2020年12月01日

7冊目「Avengers: Infinity Warで英語が話せる本」12月25日発売!

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は14位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


記事タイトルにもありますように、2020年12月25日(金)に、私、Rach は著書7冊目となる本を出版いたします。
タイトルは、
Avengers: Infinity Warで英語が話せる本
で、KADOKAWAより出版されます。

アマゾンではこちら。
Amazon.co.jp: Avengers: Infinity Warで英語が話せる本

帯付きの表紙画像はこちら。
201225book480px.jpg

本書の特長は以下のようになっています。
1. 詳細な場面説明(ト書き)と大迫力の場面写真により、「本だけ」で映画の興奮がよみがえる。
映画のセリフをすべて掲載しており、キャラクターの動きや派手なアクションシーンなどの「ト書き」も詳細に描写しています。セリフとト書きのすべてを翻訳した和訳もついています。
100超の場面写真で、映画のシーンを思い出しながら英語を学ぶことができます。

2. 別冊のフレーズ解説&英和辞典で、セリフの意味をさらに深く学べる。
フレーズ解説(111個)と英和辞典は別冊となっています。本編を読みながら、気になるフレーズや単語を参照できる形になっています。
文法事項に加え、ジョークやポップカルチャーネタも解説しており、MCUの過去作品との繋がりなども説明しています。

3. 英文に忠実に和訳されていることで、セリフの意味や意図を完全に理解できる。
日本語字幕や音声(吹替)は文字数・秒数制限があるため、英語の意味を完全に表現できるわけではありません。この本ではセリフの本来の意味をじっくり楽しんでいただけるように、オリジナルの英語のセリフに忠実な和訳を行っています。

Amazon のページに、本の内容のイメージ画像が掲載されていますので、併せてご覧いただければ幸いです。


今回の本の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)という作品群の一つです。
私はMCUが大好きで(もちろん!)全作品観ています。
この『インフィニティ・ウォー』は、世界歴代興行収入第5位という大ヒット作品です。
そんな超人気シリーズの『アベンジャーズ』の映画のまるごと1本を英語教材として使わせていただき、全セリフとト書きの翻訳、フレーズの解説を自分の本として出版させていただくことができるなんて、こんなに嬉しいことはありません。
とてもとても楽しい気持ちで執筆させていただけたので、この本でオリジナルの英語のセリフの楽しさと面白さを一人でも多くの方に伝えることができればいいなぁと思っています。

近年、動画配信サービスの目覚ましい発達で、洋画や海外ドラマを気軽に便利に視聴できる環境となりました。
マーベル作品のMCUのほとんどは、ディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」で視聴することができます。
(この本を書くにあたり、映像を繰り返し見直したり、MCU過去作とのリンクを確認したりするのに、私も大変重宝させていただきました^^)
動画配信サービスで映画を楽しみながら、この本で英語を学んでくださる方が一人でも増えれば本当に嬉しく思います。

今回、『アベンジャーズ』という大ヒット人気映画の本を出版することができるのも、長年このブログを読み、応援し続けて下さった読者の皆様方のおかげと、心より感謝しております。本当にありがとうございます<(_ _)>

ここに至るまでの全てのご縁とこの本にかかわって下さったすべての皆様に、そして、生きた英語の宝庫である『アベンジャーズ』のセリフを英語学習教材として使わせていただけたことに、心より感謝申し上げます。

洋画や海外ドラマの生きたセリフから英語を学ぶことはこんなに楽しい、こんなに多くのことが学べる! ということをお伝えすることができるよう、これからも全力で頑張ります!
どうかこれからもよろしくお願いします。

7冊目の本、頑張れ〜! と応援して下さる方は、下のランキングをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 11:41| Comment(7) | 著書7冊目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

大したことじゃない、反対の世界ではな! フレンズ1-11改その9

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は9位、「にほんブログ村」は17位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


