2023年10月29日

チャンドラー役マシュー・ペリーさん逝去

今日、「フレンズ」チャンドラー・ビング役のマシュー・ペリーさんが亡くなられたとのニュースがありました。
あまりの衝撃に言葉もありません。
マシューさんは54歳。私も1969年生まれの54歳なので同い年です。亡くなられたというニュースを見てもすぐには信じられませんでした。

このブログでも何度か言っていたことですが、チャンドラーのジョークの面白さを解説したくて始めたブログでした。
彼のジョークはピカイチでした。フレンズたちがチャンドラーが面白いことを言うのを待っていたように、ファンである私たちも彼の発言をワクワクしながら待っていた、、、
ブログの記事を書くために、同じシーンを何度も見ることがありますが、何度見ても、何年ぶりに見ても、また同じところで笑ってしまう。
本当にフレンズは面白い、そしてその面白いセリフの筆頭がチャンドラーのジョークでした。

2001年に「フレンズ」のDVDを使った英語学習を始め、
2005年に「フレンズ」のセリフを解説するこのブログ「シットコムで笑え!」を始め、
2008年にそのブログを元にした英語学習本を出版し、
2017年に「フレンズ」のセリフを例文として使った「リアルな英語の9割は海外ドラマで学べる!」を出版することができました。

帯に大きく「フレンズ」と書かせていただき、

171215_obiari_480px.jpg

帯に隠れている部分にも、「フレンズ」のシーンを描くイラストがありました。

171215_obinashi_480px.jpg

「チャンドラーの仕事は何?」というお決まりジョーク(running gag/joke) が出てくる会話の解説(クリックすると拡大表示されます)。

171215_p86-87_1200px.jpg


このような本が出せたことは、フレンズファンの一人として、本当に本当に光栄で嬉しくて幸せなことでした。
チャンドラーが使う言い回しをお借りすると、
Could I BE any more honored?! (これ以上、光栄なことがあるだろうか?!)
というところですが、今は、
Could I BE any sadder? (これ以上、悲しいことがあるだろうか?)
としか言えません、、、

チャンドラーがいなければ、ブログを始めることもなかったし、
チャンドラーのジョークを理解したくて英語のセリフを深く掘り下げることをしなければ、英語力も上達しなかったし、
チャンドラーがいなければ、英語の本を出版することもなかった。

チャンドラーがいなければ、今の私はいませんでした。
英語の楽しさを教えてくれた恩人であり、見るたびに楽しい気持ちにさせてくれる「フレンズ」を作り上げてくれた、大好きなチャンドラー。
そのチャンドラーを生み出してくれた俳優マシュー・ペリーさん。
本当にありがとうございました。
このご恩は一生忘れません。
どうか安らかにお眠り下さい。
心よりご冥福をお祈りいたします。

南谷三世 aka Rach



(2023.11.5 追記)
Xで、チャンドラー役 水島裕さんから、いいねと返信をいただきました

マシュー・ペリーさんの訃報を聞いた日、X(旧Twitter)にも追悼文を投稿(ポスト)しました。
https://twitter.com/m_rach/status/1718474398414639570

すると、その投稿に、チャンドラー役の声優 水島裕さんが「いいね」をして下さいました!

水島裕さんご本人からいいねをいただけたことがとても光栄だったので、いいねを頂戴したことを投稿しました。
https://twitter.com/m_rach/status/1720756788298178777

すると今度は、水島裕さんから「ご返信」をいただきました!
https://twitter.com/goofyalice2013/status/1721010202911400152

中学の頃からアニメファンだった私は、六神合体ゴッドマーズの明神タケル(マーズ)や、魔法の天使クリィミーマミの大伴俊夫の声として、水島裕さんのお声をずっと聴いていたので、「フレンズ」を初めて見る際、チャンドラーの声が水島裕さんだと知ってとっても嬉しかった、、、
ジョークの達人チャンドラーをイメージぴったりに演じられた水島裕さんのお声を、私も長い間ずっと楽しませていただいてきました。

10年間チャンドラーの声を担当して下さった、その水島裕さんご本人からこのようなありがたい反応をいただけたこと、
ものすごく光栄で、心からありがたく嬉しかったです。

水島裕さん、本当に本当にありがとうございました!

posted by Rach at 21:30| Comment(7) | フレンズ 全シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。

今日何気なくXを見たらトレンドに上がっててびっくりしました。54才で亡くなるなんて。過去に闘病されていたのは知ってましたが。本当に残念ですね。

チャンドラーと言えばこちらのブログでも詳しく解説してもらいましたが、ミスター・Tみたいなジャラジャラしたブレスレットをジョーイから貰ったエピソードを思い出しますね。ああいう演技をしている時のチャンドラーが最高でした。もうフレンズの6人で集まることもできなくなりますね。2年前に同窓会をやっていたのが唯一の救いですね

