2016年12月22日

カウチの上でクラッシュ フレンズ1-1改その36

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は7位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


19:22
(A PAUSE)
ロス: The word you're looking for is: "Anyway...." (君が探している単語は… 「とにかく…」)
モニカ: All right. You ready? (よし。準備はいい?)
レイチェル: I don't think so. (無理よ。)
ロス: Oh. C'mon. Cut, cut, cut... (あぁ、頑張れ。カット、カット、カット…)
みんな: Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut... (SHE CUTS THEM ALL UP. THEY CHEER) (カット、カット、カット… [レイチェルは全部のカードをカットする。みんなは喝采する])
みんな: Hey! Yay! (ヘイ! イェイ!)
モニカ: Welcome to the real world! It sucks. You're gonna love it! (現実の世界にようこそ! 最低だけど、あなたは(きっと)好きになるわ!)

ママが自殺し、一緒に暮らしていた彼も自殺し、、というフィービーの壮絶な経験を聞かされて、茫然としているレイチェル。
その様子を見ていたロスは、「君が探している単語は、Anyway...」みたいに言っています。
anyway は「とにかく」というニュアンスで、それまでと話題を変える機能がありますから、それはそれとして、その話はいったん終えて、とにかく私が言いたいのは、、、のように、「今聞いた話はなかったかのように、次の話を言いたい気分だろうね」という感覚で、Anyway という言葉を出したのでしょう。

モニカは You ready? と言っていますが、これは、Are you ready? または You are ready? の be動詞 are が抜けた形ですね。
How you doing の時にも説明しましたが、口語のセリフではこのように、be動詞が抜けることが非常に多いです。
I don't think so. は「私はそうは思わない」ですから、「準備いい?」に対して、「私は準備がいいとは思わない。自分の心の準備ができてるとは思えない」→「まだ無理、だめ」と言っていることになります。
ですが、みんなに Cut, cut! と連呼され、カードを切らざるを得ない状況になり、レイチェルは辛そうな顔をしながら、ハサミでカードを切っていきます。

みんなが拍手喝采した後、モニカは立ち上がり、レイチェルを横から抱きしめて、「現実の世にようこそ!」と言っています。
親から自立すると言いながら親のカードで買い物をするような「都合のいい、夢のような世界」ではなく、自分の力で生きて行かないといけない現実世界にようこそ、ということでしょう。
suck は「最低だ、ひどい」という意味の自動詞。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
suck: BE BAD [intransitive] (spoken, informal) to be very bad
例) The food there sucks.

つまり、「(口語、インフォーマル) 非常に悪いこと」。例文は「あそこの食べ物は最低だ」。

You're gonna love it! は「あなたはそれを好きになるわ」ですから、「現実の世界っていうのは最低なもの(ひどいもの)だけど、でもきっと好きになるわよ」という感覚ですね。


19:50
(CUT TO SAME SET. MONICA, RACHEL AND ROSS HAVE JUST FINISHED WATCHING A FILM)
同じセットに画面がカット。モニカ、レイチェル、ロスがちょうど映画を見終えたところ。
モニカ: Well, that's it. (よし、ここまでね[これで終わりね]。)
レイチェル: (TO ROSS) You gonna crash on the couch? ([ロスに] カウチの上で寝る?)
ロス: No. No, I gotta go home sometime. (いや。寝ないよ、そのうち、家に帰らないと。)
モニカ: You be okay?(→訂正:You'll be okay? 訂正ここまで)((これから)大丈夫?)
ロス: Yeah. (ああ。)

That's it. にはいろいろな意味がありますが、テレビ放映終了の音楽が流れているので、ここでは「それでおしまい」という感覚。
You gonna crash on the couch? の crash on the couch は「カウチ(ソファ)で寝る」。
crash は「クラッシュする、衝突する、墜落する」という意味ですが、「(ある場所に一時的に)泊まる、寝る」という意味もあります。
LAAD では、
crash : SLEEP [intransitive] (spoken)
a) to stay at someone's house for the night, especially when you have not planned to
b) also crash out
to go to bed, or to go to sleep very quickly, because you are very tired