[Scene 5: Chandler and Joey's, morning. Joey is getting the door in his dressing gown- it's Ross]
シーン5。チャンドラーとジョーイの部屋、朝。ジョーイはガウンを着た状態で、ドアに出る。ロスである。
ロス: Hey, is Chandler here? (ねえ、チャンドラーはいる?)
ジョーイ: Yeah. (あぁ。)
ロス: Wait. Come here. (待って。こっち来て。)
[Ross drags Joey into the hall and slams the door]
ロスはジョーイを廊下に引っ張っていき、ドアをバタンと閉める。
ロス: Okay, uh, about last night, um, you know, Chandler, you didn't tell... [Joey shakes his head] Okay, 'cause I'm thinking- we don't need to tell Chandler. I mean, it was just a kiss, right? One kiss? No big deal, right? (よし、その、昨日の晩のことだけど、ほら、チャンドラーに言わなかったよね… [ジョーイは首を横に振る] そう、だって僕は考えてるんだよ、僕たちはチャンドラーに言う必要はないって。ほら、ただのキスだった、だろ? 1回のキスだろ? 大したことない、よね?)
ジョーイ: Right. No big deal. (そうだな。大したことない。)
ロス: Okay. (良かった。)
ジョーイ: In Bizarro-world! You broke the code! (ビザロの(反対の)世界ではな! お前はコード(掟)を破ったんだ!)
ロス: What code? (コードって何の?)
ジョーイ: You don't kiss your friend's mom. Sisters are okay. Maybe a hot-looking aunt. But not a mom. Never a mom! (友達のママにキスはしない。姉妹ならオッケー。多分、見た目がセクシーな叔母さんも(OKだ)。でもママはダメだ。ママは絶対にダメだ!)
[Chandler opens the door and startles them. He picks up the paper]
チャンドラーがドアを開けて、二人は驚く。チャンドラーは新聞を手に取る。
チャンドラー: What are you guys doing out here? ((外の)ここで二人は何してるんだ?)
ロス: Uh.. uh.. Well, Joey and I had discussed getting in an early morning racquetball game. But, um, apparently, somebody overslept. (あー、あー、その、ジョーイと僕は早朝のラケットボールの試合に参加することを議論してたんだ。でも、その、どうやら、誰かさんが寝坊したみたいでね。)
ジョーイ: Yeah, well, you don't have your racquet. (あぁ、まぁ、(そういう)お前はラケットを持ってないじゃないか。)
ロス: No. No, I don't because it's being restrung. Somebody was supposed to bring me one. (いやいや、僕がラケットを持ってないのは、ガットが張り替えられているところだからだ。誰かさんが僕にラケットを持ってくることになってたんだけどね。)
ジョーイ: Yeah, well, you didn't call and leave your grip size. (あぁ、まぁ、お前は電話でグリップのサイズを伝えてこなかったじゃないか。)
チャンドラー: You guys spend way too much time together. [Goes back inside and shuts the door] (お前らは一緒に、あまりにも多くの時間を費やすんだな。[中に戻りドアを閉める])

ト書きの get the door は「(来客に応対するために)玄関に出る」こと。
チャンドラーの母ノーラとキスしているところをジョーイに見られてしまったロスは、そのことを息子であるチャンドラーに話してないよね? と確認しています。
just a kiss 「ただのキス」、one kiss 「1回(だけ)のキス」であると言って、「大したことじゃない、大ごとじゃないよね?」という意味で No big deal, right? と続けます。
ジョーイもそれを受けて、Right. No big deal. のように言うのですが、その後、In Bizarro-World! と付け足しています。
bizarro は、一般的な辞書にはあまり載っていないようですが、bizarre という単語の変形で、綴りが似ていることからそれはわかりやすいでしょう。
bizarre だと「奇妙な、風変りな」という意味の形容詞。
ちなみに『ジョジョの奇妙な冒険』の英語表記は JOJO'S BIZARRE ADVENTURE となっており、それで bizarre という単語を知ったという方もおられるかもしれません。

一般的な辞書にはあまり載っていないと書きましたが、オンライン辞書では bizarro を項目として挙げているものもいくつかあります。
Wiktonary : bizarro の語源を引用させていただくと、
bizarro
Etymology
Variant of bizarre; see that entry for more information. In the sense of "logical inverse", derived via the comic book character Bizarro, an inverted version of Superman from a planet where "good" means "bad" and so on.

