2017年10月20日

G.ステファノプロス フレンズ1-4改その22

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は6位、「にほんブログ村」は8位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


14:29
ピザ屋: Wait, you're not G.Stephanopoulos? Oh, man. My dad's gonna kill me! (待って、そちらは G.ステファノプロス(ステファノポロス)さんじゃない? あぁ、なんてこった、親父に殺される!)
モニカ: (LEAPS THE COUCH AND RUNS UP) Wait! Did you say G.Stephanopoulos? ([カウチから飛び上がって走ってくる] 待って! あなた今、G.ステファノプロスって言った?)
ピザ屋: Yeah, yeah. This one goes across the street. I must have given him yours. Oh, bonehead! Bonehead! (えぇ、えぇ。このピザは通りの向こうへ配達する分です。その男性にあなたたちのピザを渡してしまったに違いない。あぁ、バカ、バカ!)
モニカ: Wait, was this a-a small Mediterranean guy with curiously intelligent good looks? (待って、この人って、小柄な地中海の男性で、驚くほど知的な美形の人?)
ピザ屋: Yeah, that sounds about right. (そうですね、当たってるって感じです。)
モニカ: Was he, was he wearing a stunning blue suit? (彼は、彼は目の覚めるような(素敵な)青いスーツを着てた?)
フィービー: And-and a power tie? (それに、パワータイをしてた?)
ピザ屋: No, pretty much just a towel. (いいえ、ほとんどタオル1枚だけでしたよ。)
モニカ: (STAGGERED) Oh, God! ([よろけて] あぁ、なんてこと!)

届けたピザが注文と違うことがわかって、配達の男性は「そちらは G.ステファノプロスさんじゃない?」と確認した後、親父に殺される、と嘆いています。
モニカはその名前を聞いて、慌てて飛んできます。

This one goes across the street. を直訳すると「このピザは通りの向こう側に行く」ということですから、「このピザの配達先は通りの向こう側である」ということですね。
I must have given him yours. は「僕は彼に、あなたたちのピザを渡した[渡してしまった]に違いない。」
must+have+過去分詞で「…したに違いない」という過去の強い推定を表します。

bonehead は「バカ」。まさに bone(骨)+head(頭)で、「頭の中が骨だけで脳のない人、ばか者」という意味。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
bonehead : (informal) a stupid person
つまり「愚かな(ばかな)人」という意味のインフォーマルな表現ということですね。

モニカはピザを間違って渡してしまったという相手の男性について、配達人に尋ねます。
G.Stephanopoulos はその後のセリフで、George Stephanopoulos 「ジョージ・ステファノプロス」という名前の人だとわかりますが、これは実在の人物です。
ステファノポロスと表記されることもありますが、ステファノプロスと表記されることが多いようですね。
英語の発音では、ステファプロスのノの部分にアクセントがあります。
Wikipedia 日本語版: ジョージ・ステファノプロス
Wikipedia 英語版: George Stephanopoulos
英語版の方が(当然ながら)情報は詳しいです。
ビル・クリントンの政治アドバイザーを経て、ABCニュースでブロードキャスター、特派員などをつとめ、現在では、ABCニュースの news anchor(ニュース番組のアンカーマン、メインキャスター)として、This Week With George Stephanopoulos という番組も持っているという有名人です。
This Week With George Stephanopoulos : ABC News

Mediterranean は「地中海の、地中海沿岸出身の」。Mediterranean Sea は「地中海」。
curiously intelligent good looks は「不思議なほど知的な美しいルックス」ですから、「驚くほど知的なイケメン」みたいな褒め言葉ですね。
この人物はアメリカ生まれなのですが、ギリシャ系なので、モニカは地中海という表現を使っていることになります。
small 「小柄な」と言っていますが、IMDb : George Stephanopoulos によると、
Height: 5' 5" (1.65 m)
とのことなので、アメリカ人としては確かに小柄ですね。

about right は「大体正しい」なので、That sounds about right. は「大体合ってるって感じです。まあそんなところです」といった意味。