つまり、a) は、「誰かの家で一晩を過ごす、特に予定していなかった時に」。b) は、「寝ること、もしくはすぐに眠ること、非常に疲れているために」。

a) が「泊まる」で、b) が「寝る」の意味ですね。
テレビ放送が終わるまでカウチに座っていたので、眠いならこのままカウチの上で寝ちゃう? と尋ねたことになります。

sometime は「(過去または未来の)いつか」「(未来の)そのうち、近々」。sometimes 「時々」と間違えないようにしましょう。
そのうち家に帰らないといけないし、カウチで寝込んじゃったらまずいから起きるよ、ということを言っていることになるでしょう。

その後のモニカのセリフ、"You be okay?" について。
このセリフは、ネットスクリプトでは You be okay? と表記されていて、実際の音声も You be okay? と言っているように聞こえます。
また、DVD英語字幕では、Are you gonna be okay? となっており、Netflix では、You going to be okay? と表記されています。
DVD や Netflix の表記のように、このセリフには、be going to / be gonna のニュアンスが入っていると考えられるでしょう。
今の相手の状態を尋ねる場合だと、You are okay? または、Are you okay? になりますが、その場合は、軽く発音される be動詞の are が省略されて、You okay? という形になることが多いです。
この記事の前半で解説した You ready? も、この be動詞の are が省略された形に該当しますね。

You be okay? というのは、一見すると、You are okay? のことのように思いますが、You are okay? の場合は are を省略するのが普通で、「are を、なんとなく(笑)、原形の be に変えちゃう」というようなことはしません。
「わざわざ be の形で be動詞が入っている」というのは、「何かが省略されて be が残った」という感覚になるでしょう。
原形の be が残るというのは、未来を表す be going to のような to が入る言葉が省略されたと考えるのが自然で、DVD や Netflix にあるような Are you gonna be okay? / You going to be okay? の意味になるだろう、ということです。
「今、大丈夫?」と聞いているのではなく、そのうち家に帰らないと、とロスが言っていることに対して、「帰るって言ってるけど、これから(一人で)大丈夫?」みたいに、この先、今後のことを心配して言っている感覚になるだろうということですね。
(2018.2.21 追記)
"You be okay?" と表記されているセリフは "You'll be okay?" ではないかとのご指摘をコメント欄で頂戴しました。
音声を再確認してみたところ、ご指摘のように "You'll be okay?" と発音されているようです。
下のコメント欄に訂正と追加説明がありますので、詳しくはそちらをご覧下さい。
(追記はここまで)


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:23| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーズンワンの1-1の1番最初19:59あたり
You gonna crash on the couch?
No,I gotta go home sometime.
のあとが、You be okay?となってるんですが、僕にはyou'll be okay?に聞こえます。
なので、you are gonna be okay?が字幕に出るんじゃないですかと思ったんですかどうですか??
Posted by 西 恭平 at 2018年02月21日 13:39
西 恭平さんへ
コメントありがとうございます。

コメントを頂戴した後、私も音声を再確認しました。ご指摘の通り、You'll be okay? と言っているように聞こえますね。
上の記事にも追記で訂正を入れさせていただきました。貴重なご指摘に感謝です。

このセリフの表記は、

ネットスクリプト: You be okay?
DVD: Are you gonna be okay?
Blu-ray: Are you gonna be okay?
Netflix: You going to be okay?

となっていました。
DVD, Blu-ray, Netflix に出ている通り、be gonna / be going to という未来のニュアンスが感じられるセリフですが、ネイティブがディクテーションしているネットスクリプトで、それを”敢えて” You be okay? と表記していることに何か意味がある気がして、記事中では、You are okay? との比較で、are ではなく 原形の be を使っている意味について話を進めてしまいました。

シンプルに You'll be okay? だと考えれば良かったわけですね。
音声もちゃんと確認したつもりだったのですが、確認不足だったようです。

貴重なご指摘ありがとうございました!
Posted by Rach at 2018年02月21日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。