つまり「bizarre の変形、さらなる情報はそのエントリーを参照。「論理的に逆・反対の」という意味においては、コミックブックのキャラクターのビザロ(「良い」が「悪い」を意味するなどの惑星に住む[惑星出身の]、スーパーマンの反転・逆転バージョン)に由来する。

bizarre 「奇妙な」という意味以外に、bizarro という形容詞の意味の2番目に、
Being the opposite or logical inverse of a familiar object or person.
「普通の・おなじみの物や人の、反対・論理的に逆であること」という意味が出ているのは、ビザロの住む惑星が「良い」が「悪い」を意味するような「反対・逆の世界」だからということです。

アメコミの DCコミックスに登場するスーパーヴィラン「ビザロ」については、以下のウィキペディアに詳しいです。
Wikipedia 日本語版 : ビザロ
このウィキペディアにも、先ほどご紹介した Wiktionary の内容と関係するような以下の記載がありました。
ビザロは不完全なスーパーマンのクローン」「ビザロは状況や言語を反対に認識する性質があり」「その他ヒーローのビザロは「ビザロワールド」という惑星に住んでいる

bizarro = bizarre ということだと、In bizarro world. なら「奇妙な世界で」ということで、「世間の常識が通用しないような、異常な世界では(ロスのやったことは、大したことでもないだろうさ!)」という意味だと考えられますが、DVD英語字幕では In Bizarro-world! と表記されていました。
それはアメコミでの Bizarro という固有名詞から来た言葉だったから、ということです。

つまり、ジョーイのセリフに出てきた Bizarro-world というのは、ビザロが住んでいる惑星「ビザロワールド」のことで、「ビザロは状況や言語を反対に認識する」ということから、「ビザロワールドでは、物事は反対に認識される」ということ。
ですからジョーイは「ビザロワールドのような物事が反対に認識される世界では(お前のやったことは大したことじゃないだろうけどな!)」と言ったことになるわけです。
つまり、俺たちが住むまともな世界では、お前のやったことは「大したことじゃない」の反対の「おおごと」だよ、と言ったことになります。

You broke the code! は「お前はコード・掟(おきて)を破った!」。code は放送コードなどのコードで、「規則、掟(おきて)」。dress code だと「服装規定」。
その後、「姉妹ならオッケーだし、セクシーな叔母さんでもいいが、ママは絶対にダメだ!」と力説するジョーイの線引き基準も彼らしくて笑えるところ。

had discussed getting in の get in は「参加する」。
racquetball は「ラケットボール」。壁4面と天井、床の計6面で囲まれたコートで行う、スカッシュに似たインドアのラケット競技。

apparently は「どうやら(〜のようだ)」。
somebody 「誰かさん」とあえて名前を出していませんが、誰かさんが寝坊したと表現することで、ガウンを着た状態のジョーイのことを言っているのだとわかります。

It's being restrung. の it = my racquet で、「僕のラケットは今、ガットを張り替え中なんだ」。
string は名詞で「糸、ひも、(楽器の)弦、(ラケットの)ガット」。
今はラケットの話をしているので、動詞では「(ラケットに)ガットを張る」という意味。その動詞 string に「再、再び」という意味の接頭語 re- がついた restring は、「再び糸を張る、〜の糸・弦・ガットを張り替える」という意味になります。
string の過去分詞形は strung となります。be restrung 「ガットが張り替えられる」という受動態を、is being restrung と現在進行形にした形で、直訳すると「ガットが張り替えられている最中である」、つまり、「今、(スポーツ用品店の人または職人が)ガットを張り替えているところなんだ」ということになります。
ロス自身がそれを張り替えるわけではないので、ラケットを主語にして「(専門の人によって)張り替えられている最中」と表現したわけです。
Somebody was supposed to bring me one. とロスはまたジョーイのことを「誰かさん」と表現しています。
was supposed to do は「〜することになっていた(のに)」ということで、過去形にすることで「そうすることになっていたのに実際にはそうしなかった」ことが示唆されます。