これから英語学習に身が入るか分かりませんが、今まで中途半端にやってきたので心を入れ替えて追悼の意味も込めてBlu-rayボックスを押し入れから引っ張り出してきました。また頑張ります
Posted by チャン虎ー at 2023年10月29日 23:52
過去のことにとらわれず暖かい返信ありがとうございました。
フレンズの仲間・・・周りの役者たちのコメントは確認できませんでしたが、、、モニカ役の深見さんのツィートに「嘘!」コメント。
レイチぇルノ安達さんも海外記事の訃報記事を引用。
ファンとしては 声優陣も、ほぼ同一視してるので気持ちが同じなのはうれしかったです。

そういえばモニカママの一城みゆ希さん・・・プラクティスのエレノアとしても好き・・・もついこの前(2023年〈令和5年〉10月24)お亡くなりでした。
寂しいですね、、、でもフレンズは永遠です。
ご冥福をお祈りします。
Posted by 多吉 at 2023年10月30日 03:25
チャン虎ーさんへ
コメントありがとうございます。今回の訃報、私もものすごくびっくりして、しばらく状況が呑み込めませんでした。本当に本当に残念です。

「ミスター・Tみたいなブレスレット」の話、懐かしいですね。そのシーンやセリフをちょっと思い浮かべただけでも笑ってしまいそうになります。ジェスチャーとか表情とか間(ま)とか、チャンドラーのコメディのセンスはとても素晴らしかったと思います。
先日、リユニオンについてのコメントを下さったばかりでしたのに、こんな悲しいニュースを聞くことになるなんて思いもしませんでした。
リユニオンのような6人揃った姿をもう見ることができないのかと思うと寂しいです。また改めてじっくり見てみたいなと思いました。
コメントありがとうございました。


多吉さんへ
ご丁寧なご返信ありがとうございます。
出演者の中では、ジャニス役のマギー・ウィーラー(Maggie Wheeler)はコメントを出されたようですね。他のキャストは共同声明を発表する準備をしている、という記事も読みました。

吹替担当されていた声優さんも、10年続いた作品でしたから、さぞやお辛いことだと思います。

モニカママの一城みゆ希さんの訃報、先日聞いたばかりでしたね。
一城さんと言えば、最近では名探偵コナンのジョディ・スターリング役で活躍されていましたが(そういえばモニカママの名前はジュディ・ゲラーで、ジョディとジュディ…名前が似てます)、私は新スタートレックのドクター、ビバリー・クラッシャーのお声が好きでした。
親しんだ作品の俳優さん、声優さんがお亡くなりになるのは本当に寂しいですね。

今回の訃報を受けての多くのファンの方のお声を聞くたびに、フレンズはこれからもずっと愛されていくんだなと感じます。本当に素晴らしい作品でした。
コメントありがとうございました。
Posted by Rach at 2023年10月30日 17:06
Rachさん、お久しぶりです。
私もマシュー・ペリーさんの訃報見たとき、悪い冗談でしょ?と思いました…慌てて調べたら嘘じゃなかった…早すぎますよね!まだまだやりたいことあったはず…
せっかく2年前に皆で再会できたのに、もう見られないなんて…DVD観るの辛いです…







Posted by やっちん at 2023年10月30日 17:17
やっちんさんへ
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

突然の訃報で、すぐには信じられませんでしたよね。本当に早すぎます。
もう揃っての同窓会ができないんだ、、と思うと本当に悲しいです。

「DVD観るの辛いです」とおっしゃる気持ち、よくわかります。楽しくて面白いドラマだからこそ、チャンドラーがもういないという事実を思い出すと、余計に切なくなりそうですね、、、
Posted by Rach at 2023年10月31日 00:02
ここに書いていいのか分かりませんでしたが、阪神タイガースが38年ぶり日本一になりました。思えば前回セリーグ優勝したのが2005年ですからRachさんがこのブログを始めた年ですよね。あれから18年ですよ。生まれた子供が高校卒業するくらいですね。

「優勝争いして結果的に2位になるのがええんや。そのほうが選手の年俸上げんでいいからな」という、あの渋ちんの阪神が大きく変わろうとしてますね。成長するもんやなぁと感慨深い。今年は色んな事がありましたが、変わらずブログをお願いします。次の本の準備をしてるかもしれませんが
Posted by チャン虎ー at 2023年11月08日 13:17
チャン虎ーさんへ
コメントありがとうございます。前回のセ・リーグ優勝は確かに2005年でしたね。
38年ぶりの日本一は感慨深かったです。当時高校生で、クラスも地域も、みんな大盛り上がりだったのが本当に懐かしいです。あれから38年も経つのかと思うと、時の流れは早いものだなと思います。
今年の阪神はずっと強くて、しかもオリックスとの日本シリーズで、大阪人にとっては嬉しいシーズンでした。

それから、ブログの更新が進んでいないこと、本当に申し訳なく思っております。阪神を見習って私も頑張らなければ、ですね。頑張ります!
Posted by Rach at 2023年11月10日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。