stunning は「魅力的な」。
stun は他動詞で「人を気絶させる」。stun gun 「スタンガン」(電気ショックで人を気絶させる銃)というのもありますね。
また「人がぼうっとなるほど驚かせる、唖然とさせる」という意味もあります。
そこから、stunning は「びっくりするほど唖然とするほど素晴らしい、魅力的な」という意味になります。
はっとするほど魅力的なブルーのスーツを着てた? という質問で、その有名人である彼はそのような服装をしているイメージがある、ということになるでしょう。

power tie は、自分に力があるように見せるために、強さを象徴するようなネクタイのこと。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) では、
a power tie/suit etc. : a piece of clothing that makes you look important or confident
つまり、「自分を重要に見せる、または自信があるように見せるような衣料品(ネクタイやスーツなど)」

一般的にパワータイと言うと「真っ赤なネクタイ」がイメージされることが多いようですが、鮮やかな青色などの場合もあります。
ぼんやりした色ではなく、強くくっきりした色使いのネクタイを使うことで、パワー・強さを表現しているわけですね。
"power tie" で画像検索すると、たくさんの赤のネクタイ、そして時折、青のネクタイもヒットします。

pretty much は「だいたい」、just a towel は「タオル1枚だけ」。
モニカたちは、ABCニュースのアンカーという彼の普段のイメージから、「青いスーツにパワータイ」というビシッと決めた姿を想像したわけですが、ピザを届けた時の彼は「だいたい、タオル1枚だけ、って感じ」だったことがわかります。
それを聞いたモニカは、クラッとしたようによろけていますね。
それまでのモニカの発言から、ステファノプロスのことを素敵な男性だと思っていることがわかる通り、あの素敵な男性がタオル1枚だけの姿だなんて! と想像してモニカはクラクラしているわけですね。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 14:37| Comment(4) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rachさん、こんばんは。

西宮セミナーのご成功およびDIMEの記事掲載、おめでとうございます。(^^)

西宮のセミナーへは貴著にサインをいただきに上がりたかったのですがあいにく都合がつかなくて残念無念です。

ところで今日、NHKの「世界へ発信!英語術」の記事「FBI前長官 トランプ大統領を批判」
http://www.nhk.or.jp/snsenglish/news/n180424.html

を見ていたら

>(George Stephanopoulos / ABC News)

とあって思わず「G.ステファノプロスさんだ!」と喜んだのも束の間、インタビューに入るや「このニュースは都合により音声のみご利用いただけます。」となってご本人のお姿を拝見することが出来ませんでした。

それにしてもボキャ貧と揶揄されるトランプ大統領も罵り言葉となると強いんですね。アカデミックなボキャブラリーには縁がなくても下ネタにはめっぽう強いジョーイと共通点が・・・(^^;)

いろいろ繋がってくると楽しいです。

では。
Posted by aki-kiyo at 2018年04月24日 20:32
aki-kiyoさんへ
こんにちは。セミナーと記事掲載についての温かいお言葉、誠にありがとうございます♪
ご都合がつかなかったとのこと、お会いできなかったことは私も大変残念ですが、セミナーへの参加を検討して下さっていたこと本当にありがたく嬉しく思っております(^^)

ご紹介いただいたリンクの動画、私も観させていただきました。おっしゃる通り、まさにちょうどその部分から「都合により」表示が出てしまっていますね^^
このフレンズのエピソード 1-4 は1994年放映ですから、ステファノプロスさんが今もアンカーマン、キャスターとして大活躍されているのは本当にすごいなぁ、と思います。
トランプ大統領も「不動産王」として有名だった頃、フレンズのセリフの中に名前が出てきたことがありました。
フレンズに関係ある実在の人物が、本人としてテレビに出てくるのを見ると、おぉ! と思ってしまいますよね。