You didn't call and leave your grip size. の leave は、電話の相手が留守だった場合の決まり文句、leave a message 「メッセージを残す」の leave のニュアンスに近いでしょう。メッセージや情報などを相手に「残す、託す、預ける」というニュアンス。
俺にラケットを貸してもらうつもりだったらしいけど、それにしては、電話で自分のグリップサイズを伝えてこなかったな、グリップサイズがわからないと貸しようもないんだけど、、、とロスの発言にケチをつけているのです。

spend way too much time together は「一緒にあまりにも多くの時間を費やす、過ごす」。
今回のエピソード、自分の殻から出る フレンズ1-11改その6 で、アガメムノンという名前を Way too special. と言ったのと同じく、way too 「あまりにも、ものすごく」が使われています。
過去記事、グラスは半分カラ フレンズ1-4改その4 では、自分の家からセントラルパークまでの歩数を数えて100歩以下だと言っていたジョーイに対して、チャンドラーが You got way too much free time, man. 「お前、暇な時間が超あるんだな[お前って、超ヒマ人だな]」のように way too much (free) time という表現を使っていました。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 12:53| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

彼みたいな男のために325頁もめくらない[読まない] フレンズ1-11改その8

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は15位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


7:33
[Cut to Mrs. Bing on the telephone]
電話中のミセス・ビング(ノーラ)に画面がカットする。
ノーラ: Yeah, any messages for room 226? (えぇ、226号室へ何か伝言は入ってない?)
[Ross emerges from a toilet marked 'Chicas']
ロスは Chicas (スペイン語で「女の子」の意味)のマークがあるトイレから出てくる。
ノーラ: You okay there, slugger? (大丈夫、スラッガー?)
ロス: Oh, yeah. I'm fine, I'm fine. [A woman emerges from the toilet behind him and he tries to pretend he was in the other one] (あぁ、はい。僕は大丈夫、大丈夫です。[彼の後ろのトイレから女性が出てきたので、ロスは別のトイレから出てきたようなふりをする])
ノーラ: What is with you tonight? (あなた、今夜はどうしたの?)
ロス: Nothing. Nothing, nothing, nothing. (何も。何も、何も何もないです。)
ノーラ: [To phone] Okay, thank you. [To Ross] It's the Italian hand-licker, isn't it? ([電話に] えぇ、ありがとう。[ロスに] イタリアの手舐め男のせいでしょ?)
ロス: No. It's the one he's licking. (いいえ。彼が舐めてる方(のせい)です。)
ノーラ: She's supposed to be with you. (彼女はあなたと一緒にいる[付き合う]ことになるわ。)
ロス: You're good. (優しいですね。)
ノーラ: Oh, Ross, listen to me. I have sold 100 million copies of my books, and y'know why? (まぁ、ロス、聞いて。私はこれまでに自分の本を1億部も売ってきたの、なぜだかわかる?)
ロス: The girl on the cover with her nipples showing? (乳首を見せてる表紙の女の子(のおかげ)?)
ノーラ: No, because I know how to write men that women fall in love with. Believe me, I cannot sell a Paolo. People will not turn 325 for a Paolo. C'mon, the guy's a secondary character, just a... y'know, complication you eventually kill off. (いいえ、それは女性が恋に落ちるような男性の描き方を私が知ってるからよ。信じて、私はパウロを売り込むことなんかできないわ。パウロみたいな男のために人は325ページもめくらない[読まない]もの。ねぇ、あの男は脇役のキャラクターよ、ただ、ほら、最後には殺して退場させるような、(話を)複雑化するためだけの(要素)ね。)
ロス: When? ((殺されるのは)いつですか?)
ノーラ: He's not a hero. You know who our hero is? (彼はヒーローじゃないわ。私たちのヒーローが誰だか知ってる?)
ロス: The guy on the cover with his nipples showing? (乳首を見せてる表紙の男?)
ノーラ: No, it's you. (いいえ、あなたよ。)
ロス: Please. (やめてくださいよ。)
ノーラ: No, really. Come on. You're smart. You're sexy. (いいえ、ほんとに。ねぇ。あなたは頭がいいし。あなたはセクシーだし。)
ロス: Right. (そうですよねぇ。)
ノーラ: Come on, kiddo. You're gonna be fine, believe me. (よしてよ、坊や。あなたは大丈夫よ、信じて。)
[She kisses him on the cheek]
ノーラはロスの頬にキスをする。
ロス: Uh-oh... (あ、あぁ…)
[...Then full on the mouth]
…それから、口でキスをする。
[Enter Joey]
ジョーイ登場。
ジョーイ: Uhhhh.... I'll just pee in the street. (あぁぁぁ… 俺、通りでおしっこしてくるわ。)
[Commercial]
コマーシャル

