me a muffin? (俺にマフィンを取ってきてくれる?)
(Ross walks up to Rachel, but Gunther gets there first.)
ロスは歩いてレイチェルに近づく、が、ガンターがそこに先に来る。
ガンター: Rachel? (レイチェル?)
レイチェル: Yeah? (はい?)
ガンター: I... I know you're leaving tonight, but I just have to tell you. I love you. (僕は、君が今夜旅立つことは知ってるんだけど、でもただ君に言わなくちゃ(と思って)。僕は君を愛してる。)
(Ross is shocked.)
ロスはショックを受ける。
ガンター: Now, I don't know if that changes your plans at all. But I thought you should know. (ほら、そのこと(僕が今の言葉を言ったこと)で君の予定が少しでも変わるのかどうかはわからないけど。でも君に知っておいて欲しいと思ったから。)
レイチェル: (touched) Gunther... Oh... I love you too. Probably not in the same way. But I do. And, and when I'm in a café having coffee, or I see a man with hair brighter than the sun, I'll think of you. Aw. ([感動した様子で] ガンター、、 あぁ… 私もあなたを愛してるわ。多分、同じようにではないけれど。でも愛してる。そして、私がコーヒーを飲みながら(パリの)カフェにいる時、または太陽よりも輝く髪の毛の男性を見る時、私はあなたのことを考えるわ。あぁ。)
(She kisses him on the cheek and looks over at the others.)
レイチェルはガンターの頬にキスして、他の人の方を見る。
レイチェル: Oh... Bye, you guys. (あぁ… さよなら、みんな。)
フィービー: Bye. (さよなら。)
(Rachel leaves.)
レイチェルは去る。
ロス: Oh, my God! (なんてこった!)
フィービー: Unbelievable! (信じられないわ!)
ジョーイ: Hey, you know what might help? (なぁ、今、助けになるかもしれないのが何かわかる?[今、何をしたらいいと思う?])
ロス: I'm not getting you a muffin! (僕はお前にマフィンを取って来ないぞ!)

セントラルパークに入ってきたレイチェルがカウンターに向かったので、ロスはフィービーに、「フィービーが言ったことは正しい。せめて僕は自分の気持ちをレイチェルに言うべきだ」と言います。
そうやって立ち上がったロスに、ジョーイは「ロス、待って待って」と呼び止めます。
これからレイチェルに気持ちを伝えようとする時に、わざわざ呼び止めたので、「頑張れよ」という励ましか、もしくは何らかのアドバイスでもするかのように感じられる行動です。
ロスもそういうことを期待したらしく、「何、何?」と興味深そうに耳を傾けるのですが、ジョーイが言ったのは、「俺にマフィン(を1個)取ってきてくれる?」でした。
レイチェルに話すためにカウンターに行くのなら、ついでにマフィンもらってきてくれよ、と頼んだわけですね。
ロスはそれには返事せず、ムッとした様子でカウンターに向かうのですが、ロスがレイチェルに近づこうとした際、奥からガンターが歩いてきて、ロスより先にレイチェルに声を掛けます。

ガンターは、「君が今夜(パリに)発つのは知ってるんだけど、ただ君に言わなくちゃいけないと思って」と言い、少し間を置いた後、レイチェルの顔をまっすぐ見て、I love you. と言います。
それを見たロスは驚きの顔をして、ジョーイやフィービーと顔を見合わせています。
「僕の気持ちをレイチェルに言うぞ」とロスは意気込んでいたのに、ガンターに先を越されてしまったのでショックを受けているわけですが、先を越されたこと以上に、ガンターの言葉が、I love you. というダイレクトで強い言葉だったことが、ロスには余計にショックだったことでしょう。
ずっと前からレイチェルのことが好きで、その一途な気持ちがこれまでの言動の端々に表れていたガンターでしたが、最後の最後のお別れの時になって、照れることなくまっすぐレイチェルの目を見て告白した、というのは、「昨夜レイチェルとベッドまで共にしたのに、肝心の自分の気持ちをレイチェルに伝えることができておらず、フィービーたちに説得されてやっと今、決死の覚悟で気持ちを告げようと向かった」というロスとは対照的な姿だと言えますね。
準レギュラーとして、フレンズ6人の次に出演回数が多かったガンターですが(出演したエピソードは 150回)、最後のフィナーレで良い出番があって良かったね、と感じたファンは多かったかもしれませんね。

I don't know if that changes your plans at all. を直訳すると、「そのこと(僕が君を愛してると告白したこと)が君の計画(パリに行くこと)を少しでも変えるかどうかはわからないけど」。
僕がこんな告白をして、君のパリ行きの予定が変わる、パリに行かなくなるなんてことが起こるかどうかはわからないけど、ということですね。
そう言った上で、「君が僕の気持ちを知っておいた方がいいと僕は思ったから(告白した)」と言います。
今そばでそれを聞いているロスも、「結果がどうなるかわからない、それでレイチェルを引き留められるかどうかはわからないけど、とにかく今は自分の気持ちを伝えなきゃ」という気持ちでレイチェルに告白しようとしていたので、そういうことまで含めて全く同じことを、先にガンターに言われてしまったことになります。

ガンターからのまっすぐな告白を聞いたレイチェルは感動した様子で、「あぁ、私もあなたを愛してるわ」と言います。
その後、Probably not in the same way. 「多分、同じようにではないけれど」とちゃっかり付け足すことで、「あなたが私を女性として愛しているように、私はあなたを男性として愛しているわけじゃないけれど、男女の恋愛関係として I love you too. と言ったわけじゃないけれど」というのを念押ししているのもレイチェルらしいですね。
そうは言いながらも、But I do. 「でも(本当に)あなたを愛しているわ」と言っているのは、さよならのこの時にガンターが告白してくれたことをレイチェルが嬉しく感じていることを表していることになるでしょう。

その後、「(パリの)カフェでコーヒーを飲んでいる時、または太陽よりも輝く(太陽よりも明るい、鮮やかな色の)髪の毛の男性を(パリで)見る時、あなたを思う、思い出す」と言っているのも面白いですね。
コーヒーハウスでいつもコーヒーを入れてくれていたガンターなので、「コーヒーと言えばガンターを思い出す」ということ、さらに、ガンターの銀髪は確かに「太陽よりも輝く」という表現がぴったりなので、パリで輝く髪の毛の色の人を見たらあなたを思い出すわ、あなたを思うわ、と言ったわけですね。
レイチェルはガンターの頬にキスをして、「今ガンターはこんな素敵な言葉を言ってくれたわ」というように、ロスたちの方を見ます。
ガンターからの告白に感動した様子のまま、フレンズたちには「さよなら」と言っただけで、レイチェルはセントラルパークを出て行きます。
告白しようとしていたロスは、Oh, my God! と言うしかありません。
茫然とするロスに、ジョーイは、Hey, you know what might help? と声を掛けます。
直訳すると、「なぁ、何が(今ここで)助けになるかもしれないかわかるか?」ということですね。
何も考えられない、何も行動できずに固まっているロスに、「今、何したらいいと思う? こうすればいいんだよ」のようにアドバイスしたような発言に聞こえますが、ジョーイの意図に気づいたロスは、「ジョーイは”今ロスがやるべきことはこれだよ”と言うつもりだろ」という気持ちを込めて、「僕は(お前が頼んでた)マフィンをお前のために取って来たりしないからな!」と先に言うことになります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:25| Comment(0) | フレンズ シーズン10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。