そのサイトのスクリプトにも出ている slimeball という言葉も、トランプ大統領がツイートで使った後、ネット辞書での検索数が増加したというニュースもあったようで、それを考えても罵り系、悪口系のボキャブラリーが豊富なことがよくわかりますよね。(ジョーイもそうですが)誰しも自分の興味のある分野の語彙には詳しいということなんでしょうね^^

楽しいコメントありがとうございました!(^^)
Posted by Rach at 2018年04月25日 11:31
久しぶりのコメントします。

Friendsを久しぶりに見返していてこの1-4に到達した時にハッと思い出しどうしてもRachさんにお伝えしたいことがありコメントさせて頂きます。(かたい表現ですが全くそのような内容ではありませんので。。)


NYCに2か月ほど滞在する機会を得た今年1月、タイムズスクエア周辺をいつものように歩いているとテレビ局のディレクターのような人に声を掛けられました。「近くのスタジオで収録中のGood morning americaの収録を見学しないか?残り1席空いていて誰か探しているんだ!」とのこと。


アメリカで毎朝放送されている超有名番組の生観戦!?こんなチャンスにはなかなかありつけないと二つ返事でOKした私は緊張感漂う生放送中のスタジオへ。メインカメラが私の頭上に位置しており「絶対立つんじゃねえぞ!」とくぎを刺されての着席。


収録中は緊張していて記憶があまりありません。これが本場のスピード感か、、と圧倒されっぱなしでした。


そして事件は(?)発生します。
全く気が付きませんでしたが、、、収録後に冷静に観察してみると出演者の中に少し見覚えのある顔が。。


あれ、、あれは G.ステファノプロス!!??
だいぶ前にこの1-4を勉強したときにWikiで調べたあの!?


予感は的中で G.ステファノプロス、ご本人でした。笑
後で調べると彼はこの番組の司会者でした。

記憶に残る体験がより一層彼との出会い(?)で忘れることのできない出来事になりました。そして「どこでなにがつながるか分からないなあ、、」としみじみ。。


伝えたいことがばらばらですが、、勉強していてよかったなと思える出来事をRachさんにシェアしたくて書きました。


これから暑くなり、体調が崩しやすい季節かと思いますがお体にお気をつけ下さい。これからも楽しく勉強させていただきます!
Posted by たなか at 2018年05月16日 23:41
たなかさんへ
コメントありがとうございます。
NYCでの貴重な体験のお話、大変興味深く読ませていただきました。タイムズスクエア周辺で声を掛けられ、スタジオ見学! そんな素晴らしい経験をされたなんて、実に羨ましいです(^^)

記事内で触れた This Week での司会のお姿はテレビなどで見たことあったのですが、それ以外に Good Morning America でも司会をされているんですね! GMA は(今、ウィキペディアで調べたのですがw)「ニューヨーク・タイムズスクエアにあるタイムズスクエア・スタジオからの生放送」とのことで、たなかさんは絶妙なタイミングで「その時、その場に」いらっしゃったということなんですね。「だいぶ前にこの1-4を勉強したときにWikiで調べた」ことが出会いを引き寄せてくれたのかも、と思えるような実に素敵なお話です♪

フレンズ1-4 ではタイトルやセリフの中にお名前が出てくるだけで、ご本人の登場はなかったですが、珍しい名前ですし「これだけ話題に出てくるその人ってどんな人?」と調べたくなってしまいますよね。その人がテレビに映っているだけでも「あ、この人!」と思えて嬉しいのに、それを有名番組で司会されている姿を生で観覧できたなんて、本当に忘れられない素晴らしい思い出になりますね。

たなかさんにシェアしていただけたことで、私もその瞬間を楽しめた気がしてとても嬉しいです。ありがとうございます<(_ _)>

また、温かいねぎらいのお言葉もありがとうございます。どんどん暑くなりそうですが、体に気をつけて、これからも楽しいブログ記事が書けるように頑張ります!
どうかたなかさんもご自愛下さいませ。
素敵なコメントありがとうございました!(^^)
Posted by Rach at 2018年05月17日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。