slugger は日本でも野球で「スラッガー」と使われる通り「野球の強打者」という意味。またボクシングでハードなパンチを繰り出す強打者のことも指します。
動詞 slug が「ボールを強打する、人を(握った拳で)強打する」という意味があることから来ています。
ここでは、野球やボクシングは関係ないものの、「強打する男」→「強い男」のイメージでそう呼び掛けたのでしょう。
その後、ロスの出てきたトイレから女性が出てきたので、ロスはあわあわしています。
トイレの扉に書いてある文字 Chicas はスペイン語で「女の子」の意味。
ベロベロに酔っぱらっているロスがトイレの男女を間違えたのは、メキシコ料理店だからスペイン語で書かれていたことも一つの原因なのでしょう。

It's the Italian hand-licker, isn't it? は「イタリア人の手舐め男のことでしょ、手舐め男のせいでしょ?」。
ここでの It's ... は「問題の焦点・ポイントは…である」という感覚。
「(今こんな状況・状態であるのは)…が原因だ」と訳してもよいでしょう。
「それって…よね、…でしょ」のように漠然と表現しても、そのニュアンスは出る気はします。

ノーラはパウロを the Italian hand-licker 「イタリア(人)の手舐め男」と表現しています。
少し前のシーンで、レイチェルがパウロに何かを食べさせた時に、レイチェルの手も舐めていたことを言っているわけですが、ロスがパウロを嫌いなことを知っていて、また、ノーラ自身もパウロをあまり良く思っていないことがわかる言い回しだと思います。

ロスの返事 It's the one he's licking. は、licker(パウロ)が原因・問題じゃなくて、彼が舐められてる対象の方が問題なんです、パウロのことはどうでもよくて、僕が気にしているのはレイチェルの方なんです、ということ。
パウロが何をしようと興味はないが、レイチェルが男に手を舐められているのがいやなんです、ということになるでしょう。

I have sold 100 million copies of my books, and y'know why? について。
日本語で「コピー」というと、「複写、転写、写し」のニュアンスが強いですが、本や雑誌を何部という場合には、このように copy という単語を使います。
I have sold 100 million copies of my books. を直訳すると、「私は私の本を1億部(これまでに)売ってきた」ということで、現在に至るまでそれだけ売れた、ということを表す現在完了形です。ノーラは今でも作家を続けているので今後も本は売れ続けるでしょうから、「今までのところはこれだけ売れた」という感覚から、現在完了形を使うことになります。

ロスは本が売れている理由を、The girl (on the cover with...) だと言っています。
with her nipples showing は「乳首を見せた状態で」ということ。
何とも露骨な表現ですが、表紙に裸かそれに近い姿の女性が描かれていて、その表紙につられてみんな買うんでしょ? みたいなジョークです。

sell は「売る」なので、「売り込む、価値を納得させる、(人に〜を)良いと思わせる」。
turn (over) the pages は「ページをめくる」なので、People will not turn 325 for a Paolo. は「パウロみたいな男のために、読者は 325ページものページをめくりはしない」、つまり「325ページも読まない」。
固有名詞に a をつけた形の a Paolo で「パウロのような男、パウロのようなタイプの男」という意味になります。
「ああいうタイプの男を主役にしたら、誰も本を最後まで読み通してくれないわ。つまらなくなって途中で読むのをやめちゃうわ」ということで、パウロは男性としてそれほど魅力的ではないことを、恋愛小説家らしく説明したことになるでしょう。

secondary character は「二次的な役、脇役、サブキャラ」。
complication は「複雑(化)、紛糾、やっかいな問題」なので、just a complication は「物語や筋書きを複雑にするためにいるだけの存在」というニュアンスでしょう。
メインキャラクターだけでは話が単調になるので、そういう脇役を登場させれば、話が複雑になり、いろんなドラマを生む効果がある、という感じです。

eventually は「最終的には、結局は、最後には、いずれは」。
kill off は「全滅、絶滅させる」という意味で使われることが多いですが、この場合は、「殺して(小説の筋書きから)退場させる」というニュアンスだと思われます。
「殺されるってそれはいつ?」「じゃあそのサブキャラのパウロはいつ殺される予定なんですか?」という意味で、即座に When? と尋ねるロスが面白いです。

最初に You know why? と尋ねたのと同じ感覚で、今度は、You know who our hero is? と尋ねるノーラ。
それに対して、girl を guy に変えただけの「同じセリフの男バージョン」になっているのが楽しいです。
ヒーローは表紙の裸の男でしょ、と、またエッチな表紙が読者を引き付けるんだ、という話を言っていることになります。
The girl on the cover with... というセリフがあった後、しばらく経ってから、また、The guy on the cover with... という同じパターンのセリフが出てきた時に、英語で聞いて「またその話かい!」とクスッと笑えるようになるといいですね。

ロスの Please. は「やめて下さいよ。そんな気休めや励ましを言うのはよして下さいよ」という感覚。
「僕が恋愛小説のヒーローになれるなんて…」と、ノーラの言葉をただの社交辞令だと思っている様子が伺えます。
「あなたはセクシーだし」と言われた後のロスの Right. も言葉としては「そうですね」という肯定ですが、本音は「またそんなこと(気休めを)言って」という否定の気持ち。
kiddo は、子供や年下の人物への親しい呼び掛け語で、あなたよりずっと年上の私には、本当の男性の魅力がわかるのよ、と言いたげな感じが出ている気がします。

ロスを励ますように頬にキスしたノーラですが、その後、二人は口でキスしてしまいます。
ちょうどそこにトイレしにきたジョーイが現われて、大変なものを目撃してしまったとばかりに「(ここのトイレじゃなく)通りでおしっこしてくるわ」と言って去っていくのも笑えます。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:00| Comment(0) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

DVD&動画配信でーた に掲載されました!

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は12位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


今日10月20日発売の、映画、DVD&ブルーレイソフトの情報誌「DVD&動画配信でーた」11月号に掲載されました!
Amazon ではこちら(↓)。
Amazon.co.jp : DVD&動画配信でーた 2020年11月号

今月号の特集は「海外ドラマの30年」。
目利きライターが選ぶ 海外ドラマ30年 何でも BEST3」という見開きのコーナーで、「海外ドラマ通のライター10人」の一人として、「英会話の勉強に使える作品」のタイトルでコメントを書かせていただきました(掲載されているのは p.27)
海外ドラマ通の有名な方々と共に掲載していただけたこと、大変光栄で嬉しいです!

自分がおすすめしている「フレンズ」の写真と共に掲載されていることはもちろん嬉しいのですが、それ以外に、岸川靖さんが「スター・トレック」のおすすめ作品を挙げられていて、私の大好きな「新スター・トレック」(TNG : The Next Generation)のメインキャストの写真と同じページに自分の名前が載っているのが Trekkie の私としてはさらに嬉しい♪(ピカード艦長! データ少佐!)
TNG も DVDコンプリートボックスを持っていて、「フレンズ」と同じように英語学習教材として使いました。
岸川さんがトップに挙げられている「超時空惑星カターン」は私もお気に入りのエピソードです(^^)

今月号では「海外ドラマの30年」として古今さまざまな作品が紹介されているので、海外ドラマ好きの方はぜひご覧下さい。

Rach からの嬉しいお知らせでした♪


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 13:34| Comment(2) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

Aから始めてBを放り込んだらCの出来上がり! フレンズ1-11改その7

皆様の応援のお陰で、現在、「人気ブログランキング」は8位、「にほんブログ村」は15位です。
ブログを続ける原動力となります。どうか今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ


6:30
ノーラ: Well, I think we're ready for some tequila. (そうね、私たち、テキーラを飲みたい気分になってるかと思うんだけど。)
チャンドラー: I know I am. (俺は飲みたいね。)
ノーラ: Who's doing shots? (ショット(用の一口グラス)で飲みたい人は誰?)
モニカ: Yeah. Hit me. (ええ。(私の分を)もう一杯(追加で)。)
フィービー: I'm in. (私も乗った。)
ノーラ: There you go. Ross? (そうね。ロスは?)
ロス: Uh, I'm not really a shot-drinking kinda guy. (あー。僕はテキーラのようなキツい酒をショットグラスで飲むようなタイプの人間じゃないんですよ。)
[Enter Rachel and Paolo. They are both somewhat flustered]
レイチェルとパウロが入ってくる。二人はいくぶんあわてている。
レイチェル: Hi! Sorry- sorry we're late, we, uh, kinda just, y'know, lost track of time. (はーい! ごめんなさい、遅れちゃって。私たち、その、ほら、時間が経つのを忘れちゃって。)
ロス: But a man can change. [Downs a shot] (でも、男は変われるんだ。[ショットを飲み干す])
[Time lapse. Ross is now clearly drunk. He is holding up a shot glass to his eye like a jeweller's eye]
時間が経過。今ロスは完全に酔っぱらっている。彼は宝石鑑定師の目のように自分の目のところにショットグラスを掲げている。
ロス: Anyone want me to appraise anything? (僕に何かを鑑定してほしい人はいるかな?)
[Rachel feeds something to Paolo. He eats it and licks her hand]
レイチェルは何かをパウロに食べさせる。彼はそれを食べ、彼女の手を舐める。
レイチェル: Mrs. Bing, I have to tell you. I have read everything you've ever written. No, I mean it! I mean, when I read Euphoria at Midnight, all I wanted to do was become a writer. (ビングさん、こう言わせて下さい。あなたがこれまでに書いたものを私は全部読みました。いいえ、ほんとの話なんです。私は「真夜中の絶頂」を読んだ時、ただ作家になりたいと思ったんです。)
ノーラ: Oh, please, honey. Listen, if I can do it, anybody can. You just start with half a dozen European cities, throw in 30 euphemisms for male genitalia, and bam! You have got yourself a book! (あぁ、(そんなに褒め過ぎるのは)よして、ハニー。ねぇ、もし私ができるなら、誰にでもできるわ。ただ半ダース(6個)のヨーロッパの都市から始めて、そこに男性器の30個の婉曲表現を放り込んだら、バン![あっという間に] 1冊の本の出来上がりよ!)
チャンドラー: My mother, ladies and gentlemen! ((これが)私の母です、(紳士淑女の)皆さん!)

shot は「酒の一口、一杯」。
Hit me. はこのようにお酒の席で言うと「もう一杯」(Give me another drink.)という意味になります。

I’m not really a shot-drinking kind of guy. は「テキーラのようなキツい酒をショットグラスで飲むようなタイプの人間じゃない」。
ノーラがその前に、テキーラ(tequila)という酒の具体的な名前を出していますので、それに対する返事です。
shot glass は「度数の強い酒(テキーラ・ウォッカなど)を飲むための一口用の小さなグラス」のこと。

レイチェルとパウロが遅れて登場します。
lose track of time 「時間が経つのを忘れる」。lose track of は「〜を忘れる、〜の跡を見失う」。
LAAD (Longman Advanced American Dictionary) には以下の例文が出ています。
It's easy to lose track of time (= forget to check the time) when you're working hard.
lose track of time = forget to check the time 「時間をチェックするのを忘れる」と説明されていますので、この例文の意味は「一生懸命働いている時は、時が経つのを忘れやすい・忘れがちである」となります。
恋人同士の二人が「時間が経つのも忘れちゃって」と言えば、エッチに夢中だったということになりますから、レイチェルのことが好きなロスはそんな話を聞いて冷静でいられるはずもなく、「さっきはショットなんか飲めないって言ったけど、男は変われるから」と言って、ショットグラスをぐっと飲み干すことになります。

appraise は「鑑定する、査定する、評価する」。
ここでのロスは、テキーラのショットグラスを宝石などの鑑定人が使うルーペのように持ち、鑑定人(appraiser)の真似をしています。
「私に何か鑑定してほしい人はいますか?」「何か鑑定いたしましょうか?」というニュアンス。
この様子から、ロスはテキーラをやけ飲みしてすっかり酔っぱらっていることがわかるわけです。

mean は「〜のつもりで言う、本気で言う」という意味なので、No, I mean it! は「いいえ、(お世辞や社交辞令じゃなくて)ほんとの話なんです。本心からそう言っているんです」ということ。
euphoria は「幸福(感)、陶酔、絶頂(感)」。
LAAD では、
euphoria : a feeling of extreme happiness and excitement
つまり「極度の幸福と興奮の感情」。
ノーラが官能小説の作家であることを考えると、本のタイトル Euphoria at Midnight は「真夜中の絶頂」と訳せばそれっぽい感じに聞こえるでしょう。

「あなたの本は全部読んだ。私も作家になりたいと思った」と熱く語るレイチェルに、ノーラは「私ができるなら、誰にだってできるわ」と言った後、You just start with... の長めのセリフを言っています。
half a dozen は「半ダース、6つ」。
throw in は「投げ込む、投入する」。
euphemism は「婉曲表現、婉曲語句」。
LAAD では、
euphemism : a polite word or expression that you use instead of a more direct one, to avoid shocking or upsetting someone
例)"Pass away" is a euphemism for "die."

つまり「より直接的な単語・表現の代わりに使う、丁寧・上品な単語・表現、人にショックを与えたり、動揺させたりするのを避けるために」。
例文は「pass away は die の婉曲表現だ」。

genitalia は「性器、生殖器」なので、male genitalia は「男性器」。
bam は音の通り「バン」という衝撃音を表す言葉で、and bam! は「そしたらすぐに、あっと言う間に」というニュアンスになります。
LAAD では、
bam : used to say that something happens quickly
例)Just turn it on, and bam, you're ready to go.

つまり「何かがすぐに起こるということを言う時に使われる」。例文は「ただスイッチを入れたら、そしたらすぐに、行く準備が整います」。

and bam! を使った表現は、過去記事、ちょっとした巧みな動きで フレンズ1-5改その1 の以下のセリフにも出てきました。
ロス: Ok, you just reach in there, there's one little maneuver, and bam! A bra. Right out the sleeve. (ほら、君ら女性は、そこに手を入れて、ちょっとした巧みな動き(操作)で、バン![あっという間に] ブラが、袖から出てくる。)

You have got yourself a book. を直訳すると「あなたがあなた自身に1冊の本を手に入れてあげられる」→「あなたは1冊の本を手に入れる(You have got a book)、あなたに1冊の本が出来てしまう」という感覚。

官能小説の書き方指南として、「おしゃれな感じでヨーロッパの都市を6個ほど出しておいて、男性器を様々な遠回し表現を使って散りばめといたら、それで官能小説が1冊出来上がっちゃうわよ」と言ったことになり、「ストーリーや筋書きなんてそんなに考えなくてもいい」みたいに言った感じが出ています。
また、30個という数が出ていますが、婉曲表現とは言え、要はそれだけの数(もしくはそれ以上)の男性器が話の中に出てくるということですから、性的な場面だらけだということも想像できます。

このノーラのセリフをシンプルな形にすると、You start with A, throw in B, and bam! You have got yourself C! で「Aで始めて、(それに)Bを放り込んだら、Cが手に入る![Cの完成・出来上がり!]」という意味になるわけですが、
(今回のお話より、先のエピソードになってしまいますが)フレンズ2-10 で、
チャンドラー: Throw in a tree and a fat guy and you've got Christmas! (木と太った男を放り込んだら、クリスマスが手に入る![クリスマスの出来上がり!](って感じだろ)。)
というセリフも出てきます。

フレンズ2-10 だと、Throw in A and B and you've got C.
今回のフレンズ1-11 だと、You start with A, throw in B, and bam! You have got yourself C!
となりますが、throw in と you have got が使われている構造がよく似ており、どちらも「(Aと)Bを放り込んだら、Cの出来上がり!」となる感覚も非常に似ていると思います。

チャンドラーの My mother, ladies and gentlemen! について。
本当なら他人のふりをしたいような時に、よくこのような表現が使われます。
「そんなこと言ったら、身内の俺が恥ずかしいよー」というところを、「紳士淑女の皆さん、見て下さい。すごいでしょ? これが私の母親ですよ!」と誇らしく宣言しているかのように言う表現。
あまりの大胆発言に、身内としては開き直り、逆にそれを自慢しているような感覚になります。


ランキングをクリックして、応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 英語ブログへ
posted by Rach at 00:12| Comment(2) | フレンズ シーズン1改 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする